KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • スタッフ
  • 感染予防
  • 感染拡大
  • 中国浙江省
  • 中国河北省
  • 石家荘市
  • 中国湖北省
  • 新型コロナ
  • 新疆ウイグル自治区

「コミュニティー」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
143
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
143
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.08
    2021年04月10日
    「新華社」雲南省鎮雄県で山崩れ2人死亡

    中国雲南省鎮雄県人民政府新聞弁公室によると、同県五徳鎮の渡船壩社区(コミュニティー)で10日午後4時半(日本時間同5時半)ごろ、山崩れが発生した。生き埋めとなった3人が救助されたが、2人は死亡、1人は病院で手当てを受けている。現在、救助作業は終了しており、原因の調査が進められている。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.48
    2021年03月23日
    「新華社」8カ国語を駆使する補助警官、管轄区域の外国人をサポート浙江省

    中国浙江省義烏市江東街道五愛社区(コミュニティー)を管轄する補助警官、ウイグル族出身の吐送尼莎肉孜買提(トゥソンニシャロウズマイティ)さん(通称「莎莎(シャシャ)」)は、海外のビジネスマンや長期滞在者、少数民族らが多く集まる同社区で、英語、アラビア語、トルコ語、カザフ語、アゼルバイジャン語など8カ国語を駆使して人々にサービスを提供し、「莎莎補助警官」と呼ばれて地元で最も信頼される存在になっている。莎莎さんは主に管轄区域に住む外国籍の人々を対象にサービスを提供しているため、他の補助警官と異なり、午前10時以降と午後8時以降の時間帯に住民の家を訪問している。統計によると、江東街道全体で約500人の外国人がおり、そのうち約半数が五愛社区に住んでいる。莎莎さんは英語の他に、アラビア語やトルコ語、中央アジアの国々の言語などを独学で習得、同社区に住む全ての外国人の困り事に対応している。(記者/鄭夢雨)=配信日:2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    08:39.62
    2021年03月09日
    「AFP」Decade after Fukushima, Japan towns struggle to rebuild community

    Masakazu Daibo has reopened his family‘s eel restaurant in part of Japan declared a no-go zone after the 2011 nuclear disaster, but so far he has barely a single neighbour.A decade after radiation forced tens of thousands to flee their homes in Fukushima, some towns in the region are still wrestling with the difficult question of how to rebuild a community from scratch.IMAGES AND SOUNDBITES ARRANGED IN SEQUENCES、作成日:2021(令和3)年3月9日、撮影場所:福島県浪江町、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:12.57
    2021年03月07日
    Zhihu APP IPO

    A mobile phone shows the interface of the APP Zhihu, Beijing, China, March 6, 2021. Zhihu, China‘s largest online question-and-answer community, filed a prospectus with the SEC to list its shares on the New York Stock Exchange under the ticker symbol ZH.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.56
    2021年03月07日
    Zhihu APP IPO

    A mobile phone shows the interface of the APP Zhihu, Beijing, China, March 6, 2021. Zhihu, China‘s largest online question-and-answer community, filed a prospectus with the SEC to list its shares on the New York Stock Exchange under the ticker symbol ZH.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.57
    2021年03月07日
    Zhihu APP IPO

    A mobile phone shows the interface of the APP Zhihu, Beijing, China, March 6, 2021. Zhihu, China‘s largest online question-and-answer community, filed a prospectus with the SEC to list its shares on the New York Stock Exchange under the ticker symbol ZH.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:34.03
    2021年02月28日
    「新華社」元宵節を祝う外国人四川省成都市

    中国四川省成都市錦江区沙河街道の匯泉(わいせん)路社区(コミュニティー)で25日午後、旧暦1月15日の「元宵節」のイベントが開催され、管轄区域に住む外国人と地元住民が一堂に集まり祝日を祝った。参加者は「福」の字を書き、湯円(タンユエン、もち米で作る団子)や水ギョーザ作りにも挑戦、共に中国の伝統文化を体験して旧正月の雰囲気を楽しんだ。このほか会場では、卓球の試合も行われた。(記者/董小紅) =配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.89
    2021年02月25日
    「新華社」聴覚障害者のための新ツール「リアルタイム字幕」導入

    中国聴覚障害者協会が開発を指導し、電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の先端科学技術研究機関「達摩院(DAMOアカデミー)」が無償提供した音声認識技術と計算処理能力が組み込まれる初めての字幕セットトップボックスが旧暦大みそかの11日夜、中国の100以上の聴覚障害者の家庭がいる社区(コミュニティー)に導入された。音声をリアルタイムで文字に変換する先進技術によって、聴覚障害者らは初めて年越し特別番組「春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)」やニュースなどの生放送番組を支障なく視聴できるようになった。第三者機関による評価では、達摩院の音声AIによるニュース番組の認識精度は99・19%に達しており、類似技術の中でトップレベルにある。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:45.27
    2021年02月22日
    「オリコン」 太田光代氏、田中の復帰に慎重姿勢

    お笑いコンビ・爆笑問題が所属する芸能事務所「タイタン」が運営するカルチャー&コミュニティーカレッジ『タイタンの学校』が「第一回タイタンの学校書道展」(~23日/東京・スタジオスペース新宿御苑)を開催中。22日、太田光代理事長が来場し、報道陣の取材に対応した。撮影日時:2021(令和3)年02月22日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 01:00.69
    2021年02月14日
    「新華社」チリ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    チリのピニェラ大統領は12日、同国南部のロスリオス州にあるコミュニティー・保健センターで、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。ピニェラ大統領は接種後に行った演説で、「安全で効果的なワクチンだと全ての国民に伝えたい。全国的かつ大規模な接種計画を引き続き進めていく」と述べた。チリ保健省の発表によると、チリでは11日午後5時時点で155万人が1回目の新型コロナワクチンの接種を終えたという。(記者/尹南、張笑然、康文軍) =配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.70
    2021年02月08日
    「新華社」フィジー、丑年の郵便切手の発行記念イベント開催

    南太平洋の島国フィジーは8日、中国の旧暦丑年に合わせた十二支記念切手と初日カバー(記念切手を貼り、発行当日の消印を押した封筒)の発行イベントを開催した。2021年丑年の郵便切手セットと初日カバーは、フィジー中国文化センターと同国郵政部門「ポスト・フィジー」が共同で発行した。同センターの孫傑(そん・けつ)主任はあいさつで、センターはこの6年、ポスト・フィジーと協力し人気の十二支記念切手を発行してきたが、今年は初めて双方が共同でフィジーの地元コミュニティーに向けて丑年記念切手をアピールしたと説明。こうしたイベントは、フィジー中国文化センターと地元コミュニティーの間に友好の懸け橋を築き、両国間の文化交流と友好関係の強化に役立つだろうと期待を寄せた。(記者/張永興)=配信日:2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.29
    2021年01月26日
    「新華社」核酸検査の最前線を守る医療従事者黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市内に設けられた各核酸検体採取所では、新型コロナウイルスと戦う医療従事者や社区(コミュニティー)の職員らが、寒さの厳しい夜間でも苦労をいとわず現場に立ち、市民の生活を守っている。(記者/謝剣飛、王建威) =配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.08
    2021年01月25日
    「新華社」電力会社の作業員、集中隔離拠点への送電に尽力石家荘市

    中国河北省石家荘市正定県にある23カ所の社区(コミュニティー)感染状況観測拠点でこのほど、暖房と照明用の電源設備が4時間で設置された。5カ所の送電地点から200基以上の街路灯への通電を18時間で完了し、同市の臨時医療施設「方艙医院」の隔離拠点に続く3本の道路を照らした。突然発生した新型コロナウイルスの感染拡大に直面し、中国送電大手、国家電網傘下の正定供電のスタッフは懸命に作業に取り組み、集中隔離拠点の建設に「温かい光」を照らした。(記者/李継偉) =配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.18
    2021年01月21日
    「新華社」無人スマート青果販売機が登場、「非接触」で野菜購入浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市柯橋区では現在、新型コロナウイルス感染症予防・抑制期間中に人々の接触を減らすため、一部の社区(コミュニティー)やオフィスビルに無人スマート青果販売機を設置している。住民は自由市場などに行かなくてもスマートフォンを使い商品を購入することができ、24時間いつでも利用することができる。スマホで2次元バーコードをスキャンすると、無人スマート青果販売機の扉を開けることができ、必要な野菜や果物を選んで取り出せる。扉を閉めると、微信支付(ウィーチャットペイ)で自動的に決済が完了し、スキャンから決済までわずか10秒程度で終えることができる。無人スマート青果販売機内には、肉類、野菜類、魚類、果物、飲み物などが全てそろっており、1日の食事の必要を基本的に満たしている。無人スマート青果販売機の商品は基本的に、当日補充したものを当日販売する形になっている。冷蔵庫は鮮度保持機能を備えているため、商品の鮮度が保たれているという。(記者/崔力) =配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.80
    2021年01月21日
    「新華社」伝統菓子「酥食」作りで新年を迎える貴州省遵義市

    春節(旧正月)を控えた中国貴州省遵義(じゅんぎ)市務川コーラオ族ミャオ族自治県で暮らすコーラオ族の人々はこのところ、年越しの準備に追われている。コーラオ族の伝統菓子「酥食」は、彼らの年越しには欠かせない食べ物で、同市の市級無形文化遺産リストに登録されている。同自治県丹砂街道桃符社区(コミュニティー)の住民、申素娟(しん・そえん)さん夫妻は、地元で有名な酥食職人として知られる。コーラオ族の酥食の主な材料はもち米で、蜂蜜、落花生、ゴマなどを加えた生地を木型に入れ、形を整えてから蒸し上げる。木型は梨の木でできており、円形、花、鳥、虫、魚などの模様が施されている。(記者/李驚亜)=配信日:2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:33.94
    2021年01月19日
    Indigenous nurse becomes first person vaccinated against Covid in Amazonas

    The indigenous nurse Vanda Ortega was the first person vaccinated against Covid-19 in Amazonas. During the pandemic, the health professional took her spare time to support her indigenous community of 700 families against the outbreak of the disease in Manaus. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2021(令和3)年1月19日、撮影場所:アマゾナス州マナウス、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:57.32
    2021年01月13日
    「新華社」封鎖管理下の河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市は5日夜から、全ての農村と社区(コミュニティー)の封鎖管理を実施している。人口約1千万人の都市が封鎖となり、普段は賑やかな通りも現在は人や車がほとんど見られず、夜になると家々からの灯りが輝いている。(記者/許楊、楊知潤、牟宇) =配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:27.74
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:55.59
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:21.72
    2021年01月12日
    COVID19 - Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:44.54
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.84
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers prepare to perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.43
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:35.60
    2021年01月12日
    「新華社」恐竜の存在を示す足跡群、福建省で初めて発見

    中国福建省政府新聞(報道)弁公室は12日、記者会見を開き、同省竜岩市上杭県臨城鎮城南社区(コミュニティー)竜翔村で白亜紀後期の大規模な恐竜足跡群が見つかったと明らかにした。現在、草食の竜脚下目や大・小型鳥脚類など少なくとも8種類の恐竜の足跡が240点以上見つかっている。中国でこれまで発見された中で、最も面積が大きく多様性に富んだ白亜紀後期の恐竜足跡群であるとともに、同省で初めて発見された恐竜の活動記録となる。(記者/林凱)=配信日:2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:08.75
    2021年01月11日
    Artificial Snowfall in Residential Area

    An artificial snowfall is carried out in a residential community in Yuncheng City, north China‘s Shanxi Province, Jan 10, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:13.46
    2021年01月11日
    Artificial Snowfall in Residential Area

    An artificial snowfall is carried out in a residential community in Yuncheng City, north China‘s Shanxi Province, Jan 10, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.84
    2021年01月11日
    Artificial Snowfall in Residential Area

    An artificial snowfall is carried out in a residential community in Yuncheng City, north China‘s Shanxi Province, Jan 10, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:49.72
    2021年01月10日
    「新華社」コロナ禍の封鎖地区、住民の生活は遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省瀋陽市于洪区では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6日までに集合住宅地区2カ所が封鎖された。隔離のための柵が置かれた居住地、朝鮮族第一中学小区では、住民がインターネットで注文した食料品や日用品を受け取るためのスポットが設けられた。住民が商品を受け取った後に出たごみなどを、見回りのボランティアが片付けている。住民らは外出することはできないものの、日常生活に大きな支障はないようだ。体が不自由な人や高齢者には、地元の社区(コミュニティー)スタッフやボランティアがあらゆる手を尽くして支援に当たっているという。(記者/趙泳) =配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:13.62
    2021年01月08日
    「新華社」河北省石家荘市、全市民対象の核酸検査を実施

    中国河北省石家荘市は6日から、全市民1100万人を対象とした新型コロナウイルスの核酸検査を開始した。3日以内の検査完了を目指しており、市内の多くの社区(コミュニティー)では事前に計画を練り、入念に準備した上で検査を実施している。華北地域はこのほど、今年最初の寒波に見舞われ、石家荘市も最低気温が氷点下15度前後まで下がった。住民が寒い中で長時間待たずに済むように、社区スタッフが整然と検査を進めており、住民からのさまざまな問い合わせにも丁寧に答えている。(記者/趙鴻宇) =配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.16
    2021年01月07日
    「新華社」天津市で新型コロナのワクチン接種開始、重点グループ対象に

    中国天津市はこのほど、感染リスクの高い重点グループの人々を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。同市薊州(けいしゅう)区の興華大街社区(コミュニティー)衛生サービスセンターでは、接種活動が秩序良く順調に行われ、全プロセスが迅速かつ効率的に進められていた。同市は現在、医療・保健従事者や公務による出国者、輸入品の運搬、加工、販売に携わる職員などの重点グループを対象にワクチンの優先接種を行っている。同時に、不測の事態に対応するため、各接種拠点に救急医療スタッフが常駐することで医療体制も整えている。重点グループ以外の人たちも今後、順次接種が受けられるよう手配していくという。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:16.84
    2021年01月01日
    COVID-19 Vaccine

    A staff member of the Public Health Department at a community health service center in Enshi city, Hubei Province, China, draws liquid from the COVID-19 vaccine with a syringe on December 31, 2020=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:34.12
    2021年01月01日
    COVID-19 Vaccine

    A staff member of the Public Health Department at a community health service center in Enshi City, Hubei Province, China, draws liquid from the COVID-19 vaccine with a syringe on December 31, 2020=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:31.72
    2021年01月01日
    COVID-19 Vaccine

    A staff member of the Public Health Department at a community health service center in Enshi City, Hubei Province, China, draws liquid from the COVID-19 vaccine with a syringe on December 31, 2020=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:18.28
    2021年01月01日
    COVID-19 Vaccine

    A staff member of a community health service center injects hospital staff with the novel Coronavirus inactivated vaccine (Vero cells) on December 31, 2020 in Enshi city, Hubei Province, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:06.68
    2020年12月09日
    Community Cheongsam Show

    A community rehearsals for the cheongsam show in Zouping city, Shandong Province, China, On Dec. 3, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.44
    2020年12月09日
    「新華社」格庫鉄道が全線開通中国西部の鉄道網に新たな動脈

    中国の新疆ウイグル自治区コルラ(庫爾勒)と青海省ゴルムド(格爾木)を結ぶ格庫鉄道が9日、6年の建設期間を経て全線開通した。中国西部に新疆と他地域を結ぶ鉄道幹線ルートが新たに加わった。同日午前には、旅客列車と貨物列車各1便がコルラ駅を出発した。同鉄道の総延長は1206キロ。うち新疆区間は734キロで、青海区間は6月30日に既に営業を開始している。新疆ウイグル自治区にとっては、蘭新鉄道(阿拉山口-甘粛省蘭州)、臨哈鉄道(ハミ-内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区)に続く自治区内外を結ぶ第3の鉄道となる。オアシスや砂漠、ゴビ、高原、山脈などさまざまな地形を走り、最大標高差は2500メートルを超える。同鉄道は中国西部の鉄道網の重要幹線として、青蔵鉄道(青海省西寧-チベット自治区ラサ)と接続する。新疆南部と青海省、チベット自治区を一つに結ぶだけでなく、中国から西アジアや地中海、黒海地方に至る陸上輸送の大動脈となる。今後、旅客列車と貨物列車の運行が恒常化すると、新疆南部の鉄道輸送能力は効果的に増強され、沿線の人々の交通の便も飛躍的に向上する。西部のエネルギー・鉱物資源の流通、地域社会・経済の発展を促進するだけでなく、西部地域全体に巨大な発展チャンスをもたらすことが見込まれる。(記者/関俏俏、周生斌)<映像内容>格庫鉄道が開通、乗客の様子、建設の様子など、撮影日:2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:32.41
    2020年11月10日
    新型コロナ感染対策を強化 西村氏記者会見

    西村康稔経済再生担当相は10日の記者会見で、全国の新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあるとして、クラスター(感染者集団)の発生がみられるホストクラブなどの接待を伴う飲食店や、外国人コミュニティーでの感染防止対策を強化する考えを示した。  <映像内容>東京都内で行われた西村経済再生担当相の記者会見、撮影日:2020(令和2)年11月10日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年11月10日

  • 02:34.87
    2020年11月10日
    Harris, Biden slam Trump admin. over health care

    U.S. Vice President-elect Kamala Harris says that each vote for President-elect Joe Biden was in support of the Affordable Care Act he helped craft during the Obama administration.During remarks Tuesday in Wilmington, Delaware, Harris said that Biden “won the election decisively,“ and that “every vote for Joe Biden was a statement that health care in America should be a right, not a privilege.“Harris also noted that, if the Affordable Care Act is dismantled, “communities of color would be hit particularly hard ... because they are at a greater risk for preexisting conditions,“ as well as complications from the coronavirus.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.94
    2020年11月06日
    「新華社」新型コロナ発生で迅速対応、困難抱える人々を支援新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県で中学校教師だったロズグリ・アウットさんは2年前、検査でリウマチ性心疾患が見つかり、手術後は自宅での静養を余儀なくされた。新型コロナウイルス感染症が同地で発生した後、彼女の自宅があるトックザク(托克扎克)鎮は感染高リスク地区とされ、全住民が自宅隔離となり、生活必需品は社区(コミュニティー)のスタッフとボランティアが直接家に届けるようになった。カシュガル民政局によると、新型コロナ発生後、特別な困難を抱える住民の生活を保障するためにカシュガル地区では生活保護準備金制度を実施し、生活保護費をまず郷・鎮へと支給し、郷・鎮は救済を先行して行い、その後に審査・許可を行った。感染症流行期間に、5億6100万元(1元=約16円)の救済資金を拠出し、160万人以上を救済した。同地区では約4万6千人がボランティアを組織し、全力で住民の生産サービス保障に当たった。また、2841の村(社区)が3021カ所の穀類・食用油、肉・卵・牛乳など生活必需品の供給所(直売所)を設置し、住民の生活必需品の供給を確保した。<映像内容>新型コロナで自宅隔離、生活必需品を供給する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.78
    2020年11月05日
    Building Surrounded Green Plants

    Aerial video taken on Nov. 5, 2020 shows the balcony of a high-rise building covered with green plants near a residential community in Huangmei Town, Jurong City, Jiangsu Province.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 02:33.05
    2020年11月02日
    Biden pitches to Pittsburgh‘s Black voters

    Joe Biden is telling Black voters in Pittsburgh to turn out to help him win the all-important state of Pennsylvania.Speaking at an outdoor rally in Homewood, a predominantly African American community in Pittsburgh, Biden told the crowd that “the power to change this country is in your hands.“He spoke about his plan to promote Black economic mobility and the disproportionate effect COVID-19 has had on the community.Biden said that “we‘re done with the chaos, we‘re done with the racism, we‘re done with the tweets, the anger the hate the failure, the irresponsibility.“Some supporters sitting in their cars for the outdoor event honked their horns, while others bundled up in blankets watching Biden in front of the stage cheered.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 03:24.05
    2020年11月02日
    Biden stumps for union support near Pittsburgh

    Democratic presidential nominee Joe Biden is revving up a group of union members to help him turn out the vote in a suburban Pittsburgh county. Biden spoke Monday afternoon at Beaver County Community College, where about 100 union workers gathered for a canvass kickoff. He emphasized the significance of Pennsylvania and told the crowd that Democrats will win the state and “show the world what we stand for.“ The supporters gathered outside to see him speak cheered as he promised to “be the most pro-union president you’ve ever seen.” Biden has had strong union support throughout his political career and has made a pitch to union and working-class workers a centerpiece of his campaign.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 00:17.28
    2020年11月01日
    National Census

    The community‘s population collectors walked into the residents‘ homes and began registering the nationwide census. Lianyungang city, Jiangsu Province, China, November 1, 2020. The seventh national census was officially launched at midnight on the same day.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.56
    2020年11月01日
    National Census

    The community‘s population collectors walked into the residents‘ homes and began registering the nationwide census. Lianyungang city, Jiangsu Province, China, November 1, 2020. The seventh national census was officially launched at midnight on the same day.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.12
    2020年11月01日
    National Census

    The community‘s population collectors walked into the residents‘ homes and began registering the nationwide census. Lianyungang city, Jiangsu Province, China, November 1, 2020. The seventh national census was officially launched at midnight on the same day.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:09.76
    2020年11月01日
    National Census

    The community‘s population collectors walked into the residents‘ homes and began registering the nationwide census. Lianyungang city, Jiangsu Province, China, November 1, 2020. The seventh national census was officially launched at midnight on the same day.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 02:46.63
    2020年11月01日
    Biden works to push Black turnout in final days

    Joe Biden was spending the final days of the US presidential campaign appealing to Black supporters to vote in-person during a pandemic that has disproportionally affected their communities, betting that a strong turnout will boost his chances in states that could decide the election.Biden was in Philadelphia on Sunday, the largest city in what is emerging as the most hotly contested battleground in the closing 48 hours of the campaign. He participated in a “souls to the polls“ event that is part of a nationwide effort to organize Black churchgoers to vote.“We‘re going to address systemic racism and build real economic opportunity of equality for the Black community. The blinders have been taken off. The American people have seen, they‘ve seen how bad things are,“ Biden said at the drive-in event, shouting to be heard over the blaring car horns.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.08
    2020年10月28日
    「新華社」コミュニティーに民間の高齢者向けサービス導入河北省唐山市

    中国河北省唐山市路北区は、社区(コミュニティー)スタッフの人手不足と高齢者向けサービスの単一化という課題を解決するため、民間企業へのサービス委託を試み、各街道にケアセンターを設立した。社区の高齢者は、食事や医療、入浴、デイケアなどのサービスの他、2元(1元=約16円)で終身会員カードを作成すれば、フィットネスやボードゲーム、ビリヤードなど複数の無料サービスも利用できる。同センターはすでに区内全域をカバーし、高齢者10万人余りが恩恵を受けている。(記者/鞏志宏)<映像内容>河北省唐山市で民間の高齢者向けサービスを導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:19.84
    2020年10月20日
    Double Ninth Festival

    The home-based elderly care service center held the theme activity of “99 Double Ninth Festival, strong respect for the elderly“, and invited the elderly in the community to eat Chongyang cake to welcome the Double Ninth Festival. Lianyungang City, Jiangsu Province, China, October 20, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:14.68
    2020年10月20日
    Double Ninth Festival

    The home-based elderly care service center held the theme activity of “99 Double Ninth Festival, strong respect for the elderly“, and invited the community elderly health examination to welcome the Double Ninth Festival. Lianyungang City, Jiangsu Province, China, October 20, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 02:14.46
    2020年10月14日
    「AFP」French ministry flies rainbow flag in support of LGBT community

    A ministry proudly displaying the colours of the LGBT flag is the symbol that French Minister Elisabeth Moreno, in charge of gender equality, diversity and equal opportunities, wants to project as she presents her action plan against anti-LGBT+ hatred and discrimination. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年10月14日、撮影場所:フランス・パリ、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:42.12
    2020年10月12日
    「新華社」新型コロナ、山東省青島市で新たに6人感染確認

    中国山東省青島市の衛生健康委員会は12日未明、同市で新たに9人が新型コロナウイルスの核酸検査で陽性反応を示し、うち4人の感染が確認され、5人は無症状感染者だったと発表した。また、これ以前に確認されていた無症状感染者2人が感染者と確認され、同市の感染者は6人増加した。同市は既に新型コロナの全員検査計画を開始した。社区(コミュニティー)での検査を急いでおり、3日以内に市南、市北、李滄(りそう)、嶗山(ろうざん)、城陽の5区で検査を全面的に展開し、5日以内に全市の検査を行う。検査の結果は速やかに発表するという。(記者/趙小羽、呉飛座)<映像内容>山東省青島市の新型コロナの検査の様子、撮影日:2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.32
    2020年10月08日
    「新華社」住民の芸術作品で村が観光地に浙江省寧波市

    ポーランド出身の哲学博士で中国浙江大学寧波理工学院の研究者、アルトゥル・レガ氏は、浙江省寧波市寧海県葛家村を訪れた際、「芸術が中国の地域再生事業で重要な役割を果たし、環境美化だけでなくコミュニティーの雰囲気改善にもつながり、住民を笑顔にしている」と語った。2019年、中国人民大学芸術学院の芸術家が同村で「村の芸術家」試験を実施。地元住民は芸術によって村の環境を一変させた。村の中のさまざまな装飾はほぼ全てが村民によるもので、1200年の歴史を持つ村は現在、人気観光地となり、年間3万人以上の観光客を受け入れている。レガ氏は「自分が暮らしている場所の住み心地や雰囲気が良くなるし、ほとんどの住民も肯定的な反応を示すだろう。芸術を原動力として住民の活動を刺激するやり方は、とてもいいアイデアだと思う」と称えた。(記者/鄭夢雨)<映像内容>浙江省寧波市の村の風景、装飾など制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.46
    2020年10月03日
    「新華社」甘い香りが魅力的、モクセイが満開湖南省藍山県

    秋雨が止んだ後、霧に包まれた中国湖南省永州市藍山県では、さまざまな品種のモクセイが次々と満開を迎えている。市街地の道路や公園、社区(コミュニティー)の庭などにモクセイの甘い香りが漂い、住民らの五感を楽しませている。(記者/程済安)<映像内容>満開のモクセイの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.79
    2020年09月14日
    「新華社」ハミウリが収穫期、新たな販路も開拓新疆ウイグル自治区鄯善県

    中国新疆ウイグル自治区鄯善(ピチャン)県では、ハミウリが秋の収穫期を迎えている。農民らは従来の方式に加え、ライブ配信などを通して販路を開拓し、国内向けの出荷を増やしている。同県はここ数年、スーパーマーケットや社区(コミュニティー)でのハミウリ販売に力を入れるとともに、電子商取引(EC)の販売網を積極的に構築している。県内の今秋のハミウリ栽培面積は5万2800ムー(3520ヘクタール)で、1ムー当たりの販売高は過去最高の7千元(1元=約16円)に達する見込み。(記者/周生斌)<映像内容>ハミウリの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:54.27
    2020年09月10日
    US FL 2020 HARRIS TRUMP WOODWARD

    2020 Democratic vice presidential nominee Sen. Kamala Harris on the campaign trail in Florida Thursday slammed President Donald Trump amid a political crisis of his own making of past revelations that he had been determined to play down the danger of the coronavirus last winter despite describing it in private as “deadly stuff.“Harris was in South Florida with Democratic Rep. Frederica Wilson and Miami Shores Mayor Crystal Wagar where she attended a community conversation on challenges facing the African American community.Before Harris began her conversation with leaders of the African American community, she addresseda new book by Washington Post journalist Bob Woodward that reveals that Trump downplayed the severity of the coronavirus in public despite what he told Woodward in their recorded conversations.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 00:48.69
    2020年09月03日
    「新華社」「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(記者/林碧鋒)<映像内容>ヒメマツタケの収穫、加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.27
    2020年08月19日
    「新華社」中国が支援したバレーボール場が完成フィジー

    南太平洋の島国フィジーの首都スバ郊外で19日、在フィジー中国大使館が出資し、中鉄一局集団のフィジー法人が建設したナカシコミュニティーバレーボール場の竣工式が行われた。中国の銭波(せん・は)駐フィジー大使、フィジーのパルビーン・クマール青年・スポーツ相、ナカシコミュニティーの責任者、中鉄一局集団の社員らが出席した。(記者/張永興)<映像内容>中鉄一局集団のフィジー法人が建設したバレーボール場が完成、撮影日:2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.28
    2020年08月12日
    「新華社」がれきの下で37日、地滑りで生き埋めのイヌを救助貴州省

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県中坪鎮の黄泥坡社区(コミュニティー)で12日、地滑り被災地の住民が避難解除を受けて自宅の片づけをしていたところ、がれきの下敷きになっているイヌを発見した。同地では7月8日に起きた地滑りで家屋61棟が損壊する被害を受け、100世帯余りの住人が避難をしていた。イヌの救助は手作業だったため、村民12人が10時間以上かけてようやく救出した。(記者/楊欣)<映像内容>地滑りでがれきの下敷きになっていた犬を救助、撮影日:2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:29.08
    2020年08月09日
    「新華社」封鎖式管理で住民の健康守る新疆ウイグル自治区ウルムチ市

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、感染源と感染経路を徹底的に遮断するため、社区(コミュニティー)の封鎖式管理措置を講じた。同市は市民の正常な生活を保障するため、各部門の幹部と職員、社区スタッフ、ボランティアサービスチームなどを組織し、街道と各居住区で検温や消毒などの感染予防・抑制活動を確実に行うとともに、生活サービスの保障業務も着実に実施している。(記者/張嘯誠)<映像内容>新型コロナ対策で新疆ウイグル自治区ウルムチ市が封鎖式管理措置、食料を届ける様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.14
    2020年08月08日
    「新華社」ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(記者/王君宝)<映像内容>ガチョウ飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.85
    2020年07月29日
    「新華社」グリーンベルトで築く「三方よし」の関係河北省鶏沢県

    中国河北省邯鄲(かんたん)市鶏沢県では夏を迎え、道路沿いに緑が生い茂る、生き生きとした景色が広がっている。同県では、道路沿いのグリーンベルト(緑化帯)を有効活用するため、「緑化責任者(企業)」請負方式を採用、地域社会は緑化の恩恵を受け、市民は土地使用料収入を、企業も利益を得るという「三方よし」の新たな道筋を開拓している。同県交通局の岳蘇静(がく・そせい)局長によると、地元政府が資金を拠出し市民から道路沿いの土地を借り上げることで、緑化用地を確保、市民にも経済的恩恵をもたらしているという。また、企業に事業を任せることで緑化管理もより専門的になり、請負企業は土地の使用料を15年間免除され、利益を最大化できる。企業は請負契約期間中、グリーンベルトを苗圃(びょうほ)として苗木を育成、道路緑化に必要な分を上回った苗木については企業の所有となる。契約終了後は、道路の両側に11種類1万2500株の樹木が残る。同県では現在、幹線道路3本と農村道路63本に、合わせて20種類以上の緑化植物が植えられている。(記者/岳文婷)<映像内容>河北省鶏沢県の道路沿いのグリーンベルトの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.84
    2020年07月17日
    「新華社」豊作願う「田んぼアート」お目見え広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県丹洲鎮に豊作を祈願した「田んぼアート」がお目見えした。同鎮板江社区(コミュニティー)雷洞屯に広がる30ムー(2ヘクタール)余りの水田に、魚をモチーフにした「年年有魚(毎年豊かでありますように)」や自転車の絵柄、「産業興旺」などの文字が描かれた。板江社区にはチワン族やトン族、漢族、ミャオ族、ヤオ族などの民族が住んでおり、力を合わせて作り出す田んぼアートが民族間の交流促進につながっている。躍動感あふれるデザインが多くの観光客を集め、現地住民の所得増や貧困からの脱却にも一役買っている。(記者/郭軼凡、胡佳麗)<映像内容>豊作を祈願した田んぼアートの空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.95
    2020年07月04日
    「新華社」無形文化遺産技術の普及に、農村で公演活動河北省廊坊市

    中国河北省廊坊市文安県ではここ数年、農村と社区(コミュニティー)での無形文化遺産の公演を積極的に推進し、全県383の村と社区で各種無形文化遺産技術の公演や授業を1500回以上行ってきた。蘇橋飛叉会は清朝同治年間(1862~1874年)に、蘇橋鎮の靳文斌(きん・ぶんひん)が通背拳(つうはいけん)と太極拳、花叉(伝統的な武器)を融合し雑技公演活動を興したことに始まり、すでに100年以上の歴史を持つ。ここ数年は農村での無形文化遺産伝承に力を入れ、蘇橋飛叉会の技術を人々の前で演じ、多くの若者や子どもが興味を持ち学ぶようになった。同県政府は、次の段階として無形文化遺産技術公演形式を刷新し、より面白みを持たせた参加型の活動内容で多くの人々を引きつけ、無形文化遺産を人々の文化と生活の中に溶け込むよう積極的に推進するという。(記者/張碩)<映像内容>無形文化遺産の公演の様子、ひょうたんに彫刻する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.13
    2020年06月30日
    「新華社」「埋め込み式」ごみステーションが運用開始広東省深圳市

    中国広東省深圳市羅湖区で6月30日、「埋め込み式」ごみステーションの運用が始まった。収集したごみを地下に設置した「消毒コンテナ」に集めて処理をすることで、これまで社区(コミュニティー)のごみ集積所で懸案だった臭気と汚水漏れの問題を解決する。同ステーションには圧縮コンテナ2セットを設置しており、1日に2~3万人分のごみ排出量を圧縮処理できる。ごみ箱の自動反転技術を採用することで、ごみの搬出にかかる時間はトラック1台当たり約20分となり、効率が約3割向上した。(記者/周穎、胡拿雲)<映像内容>「埋め込み式」ごみステーションの運用、撮影日:2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:48.98
    2020年06月28日
    「AFP」‘All black lives matter‘: thousands march for racial justice on 50th anniversary of first Pride March

    Fifty years on from the first Gay Pride march, and with the official parade canceled due to the pandemic, thousands of New Yorkers take to the streets for the second annual Queer Liberation March - created in 2019, on the 50th anniversary of the Stonewall riots. Protesters focused on demanding racial justice, fighting against police brutality, and lifting up voices of the Black Trans community. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年6月28日、撮影場所:米ニューヨーク、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:06.26
    2020年06月28日
    「新華社」北京市、核酸検査用の移動式検体採取車両を初運用

    中国北京市は28日、西城区と朝陽区で初めてとなる核酸検査用の検体採取車両2台の運用を開始した。これにより医療従事者の作業環境と効率が大幅に改善する。車両には情報登録用の窓口1カ所と検体採取用の窓口4カ所が設けられ、5カ所をフル稼働した場合、3人分の人手が節約できる。北京市西城区展覧路医院の張克紅(ちょう・こくこう)執行副院長は「検体採取は1人当たり30秒で終わるため、順調なら窓口1カ所で、1時間に約100人の検体を採取できる」と紹介した。同市西城区展覧路街道弁事処の劉耀雍(りゅう・ようよう)主任によると、北京展覧館にある検体採取拠点は現在、展覧路街道22社区(コミュニティー)約10万人の常住人口をカバーしており、これまでに同街道の約5万人が核酸検査を終えている。(記者/馬暁冬、王暁潔)<映像内容>核酸検査用の検体採取車両の運用開始、撮影日:2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.88
    2020年06月25日
    「新華社」ヨモギを挿し「老虎鞋」を作る安徽省に伝わる端午節の風習

    中国安徽省南部、池州市青陽県に住む劉珍珠(りゅう・ちんしゅ)さんは伝統的な節句の端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を迎えるため、自宅前でヨモギを刈って門の両側に挿し、家族全員の健康と平安を祈った。一方、同省東部の馬鞍山市含山県では、民間手工芸作家の王之梅(おう・しばい)さんが社区(コミュニティー)の子どもたちに端午節の風習や虎の頭をかたどった布靴「老虎鞋」の由来について話し、手を取って制作技術を伝えた。王さんによると、「老虎鞋」作りは簡単そうに見えるが、10以上の大小さまざまな工程があり、完全手作りだと通常1日に2足しか作れないという。同県では毎年端午節になると、年長者が子どもに平安吉祥の意味合いのある「老虎鞋」を履かせ、健康と成長を祈願するという。(記者/曹力)<映像内容>ヨモギを飾る様子、布靴をつくる様子、撮影日:2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.28
    2020年06月16日
    「新華社」かつての荒れ地が花園に、生まれ変わった「街の死角」上海市

    中国の上海市長寧区仙霞新村街道虹旭居民区の、開発から30年以上が経つ古い小区(コミュニティー)に、今ネットで注目を集める「生境花園」がある。同花園はかつて、適切に活用されていなかったことから、貴重な土地資源を浪費した汚れた「街の死角」だった。それが整備・リニューアルを経て、今では優れた自然環境を有するコミュニティーの「秘境」となっている。花園が開園して間もなく、シベリアイタチが住み着くようになり、小区のボランティアは赤外線カメラで活動を記録するようになった。花園には昆虫の家(巣箱)や小鳥の水浴び場が設置され、さまざまな植物も植えられている。かつての荒地は、動植物が和やかに共生する小さな「生態ガーデン」となった。小区の住民は生ゴミを利用した堆肥作りを自発的に行い、花園は街の土地資源をうまく活用すると同時に、人と自然が相互作用するサイクルを生み出した。(記者/王黙玲)<映像内容>荒地から生まれ変わった生境花園、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.04
    2020年06月05日
    「新華社」5G無人配送車、住宅地を快走浙江省長興県

    中国浙江省湖州市長興県の水木花都社区(コミュニティー)ではこのところ、第5世代移動通信システム(5G)を搭載した無人配送車が住民に即時配送サービスを提供している。配送車の現在の最高速度は時速10キロ、連続走行距離は50キロで、野菜や薬品、料理など、さまざまな商品を配送できる。利用者はスマートフォンで注文や宅配ボックスの開錠、受け取りの操作をする。車両は前後左右にセンサーを備えており、3メートル以内に障害物を感知すると減速し、1・5メートル以内になると停車を始める。安全確保のため緊急停止する機能もある。(記者/許舜達)<映像内容>5Gを搭載した無人配送車の走行の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.13
    2020年06月01日
    「新華社」新鮮な牛乳を未就学児に無償提供新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で、6月1日の「国際こどもの日」および「世界牛乳の日」を前に、特別な贈り物が用意された。6歳以下の子どものいる市内20万世帯以上の各家庭に、無料で牛乳10パックが届けられた。同市はこれまで、小中学校の児童・生徒に対し牛乳の無償提供を行ってきたが、2018年4月に範囲を拡大、全国で初めて未就学児も対象とした。この2年で1億9300万元(1元=約15円)を投じて、23万2千人の未就学児に牛乳を届けてきた。厳しい品質基準で生産された200ミリリットルの牛乳10パックが、10日ごとに子どもたちの元に届けられている。このプロジェクトに参加する新疆天潤乳業は、市郊外に専用の生産ラインを設け、最新技術を使って最高品質の牛乳を生産している。牛乳の提供方法もプロジェクトのカギを握る。同市天山区発展改革委員会の賀金軍(が・きんぐん)主任によると、新鮮な牛乳を確実に子どもたちに届けるため、地域の社区(コミュニティー)の幹部が各家庭をこまめに訪れて、未就学児の人数を常に把握しているという。賀氏は「当日の朝に生産された新鮮な牛乳が、夕方には子どものいる家庭へ届く」と語った。(記者/周生斌、符暁波)<映像内容>牛乳を未就学児に提供、牛乳生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:17.02
    2020年05月28日
    「新華社」吉林市、出前配達員2千人以上に無料で核酸検査

    中国吉林省吉林市は5月28日、インターネットを利用したフードデリバリーサービスの安全確保に向け、ネット出前プラットフォームの統一調整と、市街地エリアの出前配達員に対する無料ウイルス核酸検査の実施を開始した。被検者2022人に対する検体採取は既に完了したという。同市市街地エリア内の小区(居住区)や社区(コミュニティー)では、新型コロナの影響により5月上旬から封鎖式管理を厳格に実施しており、出前の需要が激増している。同市市場監督管理局は秩序よく検査を進めるため、出前配達員ウイルス核酸検査指導チームを発足。数回に分けて実施した検査では、入場人数を調整し、人と人の間隔を保ち、医療スタッフが確実に検体を採取できるよう全力で協力した。同市市民の呉鑫(ご・きん)さんは「最近よく出前を取っている。政府が無料で配達員の核酸検査をしてくれたので安心した」と語った。(記者/段続、周万鵬)<映像内容>出前配達員に無料で核酸検査する様子、撮影日:2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.37
    2020年05月25日
    「新華社」蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(記者/丁磊、阿依努爾、郝玉)<映像内容>チョウの養殖、チョウを使ったアート作品、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.10
    2020年04月27日
    「新華社」パミール高原の牧畜民、貧困対策社区で新たな暮らし新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区西部のパミール高原近くに、「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により設立された社区(コミュニティー)、「アクト県崑崙佳苑社区」がある。同社区に住む6500人以上の人々はかつて、高原に暮らす貧しい牧畜民だった。同社区は設立当初から、商店や農業用ビニールハウスなど貧困脱却のための施設を備える。また、幹部は若者の余剰労働力を活用する職業技能訓練を絶えず強化し、安定した雇用の実現ために取り組んでいる。(記者/高晗、董亜雷、于涛、賀占軍)<映像内容>立地条件の良い場所へ移転した牧畜民の暮らし、農業、楽器を演奏する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.53
    2020年04月14日
    「新華社」武漢市で新型コロナ血清疫学サンプリング調査開始

    新型コロナウイルスの無症状感染者の発生状況を探るため、中国湖北省武漢市の住民に対する同ウイルスの血清疫学調査が14日午前、同市江夏区で始まった。区内の8街道では、それぞれ社区(コミュニティー)住民100人と関連スタッフ10人を世帯単位で抽出するサンプリング調査を実施。計880人の住民が咽頭スワブ核酸検査と採血によるIgG抗体とIgM抗体の検査を無料で行った。同市のサンプル数は延べ1万1千人分に達する見込みで、データの信頼性と正確性を保証するため、今回の調査では定点無作為抽出の原則を採用している。同市では13の区でサンプリング調査を実施する。(記者/潘志偉)<映像内容>新型コロナウイルスの血清疫学調査の様子、撮影日:2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.58
    2020年04月10日
    「新華社」中国の専門家、ミャンマーで感染対策の経験を共有

    中国がミャンマーに派遣した感染対策医療専門家グループが10日、ミャンマーの医療機関を視察し、感染対策の経験をミャンマー側と共有した。専門家グループは同日、ヤンゴン総合病院や北オカラパ病院などの医療機関を訪問。治療や医療従事者の配備、医療資源の配置・利用、重症者用病室の設置、感染抑制・管理などの状況を視察し、疫学調査を実施した。ミャンマー国立衛生研究所で活動を行い、ミャンマー側と感染予防・抑制の経験を共有した。訪問先の北オカラパ病院では、専門家グループと同病院の医療従事者が、自己防護や無症状感染者への対応、コミュニティーの発熱外来設置などの問題について意見を交わした。(記者/張東強、車宏亮)<映像内容>中国の医療専門家が感染対策についてミャンマー側と共有、撮影日:2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.04
    2020年04月10日
    「新華社」武漢の大学教員、「ウイルスとの闘い」をペン画で記録湖北省

    中国湖北省武漢市にある中国地質大学(武漢)の教員、陳華文(ちん・かぶん)さんがこのほど100枚のペン画を制作した。ペン画には、勇敢にウイルスと闘う白衣の戦士、医療チーム、病院の建設工事に携わった労働者、コミュニティーの職員、ボランティア、配達員の若者など、武漢をウイルスから守る「英雄」たちの姿が生き生きと描かれている。陳さんは「絵の中の登場人物のほとんどがマスクを着けている。今まで絵を描いてきて、こんな経験はなかった」としみじみと語った。陳さんは、同市で新型コロナウイルスによる感染症が発生した後も家族と共にそのまま大学構内の居住区で住み続けた。大学の感染防止活動に参加し、黙々と献身的に活動する同僚たちの心打たれる場面を何度も目にしたことから、すぐに手に取って描けるペンを使い、闘いの様子を記録することを思いついたという。陳さんは約50日間、家で仕事をする傍ら、武漢でのウイルスとの闘いをテーマにペン画を描いた。ペン画のモチーフは、インターネットで検索したさまざま関連写真や感染予防活動を紹介する大学の広報写真を使用した。(記者/李偉)<映像内容>新型肺炎のペン画作品、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 05:32.50
    2020年04月06日
    「AFP」Virus prompts import-dependent Hong Kong to shop locally

    After a coronavirus-fuelled wave of panic-buying briefly left Hong Kong‘s supermarket shelves bare, residents are turning to local producers for fresh food in a city almost entirely reliant on imports.COVID-19 has threatened global supply chains as countries impose lockdowns and border restrictions, but for Hong Kong‘s dwindling farming community, the pandemic has sparked a sudden boom in business.IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年4月6日、撮影場所:香港、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.32
    2020年04月05日
    「新華社」武漢市、プロジェクションマッピングで「新型コロナと闘う英雄」に敬意

    中国湖北省武漢市で5日夜、「新型コロナウイルスによる感染と闘う英雄」に敬意を表する斬新なプロジェクションマッピング・ショーのためのリハーサルが行われた。ショーでは長江、漢江の沿岸のビルなどを20キロ余りの「巨大スクリーン」としてプロジェクションマッピングを行う。関係責任者によると、今回の演出は「英雄」をテーマとし、アニメーションが中心だという。新型コロナとの闘いにおいて積極的な貢献をした医療従事者や社区(コミュニティー)のスタッフ、警察官やボランティアなど、さまざまな分野で現れた「新型肺炎と闘う英雄」に敬意を表することを主な目的としている。ショーは近日中に公開される予定。(記者/馮国棟)<映像内容>「新型肺炎と闘う英雄」に敬意を表するプロジェクションマッピング・ショーのリハーサル、撮影日:2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.04
    2020年03月27日
    「新華社」空港の水際対策を強化福建省福州市

    新型コロナウイルスの世界での感染拡大に伴い、中国では国外からのウイルス流入防止が感染対策の最優先課題となっている。空港はその最前線の役割を担っている。福建省福州市の長楽国際空港で3月27日夜、税関職員60人余りが万全の態勢で見守る中、一機の国際旅客便が到着した。職員数人が機内に入り、乗務員への聞き取りや乗客全員の体温測定と健康申告書の確認、さらなる一斉検査などの機内検疫を実施した。同空港税関は現在、感染予防・抑制重点国家(地域)からの全到着便に対し機内検疫を実施している。機内検疫を終えた乗客はマスクを着用して飛行機を降り、幾つかのグループに分かれ入国審査場へ向かう。入国審査場では税関職員14人が入国者の体温を再度測定。健康状態を自発的に申告するよう指導し、疫学調査を行う。入国者はその後、サンプル採取室で喉から検体を採取する。これがウイルス核酸検出の重要なステップになる。機内検疫で体温に異常が見られた乗客は、その他の乗客が飛行機を降りた後、陰圧臨時隔離室前にある専用調査エリアに案内され、疫学調査や医学的調査、検体採取を行う。実際には空港もウイルス流入防止の前線の一つにすぎない。空港でのスクリーニング検査から専用車による送迎、さらに指定ホテルでの隔離や社区(コミュニティー)における健康管理まで、同省では多くの部門が共同で任務に当たっており、共に地元住民の安全を守っている。(記者/陳旺)<映像内容>空港の水際対策の様子、撮影日:2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:36.28
    2020年03月23日
    「新華社」「世界のスーパーマーケット」、イランにマスクを寄付浙江省義烏市

    「世界のスーパーマーケット」として知られる中国浙江省義烏(ぎう)市にある、「国連社区(コミュニティー)」とも呼ばれる鶏鳴山社区で23日、数十箱の段ボール箱に収められた医療用使い捨てマスクがトラックに積み込まれた。これらは在上海イラン領事館を通して、現地住民の新型コロナウイルス感染の予防対策のために寄贈される。全ての段ボール箱には、中国語とペルシャ語で「相知無遠近、万里尚為隣(相知には遠近なく、万里なお隣たり)」「中国・義烏は皆さんと共に感染と闘う」といった言葉が添えられていた。これより前に、同市税務局の職員が市内の外国企業を訪れて減税政策について説明していたところ、イラン出身のビジネスマン、ハミさんが困難な状況にあることを知った。実はハミさんは、新型コロナウイルス感染の拡大が深刻な祖国から要請を受けて、中国国内で各種防疫物資を買い付けていたが、自身の持つ入手ルートには限りがあり、買い付け作業が思うように進んでいなかったのだ。そこで、同税務局は税収のビッグデータを基に、医療用使い捨てマスクの生産が可能な地元企業を速やかに見つけ出し、わずか3日間で8万枚、約13万元(1元=約16円)相当のマスクを生産してイランに寄贈することにした。(記者/殷暁聖)<映像内容>浙江省義烏市がマスクをイランに寄付、外国企業に減税政策について説明する様子、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.95
    2020年03月21日
    「新華社」無形文化遺産「柳編み」で豊かに河北省広宗県

    中国河北省邢台市広宗県の葫蘆郷大辛庄村では、柳細工職人がライブ配信を利用した「販売促進」やSNSなどでの発信を通じて、柳の枝で編む伝統的手法「柳編み」で作られた工芸品の販路を広げている。同県の「柳編み」は300年以上の歴史がある国家級無形文化遺産で、柔らかく太さのそろった柳の枝を使い、家庭用品や工芸品を制作する。ここ数年、人材育成やプラットフォームの構築、集客体制の確立、地域社会からの参加を奨励することで、地域の人たちの「財布」を潤している。農業を営む柳細工職人は「村の『柳編み』技術は、代々受け継がれてきた。政府の支援を受けて、今では売れ行きも良くなり、私はこの1年で2万元(1元=約15円)以上稼いだ。村の300世帯ほどが『柳編み』を通じて収入を増やしている」と語った。(記者/白明山)<映像内容>柳編みの様子、職人のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:39.04
    2020年03月20日
    「新華社」市民生活が秩序よく回復湖北省宜昌市

    中国湖北省宜昌市では3月中旬以降、外出し始める市民が次第に増え、商業施設の営業再開も秩序よく進んでいる。市民は健康状態を証明する「健康コード」を提示することで小区(居住区)への出入りが可能になり、スーパーマーケットやショッピングモールも徐々に営業を再開し始めた。同市西陵区西陵街道石板溪社区(コミュニティー)では20日午前、小区の入り口に並び、「健康コード」をスキャンして出入りする住民の姿が見られた。同小区から通りを一つ隔てた小さな生鮮スーパーの入り口では、店員が買い物客の体温を測っていた。同市にある一部の商業施設も徐々に営業を再開している。同区学院街に近い商業エリアでは、昼頃になると人出が増え、レストランやカフェは多くの客で賑わいをみせていた。本格的に営業を再開した同エリアにある大洋デパートの入口では、従業員が来店客に「健康コード」のチェックと体温測定を行っていた。(記者/程敏、潘志偉)<映像内容>湖北省宜昌市の様子、買い物をする市民、撮影日:2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:41.70
    2020年02月29日
    「新華社」氷点下10度、車で立ち往生した牧畜民を救出内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区はこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止・抑制対策実施状況を踏まえ、「重大かつ突発的な公衆衛生事件」の緊急対応レベルを最も高い1級から3級に引き下げた。これにより各社区(コミュニティー)に出入りする人数や回数、時間帯の制限が解かれ、草原の牧畜民も続々と生活物資の買い出しに出かけるようになった。2月29日夜、同自治区シリンゴル盟ソニド左旗の牧畜民20人が分乗した車7台が、買い物帰りに大雪で足止めされた。当時、風速5~10メートルの風が吹き、気温は氷点下10度前後、夜間だったため視界も10メートル足らずだった。駆け付けた消防隊員が風雪用シャベルで路面に積もった雪を取り除き、30分ほどかけて道を切り開いた。足止めされた牧畜民も消防隊員と一緒になって車を押し出した。1日午前0時10分ごろ、立ち往生した車両と乗っていた全員が救出され、安全な場所へ避難した。(記者/葉紫嫣)<映像内容>大雪の中で立ち往生する車、救助の様子、撮影日:2020(令和2)年2月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.69
    2020年02月28日
    「新華社」武漢の田舎にとどまる日本人男性、村民と共に新型肺炎乗り切る

    中国湖北省武漢市で既に10年以上暮らしている日本人男性、嶋田孝治さん(72)は新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に協力し、同市江夏区法泗(ほうし)街聯盟村に滞在している。同村での滞在は26日時点で、1カ月以上に上っている。嶋田さんは2010年から、武漢大学と華中師範大学のそばに庶民的なカレー店を開いている。先週、嶋田さんは中国人従業員に頼んで、カレー店で春節(旧正月)用に備蓄していた食糧や食用油を近所で必要としている人に届けた。今年の春節前に、嶋田さんは店の従業員から、実家で一緒に新年を迎えようと招待を受けていた。嶋田さんが聯盟村へ到着した1月23日、同市は村の封鎖措置を取り公共交通機関の運行を停止した。日本政府は同27日、武漢市からの日本人の退避措置を発表したが、嶋田さんは市内にとどまることを選んだ。嶋田さんは「今は特殊な時期。私は中国政府の感染予防措置に協力し、外出時にはマスクを着用します」と語った。同市の社区(コミュニティー)や村は2月11日に全て封鎖され、商店も相次いで営業を停止したため、嶋田さんは村にそのままとどまることになった。新型肺炎の感染予防・抑制活動は最も困難な時期に突入し、農村の社区では生活物資や感染対策物資が全面的に不足している。村の人々は嶋田さんの話を聞きつけると、次々に支援の手を差し伸べた。嶋田さんは愛煙家だが、村ではタバコを手に入れるのが難しい。そこで数人の村民が嶋田さんのために、遠くまでタバコを買いに行っている。嶋田さんは「私は中国の田舎で元気に過ごしています。村の人たちはとてもよくしてくれます。皆さんお大事にしてください。新型肺炎が終息したら武漢大学へお花見に行きます」と語った。(記者/馮国棟)<映像内容>武漢にとどまる日本人のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:16.44
    2020年02月19日
    「新華社」従来からの対策法からユニークな先進技術まで感染予防アイデアさまざま

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、中国国内の多くの政府機関、企業、社区(コミュニティー)などが、一部の重点エリア、高血圧・糖尿病など持病のある人、高齢者などのためにさまざまな感染予防のアイデアを考え出している。「昔からのやり方」もあれば、人工知能(AI)やサーモグラフィー、ビッグデータ、ロボットなどのユニークで先進的な技術もある。従業員の安全を守り、交差感染を減らすため、多くの企業食堂で1メートルの間隔を開けて座らせたり、組分け・時間帯分けしたりするなどの方法を取り入れており、全社員を4回に分けて順番に食堂を使うようにしているところもある。また、同じ方向を向いて席に着き、対面式で食べることは禁止されている。浙江省温州市鹿城区の広化街道(区の下に置かれる行政単位)に設置された2カ所の集中隔離拠点では、ネット出前サービス大手の「餓了麼(ウーラマ)」が開発したAI出前ロボットが、経過観察のため隔離されている人々に1往復5分で食べ物や薬を届けている。人と人の接触を減らすことで、第一線で奮闘する関係者の感染率を低減し、感染拡大防止に一役買っている。さらに小型無人機が、家から隔離された住民にマスクやスリッパを届けるところもある。浙江省杭州市では、春節(旧正月)休暇を終えてUターンする人が増え、また長期間にわたり自宅待機している住民が我慢できず日光に当たりに外に出ることが増えるにつれ、社区の感染拡大防止・抑制に対するリスクが増大している。住民に家にいるよう説得するため、下城区石橋街道では、小型無人機を出動させ空から「ご年配の皆さん、早く家に帰ってください」「あなた、あなたのことですよ」などと呼びかけ、日光浴に出て来たり、おしゃべりをしたりする住民に家に戻るよう勧告している。中国電子商取引(EC)大手アリババのセキュリティーセンターは12日、「AI防疫師」システムを発表した。リアルタイムでの正確な体温測定、マスク着用の識別、ハイリスクな人々への注意喚起と追跡などの機能を持ち、工業団地やオフィス、デパート、地下鉄駅、空港など人が密集する公共の場所に迅速に配置することができる。(記者/殷暁聖、張璇、呉帥帥)<映像内容>新型肺炎の感染予防対策、AI出前ロボット、AI防疫師システムなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:25.92
    2020年02月18日
    「新華社」封鎖されたコミュニティーに荷物を届ける配達員の工夫遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省の小区(コミュニティー)は新型コロナウイルス対策を目的とした封鎖管理を実施しており、電子商取引(EC)サイトで注文した商品の配達が激増している。同省瀋陽市のあるコミュニティーでは入り口に配達物を置くことになっているため、住民の受け取りを容易にしようと、配達員らがさまざまな工夫を凝らす。EC大手京東集団(JDドットコム)の配達員、李士林(り・しりん)さんは、小さなスピーカーから自作の口上を流しながら配達している。「私は外、あなたは中。私は棒を使って荷物をお届け…」。繰り返される口上のおかげで、顧客はすぐに李さんを見つけることができる。(記者/姜兆臣)<映像内容>新型肺炎のため封鎖された住宅街、商品を棒を使って届ける様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 01:56.60
    2020年02月17日
    「新華社」武漢市が感染対策にローラー式調査を実施

    中国湖北省武漢市の社区(コミュニティー)や村3300カ所以上で17日から、3日間にわたるローラー調査が実施された。同市は今回の調査で①感染が確定した患者の収容②感染の疑いがある患者に対する核酸検査③発熱の症状がみられる患者の検査④濃厚接触者の隔離⑤社区や村の24時間封鎖管理−という五つの取り組みを100%達成することを要求している。(記者/廖君、馮国棟)<映像内容>武漢市で新型肺炎のローラー調査を実施、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.55
    2020年02月17日
    「新華社」手話で伝える新型肺炎対策重慶市

    中国重慶市で最も多くの聴覚障害者が暮らす沙坪壩区の磁器口街道磁建村社区(コミュニティー)の住民、67歳の陳熙倫(ちん・きりん)さんは、以前の職場で長期にわたり耳の不自由な人と交流した経験から、手話を習得した。陳さんは新型コロナウイルスによる肺炎対策を通常とは異なる手段で周知する必要性があると知り、自発的に社区の感染対策宣伝チームに加わった。社区の共産党委員会書記、障害者補助員と共に戸別訪問し、簡単な手話を使って住民らに新型肺炎対策を知らせている。(記者/楊仕彦)<映像内容>手話を使って聴覚障害者に肺炎感染予防を伝える様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.41
    2020年02月14日
    「新華社」2次元バーコードが通行証杭州市、新型肺炎予防で新施策

    中国浙江省杭州市余杭区でこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染リスクを低減させる新たな取り組みが始まった。同区星橋街道湯家社区(コミュニティー)のマンション「錦繍公寓」では、社区のゲート係員が外出から戻った張雪梅(ちょう・せつばい)さんの体温を測り、「釘釘(DingTalk)」と呼ばれるSNSアプリで彼女のスマートフォン上の2次元バーコードを読み取り個人照合する。十数秒で確認は終わり、ゲートの通過が許可される。帰省先などから最近市内に戻った同市の居住者と就業者は、各区のオンライン行政窓口などを通じて個人情報や健康情報を登録することができる。登録が済めば、居住区や勤務先のゲートをバーコードスキャンと体温測定のみで通過できる。この方式であれば、ゲートでの出入場証発行手続きなどが省略でき、多くの人が手続きに列を作ることもないので、感染リスクを軽減できるという。(記者/呉帥帥)<映像内容>新型肺炎予防に2次元バーコード活用、体温測定、アプリで個人照合する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.02
    2020年02月13日
    「新華社」豊富な「隔離食」が示す地域コミュニティーの輪浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市雲栖(うんせい)村では、村民の何(か)さん一家が時間通りに食事を始めた。一家3人は1日に地方から帰郷してすぐ、自宅観察を開始。外出はできないが、一家の食事は毎回バラエティーに富んでいる。何さんらは毎日、チャットアプリ「微信(WeChat)」の朋友圈(モーメンツ)で、自作の「隔離食」を公開している。自宅待機中にもかかわらず、テーブルいっぱいに並んだ料理はどこから来るのだろうか。実はその背後には、絶えず奔走する網格員(巡視管理員)の存在がある。おおまかな統計によると、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、同省では33万人の網格員が予防・抑制の最前線で戦っており、体温測定や情報登録、速達の受け取り代行や食料の買い出し代行などを行っている。網格員は、予防・抑制管理員であると同時に身近な奉仕者でもあり、正確かつ厳密に感染の予防・抑制に努めるともに生活が不便にならないよう心を込めて取り組んでいる。(記者/呉帥帥)<映像内容>新型肺炎対策のため自宅待機している村民の料理、買い出しをする巡視管理員の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.63
    2020年02月13日
    「新華社」新型肺炎対策で消毒通路を設置河北省邢台市

    中国河北省邢台(けいだい)市寧晋(ねいしん)県の雍和楽居社区(コミュニティー)でこのほど、入り口に設置された長さ約4メートルの「消毒通路」の運用が始まった。徒歩や電動バイクで社区を出入りする住民全員が自動的に消毒される。住民らは検温の後、通路内でミスト噴霧による消毒を受け、安全に帰宅することができる。消毒通路はフレームやビニールシート、噴霧機、塩素系消毒液を組み合わせて作られた。専用の噴霧機で半密閉型の通路内に調合済みの薬剤を噴霧することができるという。(記者/李継偉)<映像内容>新型肺炎対策の消毒通路を通行する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:32.16
    2020年02月13日
    「新華社」イラン人ビジネスマン、感染予防・抑制ボランティアに参加浙江省義烏市

    中国浙江省義烏市にある鶏鳴山社区(コミュニティー)には74の国と地域から来た1388人のビジネスマンが生活しており、義烏の「国連社区」とも呼ばれている。毎年、この地にとどまって中国の春節(旧正月)を過ごす海外の友人も多く、同社区では十数人の外国人ボランティアが新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動のチームに加わっている。イラン出身のハミさんは義烏で長年にわたり商売をし、中国人の奥さんと暮らしている。突然の新型肺炎の感染拡大に直面し、進んでボランティアとして感染予防・抑制活動に参加したハミさんは、主に午後4時から午前0時まで社区のゲートに立ち、出入りする人の確認や体温チェックなどに当たっている。(記者/殷暁聖)<映像内容>外国人ボランティアの新型肺炎感染予防活動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.68
    2020年02月13日
    「新華社」新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市

    今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(記者/彭昭之)<映像内容>新型肺炎対策で働く人にラーメン店の店主が差し入れをする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.33
    2020年02月13日
    「新華社」新型肺炎予防に強力な助っ人蘇州大が消毒ロボット開発

    中国江蘇省の蘇州大学ロボット・マイクロシステム研究センターの研究員が、遠隔操作で街中の消毒を行うハイテク製品「スマート高効率衛生消毒ロボット」を開発した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止を支援する。ロボットは路上の段差などを気にせず走行できる高い機動性を持つ。マイクロコンピュータで制御し、無線の遠隔操作により本体に搭載された噴霧器で目標に対し消毒スプレーを噴霧する。噴霧システムには圧力流と風力による二次霧化方式と特殊なエアダクト設計を採用。水平方向では30メートル先まで噴射できる。時速7キロで走行し、連続走行可能距離は30キロ。1時間で4万平方メートル以上を消毒できる。都市の街路や社区(コミュニティ、居住区)、集中防疫検問所、道路ゲート、駅などでの運用が見込まれる。ロボットは現在、蘇州市の一部エリアで消毒作業に投入されており、今後は学校や街道などにも導入されるという。(記者/劉巍巍)<映像内容>新型肺炎対策のため消毒液を散布するロボットの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 01:24.43
    2020年02月10日
    「新華社」小型無人機がマスクなしで出歩く人をパトロール湖南省懐化市

    「お兄さん、マスクをしていませんよ。すぐに帰宅してください!」。中国湖南省懐化市の靖州ミャオ族トン族自治県渠陽鎮では、マスクをしないで出歩く青年を見付けた小型無人機がこう呼び掛けた。地元の小型無人機愛好家が結成した空中パトロール隊で、新型コロナウイルスによる肺炎の流行期間中、こうしたパトロールを続ける。発起人の陳俊名(ちん・しゅんめい)さんがチャットアプリ「微信(WeChat)」の朋友圈(モーメンツ)で誘ったところ、7人が加入を申し出た。市街地にある3カ所の社区(コミュニティー)では1日2回、空中パトロールを2人1組で展開する。1カ所につき2台の無人機を出動させ、うち1台は感染予防に関する知識を繰り返し放送し、もう1台は社区の職員と連携し、マスクを着用しないまま外出する市民に警告を発している。(記者/丁春雨)<映像内容>新型肺炎予防対策にドローンを活用、マスクなしで出歩く人を警告、パトロールする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.35
    2020年02月10日
    「新華社」階段111段を毎日上り下り新型肺炎対策の消毒作業で

    中国湖北省武漢市洪山区の広八路社区(コミュニティー)で10日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を防止するための作業が全面的に行われた。重さ10キロ近い消毒液を背負って集合住宅の消毒作業をしているのは、同市洪山区司法局に勤務する楊端華(よう・たんか)さんだ。楊さんは現場への理解を深める幹部教育の一環として、同社区に着任した。集合住宅は1棟7階建てで、階段は全部で111段。消毒液の重さに耐えながら毎日2回の消毒作業をするのは、56歳の楊さんにとって簡単なことではないが、楊さんはかつて上咽頭がんを患った経験を明かし、消毒液の臭いをあまり感じないから、この仕事は自分に合っていると笑いながら話した。(記者/王斯班、潘志偉)<映像内容>武漢市の消毒作業の様子、撮影日:2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.84
    2020年02月10日
    「新華社」新型肺炎感染予防に、無人消毒車の運用開始江西省上饒市

    中国江西省で初となる、新型コロナウイルスによる肺炎の環境衛生・感染予防消毒ロボット-無人運転消毒車が10日、同省上饒(じょうじょう)市鄱陽県に到着し、新型肺炎の感染予防・抑制活動に加わった。同消毒車は電動車で、連続作業時間は8時間、1・2トンの消毒液を積載可能で満杯にするための所要時間はわずか数分となっている。各社区(コミュニティー)や「城中村(都市化の中で取り残され立ち遅れた住民地区)」を全面的に死角なく消毒でき、作業員の感染リスクを効果的に低減できるという。同消毒車は同日午後、鄱陽県城(県の中心市街地)にある「白天鵝小区(居住区)」で初めて運行し、全面消毒を行った。(記者/余剛)<映像内容>無人運転消毒車の消毒作業の様子、撮影日:2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.96
    2020年02月08日
    「新華社」隔離された人たちへ元宵節の甘いプレゼント湖南省

    中国の伝統的な祭日、元宵節(旧暦1月15日)に当たる8日、中国湖南省懐化市鶴城区の三角坪社区(コミュニティー)針織廠小区(居住区)では職員が2人1組になって、行動が不便なお年寄りや湖北省から帰省し隔離されている人たちへ、元宵節で食べる甘い湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を届けた。社区の職員とボランティアは、新型コロナウイルスによる肺炎の感染の予防・抑制対策により、住民と自身の健康を守るため、互いに接触せず長く滞留しないことを原則に住民へ湯円を届けた。職員は湯円を届けると「楽しい休日を」と声を掛け、急いで次へ向かった。(記者/丁春雨)<映像内容>新型肺炎で隔離されている人に元宵節で食べる湯円を届ける職員の様子、撮影日:2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:14.88
    2020年02月08日
    「新華社」厳戒態勢の武漢、新型肺炎と闘う住民コミュニティーの今

    中国湖北省で新型コロナウイルスによる肺炎対策に当たる中央指導グループは8日、同省武漢市で①ウイルス肺炎と診断された患者②感染が疑われる患者③感染の可能性が排除できない発熱患者④感染者の濃厚接触者を「四類人員」として分類し、集中管理を実施するよう指示。「収容すべき者はすべて収容し、一人も漏らさない」方針を確実に推進し、感染防止に全力で取り組む姿勢を示した。新華社湖北支局では、記者を武漢市内に派遣し、中国都市社会の末端組織を構成する「社区(コミュニティー)」の幹部に話を聞き、「小区」と呼ばれる各居住区を取材した。(記者/董博涵、許楊、潘志偉、李偉、王作葵)<映像内容>住民コミュニティー幹部の話、武漢市の様子など、撮影日:2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2