KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 二十八宿
  • 記者
  • てんがん
  • リスト
  • ロマン主義
  • 中国の歴史
  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 写実主義
  • 動物

「ゴギョウ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
53
( 1 53 件を表示)
  • 1
53
( 1 53 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  人との関わりの海へ
    2018年07月09日
    人との関わりの海へ

    わずかに動く指先でパソコンを操作する岩崎航さん。ベッドの上で五行歌を創作する=仙台市

    商品コード: 2018070902068

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月01日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡で発掘されたM1墓。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月1日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605671

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓で見つかった腰坑(ようこう、墓室の床の掘られた小さな穴)。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605654

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した副葬品。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605703

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した副葬品の配置状況。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605670

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した武士俑や竜型俑などの副葬品。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605704

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した鎮墓券。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605672

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM1墓から出土した鎮墓券。堪輿羅経図が描かれている。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605682

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    M1墓から出土した鎮墓券。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605705

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM1墓から出土したばかりの鎮墓券。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605707

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月27日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM3墓の全景。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605706

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月27日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM3墓から出土した武士俑。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605648

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した竜型俑。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605649

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した銅鏡。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605673

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓で行われた発掘作業の様子。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605690

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡から出土した崇寧通宝(すうねいつうほう)。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605683

  •  宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市
    2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM1墓から出土した銅銭。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605676

  •  「新華社」ベトナムの観光都市ダナン、優待サービスで観光促進
    01:03.51
    2020年07月01日
    「新華社」ベトナムの観光都市ダナン、優待サービスで観光促進

    ベトナム中部の有名観光都市ダナンはこのほど、地元の観光業を活性化させるため、多くの観光地で優待サービスを始めた。五行山やチャム彫刻博物館ななどの観光名所では入場料の無料化や割引を実施。ダナンでは今年末までに観光客数240万人達成を目指している。(記者/黄碩)<映像内容>ベトナム・ダナンの観光の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200716

  • 千住博さんの「断崖図」 「五行」を味わう空間に
    2020年11月10日
    千住博さんの「断崖図」 「五行」を味わう空間に

    茶の間に奉納された千住博さんの「断崖図」=和歌山県高野町の金剛峯寺

    商品コード: 2020111007521

  • 制作過程を語る千住さん 「五行」を味わう空間に
    2020年11月10日
    制作過程を語る千住さん 「五行」を味わう空間に

    ふすま絵の制作過程を語る千住博さん=和歌山県高野町の金剛峯寺

    商品コード: 2020111007517

  • 千住さんと添田さん 「五行」を味わう空間に
    2020年11月10日
    千住さんと添田さん 「五行」を味わう空間に

    囲炉裏の間に奉納された「瀧図」を説明する千住博さん(右)と高野山真言宗宗務総長の添田隆昭さん=和歌山高野町の金剛峯寺

    商品コード: 2020111007567

  •  (4)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (4)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211036

  •  (24)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (24)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    金村鎮府城村の玉皇廟。(8月2日撮影、小型無人機から)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211456

  •  (6)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (6)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211194

  •  (19)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (19)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211311

  •  (20)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (20)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211303

  •  (5)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (5)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211089

  •  (7)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (7)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟で元代色彩塑像を見る人。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211143

  •  (8)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (8)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211144

  •  (9)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (9)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211145

  •  (10)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (10)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211146

  •  (11)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (11)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211147

  •  (14)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (14)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211150

  •  (32)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (32)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211466

  •  (25)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (25)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211443

  •  (26)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (26)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211452

  •  (21)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (21)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211447

  •  (15)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (15)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211432

  •  (2)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (2)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211029

  •  (22)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (22)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211415

  •  (29)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (29)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211459

  •  (23)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (23)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211446

  •  (28)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (28)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211454

  •  (1)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (1)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210976

  •  (16)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (16)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211249

  •  (17)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (17)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211286

  •  (18)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (18)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211289

  •  (3)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (3)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代色彩塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211031

  •  (30)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (30)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211516

  •  (31)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (31)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211444

  •  (27)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (27)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の彩色塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211451

  •  (13)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (13)玉皇廟の元代彩色塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211149

  •  (12)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市
    2022年08月22日
    (12)玉皇廟の元代色彩塑像山西省晋城市

    玉皇廟の元代彩色塑像。(8月2日撮影)中国山西省晋城市沢州県金村鎮の府城村に、道教寺院の玉皇廟がある。殿内には彩色塑像が300体以上あり、高い歴史的価値を持つ。中でも二十八宿を表した元代の色彩塑像は、二十八宿の星座、唐代の五行学者、袁天罡(えん・てんがん)が選んだ21種の動物、金木水火土の五行、太陽と月を人に融合させ、神話上の人物の姿を生命感豊かに表現している。擬人化された天界の神々には、老人の慈悲深さ、女性の端正さ、文官の堅実さ、武士の猛々しさが生き生きと表現されている。これらの彩色塑像は、中国の塑像芸術の写実主義とロマン主義が見事に融合した傑作例であり、中国の歴史上で唯一無二の塑像芸術品といえる。1988年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第3次リストに登録された。(晋城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082211148

  • 1