KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ミャオ
  • 交通
  • 全長
  • 地域
  • 岩石
  • 平塘
  • 平成
  • 広西チワン族自治区
  • 建設工事
  • 景色

「コンクリート充填鋼管構造」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年09月12日
    大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県

    12日に撮影した建設中の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423132

  • 2018年09月12日
    大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県

    12日に撮影した建設中の大小井特大橋。中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423153

  • 2018年09月12日
    大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県

    12日に撮影した建設中の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423164

  • 2018年09月12日
    大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県

    12日に撮影した建設中の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423211

  • 2018年09月12日
    大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県

    12日に撮影した建設中の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423206

  • 2018年09月12日
    大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県

    12日に撮影した建設中の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423222

  • 1