KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 交響楽団
  • 文化交流
  • 国際交流
  • バイオリン
  • 中国陝西省
  • クラシック
  • ピアニスト
  • 東日本大震災
  • 陝西省西安市
  • インタナシヨナル

「コンサート」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
89
( 1 89 件を表示)
  • 1
89
( 1 89 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 02:50.38
    2021年01月01日
    「AFP」North Korea on NYE: Musical performances, flag-raising and fireworks

    Musical and dance performances were held at Kim Il Sung Square on New Year‘s Eve. After the concert, a flag raising ceremony was conducted, followed by a fireworks display. IMAGES、作成日:2021(令和3)年1月1日、撮影場所:北朝鮮・平壌、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:13.30
    2021年01月01日
    北朝鮮 金日成広場で国旗掲揚式 コロナ封じ込めアピール

    北朝鮮・平壌(ピョンヤン)中心部の金日成(キム・イルソン)広場で1月1日午前0時(日本時間同)から国旗掲揚式が開かれた。花火も打ち上げられ、集まった大勢の市民らがマスク姿で新年を祝った。新型コロナウイルス封じ込め成功を内外にアピールする狙いもありそうだ。同広場ではこれに先立ち12月31日午後11時から「2021年新年慶祝公演」が行われ、国旗掲揚式とあわせ朝鮮中央テレビが実況中継した。大みそか夜のコンサート開催は3年連続。スマートフォンで自撮りする市民の姿もあった。北朝鮮はコロナ流入阻止のため11カ月にわたり国境を封鎖、感染者は一人もいないとしている。<映像内容>①12月31日夜、平壌の万景台学生少年宮殿で行われた子どもや学生による迎春公演。観客らはコロナ対策のためマスクを着け、間隔を置いて着席していた。 ②12月31日午後11時から平壌の金日成広場で行われた「2021年新年慶祝公演」慶祝公演。 ③「2021年新年慶祝公演」に続き、1月1日午前0時から平壌の金日成広場で行われた国旗掲揚式。、撮影日:2021(令和3)年1月1日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月1日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:32.55
    2020年12月06日
    戦没学生の作品披露 東京芸大でコンサート

    太平洋戦争で亡くなった旧東京音楽学校の生徒や卒業生らが残した作品を演奏するコンサートが、東京・上野の東京芸術大で開かれた。<映像内容>東京芸術大で開かれたコンサート「戦争の時代の芸術~戦争の記憶を語り継ぐ」の様子、撮影日:2020(令和2)年12月6日、撮影場所:東京都台東区

    撮影: 2020(令和2)年12月6日

  • 00:40.92
    2020年11月14日
    「新華社」西安国際音楽祭が開幕、李白など唐詩の吟唱も陝西省

    中国陝西省西安市の西安コンサートホールで14日夜、第19回西安国際音楽祭が開かれ、西安交響楽団のオリジナル作品「長・安‐唐詩交響吟唱音楽会」の初演が開幕式を飾った。作品は七つの楽章から成り、李白(り・はく)の「将進酒」や王維(おう・い)の「桃源行」、白居易(はく・きょい)の「長恨歌」など唐代を代表する詩人の詩12首が、交響楽や混声合唱、詩に節をつけて歌う吟唱などの形式で上演された。同音楽祭は今月から来年1月まで開かれる予定で、アーティスト400人余りが参加し、さまざまな演目を約30公演予定している。(記者/藺娟)<映像内容>西安国際音楽祭、西安交響楽団の「長・安‐唐詩交響吟唱音楽会」の初演、撮影日:2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.46
    2020年09月22日
    「新華社」豊作を祝う「2020年中国農民豊収節」開催山西省運城市

    中国黄河流域に位置し中国農耕文明発祥地の一つとされる山西省運城市万栄県で秋分の日の22日、「2020年中国農民豊収節」が開幕した。豊作を祝い、文化の高揚、村を活性化することを目的に、村民交歓会や農産品展示即売、コンサートなどの催しが行われる。イベントは26日まで。(記者/趙陽、徐偉、馬志異、宋育沢)<映像内容>2020年中国農民豊収節の様子、撮影日:2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:42.50
    2020年09月15日
    「新華社」オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」、ラストステージ行われる

    中国の西安交響楽団によるオンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」のラストステージがこのほど、陝西省の終南山の麓にある楼観台で開催された。西安市周至県の境界内に位置する楼観台は、終南山の有名な観光名所。1カ月余りにわたって行われた同コンサートは、ネットライブ配信の形式で牛背梁国家森林公園、ジャイアントパンダ国家公園陜西省秦嶺区、翠華山国家地質公園などの地を相次いで開催、生き生きとしたオーディオビジュアルの盛宴を視聴者に届けた。(記者/藺娟)<映像内容>西安交響楽団によるオンラインコンサート、陝西省の終南山の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:27.94
    2020年09月13日
    Germany: socially distanced rooftop symphonic concert

    The musicians of the Dresden Symphonic Orchestra stage a concert on the roofs of several high-rise buildings in Dresden-Prohlis, Germany, using sixteen alphorns, nine trumpets, four tubas and four Chinese drums. People could enjoy the music from their windows or from the streets, as most of the cultural events are cancelled due to the COVID-19 pandemic in the country. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年9月13日、撮影場所:ドイツ東部ドレスデン、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:44.98
    2020年08月25日
    「新華社」大自然と一体化、西安交響楽団が野外コンサート陝西省安康市

    中国陝西省の西安交響楽団によるシリーズ企画、「中国の源・秦嶺の声」オンラインコンサートの第4回公演がこのほど、同省安康市の瀛湖(えいこ)エコツーリズムエリアで開催された。演奏家の奏でる旋律が、絵画のような大自然に溶け込み、視聴者は秦嶺山脈の格別な美しさに酔いしれた。コンサートでは、戯曲「ペール・ギュント」第1組曲やオペラ「カルメン」、バレエ「白鳥の湖」組曲、ヨハン・シュトラウス2世の「美しく青きドナウ」、中国民謡「茉莉花」の改作など、人気の曲目が演奏された。(記者/藺娟)<映像内容>西安交響楽団のオンラインコンサートの様子、秦嶺山脈の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.51
    2020年08月21日
    「新華社」浙江省の病院でミニコンサート医療従事者へ感謝込め

    中国浙江省杭州市の浙江大学医学院付属第一医院でこのほど、医療従事者らに感謝の気持ちを伝えるミニコンサートが開かれた。弦楽合奏やアカペラ、バイオリン演奏が披露され、医療従事者や患者らが心安らぐ調べに耳を傾けた。(記者/黄篠、崔力)<映像内容>医療従事者らに感謝の気持ちを伝えるミニコンサート開催の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.43
    2020年08月06日
    「新華社」西安交響楽団、ジャイアントパンダ国家公園で演奏陝西省

    中国陝西省漢中市仏坪県でこのほど、西安交響楽団による2回目の「秦嶺の声」オンラインコンサートが開催された。同県はジャイアントパンダ国家公園陝西秦嶺区に位置しており、野生のパンダ約130頭が生息している。今回の音楽会ではモーツァルトの「フルート四重奏曲第1番ニ長調」、ヨハン・シュトラウス2世の「ピチカートポルカ」、久石譲の「となりのトトロ組曲」、王洛賓(おう・らくひん)の「掀起你的蓋頭来」(ベールを上げて)など中国内外の楽曲を演奏した。2015年に行われた第4次全国ジャイアントパンダ調査の結果、陝西省秦嶺地区には約345頭のパンダが生息しており、分布密度は100平方キロメートル当たり平均10頭と全国最高であるという。(記者/藺娟)<映像内容>「秦嶺の声」オンラインコンサートの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.98
    2020年07月21日
    「新華社」秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(記者/藺娟)<映像内容>秦嶺山脈の奥地で開催された野外コンサートの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.83
    2020年05月14日
    「新華社」西安博物院と西安交響楽団がコラボ、コンサートをライブ配信

    中国陝西省にある西安博物院でこのほど、西安交響楽団によるオンラインコンサート「雲上国宝音楽会」が開かれ、多くの音楽ファンや文化財愛好家が、東洋と西洋のクラシック音楽に耳を傾け、千年の時を超える国宝の魅力を楽しんだ。音楽家たちは西安鼓楽(太鼓を打ち奏でる音楽)の「満庭芳」や古くから伝わる曲を編曲した「漁舟唱晩」、ビバルディの「四季」など、国内外の名曲をライブ演奏した。輝かしい歴史的文化財を一堂に集めた西安博物院は、漢代の古酒を残した鎏金鳳鳥銅鍾や東洋と西洋の文化が融合した三彩騰空馬、美しい金背瑞獣葡萄鏡、さまざまな表情としぐさを見せる唐代仕女俑など、13万点の貴重な文化財を所蔵する。間もなく迎える国際博物館の日(5月18日)を前に、歴史文化の名所で開催された音楽と文化財との「対話」を、多くの観客がライブ配信で楽しんだ。(記者/藺娟)<映像内容>オンラインコンサート「雲上国宝音楽会」の様子、西安博物院の内観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:50.84
    2020年05月02日
    「新華社」石碑と音楽の融合西安交響楽団、碑林でクラウド音楽会

    中国陝西省西安市の西安碑林博物館で2日、西安交響楽団による「雲上国宝」音楽会が開かれた。演奏は館内の「昭陵六駿石刻」の前で行われ、穏やかで美しい音楽と碑林の重厚な歴史文化の融合を多くの人がライブ動画で楽しんだ。「世界最古の石刻書庫」と称される同館は、中国歴代の石碑や墓誌、石刻の収蔵や研究、陳列を行う。「石台孝経」「大秦景教流行中国碑」など19組134点の国宝級文化財を収蔵するほか、顔真卿(がん・しんけい)や欧陽詢(おうよう・じゅん)、王義之(おう・ぎし)ら書の大家の作品を収集、中国書道の最盛期の輝きをとどめている。同楽団の「雲上国宝」音楽会はシリーズで開催されており、今後も西安博物院、西安城壁など歴史文化の名所での開催が予定されている。音楽ファンや文化財愛好家は、動画を通じ独創性豊かな芸術の世界を体験することができる。(記者/藺娟)<映像内容>西安碑林博物館で開催された音楽会、撮影日:2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:41.50
    2020年04月25日
    「新華社」兵馬俑と共に楽しむ古典音楽陝西省西安市

    中国陝西省西安市に拠点を置く西安交響楽団が25日夕方、秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会「雲上国宝」をライブ配信した。チャイコフスキーやハイドンといった西洋の古典音楽から、中国の有名な楽曲「十面埋伏」「梁山伯と祝英台」まで、優雅な音楽と2千年以上の歴史を有する秦代の軍陣がユニークなコラボレーションを繰り広げた。「雲上国宝」は同交響楽団が東西の古典音楽と文化財や国宝を組み合わせた新たな試みで、陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館など歴史と文化の名勝地を会場に、オンライン配信の形で、音楽と文化財愛好家に芸術の魅力を伝えている。1974年に発見された兵馬俑坑は秦始皇帝陵の副葬坑で、これまでに3カ所の兵馬俑坑が見つかっており、敷地面積は2万平方メートル以上に達する。敷地内には、実際の人や馬とほぼ同じ大きさの陶俑と陶馬が約8千体並んでいる。(記者/藺娟)<映像内容>秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会をライブ配信、撮影日:2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:19.52
    2020年04月22日
    「新華社」博物館でオンライン演奏会、音楽と国宝が「対話」

    中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の「大唐遺宝-何家村窖蔵(穴蔵)出土文物展」展示ホールでこのほど、西安交響楽団による第1回目のオンライン演奏会「雲上国宝」が開催され、クラシック音楽と国宝が視聴者を魅了した。同演奏会では音楽とともに「鑲金獣首瑪瑙杯」「葡萄花鳥文銀香囊」など貴重な文化財が映し出された。何家村窖蔵は隋唐時代の考古学研究において20世紀で最も重要な発見の一つで、金銀器、宝玉装飾品、貴重な薬材、中国内外の貨幣など千点以上が出土した。同展では300件(組)以上を展示している。(記者/藺娟)<映像内容>オンライン演奏会の様子、文化財の展示、演奏の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:54.06
    2020年04月12日
    Coronavirus: A lyrical singer holds Easter Sunday concert for her neighbours

    A lyrical singer, who says she had contracted the novel coronavirus and survived, holds an on Easter Sunday concert for her neighbours in the inner courtyard of their building in Paris‘s 10th arrondissement to thank them for their support. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年4月12日、撮影場所:フランス・パリ、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 05:44.46
    2020年04月03日
    「AFP」Japan telework orchestra strikes a chord in coronavirus gloom

    The members of the New Japan Philharmonic Orchestra prepare for their latest recital, but this is no ordinary performance. In a lyrical twist on the telework trend forced on the world by the coronavirus pandemic, they appear in tiny blocks on screen, recording their parts separately before technology brings them together in joyous harmony. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年4月3日、撮影場所:東京、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:20.58
    2020年03月30日
    Coronavirus: In Paris, amateur saxophonist plays nightly courtyard concert in support of medical staff

    Every night since the start of the lockdown in France, an amateur saxophonist based in Paris surburbs plays songs in front of his neighbours, in support of health workers battling coronavirus. IMAGES、作成日:2020(令和2)年3月30日、撮影場所:フランス・サントゥアン、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:20.47
    2020年02月02日
    有明アリーナお披露目 五輪バレーボール会場

    東京五輪のバレーボール、パラリンピックの車いすバスケットボールの会場として東京都が新設した「有明アリーナ」(江東区)の完成披露式典が2日、開かれた。整備費は約370億円。大会後は、カフェやレストランを備え、主にコンサートやイベントなどで活用する。地上5階で、和のイメージを意識し天井やコンコースの壁などに約800立方メートルの国産木材を使用している。大会時の座席数は仮設を含め約1万5千席ある。<映像内容>会場外観、式典雑観、小池百合子・東京都知事あいさつ、フォトセッション、バレーボールと車椅子バスケットのデモンストレーション、バレーボール日本代表の中垣内祐一(なかがいち・ゆういち)男子監督と中田久美(なかだ・くみ)女子監督と荒木絵里香(あらき・えりか)選手の囲み、アイドルグループAKB48のメンバーらによるミニライブなど、撮影日:2020(令和2)年2月2日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2020(令和2)年2月2日

  • 01:01.74
    2020年01月22日
    「新華社」武漢市、公共の場でのマスク着用を義務化新型肺炎対策を強化

    中国湖北省武漢市政府は22日夜、公共の場所でのマスク着用による感染予防措置の実施を発表した。国の機関や企業の職員は勤務中のマスク着用が求められる。同措置によると、市内各所の公共施設の経営者は、施設入場者にマスクを着用させなければならず、入り口の目立つ場所へ注意喚起を設置し、非着用者の入場を拒否することも義務付けられた。これらの公共施設には、ホテルやレストラン、カフェ、バー、茶館、浴場、理髪店・美容室、映画館、コンサートホール、競技場・体育館、プール、公園、展覧館、博物館、美術館、図書館、商店・デパート、書店、駅・空港・港の待合室など人の集まる場所が含まれる。同市は今回の措置の責任部署と最終責任者についても明確にした。措置はまた、要求に応じない者は、各関係主管部門が職責と法に基づき処罰するとしている。(記者/馮国棟、廖君)<映像内容>新型肺炎予防にマスク着用で歩く市民ら、武漢市の様子、撮影日:2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.02
    2020年01月06日
    「新華社」洞窟の中で新年迎えるコンサート浙江省台州市

    中国浙江省台州市の長嶼硐天風景区でこのほど、洞窟の中に建てられたコンサートホールで新年を迎えるコンサートが開かれた。このコンサートホールは高さ約60メートルで、総面積は2千平方メートル、千人近い観光客を収容できる。(記者/張璇、王俊禄)<映像内容>洞窟の中のコンサートホール、新年を迎えるコンサートの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:10.93
    2020年01月01日
    平壌で新年カウントダウン 公演開催、氷の彫刻展も

    北朝鮮の首都・平壌では、中心部の金日成広場で大みそかから1日にかけて新年を祝う年越しコンサートが開かれた。1日午前0時が近づくと、集まった市民はカウントダウンを開始。新年を告げる鐘の音が響くと、歓声が湧き起こった。同広場では氷の彫刻展も開かれた。コンサートには、2018年2月に韓国で開かれた平昌冬季五輪に合わせて韓国で公演を行った「三池淵管弦楽団」や、女性音楽グループ「牡丹峰電子楽団」などが出演。花火も打ち上げられるなど華やかなムードに包まれた。<映像内容>北朝鮮の平壌の新年を祝う年越しコンサートと氷の彫刻展の様子、撮影日:2020(令和2)年1月1日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年1月1日

  • 01:31.62
    2019年11月21日
    世界水準の水泳場お目見え 五輪新設会場、建設進む

    東京都は21日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて建設中の2施設を公開した。水泳会場の「東京アクアティクスセンター」(江東区)は工事が全体の9割まで終了。距離や深さを調節するためプールの壁や床が可動し、世界最高水準の仕様を備えた大規模な競技場が来年2月に完成する見込みだ。 センターは地上4階、地下1階で大会時の客席は約1万5千席。メインプールとサブプールはいずれも50メートルのコースを10レーン確保でき、飛び込み用のプールも設けた。整備費は都の新設会場6カ所のうち最大となる約567億円。 併せて公開されたバレーボール会場の「有明アリーナ」(江東区)は工事進捗率が98%に到達し、細部の内装などを施して12月に完成予定。地上5階で整備費は約370億円。大会後は主にコンサートやイベントで利用し、年間収支は約3・8億円の黒字を見込む。<映像内容>①アクアティクスセンター外観、施設内部(プールなど)雑観②有明アリーナ外観、施設内部雑観、撮影日:2019(令和元)年11月21日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2019(令和元)年11月21日

  • 01:21.13
    2019年11月20日
    「新華社」遠隔地の古楽器と時空を超えて協奏5G技術で実現

    映像や音声の低遅延性が売りの一つである第5世代(5G)移動通信システムの技術を利用した伝統古楽器の演奏会がこのほど、中国湖北省と山東省の博物館で同時に上演され、観客は両地のアーティストの協演を堪能した。湖北省博物館所蔵の戦国時代前期の打楽器「曽侯乙編鐘」と、山東博物館所蔵の唐代の古琴「天風海濤」がセッションし、編鐘が奏でるいにしえの音と抑揚ある琴の調べが時空を超えて協奏した。(記者/潘志偉)<映像内容>5Gを活用した伝統古楽器の演奏会、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.02
    2019年11月20日
    令和初の年末ジャンボ発売 1等と前後賞で10億円

    令和初の年末ジャンボ宝くじが20日、全国で一斉に発売された。賞金は1等・前後賞を合わせて10億円。12月21日まで購入できる。抽せんは大みそかに東京・新宿の東京オペラシティコンサートホールで。年末ジャンボミニも同時発売。<映像内容>販売や購入客の模様、撮影日:2019(令和元)年11月20日、撮影場所:東京都中央区銀座4の西銀座チャンスセンター前

    撮影: 2019(令和元)年11月20日

  • 02:38.73
    2019年11月15日
    「新華社」中国第1回器楽創意演奏コンクール、トップ10決定

    「器楽中国・営口有礼-全国第1回器楽創意演奏コンクール」の閉幕式と表彰式が15日夜、中国遼寧省営口市の営口文化芸術センターで開催された。のべ100万人以上の参加者が、半年以上に及ぶオンラインや実際の予選を経て、器楽創意人材の全国トップ10が誕生した。コンクールは6月にスタートし、遼寧省・江蘇省・湖北省などの6省で巡回演奏会を実施、5~70歳まで1600名以上が演奏した。今回、「器楽演奏人材」、「器楽創意人材」、「器楽国民的スター」の3部門を設けた。「器楽創意人材」のトップ10は、第5回「音楽創意人材支援プロジェクト」の決勝戦に出場、国家レベルの支援を受けられる。「器楽演奏人材」と「器楽国民的スター」の入賞者は、賞金や巡回演奏会への参加、海外留学などの賞品や支援を受けられる。(記者/姜兆臣)<映像内容>中国第1回器楽創意演奏コンクールの様子、撮影日:2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:24.57
    2019年10月19日
    「新華社」2024丁の二胡が合奏ギネス記録を更新河北省饒陽県

    中国河北省衡水(こうすい)市饒陽(じょうよう)県で19日、世界最大規模の二胡演奏会が開かれた。ギネス世界記録の公式認定員と数千人の観衆が見守る中、2024丁の二胡の音色が一斉に響き渡り、記録更新に成功した。今回の演奏会には6~80歳の幅広い年齢層が参加。うち8割近くを小学1年生~中学1年生の児童と生徒が占めた。(記者/張碩)<映像内容>2024丁の二胡の演奏、撮影日:2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.85
    2019年09月18日
    「新華社」北京・ベルリン友好都市提携25周年記念イベント、ベルリンで開催

    北京・ベルリン友好都市提携25周年記念イベントがこのほど、ベルリン中国文化センターで開催された。中国やドイツから200人余りが参加した。記念イベントは主に、中国民族楽器による伝統音楽の演奏、無形文化遺産の体験、「北京の魅力」写真展で構成された。音楽会では北京民族楽団が「北京一夜」「歓沁」などの伝統と革新を融合した楽曲を披露し、北京の古都の魅力と現代の活気を表現した。また楽団がドイツの作曲家ベートーベンの交響曲第九番第4楽章「歓喜の歌」を即興で演奏すると、会場は大いに盛り上がった。音楽会の後、来賓らは北京の伝統的な泥人形「兎児爺」や切り紙細工、筆の老舗「戴月軒」の湖筆(浙江省湖州産の筆)製作など、無形文化遺産の展示を鑑賞した。また書道家が「中徳友誼(中国とドイツの友情)」「大美柏林(美しきベルリン)」などを揮毫した。大勢のドイツ人も、筆を持って一画一画漢字を書く体験をした。現代の北京の景観を撮影した作品展示の前でも、多くの来場者が足を止めて鑑賞した。(記者/田穎、連振)<映像内容>北京・ベルリン友好都市提携25周年記念イベント、中国民族楽器による演奏の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:45.15
    2019年08月04日
    「新華社」世界最大の縦型グランドピアノ、ラトビアの港湾都市にお目見え

    ラトビア西部の都市ベンツピルスに新たに完成した「ラトビア・コンサートホール」で4日、ウクライナ系ドイツ人作曲家兼ピアニストのルボミール・メルニク氏がコンサートを開催。演奏には同ホールに設置された世界最大の縦型グランドピアノが始めて使用された。「470i」と名付けられたピアノの高さは4・7メートル。ラトビア籍のダーフィト・クラビンス氏が製作した。ピアノの背丈が高いため、メルニク氏は空中に据えられた演奏台まで特別な階段を上がる必要がある。クラビンス氏が一番満足しているのは「このピアノがホールの一部として設計された初めてのピアノであり、音楽ホールの隅に押し込まれたものではない」ことだという。(記者/郭群、李徳萍)<映像内容>世界最大の縦型グランドピアノを演奏する様子、撮影日:2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.23
    2019年06月16日
    「新華社」音楽教育とAIが出会う天津市でユニークなコンサート開催

    中国天津市の天津大劇院で16日夜、星空電子交響楽団スマート・オリジナル作品音楽会が開催され、人工知能(AI)音楽教育の成果が披露された。来場者は会場で独特な視聴覚効果を体験し、AIテクノロジーによる音楽教育の最新成果を目の当たりにした。学生の谷田根(こく・でんこん)さんと李宏基(り・こうき)さんが、AI音楽デバイスを使って楽器編成や編曲を行った「191s」や「Cyber-elf」などの曲は、来場者に深い印象を残した。スマートロボット「津津」もゲストとして参加し、「譲我們蕩起双槳(舟を漕ぐ歌)」を指揮した。このAI音楽教育成果展は、天津市教育委員会の2019年度生涯教育研究計画重点テーマであり、天津音楽学院星空電子交響楽団によるイノベーション起業実践プロジェクトでもある。星空電子交響楽団はAI音楽教育構想や教育手法、テクノロジーを導入して音楽教育を再構築し、音楽教育に新たなアイデアをもたらした。利用者はスマート音楽教育システムを使って自主的に、個人向けにカスマイズされた学習を行うことができ、従来型教育からスマート教育への飛躍を実現している。(記者/許健)<映像内容>AI音楽教育成果展の様子、ロボットの指揮など、撮影日:2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:02.85
    2019年06月14日
    JOCスポーツ賞表彰式 小林陵侑ら

    日本オリンピック委員会(JOC)の2018年度JOCスポーツ賞の表彰式が14日、東京都内で行われ、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で日本勢初の個人総合優勝を果たし、特別栄誉賞に輝いた小林陵侑(こばやし・りょうゆう)(土屋ホーム)らにトロフィーが贈られた。〈映像内容〉東京都内で行われたJOCの2018年度JOCスポーツ賞の表彰式(小林陵侑、大坂なおみ、紀平梨花、喜友名諒ら)、表彰式と一緒に行われたコンサートの雑観など、撮影日:2019(令和元)年6月14日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年6月14日

  • 00:30.62
    2019年05月16日
    「新華社」四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。古琴は中国の伝統的な撥弦楽器(はつげんがっき)で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。湖北省にある戦国時代初期の諸侯の墓、曾侯乙墓(そうこういつぼ)から出土した十弦琴は、これまで中国で発見された最古の琴で、今から2500年以上前のものとされる。古琴の流派の一つである「蜀山派」を代表する人物には、司馬相如(しば・しょうじょ、前漢時代の文章家)や諸葛亮がおり、「流水」はその代表作とされている。同日夜に開かれた古琴演奏会では、古琴演奏家である中国琴会の曾成偉(そう・せいい)副会長が、観客にこの「流水」の演奏を披露した。5月18日の国際博物館の日には、四川博物院で唐代から清代にかけて作られた19の古琴が一般公開された。そのうち同院の宝と称される唐代の古琴「石澗敲氷(せっかんこうひょう)」が多くを占めていた。同展の開催期間中、同院では念入りに選んだ古琴に関する漢代の画像塼(がぞうせん、模様や図象を線刻、浮き彫りまたは型押ししたれんが)の複製品を使った「画像塼の拓本体験」イベントを実施する。(記者/童芳)<映像内容>古琴の演奏、撮影日:2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.71
    2019年05月10日
    編み物通じた支援団体解散 盛岡の「ハートニットプロジェクト」

    東日本大震災の被災者にニットの編み方を教える支援に取り組んできた盛岡市の団体「ハートニットプロジェクト」が10日、解散した。震災直後の2011年3月から活動を始め8年が経過。編み手の技術が向上し、海外ブランドからも注文が来るようになったといい、十分自立できると判断した。同市で開かれた解散式では、活動をまとめたスライドショーを上映。震災の津波で岩手県大槌町にあった自宅が流失した佐藤まり子さん(56)は「映像を見て、これまでの活動を思い出してぐっときた。今日から新たなスタートなので、また皆さんと頑張りたい」と感慨深げだった。その後、参加者たちはヴァイオリニストの古澤巌さんのコンサートを楽しんだ。会場は一般客と合わせ、ほぼ満席だった。〈映像内容〉解散式の様子、雑観、スライドショー、撮影日:2019(令和元)年5月10日、撮影場所:岩手県盛岡市

    撮影: 2019(令和元)年5月10日

  • 02:39.36
    2019年05月05日
    「新華社」歴史ある大運河のほとりで国際ピアノ芸術祭が開幕

    京杭大運河の南端に位置する中国浙江省杭州市で5日、「2019中国大運河国際ピアノ芸術祭」が開幕した。郎朗(ラン・ラン)氏ら多くの国際的ピアニストが、運河のほとりで視覚と聴覚の饗宴を繰り広げる。郎氏は、同芸術祭を通じて国内外の先進的な芸術教育や文化、理念を取り入れ、熱心な音楽愛好家たちに展示や学習、交流のためのハイレベルな環境を提供したいと語った。芸術祭では5~11日の会期中、郎朗杯ピアノコンクールや著名ピアニストによる講座などの主要イベントのほか、青年教師ピアノ音楽会や弾き語りコンサートなど一連の文化活動が行われる。(記者/段菁菁、李濤)<映像内容>「2019中国大運河国際ピアノ芸術祭」の様子、撮影日:2019(令和元)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.83
    2019年04月28日
    「新華社」「簫笛のふるさと」貴州省玉屏の伝統的な笛の展覧会始まる上海

    中国上海市の上海音楽学院芸術成果展示ホールで4月28日、貴州省玉屏(ぎょくへい)トン族自治県の簫笛(しょうてき)を展示する展覧会が開幕した。中国の「音楽家のゆりかご」と称される上海音楽学院と「中国の簫笛のふるさと」と呼ばれる同県が、今回の中国無形文化遺産の展覧会で「巡り合った」。開会式では、玉屏から来た簫笛楽団が祝いの曲「歓慶」を演奏し、抑揚のある軽快で美しい笛の音色で会場をお祝いムードに包んだ。今回の展覧会では、清朝、中華民国時代と新中国成立以降の約30本の簫笛が展示され、玉屏の簫笛文化の起源、各時期の工芸特色、現在の発展状況などを紹介している。同展は5月31日までの会期中、複数の専門講座や特別演奏会を行う。主催者は、今回の展示を通じて多くの人に玉屏の簫笛を知り、玉屏簫笛文化の発展に注目してもらい、共に国家級無形文化遺産の伝承と保護を行っていきたいと語った。(記者/有之炘、孫青)<映像内容>簫笛の展示、演奏の様子、撮影日:2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:59.32
    2019年04月13日
    「新華社」第9回北京国際映画祭開幕レッドカーペットイベントに栗原小巻さんも

    第9回北京国際映画祭が13日、北京懐柔国家中影デジタル製作基地で開幕した。国内外の映画関係者数百人が一堂に会し、北京国際映画祭の知られざる魅力を堪能した。13日夜のオープニング・レッドカーペットイベントには、ソフィー・マルソー、栗原小巻、李雪健(り・せつけん)、田華(でん・か)、陳可辛(ピーター・チャン)、劉嘉玲(カリーナ・ラウ)氏ら国内外のスターが姿を見せ、映画ファンと交流した。今年の映画祭では、コンペティション部門「天壇賞」の表彰や映画カーニバルなどの主要イベントが相次ぎ開催されるほか、特別企画「インド映画ウィーク」や映画音楽コンサートなど300余りの関連イベントが行われる。(記者/孫蕾、王普、馬暁冬、田晨旭)<映像内容>第9回北京国際映画祭開幕の様子、撮影日:2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.47
    2019年04月13日
    「新華社」中国系若手音楽家がベルリン·フィルホールに登場

    ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団は13日夜、ベルリン・フィルハーモニーホールで「明日のスター」コンサートを開き、18歳の中国系ドイツ人のサイモン・ジュー(朱煕萌)さんが見事なパガニーニのバイオリン協奏曲を披露した。同コンサートは音楽界の次世代を担う新人のための演奏会で、今年度はジューさんを含む3人の若手音楽家がソリストとして参加した。パガニーニのバイオリン協奏曲第2番「ラ・カンパネラ」を協演し、ジューさんはカデンツァ(独奏部分)も含め、高い技巧を披露した。来場者からの熱烈な拍手に応え、アンコールでは別のパガニーニの曲を演奏した。パガニーニの曲は高難度で知られているが、ジューさんは見事な演奏を披露できたのはハードな練習の成果だと振り返り「高難度の曲は練習を積まなければなりません。今日のために5、6カ月練習しました。このような大きなコンサートでソリストを務めたのは2回目で大変興奮しています」と語った。コンサート終了後、指揮を務めたクリストフ・コンツ氏は「非常に難しい曲だが彼は非常に優雅に弾きこなした」とジューさんをたたえた。同楽団関連会社のボグダン・シコラ最高経営責任者(CEO)は新華社の取材に応じ「ジューさんの年齢であのようなテクニックを持つバイオリニストを初めて見た。今日のコンサートでジューさんはバイオリンのさまざまな美しい音色を完全に表現した」と評価した。シコラ氏によると、今年で10年目となる「明日のスター」コンサートは若手音楽家が腕前を披露する場であると同時に、クラシック音楽愛好家が高い技巧を持つ若手音楽家の演奏を楽しむ場でもある。ドイツ生まれのジューさんは6歳でバイオリンを始め、数々の権威あるコンクールで優勝している。(記者/厳峰、田穎、連振、李萌)<映像内容>ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の演奏の様子、撮影日:2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.46
    2019年03月27日
    「新華社」2019中国タクラマカン(国際)ラリーが5月に開幕

    2019中国タクラマカン(国際)ラリー及び中国クロスカントリーラリー(CCR)新疆ラウンドの記者会見が行われ、今年のタクラマカンラリーは5月20日から6月3日まで15日間の日程になることが発表された。今回のラリーは総距離5千キロ、全9ステージの行程となる予定。このうちスペシャルステージが2千キロ以上で、砂漠を走る割合が50パーセントを超えているほか、同ラリー史上で初めて標高3100メートルの高所ステージが設けられる。ラリーは新疆ウイグル自治区アクス市で開幕戦のスタートを切り、アクス地区、クズルス・キルギス自治州、カシュガル地区を経て最後にホータン地区のホータン市で終幕となる。行程はヤルダン地形(風食地形)やタクラマカン砂漠の奥地、ゴビ砂漠から崑崙山脈の雪山など、多様な地形を網羅しており、選手らにとって全行程が未知の挑戦となるだろう。同時に、今回同ラリーは規格を引き上げ、より世界トップクラスのレベルに近づいた。また世界中を対象に参加者を募集しており、中国国内の有名チームや選手のほか、世界トップクラスのチームと選手も多数参加する。さらに今年のタクラマカンラリーでは、通常イベント以外に「大キャンプカーニバル」のコンセプトを取り入れ、アクス、ホータンの2カ所でコンサートやグルメフェスティバルなどのイベントを開催する。(記者/張嘯誠)<映像内容>2019中国タクラマカンラリーが5月に開幕決定、風景やレースの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.98
    2019年03月05日
    「新華社」セーヌ河畔に古琴の魅力を披露

    フランス・パリの国立ギメ東洋美術館でこのほど、琴製作家の倪詩韻(げい・しいん)氏と中国の伝統楽器、古琴の権威である中国・上海音楽学院の戴暁蓮(たい・ぎょうれん)教授が率いる「泠然音生古琴楽団」はフランスの古琴愛好者らに古琴についての知識を広めるための音楽会を開き、観客らに中国の古琴芸術を紹介し、その魅力を披露した。この活動はフランス「華韻」協会の主催、ソルボンヌ大学文学部文化部門の協賛により行われた。(記者/韓茜)<映像内容>フランスで古琴の音楽会の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:57.62
    2019年02月13日
    「新華社」メトロポリタン美術館、春節期間に中国文化イベント開催

    米ニューヨークのメトロポリタン美術館が春節(旧正月)の期間中、一連の中国文化イベントを開催した。各国の観光客が中国の伝統文化の魅力を体験した。中国の音楽家、常静(じょう・せい)さんと巫娜(ふ・だ)さんが古箏と古琴による音楽会を開き、中国の定番の楽曲「春江花月夜」「流水」などを演奏した。同館はこの他にも、中国文化に関する多彩な体験型のイベントを開催し、大勢の親子が古代書画展、新年切り紙絵画教室、手作りラーメン教室などに参加した。(記者/張墨成、長遠)<映像内容>米美術館で中国の文化イベント開催の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:43.83
    2019年02月12日
    「新華社」華人作曲家がグラミー賞にノミネート

    華人作曲家、杜韻(と・いん)氏作曲の「AirGlow」が、米ロサンゼルスで現地時間10日に発表される第61回グラミー賞の最優秀クラシック・コンテンポラリー作曲賞にノミネートされた。中国上海出身の杜氏は上海音楽学院を卒業後、米ハーバード大学で博士号を取得、現在はニューヨーク州立大学ポーチェス分校作曲学科で教える傍ら、上海音楽学院の客員教授も務めている。杜氏は2017年にピューリッツァー賞(音楽部門)を受賞し、アジア人女性初の同賞受賞者となった。中国の無形文化遺産である伝統演劇、新昌調腔(しんしょうちょうこう)を題材とした杜氏作曲の「Thirst(渇き)」がこのほど、ロサンゼルスのウォルト・ディズニー・コンサートホールで開かれたロサンゼルス・フィルハーモニックによる中国の春節(旧正月)を祝うコンサートで披露され、大きな反響を呼んだ。(記者/檀易暁)<映像内容>華人作曲家・杜韻の音楽とインタビューなどの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.47
    2019年02月08日
    「新華社」国連本部で初の中国新年音楽会開催

    米ニューヨークの国連本部で現地時間8日夜、中国の蘇州交響楽団による中国新年音楽会が開催された。今回の音楽会は中国の伝統的な民族音楽で幕を開け、同楽団は「春節序曲」「茉莉花」「賽馬」「ヤオ族舞曲」など中国の民族の特色あふれる交響曲作品を続けて上演するとともに、ワルツ「春の声」「アルルの女」第2組曲など西洋の観客が聞き慣れたクラシックの交響曲も披露した。各国の外交官を含む観客は、中国と西洋の音楽の交流と対話を体験し、中国の春節(旧正月)のにぎやかでめでたく和やかなムードを楽しんだ。同楽団は20カ国・地域出身の優秀な演奏者70人で編成されており、団員の平均年齢は30歳という若者で構成されたプロ交響楽団だ。(記者/張墨成、林遠、徐暁蕾)<映像内容>国連本部で中国新年音楽会開催の様子、撮影日:2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:39.78
    2019年02月01日
    「新華社」アイルランド·ダブリンで中国新年祝賀イベント開幕

    アイルランドのダブリン美術館で2月1日夜、中国新年祝賀イベントの開幕式とコンサートが開催され、17日間の日程で行われる中国新年祝賀イベントが正式に開幕した。駐アイルランド中国大使の岳暁勇(がく・ぎょうゆう)氏、ダブリンのニアール・リング市長、中国から駆け付けた駐中国アイルランド大使のオーエン・オリーリ(中国名李修文、り・しゅうぶん)氏や、中国とアイルランド各界の友好人士200人余りが開幕式に参加した。リング市長は開幕式のあいさつで、今回の中国新年祝賀イベントはダブリン市が企画した最も規模が大きく、非常に活力ある催しだと述べた。また、中国の春節(旧正月)と中国文化には非凡な魅力があり、中国新年祝賀イベントの開催はダブリンの国際都市としての地位向上や観光産業発展の促進にとって非常に重要な意義があるとした。同市長はさらに、中国の今年の干支はブタで、自分も年男であることを紹介し、中国人民とアイルランド人民に、良い1年になるようにと新年の祝辞を述べた。岳大使は、今年は中国とアイルランドの国交樹立40周年に当たり、中国とアイルランドの関係が新しい1年にさらに新しい段階へと前進し、新たな輝かしい成果を上げるように期待すると表明した。開幕式に続いては、中国とアイルランドの2人の若い芸術家がコラボレートするコンサートが行われ、中国と西洋の音楽が調和した演奏を披露、「春江花月夜」や「茉莉花」など中国の曲が観衆を魅了した。中国新年祝賀イベントはダブリン市が提唱、企画し、2008年に第1回が開催された。同市によると、今回のイベントは80余りの催しから成り、コンサートや舞踏、雑技の公演、映画上映、絵画・書画展や各種文化講座、「中国の赤」や「新春市」などの催しに、数万人の現地市民と国内外の観光客が訪れる見込みだという。アイルランドのマイケル・ヒギンズ大統領が開幕式に祝電を寄せ、華人団体は多元的なアイルランドの建設に非常に重要な役割を果たしているとし、華人がアイルランドのために行っている積極的な貢献に感謝の意を表し、新年の祝賀を伝えた。(記者/張琪)<映像内容>アイルランドで行われた中国新年祝賀イベントの様子、撮影日:2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.20
    2019年01月27日
    「新華社」新年に野外コンサート今が夏のニュージーランド

    ニュージーランドの首都ウェリントンで開かれている音楽祭「GardensMagic」は、毎年恒例の夏の音楽イベント。文化と芸術で知られる小さな首都ウェリントンでは、毎年、新年の初めから3カ月にわたる一連の文化イベントが続くが、「GardensMagic」もその1つ。今年の音楽祭は8日から27日まで、ウェリントン植物園で開催され、20組を超えるバンドと民間芸術団体が毎日交替で演奏を披露している。夏の夕暮れ時、黄昏から日没にかけて、さらには深夜まで、人々は一家を挙げてやって来て、心ゆくまで会場で過ごし、ピクニックをしながらさまざまなスタイルのバンドによるライブ演奏を楽しみ、気が向けば即興ダンスに加わることもできる。(記者/郭磊、張健勇)<映像内容>ニュージーランドの音楽祭の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:12.86
    2019年01月24日
    「新華社」氷雪劇場で氷の楽器の演奏会イタリア

    イタリア北部のロンバルディア州とトレンティーノ=アルト・アディジェ州の間のトナーレ峠に、雪と氷でできた劇場がある。この円形の氷雪劇場は標高2600メートルに位置し、200人を収容できる。1月初めに1回目の演奏会を行い、今後3月末まで毎週2回、定期的に音楽会を開催するという。音楽会には世界各地の音楽家が招かれ、氷で作った楽器でジャズやポップス、クラシックなどさまざまなジャンルの音楽を披露する。<映像内容>氷の楽器を使った演奏会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: アルト・アディジェ州の間のトナーレ峠に、雪と氷でできた劇場がある。この円形の氷雪劇場は標高2600メートルに位置し、200人を収容できる。1月初めに1回目の演奏会を行い、今後3月末まで毎週2回、定期的に音楽会を開催するという。音楽会には世界各地の音楽家が招かれ、氷で作った楽器でジャズやポップス、クラシックなどさまざまなジャンルの音楽を披露する。<映像内容>氷の楽器を使った演奏会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.06
    2019年01月01日
    北朝鮮が年越しコンサート 金日成広場

    北朝鮮の首都平壌の金日成(キム・イルソン)広場で31日午後11時半(日本時間同)から「迎春祝賀公演」が行われ、朝鮮中央テレビが年をまたいで実況中継した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の体制下、平壌の発展を印象づける狙いもありそうだ。〈映像内容〉北朝鮮の首都平壌の金日成広場での迎春祝賀公演と氷の彫刻展の様子、撮影日:2019(平成31)年1月1日、撮影場所:北朝鮮 平壌 ※2018年12月31日から2019年1月1日にかけて撮影

    撮影: 2019(平成31)年1月1日

  • 01:55.39
    2018年11月26日
    「新華社」イスラエルの中国文化センターで1周年の祝賀イベント

    イスラエルのテルアビブ中国文化センターで26日、設立1周年の祝賀イベントが開催された。会場では訪れた観衆のために素晴らしい中国民族音楽の演奏会が行われた。詹永新(せん・えいしん)駐イスラエル中国大使は、同センターが設立から1年間で、両国の文化交流促進に関する多くの事業を行ったと指摘。書法や絵画、中国語、太極拳などのカリキュラムの開設や、無形文化遺産講座や各種展示会の開催など、中国文化を全面的に紹介する同センターの取り組みは、イスラエルの人びとに中国文化を知るだけでなく、学ぶ機会をもたらしたと語った。また、同センターは今後も引き続き懸け橋としての役割を発揮し、両国民の相互理解と交流を増進するだろうと述べた。満員となった会場では、観客らが掲琴や笙(しょう)、阮(げん)、二胡、琵琶といった中国楽器の奏でる美しい音色に耳を傾け、中国の古典民族音楽の魅力を満喫した。昨年11月26日に正式にオープンした同センターは、中国が海外で開設した35番目の文化センターとなる。テルアビブの商業エリアに位置し、総面積は約千平方メートル。多目的ホールや研修室、図書館、視聴覚エリアなどの設備を備え、各種芸術公演や学術シンポジウム、文化体験活動を行うことができる。(記者/陳文仙)<映像内容>イスラエルの中国文化センターで1周年祝賀イベントの様子、撮影日:2018(平成30)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:54.26
    2018年10月28日
    「新華社」「芸術の空」の下で12時間連続の野外音楽会上海

    芝生の上に約1500脚の椅子が、舞台を囲むように並べられている。緑の芝生と金色の日差し、白い椅子、周囲には青草と落ち葉の香りが漂っている。ここは第20回中国上海国際芸術祭「芸術の空」12時間特別企画の会場だ。28日正午、著名な指揮者パーボ・ヤルビ氏の指揮棒が振り上げられると、ブラームスの「ハンガリー舞曲」の音符が、転がる宝石のように、舞台から芝生の聴衆へと伝わってきた。チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の音楽家たちは演奏に集中し、楽章によって、ある時は激情を交錯させ、ある時は緩やかで深みのある調べを響かせた。「12時間特別企画」は今年で3年目の開催となる。今年はシューベルト没後190年に当たることから、イベントはシューベルト記念をテーマとし、彼の交響曲「未完成」と中国語で発音が近い「未・玩城」(終わりなき都市の遊び)と命名された。日中から夜まで、室内と野外で連動し、中国と西洋が刺激し合う20回近いコンサートが相次いで行われた。会場では他に美術やダンス、人形劇、マーケットなど多彩な楽しみを絶えず体験することもできた。「芸術の空」は「集中的で優れたプログラムで人々を楽しませる」という理念に基づき、壁のない劇場を提供し、「芸術の祭典、民衆の祭日」という中国上海国際芸術祭の趣旨を示している。(記者/呉霞)<映像内容>第20回中国上海国際芸術祭の様子、撮影日:2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:18.30
    2018年10月16日
    「新華社」中朝友好音楽会、平壌で開催

    朝鮮を訪問中の中国広東省深圳交響楽団と深圳歌劇舞劇院は16日夜、在朝鮮中国大使館で初の「中朝友好音楽会」を催し、なめらかなメロディと素晴らしい歌声が同館に響き渡った。中国人アーティストが中国の民謡「茉莉花」(モーリーファ)や「新疆の春」および朝鮮の歌曲「燃える願い」、「千里でも、万里でも」のほか、モーツァルトやチャイコフスキーといった世界の名曲を演奏し、観客に素晴らしい音楽の宴を披露した。また、ラストの一曲である「朝中友誼万古長青(朝鮮と中国の友好は永遠に変わらない)」が演奏されると、音楽会はクライマックスを迎え、観客から大きな拍手が送られた。<映像内容>中朝友好音楽会の様子、撮影日:2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:43.23
    2018年10月06日
    「新華社」作曲家譚盾の新作「慈悲頌」、メルボルン国際芸術祭でお披露目

    中国系米国人の著名作曲家、譚盾(タン・ドゥン)氏は6日夜、オーストラリア・メルボルンのアートセンターでメルボルン交響楽団を指揮し、自身の新作「慈悲頌(BuddhaPassion)」を披露した。同公演はメルボルン国際芸術祭の一環として行われた。「慈悲頌」は譚氏が敦煌からインスピレーションを得て創作した新作で「菩提樹」「九色鹿」「千手千眼」「禅園」「心経」「涅槃」の6部構成となっている。東方哲学と禅意の美しさに富む作品を西洋の交響楽団が演奏する。文化の垣根を越えた音楽の宴は、訪れた聴衆の高い評価を得た。譚氏は当日夜、メルボルン交響楽団から国際終身芸術大使の称号を贈られた。譚氏は来年2月に行われる同楽団の中国新年音楽会にも参加する。(記者/郝亜琳)<映像内容>メルボルン国際芸術祭で譚盾氏の新作「慈悲頌」を披露、撮影日:2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:10.76
    2018年09月28日
    「新華社」中国の国慶節を祝う演奏会レバノンで開催

    中国の国慶節をテーマとした演奏会が28日夜、レバノンの首都ベイルートで開催された。演奏会は中国文化・観光部、在レバノン中国大使館、レバノン文化省、レバノン・フィルハーモニー管弦楽団が共催。レバノン・フィルハーモニー管弦楽団にとっては、2018~19シーズン最初の演奏会となった。著名な在米中国人ピアニスト、元傑(げん・けつ)氏とレバノンの音楽家が奏でる美しいハーモニーが訪れた観客を魅了した。演奏会が行われたベイルート市中心部にある聖ジョゼフ教会はこの夜、数百人収容可能な座席が満席に。王克倹(おう・こくけん)駐レバノン中国大使、レバノンのホーリー文化相などの来賓の他、現地の華僑・華人、中国人留学生、音楽愛好家らが集まり、美しい音色に酔いしれた。元傑氏はピアノ協奏曲「黄河」やチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」などを演奏。時に穏やかで時に激しいピアノの音色が聴衆を夢中にし、演奏終了後にはスタンディング・オベーションが起こり、聴衆の拍手と歓声が鳴り止まなかった。(記者/李良勇)<映像内容>中国の国慶節をテーマとした演奏会の様子、撮影日:2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:53.18
    2018年09月25日
    「新華社」中日文化交流イベント「2018·長安回望」、西安で開催

    中日文化交流イベント「2018・長安回望」が22日夜、中国陝西省西安市で開幕した。開幕コンサートでは、中国や日本のアーティストが素晴らしい芸術作品を披露した。中日両国の来賓たちは同日夜、西安城壁南側の永寧門で、唐代の入城式を模した盛大な式典に参加した。その後、中国の琵琶演奏者、章紅艶(しょう・こうえん)氏、日本のバイオリニスト、川井郁子氏ら中日両国の音楽家が素晴らしい文化芸術パフォーマンスを披露した。(記者/藺娟)<映像内容>中日文化交流イベントの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:41.52
    2018年09月21日
    「新華社」米ニューヨークのリンカーン·センターで中秋音楽会を開催

    米国ニューヨークのリンカーン・センターで、米国アジアン・カルチュラル・センターとTheAsianCulturalSymphonyoftheUSAが主催する、2018金秋音楽会が現地時間9月21日夜、上演され、中国と西洋を融合した音楽の宴で中秋節の到来を迎えた。同音楽会では、中米両国の100人近い音楽家がパフォーマンスを披露し、千人を超える観客に古典と現代が共存する見事な舞台を届けた。TheAsianCulturalSymphonyoftheUSAのディレクターで、指揮者の房飛(ほう・ひ)氏は、同音楽団はすでに3年連続米国で中秋音楽会を開催しており、中国と西洋を融合した演出により、米国の観衆に中国のクラシック音楽の美を伝えてきたと紹介した。今年の音楽会は著名ピアニストの殷承宗(いん・しょうしゅう)氏を迎え、「黄河」など馴染みのあるピアノ協奏曲が数多く演奏された。(記者/張一弛)<映像内容>ニューヨークの中国と西洋を融合した音楽会、撮影日:2018(平成30)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:49.46
    2018年09月20日
    「新華社」中豪音楽家による中秋節の音楽会、シドニーで開催

    中国の伝統的な祝日、中秋節を祝い、オーストラリア・シドニーで20日夜、中国とオーストラリアの音楽家が「天涯この時を共にする」をテーマとしたガーデン・コンサートを開催した。シドニーの有名な景勝地、ダーリングハーバーの近くにあるチャイニーズガーデン・オブ・フレンドシップで開かれた中国と西洋の音楽の宴が、訪れた多くのシドニー市民を魅了した。コンサートでは、中国河南民族楽団の民族音楽演奏家6人とオーストラリアのクラッシック音楽演奏家5人が共演。白く光り輝く月光を浴びながら、音楽家たちが湖に臨む特別ステージで演奏を披露した。「茉莉花(モーリーファ)」や「梁祝(りょうしゅく)」「春江花月夜」などの中国の伝統的な名曲の他、オーストラリアの音楽プロデューサーであるジョン・ヒューイ氏がアレンジした「スネーク・ダンス(序曲)」や「オー・イェー」などの西洋音楽の楽曲も演奏された。(記者/郝亜琳)<映像内容>中国と西洋の音楽コンサート、撮影日:2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 05:14.08
    2018年09月15日
    空撮 安室奈美恵さん最後のライブ 会場周辺のファン

    16日に引退する歌手の安室奈美恵さん(40)が15日、沖縄県宜野湾市で開催された音楽イベントで最後のライブを行った。会場周辺には、入場できなかった人も含め、大勢のファンが詰めかけた。<映像内容>安室さんが最後のライブを行った会場周辺、大勢のファンが付近に集まった様子などを共同通信ヘリから撮影した映像、撮影日:2018(平成30)年9月15日、撮影場所:沖縄県宜野湾市

    撮影: 2018(平成30)年9月15日

  • 00:50.75
    2018年09月04日
    「新華社」庭園と本を味わう第3回リスボン·ベレン·ブックフェア

    ポルトガルの首都リスボンで現地時間2日、大統領府主催の第3回ベレン・ブックフェアが閉幕した。今回のフェアには48の出版社が参加、主に児童図書や教育図書を出展し、同時に文学、科学、歴史関係の書籍も並んだ。4日間の開催期間中、主催者のポルトガル図書出版協会はセミナー、討論会、作家のサイン会などのイベントを開催し、作家と読者の交流を図った。夜には野外コンサートが開かれた。第1回ベレン・ブックフェアは、レベロデソウザ大統領の提唱で、2016年9月にポルトガル文学の発展の促進と国民の間に読書の良好な習慣を醸成することを目的として開催され、会場となった大統領府があるベレン宮殿の美しい庭園が一般に公開された。(記者/章亜東)<映像内容>、撮影日:2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:24.54
    2018年06月26日
    難病女性、中継で演奏会 ベッドに鍵盤据え付け

    筋肉の病気のため人工呼吸器をつけ、ベッドに寝て生活する北海道函館市の奥本涼楓さん(20)が26日、ベッドに据え付けた電子楽器のキーボードを弾き、東京で開かれたコンサートに函館市からインターネット中継で出演した。〈映像内容〉会場雑観、涼楓さんの演奏、撮影日:2018(平成30)年6月26日、撮影場所:北海道函館市

    撮影: 2018(平成30)年6月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:16.83
    2018年06月01日
    第9初演から100年 記念の地・鳴門で演奏へ

    第1次世界大戦中に日本軍の捕虜として徳島県鳴門市に収容されていたドイツ兵らが、ベートーベンの「交響曲第9番」をアジアで初めて演奏してから100年になるのを記念して同市で1日、当時を再現した演奏会が開かれた。<映像内容>演奏会を前に開かれた記念式典で、収容所で発行されていた新聞や演奏会のパンフレットを寄贈する元捕虜の孫娘ペトラ・ボーナーさん、受け取る鳴門市の泉理彦(いずみ・みちひこ)市長、鳴門市で開かれたベートーベンの第9交響曲の演奏会と会場雑観、撮影日:2018(平成30)年6月1日、撮影場所:徳島県鳴門市

    撮影: 2018(平成30)年6月1日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.15
    2018年05月12日
    「東奥日報」お寺で震災遺児支援の演奏会/つがる

    青森県つがる市木造の実相寺本堂で12日、県日蓮宗雅楽会と木造高校吹奏楽部による第6回震災遺児支援チャリティーコンサートが開かれ、聴衆約150人が和洋の美しい音色に聴き入った。<映像内容>実相寺本堂で行われたチャリティーコンサートの様子、観客の様子など、撮影日:2018(平成30)年5月12日、撮影場所:青森県つがる市木造の実相寺本堂、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    撮影: 2018(平成30)年5月12日、青森県つがる市木造の実相寺本堂

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:42.03
    2018年04月01日
    空撮 加山雄三さんの船炎上 消防が原因捜査、静岡

    1日午後9時25分ごろ、静岡県西伊豆町の港で「船が燃えている」と119番があった。船は、俳優で歌手の加山雄三さんが事実上のオーナーとして知られるプレジャーボート「光進丸」(104トン)で、2日午前8時25分ごろに鎮圧し、けが人はいないとみられる。消防などが、出火原因を調べる。所属事務所などによると、加山さんは1日夜、沖縄県宜野湾市でのコンサートに出演しており、無事という。 〈映像内容〉炎上から一夜明け、煙を上げる光進丸の空撮映像、撮影日:2018(平成30)年4月1日、撮影場所:静岡県西伊豆町

    撮影: 2018(平成30)年4月1日

  • 04:20.99
    2018年02月12日
    長野県の公演団が大正琴公演 平昌五輪の江陵

    平昌冬季五輪が開かれている韓国・江陵で12日、長野県文化公演団の「琴伝流大正琴」の演奏会が行われた。公演には五輪観戦の観光客や地元の人達など約300人が訪れ、大正琴の音色に耳を傾けた。長野県の阿部守一知事も鑑賞。演奏が終わると満席の会場から大きな拍手が沸いた。公演後には阿部知事は、地元の江原道の崔文洵知事と会談。その後、長野県観光ブースで日本酒などを振る舞い、長野の魅力をアピールした。また富山県立南砺平高校郷土芸能部の生徒約30人が10日と11日の両日、富山県南砺市、五箇山地方の民謡「こきりこ節」などの富山県の伝統芸能を披露した。平昌冬季五輪会場となっている平昌と江陵のある江原道は、富山県と芸術・スポーツ分野での交流協定を結んでいることから、今回の公演が実現した。公演には五輪を観戦に来た観光客や地元の人達など多くの人が訪れ、高校生たちが演じる伝統芸能を楽しんだ。〈映像内容〉公演の模様、阿部守一長野県知事と崔文洵知事との会談の模様、長野県PRの様子、阿部知事インタビューなど。撮影日:2018(平成30)年2月12日、10日午後に撮影、撮影場所:韓国・江陵

    撮影: 2018(平成30)年2月12日、10日午後に撮影

  • 01:36.49
    2018年01月11日
    無線給電の光るつけまつげ 立命館大と資生堂が試作品

    立命館大(京都市)の道関隆国教授のチームは11日、電気を無線で送る「ワイヤレス給電」を使った「光るつけまつげ」を資生堂と共同研究し、試作品が完成したと発表した。緑色に光り、音に合わせて点滅する。「歌手のコンサートで使ってほしい」としている。試作品は送電装置から約10ワット分の電力に相当する電磁波が送られ、つけまつげの根元にある長さ約35ミリ、重さ約0・2グラムの小型の受電機で受け、発光ダイオード(LED)が点灯する仕組み。<映像内容>マネキンにつけた付けまつげをワイヤレス給電で光らせる実演を含む記者会見の様子。京都市内で11日午後2時半ごろから午後3時半ごろにかけて撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:33.28
    2017年12月15日
    閉館控え感謝のコンサート 藤本義一さん呼び掛けの施設

    兵庫県芦屋市にある阪神大震災の遺児のケアが目的の児童施設「浜風の家」が閉館するのを前に、同市出身で世界的に活躍するジャズ・ピアニスト松永貴志さん(31)のコンサートが開かれた。中学生時代に同館に通って練習したという松永さんは、今も残る同じグランド・ピアノを演奏。阪神大震災や東日本大震災からの復興をイメージしたオリジナルやスタンダードに即興曲を交え、15曲を披露した。松永さんは、自宅が半壊した阪神大震災当時の生活などを振り返り「生まれ育った町が一番好きだ。帰ってきたうれしさと、閉館の悲しさが入り交じっている。今日の演奏がこの場所を思い出すきっかけになれば」と語り掛けた。浜風の家は、作家の故藤本義一さんらの呼び掛けで1999年にオープン。土地は、兵庫県が無償で貸し出してきたが、来年3月で期限切れとなるため、今月で活動を終える。<映像内容>浜風の家の外観、松永さんの演奏の様子、観客の雑観など。15日午後2時半ごろから5時ごろにかけて兵庫県芦屋市の「浜風の家」で撮影。

  • 03:45.89
    2017年11月26日
    東京駅前で五輪コンサート 海老蔵さん、文化の発信を

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、「文化の祭典」でもある五輪大会の機運を盛り上げるため、東京駅前で文化プログラムをテーマにしたトークセッションや人気デュオの「ゆず」も登場したコンサートを開催した。約500人が集まったイベントは歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも出席し「日本の文化や伝統を世界に知っていただき、発信する機会にしたい」と呼び掛けた。 <映像内容>宮本亜門さん司会で、市川海老蔵さんやクリエーティブディレクターの沢辺芳明さん、女優草刈民代さんらによるトークショー。午後6時半から東京駅前で撮影。宮本亜門さんが企画・構成を手掛けたコンサート(ゆずや、宮城県石巻好文館高校や福島県の高校が参加)。午後7時から東京駅前で撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:15.46
    2017年09月07日
    「オペラ中に地震、避難せよ」 新国立劇場で訓練

    オペラのコンサート中に震度5強の地震が起きたとの想定で、観客ら演奏者らが実際に演奏中のコンサートホールから一斉に避難する訓練が東京・新国立劇場で行われた。避難訓練コンサートは東日本大震災後、各地の劇場やホールで開催されている。参加者は災害時の心構えが学べるほか、施設側は机上の避難計画を実際に検証できるとして好評だという。今回は新国立劇場が主催した。〈映像内容〉外観、場内雑観、演奏雑観、訓練の模様など。東京都渋谷区の新国立劇場で7日、午後3時から5時ごろに撮影。

  • 03:59.57
    2017年05月31日
    イベント機材など幅広く展示 幕張メッセで見本市

    リード・エグジビションジャパンは31日、千葉市美浜区の幕張メッセで、イベントで使われる機材や装置、グッズなど幅広く展示する見本市を開催した。約350社が参加する「イベント総合EXPO」ではイベントや観光ビジネス向けの製品やサービスを紹介。約300社が参加する「ライブ・エンターテイメントEXPO」ではコンサートなどのライブイベントで使う製品を紹介している。〈映像内容〉地毛で日本髪に結える「まるまげ」、8ヵ国の人を案内できる携帯型多言語同時ガイドシステム、LEDを使ったライブ照明や演出機材など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.65
    2017年05月20日
    「東奥日報」つがる市の寺で震災遺児支援コンサート

    青森県つがる市木造地区の実相寺で20日、震災遺児支援チャリティーコンサートが開かれた。日蓮宗県雅楽会と木造高校吹奏楽部が本堂で演奏を披露し、聴衆約200人が和洋の美しい音色に聴き入った。<映像内容>震災遺児支援のチャリティーコンサートでの演奏会など。撮影日:2017年5月20日、撮影場所:青森県つがる市 クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    撮影: 2017年5月20日

  • 02:51.37
    2017年04月08日
    谷村新司さん、5年越し中国公演に喜び 延期の日中国交正常化コンサート

    歌手の谷村新司さんが8日、東京都内で記者会見を開き、6月1日に日中国交正常化45周年を記念したコンサートを、中国・上海市で開くと発表した。2012年に延期された中国公演が、5年越しに実現する。谷村さんはこれまで、日中国交正常化の節目ごとにコンサートを開催してきたが2012年9月、中国政府の招聘で予定されていたコンサートが延期された。当時、沖縄県・尖閣諸島の国有化問題をめぐる日中間の対立が背景にあったとみられていた。〈映像内容〉記者会見、フォトセッションなど。

  • 03:17.67
    2017年01月19日
    Trump Thanks Supporters at Inaugural Concert

    Donald Trump is attending an inauguration concert on the steps of the Lincoln Memorial. President-elect Donald Trump and his family are listening to music at the “Make America Great Again Welcome Concert.“Trump spoke at the inaugural concert, saying he is looking forward to the inauguration ceremony on Friday, acknowledging “so many people have poured into Washington, D.C.“ and credited them for spurring a “movement.“、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 04:39.41
    2016年12月01日
    「エビカニクス」大人気 動画再生1700万回に

    2人組の音楽ユニット、ケロポンズが歌って踊る楽曲「エビカニクス」が子どもたちに人気だ。一度聞いたら耳から離れない歌詞と踊りで、大人のファンも増加。動画投稿サイト「ユーチューブ」の再生回数は約1700万回になり、今年7月には大手レコード会社からベスト盤を出した。 〈映像内容〉10月22日に千葉県松戸市で行われたコンサートの模様、10月24日に東京都港区の共同通信社本社で行ったインタビュー、雑観など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:45.49
    2016年09月11日
    横田めぐみさんと再会願う 新潟の同級生がコンサート

    1977年、北朝鮮に拉致された横田(よこた)めぐみさん=失踪当時(13)=が通っていた新潟市立寄居中学の同級生らが11日、めぐみさんとの再会を願うコンサートを市内のホールで開いた。2010年に始まり、今年で7回目。<映像内容>新潟市内で行われた横田めぐみさんとの再会を願うコンサートの様子。 母早紀江(さきえ)さん(80)のビデオメッセージ、めぐみさんの写真が映し出された壇上で、同級生らがかつて一緒に歌った「翼をください」を合唱。バイオリンを演奏。同級生の吉田直矢(よしだ・なおや)さんのあいさつなど、撮影日:2016(平成28)年9月11日、撮影場所:新潟県新潟市

    撮影: 2016(平成28)年9月11日

  • 01:28.75
    2016年09月04日
    「東奥日報」青森で「郷土の音楽コンサート」

    散逸や消失の危機にある本県ゆかりの音楽作品を後世に残そうと、県音楽資料保存協会(野村正憲会長)は4日、青森市のリンクモア平安閣市民ホールで第2回「郷土の音楽コンサート」を開いた。来場者は方言や郷土史が織り込まれた作品を堪能した。<映像内容>音楽コンサートの様子、撮影日:2016(平成28)年9月4日、撮影場所:青森県鯵ケ沢町、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材

    撮影: 2016(平成28)年9月4日、青森県鯵ケ沢町

  • 06:10.37
    2016年07月01日
    明治に完成 神戸の洋風建築が見納め

    1900年に完成し銀行が70年余りにわたり所有した後、演奏会や展示会場に利用されてきた神戸市中央区の石造りの洋風建築「ファミリアホール」で1日、最後の公開となる見学会が開かれた。7月中旬には解体作業に入り外壁だけを保存した形でマンションとなる予定。〈映像内容〉内部や外観など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:03.38
    2016年04月04日
    米国に響け、復興の旋律 福島の中高生が演奏

    音楽を通じて米国などによる東日本大震災の復興支援への感謝を伝えようと、福島県の中高生たちでつくる「福島青年管弦楽団」が米東部ボストンを訪れ、名門ボストン交響楽団が本拠地とする「シンフォニーホール」で3日、演奏会を開いた。約千人の観客は、米作曲家バーバーの「弦楽のためのアダージョ」やモーツァルトのフルート協奏曲などの、熱のこもった演奏に大きな拍手で応えた。同管弦楽団は東北地方で被災者支援を続けているギリシャ出身のピアニスト、パノス・カランさんが主導して結成。2014年にロンドンで演奏会を行い、昨年8月の東京での公演は皇后さまも鑑賞された。<映像内容>米東部ボストンで演奏する「福島青年管弦楽団」、最後のスタンディングオベーションの様子など、撮影日:2016(平成28)年4月4日、撮影場所:アメリカ ボストン

    撮影: 2016(平成28)年4月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:44.41
    2016年02月09日
    東京ドームでテロ対策訓練 警視庁、ソフトターゲット

    5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や2020年東京五輪・パラリンピックを控え、警視庁は9日、東京都文京区の東京ドームで、プロ野球の試合中に銃などを持ったテロリストが人質を取ったとの想定で訓練を実施した。競技場やコンサート会場など、警備が比較的緩やかな「ソフトターゲット」と呼ばれる場所の警備は、課題の一つになっている。<映像内容>東京ドームの入場ゲート前の広場で行われたテロリスト制圧訓練の様子、入り口ゲート検査、危険物回収など、警視庁富坂署の星野信一副署長のあいさつなど、撮影日:2016(平成28)年2月9日、撮影場所:東京都文京区 東京ドーム

    撮影: 2016(平成28)年2月9日

  • 05:33.63
    2015年09月12日
    小澤さんが二条城で指揮 世界遺産で「歓喜の歌」

    指揮者の小澤征爾さんは12日、京都市中京区の世界遺産・二条城で、ベートーベンの交響曲第9番第4楽章を指揮し、約120人の合唱団による「歓喜の歌」が夕暮れ時の古都に響いた。この日の演奏会は、来年1月にオープンするロームシアター京都(京都市左京区)の記念事業として行われた、〈映像内容〉開始前に客と雑談やあいさつを交わす小澤さん、曲について説明する小澤さん、演奏しながらユニークに入場する楽団やコーラス、ベートーベンの交響曲第9番第4楽章を指揮する小澤さん、終了後に拍手を浴びる様子、撮影日:2015(平成27)年9月12日、撮影場所:京都市 二条城、 ※使用尺は5分以内の制限が付いています。

    撮影: 2015(平成27)年9月12日

  • 11:02.52
    2015年08月31日
    空撮と地上撮 ホテルオークラが最終営業日でフィナーレーコンサート

    半世紀以上にわたり、日本の伝統美とモダンさを凝らした造りで国内外の人々をもてなしてきた「ホテルオークラ東京」(東京都港区)の本館が31日、老朽化による建て替えのため、最後の営業日を迎えた。2020年東京五輪の前年となる2019年に新たな姿で営業を再開する。〈映像内容〉ホテル外観、ロビーで開かれた「フィナーレコンサート」、 雑観、撮影日:2015(平成27)年8月31日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2015(平成27)年8月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    11:32.65
    2015年05月24日
    犠牲者悼むチェロの調べ 復興願い国内外から奏者

    東日本大震災からの復興を願う「1000人のチェロ・コンサート」が24日、仙台市で開かれ、国内外から集まったチェリストが犠牲者を思い、荘厳な調べを響かせた。コンサートは1998年、阪神大震災をきっかけに始まり、5回目の今回は初めての東北開催。日本、韓国、ドイツなどから、5~88歳のプロとアマチュア計851人が参加した。〈映像内容〉コンサート会場の外観、チェロによるコンサートでモーツァルト作曲の「アベ・ベルム・コルプス」(聖体賛美歌)などの演奏、岩手、宮城、福島3県の高校生も参加して「千の風になって」の合唱、演奏に参加した人や主催者のインタビューなど、撮影日:2015(平成27)年5月24日、撮影場所:宮城県仙台市

    撮影: 2015(平成27)年5月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:58.57
    2011年03月26日
    仙台フィルが無料コンサート

    宮城県を拠点に活動する仙台フィルハーモニー管弦楽団が、東日本大震災の被害からの復興に向けて、音楽で市民を元気づけようと、26日、仙台市内で無料のコンサートを開いた。コンサートが開かれたのは、仙台市内のお寺の境内にあるバレエスタジオ。コンサートに先立ってお寺の本堂で「鎮魂セレモニー」が行われ、弦楽四重奏によるバッハの「G線上のアリア」が披露された。コンサートでは「鎮魂、そして希望」をテーマに、チャイコフスキーの弦楽セレナーデなどクラシックの名曲が1時間にわたって演奏され、観客の中には、涙を流したり、目を閉じてじ聴き入る姿もみられた。<映像内容>本堂での「鎮魂セレモニー」、演奏する仙台フィルハーモニー管弦楽団、バレエスタジオでの演奏、撮影日:2011(平成23)年3月26日、撮影場所:宮城県仙台市の見瑞寺

    撮影: 2011(平成23)年3月26日

  • 02:51.37
    2007年06月30日
    社会安定と成功アピール 香港返還10年で胡主席

    香港が英国から中国に返還されて7月1日で十周年。中国は好調な経済を背景に香港統治に自信を深めており、現地入りしている胡錦濤国家主席は6月30日夕、香港島内のホテルでの歓迎夕食会で「今日の香港は国際金融、貿易センターの地位を保ち、社会は安定している」と強調、「一国二制度」の成功を内外にアピールした。香港ではここ数日、中国政府からのパンダ贈呈のほか記念コンサートやパレード、花火などの行事がめじろ押しで、祝賀ムードが高まっている<映像内容>香港海洋公園のパンダ、竹を食べる様子、贈呈式であいさつする胡錦涛主席、関係者らとテープカットする様子、子どもたちの合唱、撮影日:2007(平成19)年6月30日、撮影場所:香港島の香港海洋公園

    撮影: 2007(平成19)年6月30日

  • 02:55.64
    2007年04月27日
    百歳の歌声、朗々と 阿波よしこの「お鯉さん」

    阿波おどりの囃子歌「阿波よしこの」の名手「お鯉さん」として知られる徳島市の多田小餘綾(ただ・こゆるぎ)さんが27日、100歳の記念コンサートを同市の郷土文化会館で開いた。黒の着物姿で登場した多田さんは「せっかくちょうだいした大きな歳。最後まで歌い続けたら幸せで女冥利(みょうり)につきる。いつまでよしこのを弾いて歌えるか楽しみです」と喜びを語った<映像内容>舞台幕開き、舞台で三味線を弾きながら囃子歌を披露する多田さん、観客にあいさつする様子、撮影日:2007(平成19)年4月27日、撮影場所:徳島市の郷土文化会館

    撮影: 2007(平成19)年4月27日

  • 02:50.87
    2007年03月31日
    世界一長いコンサート 184時間〝完奏〞

    演奏時間の世界最長記録に挑戦しようと滋賀県彦根市の近江鉄道鳥居本駅(無人駅)の駅長室で続いていたコンサートは、31日午前10時、連続182時間に達し、ギネスブックの記録を破った。ギネス記録は2001年にカナダでつくられた181時間。コンサートにはギネス・ワールド・レコーズ本部(ロンドン)のスタッフが立ち会い、その場で世界記録と認定した。演奏は正午まで続けられ、184時間で終了。近くギネスブックに掲載される<映像内容>鳥居本駅雑観、コンサート看板、バイオリン、ギターと歌、ピアノの演奏、記録更新の瞬間、記念写真を撮る様子、撮影日:2007(平成19)年3月31日、撮影場所:滋賀県彦根市の近江鉄道鳥居本駅

    撮影: 2007(平成19)年3月31日

  • 02:58.47
    2006年12月26日
    五嶋みどりさんがベトナムの盲学校で演奏会

    26日、ハノイの盲学校で生徒にバイオリンの弾き方を教える五嶋みどりさん<映像内容>盲学校雑観、五嶋さんらを迎え演奏を披露する生徒たち、五嶋さんらの演奏の様子、生徒にバイオリンの弾き方を教える五嶋さん、撮影日:2006(平成18)年12月26日、撮影場所:ベトナムハノイ

    撮影: 2006(平成18)年12月26日

  • 03:17.83
    1969年04月30日
    東京国際見本市

    キーワード:看板、開幕式、風船、鳩、各国国旗、各国パビリオン、細工グラス、ミニチュア模型、来場者、コンサートホール、ポータブルテレビ、東京国際見本市=製作年:1969(昭和44)年4月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 01:37.16
    1969年04月30日
    2000人のバイオリン演奏会

    キーワード:演奏する子供、演奏会、バイオリン、観客=製作年:1969(昭和44)年4月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 02:39.89
    1968年04月30日
    2000人のバイオリン

    キーワード:武道館、子供、音楽教育、観客、演奏会、楽器、バイオリン、音楽会=製作年:1968(昭和43)年4月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 01:17.21
    1965年03月31日
    「インタナシヨナル映画」1,800人のバイオリン演奏

    キーワード:皇太子皇太子妃、明仁、美智子、徳仁、浩宮、イベント、音楽教育、コンサート、子供、皇室=製作年:1965(昭和40)年3月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1965

  • 01:41.03
    1965年02月28日
    「インタナシヨナル映画」ロボットオーケストラ

    キーワード:イベント、コンサート、子供、家族連れ、演奏、ロボット管弦楽団=製作年:1965(昭和40)年2月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1965

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.33
    1958年08月06日
    「福島民報」「民報ニュース」第2回こども音楽会

    福島県警本部とラジオ福島の共催で平市で開催。小中学生600人が演奏やコーラス。 撮影日:1958(昭和33)年8月6日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 1