KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 観光客
  • 競馬
  • 位置
  • 風景
  • モンゴルキュレ県
  • 北西部
  • 同地
  • 品種

「クーニャン」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
71
( 1 71 件を表示)
  • 1
71
( 1 71 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1942年10月03日
    第1901号 「同盟写真特報」

    清郷(蘇州清郷地区)に甦る新生中国(1)厳然たる清郷地区の守備(2)貧しき者に、病める者に皇軍の温かい手は伸びて新生中国の育成に多大な努力が続けられる(3)上海地区の状況を聞く重光大使(4)清郷地区視察の重光大使(5)皇軍の協力の下に清郷地区の任務に着く和平救国軍(6)“清郷工作に協力しましょう”と民衆に呼びかける娘達(7)「実現和平地区」と大書された城壁の下に身体検査を行う姑娘検査員(8)清郷に甦る農村、昭和17年10月3日(土曜日)第1901号

    商品コード: 2009011900183

  • 1943年11月26日
    精魂込めて防毒マスク製作 空襲何ぞ恐るべき

    姑娘によって防毒マスクの仕上げ作業=整理1943(昭和18)年11月26日、場所不明(番号なし)

    商品コード: 2015090400368

  • 1997年05月16日

    S 4840 ◎日本軍管理下で働く姑娘たち 北支太原のマッチ工場で 1939(昭和14)年

    商品コード: 2005111400084

  • 2011年11月29日
    「天と地の境目」を見る

    中国 四川省アバ・チベット族チャン族自治州の四姑娘山

    商品コード: 2011112900144

  • 2011年11月29日
    「天と地の境目」を見る

    中国 四川省アバ・チベット族チャン族自治州の四姑娘山

    商品コード: 2011112900145

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月01日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    1日、雪に覆われたフームー(禾木)郷で、伝統的な馬上ゲーム「雪地姑娘追」を披露する地元住民。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月01日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    1日、雪に覆われたフームー(禾木)郷で、伝統スポーツ「雪地競馬」を披露する地元住民。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700600

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地に広がる森林地帯。(小型無人機から)寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700604

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス湖畔に茂るヒマラヤスギ。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700807

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地に広がる一面の銀世界。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700630

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地で、馬そりを体験する観光客。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700594

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス湖畔で、雪景色を撮影する観光客。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700775

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地で、雪の中乗馬を楽しむ観光客。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700808

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地を貫く道路。(小型無人機から)寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700806

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地の名所の1つ、月亮湾。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700628

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月17日
    在ウズベキスタン中国大使館、新春レセプション開催

    17日、タシケントで開催された新春レセプションで新疆ウイグル自治区の伝統的な歌「美麗的姑娘」(美しい少女)を披露する中国人留学生。在ウズベキスタン中国大使館は17日、同国の首都タシケントで2019年華僑華人新春レセプションを開催した。(タシケント=新華社記者/蔡国棟)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200107

  • 2019年03月27日
    変化を迎えた「東洋のアルプス」観光客の急増が富をもたらす

    四姑娘山景勝地で、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から楽しむ観光客。(3月27日撮影)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県に位置する四姑娘山(しこじょうさん)は「東洋のアルプス」と称されているが、生態系保護地域にあたるため、ほとんどの観光スポットでは車両の通行が禁止されている。よって、徒歩か馬に乗って行くしかないことから、ここでは馬が非常に重要な役割を果たしている。観光客らはちりんちりんと心地よく響く馬の鈴の音を聞きながら渓谷を進み、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から堪能することができる。観光客の急増は、地元の人々に収入を増やし豊かになるチャンスをもたらした。(アバ=新華社記者/康錦謙)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701375

  • 2019年03月27日
    変化を迎えた「東洋のアルプス」観光客の急増が富をもたらす

    四姑娘山で観光客を馬に乗せる仕事をする地元の人。(3月27日撮影)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県に位置する四姑娘山(しこじょうさん)は「東洋のアルプス」と称されているが、生態系保護地域にあたるため、ほとんどの観光スポットでは車両の通行が禁止されている。よって、徒歩か馬に乗って行くしかないことから、ここでは馬が非常に重要な役割を果たしている。観光客らはちりんちりんと心地よく響く馬の鈴の音を聞きながら渓谷を進み、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から堪能することができる。観光客の急増は、地元の人々に収入を増やし豊かになるチャンスをもたらした。(アバ=新華社記者/康錦謙)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701393

  • 2019年03月27日
    変化を迎えた「東洋のアルプス」観光客の急増が富をもたらす

    四姑娘山で交通手段としての役割を担う馬。(3月27日撮影)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県に位置する四姑娘山(しこじょうさん)は「東洋のアルプス」と称されているが、生態系保護地域にあたるため、ほとんどの観光スポットでは車両の通行が禁止されている。よって、徒歩か馬に乗って行くしかないことから、ここでは馬が非常に重要な役割を果たしている。観光客らはちりんちりんと心地よく響く馬の鈴の音を聞きながら渓谷を進み、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から堪能することができる。観光客の急増は、地元の人々に収入を増やし豊かになるチャンスをもたらした。(アバ=新華社記者/軒玉珏)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701317

  • 2019年03月27日
    変化を迎えた「東洋のアルプス」観光客の急増が富をもたらす

    「東洋のアルプス」と称される四姑娘山。(3月27日撮影)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県に位置する四姑娘山(しこじょうさん)は「東洋のアルプス」と称されているが、生態系保護地域にあたるため、ほとんどの観光スポットでは車両の通行が禁止されている。よって、徒歩か馬に乗って行くしかないことから、ここでは馬が非常に重要な役割を果たしている。観光客らはちりんちりんと心地よく響く馬の鈴の音を聞きながら渓谷を進み、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から堪能することができる。観光客の急増は、地元の人々に収入を増やし豊かになるチャンスをもたらした。(アバ=新華社記者/軒玉珏)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701395

  • 2019年03月28日
    変化を迎えた「東洋のアルプス」観光客の急増が富をもたらす

    澄んだ青空の下、雄大にそびえる四姑娘山。(3月28日撮影)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県に位置する四姑娘山(しこじょうさん)は「東洋のアルプス」と称されているが、生態系保護地域にあたるため、ほとんどの観光スポットでは車両の通行が禁止されている。よって、徒歩か馬に乗って行くしかないことから、ここでは馬が非常に重要な役割を果たしている。観光客らはちりんちりんと心地よく響く馬の鈴の音を聞きながら渓谷を進み、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から堪能することができる。観光客の急増は、地元の人々に収入を増やし豊かになるチャンスをもたらした。(アバ=新華社記者/康錦謙)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701382

  • 2019年04月01日
    変化を迎えた「東洋のアルプス」観光客の急増が富をもたらす

    四姑娘山景勝地で、山々をバックに記念写真を撮る観光客。(4月1日撮影)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県に位置する四姑娘山(しこじょうさん)は「東洋のアルプス」と称されているが、生態系保護地域にあたるため、ほとんどの観光スポットでは車両の通行が禁止されている。よって、徒歩か馬に乗って行くしかないことから、ここでは馬が非常に重要な役割を果たしている。観光客らはちりんちりんと心地よく響く馬の鈴の音を聞きながら渓谷を進み、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から堪能することができる。観光客の急増は、地元の人々に収入を増やし豊かになるチャンスをもたらした。(アバ=新華社記者/軒玉珏)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701402

  • 2019年04月01日
    変化を迎えた「東洋のアルプス」観光客の急増が富をもたらす

    四姑娘山景勝地で、観光客を馬に乗せる仕事をする地元の人。(4月1日撮影)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県に位置する四姑娘山(しこじょうさん)は「東洋のアルプス」と称されているが、生態系保護地域にあたるため、ほとんどの観光スポットでは車両の通行が禁止されている。よって、徒歩か馬に乗って行くしかないことから、ここでは馬が非常に重要な役割を果たしている。観光客らはちりんちりんと心地よく響く馬の鈴の音を聞きながら渓谷を進み、雪山や山旗雲(やまはたぐも)が織りなす絶景を馬上から堪能することができる。観光客の急増は、地元の人々に収入を増やし豊かになるチャンスをもたらした。(アバ=新華社記者/軒玉珏)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701385

  • 2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800666

  • 2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て茶摘みをする女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800717

  • 2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を入れる子ども。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800738

  • 2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800678

  • 2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800706

  • 2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で「姑娘茶」を見せる少数民族の衣装を着た子ども。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800721

  • 2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800676

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館で従業員と打ち合わせをする万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500393

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市の自宅で娘と遊ぶ万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500651

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館で従業員と漢服を作る万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500653

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館で茶を注ぐ万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500384

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市の自宅で娘と遊ぶ万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500463

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市の自宅で軍服を整理する万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500547

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館から出てくる万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500582

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市の自宅で撮影する万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500643

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館で髪飾りを選ぶ万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500520

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館で娘と遊ぶ万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500555

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館で化粧する万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500611

  • 2020年09月16日
    漢服の魅力を伝え続ける「小万姑娘」さん、自らも毎日着用

    9月16日、四川省成都市にある自らの漢服体験館で娘と遊ぶ万さん。中国ではここ数年、短編動画を通じて漢民族の伝統衣装「漢服」文化が人気を博し、市場規模が急拡大している。「小万姑娘」というハンドルネームで活動する万潔(まん・けつ)さんは、フォロワー数200万人を超える人気のビデオブロガーで、漢服ブランドの創業者としての顔も持つ。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500389

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (17)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/白志強)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400218

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (8)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、馬を駆って雪原を疾走し、観光PRを行う同県の賀嬌竜(が・きょうりゅう)副県長。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400189

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (6)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月26日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400190

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (14)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影、小型無人機から)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400220

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (3)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月26日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400130

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (12)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月26日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400209

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (9)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月20日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400229

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (13)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400232

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (19)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/白志強)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400204

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (11)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、同地の民間伝統競技「姑娘追」を披露する地元の牧畜民。(2020年12月20日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400234

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (15)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、羊を奪い合う馬上競技「叼羊」(ディアオヤン)を披露する地元の牧畜民。(2020年12月20日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400238

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (5)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400222

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (10)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400226

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (7)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月20日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (18)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/白志強)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400196

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (1)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400198

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (4)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、観光客に竹竿の先につけた縄輪で馬を捕まえる「套馬(とうば)」を披露する地元の牧畜民。(2020年12月20日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (2)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れを撮影する観光客。(2020年12月20日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (16)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、馬を駆って雪原を疾走し、観光PRを行う同県の賀嬌竜(が・きょうりゅう)副県長。(2020年12月31日撮影)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/白志強)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400245

  • 2021年05月04日
    (1)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、夕日に照らされた牛背山頂上のグランピング施設。(小型無人機から)中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406234

  • 2021年05月04日
    (4)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、牛背山の西に見えるミニヤコンカの群峰。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406292

  • 2021年05月04日
    (5)牛背山から四川省の名山を遠望

    2日、牛背山の東に見える山々。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406254

  • 2021年05月04日
    (2)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、牛背山の頂上に建てられたロッジとグランピング施設。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406177

  • 2021年05月04日
    (6)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、牛背山山頂に続く完成間近の道路。(小型無人機から)中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406244

  • 2021年05月04日
    (3)牛背山から四川省の名山を遠望

    2日、朝日に照らされたミニヤコンカの峰。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406240

  • 2021年06月01日
    オシダ科の絶滅危惧種「玉竜蕨」、四川省小金県で発見

    1日、玉竜蕨の生息環境。中国四川省植物工程研究院と四姑娘山国家級自然保護区管理局が共同で実施した「四姑娘山野生薬用植物」編纂プロジェクト調査でこのほど、研究者が標高4600メートルにある岩の割れ目で玉竜蕨(学名:SorolepidiumglacialeChrist)を発見した。同保護区は、四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県にあり、県内で玉竜蕨が発見されたのは今回が初めてとなる。(成都=新華社配信)=2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904990

  • 2021年06月07日
    (3)オシダ科の絶滅危惧種「玉竜蕨」、四川省小金県で発見

    1日、四姑娘山で見つかった玉竜蕨。中国四川省植物工程研究院と四姑娘山国家級自然保護区管理局が共同で実施した「四姑娘山野生薬用植物」編纂プロジェクト調査でこのほど、研究者が標高4600メートルにある岩の割れ目で玉竜蕨(学名:SorolepidiumglacialeChrist)を発見した。同保護区は、四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県にあり、県内で玉竜蕨が発見されたのは今回が初めてとなる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704858

  • 2021年06月07日
    (1)オシダ科の絶滅危惧種「玉竜蕨」、四川省小金県で発見

    四姑娘山で見つかった玉竜蕨。(5月31日撮影)中国四川省植物工程研究院と四姑娘山国家級自然保護区管理局が共同で実施した「四姑娘山野生薬用植物」編纂プロジェクト調査でこのほど、研究者が標高4600メートルにある岩の割れ目で玉竜蕨(学名:SorolepidiumglacialeChrist)を発見した。同保護区は、四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県にあり、県内で玉竜蕨が発見されたのは今回が初めてとなる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704852

  • 00:57.47
    2021年09月30日
    「新華社」空から眺めるジャイアントパンダ保護区四川省

    中国四川省のジャイアントパンダ保護区群は、2006年7月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産に登録された。登録地は同省の臥竜国家級自然保護区と四姑娘山、夾金山脈を含む9245平方キロで、成都市、アバ・チベット族チャン族自治州、雅安市、カンゼ・チベット族自治州の4市・自治州12県にまたがる。野生パンダの3割以上が暮らす世界で最大、かつ最も環境の整った生息地であり、熱帯雨林以外で植物の種類が最も豊富な地域の一つにもなっている。(記者/王曦) =配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102715

  • 1