KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 予定
  • 令和
  • 建設
  • 時速
  • 海域
  • 環境破壊
  • 福州
  • 記者
  • 重さ
  • 集団

「コンクリート作業」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年06月13日
    中国初の40mスパン移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート始める福建省

    13日、湄洲湾大橋の工事現場で移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業を行う大型機械。中国福建省の福州とアモイ(廈門)を結ぶ「福廈高速鉄道」の湄洲(びしゅう)湾大橋の工事現場でこのほど、建設を請け負う中鉄十一局集団による移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業が始まった。40メートルというロングスパンの移動式型架台による箱桁コンクリート現場打設は国内初で、箱桁の重さは従来の32メートルの箱桁に比べ100トン重い約千トンに上る。今回採用した工法により、敷地面積も環境破壊も減らせるだけでなく、橋の下の通行能力も上がる。福廈高速鉄道は同省初の時速350キロの高速鉄道で、中国初の、海域をまたぐ高速鉄道でもあり、2022年に開通の予定。(福建泉港=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003822

  • 2019年06月13日
    中国初の40mスパン移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート始める福建省

    13日、湄洲湾大橋の工事現場で作業する作業員。中国福建省の福州とアモイ(廈門)を結ぶ「福廈高速鉄道」の湄洲(びしゅう)湾大橋の工事現場でこのほど、建設を請け負う中鉄十一局集団による移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業が始まった。40メートルというロングスパンの移動式型架台による箱桁コンクリート現場打設は国内初で、箱桁の重さは従来の32メートルの箱桁に比べ100トン重い約千トンに上る。今回採用した工法により、敷地面積も環境破壊も減らせるだけでなく、橋の下の通行能力も上がる。福廈高速鉄道は同省初の時速350キロの高速鉄道で、中国初の、海域をまたぐ高速鉄道でもあり、2022年に開通の予定。(福建泉港=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003894

  • 2019年06月13日
    中国初の40mスパン移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート始める福建省

    13日、湄洲湾大橋の工事現場で移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業を行う大型機械。(小型無人機から)中国福建省の福州とアモイ(廈門)を結ぶ「福廈高速鉄道」の湄洲(びしゅう)湾大橋の工事現場でこのほど、建設を請け負う中鉄十一局集団による移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業が始まった。40メートルというロングスパンの移動式型架台による箱桁コンクリート現場打設は国内初で、箱桁の重さは従来の32メートルの箱桁に比べ100トン重い約千トンに上る。今回採用した工法により、敷地面積も環境破壊も減らせるだけでなく、橋の下の通行能力も上がる。福廈高速鉄道は同省初の時速350キロの高速鉄道で、中国初の、海域をまたぐ高速鉄道でもあり、2022年に開通の予定。(福建泉港=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003998

  • 2019年06月13日
    中国初の40mスパン移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート始める福建省

    13日、湄洲湾大橋の工事現場で作業する作業員。中国福建省の福州とアモイ(廈門)を結ぶ「福廈高速鉄道」の湄洲(びしゅう)湾大橋の工事現場でこのほど、建設を請け負う中鉄十一局集団による移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業が始まった。40メートルというロングスパンの移動式型架台による箱桁コンクリート現場打設は国内初で、箱桁の重さは従来の32メートルの箱桁に比べ100トン重い約千トンに上る。今回採用した工法により、敷地面積も環境破壊も減らせるだけでなく、橋の下の通行能力も上がる。福廈高速鉄道は同省初の時速350キロの高速鉄道で、中国初の、海域をまたぐ高速鉄道でもあり、2022年に開通の予定。(福建泉港=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003828

  • 2019年06月13日
    中国初の40mスパン移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート始める福建省

    13日、湄洲湾大橋の工事現場で移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業を行う大型機械。(小型無人機から)中国福建省の福州とアモイ(廈門)を結ぶ「福廈高速鉄道」の湄洲(びしゅう)湾大橋の工事現場でこのほど、建設を請け負う中鉄十一局集団による移動式型架台箱桁現場打ちコンクリート作業が始まった。40メートルというロングスパンの移動式型架台による箱桁コンクリート現場打設は国内初で、箱桁の重さは従来の32メートルの箱桁に比べ100トン重い約千トンに上る。今回採用した工法により、敷地面積も環境破壊も減らせるだけでなく、橋の下の通行能力も上がる。福廈高速鉄道は同省初の時速350キロの高速鉄道で、中国初の、海域をまたぐ高速鉄道でもあり、2022年に開通の予定。(福建泉港=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004005

  • 1