KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 保存状態
  • 健康状態
  • 野生動物
  • スタッフ
  • 心肺停止
  • システム
  • 中国河北省
  • 新型肺炎
  • ドローン
  • 中国浙江省

「コンディション」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
455
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
455
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:53.84
    2021年05月01日
    「新華社」四川の野生パンダ、リアルタイム観測に成功

    中国四川省にあるジャイアントパンダ国家公園管理局は4月28日、同公園の臥竜エリアでこのほど、ジャイアントパンダを赤外線自動撮影カメラでリアルタイム観測することに成功したと明らかにした。またその4日後にも、同じ場所で再び野生のジャイアントパンダが撮影されたという。これは、無線によるデータ送信と人工知能(AI)によるパンダの顔認識技術を組み合わせてパンダのリアルタイム観測に成功した、全国で初めての事例となる。同月19日午後5時32分、成体のジャイアントパンダ1頭が同省牛頭山の海抜約3200メートルのエリアに入り込んだ。カメラは竹林の中を悠々と歩くパンダの姿を撮影。その映像はリアルタイムで、6キロ離れた四川臥竜国家級自然保護区管理局に転送され、「デジタル臥竜」ホールのスクリーンに鮮明に映し出された。23日には同じ場所で、別の野生のジャイアントパンダが撮影された。同管理局の副局長でパンダ研究保護事業の責任者、何廷美(か・ていび)氏は、従来型の赤外線カメラでは人の手によって定期的にデータを回収、保存する必要があり、その分析が遅れていた。しかし無線によるデータ送信と顔認識技術によって動物の動きをリアルタイムで把握でき、同時にカメラの状態も確認できるため、各観測地点で効率的なモニタリングを保障しているという。(記者/楊進) =配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:16.48
    2021年04月30日
    「新華社」2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。斉の長城は済南、臨沂(りんぎ)、泰安、淄博(しはく)各市などを600キロ余りにわたり蛇行しており、万里の長城の中でも「千里の長城」と呼ばれる(中国の里は500メートルなので600キロは1200里)。中でも淄博市淄川区の劈山(へきざん)区間は保存状態が最も良い部分とされる。一帯には雄大な「独山寨」や高く険しい「一線天」のほか、斉の時代の兵営や石門、のろし台、劈山関、古城壁などの遺跡が残る。斉の長城は春秋時代に建設が始まり、170年余り後の戦国時代に完成したとされる。当時の山東半島では斉と魯の2国が強い影響力を持ち、両国の間で紛争が絶えなかったが、国力に勝る斉は国境線に防御壁を築いた。それが現在も斉の長城として残り、2600年以上の歴史を持つことから「長城の父」とも呼ばれている。(記者/孫暁輝、朱崢) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.61
    2021年04月26日
    「新華社」紅旗、スーパーカー「S9」発表時速百キロに2秒未満

    中国自動車大手の中国第一汽車集団は、現在開催中の上海モーターショーでスーパーカー「紅旗S9」の量産タイプを初公開した。初回生産台数は99台で、2022年の納車を予定している。V型8気筒ターボエンジンと3モーターによるハイブリッド技術を採用し、合計出力は1400馬力を超える。最高時速は400キロ超で、静止状態から時速百キロまでの加速を2秒未満で行う。中国と米国、イタリアの関連企業と地方政府は2月、投資協定を結び、紅旗のスポーツカー「Sシリーズ」の共同開発を発表した。同プロジェクトは中国とイタリアで相次いで実施に移されている。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.10
    2021年04月26日
    Malls, bars shut in Tokyo during virus state of emergency

    Shopping malls and bars are closed in Tokyo after Japan declared a new virus state of emergency in the capital, just three months before the Olympics. The new measure came into effect on Sunday and will run until May 11. IMAGES、作成日:2021(令和3)年4月26日、撮影場所:日本・東京都、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:50.92
    2021年04月21日
    「新華社」前漢初期の墓から大量の粟が出土陝西省

    中国陝西省西咸新区の大堡子(だいほうし)墓地で18日、保存状態が良く、出土器物の組み合わせも揃った前漢時代初期の高位者の墓が出土した。墓の副葬品の「陶倉」と呼ばれる倉庫を模した土器からは、当時の粟(あわ)が大量に見つかった。大堡子墓地は西咸新区秦漢新城高荘鎮大堡子村の西にある。前漢初期の墓が密集しており、これまでに400基余りが出土している。今回の墓は形状をよくとどめており、ひつぎは既に腐朽していたが、被葬者の骨と副葬品は良い状態で保存されていた。墓道の東、西、南三方には、それぞれ三つの壁龕(へきがん、物を置くための凹状部分)があり、西側の壁龕から大型陶倉1点と彩絵陶倉2点、青銅蒜頭壺1点が見つかった。大型陶倉は横約1メートル、高さ約0・8メートルで、内には凝固して塊状になった大量の粟が入っていた。植物考古学の専門家によると、粟は漢代北方地区の主食の一つで、当時は蒸したり煮たりして食していた。今回の発見は、前漢初期の農業生産が既にかなりの規模だったことを示しているという。(記者/楊一苗、李華) =配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.32
    2021年04月20日
    「新華社」少数民族の風情残す無形文化遺産「大方漆器」貴州省畢節市

    中国・欧州連合(EU)地理的表示(GI)協定が3月1日に発効したことを受け、第1陣として指定された中国製品100品目もEU全域で保護を獲得した。貴州省畢節(ひっせつ)市大方県の特産で、国の無形文化遺産にも指定される「大方漆器」も保護リストに含まれている。大方漆器は民族情緒や地方色に富む同省の伝統工芸美術品で、その技法は600年余りにわたり受け継がれている。ウシやウマ、ヒツジなどの皮を用い、綿や麻、絹、緞子(どんす)、木などを型とし、地元の良質な生漆(きうるし)を原料としている。制作工程は複雑で、主に漆作り、型作り、石灰塗り、漆塗り、装飾の五大工程があり、50以上の製作手順と80以上の製作段階を経て完成する。装飾技法は100種類余りに上り、表面に描かれた竜と鳳凰、人物、山水、花きなどの図案が地元少数民族の風情を色濃く反映している。完成した漆器は素朴な作りと上品さを備え、滑らかな漆の輝きは長期間経っても退色しない。同県の奢香博物館に展示されている多くの出土漆器は、今でも良好な状態を保っている。(記者/盧志佳、陳穎) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:17.30
    2021年04月19日
    「新華社」民家にフクロウが「無断侵入」安徽省銅陵市

    中国安徽省銅陵市の派出所がこのほど、市民の李さんから家の中にフクロウが飛び込んできたとの通報を受けた。李さんの住まいは集合住宅の最上階の7階で、屋根裏部屋でハトを飼育している。ここ数日、李さんが寝ている時、鳥が羽ばたくような音が聞こえたが、李さんは小型無人機の音かと思い、気に留めていなかった。しかし飼っているハトが襲われる事態が続き、ある朝、目覚めるとリビングにフクロウがいたという。李さんはけがをしないよう身を守りながらフクロウを捕獲し、警察に通報した。警察は15日、引き取ったフクロウの健康状態を確認した後、捕獲場所から数キロ離れた公園で放した。(記者/水金辰) =配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.42
    2021年04月12日
    スライドショー 松山がマスターズゴルフV 男子メジャー日本勢初

    男子ゴルフの松山英樹(29)が11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで行われたマスターズ・トーナメントで優勝し、歴史と高い格がある年に4度のメジャー大会を日本の男子で初めて制した。<映像内容>写真を使ったスライドショー。撮影日:2021(令和3)年4月12日、撮影場所:米ジョージア州 ※映像素材を静止させた状態で写真として使用することはできません。

    撮影: 2021(令和3)年4月12日

  • 00:58.58
    2021年04月12日
    「新華社」「高所のドクター」、正確な診断で山間部の送電網の安全守る湖北省

    中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県にある大山村でこのほど、中国送電大手、国家電網傘下の国網湖北検修の小型無人機(ドローン)操縦士が、小型無人機スマート点検技術を駆使して、プラスマイナス800キロボルトの祁韶送電線が500キロボルトの漁宜送電線や同じく500キロボルトの漁興第1、第2、第3送電線と交差する箇所の鉄塔や導線に対する全面的な検査を実施した。同チームは、点検写真計286枚と動画4本を撮影し、「ミリ単位」の一般的な欠陥5カ所を検出。祁韶送電線の重要な交差箇所の「健康状態」を正確に把握した。プラスマイナス800キロボルトの祁韶送電線は、中国西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの大動脈。また、大山村で同送電線と交差する多くの500キロボルト送電線も、同省と重慶市の相互接続や「西電東送」の重要ルートであり、清江流域の水力発電電力の域外送電にも大きな役割を担っている。(記者/侯文坤) =配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:10.72
    2021年04月07日
    「オリコン」 松嶋菜々子、新人時代「トラウマ」

    女優の松嶋菜々子(47)が7日、都内で行われた新商品『パーフェクトサントリービール』説明会&新CM発表会に登壇した。この日はCMで共演している吉田鋼太郎(62)とお笑いコンビ・霜降り明星の粗品(28)とともに商品名にちなみ、自分にとっての“パーフェクトな状態”をフリップで発表し、松嶋は多忙を極めた新人時代の“トラウマのようなエピソード”を振り返った。撮影日時:2021(令和3)年04月07日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:58.76
    2021年04月03日
    「新華社」スナメリ泳ぐ鄱陽湖でパトロール継続江西省

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)では、全面禁漁措置の開始から1年がたち、一帯の生態環境が大幅に改善、漁業資源も回復し、悠々と泳ぐスナメリの姿が見られるようになった。スナメリは環境評価の目安となる指標生物で、希少なことから「水中のパンダ」と呼ばれている。鄱陽湖は長江本流の水量調節の役割を担う重要な湖であり、低水位時は河川のような状態となる。スナメリが浅い水域に入り込まないよう、九江市都昌県のスナメ救護隊はパトロールを毎日続けている。長江スナメリは中国の1級保護野生動物に指定されており、現在の個体数は約千頭にとどまる。うち450頭が鄱陽湖水域に生息している。(記者/彭菁) =配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:29.14
    2021年03月30日
    フジ「テラハ」倫理上問題 母響子さん「歯がゆく悔しい」

    フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん=当時(22)=が昨年5月の放送後に死去したのは「過剰な演出がきっかけ」として母響子さん(44)が人権侵害を申し立てた事案で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は30日、花さんの精神的な健康状態への配慮を欠いて放送した点で「放送倫理上の問題があった」との見解を発表した。<映像内容>亡くなった木村花さんの母響子さんと弁護士の記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月30日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年3月30日

  • 00:39.36
    2021年03月27日
    「新華社」中国の60トン積載フレーム型運搬車、満載で勾配30%の上り坂を走行

    中国航天三江集団傘下の航天重型工程装備が開発した60トン積載フレーム型運搬車がこのほど、満載状態で勾配30%の上り坂走行試験に成功した。これにより、中国は急勾配条件下における運搬車の安定性不足などの弱点を克服した。プロジェクト責任者の王沢康(おう・たくこう)氏は、今回開発された新型運搬車は、油圧式クローズド駆動システムと3軸6輪の全輪駆動方式を採用し、冗長構成を組み合わせることで、上り坂で力強い走行が可能になると説明。搭載された自動重心調整装置がタイヤ空気圧を瞬時に感知し、荷物とフレームの相対的位置を調整して前後タイヤの負荷バランスを確保し、タイヤのグリップ力を保つという。(記者/譚元斌)=配信日:2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:32.21
    2021年03月25日
    「大きな問題なく実施」 聖火リレー初日で組織委

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は25日の記者会見で、福島県でスタートした初日の聖火リレーについて「大きな問題なく予定通りに実施することができた。密状態の観覧自粛に協力いただき、感謝申し上げる」と述べた。沿道の状況について「いわき駅前に観覧の人が集まっていたが、重なるような状況はなかった」と強調。100人の走者が聖火をつなぎ、運営には予定通り計460人のスタッフが関わったと明らかにした。 途中でトーチの火が消えたケースがあったことについては、原因は究明中だと説明した。<映像内容>東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長の記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月25日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年3月25日

  • 00:57.68
    2021年03月19日
    「新華社」千年の歴史ある古民家で地元経済を後押し浙江省縉雲県

    中国浙江省麗水市縉雲(しんうん)県に位置する河陽古民居は五代十国時代末期に興り、千年の歴史を持つ古村落。村落内には規模が大きく保存状態が良好な伝統建築が立ち並び、その種類の多様さや独特なデザインから地方色豊かな雰囲気が漂っている。同村落は現在、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、中国歴史文化名村、第1次中国伝統村落リスト、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に登録されている。地元政府はここ数年、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)という保護理念に基づきながら、文化観光産業で村の景観改善を推進するとともに、地元住民の増収を後押ししている。(記者/趙悦、斉琪) =配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.69
    2021年03月18日
    アプリで入国者の位置確認 成田と羽田で水際対策強化

    新型コロナウイルスの水際対策で、政府は18日、入国後の居場所や健康状態を把握するため、入国者に利用を求めている位置情報確認アプリなどがスマートフォンにインストールされているか確かめる作業を成田と羽田両空港で始めた。<映像内容>フィリピンから到着した航空機の乗客、入国者に対するスマホアプリ確認作業の様子、入国者に貸し出されるスマホなど、撮影日:2021(令和3)年3月18日、撮影場所:千葉県成田市

    撮影: 2021(令和3)年3月18日

  • 00:56.83
    2021年03月15日
    「新華社」長江上空350メートルの鉄塔で送電中の補修作業江蘇省泰州市

    中国江蘇省泰州市でこのほど、長江の南北を結ぶ送電線の北側鉄塔で通電状態のまま補修作業が行われた。送電大手、国家電網傘下の国網江蘇検修公司の従業員が送電塔に安全上の問題を発見し、同省の送電網における重要性の高さから電力部門が作業の実施を決定。作業員が高さ350メートル近い鉄塔に登り、ブランコ型の宙乗り器で故障箇所に接近した。作業は2時間近くに及んだが、送電を停止した場合に失われていた200万キロワット時分の電力供給が確保された。(記者/陳席元) =配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.80
    2021年03月12日
    「新華社」長隆野生動物世界、シロサイの繁殖に成功広東省広州市

    中国広東省広州市の長隆野生動物世界がこのほど、シロサイの繁殖に成功した。赤ちゃんは1月5日生まれ。主に母乳を飲み、出生時に49キロだった体重は1日平均1・3キロずつ増え、生後1カ月で88・8キロになった。健康状態は極めて良好で、屋外を元気に駆け回っている。群れにもなじみ、両親や兄、姉らと共に草地で日なたぼっこをしたり、草をはんだりして過ごす。シロサイは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで準絶滅危惧種(NT)に指定されている。長隆野生動物世界では2009年に初めてシロサイの繁殖に成功し、これまでに10頭以上が誕生した。(記者/劉大偉、黄保国) =配信日: 0()年0月0日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.70
    2021年03月09日
    「新華社」難病女性詩人、詩歌で輝かす命浙江省温州市

    中国浙江省温州市文成県に住む包珍妮(ほう・ちんじ)さんは、幼少期に筋肉が少しずつ衰える難病「脊髄性筋萎縮症(SMA)」と診断され、医師からも「4歳以上は生きられない」と宣告されたが、自らの命と力比べを続け今年で20年目になる。同症の患者は体がスポンジのように柔らかくなるため「スポンジベビー」と呼ばれるが、包さんは唯一動かすことのできる右手の親指を使い、これまでに100編以上の詩を書いてきた。父親によると、包さんは現在、人工呼吸器を24時間装着した状態で生命を維持している。詩を書く時は、仮想マウスとしてパソコンに接続したスマートフォンを右手の親指で使い、目の動きでパソコンを操作する。包さんはこれまで100編以上の詩や歌詞を創作しただけでなく、哲学や美学、人文学をオンラインで学んだ。英語や日本語、フランス語、スペイン語も独学で習得し、原書も一人で読めるという。2018年には詩歌作品集「予生」を出版している。(記者/鄭夢雨、魏董華、黄筱、王思遠) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.57
    2021年02月28日
    「新華社」福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。同寺は1620年に創建され、中日文化交流の長い歴史を見守ってきた。寺院にはかつて、第2代住職の黙子如定(もくすにょじょう)禅師の誓願による、清代初期の華僑が共同で寄贈した梵鐘があった。鐘は1820年に再鋳造されたが、第2次世界大戦中に武器製造のために供出された。2019年11月、于偉国(う・いこく)福建省委員会書記(当時)は代表団を率いて長崎県を訪問し、興福寺を見学した際に、梵鐘がないことを知り、中村法道長崎県知事との会見の席で、福建省が新しい鐘を鋳造し、中日友好の証として興福寺に贈ることを伝えた。設置された梵鐘は直径約1・2メートル、高さ約2メートルで、重さ約2・5トン。同寺の松尾法道第32代住職(70)は「第2次世界大戦中、興福寺は原爆の影響を受け、ほぼ壊滅状態となり、先代の住職が数十年かけて建物を一つずつ修復してきたが、梵鐘はないままだった。梵鐘が戻った今、やっと戦争が終わったと思える」と語った。1654年、当時63歳の明の高僧・隠元(いんげん)禅師は、長崎興福寺の逸然性融住職や唐人らに招かれ、弟子らを連れて渡来し、興福寺に晋山し、住職となった。寺院には、「東明山」や「初登宝地」の扁額、「黄檗開祖国師三幅対」などの隠元禅師の書を所蔵している。隠元禅師はその後、後水尾法皇や徳川幕府の庇護を受け、京都・宇治に日本三大禅宗の一つ、臨済宗黄檗派(明治以降は黄檗宗)を開いた。松尾氏は25歳で住職となってから6回にわたり訪中し、黄檗文化ゆかりの地を訪ね、隠元禅師の足跡を辿る活動を行った。また、福建省福州市で開かれた中日黄檗文化交流大会、同省莆田市での世界仏教シンポジウム、長崎での「隠元禅師と黄檗文化」をテーマとしたシンポジウムなどに携わった。(記者/冮冶、郭威、楊光、張旌) =配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.94
    2021年02月26日
    「新華社」茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。同鎮では、古い家屋が当時の状態のまま保存されている。多くが木造瓦ぶきの民家だ。地元の人によると、茶馬古道には3里ごとに宿場が置かれ、それぞれ上里、中里、下里と呼ばれたことが、鎮の名前の由来だという。街中では昔ながらの郷土料理「九斗碗(どんぶりを用いた9種類のセット料理)」「撻撻麺(ダーダー麺、幅広の手打ち麺)」「雅安大肉麺(豚角煮麺)」などが楽しめる。暖かな春の日差しの中、古鎮は今なお春節(旧正月)ムードにあふれている。(記者/康錦謙)=配信日:2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.12
    2021年02月22日
    「新華社」中国四大書院の岳麓書院を訪ねて湖南省長沙市

    国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年の設立。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。1980年代以降、岳麓書院は現代的書院への転換の道を歩んできた。今では伝統文化の継続と革新発展の成功事例となっている。(記者/姚羽) =配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.75
    2021年02月21日
    ワクチン第2便、成田到着 最大約45万回分

    新型コロナウイルスワクチンの輸入第2便が21日午前10時ごろ、全日空機でベルギーから成田空港に到着した。米製薬大手ファイザー製で、1瓶当たり6回接種できる注射器を使用すると、最大約45万回分となる。<映像内容>到着したワクチン、コンテナとパレット(荷役台)にまとまった状態で機体から搬出されるワクチン、トラックへの積み替えの様子など。※映像は一部加工しています、撮影日:2021(令和3)年2月21日、撮影場所:千葉県成田市

    撮影: 2021(令和3)年2月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.28
    2021年02月20日
    「新華社」古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(記者/高晗) =配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.62
    2021年02月15日
    「新華社」30メートルの井戸に男児が転落消防隊員が無事救出河北省

    中国河北省廊坊(ろうぼう)市安次区の銀河南路消防救援ステーションは12日午後、同区辛其営村で7歳の男児が井戸に転落したとの通報を受け、消防隊員を緊急出動させた。男児は田んぼで遊んでいた際、廃棄されたポンプ井戸に誤って転落したという。井戸の深さは約30メートルで、直径はわずか30センチ。男児の腰の高さまで水があり、壁面は濡れて滑りやすく、深さもあるため自力での脱出は不可能だった。消防隊員は酸素ボンベを消防ホースにつなぎ、井戸の中へ空気を送り続ける一方、救助用の結び目を二つ作ったロープを使って男児をゆっくりと引き上げた。作業に要した時間は約40分間で、救助された男児の健康状態も良好だという。(記者/李継偉) =配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.26
    2021年02月14日
    「新華社」移動入浴車の介護サービスを開始杭州市拱墅区

    中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区はこのほど、冬の季節に快適な入浴をしたいという1人暮らしや寝たきり、準寝たきりの高齢者の切実な願いに応えるため、自宅前で入浴や介護サービスを受けられる「移動入浴車」を導入した。車内は設備、入浴、休憩の各エリアに分かれており、バリアフリーや医療用入浴、室温管理などの機能を持つ。看護資格を持つ職員がケアにあたり、入浴前の血圧、血糖値の検査から入浴状態の確認まで、定められた手順によるきめ細やかなサービスを提供する。プライバシーの保護や衛生面の安全も考慮されている。入浴後は、休憩エリアで散髪や爪切りなどのサービスを受けることもできるという。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.91
    2021年01月31日
    「新華社」珠海長隆海洋王国でアフリカマナティーの赤ちゃんお披露目

    中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」で29日、アフリカマナティーの赤ちゃん「比莉(ビリー)」がお披露目され、愛らしい姿が注目を集めた。比莉は2020年12月3日生まれで、母親にとって2回目の出産。珠海長隆海洋王国ではこれまでに4頭のアフリカマナティーが誕生している。飼育員によると、赤ちゃんは主に母乳を飲み、時折新鮮な野菜も食べている。健康状態は良好だという。マナティーは3種に分類されており、いずれも国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(記者/黄国保) =配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.80
    2021年01月30日
    「新華社」鉄道警備員、銀嶺トンネルの安全を守る浙江省松陽県

    中国浙江省麗水市松陽県内に位置する銀嶺トンネルは、同省衢州(くしゅう)市と福建省寧徳市を結ぶ衢寧(くねい)鉄道の路線上にある。トンネルの上方100メートルほどの場所には巨大な岩がそびえ立ち、いつ崩れ落ちてもおかしくない危険な状態で、鉄道の安全運行を脅かす存在となっている。このため、一帯の鉄道を管轄する中国鉄路上海局集団杭州工務区間は、管内唯一となる1級治水監視所を設け、警備員4人を2班に分けて24時間体制で監視に当たらせている。警備員は毎回列車が通過する前に岩の状態を確認し、さらに毎日現場で亀裂や位置にずれが生じていないかを検査している。監視所は山の奥深くにあり、昼間でも訪れる人は少なく、夜は肌を突き刺すほどの冷たい風が吹きすさぶ。警備員らは孤独と寒さの中、細心の注意を払って、線路や列車の運行の安全確保に努めている。(記者/林光耀、江漢) =配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.37
    2021年01月30日
    「新華社」夏の漁に備える氷の切り出し作業河北省灤南県

    中国河北省唐山市灤南(らんなん)県柏各荘鎮の農家は連日、夏の漁に必要となる氷を確保するため、凍結した川で氷の切り出し作業に追われている。沿海部に位置する同鎮では30年以上前から、真夏に水産物や野菜を新鮮な状態で輸送できるよう、厳寒期に氷を蓄えている。(記者/王昆) =配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.80
    2021年01月23日
    「新華社」陝西省で保護されたパンダ、けが治療のため移送

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県の仏坪国家級自然保護区で19日夜、負傷したパンダ1頭が同省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターに移送された。陝西省林業局が明らかにした。パンダは昨年12月7日午前11時40分頃、同保護区三官廟管理保護ステーションのパトロール隊員が火地壩(かちは)地区で発見。背中に縦横10センチの傷があり、化膿していることが確認された。現場に派遣された専門家らが長距離輸送に適さないと判断したため、保護区内で手当てすることになった。約1カ月を経て、けがの状態が好転したため、パンダは秦嶺ジャイアントパンダ研究センターに移送された。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.63
    2021年01月23日
    「新華社」内モンゴル自治区シリンゴル盟産「白い食べ物」、GI製品に登録

    中国内モンゴル自治区農牧庁はこのほど、中国農業農村部による審査を経て、同自治区シリンゴル盟産の乳製品が中国の地理的表示(GI)製品に登録されたと発表した。同自治区の中部に位置するシリンゴル草原は、国内でも保存状態の良い温帯草原で、良質な乳製品が多く生産されている。モンゴル語で「ツァガーン・イデー(白い食べ物)」と呼ばれる乳製品は、牛乳を固めて発酵させた食べ物を指し、その製造技術は2014年8月に中国国家級無形文化遺産リストに登録されている。同盟の畜産農家の55%以上と乳製品加工企業・町工場の80%以上が、同表示の対象地域に該当しており、同盟はGI登録の可否が決定されてから、一定の条件を満たしたブランド価値の高い企業を選び、GIの使用許可を付与するという。同盟では乳製品産業が既に一定の規模を有し、同製品の年間生産量は約2万トン。中小企業をメインとする農牧民合作社(協同組合)や町工場をサブとした産業配置が形成されている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.81
    2021年01月22日
    「新華社」すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(記者/黄国保)=配信日:2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.64
    2021年01月18日
    「新華社」超高圧送電線の故障修理、送電状態のままで修復完了湖北省

    国の送電大手、国家電網傘下の湖北電力公司検修はこのほど、作業員が甘粛省酒泉市から湖南省韶山市への送電線の巡回点検中に、±800キロボルトの超高圧直流送電線3555号の鉄塔に長さ60センチの欠陥箇所を発見、送電状態のまま作業し、1時間後に修復を終えたと明らかにした。同社の修理担当者は欠陥の発見後、状況を調べた上で、送電状態で修理を行うことを決めた。同担当者は電気を止めずに作業を行うことで、電力需要に影響を与えずに欠陥を除去できると説明、高圧送電線の安全性と安定性を確保していくと述べた。(記者/侯文坤、方亜東) =配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.77
    2021年01月16日
    「新華社」冬空を舞うタンチョウ黒竜江省扎竜国家級自然保護区

    中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では厳しい寒さの中、タンチョウの舞い飛ぶ姿が多くの観光客を楽しませている。同保護区は国際的な重要性が認められ、中国で初めてラムサール条約に登録された湿地の一つ。これまで、野生のタンチョウやソデグロヅル、ナベヅルなど希少鳥類の保護に積極的に取り組んできた。タンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点としては国内最大規模で、これまでに350羽が野生復帰したという。人工飼育と半自然状態のタンチョウは計500羽、うち半自然状態のつがいは15組に達している。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.99
    2021年01月15日
    「新華社」店内で野生のゴーラルを保護甘粛省

    中国甘粛省隴南(ろうなん)市西和県の包子(中華まん)店にこのほど、1匹の野生動物が現れ、通報を受けた県職員の誘導で無事ケージ内に入れられた。鑑定の結果、動物は国家2級保護野生動物に指定されているゴーラルと判明。専門家により、健康状態が良好で、野外での生存能力を備えていると確認されたため、同県盧河鎮の玉泉営林場で自然に返された。(記者/郭剛、張文静) =配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.01
    2021年01月15日
    「新華社」長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。遺跡は同研究所が2019年3月から2020年12月にかけ、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を実施。銅鋳造施設のために築かれた人工基礎の上で、銅鋳造に関わる各種遺構を発見した。人工基礎は灄水(長江の支流)の東岸沿いに平行に築かれており、南辺の長さは29・4メートル、東辺は40・8メートル。面積は約1100平方メートルで、独立した工房エリアを構成していた。同研究所の副研究員で、同遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める胡剛(こ・ごう)氏によると、遺構ではこれまでに炉台15基、るつぼ壁の残骸80点余り、土製鋳型120点余り、石製、銅製の工具類105点が出土。2つの境界溝と複数の大型灰坑の中からは大量の日用土器や印文硬質土器、炭化した植物種子、木炭、小動物の骨が見つかった。浮選法で選別した種子の放射性炭素年代測定値を年輪年代法で補正した数値は紀元前1401年~同1226年だった。同研究所の方勤(ほう・きん)所長は、出土した土製鋳型片から推測した器物の口径が25センチだったことから、同遺構では大型器物も鋳造されていたと指摘。銅くずの分析では銅と錫の合金(青銅)を精錬していたことも分かっており、遺構が少なくとも粗銅と合金の精錬、鋳型による鋳造を行う高い技術と生産能力を持っていたと説明した。方氏はまた、遺跡の位置づけについて「湖北省ではここ数年で最も重要な商代の考古学発見の一つといえる。紀元前1226年前後の商王朝による長江流域の統治と支配の実像を再現しており、殷墟文化第一期前後の青銅器鋳造活動の組織形態や原料の輸送ルートなど、青銅器時代の重要な学術的問題にとって大きな価値がある」と述べた。(記者/方亜東、喩珮) =配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.63
    2021年01月12日
    「新華社」山東省栖霞市の建設中金鉱で爆発22人閉じ込め

    中国山東省煙台市が管轄する栖霞市西城鎮で建設中の五彩竜金鉱で10日午後2時、爆発が起き、衝撃波で坑内と地上を結ぶ移動手段が動かなく、坑内に22人の作業員が閉じ込められた。通信システムも損壊し、連絡が取れない状態となっている。11日午後8時48分、煙台市党委員会が栖霞市党委員会から報告を受けた。救助隊が現場で救助活動をしている。(記者/李小波) =配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.94
    2021年01月11日
    「新華社」福建省北部に初雪送電網を守る対策講じる

    中国福建省北部の南平市では7日、多くの地域で雪が降り、送電網への負担が高まったため、地元の電力部門がさまざまな対策を講じた。220キロボルトの南源変電所では、作業員が移動式直流電源融雪装置で送電線の雪を溶かす訓練を実施した。同市北部の山岳地帯には5~6センチの雪が積もっており、複数の特別巡回チームが徒歩で見回るほか、ドローン(小型無人機)を使って送電線の状態を確認するなどして潜在的な危険の有無を調べている。(記者/陳旺) =配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.55
    2021年01月11日
    「新華社」唐代の墓葬壁画に垣間見る当時の生活陝西省

    中国陝西省考古研究院は8日、同省西咸新区空港新城底張街道布里村の北で昨年12月に発見された唐代の墓2基に関する情報を公開した。2基はいずれも整った形状で出土し、年代も明確だった。墓内では保存状態の良い壁画も見つかった。同研究院の李明(り・めい)研究員は2基の墓について、いずれも五つの天窓を持ち、1基は単室磚券墓(せんけんぼ、アーチ構造のれんが造りの墓)、もう1基は土洞墓(どどうぼ)だと説明した。李氏によると、単室磚券墓の壁画は、墓道東西の壁に描かれた胡人訓馬図と胡人牽駝図が最も躍動感に満ちていた。人と動物は生き生きと描かれ、筆遣いも滑らかで、特に正面の駿馬と裏側の猟犬は、唐墓の壁画でも珍しい題材だという。墓誌によると、被葬者の康善達(こう・ぜんたつ)は初唐の人で、官用馬をつかさどる役人だった。その父も牧場の監督者を務めていたとあり、原州(今の寧夏回族自治区固原市)出身のソグド人(中央アジアのイラン系民族)だった可能性が高い。墓の壁画に描かれた馬の調教者やラクダを引く人も胡人(北方や西域の異民族)の姿であることから、被葬者の一族や生前の生活に関係していると思われる。土洞墓の壁画は、甬道(ようどう)東西の壁と墓室の四方の壁に描かれていた。うち墓室東側の壁画は楽舞図で、絵の中央に円形のフェルトの敷物の上に立つ2人の舞い手の姿がある。両側には楽隊が配されおり、盛唐の典型的な様式だという。墓誌から被葬者は楊知什(よう・ちじゅう)と龐大家(ほう・だいか)の夫婦だと分かった。楊知什は隋代の高官で則天武后の外祖父に当たる楊達(よう・たつ)の曾孫で、めいは玄宗の妃嬪となり粛宗を生んだ(元献皇后)。龐大家は玄宗の外祖母の従姪(じゅうてつ、いとこの娘)で、曽祖父の龐卿惲(ほう・けいうん)は唐初の功臣だった。李氏は2基の墓の発見について、唐代の絵画芸術や当時の人々の日常生活を研究する上での新たな考古学的資料になると説明した。(記者/梁愛平) =配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.76
    2021年01月11日
    「新華社」路面凍結から鴨池河大橋の安全を守る貴州省

    中国貴州省の大部分の地域では6日以降、強い寒気の影響で気温が急激に低下し、冷たい雨が降り続いたことで路面が凍結、多くの高速道路と一部の幹線道路で一時的な交通規制が実施されている。同省貴陽市と畢節(ひっせつ)市の境を流れる鴨池河(おうちが)に架かる鴨池河大橋は山間部にあり、冬場は路面が凍結しやすいことから、交通警察の重点監視地点となっている。24時間橋の状態を監視するため、橋の欄干外にある作業用通路に監視業務用のプレハブ小屋を設置し、路面凍結などを発見した場合には直ちに対応する態勢を整えた。8人の警察官が四つの班に分かれ、各班が6時間ずつ監視業務に当たる。路上の凍結を発見した場合、速やかに状況を報告するとともに、凍結防止剤をまいて通行の安全を確保する。(記者/崔暁強、劉勤兵、呉斯洋)=配信日:2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.41
    2021年01月09日
    「新華社」食用キノコ産業の発展で収入増河北省平泉市

    「中国の食用キノコの里」と呼ばれる河北省平泉市では現在、栽培農家が早期収穫や高値での販売を目指し、資材の準備や原木作りを進めている。同市は食用キノコの生産や加工を農家の収入増につながる中核的な産業に定め、研究開発やハイテク栽培、高度加工、市場流通、ブランド構築を網羅する産業チェーンを形成してきた。2020年にシイタケの栽培規模が原木6億8千万本分、生産量が60万トンに達し、産業チェーン全体の生産高は62億元(1元=約16円)に上った。これにより8千戸余り、1万6千人以上が貧困状態から脱却し、1戸当たり年間2万5千元以上の収入増を実現した。(記者/駱学峰) =配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.73
    2021年01月08日
    「新華社」中国の研究者、4600キロに及ぶ量子通信を実現

    国科学技術大学の潘建偉(はん・けんい)教授率いる研究チームが、ユーザー150人以上の量子鍵配送を可能にする総距離4600キロにわたる統合型量子ネットワークを構築した。研究成果はこのほど、科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。量子物理学の法則に基づいた量子通信は、セキュリティーが極めて高度で、情報を盗み取ろうとした瞬間に、光ファイバーでデータを送信する光子の量子状態が「破壊」されてしまうため、盗聴や情報の傍受、解読ができない。論文では量子ネットワークについて、ビデオ通話や音声通話、ファクス、テキスト送信、ファイル転送などが技術的な検証を経て実証されており、近い将来、商用化されると説明。地上での接続や地上と衛星間の接続を通じ、より多くの国々の量子ネットワークに接続することで、世界規模の量子ネットワークが可能になると指摘した。潘氏は、量子通信が将来的に金融、政治、防衛分野での利用が見込まれていると紹介。産業界全体をつなぎ、最終的には量子通信による極めて安全なインターネットが実現すると述べた。 =配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.44
    2021年01月02日
    「新華社」寒中水泳で新年を祝う愛好家黒竜江省ハルビン市

    中国の「全国寒中水泳の日」に当たる1日、黒竜江省ハルビン市道外区の寒中水泳場に愛好家が集まり「自然のプール」を整備した。この日の気温は氷点下29度だったが、やる気満々の愛好家たちは40分ほどで「プール」を泳げる状態にして、記念日を祝う初泳ぎを楽しんだ。(記者/張濤) =配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.92
    2020年12月25日
    空撮 富士山、雪化粧せず 山肌が見えた富士山

    12月の下旬になっても富士山が一向に雪化粧しない異例の事態となっている。静岡県裾野市役所のライブカメラ映像などでは、昨年は10月に山頂が白くなった富士山が確認できたが、今年は積雪がほとんどなく山肌が見えた状態で、地元の観光関係者も「この時期まで積雪がないのは記憶にない」と話す。甲府地方気象台は気温は低かったものの太平洋側の少雨が、富士山の積雪の少なさにつながった可能性を指摘している。<映像内容>冠雪が少なく、山頂まで茶色の山肌が見えた状態の富士山を共同通信ヘリから撮影した映像、撮影日:2020(令和2)年12月25日、撮影場所:静岡県裾野市

    撮影: 2020(令和2)年12月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.64
    2020年12月24日
    北朝鮮 コロナ封鎖続く 中朝貿易、最低を更新

    北朝鮮は新型コロナウイルス流入阻止のため1月末から国境を封鎖。来年1月の朝鮮労働党大会を前に防疫措置を一層強化しており、公式統計上の国外との物流は2カ月連続でほぼ途絶えた状態だ。中国税関総署は23日、北朝鮮との11月の貿易総額が前月比23%減の127万3千ドル(約1億3200万円)だったと発表した。前年同月比では99・5%減。中朝貿易総額が公表され始めた1998年以来、最低に落ち込んだ前月をさらに下回った。<映像内容>平壌市内の雑観(凱旋門周辺、マスク姿の市民ら、スローガン「人民のために働こう」看板)、撮影日:2020(令和2)年12月24日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年12月24日

  • 00:26.34
    2020年12月18日
    「新華社」運搬ロケット「長征8号遥1」、発射エリアへ移動

    中国の運搬ロケット「長征8号遥1」は16日、海南省文昌航天発射場で、技術試験エリアから発射エリアへの移動を終えた。打ち上げは今月末を予定している。国家航天局が明らかにした。同局によると、ロケットを載せた移動式発射プラットフォームは同日午前8時すぎ、垂直試験用建屋から垂直状態のまま移動し、発射エリアに無事搬入された。今後は燃料注入を経て、計画に基づき打ち上げが実施される。(記者/周旋) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.48
    2020年12月17日
    「新華社」北京市、核酸検査の総合演習を実施

    中国北京市の東城区、海淀区、北京経済技術開発区で15日、核酸検査の総合演習が行われた。新型コロナウイルスに対する「外防輸入、内防反弾(外部からの輸入を防ぎ、内部での再拡大を防ぐ)」の要求事項をさらに徹底し、感染対策業務を確実に行い、感染予防・抑制の応急処理能力をチェックし、北京市核酸検査情報統一プラットフォームの応用状況をテストするのが目的。今回の演習は、新たに開発された北京市核酸検査情報統一プラットフォームを利用し、健康状態確認アプリ「北京健康宝」を統一窓口として、予約、検体採取、検査、結果案内の全プロセスを一体化した管理を実現した。検査結果はリアルタイムで「北京健康宝」のバックグラウンドに伝送され、市民はいつでも検査の進捗状況を見ることができる。(記者/馬曉冬、王君璐) =配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.33
    2020年12月13日
    「新華社」年越しに欠かせない郷土菓子「牛皮糖」浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海(ねいかい)県では、お茶とお茶菓子を楽しむ習慣が先祖代々、住民の間で受け継がれてきた。二十四節気の大雪(たいせつ)を過ぎると、同県の各家庭で年越しに欠かせない郷土菓子「牛皮糖」作りの準備が始まる。1970年代から、地元の村の住民と製糖技師が先人の製糖技術を掘り起こして整理し、伝統食品として改めて販売。食感、弾力性、柔らかさの三つがそろった最高の状態にたどり着いた。牛皮糖作りは、洗い、蒸し、煮詰め、炒りなど多くの工程を経る。まずサツマイモを洗って皮をむき、スライスしてから千切りダイコンと一緒に鍋でよく蒸す。蒸して柔らかくなったサツマイモに麦芽を加えてペースト状にすりつぶし、ふたをしてしばらく蒸らしてから水気を切り、シロップになるまで煮詰める。煮詰めたものにピーナツ、ゴマ、オレンジピール、ショウガパウダーを加え、数回炒ってからすくい取り、シロップが冷めて固まるのを待って、サツマイモの粉をたっぷりまぶせば出来上がりとなる。(記者/顧小立)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.44
    2020年12月09日
    「新華社」まるで桃源郷、彩りあふれる冬の原生林貴州省

    中国貴州省遵義市綏陽(すいよう)県にある寛闊水国家級自然保護区は、面積2万ヘクタール余り。保護区内には、中国で最も保存状態が良く、最も代表的なテリハブナ林がある。同林は北緯28度の地域に生育する広葉樹林の原生林で、冬になっても変わらずに美しく、彩りあふれる山林、エメラルドグリーンの河や湖、美しい石林が、桃源郷のような風景を作り出している。(記者/劉勤兵)<映像内容>寛闊水国家級自然保護区、テリハブナ林などの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.54
    2020年12月08日
    「新華社」河北省の周家荘墓地から貴族墓商代後期の歴史の空白埋める

    中国の河北省文物局はこのほど、同省石家荘市欒城(らんじょう)区の周家荘墓地で1年近く実施した事前調査と緊急発掘調査で、22基の墓を発掘したと明らかにした。墓からは青銅の盛食器「簋(き)」や酒器「爵(しゃく)」「觚(こ)」のほか、兵器や玉器などが出土した。同墓地の発見は同省中南部における商代後期の歴史の空白を埋めたほか、商周時代の歴史や地理、文化、社会発展を研究する上で重要な実物資料をもたらした。墓地は同区西営郷周家荘村の南約200メートルにあり、東を流れる洨河(こうが)からは約2キロ離れている。発掘完了エリアは墓葬と遺跡の二つの部分からなり、緊急発掘調査を実施した墓22基のうち、「甲」字形の墓2基を含む17基が商代の墓だった。墓の格式は高く、造りも精巧で、3千年近くの歳月を経ても良好な状態で保存されていた。同省文物考古研究院の専門家は、商代後期のある程度の身分を持つ貴族の墓群だと暫定的に判断している。(記者/駱学峰)<映像内容>周家荘墓地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.96
    2020年12月05日
    「新華社」幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。工事は日干しれんが造りの3部屋からなる「三間房」と仏塔、これらを支える台地を対象に実施。世界文化遺産の保護プロジェクトで多数の実績がある中鉄西北科学研究院が工事を請け負い、同社の周鵬(しゅう・ほう)氏率いる文化財保護スタッフ20人以上が近くに泊まり込んで進めていた。楼蘭遺跡は同州チャルクリク(若羌)県にあり、一帯では強風に見舞われる日が毎年少なくとも80日ある。県の文化財担当部門が昨年、遺跡の巡回調査で風食が進み深刻な状況にあることを確認。台地の下層部分は空洞を形成し、いつ崩壊してもおかしくない状態だった。周氏は工事について「遺跡周辺の台地の表層から採取した粘土で日干しれんがを作った。れんがは日陰の涼しい場所で14日間乾燥養生させてから、損傷部分の補修に使った」と語った。補強措置に加え、風速や湿度など気象要素を自動で収集するシステムを設置し、三間房と仏塔をレーザースキャンで3Dデータ化した。周氏は「何年かしてから遺跡を再びスキャンした時に今回のデータとの比較ができる。収集した気象データを組み合わせることで、気候環境と遺跡の風食との関係を研究することも可能だ。今後の楼蘭遺跡の保護に役立てば」と話している。(記者/張暁竜)<映像内容>楼蘭古城の緊急補強工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.88
    2020年12月04日
    「新華社」洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。発掘現場の責任者、呉業恒(ご・ぎょうこう)氏によると、墓の保存状態は良く、青銅の編鐘(へんしょう)や編磬(へんけい)、玉璜(ぎょくこう)、玉扳指(ぎょくはんし、扳指は弓を引く指を保護する指輪状の装具)などの副葬品が出土した。墓の周囲からは車と馬を副葬した竪坑「車馬坑」も見つかった。呉氏は「車馬坑があるのは高級貴族の墓であり、編鐘や編磬などの礼器が出土したことを考えれば王級の墓と思われる」と見方を示した。同墓地で王級の墓が出土したのは2度目だという。洛陽市文物考古研究院の史家珍(し・かちん)院長は「墓から出土した副葬品や車馬坑に馬や羊、牛の頭部とひづめを埋める習慣は春秋時代の戎(じゅう)族の文化や埋葬習慣に似ている。一方で銅製の礼器や馬車の規格を見ると中原の影響を強く受けていたことも伺える」と説明した。歴史書の記載によると、陸渾の戎は紀元前638年、北西部から現在の洛陽市伊川県に移住。同525年に晋国により滅ぼされた。(記者/袁月明)<映像内容>洛陽市で発見された戎族王級墓の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.75
    2020年12月01日
    「新華社」飛び降りようとした女性を消防士が救出江西省南昌市

    中国江西省南昌市で1日、マンションの屋上から今にも飛び降りそうな状態の女性が目撃された。通報を受けた消防隊員らが直ちに現場に駆け付け、1人が女性に話しかけて注意をそらし、もう1人が背後から近づいて自分の体を下敷きにして女性を受け止め、間一髪で救出した。<映像内容>飛び降りようとした女性を消防士が救出、撮影日:2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.02
    2020年11月27日
    「新華社」中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。同発電所の趙皓(ちょう・こう)総経理は、現場で確認した結果、5号機の各技術指標は全て設計要求を満たしており、状態は良好で、後続の原子炉の商業運転開始に向けて確かな基礎を築いたと説明した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。現在、同集団は国内外で合計6基の「華竜1号」原子炉を建設中で、建設プロジェクトの安全性と品質はしっかりと確保されている。<映像内容>中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功、撮影日:2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.01
    2020年11月22日
    「新華社」薬用植物トウサイカチが「金のなる木」に貴州省畢節市

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市織金県猫場鎮では、村民たちが特産品のマメ科の薬用植物トウサイカチの実の収穫に追われている。「雪蓮子」とも呼ばれ、肝臓や目の調子を整え、美肌効果もあるとして、年に1度のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」でも各地から注文が殺到した。収穫したトウサイカチの実は、村の産業パークでさやを蒸し煮して皮を取り除き、乾燥させ、選別して包装するまでの全工程を行っている。村を挙げて産業チェーンの振興に力を入れ、栽培面積の拡大や加工場の建設に尽力。トウサイカチ産業が村民を貧困から脱却させ、収入を増やす切り札となっている。(記者/楊焱彬、陳嫱、周宣妮)<映像内容>貴州省畢節市の空撮、トウサイカチの実の加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.80
    2020年11月20日
    「新華社」太行山脈奥地の村、屋根の上に広がる「豊作の絵図」河北省渉県

    冬を迎え、中国河北省邯鄲市渉県の大窪村では民家の屋根の上で農作物が天日干しされ、詩的な味わいに満ちた「豊作の絵図」のような光景が広がっている。同村は太行山脈の東麓に位置し、山の斜面に沿って家々が建てられている。古い建物は保存状態もよく、中国の伝統的な村の姿をとどめている。(記者/閆起磊)<映像内容>民家の屋根の上で農作物が天日干しされている様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.13
    2020年11月18日
    昨年参院選「合憲」 最高裁、1票格差3・00倍

    「1票の格差」が最大3・00倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は18日、弁護士グループ側の上告を棄却し、選挙無効の請求を退ける判断が確定した。「違憲状態とは言えない」として、「合憲」との判断を示した。格差是正に向けた国会の取り組みへの評価が焦点だった。全国14の高裁・高裁支部が昨年出した計16件の判決は「合憲」14件、「違憲状態」2件と分かれていた。<映像内容>二つの弁護士グループの入廷行動、最高裁外観、升永英俊(ますなが・ひでとし)弁護士グループによる旗出し、撮影日:2020(令和2)年11月18日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年11月18日

  • 00:59.84
    2020年11月11日
    「新華社」消防隊が深さ2メートルの穴から牛を救助江西省上饒市

    中国江西省上饒(じょうじょう)市広信区石人郷蘇橋村で11日、体重350キロ以上の牛が穴に落ち、同区旭日北大道の消防救援ステーションの消防隊が救助に当たった。牛は深さ2メートルの穴にはまり込み、頭部のみ地上に出して長時間過ごしたため、極度の疲労状態にあった。消防隊はまず穴を広げ、牛の体を挟んでいるれんがを一つずつ取り除いた。続いて牛の前脚を縛り、ショベルカーでゆっくりと引き上げた。牛は幸い大きなけがもなく、無事だった。(記者/劉彬)<映像内容>穴にはまった牛を救助する様子、撮影日:2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:34.87
    2020年11月10日
    Harris, Biden slam Trump admin. over health care

    U.S. Vice President-elect Kamala Harris says that each vote for President-elect Joe Biden was in support of the Affordable Care Act he helped craft during the Obama administration.During remarks Tuesday in Wilmington, Delaware, Harris said that Biden “won the election decisively,“ and that “every vote for Joe Biden was a statement that health care in America should be a right, not a privilege.“Harris also noted that, if the Affordable Care Act is dismantled, “communities of color would be hit particularly hard ... because they are at a greater risk for preexisting conditions,“ as well as complications from the coronavirus.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 01:22.08
    2020年11月06日
    「新華社」日本生まれのパンダ「愛浜」、秦嶺でも元気陝西省

    中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで、雌のパンダ「愛浜(アイヒン)」が大きな口を開けて食事をしていた。愛浜は2006年生まれ。両親の「永明(エイメイ)」と「梅梅(メイメイ)」は、四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地から和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」へ渡り、現在も同施設で飼育されている。愛浜は2017年、四川省と陝西省のパンダ繁殖交流に伴って成都から秦嶺に移り、雄の双子「善仔(シャンザイ)」と「恒恒(ホンホン)」を産んだ。現在の体重は約120キロで、食欲など健康状態も良好。タケやタケノコを好み、果物や穀物の蒸しパンも毎日食べるが、牛乳は苦手な様子だという。(記者/孫正好)<映像内容>陝西省で飼育されている日本生まれのパンダ「愛浜」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.25
    2020年11月05日
    「新華社」新たな高生産油井、1日300立方メートルの自噴内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区のバヤンノール市政府はこのほど、河套盆地にある石油試掘井で1日300立方メートル余りの自噴があり、良好な石油地質条件を持つことがさらに確実になったと明らかにした。中国石油集団華北油田バヤンノール探査開発分公司地質工程研究所の曹斌(そう・ひん)所長は、バヤンノール市臨河区八一郷のリスク試掘井「臨華1X」で10月20日から、油層の状態や生産量を知るための「試油」を開始し、1日当たり305・76立方メートルの自噴が確認されたと説明した。同試掘井は昨年12月4日からボーリングを開始し、今年8月10日に完了。同社は作業業者と協力し、作業を効率的に進めた。浅い層は崩れやすく、深い層は方向測定が難しく、粘土や岩など地質の変化が多いなどの技術的難題を克服して、順調なボーリング探査と生産を導いた。<映像内容>河套盆地にある石油試掘井の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:13.69
    2020年11月04日
    Biden ‘confident‘ he will win as votes are counted

    Democratic presidential nominee Joe Biden said Wednesay he feels “confident“ he will “emerge victorious“ after all U.S. states finish their ballot counting, and he urged the nation to come together once the election is finally behind.The Democratic presidential nominee appeared on stage in Wilmington, Delaware with his running mate, Sen. Kamala Harris on Wednesday afternoon.He promised, “I, we, are campaigning as a Democrat“ but “I will govern as an American president.“Biden then used a common refrain from his campaign, saying, “There will be no red states and blue states when we win. Just the United States of America“Ballots are still being counted in pivotal swing states, including Michigan and Pennsylvania.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 02:14.78
    2020年11月04日
    ‘Confident‘ Biden urges unity as votes are counted

    Democratic presidential nominee Joe Biden said Wednesay he feels “confident“ he will “emerge victorious“ after all U.S. states finish their ballot counting, and he urged the nation to come together once the election is finally behind.The Democratic presidential nominee appeared on stage in Wilmington, Delaware with his running mate, Sen. Kamala Harris on Wednesday afternoon.He promised, “I, we, are campaigning as a Democrat“ but “I will govern as an American president.“Biden then used a common refrain from his campaign, saying, “There will be no red states and blue states when we win. Just the United States of America“Ballots are still being counted in pivotal swing states, including Michigan and Pennsylvania.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 03:17.08
    2020年11月03日
    Jill Biden in Florida on Election Day

    The wife of the Democratic Presidential Nomiee, Dr.Jill Biden is spending part of Election Day in the battleground state of Florida.“I‘m asking you, will you stand with Joe Biden and Kamala Harris? Joe Biden is fighting for you. And when we come together, everything is possible,“ said Dr. Biden during a stop in St. Petersburg.“So, hey, are you ready to vote? Are you ready to win? And are you ready to tell Donald Trump you‘re fired?“All eyes are on Florida, a swing state known for razor-thin election tallies.If President Donald Trump doesn’t win Florida, he’s going to have a rough time capturing enough states to stay in office. If Democrat Joe Biden doesn’t win the state, he still has other pathways to victory.Florida election officials are expected to announced the results of millions of mail-in ballots cast early.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 02:33.05
    2020年11月02日
    Biden pitches to Pittsburgh‘s Black voters

    Joe Biden is telling Black voters in Pittsburgh to turn out to help him win the all-important state of Pennsylvania.Speaking at an outdoor rally in Homewood, a predominantly African American community in Pittsburgh, Biden told the crowd that “the power to change this country is in your hands.“He spoke about his plan to promote Black economic mobility and the disproportionate effect COVID-19 has had on the community.Biden said that “we‘re done with the chaos, we‘re done with the racism, we‘re done with the tweets, the anger the hate the failure, the irresponsibility.“Some supporters sitting in their cars for the outdoor event honked their horns, while others bundled up in blankets watching Biden in front of the stage cheered.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.06
    2020年11月02日
    「新華社」新疆カシュガルの卸売市場、コロナ対策期間中も安定供給

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区のクコラン(庫可蘭)農産物国際物流港は、同地区で比較的規模の大きい総合生鮮市場の一つ。主に野菜や果物、肉類などの卸売りと小売りを行う。毎朝午前8時には、カシュガル市内や各郷・鎮の野菜卸商が市場に入るために列をなす。同市場の従業員によると、卸商の車両はゲートを通過する時点で既に消毒が済んでおり、市場に出入りする人も体温検査と健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示が義務付けられている。市場従業員の話では、トウガラシやネギなど価格で輸送費上昇による変動がみられるものの、供給に影響はないという。取材中には、山東省や河南省などから大型トラックで運ばれた野菜が、市場で小売り用に小分けされる様子が見られた。(記者/張嘯誠)<映像内容>新疆カシュガルの卸売市場、野菜卸商が市場に入る様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.58
    2020年11月01日
    「新華社」三峡プロジェクト、竣工検証が完了

    中国水利部と国家発展改革委員会は1日、三峡プロジェクトで実施されていた竣工検証の全てのプロセスが完了したと発表した。検証結果によると、プロジェクトの建設任務は全面的に完成しており、工事の品質も規定と規範、設計要求を満たし、全体的に優良とされた。運営についても良好な状態が続いていると判断。洪水防止や発電、水上輸送、水資源利用などの総合的効果が全面的に発揮されているとした。同プロジェクトは世界最大の水利中枢プロジェクトで、総合的効果が最も幅広い水力発電プロジェクトとされる。(記者/肖芸九、潘志偉)<映像内容>三峡プロジェクトで実施されていた竣工検証が完了、撮影日:2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.68
    2020年10月30日
    「新華社」群れからはぐれたキンシコウを近隣住民が保護陝西省

    中国陝西省西安市周至県でこのほど、住民から「自宅前にキンシコウがいる」と公安局に通報があった。キンシコウは群れで生活する習性があり、孤立状態は望ましくないため、警察官は野生動物救助センターに連絡。センターがキンシコウを引き取り、健康状態に問題がないことを確認した後、自然に返すことになった。(記者/孫正好)<映像内容>群れからはぐれたキンシコウ、食事や捕獲する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※一部サイズの小さい動画です。

  • 01:04.96
    2020年10月29日
    「新華社」排気ガスを出さない水素燃料電池バスが運行開始、吉林省白城市

    中国吉林省白城市は、同省で初となる水素燃料電池バスを導入し、15台で運行を始めた。バスは中国第一汽車集団傘下のトラックメーカー、一汽解放汽車による開発・製造で、最高速度は時速60キロ、燃料補給はわずか15分、氷点下30度の環境でも運行できる。煙感知器や自動消火などの安全装置が設置され、スマートフォンのアプリで状態監視や位置確認が可能な公共交通運行システムも搭載されている。<映像内容>水素燃料電池バスの運航の様子、車内の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.32
    2020年10月28日
    空撮 工事現場で4人生き埋め 大阪・茨木

    28日正午ごろ、大阪府茨木市千提寺の工事現場で「3、4人が生き埋めになっている」と119番があった。現場は新名神高速道路の茨木千提寺インターチェンジの北側で、茨木市消防本部によると、ブロックが崩れ、工事関係者とみられる20~50代の男性4人が生き埋めになり、うち40代男性が心肺停止の状態。<映像内容>生き埋め事故が発生した工事現場の空撮、撮影日:2020(令和2)年10月28日、撮影場所:大阪府茨木市

    撮影: 2020(令和2)年10月28日

  • 00:17.31
    2020年10月28日
    「新華社」中国初の火星探査機「天問1号」、3回目の軌道修正成功

    中国初の火星探査機「天問1号」は28日午後10時(日本時間同11時)ごろ、飛行管制チームによるコントロールで、8台の25Nエンジンを同時に点火し、3回目の軌道途中修正を無事に完了するとともに、軌道上で25Nエンジンの実際の性能を検証した。国家航天(宇宙)局が明らかにした。専門家の説明によると、3回目の軌道途中修正は深宇宙マヌーバ(DSM)の後の遷移軌道での再度の微調整で、探査機が予定の時間に火星と交差するようにする。「天問1号」はこれまでの飛行時間が97日で、地球からの現在の距離は約4400万キロ、飛行距離は約2億5600万キロ。探査機の各システムの状態は良好で、地上の各管制通信センター、ステーションによる追跡は正常に行われている。<映像内容>中国初の火星探査機「天問1号」、撮影日:2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.06
    2020年10月24日
    高校生転落、女子大生直撃 大阪、飛び降り巻き添えか

    23日午後5時50分ごろ、大阪・梅田の商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」から大阪府に住む府立高校の男子生徒(17)が転落し、路上を歩いていた兵庫県加古川市の大学2年の女子学生(19)に直撃した。いずれも意識不明の状態で病院に運ばれたが、男子生徒は死亡が確認された。施設屋上から飛び降りたとみられる。巻き添えとなった女子大生は治療中。23日夜、現場周辺には規制線が張られ、仕事帰りのサラリーマンや若者が大勢集まり、周囲は騒然とした。<映像内容>高校生が転落した大阪市の商業施設「HEP FIVE」の外観、現場周辺の雑観、撮影日:2020(令和2)年10月24日、撮影場所:大阪府大阪市

    撮影: 2020(令和2)年10月24日

  • 00:42.12
    2020年10月21日
    「新華社」中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(記者/林凱)<映像内容>中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」の様子、撮影日:2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.24
    2020年10月20日
    「新華社」断崖の養蜂場、「甘くて危険」な採蜜作業北京市密雲区

    中国北京市密雲区の馮家峪(ふうかよく)鎮では、高さ50メートル余りの断崖絶壁に養蜂箱600個がつり下げられ、壮麗な奇観を作り出している。収穫期には命綱をつけた作業員が「スパイダーマン」のように上から降りて来て、宙に浮いた状態でハチミツを採集する。同鎮では人や野生動物の影響を減らすためにミツバチの巣箱を断崖に設置。壮観な「断崖の養蜂場」を作り出した。(記者/夏子麟)<映像内容>断崖絶壁の養蜂箱、ハチミツの採集の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.92
    2020年10月19日
    「新華社」超高圧直流送電プロジェクト変電所で初の年次点検安徽省宣城市

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州と安徽省宣城市宣州区古泉鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトの受電端、安徽省宣城市にある古泉変電所で12~24日にかけて、初の年次点検・保守作業が実施されている。同プロジェクトは世界最高の電圧等級、最大の送電容量、最長の送電距離を誇る超高圧直流送電プロジェクトとして、2019年9月に運用を開始した。同変電所の翁良傑(おう・りょうけつ)副主任によると、今回の点検・保守では、大型機器への衛星測位システム「北斗」の搭載、第5世代移動通信システム(5G)ネットワークによるモニタリング機能の強化、赤外線顔認証・検温一体型機器による点検・保守チームの感染予防・抑制など、作業効率化のために多くのテクノロジーが導入されている。今回の作業はプロジェクトの運用開始後初めての年次点検・保守で、13日間送電を停止した状態で行う。期間中は検査員約千人、大型機械60台以上、検査機器400セット余りが用いられる。(記者/汪海月)<映像内容>超高圧直流送電プロジェクト変電所の年次点検の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.80
    2020年10月16日
    「新華社」チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(記者/賈立君)<映像内容>チベット仏教寺院「五当召」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.88
    2020年10月08日
    「新華社」遼寧省の古刹「奉国寺」、建立千年を祝う

    中国遼寧省錦州市義県の奉国寺で3、4両日、建立千年を祝うイベントが開かれ、全国から観光客や文化財専門家が集まった。1020年に建てられた同寺は、現在も良好な状態を保っている。建築面積は6万平方メートルで、境内には世界で規模が最も大きく、最も古い彩色泥塑群がある。義県文物局の王飛(おう・ひ)局長は同寺の大雄殿について、現存する中国の歴史建築の中で最も規模が大きく、保存状態の良い単層木造建築だとし、建築や絵画、彫刻、石刻、壁画など多くの面で価値を持つと説明。歴代王朝も改修と保護を続けてきたが、新中国成立以降の度重なる改修で保存状態は明らかに改善されたと語った。(記者/姜兆臣)<映像内容>奉国寺で建立千年を祝うイベントの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.72
    2020年10月02日
    「新華社」空から見たカシュガル古城風景区新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は、長い歴史と独特の風情を有し、国内でも比較的保存状態の良い市街地が広がっている。(記者/高晗)<映像内容>カシュガル古城風景区の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.03
    2020年09月29日
    ダッシュボードを「透明化」 京セラが新コンセプトカー

    京セラは29日、運転席に次世代技術を採用したコンセプトカー「Moeye(モアイ)」を開発し、報道関係者に公開した。物体を透明に見せる光学迷彩技術を使うことでダッシュボードの先の風景が透けて見え、ドライバーの視野が広がり道路状態を確認しやすい。自動運転技術の進化で車内空間の重要性が高まっていることに対応した。 <映像内容>コンセプトカー「Moeye(モアイ)」のお披露目、Moeyeの外観、京セラの開発担当者による説明、フォトセッション、ダッシュボードを「透明化」するデモンストレーション、京セラの稲垣正祥(いながき・まさひろ)執行役員上席研究開発本部長のインタビューなど、撮影日:2020(令和2)年9月29日、撮影場所:京都市伏見区

    撮影: 2020(令和2)年9月29日

  • 00:57.04
    2020年09月26日
    「新華社」百年の歴史を見つめてきた北戴河の別荘群河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市北戴河区は国内有数の避暑地として知られる。清末から新中国成立前にかけて、国内外の多くの著名人が同地の海辺に別荘を建設した。1948年の統計によると、当時同地には719棟の別荘があり、江西省廬山(ろざん)に次ぐ国内で2番目の規模を誇る別荘地だった。現在も比較的保存状態の良い古い別荘110棟余りが残されている。100年にわたって小さな一漁村から有名な避暑地へと発展する過程を見つめてきた北戴河は、同地の近代の歴史・文化を今に伝える重要な「遺産」となっている。(記者/牟宇)<映像内容>北戴河の別荘群の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.92
    2020年09月23日
    「新華社」中国の研究者、ニタリクジラの科学調査を実施

    中国広西チワン族自治区の北部湾海洋哺乳動物共同研究チームはこのほど、3年目となるニタリクジラの系統的な科学調査・研究を開始した。同自治区北海市潿洲島(いしゅうとう)は中国で地質年齢が最も若い火山島で、生態環境に恵まれている。同島海域のニタリクジラは捕食方法が特徴的で、餌の魚を追い込み、水面に顔を出して口を開けると、そのまま餌が口の中に入るのを待つ。他地域のほとんどのニタリクジラや他のクジラ類は餌を追い込んだ後に横向きになって口を開けて餌へと向かう。広西科学院の陳黙(ちん・もく)副研究員によると、タイと潿洲島海域のニタリクジラは捕食方法が似ていることが分かっており、研究者は両地域のニタリクジラに類縁関係があるかどうか関心を寄せている。今後、生体サンプル調査を通じて、ニタリクジラの遺伝的特性を研究する計画となっている。研究チームによる潿洲島海域のニタリクジラに対する調査は2016年から始まり、これまでに中国で「鯷鯨」や「小布氏鯨」と呼ばれる沿岸型ニタリクジラ(BalaenopteraEdeni)が32頭確認されている。陳氏によると、16年に同海域でニタリクジラが確認された際に、漁民に話を聞いたところ、ずっとこの海域に出没していたことがわかったという。陳氏は「これは全体的な生態環境全体が比較的良い状態で保存されていることを示している。ニタリクジラの生活や習性には長年大きな変化はなく、その移動ルートもほぼ決まっている」と説明した。(記者/覃広華、黄凱瑩)<映像内容>ニタリクジラの捕食の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.52
    2020年09月21日
    「新華社」ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析

    中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市で今年5月に出土した「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と呼ばれるハクチョウの頭部をかたどった青銅製の壺に残っていた3リットル余りの謎の液体の解析結果を発表した。液体は中国科学院大学の研究スタッフの解析で、前漢初期の古酒であることが分かった。湖南省長沙市の馬王堆漢墓から出土した医学書「五十二病方」の記述と一致しており、止血と消炎効果のある薬酒だという。中国科学院大学考古学・人類学系(学部)の楊益民(よう・えきみん)教授は「今も窒素・炭素の安定同位体の測定や微量な植物化石の分析、プロテオーム解析などを続けている。原料や制法、効能に関するより多くの情報が得られる見込みだ」と明らかにした。三門峡市文物考古研究所の鄭立超(てい・りつちょう)所長は、「当時の壺の首はニンニクの球根の形をしたものが多く、ハクチョウの頭部をかたどった造型は個人が特別に作らせたものだろう。個性的で非常に珍しい。液体の分析結果に基づけば壺は酒器であり、頂部にある小さな孔から酒を注いだのだろう」と述べた。青銅壺は同市後川村の古墓群から出土した。墓の形式とその後の調査により、前漢初期のものと判断された。被葬者は身長1・8メートル前後の男性と推定されるが、遺骨の状態が悪いため年齢や死因は分かっていない。同墓からは銅器や玉器、陶器、鉄器なども出土した。銅器には銅鏡、銅印、銅盆、銅飾品などが含まれる。また、鉄剣には四つの玉の装飾品からなる玉剣具も付いていた。鄭氏は「宝剣が出土したのであれば身分は武人のはず。銅鏡や銅の装飾品は容姿に気を使っていたことを示している。ハクチョウの首をかたどった壺に美酒を入れていたことをみると、被葬者は生活の質を追求する人物だったと考えられる」と説明した。<映像内容>古墓群から出土した青銅製の壺、壺の中に残っていた液体の解析、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.37
    2020年09月16日
    「新華社」ブルネイでの中国最大の投資プロジェクト、第2期建設へ

    中国のブルネイに対する最大投資事業、恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール(PMB)総合石油精製プロジェクトを運営する恒逸実業(ブルネイ)の幹部は16日、同社が約136億5400万ドル(1ドル=約105円)を新たに投資し、プロジェクト第2期計画を進めていることを明らかにした。建設予定の恒逸石化PMB総合石油精製プロジェクト第2期は工期3年の予定で、完成後には年間1400万トンの原油加工能力が追加される。これにより関連製品はブルネイ国内市場の需要を満たすだけでなく、海外市場への供給も可能となる。現在、第2期建設計画はブルネイ政府の認可待ち状態にある。同プロジェクト第1期は投資額34億5千万ドル、原油加工能力は年間800万トンで、昨年9月にブルネイの国内企業と原油仕入れ・石油精製品販売契約を締結し、11月に全面稼働に入っている。(記者/薛飛)<映像内容>中国の恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール(PMB)総合石油精製プロジェクト、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.64
    2020年09月12日
    「新華社」米カリフォルニア州の山火事、複数の自治体で避難呼び掛け

    米カリフォルニア州エンゼルス国立公園で発生した大規模な山火事は拡大を続けており、麓にあるロサンゼルス郡の複数の自治体がこのほど、住民に避難を呼び掛けた。総合防災情報サイト「InciWeb」によると、「ボブキャットファイア」と名付けられたこの山火事で、9日朝までに約42平方キロが焼けた。これまでに消防士約400人が消火活動に当たり、空中消火機が少なくとも4機投入されたが、悪天候のため難航している。高温で乾燥した状態に加え、この地方特有の「サンタアナ」と呼ばれる危険な突風、乾燥して燃えやすくなった草木など、火災が拡大しやすい条件はしばらく続くとみられる。同州アルカディア市当局は9日、非常事態を宣言し「アルカディア消防局は全職員の配備を終え、状況を常時監視している。火災の拡大に備えて予備の消防車も全て待機させた。火災の影響を受けた住民は避難の準備をしてほしい」と自主的な避難を呼び掛けた。<映像内容>米カリフォルニア州で発生した山火事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.53
    2020年09月10日
    「新華社」世界初の5G縦折り型スマホ、武漢で製造

    世界初となる第5世代移動通信システム(5G)対応の縦折り型スマートフォン「MotorolaRazr5G」の生産が10日、中国湖北省武漢市で正式に始まった。中国のパソコン大手、聯想集団(レノボ・グループ)の武漢産業基地で製造され、約160カ国・地域に出荷される。世界有数の先進的な工場がある産業基地には、5G対応の「画期的な生産ライン」があり、携帯電話の組み立て、試験、検品の過程を統合し、フレキシブルな調整が可能な製造工程で効率的に製品を生産できるようになっている。5G技術を利用することで、ローカルデータの収集・管理が実現できる。ビッグデータと人工知能(AI)によって、製造はコンピュータ化された最適な状態で行われ、品質と安全性が確保されている。(記者/方亜東)<映像内容>5G縦折り型スマホ「MotorolaRazr5G」の生産開始、撮影日:2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.98
    2020年09月08日
    「新華社」初秋を彩る色とりどりの塩湖山西省運城市

    立秋を過ぎても気温の高い状態が続く中国山西省運城市では、塩湖の水の蒸発量が増え、鉱物の濃度が高まったことで、パレットのような色とりどりの華やかな景色が広がっている。運城塩湖は世界三大内陸性硫酸ナトリウム塩湖の一つ。塩分濃度が中東の「死海」に近く、人が水面に浮かぶことができるため「中国の死海」とも呼ばれている。(記者/馬志異)<映像内容>山西省運城市の塩湖の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.36
    2020年09月07日
    「新華社」中国東北地区に残る旧日本軍要塞「虎頭要塞」

    中国を侵略した旧日本軍は1930~40年代、東北部の辺境地域に10カ所余りの大型軍事施設を作った。中でも黒竜江省虎林市虎頭鎮に残る虎頭要塞は規模が大きく、保存状態の良い要塞遺跡の一つ。関東軍が1934~39年に中国人労働者と戦争捕虜10万人余りを動員して建設した。これまでに関連部門が地下道3800メートルを調査し、1200メートルで修復・補強工事を実施した。侵華日軍虎頭要塞博物館も建てられている。(記者/馬暁成、王松、李建平)<映像内容>旧日本軍要塞「虎頭要塞」の外観と内観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.11
    2020年08月29日
    「新華社」青海省でユキヒョウ4頭の撮影に成功

    中国青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱(チュマルレプ)県を流れる通天河のほとりでこのほど、絶滅危惧種のユキヒョウの姿がカメラに捉えられた。三江源国家公園の長江源園区曲麻莱管理処に勤める生態管理保護員、扎桑(タサン)さんが8月29日、同県巴幹郷内を巡回中にユキヒョウの成獣4頭を見つけ、持っていたカメラで撮影。ユキヒョウは林の中を歩き回ったり、岩の上で腹ばいになって休んだりしていた。映像は野生のユキヒョウの生態を研究する上で貴重な資料となった。ユキヒョウは国家1級重点保護野生動物に指定されており、高標高地域の生態系の状態を示すバロメーターとされる。青海省がここ数年進めてきた環境保護の取り組みにより、同国家公園一帯は大型哺乳類が中国で最も多く生息する地域の一つとなった。(記者/李占軼)、撮影日:2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.62
    2020年08月26日
    「新華社」5本の足を持つ子牛貴州省盤州市

    中国貴州省盤州市の盤州動物園に5本の足を持つ子牛がいる。同動物園が広西チワン族自治区から引き取り保護している。左肩甲骨付近に生える5本目の足は、約60センチと他の4本に比べて細く短いが、太ももとすねが分かれ、関節と蹄もある。少しなら動かすこともできる。子牛の習性は4本足の牛と変わらず、健康状態も良いという。同市農業局の専門家は5本の足がある理由について、遺伝子の突然変異により、出生から成長の過程で奇形が生じたのではないかと話している。(記者/劉勤兵)<映像内容>5本の足を持つ子牛の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.14
    2020年08月17日
    China‘s Wuhan goes wild as water party attracts thousands

    Crowds packed out a water park over the weekend in the central city of Wuhan, where the coronavirus first emerged late last year, keen to party as the city edges back to normal life.The popular Wuhan Maya Beach Water Park was filled with people in swimsuits and no face masks for an electronic music festival, many perched on rubber dinghies or wading up to their chest in water.The first known cases of COVID-19 emerged in Wuhan late last year, a city of 11 million people, before the virus spread across the world, killing hundreds of thousands and crippling economies. IMAGES、作成日:2020(令和2)年8月17日、撮影場所:中国・武漢、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※中国の放送局での使用禁止。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.92
    2020年08月12日
    「新華社」アルチン山の自然保護区で多様な希少野生動物の撮影に成功

    中国新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山国家級自然保護区でこのほど、職員が赤外線カメラの撮影データを整理していた際、またも希少な野生動物の映像を大量に発見した。撮影データでは、縄張りを巡回し、たびたび岩の上にマーキングするユキヒョウや、嗅覚を頼りに食べ物を探すドール(アカオオカミ)のペア、首を伸ばして周囲を警戒するチベットセッケイの群れ、獲物を追う夜行性のオオヤマネコ、雪に覆われた峰で食べ物を探すバーラルの群れが確認された。同自然保護区は総面積4万5千平方キロ、平均標高4580メートル。東崑崙山脈とアルチン山脈に挟まれた奥地に広がるクムクリ(庫木庫里)高原盆地に位置し、原生状態に近い高原生態系を維持している。保護区内には国家1級保護動物10種、2級保護動物28種を含む計51種の絶滅の危機に瀕した希少動物が生息している。(記者/宿伝義)<映像内容>アルチン山の自然保護区、野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:35.40
    2020年08月08日
    「新華社」福建省の運転免許試験場、受験者殺到でフル稼働

    中国福建省福州市公安局交通警察支隊によると、同市では4月に普通自動車の運転免許試験が再開されてから、主要試験場の1日当たりの予約人数が右肩上がりで増えている。特に夏に入ってからは、学生を中心とする受験者がさらに増え、市内の各試験場はフル稼働状態。毎日約4千人の受験者を受け入れているという。(記者/宋為偉)<映像内容>福建省の運転免許試験場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:47.94
    2020年08月05日
    北朝鮮、首都など洪水警報 大雨で「最大の緊張状態」

    北朝鮮各地で梅雨前線の影響により連日、大雨が続いている。朝鮮労働党機関紙、労働新聞は5日、首都平壌を流れる大同江流域と南西部開城市近くを流れる礼成江流域に洪水注意警報が発令され、平壌市などが「最大の緊張状態」で被害防止の対策を立てていると伝えた。 平壌市内は5日、土砂降りが続き、大同江は水かさが増していた。大同江近くの「未来科学者通り」に位置する気象水文局では、マスク姿の職員らが気象データの分析など対応に追われた。 <映像内容>気象水文局の様子、気象水文局中央気象予報台の李成民(リ・ソンミン)副台長インタビュー、平壌市内を流れる大同江、平壌第1百貨店周辺の様子など。李成民副台長インタビュー訳「今日から明日にかけて、梅雨前線と低気圧に変わった台風4号の通過に伴い、わが国の大部分の地域で暴雨、大雨が予想されます。その後も梅雨前線がわが国周辺に停滞し、何日間も大雨が降ると予想されます。このため谷あいや低地の住民は警戒するとともに、人的、物的被害を防ぐための対策が必要です」、撮影日:2020(令和2)年8月5日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月5日

  • 01:34.80
    2020年08月03日
    「新華社」2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートル。同研究院の王占奎(おう・せんけい)研究員によると、文化財保護職員が17年に破片の整理や保護、復元作業を開始。作業を進めるうちに、馬車は車体と4頭の馬から成ることが分かった。車体の装飾は豪華で、トルコ石を大量にはめ込んだ青銅製部品や薄肉の青銅製獣面装飾、玉細工、彩色上絵を施した部品が使われていた。車輪の外縁部は全て青銅で鋳造しており、現時点でこれほど保存状態が完全な青銅製車輪の馬車は見つかっていないという。DNAを解析した結果、4頭の馬はいずれも雄の黒馬だったことが判明した。王氏は、馬車があまり使われておらず装飾性も高いことから、戦闘用ではなく当時の上流貴族の儀仗用だったと考えられると語った。この馬車の保護・復元は、西周末期の儀礼や車制を理解する上で重要な意味を持つとしている。(記者/李一博)<映像内容>復元された西周時代末期の馬車、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.86
    2020年08月01日
    「新華社」東中国海で漁業が解禁、第一陣の漁船が出漁

    東中国海では1日正午から一部の漁業が解禁となり、第一陣の漁船が出港した。今年は新型コロナウイルスの感染防止を徹底するため「漁船専属コード」が導入され、出漁する漁船は事前の登録が必要となる。船員は個人の健康状態を示すスマートフォン上の健康コードをスキャンした後に、乗船する漁船の船籍証明や個人情報を登録しなければならない。登録を済ませた漁船ごとに出港許可が出される仕組みになっている。中国は海洋漁業資源と生態環境の保護のため夏季休漁制度を設けている。農業部は東中国海などの海域で毎年5月1日から休漁を実施している。(記者/顧小立)<映像内容>東シナ海で一部の漁業が解禁、出漁の様子、撮影日:2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.45
    2020年07月29日
    「新華社」段祺瑞旧居、一般公開を再開河北省の新たな文化観光名所に

    中国河北省石家荘市井陘(せいけい)鉱区にある段家楼は、北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)が1913年に巨額を投じて建てた住居で、総面積は16万平方メートル。華北地方でも保存状態の良い中国・西洋折衷様式の建築群として知られ、百年の歳月を経てもなお当時の風格を保っている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、18年には第2次国家工業遺産リストに登録された。同鉱区はここ数年、産業遺跡の保護と開発を資源型都市の転換と発展に向けた重要な足がかりとしており、段家楼を含む歴史的建築物の修復と改善を進めている。段家楼もこのほど修復工事を終え、一般公開を再開したばかりであり、文化クリエイティブや観光などの分野に尽力し、河北省の文化パークの新たな代名詞となるよう努めている。(記者/李継偉)<映像内容>段家楼の外観など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.97
    2020年07月27日
    「新華社」文化クリエーティブで、生まれ変わる運河沿いの町浙江省杭州市

    国の北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の南の起点、杭州市拱墅(きょうしょ)区の運河沿いは景観が優美で、旧跡の保存状態が良い。運河には船の往来が絶えず、現在でも貨物・旅客輸送の機能を果たしている。運河沿いのかつての工業団地は現在では文化クリエーティブ基地になっている。古い工場は博物館や昔ながらの手工芸を見学・体験できる施設「手工芸活態館」に姿を変え、産業と生活、文化を融合させており、生まれ変わった歴史的建築は、新たな輝きを放っている。運河が持つ輸送や取水、汚水排出といった便利な機能により、19世紀後半に沿岸地区は他に先駆けて工業時代に突入した。現在では従来型の工業企業はすでに閉鎖・移転しており、残った建物を主な受け皿とする経済形態と、産業と都市の融合を特徴とする重点産業が、運河沿岸で力強く成長している。かつての紡績工場、通益公紗廠を改造した手工芸活態館では、無形文化遺産の手工芸など伝統的工芸が実演され、市民や観光客に見学・体験の場を提供している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>杭州市の街並みなど風景、手工芸を見学・体験できる施設の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.70
    2020年07月25日
    空撮 崖崩れ、40代母と娘死亡 長崎・諫早、1人意識あり

    25日午後3時35分ごろ、長崎県諫早市高来町で、崖崩れが起きたと110番があった。歩いていた親子3人が巻き込まれ、40代の母親と娘の10歳未満の女児が心肺停止状態で見つかり、病院に搬送されたが死亡が確認された。娘の10代女性が助け出され、意識があるという。<映像内容>土砂崩れ現場付近の空撮。活動をする警察官や消防隊員。※ブレがあります、撮影日:2020(令和2)年7月25日、撮影場所:長崎県諫早市

    撮影: 2020(令和2)年7月25日

  • 01:19.72
    2020年07月23日
    「新華社」堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(記者/魏培全)<映像内容>堡塁型住宅「荘寨」の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.68
    2020年07月23日
    「新華社」人気の敦煌観光が夜間経済を後押し甘粛省

    中国甘粛省敦煌市では7月に入り、観光の盛り上がりが続いている。景勝地の入場券は品薄状態となり、地元の夜間経済(ナイトタイムエコノミー)も活気を取り戻した。夜市は4月30日に正式に営業を再開し、現在は繁忙期を迎えている。観光客は軽食を味わったり、手工芸品の制作過程を見学したりすることができる。市内の観光企業、敦煌文旅沙州夜市景区運営管理の王晶偉(おう・しょうい)副総経理は、夜市が今年、経営形態の大部分をグレードアップしたと話し、製品の品質向上により、敦煌のグルメや風景、民俗文化の素晴らしさを国内外の観光客により一層的確に伝えたいとの考えを示した。(記者/黄沢民、耿馨寧、朱芸琳)<映像内容>甘粛省敦煌市の夜市、観光客の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5