KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 国慶節
  • 観光客
  • 王菲
  • グルメ
  • 二十四節気
  • 人々
  • 春分
  • 春風

「クムル市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:27.35
    2019年03月14日
    「新華社」ウイグル族刺繍、ショー出品も夢ではない新疆

    中国新疆ウイグル自治区哈密(クムル)市では、刺繍を仕事とする地元女性や民間手工芸の職人が文化館(文化センター)に集まり、技術を学び合い交流することが習慣になっている。同市は2016年3月に初の伝統工芸スタジオを設立。現代的な理念と伝統刺繍技術を結びつけ、設立以来1300件以上のウイグル族刺繍の商品を開発してきた。昨年だけで1750件の注文を受け、販売金額は100万元(1元=17円)を超えた。国内の有名デザイナーと協力して作り上げた作品も多く含まれる。同市文化館の崔建(さい・けん)館長によると、地元女性が製作した刺繍が上海やパリのファッションウイークに出品されることはもはや夢ではない。文化館の仲介で高級ブランドに刺繍のデザインや刺繍加工を提供する地元女性も登場しており、伝統手工芸品の付加価値を大いに高めているという。市内の刺繍産業関連企業は現在、230社に上る。(記者/郭燕、阿依努爾、王菲)<映像内容>ウイグル族刺繍の作品や製作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401135

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:16.96
    2019年03月28日
    「新華社」【字幕あり】新疆の農村の伝統刺繍、世界的ファッションショーの舞台へ

    世界的ファッションショーのランウェイで異彩を放つ、シックで民族的特色を取り込んだドレス。「花開く」という名の同ドレスは中国上海のあるファッションブランドの作品だが、デザイナーは、新疆ウイグル自治区哈密(クムル)市の農村に住む熱娜古麗·素批(ラナグリ・スピ)さんの刺繍(ししゅう)からインスピレーションを受けた。熱娜古麗さんは幼い頃から裁縫が好きだった。どの家の若い女性も刺繍ができ、各家庭の棚には素晴らしい刺繍作品が置かれている。こうした雰囲気に影響を受け、哈密市の農村に生まれた熱娜古麗さんは、小さい頃から目にも鮮やかな刺繍作品を好んでいた。哈密市は2016年3月、中国伝統工芸スタジオを設立した。スタジオは熱娜古麗さんのように同市の伝統工芸「哈密刺繍」の優れた腕を持つ女性職人が集まる交流の場となっていて、伝統手工芸の技術を保護するとともに、女性たちが発想を広げ、新たな道を切り開く手助けをしている。スタジオを通じてきっかけをつかみ、熱娜古麗さんは縁あってデザイナーと知り合い、哈密刺繍が初めて上海とパリのファッションウィークの舞台に上がることになった。熱娜古麗さんは今では全精力を手刺繍に注ぎ、注文制作で高級な洋服に刺繍をしている。以前は数十元(1元=約17円)だった刺繍作品が現在では数十倍、ときには数百倍にも値上がりし、熱娜古麗さんは民族伝統の刺繍を守り続けてきたことでもたらされる利益を享受している。そして熱娜古麗さんの作品は農村を出て、ファッションショーのランウェイに上がるまでになった。(記者/郭燕)<映像内容>中国新疆の哈密刺繍を使ったファッションショー、制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032801264

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:35.71
    2019年07月17日
    「新華社」多文化の魅力あふれる哈密刺繍新疆ウイグル自治区クムル市

    中国新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市は、古代シルクロード上に位置しており、同市の伝統工芸「哈密刺繍」は昔からシルクロード沿いの多くの民族の文化的要素を取り入れてきた。哈密刺繍は長年にわたり、地元住民の生活においても重要な役割を果たしてきた。家具や寝具、服装を好んで刺繍で飾っていた。現在でも、結婚式などの重要なイベントでは、刺繍の付いた衣服や帽子を身に着ける伝統を守っている。近年、地方政府による伝統的な刺繍工芸の保護や関連産業に対する支援がなされ、多くの伝統工芸の伝承者が全国各地のデザイナーや企業と良好な提携関係を築いており、哈密刺繍も刺繍する対象を拡大し、これまでに約千種類の工芸品を開発した。(記者/郭燕)<映像内容>伝統工芸「哈密刺繍」の作品、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706407

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.70
    2020年04月28日
    「新華社」人から機械へ、養鶏場の無人化が加速新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区クムル市の長鳴家禽飼育専門合作社(協同組合)の鶏舎には、忙しく働く従業員の姿はなく、機械が代わりに働いている。組合は鶏養を中心に、計17万4千羽の採卵鶏を飼育し、同市の1日に必要な卵の半分近くを採卵している。大きな鶏舎内で、鶏卵はベルトコンベアで鶏舎隅のエレベーターへと運ばれ、従業員2人により検査と包装が行われる。全体で具体的な飼育作業を行う従業員は20人足らずだ。組合の技術者、郭銀博(かく・ぎんはく)さんによると、養鶏場の自動化や機械化、標準化関連措置により、従業員の労働量は大幅に減少し、効率が大幅に向上したという。場内の温度と風量はセンサーで自動調節され、鶏糞はベルトコンベアで指定エリアに運ばれる。飼料と水の量もコンピューターで的確に制御されており、鶏にとって良好な環境を保つことができるという。(記者/張嘯誠、趙戈)<映像内容>自動化や機械化された養鶏場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104678

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月22日
    (4)春風に吹かれにぎわうバザール新疆ウイグル自治区

    20日、新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場で、売り物のナンを並べる店主。二十四節気の春分に当たる20日、中国新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場では週末の定期バザールが開かれた。暖かい春風がそよぐ中、人々はお気に入りの品を探したり、グルメを味わったりして楽しんだ。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201304

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月22日
    (5)春風に吹かれにぎわうバザール新疆ウイグル自治区

    20日、新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場で、電動三輪車に乗ってバザールを訪れた子ども。二十四節気の春分に当たる20日、中国新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場では週末の定期バザールが開かれた。暖かい春風がそよぐ中、人々はお気に入りの品を探したり、グルメを味わったりして楽しんだ。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201303

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月22日
    (3)春風に吹かれにぎわうバザール新疆ウイグル自治区

    20日、新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場で、同市で採れた奇石を選ぶ女性。二十四節気の春分に当たる20日、中国新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場では週末の定期バザールが開かれた。暖かい春風がそよぐ中、人々はお気に入りの品を探したり、グルメを味わったりして楽しんだ。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201299

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月22日
    (2)春風に吹かれにぎわうバザール新疆ウイグル自治区

    20日、新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場で、生活用品を選ぶ人々。二十四節気の春分に当たる20日、中国新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場では週末の定期バザールが開かれた。暖かい春風がそよぐ中、人々はお気に入りの品を探したり、グルメを味わったりして楽しんだ。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201301

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月22日
    (1)春風に吹かれにぎわうバザール新疆ウイグル自治区

    20日、新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場で、おもちゃを買う子ども。二十四節気の春分に当たる20日、中国新疆ウイグル自治区クムル市の宝農自由市場では週末の定期バザールが開かれた。暖かい春風がそよぐ中、人々はお気に入りの品を探したり、グルメを味わったりして楽しんだ。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201300

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (7)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208668

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (12)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208674

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (8)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208670

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (2)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208661

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (14)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208671

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (1)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、新疆ウイグル自治区クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (13)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208673

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月02日
    (6)コトカケヤナギ文化・観光祭が開幕新疆ウイグル自治区

    1日、クムル市アラトゥルク県にある伊吾胡楊林風景区。(小型無人機から)中国の国慶節(新中国成立記念日)に当たる1日、新疆ウイグル自治区クムル(哈密)市アラトゥルク(伊吾)県で第13回胡楊(コトカケヤナギ)文化・観光祭が開幕した。各地から訪れた観光客が美しいコトカケヤナギ林の風景を楽しんだ。(クムル=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208665

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年10月12日
    (11)新疆ウイグル自治区、10年で6万2千キロ超の道路を新設

    4日、新疆ウイグル自治区のクムル市とバルクル・カザフ自治県を結ぶ道路の東天山横断区間。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区交通運輸庁はこのほど、同自治区の道路建設状況について、2012年からの10年間で6万2200キロが新設され、総延長が21万7300キロになったと明らかにした。道路網の密度は12年初めに比べ4割余り増え、全ての郷と鎮、条件が整った建制村(行政区画としての村)にコンクリートまたはアスファルト舗装の道路が通じた。(ウルムチ=新華社配信/馮洋)= 配信日: 2022(令和4)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101208643

  • 1