KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ごみ分別
  • スマート
  • 中国浙江省
  • ごみ回収
  • 人工知能
  • 生活ごみ
  • アリペイ
  • コミュニティー
  • システム
  • トレンド

「ゴミ分別」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:49.36
    2020年12月13日
    「新華社」「定時営業」のごみ回収ステーション浙江省嘉興市

    中国浙江省嘉興市秀洲区王江涇鎮では12月から、小区(居住区)内の生活ごみの定時・定点回収を実施している。散らかっていたごみ置き場が集中回収ステーションに変わったことで、住民の生活環境が確実に向上した。承天世紀花園小区では、定時・定点回収の実施前は、住民に毎月、世帯番号のラベルを配布し、指導員2人が居住区内を毎日巡回してごみの抜き取り検査を行っていた。毎日100世帯分の抜き取り検査を続けていたが、居住区全体でみると、検査された世帯数の割合が低かったため、ごみ分別の実施率と正確さを高める効果ははっきりしなかった。現在、住民は朝晩各1回、決められた時間帯に限りごみ捨てが可能で、集中回収ステーションに持ち込む際はカード認証が必要となったため、分別の実施率は明らかに向上した。また、指導員が回収ステーションで分別状況を確認し、不適切な分類方法に対してその場で是正できるので、分別の精度も上がっている。このシステムはまた、人工知能(AI)技術を通じて住民が捨てたごみの写真撮影と識別を行っており、追跡の根拠を残すことで、ごみ捨てのトレーサビリティーを実現した。(記者/王懌文、李濤)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506706

  • 00:54.24
    2020年09月11日
    「新華社」潜在需要大きい、中国のサービスロボット産業中国電子学会

    中国北京市でこのほど、2020年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)が開催され、展示された多種多様な多目的ロボットが来場者の大きな注目を集めた。中国電子学会によると、中国ロボット産業の全体的な規模は拡大を続けており、特にサービスロボットの潜在需要は大きく、2020年の国内サービスロボット市場規模は40億ドル(1ドル=約106円)を突破する見通しだという。同交易会では今年、サービスロボット・スマート科学技術をテーマとした面積1万平方メートルを上回る専門展示場を設けた。国内数十社のロボット関連企業が出展し最新の成果を展示したほか、スイス、日本、米国、イスラエルなどの十数社の海外企業もゴミ分別、スマート介護、スマートライフ、スマート教育などの先進的なロボット製品やソリューションを展示した。中国電子学会の梁靚(りょう・せい)副秘書長は、昨年の世界のロボット市場規模が294億1千万ドルで、サービスロボットが前年同期比14・1%増の94億6千万ドルと、急速な成長を遂げたと述べ、昨年の中国のロボット市場規模は86億8千万ドルで、うちサービスロボット市場規模は22億ドルに上ったと紹介した。専門家によると、社会の高齢化が加速し、医療、教育の需要が高まっている中で、中国のサービスロボット市場は巨大な潜在力と発展の可能性を持っており、ロボット市場全体の中でも注目の分野となっている。2014~19年の中国ロボット市場の平均成長率は20・9%だったという。(記者/魏夢佳)<映像内容>中国国際サービス貿易交易会で登場したロボットの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400272

  • 01:24.54
    2020年07月05日
    「新華社」村の資源化利用体験館が人気浙江省桐廬県

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県杜預村ではこのところ、「資源化利用体験館」が異例のにぎわいを見せている。村民らは家にあった各種資源ごみや有害ごみを持って訪れ、分別指導員に教わりながら重さを量り、記録した後、指定のごみ箱に入れている。同館ではごみ分別で獲得したポイントを日用品や米、小麦粉、食用油などと交換できる。毎週金曜日の午前中にはポイント交換のほか、ユニークなミニゲームで遊ぶこともでき、楽しみながら分別の知識を学べる。杜預村はここ数年、村内に11カ所のごみ回収所を設置し、指導員を雇うなど、ごみ分別作業の改善を続けている。(記者/王懌文、李濤)<映像内容>資源化利用体験館のごみ分別の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300465

  • 01:31.04
    2019年10月24日
    「新華社」ゴミを森に変えるAIゴミ回収ボックス、世界インターネット大会で展示

    人工知能(AI)ごみ回収ボックスはアリババグループの金融会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)の人工知能部が開発したスマートごみ分別回収設備で、実際の生活シーンから1千種類以上のごみを識別して分別することができ、絶えずアップデートを進めている。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された第6回世界インターネット大会の会場で展示されたこのスマート回収ボックスは、ペットボトルやプルトップ缶、ガラス瓶などリサイクル可能なごみの2次分別のみを行う。利用者は支付宝(アリペイ)を開き、2次元バーコードをスキャンして「アント・フォレスト」(螞蟻森林)のアカウントと連携させる。ごみの識別に成功するとエコエネルギーが獲得でき、最終的には砂漠に木々を植えて森林に変えることができる。(記者/殷暁聖)A<映像内容>ゴミを識別して分別するAIごみ回収ボックス、アント・フォレストのアカウントと連携する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500762

  • 01:00.31
    2019年09月24日
    「新華社」アモイのごみ分別を描いた長編ノンフィクションが出版

    中国福建省アモイ(廈門)市でこのほど、長編ノンフィクション「幸福の革命-ごみ分別の新トレンド・アモイモデル」が出版された。同書は、全国的な「文明都市」アモイの生活ごみ分別事業分野における先進的な人物と事跡の全体像を描いており、文芸作品の形で「ごみ分別は新たなトレンド」という理念を反映している。同書の著者はアモイ市の作家、王永盛(おう・えいせい)さんと文国清(ぶん・こくせい)さん。2人はごみ分別事業の最前線へ深く潜入し、1年近くにわたり取材と執筆を続けた。政策面や組織面からアモイ市ごみ分別事業のトップレベルデザインを市民と共有しているだけでなく、また生き生きとした臨場感あふれる多くの事例でごみ分別事業の最前線で奮闘する人々の取り組みを紹介し、アモイという「文明都市」の独特の姿と、そこに住む人々が持つ文化の根底を浮かび上がらせている。(記者/陳旺)<映像内容>アモイのごみ分別を描いた書籍出版の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504690

  • 01:12.96
    2019年07月30日
    「新華社」ごみ分別ボランティアが「AIトレーナー」に変身上海市

    ごみ分別というトレンドが「ブラックテクノロジー」の新たな職業を生み出している。中国上海市の社区(コミュニティー)でこのほど、豊富な経験を持つごみ分別スペシャリストのボランティアが、初のごみ分別「AI(人工知能)トレーナー」として招かれ、AIの認識精度を向上させるための合理的なアドバイスを提供した。AIと「上海のおばさん」、果たしてどちらに軍配が上がるのか。同市徐匯(じょかい)区康健コミュニティーの住民、張暁玲(ちょう・ぎょうれい)さんはAI認識ごみ分別プログラムと、ごみ分別に関する激しい勝負を繰り広げた。トウモロコシの芯やパンの残り、牛乳パック、ミネラルウォーターのボトルなど、初めは双方が出した答えがほぼ完全に一致しており、互角の展開だったが、やや複雑な「医薬品の包装袋はどのごみに分類されるのか」という質問で、AIが敗北を喫した。7月1日に「上海市生活ごみ管理条例」が正式に施行されて以来、多くのユーザーが淘宝(タオバオ)や支付宝(アリペイ)のAI認識ごみ分別機能を利用している。スマート認識には文字や音声、AI画像などが含まれ、現在の精度は90%程度とみられている。アリババ公益基金会は今後、上海のコミュニティーのゴミ分別ボランティア千人を「AIトレーナー」として招き、AIプログラムの「間違い探し」を行い、コミュニティーにおける日常の実践の中でバックグラウンドとなるデータサンプルを絶えず充実させていくとしており、AI認識精度を向上させ、市民がより便利かつ正確にごみ分別できるよう支援していく。(記者/張夢潔)<映像内容>AIでゴミ分別する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073100895

  • 00:48.44
    2019年05月24日
    「新華社」上海市、ゴミ分別普及のために新措置

    中国各地でここ数年、環境保護と社会統治分野における地方レベルの法整備が絶えず強化されている。今年初めの上海市第15回人民代表大会第2回会議では「上海市生活ゴミ管理条例」が審議、可決された。条例では、上海市は「生活ゴミの減量化・資源化・無害化の実現を目標に、生活ゴミの分別投棄・収集・運搬・処理という全過程にわたり整備された分別システムを確立し、生活ゴミの発生源における減量と資源リサイクルを積極的に推進」すると規定されている。こうしたゴミ分別策を広く人々に普及させるため、同市閔行(びんこう)区では、それぞれの社区(コミュニティー)が知恵を絞っている。ゴミ分別の知識普及のために特製のトランプやスマートゴミ箱が登場した。住民が楽しくゴミ分別を学び、分別に励めるよう工夫を凝らし、ゴミ分別を一種のファッションにしている。同区古美社区の環境保護サービスセンターとゴミ分別研究センターは、上海初のゴミ分別に関する知識を印刷したトランプを独自に作成、発行した。第1弾の10万セットがこのほど同区古美街道の住民に配布された。古美四村ではスマートゴミ箱が24時間利用できる。防水、凍結防止仕様で、ゴミ箱の前に立つと自動で開き、住民が部屋番号を言えば、捨て方を説明してくれる。(記者/黄安琪、許東遠)<映像内容>ゴミ分別の知識普及のためのトランプで遊ぶ様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501669

  • 02:28.31
    2019年05月23日
    「新華社」「昆虫農場」で食品廃棄物処理杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」があり、年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス処理難を解消できる。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくった。「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と述べた。初春になり、アメリカミズアブの卵がかえり、12~14日間でさなぎになる。2週間足らずで、幼虫の重さは2千倍以上増える。この2千倍以上の増加は食品廃棄物を食べたことによるものだ。1キロのアメリカミズアブの幼虫では4キロの食品廃棄物の処理が可能だ。廃棄物の一括減量化は80%以上にのぼる。幼虫と排泄物は環境にやさしい有機肥料に加工して市場で販売できる。張副教授によると、アメリカミズアブの成虫はハエと幾分似ているが、動くことが好きではなく、あまり食べず、寿命が2週間ぐらいで、病原微生物は寄せ付けない。張副教授は浙江大と崇賢街道から支援を受け、2016年に昆虫農場を立ち上げた。3年後、敷地が数ムー(15ムー=1ヘクタール)のこの小さな農場は1日12トン前後の食品廃棄物を処理できるようになり、ほぼ崇賢街道の18万人の食品ロス問題を解決した。昆虫農場は2018年、乾燥アメリカミズアブと有機肥料の売上高が100万元(1元=約17円)に達した。昆虫農場は、食品廃棄物の資源化処理問題を解決するだけでなく、人気の環境保護教育実践基地にもなった。参観者は小学生から大学生まで、年間300人を超える。「見学を終え、昆虫農場を出た子供たちが小さいころからゴミ分別、環境保護の意識を確立することを期待する」と、張副教授は述べた。(記者/朱涵、顧小立、宋立峰)<映像内容>昆虫によって食品廃棄物を処理する施設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402610

  • 1