KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 弁護士グループ
  • アイドルグループ
  • 報道グループ
  • グループ会社
  • 指導グループ
  • 研究グループ
  • 専門家グループ
  • 人気グループ
  • アントグループ
  • 日本取引所グループ

「グループ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,921
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,921
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:51.08
    2021年02月24日
    「新華社」「オレンジサービス」が高齢者の「かかりつけ医不足」解消を促進

    中国のスマート医療サービスは近年、オフラインからオンラインへの移行が進んでいる。一方で、多くの高齢者が尻込みするケースもみられる。高齢者の受診難を解消するため、江西省南昌市の南昌大学第一付属医院外来診療部は、高齢者向けの「健康コードの提示なしで通過できる通路」の開設、「サポートチーム」の設立、「スマート外来サービス拠点」の設置などを含む一連の「オレンジサービス」活動を実施。高齢患者が外来を受診するまでの過程で生じうる問題の解決を後押ししている。(記者/彭菁) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.88
    2021年02月23日
    「新華社」渤海で1億トン級の新たな大型石油・ガス田見つかる

    中国石油大手の中国海洋石油集団は22日、渤海で1億トン級の大型石油・天然ガス田を発見したと明らかにした。中国の海洋石油・天然ガス資源の基盤をより確かなものにし、海洋石油・ガス田の安定生産や増産、国のエネルギー安全保障を確実にする上で重要な意味を持つ。「渤中13-2」と名付けられた同石油・ガス田は、渤海の中部海域に位置する。渤海ではここ数年、大型コンデンセートガス田「渤中19-6」や1億トン級油田「墾利6-1」など一連の重要な石油・天然ガスの発見が相次いでいる。同社の関係責任者によると、「渤中13-2」が発見された主要エリアは太古代の潜丘構造に属するため、探査難度が高いという。同社の探査要員は、太古代の潜丘に良質な石油・ガス貯留層があるかどうか、油層・ガス層を形成できるかどうかという二つの難題をめぐり、これまでの地質学的理解を刷新することで、油層・ガス層形成の新モデルを提示。大型で軽質かつ高品質の油層「渤中13-2」の発見に成功した。(記者/李帥) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.95
    2021年02月23日
    「新華社」ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.90
    2021年02月18日
    「新華社」凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。夏の増水期に入ると、橋の下の水流が速くなり測定が困難になるため、作業員は川面が完全に凍結する冬を待って測定を行い、測定精度を確保している。(記者/王君宝) =配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.67
    2021年02月17日
    「新華社」歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(記者/沙達提、朱翃、侯昭康) =配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.74
    2021年02月15日
    「新華社」中国東北部の大型露天炭鉱、拡大する需要に対応

    中国の電力大手、国家電力投資集団傘下の内モンゴル能源が運営管理する白音華、霍林河など五つの石炭生産拠点では、春節(旧正月)期間中も作業員3千人余りが勤務を続けている。1日当たりの原炭産出量は26万トンで、20万トンを外部へ輸送する。新型コロナウイルス対策に万全を期しつつ発電用石炭の供給を確保し、中国東北部の石炭需要に最大限に応えている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.37
    2021年02月15日
    「新華社」春節期間も砂漠で送電線の巡回点検新疆ウイグル自治区

    中国送電大手、国家電網傘下の国網バインゴリン・モンゴル自治州供電(新疆ウイグル自治区)は春節(旧正月)期間中、保守作業員がタクラマカン砂漠の奥地で220キロボルト台塔送電線(ブグル県台遠-チャルチャン県塔中)の巡回点検を実施している。タクラマカン砂漠は世界で2番目に大きい流動砂漠で、中国最大の砂漠でもある。全長331キロの220キロボルト台塔送電線は2010年10月に運用を開始。国網バインゴリン・モンゴル自治州供電の西南地区への送電の大動脈として、塔中地区の石油基地の石油・天然ガス開発とチャルチャン県住民の生活のための電力供給を担っている。今年の春節は、送電保守点検第5班の18人が持ち場を守り、保守チームを多数編成して送電線の巡回点検を実施。同自治州の送電網の安全かつ安定した運用を支えている。(記者/阿曼) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.30
    2021年02月15日
    「新華社」中国が無償援助のコロナワクチン、ジンバブエに到着

    中国政府がジンバブエに無償援助した新型コロナウイルスワクチンが15日、エア・ジンバブエの特別機で同国首都ハラレのロバート・ガブリエル・ムガベ国際空港に到着した。同国が入手する最初の新型コロナワクチンとなる。空港での受け渡し式では、チウェンガ副大統領兼保健・育児大臣が同国を代表してワクチンを受け取った。チウェンガ氏はあいさつで、中国が提供したワクチンはジンバブエの感染症防止に希望をもたらしたとし、同国で新型コロナの感染が始まり1年近くが経つが、ワクチン接種を通じて市民は再び正常な生活を取り戻すことができるだろうと述べた。今回提供された中国医薬集団(シノファーム)製のワクチンは、10万人が1人2回接種することができる。ジンバブエ政府のワクチン分配計画では、全国の第一線で活動する医療従事者3万人近くが最初に接種を受ける。ジンバブエ政府は今回無償援助を受けたワクチンのほかにも、60万回分のワクチンを中国から購入しており、3月上旬に同国に到着する。(記者/張玉亮)=配信日:2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.86
    2021年02月15日
    「新華社」僻地の村のオレンジを全国へ湖南省麻陽ミャオ族自治県

    中国湖南省懐化(かいか)市麻陽ミャオ族自治県は、オレンジの品種「氷糖橙」の主産地の一つで、さわやかな口当たりに定評がある。同自治県岩門鎮玳瑁坡(たいぼうは)村は雪峰山脈に位置し、かつては極度の貧困村だった。交通が不便なため、同地で生産される氷糖橙は長期にわたり価格や生産量の面で制約を受けてきた。中国のインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中国鉄建重工集団は2018年初め、貧困扶助チームを同村に常駐させた。産業道路20キロを建設するとともに、農業専門家による研究と指導をたびたび実施。市場ニーズに基づき品種改良を行い、優良品種の植え付けや接ぎ木を進めた。地元の貧困扶助工場では、氷糖橙の選別と等級分け、梱包がワンストップ方式で行われるようになり、今では宅配便で全国各地に発送している。2017年に5400元(1元=約16円)余りだった同村貧困家庭の1人当たり平均年収は、2020年に1万1千元余りにまで増えた。(記者/程済安、周勉) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.75
    2021年02月13日
    「新華社」無形文化遺産の地元の味が春節料理に湖北省嘉魚県

    中国湖北省咸寧市嘉魚県では地元の味「簰洲円子(はいしゅうえんし)」の春節(旧正月)向けの生産が本格化している。魚のすり身を小さく丸めて蒸した団子で、千年余りの歴史があり、その製造技術は同省の無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。県内の工場では地元の電力供給サービスチームが生産ラインの電力設備を点検し、生産用電力に問題がないことを確認するなど、準備が進められた。(記者/梁建強) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.29
    2021年02月12日
    「新華社」ボリビア政府とシノファーム、新型コロナワクチン協力取り決めに調印

    ボリビア政府は11日午前、中国医薬集団(シノファーム)とオンラインで、新型コロナウイルスワクチン協力取り決めに調印した。アルセ大統領が調印に立ち会った。調印式は大統領府で行われた。同国のアウザ保健スポーツ相、中国の黄亜中(こう・あちゅう)駐ボリビア大使らが現場で調印式に出席し、シノファームの劉敬楨(りゅう・けいてい)董事長がオンラインで出席した。アルセ大統領はあいさつで、シノファームの新型コロナワクチンは世界で広く認められている質の高いワクチンだと強調、大規模な接種によって市民の健康を保障するのに役立つことを信じていると述べた。アウザ保健スポーツ相は、ボリビア政府は中国製ワクチンの信頼性に強い自信を持っており、ワクチンの承認と登録の手続きを短期間に終えたと述べた。黄大使はあいさつで双方の取り決め調印を祝い、中国は引き続き力の及ぶ限りボリビアの感染対策を支援していくと表明した。 =配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:22.85
    2021年02月10日
    「オリコン」 渡邊圭祐、バレンタインの思い出

    アミューズ所属の注目若手俳優らによる「チーム・ハンサム!」が、東京・SHIBUYA109渋谷店・SHIBUYA109阿倍野店の両施設とコラボキャンペーン『TEAMHANDSOME!×SHIBUYA109ValentineCampaign』を開催中。10日、渋谷店に小関裕太、新原泰佑、兵頭功海、藤原大祐、渡邊圭祐が来場した。撮影日時:2021(平成33)年02月10日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:55.50
    2021年02月10日
    「新華社」ラオスで中国政府援助の新型コロナワクチン引き渡し式

    中国政府がラオスに援助する新型コロナウイルスワクチンが8日未明、首都ビエンチャンに到着し、同日午後に保健省で引き渡し式が行われた。中国の姜再冬(きょう・さいとう)駐ラオス大使がラオスのパンカム人民革命党中央政治局員・国家副主席に引き渡した。パンカム氏は感謝の意を表明し、これまでの中国の専門家チーム派遣や防疫物資の大量援助がラオスの感染予防能力を高めたとし、中国はラオスを含め多くの国に援助し、大国としての責任感と人類運命共同体の精神を十分示したと語った。姜氏は、中国がラオスの感染症対策を引き続き支持すると表明した。 =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.43
    2021年02月10日
    「新華社」消防隊が隔離対象者の居住区消毒を支援黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市呼蘭(こらん)区の消防救援大隊はこのほど、同区感染予防・抑制指揮部(対策本部)の緊急任務の指令を受け、集中隔離観察の対象者が観察を終えて帰宅した後も安全で安心な住環境が確保できるよう、共産党員による感染対策特別チームを組織し、管轄区の約30区画を全面的に消毒した。居住区の各入り口のドアノブや階段の手すり、エレベーターなど、住民が頻繁に触れる場所を中心に、的確な消毒を行った。消毒面積は累計で2500平方メートル以上に達した。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.36
    2021年02月10日
    「新華社」春節輸送の安全支える架線保守作業員大西高速鉄道

    中国の高速鉄道は日中の運行が中心で、夜間は線路や施設のメンテナンスに充てられる。山西省大同市と陝西省西安市を結ぶ大西高速鉄道の山西南区間では、春節(旧正月)の特別輸送期間に架線の保守作業が毎晩実施されている。作業員は夜間に高所で作業することから「スパイダーマン」と呼ばれる。同区間の電力供給を担当する中国鉄路太原局集団候馬北供電区の高速鉄道供電・整備部門は、1080キロの架線網を管轄する。作業車4台、作業員50人余りが毎晩、線路を巡回して点検、修理を行っている。(記者/趙陽) =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.88
    2021年02月09日
    「新華社」大型海事巡航救助船「海巡06」が進水台湾海峡が任務エリア

    中国の台湾海峡を任務エリアとする初の5千トン級巡航救助船「海巡06」が8日、湖北省武漢市にある国有造船最大手、中国船舶集団傘下の武昌船舶重工集団双柳造船基地で進水した。就役後は台湾海峡に駐留する最大の海事巡航救助船となる。「海巡06」は全長128・6メートル、型幅16メートル、型深さ7・9メートル、設計排水量5560トン、設計速度20ノット。航行区域無制限の航行能力を備え、航続距離は1万カイリ。外部からの補給なしで60日間、海上巡航と法執行が可能となっている。2019年5月に建造が始まっていた。今年末に福建海事局に配属される見込みで、主に台湾海峡の海域で海上交通の巡航管理と緊急救助などの任務に当たる。また、全国の海事監督管理や緊急調整への参画、国際海事交流・協力への派遣も予定されている。(記者/侯文坤) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.03
    2021年02月09日
    「新華社」外国人教師、春節の伝統文化の魅力を堪能河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市では、新型コロナウイルスの影響により、多くの外国人教師が冬休みに入っても勤務地に留まっている。同市で学校経営に関わる石家荘外国語教育集団は、彼らに異国の地で温かく和やかな春節(旧正月)を過ごしてもらおうと、日本や米国、英国、カナダ、フランス、ウクライナ、コスタリカ、南アフリカなど8カ国11人の外国人教師のために、バラエティー豊かな年越しイベントを用意した。漢服体験や「福」の字を書く書道体験、餃子作りなど濃厚な年越しムードの中、外国人教師たちは中国の伝統文化の魅力を味わった。(記者/閆起磊) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.57
    2021年02月09日
    「新華社」一汽解放汽車、1月の販売台数27・9%増

    中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の一汽解放汽車(FAW)は5日、1月の生産販売速報を発表した。それによると、完成車の販売台数は前年同月比27・9%増の7万9082台で、うち大型トラックは33・7%増の7万237台だった。(記者/張建、張楠) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.58
    2021年02月08日
    「新華社」中国一汽、1月の販売台数18・9%増42万台

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団がこのほど発表した1月の完成車生産・販売台数は、生産台数が前年同月比21・6%増の30万9077台、販売台数が18・9%増の42万458台だった。いずれも好調な滑り出しを見せた。二大ブランドの高級セダン「紅旗」とトラック「解放」が引き続き高い伸びを示した。「紅旗」の生産台数は約2・3倍の2万3460台、販売台数は約2・6倍の3万2526台で、「解放」は生産台数が57・0%超増の約4万6千台、販売台数が27・0%増の約7万9千台だった。合弁事業では、独フォルクスワーゲン(VW)との合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)の生産台数が7・3%増の15万483台、販売台数が16・6%増の21万5286台。トヨタ自動車との合弁会社、一汽トヨタの生産台数が25・6%増の7万5042台、販売台数が8・9%増の8万3062台となった。マツダとの合弁企業、一汽マツダは生産台数が8352台、販売台数が1818台だった。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.08
    2021年02月07日
    「新華社」中国援助のコロナワクチン、第1陣がカンボジア到着

    中国がカンボジアに援助した新型コロナウイルスワクチンの第1陣が7日、首都プノンペンに到着した。プノンペン国際空港では同国のフン・セン首相がみずから出迎えた。フン・セン氏は空港で行われたワクチン引き渡し式でのあいさつで、ワクチン援助はカンボジア・中国の人民の友情と協力を改めて示す証しであり、両国の全面的戦略協力パートナーシップの発展と運命共同体の構築を力強く推進するだろうと述べた。中国の王文天(おう・ぶんてん)駐カンボジア大使は、中国が援助しカンボジア側に引き渡されたワクチンの第1弾に、中国軍からカンボジア軍への提供分も含まれていることは、両国と両国軍を結ぶ特別な兄弟の絆を反映していると述べた。王氏は、中国は引き続きコロナウイルス対策でカンボジアとの協力を強化し、同国がコロナウイルスに打ち勝つまでできる限りの援助を行うと表明した。カンボジア保健省は4日、中国医薬集団(シノファーム)製のコロナウイルス不活化ワクチンの緊急使用を承認した。3日にはプノンペンでカンボジア政府による中国製ワクチン接種の訓練式が行われ、中国側がカンボジアの医療従事者を対象に、コロナウイルスワクチンの接種訓練を実施した。=配信日:2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.72
    2021年02月05日
    「新華社」中欧班列の復路列車、西安に到着カザフスタンから年越し用品運ぶ

    カザフスタンから輸入される年越し用品を積んだ今年最初の中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)復路列車が3日、中国陝西省西安市に到着した。列車は49両編成で、小麦粉や食用油、ハチミツ、菓子などを積載。多くはカザフスタンに現地生産拠点を構える中国の食品メーカー、西安愛菊糧油工業集団の製品だった。同社は2015年、カザフスタンに農産物物流加工基地を建設した。担当者の劉東萌(りゅう・とうほう)氏は「年明け以降、年越し用品列車3本を運行しており、今日最初の復路列車で到着した年越し用品は、中国人の食卓を豊かにするだろう」と説明。同社は「一帯一路」構想によって海外進出を果たし、中欧班列の利用で発展を遂げ、コスト削減や効率化を実現している。(記者/李一博、張斌) =配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.83
    2021年02月05日
    「新華社」天津港集団今年初の「一帯一路」新直航航路が開通

    中国天津市の天津港コンテナ埠頭(ふとう)からこのほど、コンテナ船「永康」号が出港。これにより、天津港集団の今年初の「一帯一路」新直航航路が正式に開通したことになる。今回開通した「一帯一路」東南アジア新直航航路は、宏海箱運や高麗海運などの船社5社が共同で運営、2500~2700TEU(標準コンテナ換算)型コンテナ船4隻で、週1便運航される。天津港を出発し、東南アジアのシンガポール港、クラン港(マレーシア)などを結ぶ。初の運航便は天津港から計614TEUのコンテナに、主に京津冀(北京市、天津市、河北省)とその周辺エリアで生産された自動車部品、鋼板、アルミニウム製品、家具などの大口貨物を積載している。(記者/李帥) =配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.72
    2021年02月05日
    「新華社」中欧班列の復路列車、西安に到着カザフスタンから年越し用品運ぶ

    カザフスタンから輸入される年越し用品を積んだ今年最初の中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)復路列車が3日、中国陝西省西安市に到着した。列車は49両編成で、小麦粉や食用油、ハチミツ、菓子などを積載。多くはカザフスタンに現地生産拠点を構える中国の食品メーカー、西安愛菊糧油工業集団の製品だった。同社は2015年、カザフスタンに農産物物流加工基地を建設した。担当者の劉東萌(りゅう・とうほう)氏は「年明け以降、年越し用品列車3本を運行しており、今日最初の復路列車で到着した年越し用品は、中国人の食卓を豊かにするだろう」と説明。同社は「一帯一路」構想によって海外進出を果たし、中欧班列の利用で発展を遂げ、コスト削減や効率化を実現している。 =配信日: 2021(平成33)年02月Ob日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.31
    2021年02月04日
    「新華社」新疆2通関地経由の中欧・中亜班列、1月は956本で過去最高

    中国鉄路ウルムチ局集団がこのほど発表した統計によると、新疆ウイグル自治区のコルガス(霍爾果斯)と阿拉山口の両口岸(通関地)を通じて出入国する中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、中国と中央アジアを結ぶ「中亜班列」の今年1月の運行本数は合計956本だった。貨物輸送量は8万7100TEU(20フィートコンテナ換算)で、列車運行本数、貨物輸送量共に過去最高を更新し、中欧・中亜班列の運行は今年、好調なスタートを切った。統計によると、1月にコルガス駅鉄道口岸を通じて出入国した中欧・中亜班列の運行本数は前年同月比46%増の512本、貨物輸送量は同45%増の4万5900TEUだった。同じく阿拉山口口岸は、運行本数が前年同月比49・5%増の444本、貨物輸送量は54・0%増の4万1200TEUだった。両口岸経由の中欧・中亜班列は現在44路線あり、ドイツやポーランド、ベルギー、ロシアなど13カ国と結び、200種類余りの貨物を輸送している。(記者/周生斌) =配信日: 2021(平成33)年02月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:21.72
    2021年02月04日
    「新華社」中国一汽、21年目標販売台数は8%増の400万台

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、2021年の完成車目標販売台数を前年比7・9%増の400万台とすることを明らかにした。売上高は10・6%増の7700億元(1元=約16円)を見込んでいる。21年は新エネルギー車の生産と販売に重点を置く方針で、目標販売台数を前年の4倍となる20万台に設定した。高級車ブランド「紅旗」にも引き続き力を入れ、2倍の40万台を売り上げる目標を掲げている。20年の完成車販売台数は7・1%増の370万6千台と、伸び率は業界全体を9ポイント上回った。市場シェアも14・6%と1・2ポイント伸ばした。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年02月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.58
    2021年02月03日
    「新華社」春節に向け列車を洗浄ハルビン車両基地

    中国黒竜江省ハルビン市にある中国鉄路ハルビン局集団三棵樹車両区の整備基地で1日、ハルビンと広州を往復する旅客列車が車体洗浄のため到着した。同基地では春節(旧正月)時期の特別輸送態勢に備え、作業員数十人が連日車両の洗浄にあたっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年02月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.56
    2021年02月02日
    「新華社」最先端の中国高速鉄道用箱桁製作工程福建省

    中国の高速鉄道には多くの橋が架かっており、全線の9割を橋が占める路線もある。橋を多用することで列車の安全性や快適性を効果的に向上させ、土地資源を節約し、建設スピードを加速させることができる。また、プレハブ式箱桁を導入して線路を支えている。中国高速鉄道に使用されている最先端の箱桁は長さ40メートル、重さ約千トンで、風や水による浸食、高温、酷寒などの過酷な自然条件に耐えることができる。モジュール化されたプリセット技術と体系化された付帯設備は、世界の高速鉄道で最高レベル、最高効率を代表するものとなっている。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が新たに建設した、福建省莆田(ほでん)市に位置する福廈(同省福州市-アモイ市)鉄道霊川橋梁製作場でこのほど、長さ40メートル、重さ約千トンのプレストレスト・コンクリート箱桁の製作工程を動画に収めた。 =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.89
    2021年02月02日
    「新華社」中国一汽の「紅旗」、1月の販売台数3万2500台超

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、傘下の高級車ブランド「紅旗」の1月の販売台数が3万2500台を超え、前年同期比2・6倍になったと発表した。同ブランドは現在、各種セダンやスポーツタイプ多目的車(SUV)のほか、600万元(1元=約16円)を超えるカスタマイズモデルの紅旗L5、紅旗H9+、紅旗HS7+などを販売しており、ブランド規模は拡大を続けている。統計データによると、同ブランドの2020年度の生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年比2倍となった。販売台数は2018年の3万台超え、2019年の10万台超えに続き、またも歴史的飛躍を遂げた。(記者/張建)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.56
    2021年02月02日
    「新華社」最先端の中国高速鉄道用箱桁製作工程福建省

    中国の高速鉄道には多くの橋が架かっており、全線の9割を橋が占める路線もある。橋を多用することで列車の安全性や快適性を効果的に向上させ、土地資源を節約し、建設スピードを加速させることができる。また、プレハブ式箱桁を導入して線路を支えている。中国高速鉄道に使用されている最先端の箱桁は長さ40メートル、重さ約千トンで、風や水による浸食、高温、酷寒などの過酷な自然条件に耐えることができる。モジュール化されたプリセット技術と体系化された付帯設備は、世界の高速鉄道で最高レベル、最高効率を代表するものとなっている。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が新たに建設した、福建省莆田(ほでん)市に位置する福廈(同省福州市-アモイ市)鉄道霊川橋梁製作場でこのほど、長さ40メートル、重さ約千トンのプレストレスト・コンクリート箱桁の製作工程を動画に収めた。(記者/宋為偉) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.48
    2021年02月01日
    「オリコン」 純烈、温泉守る“ヒーロー”で銀幕デビュー 小田井涼平「LiLiCoのインタビューを期待します」

    4人組歌謡グループ・純烈が銀幕デビューを飾る映画『スーパー戦闘純烈ジャー』が今秋に公開されることが1日、発表された。撮影日時:2021(平成33)年02月01日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:45.79
    2021年02月01日
    銀座クラブ訪問で議員辞職へ 公明・遠山氏が取材対応

    新型コロナウイルス緊急事態宣言中に深夜、東京・銀座のクラブを訪れた公明党の遠山清彦衆院議員(51)=比例九州=は1日、大島理森衆院議長宛てに議員辞職願を提出した。党執行部は、遠山氏を公認していた次期衆院選神奈川6区への候補者擁立を見送る方向で検討に入った。 遠山氏は自身の資金管理団体がキャバクラなどに「飲食代」として計約11万円を支出したことも判明しており、責任を取る。国会内で1日「私の不適切な行動と、資金管理団体の不祥事で政治への信頼を深く傷つけてしまった」と記者団に述べ、謝罪。次期衆院選への不出馬を表明した。 <映像内容>遠山氏の取材対応、入り、謝罪コメントを述べて頭を下げる遠山氏、質疑応答など、撮影日:2021(令和3)年2月1日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年2月1日

  • 00:34.18
    2021年01月31日
    「新華社」中国各地で開かれる「両会」、感染対策を徹底

    中国各地の省・自治区・直轄市でこのところ、「両会」(人民代表大会と政治協商会議)が相次いで開かれている。湖南省長沙市では、人民代表大会(人代)と政治協商会議(政協)の双方に、今年新たに感染予防・抑制ワーキンググループが設置された。会議に先立ち、全ての参加者とスタッフは72時間前までに核酸検査を受け、行程コードと健康コードをまとめる必要がある。人代代表と政協委員は、勤務地と会場で厳格な消毒・防護措置を実施し、参加者や会議スタッフに対しては、厳格な感染予防モニタリング管理が行われる。プロセスを簡素化するため、参加者はホテルに入ると自動的に検温され、その後セキュリティゲートを通過する。ホテルは事前に、人代代表と政協委員が宿泊する部屋やレストラン、会場を消毒、換気する。会期中、人代代表と政協委員は、全ての感染予防ルールを順守し、毎日健康チェックをして健康モニタリング記録票に記入する。疑わしい症状があれば、すぐに随行医療スタッフかホテルに常駐する医療スタッフに報告して診察に協力し、必要に応じて医学隔離観察を受けることが求められる。(記者/姚羽) =配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.90
    2021年01月31日
    「新華社」北京理工大、冬季五輪を支える科学技術を相次いで開発

    中国の北京理工大学が主導する国家重点研究開発計画「科学技術冬季五輪」の重点プロジェクト、「国家科学的訓練基地建設のための主要技術の研究と実証プロジェクト」はここ数年、着実に進んでいる。いくつもの「ブラックテクノロジー(画期的な先端技術)」が、中国のウインタースポーツのトレーニングにすでに導入、あるいは導入されようとしている。同大光電学院儀器(計器)研究所の劉明(りゅう・めい)副教授が率いるチームは、スピードスケートの動作解析に関する課題研究を担当している。この研究では、スピードスケートやショートトラック、フィギュアスケートなど氷上競技の軌跡や動作の分析を通じて、選手一人一人の動作の軌跡を細かく解析することができるほか、複数の選手の軌跡も同時に分析することができる。同学院では、「冬季競技種目の3次元知覚と再構築技術」という課題研究班の張海洋(ちょう・かいよう)副教授が、3次元レーザーレーダーのスキャンシステムでスキー場のシーンを再現し、その場にいるかのような臨場感を生み出す技術の研究をしている。張副教授によると、主にスキージャンプやアルペンスキーなどの種目の3次元シーンデータを計測し、リアルタイム仮想現実(VR)技術でシーンの情報を表示するため、雪の降らない季節でも、スキーシミュレーターを用いて屋内で滑る練習ができるという。「屋内多自由度スキーシミュレーション・トレーニングシステム」という課題では、主にアルペンスキーやクロスカントリースキーなどの選手を対象に、回転や滑走など特殊技術のトレーニング効率を向上させるため、屋内練習用のスキーシミュレーターを提供している。スキー・トレーニングプラットフォーム上に動作認識やフォーム測定システムをインストールすることで、選手の運動データを収集・分析し、科学的トレーニング指導に役立てることもできる。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:39.29
    2021年01月30日
    「オリコン」 岩田剛典、ライバル作品を異例PR

    人気グループ・EXILE/三代目JSOULBROTHERSの岩田剛典が30日、都内で行われた映画『名も無き世界のエンドロール』の公開記念舞台あいさつに出席した。撮影日時:2021(平成33)年01月30日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:44.80
    2021年01月30日
    「新華社」鉄道警備員、銀嶺トンネルの安全を守る浙江省松陽県

    中国浙江省麗水市松陽県内に位置する銀嶺トンネルは、同省衢州(くしゅう)市と福建省寧徳市を結ぶ衢寧(くねい)鉄道の路線上にある。トンネルの上方100メートルほどの場所には巨大な岩がそびえ立ち、いつ崩れ落ちてもおかしくない危険な状態で、鉄道の安全運行を脅かす存在となっている。このため、一帯の鉄道を管轄する中国鉄路上海局集団杭州工務区間は、管内唯一となる1級治水監視所を設け、警備員4人を2班に分けて24時間体制で監視に当たらせている。警備員は毎回列車が通過する前に岩の状態を確認し、さらに毎日現場で亀裂や位置にずれが生じていないかを検査している。監視所は山の奥深くにあり、昼間でも訪れる人は少なく、夜は肌を突き刺すほどの冷たい風が吹きすさぶ。警備員らは孤独と寒さの中、細心の注意を払って、線路や列車の運行の安全確保に努めている。(記者/林光耀、江漢) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.98
    2021年01月30日
    「新華社」中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。「華竜1号」の設計寿命は60年。全てのコア設備の国産化を実現し、世界最高水準の安全基準を満たしている。(記者/林凱、宓盈婷) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:12.52
    2021年01月30日
    田中将大「成長見せたい」 震災10年に復帰決断

    米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となり、プロ野球楽天に8年ぶりに復帰する田中将大投手(32)が30日、東京都内のホテルで入団記者会見を行い「日本の野球ファンの前で投げられると思うと、わくわくを止められない。成長した姿を見せられたら」と抱負を話した。 東日本大震災の発生から10年となる節目のシーズンでの復帰。「震災から10年という年で、その中で自分が初めてFAになってチームを選べる立場にあった。この10年という数字は、やはり意味のあるタイミングだと思った」と話した。 東京五輪が当初の予定通り昨夏に開催されていれば、大リーガーとして出場はできなかった。1年延期されたことで可能性が生まれ「出たいと思っている。金メダルを取りたい」と力強く話した。 楽天と2年契約を結んだ。「1年終わった段階で球団と話をする機会は設けてもらっている。どういう形になるか分からないが、米国でやり残したことがある」と率直な思いも口にした。 田中将は2013年に24勝0敗1セーブの圧倒的な成績で楽天を創設9年目で初のリーグ優勝と日本一に導き、14年にヤンキースへ移籍。昨季終了後にFAになっていた。 <映像内容>田中将大投手の記者会見。フォトセッション 、撮影日:2021(令和3)年1月30日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月30日

  • 00:46.03
    2021年01月30日
    「新華社」化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.71
    2021年01月30日
    「新華社」消防隊員が隔離施設の全面消毒を実施黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市の消防救助隊はこのほど、市内の隔離施設6カ所で消毒作業を実施した。新型コロナウイルスの感染予防のための消毒作業を行う突撃隊が六つの消毒チームに分かれ、隔離拠点の公共エリアで噴霧装置による消毒作業を行った。既に8万平方メートルの消毒任務が完了したという。(記者/張濤、董宝森) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.09
    2021年01月30日
    「新華社」「華竜1号」初の原発が商業運転開始年間100億kWhの発電可能

    中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。同集団によると、「華竜1号」の設計寿命は60年。全ての基幹設備の国産化を実現し、世界最高水準の安全基準を満たしている。一つのユニットで年間約100億キロワット時(kWh)の発電が可能で、標準炭換算で312万トンの石炭消費を減らし、二酸化炭素排出量を816万トン削減する。(記者/林善伝) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.22
    2021年01月29日
    「新華社」中国製ワクチン、初回分がモロッコに到着

    モロッコ保健省は27日に公報を発表し、中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルス不活化ワクチンの初回分が到着したことを明らかにした。ワクチンは同国最大の都市カサブランカに到着し、すでに輸送や配送が始まっている。同国は近日中にワクチンの大規模接種を実施する予定で、医療従事者や保安要員、教育関係者が優先接種対象になるという。また、ワクチン接種の予約サービスを国民に提供するホームページをすでに開設している。(記者/陳斌傑、余福卿) =配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.41
    2021年01月27日
    「新華社」偃師商城で商代最古の水路跡を発見河南省洛陽市

    中国河南省洛陽市にある商(殷)代の都城遺跡、偃師(えんし)商城遺跡に、これまでに発見された商代の都市水路の中で最も古く、最も整備された水路があったことが、最新の考古学研究で明らかになった。偃師商城発掘チームを率いる中国社会科学院考古研究所の陳国梁(ちん・こくりょう)副研究員によると、偃師商城の内部水路は主に排水用で、外部水路には護城河(堀)とその外側を南北に流れる2本の川があった。内外の水路を循環させることで、都市の安全性や排水・洪水対策を確保したほか、宮殿エリアに3千平方メートル近い水面面積を持つ庭園を持つ美しい景観を実現したという。同遺跡は1983年に発見された。総面積は約2平方キロメートルで、大城と小城、宮殿の三重の城壁からなる。城壁や堀、城門、府庫(国家の文書・財物の保管場所)、穀倉、手工業作業場などの遺構が出土している。商の湯王が夏を滅ぼした後に築き、約200年間使用された。学術界では、同城の築城が夏王朝と商王朝の年代境界とされている。遺跡の調査では、小城エリアで異なる時期に造られたとみられる東西方向の水路2本が確認された。宮殿エリアの雨水を同エリアの外側を囲む水路に排水し、さらに幹線水路に合流させて城外に排出していたと思われる。(記者/桂娟、李文哲、袁月明)=配信日:2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.48
    2021年01月26日
    「新華社」春節を前ににぎわう広東省の温泉地

    中国の温泉リゾート、広東省広州市従化(じゅうか)区には、世界的にも珍しいラドンを含む天然温泉がある。国際温泉気候連合(FEMTEC)から「世界的に珍しい温泉」の称号を授与されており、「嶺南第一泉(中国南部の南嶺山脈以南一の温泉)」の美称を持つ。同区は流溪温泉リゾートを中心に温泉ホテルグループを構築。毎年春節(旧正月)の時期になると、地中海風、タイ風、ヨーロッパ風、田園風など、さまざまなスタイルを備えた温泉ホテルに大勢の観光客が訪れるという。(記者/陸浩) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:03.45
    2021年01月26日
    小池知事と東京都医師会が意見交換 ワクチン接種で連携チーム設置

    東京都の小池百合子知事は26日、都内での新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、東京都医師会の尾崎治夫会長らと意見交換し、スムーズな接種実現への情報共有を円滑にするため、各地区の医師会や市区町村を含めたチームの設置を確認した。体制やメンバーは今後検討する。意見交換では、都医師会側がワクチン保存用のディープフリーザー(超低温冷凍庫)を医療機関に置けない場合のサポートや、ワクチンを小分けにする際の作業員らの支援を要望した。 <映像内容>東京都の小池百合子知事と東京都医師会の意見交換の様子、交換会後の小池氏と東京都医師会の尾崎治夫会長の囲み、撮影日:2021(令和3)年1月26日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月26日

  • 00:45.46
    2021年01月26日
    「新華社」中国企業による風力発電、アルゼンチンで新たに2カ所稼働

    中国企業が投資し、建設を請け負ったアルゼンチン・ヘリオス風力発電プロジェクト群のロマブランカ第1期および第3期プロジェクトが22日、同国の電力系統に接続され、正式に商業運転を開始した。これは中国の風力発電機大手の新疆金風科技(ゴールドウインド)が投資し、インフラ大手の中国電力建設集団(中国電建)が建設を請け負う、アルゼンチン最大の風力発電プロジェクト群で、計5件の独立プロジェクトが含まれている。このうち、ロマブランカ第2期とブエノスアイレス州ミラマールのプロジェクトは既に商業運転を開始している。全プロジェクト群の稼働後は、年間16億キロワット時のクリーン電力を地元に供給し、36万世帯分の消費電力を賄える見通し。これにより、同国は標準石炭換算で年間65万トンの石炭消費を削減でき、二酸化炭素排出量は180万トン減少するとされている。中国電建アルゼンチン分公司の涂水平(と・すいへい)総経理は、プロジェクト群建設はアルゼンチンの環境保護事業の発展とエネルギー転換の促進に寄与するだけでなく、地元に千人分以上の雇用を創出し、地域経済の発展や人々の生活向上の促進に貢献できると説明した。(記者/倪瑞捷、康文軍) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.04
    2021年01月26日
    「新華社」3Dプリント技術を利用、「パイプを登るロボット」開発天津大学

    中国の天津大学の研究チームはこのほど、3Dプリント技術を利用し、産業施設で配管の測定や監視をリアルタイムに行うロボットを開発した。このロボットは、柔軟性のある一体型の構造にモジュール式グリッパーを備えており、さまざまな形状のパイプをよじ登ることができる。また、ロボットには最大1キロまでの荷物が積載可能で、これは自重の約80倍に相当する。研究チームは、このロボットにセンサーを組み込むことで、自律式配管メンテナンス・ソリューションを開発していく計画だという。(記者/宋瑞) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.16
    2021年01月26日
    「新華社」「洋上風力発電+海洋牧場」のモデル区を建設広東省

    中国広東省陽江市陽西県の沖合にはこれまでに、風力発電用の風車48基が設置され、うち23基が送電網と接続している。中国長江三峡集団が手掛けるこのプロジェクトは、洋上風力発電と海洋牧場を組み合わせた「国家級海洋牧場モデル区」の建設を目指し、2021年末までに、約170万キロワットの電力生産を見込む。同モデル区には人工魚礁区、風力発電統合区、レジャー漁業パーク2カ所、レジャー漁業基地2カ所を整備する。 =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日: 2021

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.28
    2021年01月25日
    「新華社」カンボジア、中国軍の医師5人に勲章授与

    カンボジア政府はこのほど、軍病院のプレアケットメリア病院の医療水準向上に貢献したとして、中国軍の医師5人に「騎士勲章」を授与した。18日に同病院で行われた授与式典には、カンボジア国防省の後方勤務・財政総局次長を務めるピッチ・チョウン中将と在カンボジア中国大使館の李景峰(り・けいほう)武官が出席した。勲章を授与されたのは、中国人民解放軍の第15陣カンボジア派遣医療専門チームの医師5人で、このほど同国での1年間の任務を終えた。医師は任務期間中、同病院でカンボジア軍兵士や一般市民に対し、医療保健サービスを提供するとともに、現地の医療水準引き上げや医学研究指導、新型コロナウイルス感染症対策強化を支援した。(記者/毛鵬飛) =配信日: 2021(平成33)年01月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:09.85
    2021年01月24日
    「新華社」中国企業、ボスニア・ヘルツェゴビナの病院に新型コロナ対策物資を寄贈

    中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国国際医薬衛生(国薬国際)は21日、ボスニア・ヘルツェゴビナ北部のドボイ病院に新型コロナウイルス感染症対策の医療物資を寄贈した。引き渡し式典は、国薬国際が建設を請け負ったドボイ病院新規建設プロジェクトの現場で行われた。同社中東欧支社の代表が、防護服や医療用マスクなど医療物資36箱をドボイ病院に引き渡した。式典には、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦スルプスカ共和国のシェラニッチ保健相、在ボスニア・ヘルツェゴビナ中国大使館の謝宇(しゃ・う)経済商務参事官が参加した。(記者/張修智) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:41.60
    2021年01月23日
    北朝鮮の党大会記念公演、閉幕へ 公演と市民の話

    北朝鮮の平壌で5年ぶりの朝鮮労働党大会を記念して始まった祝賀公演「党を歌う」は24日に閉幕する。軍や芸術団体の楽団や歌手、体操選手、学生らが出演。初日の13日は金正恩党総書記が大会参加者や新指導部と共に鑑賞した。初日の公演では金氏をはじめ観客らはマスクを着けていなかったが、その後の一般公開で訪れた市民らは全員マスク姿で観覧していた。 <映像内容>スローガン「朝鮮労働党第8回大会の決定を輝かしく貫徹し、革命の新たな跳躍期、高潮期を開いていこう」、公演に来た観客のマスク姿、平壌市民の金潤鐵さん(31)=男性=の話(「祝賀公演が続き、新聞やテレビでも放映されている。テレビで見ていたら照明効果もよく、権威ある団体がたくさん出ており、自分でも直接見たくなった」)、「自力富強、自力繁栄」などの文字、党大会記念公演「党を歌う」の様子、雑観、平壌市民の女性2人へのインタビューなど。▽女性1人目、金燕青さん(28)の話 「今日、公演を見に来て本当に良かった。影の踊り『黄金の木とリンゴの木を山に植えた』がとても良かった」▽女性2人目、李明姫さん(26)「特に序曲『党を歌う』は、われわれが母と呼んでついていく母なる党(朝鮮労働党)について感銘深く、立派に表した作品だと思う」、撮影日:2021(令和3)年1月23日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月23日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.09
    2021年01月23日
    「新華社」地元女性のライブ販売が人気新疆ホータン地区

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県にある電子商取引(EC)産業パークでは、ECチームでキャスターを務めるブヘルチェム・トゥルスントフティさんが淘宝(タオバオ)や快手などのプラットフォームを通じてライブ配信を行い、視聴者に地元の特色ある農産品を紹介している。農民の家庭で育ち、今年で22歳になるブヘルチェムさんは、かつてショッピングセンターで販売員をしていたが、1年前に親戚に紹介してもらいホータン地区で開催されたライブ販売の研修に参加した。半年間の学習を経て、今ではライブ配信のノウハウをしっかりと身に付けた。ブヘルチェムさんによると、ライブ配信での販売件数は当初の「2日で1件のオーダー」から「毎日100件のオーダー」にまで増加し、彼女と同僚の収入はいずれも4千元(1元=約16円)を超えており、これは以前には考えもしなかったことだ。今では、ライブ販売が人気となっており、各地のキャスターたちも今後に大きな期待を寄せている。ブヘルチェムさんが今最も楽しみにしているのは、ライブ配信ルームで全国各地のネットユーザーとおしゃべりすることで、ふるさとの特産物を販売するだけでなく、視野を広めることができるという。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.55
    2021年01月23日
    「新華社」国家2級重点保護動物のマエガミジカを発見浙江省仙居県

    中国浙江省台州市仙居県の生物多様性バックグラウンド調査チームのメンバーがこのほど、回収した赤外線カメラを確認した際に、中国の国家2級重点保護動物であるマエガミジカの鮮明な画像と動画を発見した。同種は偶蹄目シカ科の動物で、高山や丘陵地帯の常緑広葉樹林、針広混交林、低木林、伐採跡地、河谷低木林に生息し、標高千~4千メートルの山々で活動することが多い。マエガミジカは浙江省の省級重点保護動物に指定されており、「中国生物多様性レッドリスト-脊椎動物編」にも危急種(VU)として登録されている。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:46.50
    2021年01月22日
    「歴史に明記される日」 核兵器禁止条約発効で被団協が集会

    日本原水爆被害者団体協議会(被団協)は22日、東京・永田町の議員会館で核兵器禁止条約発効を記念する集会を開いた。田中熙巳代表委員が「歴史の中に明記される日付になる」と指摘。「(核)廃絶までの半分をもう成し遂げた」と喜びを語った。 被団協は日本政府と各政党に、条約の署名と批准、国会審議を求める要請書を提出した。 条約は2017年7月、122カ国・地域が賛成し国連で採択。昨年10月、発効に必要な50カ国・地域の批准に達した。一方、米国などの核保有国だけでなく、米国の「核の傘」の下にある日本政府も参加していない。  <映像内容>被団協の集会の様子、原爆の犠牲者らへの黙とう、田中熙巳代表委員あいさつ、国連で軍縮担当上級代表を務める中満泉事務次長のビデオメッセージ、要望を説明する被団協の木戸季市事務局長、外務省の本清耕造軍縮不拡散・科学部長のあいさつなど、撮影日:2021(令和3)年1月22日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月22日

  • 03:53.43
    2021年01月20日
    芥川賞に宇佐見りんさん 直木賞は西條奈加さん

    第164回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」(「文芸」秋季号)に、直木賞は西條奈加さん(56)の「心淋し川」(集英社)に決まった。芥川賞で候補入りしたロックバンド「クリープハイプ」の尾崎世界観さん(36)、直木賞候補だったアイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさん(33)はいずれも受賞を逃した。 宇佐見さんは1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち、同在住で2019年に文芸賞を受けデビュー。2作目となる受賞作で、男性アイドルの応援を支えに生きる女性の内心の痛みに迫り、発表時から話題となっていた。 西條さんは1964年北海道生まれ、東京都在住で2005年にデビュー。受賞作は江戸の千駄木を舞台に、懸命に生きる無名の人々を愛情深く描いた短編集。 賞金は各100万円。贈呈式は2月中旬に東京都内で開かれる予定。<映像内容>受賞作の貼り出し、フォトセッション、宇佐見さん記者会見、西條さん記者会見、会場雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月20日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月20日

  • 00:47.48
    2021年01月20日
    「新華社」都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(記者/楊文斌) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.54
    2021年01月20日
    医療6団体会議が初会合 病床確保の協力を

    日本医師会(日医)や日本病院会など医療関係6団体は20日、新型コロナウイルス感染症患者の病床確保に向けた対策会議を立ち上げ、初会合を開いた。公立、民間を問わず医療機関全体で協力していくことで一致した。<映像内容>初会合の冒頭取材全量、撮影日:2021(令和3)年1月20日、撮影場所:東京都文京区

    撮影: 2021(令和3)年1月20日

  • 04:14.03
    2021年01月19日
    「オリコン」 岩田剛典、リモートで同窓会楽しむ

    人気グループ・EXILE/三代目JSOULBROTHERSの岩田剛典(31)が19日、東京・神田明神で行われた映画『名も無き世界のエンドロール』(29日公開)“絆結び”大ヒット祈願イベントに出席した。撮影日時:2021(平成33)年01月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 05:50.94
    2021年01月19日
    Pandemic reveals hidden poverty in wealthy Japan

    Food parcels are distributed by charity groups in Tokyo as a growing number of Japanese are pushed into poverty by the coronavirus pandemic. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2021(令和3)年1月19日、撮影場所:日本・東京、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:57.70
    2021年01月19日
    「新華社」極寒の大地で送電線パトロール黒竜江省

    厳しい寒さが続く中国黒竜江省黒河市遜克(そんこく)県では、電力負荷が過去最高を更新したことを受け、送電大手、国家電網傘下の国網黒竜江遜克県電業局の職員が点検チームを結成。故障しやすい箇所を中心に送電線の保守を実施し、冬場のピーク時の安全で安定的な電力供給を確保した。同県ではここ数日、最低気温が氷点下30度前後に達している。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.46
    2021年01月18日
    「AFP」Samsung chief arrives at SKorea court for corruption verdict

    The de facto chief of South Korea‘s Samsung business empire, Lee Jae-yong, arrives at court to face the verdict Monday in his retrial over a sprawling corruption scandal.The ruling could see him jailed for years, depriving the tech giant of its top decision-maker.Samsung is by far the biggest of the family-controlled conglomerates, or chaebols, that dominate business in the world‘s 12th-largest economy. IMAGES、作成日:2021(令和3)年1月18日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:50.62
    2021年01月18日
    Samsung‘s Lee Jae-yong arrives at court before conviction

    The de facto chief of South Korea‘s Samsung business empire was convicted Monday over a huge corruption scandal and jailed for two and a half years, in a ruling that deprives the tech giant of its top decision-maker.、作成日:2021(令和3)年1月18日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:55.76
    2021年01月17日
    「新華社」白いパンダの映像を公開、昨年2月に撮影四川省臥龍

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は15日、四川省臥竜に設置された赤外線カメラが昨年2月に撮影した世界で唯一の白いジャイアントパンダの映像を公開した。白い野生のパンダの姿が公開されるのは2019年5月以来となる。臥竜で白いパンダの保護研究プロジェクトを進める譚迎春(たん・げいしゅん)氏によると、今回撮影された映像から、白いパンダは19年当時と比べ、体がかなり大きくなっていることが分かる。体毛も当時は全身白色だったが、四肢に淡い金色が目立つようになった。年齢は推定3歳前後。昨年2月に2度撮影に成功しているが、いずれも単独で行動しており、母親から離れて「自立」した個体と考えられる。国際自然保護連合(IUCN)のクマ類専門家チームのメンバーで、北京大学生命科学学院研究員の李晟(り・せい)氏によると、遺伝子変異によって白化したとみられる。アルビノ(白色個体)は体内で色素の合成ができず外見上は白や金白色、薄い金色になるが、動物個体の生存に影響があるとは限らないという。(記者/余里、楊進) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.30
    2021年01月17日
    「新華社」中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。「H9」モデルは2020年下半期の発売で、中国での販売価格は30万9800元~53万9800元(1元=約16円)。韓国では自動車型式認証の取得手続き完了後、正式に市場に参入する。紅旗ブランドは1958年の創設で、紅旗セダンが中国国内の重要式典で観閲用の車両として使われるなど、中国独自の高級自動車ブランドの代表格として知られる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどにも販売網を広げている。2020年、紅旗ブランド全体の年間生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年の2倍に上った。販売台数は18年に3万台、19年には10万台を超えるペースで増えている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.32
    2021年01月16日
    「新華社」中国「最東端」の鉄道で安全守る作業員

    王旭東(おう・きょくとう)さん(50)は、中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団のジャムス(佳木斯)保線区で働く作業員で、2011年に開通した「中国最東端の鉄道」前撫鉄道(ジャムス市前進鎮‐撫遠市)の撫遠工区を受け持っている。同地の冬の寒さは非常に厳しいが、同工区の安全を守るため、日々任務に励んでいる。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.51
    2021年01月16日
    「新華社」厳寒の線路守る「鉄道ドクター」黒竜江省漠河市

    中国最北端に位置する黒竜江省漠河市は「神州の北極」と呼ばれている。この地の冬は長く厳しく、年間積雪日数は210日以上になるため、作業現場の気温が氷点下40度を下回ることも多い。中国鉄道ハルビン局集団加格達奇(ジャグダチ)工務部の楊玉海(よう・ぎょくかい)さんは、作業員と共に嫩林線と古洛線の一部駅・線路のポイント保守作業を担当している。鉄道関連の仕事に30年間携わっている楊さんは、その優れた仕事ぶりによって2015年に全国鉄道システム機関車賞を受賞。自らの使命と役割について「列車が安全でスムーズにポイントを通過すること」と述べた。(記者/謝剣飛、馬暁成、王鶴) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:28.09
    2021年01月16日
    「新華社」氷の中で動けなくなったハクチョウを救助遼寧省

    中国の多くの地域が史上まれに見る寒波に見舞われる中、遼寧省北票市南八家子郷の紅村では、ハクチョウ保護員が巡回し、眠っている間に氷の中で動けなくなったハクチョウを救助している。保護員は自宅から持って来たお湯で氷を溶かすなどして、これまでに4羽を救助したという。毎年オオハクチョウ100羽以上が越冬する同村では、専門の保護員チームのほか、大勢のボランティアも保護活動に参加している。(記者/孫仁斌、朱輝) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.72
    2021年01月16日
    「新華社」一汽大衆、20年の新車販売・生産台数ともに200万台突破

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)は7日、2020年の中国での新車販売・生産台数がともに200万台を超えたと明らかにした。アウディブランドの輸入車を含めた新車販売台数は、前年比1・5%増の216万1888台だった。生産と物流をデジタル化して、サプライチェーンの最適化や生産効率の向上、生産コストの低減を図るとともに、「アウディe-tron」などの高級新エネルギー車(NEV)を相次いで打ち出し、生産と販売の拡大につなげた。中国国内で年間の新車販売・生産台数がともに200万台の大台を超えたのは、同社のみとなる。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.04
    2021年01月16日
    「新華社」「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(記者/熊琦、季暁荘) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:55.77
    2021年01月16日
    「がんばろう」の文字に点灯 阪神大震災から明日26年

    1995年の阪神大震災は17日で発生から26年となる。兵庫県に新型コロナウイルスの緊急事態宣言が再発令された状況で迎える慰霊の日。神戸市中央区の公園「東遊園地」で毎年開催される追悼行事「1・17のつどい」は16日から、並べた灯籠に火をともす作業が開始された。 灯籠に使う竹が例年通り集まらず、今年はA4サイズの紙をラミネート加工して筒状に丸め、瓶詰めのろうそくにかぶせる方法で不足分を代用した。 <映像内容>紙の灯籠を並べる作業の様子、ガス灯「1・17希望の灯り」からの分灯、黙とう、灯籠で形作られた「がんばろう」の文字への点火、点灯された「がんばろう」の文字の俯瞰。震災発生後にラジオで「頑張ろう」と呼びかけ、市民ボランティア団体「がんばろう!!神戸」を結成した俳優の堀内正美(ほりうち・まさみ)氏のインタビュー。この呼びかけなどが「がんばろう神戸」の合言葉の誕生につながった、撮影日:2021(令和3)年1月16日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月16日

  • 01:07.94
    2021年01月15日
    「新華社」極寒の地で森林を守る作業員黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区呼中(こちゅう)区では、多くの林業労働者が真冬の寒さの中、営林の現場で持ち場を守り、極寒の山林を回って病気の木や腐った木を取り除いて、若い森林の育成に励んでいる。大興安嶺林業集団呼中林業局大西溝管護区の森林作業員11人は、今月2日から携帯電話の電波が届かない現場に入り、森林の手入れをしている。作業期間中は約20日間、仮設テントで生活する。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.04
    2021年01月14日
    「新華社」鉄道の安定運行を守るため凍結と闘う「特別部隊」内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヤクシ(牙克石)市の博林鉄道は、大興安嶺山脈の森林地帯を貫いて走る地元住民の重要な交通手段。この鉄道に沿って流れる河川は冬になると下流域が凍結し、上流域に位置する線路はあふれた水で浸水のリスクにさらされる。中国鉄路ハルビン局集団のハイラル工務段(保線区)新綽源線路作業場の職員は、24時間態勢で線路を点検、数時間おきに除氷作業を行い、線路の潜在的なリスクを取り除き、極寒の中での安定的な運行を確保している。(記者/王君宝)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.92
    2021年01月14日
    「新華社」満洲里税関、希少動物オオハナレイヨウの角179本を押収

    中国内モンゴル自治区の満洲里税関はこのほど、希少動物製品の密輸事件を摘発し、オオハナレイヨウの角、計179本を押収したと明らかにした。同税関の密輸取締官による追跡捜査を経て、最終的に犯罪グループが密輸入したオオハナレイヨウの角179本全てを回収し、容疑者7人を逮捕した。同事件は既に検察機関へ移管されている。オオハナレイヨウはサイガとも呼ばれ、中国の国家1級保護動物であり、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「絶滅寸前」(CR)に指定されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.40
    2021年01月13日
    「新華社」雪にも負けず、ガス供給を守る「凍結対策出動隊」貴州省

    中国貴州省の各地ではここ数日、強い寒気の影響で低温による凍結が多発している。貴州燃気(集団)盤州市燃気は「凍結対策出動隊」を結成し、24時間の交代勤務態勢で、液化天然ガスの気化器設備の除氷・除霜作業を続け、市民の暮らしに欠かせないガス供給の確保に努めている。(記者/欧東衢、劉勤兵)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.76
    2021年01月13日
    「新華社」住民の植樹活動で峡谷を緑化湖南省永州市

    中国湖南省永州市藍山県湘江源ヤオ族郷坪源村の奥にある湘江大峡谷ではこのところ、村民から成る植林チームが桜やモミジ、クロマツなど鑑賞用の木々を植えている。活動はこれまで9年間にわたり継続され、峡谷の緑化に貢献してきた。同村は自然の風景を求めて訪れるアウトドア愛好家からの人気が高まったことから、農村観光に力を入れるようになり、2012年から峡谷の両側や滝、渓流のほとりなどで植樹を開始。今では花見や紅葉狩りの名所となっている。(記者/柳王敏)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:43.64
    2021年01月12日
    「オリコン」 人気モデル5人“振袖TEENS”結成

    10代に人気のモデル5人(粕谷音、樽井みか、石川翔鈴、横田未来、高橋かの)で結成されたグループ・振袖TEENSが12日、都内で行われた振袖専門店『ジョイフル恵利』のお披露目イベントに登場した。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:25.40
    2021年01月12日
    「新華社」中国検索大手の百度、スマートカー製造に参入吉利と戦略提携

    中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)は11日、スマートカーの製造などを手掛ける新会社「百度汽車」を設立し、完成車メーカーとして自動車業界に新規参入すると発表した。中国自動車大手の浙江吉利控股集団が新会社の戦略的協力パートナーとなる。新会社は乗用車市場をターゲットとし、スマートカーの設計から研究開発、製造、販売、アフターサービスまでをワンストップで手掛ける。百度の独立した子会社として運営する一方、親会社の百度が人工知能(AI)や自動運転開発プラットフォーム「アポロ」、地図アプリ「百度地図」などのコア技術を全面的に提供する。百度汽車は、吉利が新たに開発した電気自動車(EV)車両の基本骨格となる車台「サステナブル・エクスペリエンス・アーキテクチャー(SEA、浩瀚)」をベースに、双方がスマートカーの製造に関する分野で緊密に協力し、次世代スマートカーを共同で開発するとしている。 =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.68
    2021年01月12日
    「新華社」中国のアウディ販売台数、20年は過去最高の72万台超に

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)は9日、傘下のアウディブランドにおける2020年の中国での新車販売台数が前年比5・4%増の72万6288台で、年間販売台数の最高記録を再び更新し、アウディの中国での累計販売台数が660万台を超えたと明らかにした。20年のアウディ新車販売台数のうち国産車種は、前年比7%増の67万4700台で、そのうち「A6L」は前年比34・4%増の17万6334台だった。輸入車種は5万1588台で、「A8L」の販売台数は前年比13・9%増の1万4150台だった。アウディは1988年、中国市場に正式に参入した。(記者/張建、姜明明) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.75
    2021年01月12日
    全国高校サッカー準優勝 母校で報告 青森山田イレブン「応援に感謝」

    第99回全国高校サッカー選手権で2年連続準優勝した青森山田高校イレブンは12日夕、青森市の同校に戻り、生徒や教職員ら約250人から温かい出迎えを受けた。選手たちを乗せたバスは午後5時前に到着。集まったサッカー部員らからの拍手の中、黒田剛監督とイレブンが同校玄関前で結果を報告した。黒田監督は「選手が準優勝という結果を残せたことをうれしく思う。来年こそ優勝旗を青森に持ち帰ることができるよう頑張りたい」と語った。藤原優大主将は「準優勝はすごく残念。たくさんの応援が後押しになったし、とても感謝している」と胸を張った。花田惇校長は「近年の活躍は前人未到で恥じることはない。100回大会でリベンジしてくれることを、確信している」と誇らしげにたたえた。2年生エースとして活躍した松木玖生選手は「自分が新チームの中心として来年は必ず優勝する」と誓った。<映像内容>母校の玄関前で全国高校サッカー準優勝を報告する青森山田イレブン、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:青森市の青森山田高校、クレジット:東奥日報社/共同通信イメージズ

    撮影: 2021(令和3)年1月12日、青森市の青森山田高校

  • 02:06.90
    2021年01月12日
    「AFP」China says WHO experts to arrive in Wuhan for virus probe

    A team of WHO experts will fly from Singapore to Wuhan on Thursday, China‘s foreign ministry says, starting their probe into the origins of Covid-19. The ministry says “unfounded subjective speculation“ will only interfere with virus origin investigation in response to British PM Boris Johnson‘s blame on traditional Chinese medicine for the origin of the virus. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:中国・北京市、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:59.64
    2021年01月11日
    「新華社」アモイ在住台湾同胞へ新型コロナワクチン接種福建省

    中国福建省アモイ市在住の台湾同胞約20人が9日、厦門医学院付属第2医院を訪れ新型コロナウイルスワクチンの無料接種を受けた。現地の台湾企業に勤めるビジネスマンは、大陸が台湾同胞に同等の待遇で接することについて「思いやりと安心を感じる」と述べた。ワクチンの接種は個人と家族を守るだけでなく、企業が通常通り運営していくための保障でもある。厦門市台商投資企業協会の陳岱樺(ちん・たいか)副会長は朝早くに病院の成人予防接種外来に到すると、同意書の記入、検温、既往歴の問診などを済ませた。接種条件に適したことが確認されると、5分と経たないうちに接種を終えた。陳氏は「フォームの記入、順番待ちのルート、看護スタッフの専門知識、われわれとの意思疎通を含め、全ての手順は何度も訓練した成果だろう。今回のアモイでのワクチン接種は、決して付け焼刃的なものではなく、秩序立って遂行されていることは明らかだ。現在台商協会から300人以上の申し込みがあり、われわれの企業も申請した。台湾に戻らなければならない人もいるし、各地へ旅行や出張に行くために接種が必要な人もいる」と紹介した。新型コロナウイルスのワクチンは28日の間隔を空け、2回接種が推奨されている。緊急の場合でも最低14日空ける必要がある。今回の接種対象は、台湾居民来往大陸通行証(台胞証)を持つ18~59歳までの新型コロナウイルス感染リスクが高いグループとなっている。接種は任意で、費用は無料。申請後、台湾同胞は関連規定に基づいて、順番で接種を受ける。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.94
    2021年01月11日
    「新華社」福建省北部に初雪送電網を守る対策講じる

    中国福建省北部の南平市では7日、多くの地域で雪が降り、送電網への負担が高まったため、地元の電力部門がさまざまな対策を講じた。220キロボルトの南源変電所では、作業員が移動式直流電源融雪装置で送電線の雪を溶かす訓練を実施した。同市北部の山岳地帯には5~6センチの雪が積もっており、複数の特別巡回チームが徒歩で見回るほか、ドローン(小型無人機)を使って送電線の状態を確認するなどして潜在的な危険の有無を調べている。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.56
    2021年01月11日
    「新華社」中国でブロッコリー品種の国産化が加速シェア20%に上昇

    中国浙江省台州市で6日に開かれた第3回「浙江ブロッコリー新品種大会」で、ブロッコリー品種の国産化が研究機関の連携によって加速し、中国が独自に育成した品種の国内市場占有率が2017年の5%未満から現在では約20%まで伸びたことが明らかになった。中国のブロッコリー産業はここ10年で急成長している。2018年には浙江省が中心となって優良品種の共同研究グループを設立し、国内外の育種資源と技術的優位性を統合。品種改良のペースを加速させ、独自の知的財産権を持つ優良品種を育てることで海外品種の独占を打破している。共同研究グループは過去3年でブロッコリーの遺伝資源415種のDNAフィンガープリントライブラリーを完成させ、新品種88種を育成したという。中国が独自に育種したブロッコリーは昨年、栽培面積が23万3千ムー(約1万5530ヘクタール)に達した。(記者/許舜達、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.42
    2021年01月10日
    「新華社」北京市、核酸検査チームを河北省に派遣

    中国北京市の北京天壇病院の医療スタッフ20人からなる新型コロナウイルス核酸検査チームが9日、河北省南宮市に派遣された。同市が河北省に検査チームを送るのは初めて。検査・計測設備5セット、検査試薬5万人分、感染防止物資30日分を携帯しており、同省の核酸検査活動を支援する。(記者/王普) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.99
    2021年01月10日
    「新華社」黒河市、2回目の全住民核酸検査が終了黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市で9日、全住民を対象とした2回目の核酸検査が終了した。現時点の検査結果は全て陰性だという。同市新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部(対策本部)が明らかにした。今回の全住民検査は7日午前8時から9日午後6時にかけて実施され、15万7044人の検体を採取した。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:37.84
    2021年01月10日
    「新華社」タリム油田、「西気東輸」への供給が2700億立方メートル突破

    中国新疆ウイグル自治区南部のタリム盆地に位置する中国石油天然ガス集団(CNPC)傘下のタリム油田は7日、西部の天然ガスを東部に輸送するプロジェクト「西気東輸」の天然ガス供給量が、2700億立方メートルを突破したことを明らかにした。プロジェクトの主力供給源となっている同油田は天然ガスを西気東輸のパイプライン網に送り、川下の15省・自治区・直轄市、120以上の大・中都市の住民約4億人と、企業3千社余りに天然ガス供給を保証しているという。同油田は、中国で3番目に大きい陸上油・ガス田であり、天然ガスの生産量は全国の6分の1を占めている。2004年に施設が完成し、生産を開始。過去十数年間で、西気東輸のパイプラインに供給したガス輸送量は、当初の年間3億5100万立方メートルから年間250億立方メートル以上に増加し、1日当たりの平均天然ガス輸送量は最大9500万立方メートルに達している。西気東輸のパイプラインが東へ延びる一方で、幹線パイプラインが総延長3千キロを超える「南疆天然ガス利民プロジェクト」パイプライン網構築もタリム盆地で進んだ。13年には同プロジェクトが全面稼働を開始し、今では新疆南部の5地区・州に毎年42億立方メートル以上の天然ガスを供給し、タリム盆地周辺に暮らす全ての民族大衆と企業が「天然ガス時代」へ進むのを後押ししている。(記者/宿伝義、顧煜) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.19
    2021年01月10日
    「新華社」中国の科学者、熱湯で携帯電話を充電する機器開発

    国運搬ロケット技術研究院(CALT)の研究者がこのほど、水の熱を電気エネルギーに変えて携帯電話を充電する熱電チップ搭載型の断熱水筒を開発した。熱電デバイスは、温度差を電気に変換できる素材で作られている。従来の研究では、熱電デバイスが廃熱を集め、電気エネルギーを生成することで宇宙船のバッテリーをバックアップできることが分かっていた。主任研究員によると、最近の携帯電話はプロセッサーがより強力になり、タッチスクリーンインターフェースが大型化しており、必要な電力が増えているため、特に鉄道旅行や山でのキャンプなどで、携帯電話の充電に関する問題にしばしば直面する。研究チームのメンバーは「水筒に300~500ミリリットルの沸騰したお湯を注ぐと、20~30分の電力を供給できる」と説明した。ノートパソコンやカメラ、その他低電力の家電製品にも供給できるという。(記者/袁全) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.20
    2021年01月09日
    「新華社」アワの栽培で貧困脱却山西省石楼県

    中国山西省呂梁市石楼県は黄土高原に位置し、日照が多く雨量が少ない厳しい気候条件により、かつては貧困に苦しんでいた。同県では2016年、アワの栽培で貧困脱却を後押しする貧困扶助グループが活動を開始。現代的な農業技術を導入し、水不足で収量が上がらない問題を克服した。革新的な農場とセレンを豊富に含む土壌のおかげで高品質のアワが育つようになり、同県は20年に貧困指定から外れた。(記者/李雨沢) =配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.69
    2021年01月08日
    「新華社」満洲里経由の中欧班列、20年の運行本数3割超増

    中国鉄路ハルビン局集団は6日、2020年に運行された「中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)」のうち、内モンゴル自治区満洲里市で通関した列車の本数が、前年比35・1%増の3548本に上ったと明らかにした。貨物輸送量は37・6%増の32万4310TEU(20フィートコンテナ換算)となった。満洲里は中国最大の陸上通関地。「中欧班列」東ルートの主要通関地でもあり、主に日用品や電化製品、工業機械、金属、農産物・副食品、板材、自動車部品を輸出入する。(記者/于嘉) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.74
    2021年01月08日
    「新華社」「ハルビン氷雪大世界」を作り上げる氷上の芸術家

    「氷城」(氷の都)と呼ばれる中国黒竜江省ハルビン市は現在、氷雪観光のベストシーズンを迎えている。同市で開かれている世界三大氷祭りの一つ「ハルビン氷雪大世界」(ハルビン氷祭り)は、中国各地から訪れた観光客を引き付けている。2020年最後の日、孫宏岩(そん・こうがん)さんのチームは、同イベントの会場から撤収した最後の氷彫刻制作チームとなった。氷彫刻家の孫さんは、氷雪芸術に携わって20年以上になる。これまで14年連続で同イベントの氷雪アートの制作に参加している。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.88
    2021年01月08日
    「新華社」中国、今年は3700キロの鉄道が開通予定

    中国国家鉄路集団は4日、今年は約3700キロの鉄道路線が開通すると発表した。同社によると、中国で昨年開通した鉄道路線は4933キロで、鉄道部門の実行ベースの固定資産投資額は7819億元(1元=約16円)だった。同社の昨年の旅客輸送量は延べ21億6千万人で、今年は前年比約44%増の31億1千万人を見込んでいる。貨物輸送量は前年比3・4%増の37億トンになる見通し。 =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.73
    2021年01月08日
    「新華社」中国の研究者、4600キロに及ぶ量子通信を実現

    国科学技術大学の潘建偉(はん・けんい)教授率いる研究チームが、ユーザー150人以上の量子鍵配送を可能にする総距離4600キロにわたる統合型量子ネットワークを構築した。研究成果はこのほど、科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。量子物理学の法則に基づいた量子通信は、セキュリティーが極めて高度で、情報を盗み取ろうとした瞬間に、光ファイバーでデータを送信する光子の量子状態が「破壊」されてしまうため、盗聴や情報の傍受、解読ができない。論文では量子ネットワークについて、ビデオ通話や音声通話、ファクス、テキスト送信、ファイル転送などが技術的な検証を経て実証されており、近い将来、商用化されると説明。地上での接続や地上と衛星間の接続を通じ、より多くの国々の量子ネットワークに接続することで、世界規模の量子ネットワークが可能になると指摘した。潘氏は、量子通信が将来的に金融、政治、防衛分野での利用が見込まれていると紹介。産業界全体をつなぎ、最終的には量子通信による極めて安全なインターネットが実現すると述べた。 =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.16
    2021年01月07日
    「新華社」天津市で新型コロナのワクチン接種開始、重点グループ対象に

    中国天津市はこのほど、感染リスクの高い重点グループの人々を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。同市薊州(けいしゅう)区の興華大街社区(コミュニティー)衛生サービスセンターでは、接種活動が秩序良く順調に行われ、全プロセスが迅速かつ効率的に進められていた。同市は現在、医療・保健従事者や公務による出国者、輸入品の運搬、加工、販売に携わる職員などの重点グループを対象にワクチンの優先接種を行っている。同時に、不測の事態に対応するため、各接種拠点に救急医療スタッフが常駐することで医療体制も整えている。重点グループ以外の人たちも今後、順次接種が受けられるよう手配していくという。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.95
    2021年01月07日
    「新華社」ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.96
    2021年01月07日
    「新華社」黒河市、全住民対象に2回目の核酸検査黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市は7日、全住民を対象とした2回目の核酸検査を開始した。同市新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部(対策本部)が明らかにした。1回目の核酸検査では16万人以上が検査を受けた。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.47
    2021年01月07日
    Biden, Harris: Riot revealed 2 systems of justice

    President-elect Joe Biden and Vice President-elect Kamala Harris say the mob attack on the U.S. Capitol Wednesday revealed there are “two systems of justice“ in the United States. Biden and Harris made the remarks in Wilmington, Delaware Thursday where they slammed President Donald Trump for encouraging the violent group that descended on the Capitol, resulting in destruction, chaos and four deaths. Biden also relayed a conversation with his granddaughter about the blatant inequity in treatment by police of the Capitol rioters versus the Black Lives Matter protesters over the summer. “No one can tell me that if that had been a group of Black Lives Matter protesting yesterday, there wouldn‘t have been they wouldn‘t have been treated very, very differently than the mob of thugs that stormed the Capitol,“ Biden said. “We all know that‘s true. And it is unacceptable, totally unacceptable,“ he added.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 01:01.86
    2021年01月06日
    「新華社」江西省で新型コロナのワクチン接種開始、重点グループ対象に

    中国江西省衛生健康委員会によると、同省ではコールドチェーン(低温物流)の輸入貨物を取り扱う口岸(通関地)の第一線で働く税関検査・検疫担当職員や口岸での貨物の積み下ろし、運搬、輸送などに関わる職員、第一線の医療・保健従事者、国際・国内の交通輸送業者など感染リスクの高いグループを対象とする新型コロナウイルスワクチンの優先接種が進められている。重点グループ以外の人たちも今後、順次接種が受けられるよう手配していくという。(記者/彭昭之) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.40
    2021年01月03日
    「新華社」不確実性が人気中国のブラインドボックス市場

    庄楚嫻(そう・そかん)さん(26)が小さな天使の男の子のフィギュア「ソニーエンジェル」を初めて手にしたのは大学4年生の時だった。その後5年間で各シリーズのフィギュア30個余りを集めた。庄さんは「机や窓際に整然と並べると童心に帰れる」と語る。ブラインドボックスの仕組みはシンプルだが「サプライズ」がある。消費者は箱を開けるまで中身が分からない。もう一つの魅力はその「不確実性」で、求めるものを手に入れる人もいれば、そうでない人もいる。すべては運次第だ。ミステリーボックスやブラインドボックスと呼ばれる玩具のルーツは、日本のカプセル玩具や福袋にまでさかのぼる。中国では「盲盒(マンホー、目隠しされた箱の意)」と呼ばれ、特に1990年代半ば~2000年代初めに生まれたZ世代の間で急速に人気を集めた。アルババグループ傘下の通販サイト「天猫(Tモール)」がまとめたリポートでも、フィギュア集めがZ世代の間でおしゃれな靴やeスポーツ以上に人気のある趣味であることが裏付けられた。天猫では過去1年間に約20万人がそれぞれ2万元(1元=約16円)以上を盲盒に費やしたという。華南師範大学心理学院の韋文琦(い・ぶんき)副教授は「物質が豊かになった時代で若者たちは、製品の機能的価値より情緒的価値を重視するようになった」と指摘する。ブラインドボックスブームの過熱は喜びや期待をもたらす一方で、中毒性とばくち性によるいびつな消費を形成しつつある。専門家は、特に未成年の間で依存症や過剰消費の危険性があると警告している。(記者/劉劼、陸浩、李悦) =配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.72
    2021年01月02日
    「新華社」洋上風力発電ユニットがグリッド接続発電に成功福建省

    中国国有発電大手、中国華電集団は12月30日、福建省福清市の海壇海峡で風力発電ユニット2基のグリッド接続発電に成功した。このプロジェクトは同省の重要プロジェクトでもあり、発電に成功したユニット2基はともに設備容量7メガワットで、台風に強い半直接駆動洋上風力発電ユニットの中で中国最大容量のものとなる。プロジェクトは同集団初の洋上風力発電事業となる。福清市竜高半島の北東側にある海壇海峡の中央北部で、A、B二つのエリアに分け、総設備容量299・2メガワットとなる46基の風力発電ユニットを建設する。同時に2016年12月に認可を得た220キロボルトの昇圧ステーションも付帯施設として設置する。プロジェクトは21年に全容量のグリッド接続発電を実現し、福建国家電網に毎年約11億3千万キロワット時のクリーンエネルギーを供給する。これにより標準炭31万9200トンを節約し、二酸化炭素排出量93万9100トンを削減できる見込み。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.94
    2021年01月02日
    「新華社」中国一汽集団の「紅旗」、サウジ向け400台が天津港を出港

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、傘下の高級車ブランド「紅旗」のスポーツ用多目的車(SUV)など400台が2020年12月30日に天津港で船積みされ、サウジアラビアに向かったことを明らかにした。1回当たりの輸出台数としては過去最大規模。紅旗ブランドにとって、アラブ首長国連邦(UAE)、ノルウェーに次ぐ新たな海外市場となる。今回輸出されたのは、新型高級セダン「H9」、新型C級SUV「HS7」、中型SUV「HS5」、B級セダン「H5」の4車種で、到着まで1カ月程度かかる見込み。同社海外事業部の楊大勇(よう・だいゆう)総経理はサウジアラビアについて、経済が発展し自動車のエコシステムも成熟しており、消費者の目も肥えていると指摘。自動車市場では以前から激しいシェア争奪戦が展開されており、紅旗ブランドの海外戦略にとっても重要な市場との見方を示した。今後の展望については、パートナーとなる販売代理店と緊密に協力し、ニーズに合わせた質の高いカーライフを現地消費者に提供していきたいと語った。紅旗は中国独自の高級自動車ブランドの代表格で、1958年の創設以来、紅旗セダンが国内の重要式典で観閲用車両として使われてきた。現在はブランド復興を加速させる市場化改革を進めており、新戦略や製品の多様化による市場開拓にも取り組んでいる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどに販売網を拡大。2020年の年間生産・販売台数は先月25日時点でともに20万台を超え、前年の2倍に上っている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...