KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 資源
  • 漁民
  • 凍結
  • 張楠
  • 景観
  • しょうげん
  • 無形文化遺産
  • 登録

「ゴルロス」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:29.54
    2019年01月09日
    「新華社」美しい農村に発展吉林省査干湖漁楽新村

    中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県に位置する査干(さかん)湖漁楽新村は、査干湖観光経済開発地区がこの数年力を入れて作り上げた、湖周辺の多くの漁村から成る美しい農村集合体。漁楽新村では冬季漁業のブランド力を活用し、冬季の漁業と氷雪観光による地域経済の活性化に尽力し、「雪と氷も金山・銀山に変わる」(寒冷地の環境も富をもたらす)ことを実践している。(記者/姜明明、徐子恒)<映像内容>農村集合体、漁楽新村の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921077

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖の周辺に広がる湿地。(小型無人機から)中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501406

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖の周辺に広がる花海風景区で写真を撮る観光客。中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501264

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖沿いの桟道。中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501214

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖の周辺に広がる花海風景区。中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501398

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖の湖畔で休む水鳥の群れ。(小型無人機から)中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501263

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖にかかる桟道を渡る観光客。中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501199

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖の周辺に広がる花海風景区を散策する観光客。中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501265

  • 2019年08月01日
    さまざまな表情で魅了する夏の査干湖を訪ねて吉林省

    1日、査干湖周辺の湿地に暮らす水鳥の群れ。中国吉林省北西部の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖は、このほど盛夏を迎え、さまざまな表情で訪れる人々を魅了する。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501273

  • 2019年12月27日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    27日、凍結した査干湖でトラックの荷台に載せられる魚。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602178

  • 2019年12月27日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    27日、査干湖の漁場で魚を買い求める人たち。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602183

  • 2019年12月27日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    27日、凍結した査干湖で取れた魚を手に写真に納まる観光客。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602165

  • 2019年12月27日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    27日、査干湖近くの売り場で魚を買い求める人たち。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602094

  • 2019年12月27日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    27日、査干湖の漁場で魚を買い求める人たち。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602130

  • 2019年12月27日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    27日、凍結した査干湖で冬の漁を見る観光客。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602162

  • 2019年12月27日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    27日、凍結した査干湖で冬の漁を見る観光客。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602196

  • 2019年12月28日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    28日に行われた査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭開幕式。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602173

  • 01:18.61
    2019年12月28日
    「新華社」凍結した湖で大漁の宴!厳寒の吉林省で壮観な「冬捕」

    中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟の民」と称される。持続可能な発展を実現するため、同湖の漁場では毎年500トン以上の稚魚を放流し、計画的に漁を行っている。総漁獲量を制限するとともに、小さな魚が成長できるよう漁網の網目の大きさにも規制を設け、自然循環の生態系バランス維持に力を入れる。査干湖で冬に行われる壮観な漁は「冬捕」と呼ばれ、国家級無形文化遺産に登録されている。(記者/徐子恒、魏蒙、張楠、司暁帥)<映像内容>査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭の様子、撮影日:2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005911

  • 2019年12月28日
    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市

    28日に行われた査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭開幕式。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602144

  • 2021年06月17日
    (1)李克強氏、吉林省を視察

    15日、松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県査干湖鎮図那嘎村の畑でトウモロコシの生育状況を確認し、農家や農業技術者と話し合う李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は15、16両日、吉林省の松原市と長春市を視察した。(長春=新華社記者/龐興雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061705733

  • 2021年12月31日
    (3)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、伝統の漁を見物する観光客。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104220

  • 2021年12月31日
    (5)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、仕掛けた網を引き揚げる漁師。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104266

  • 2021年12月31日
    (4)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、水揚げされたばかりの魚。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104234

  • 2021年12月31日
    (1)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖から水揚げしたばかりの魚を見せる漁師。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104201

  • 2021年12月31日
    (8)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、湖の中に網を仕掛ける漁師。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104261

  • 2021年12月31日
    (7)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、網を引き揚げる漁師。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104276

  • 2021年12月31日
    (6)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、捕獲準備をする漁師。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104279

  • 2021年12月31日
    (9)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、仕掛けた網を引き揚げる漁師。(小型無人機から)中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104283

  • 2021年12月31日
    (10)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、馬を使ってウインチを回転させ、網を氷の下の指定位置に下ろす漁師。(小型無人機から)中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104285

  • 2021年12月31日
    (2)査干湖で国家級無形文化遺産の冬の漁吉林省松原市

    26日、査干湖の凍結した湖面で、魚のかかった網を引き揚げる漁師。中国吉林省松原(しょうげん)市の前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖でこのほど、「冬捕」と呼ばれる伝統漁が行われた。「冬捕」は漁師がアイスドリルで凍った湖面に数百の穴を開け、そこから数千メートルの網を湖の中に下ろし、網が十分広がってから、馬を使ってウインチを回し、網を引き揚げて魚を捕る漁法。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。毎年12月中下旬から始まる「冬捕」は、国家級無形文化遺産に登録されている。(松原=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104255

  • 01:08.04
    2022年06月13日
    「新華社」中国、海洋牧場開発で最新成果大型養殖作業船が運用開始

    中国でこのほど、世界初の10万トン級スマート漁業大型養殖作業船「国信1号」が引き渡され、運用を開始した。この船は中国の海洋牧場の全面的な発展における最新の成果で、船内に養殖水槽を15個、飼育水を8万立方メートル以上搭載し、船上養殖による年間生産量は吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖の年間漁獲量を超える。海洋牧場とは、海洋エンジニアリング設備を使って各種海洋生物を1カ所に集め、草原で牛や羊を放し飼いするように管理する、栽培漁業の一形態。自然資源部海洋戦略企画・経済司によると、中国は現代化海洋牧場の総合実証実験を進めている。2021年末時点の全国の国家級海洋牧場モデルエリアは136カ所に上るほか、今月1日には中国初となる海洋牧場建設に関する国家標準「海洋牧場建設技術ガイド」が正式に施行された。中国の海洋牧場の建設理念は70数年前までさかのぼることができる。中国の科学者は「水こそが生物の牧場」「海洋の農牧化」「海洋を藻類・貝類養殖の農場に」などの理念を相次いで打ち出した。中国の海洋牧場建設は1970年代に始まり、主な方法は人工漁礁の設置や増殖放流だった。海洋設備・技術の向上に伴い、中国の海洋牧場は近海や浅海から深海、遠海へと広がり、生態系保全や資源保護、生産維持を一体化したグリーン(環境配慮型)海洋経済の新業態となっている。自然資源部海洋戦略企画・経済司が発表した「2021年中国海洋経済統計公報」によると、アジア最大の深海スマートいけす「経海001号」が順調に稼働しているほか、全潜水式深海養殖いけす「深藍1号」では養殖サーモンの量産を初めて実現した。これらは中国の海洋牧場がグリーン化やスマート化、深海・遠海利用に向けて加速していることを示している。(記者/王立彬、王凱) =配信日: 2022(令和4)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061309220

  • 2022年06月14日
    (1)中国、海洋牧場開発で最新成果大型養殖作業船が運用開始

    沖合でテストを行う大型養殖作業船「国信1号」。(資料写真)中国でこのほど、世界初の10万トン級スマート漁業大型養殖作業船「国信1号」が引き渡され、運用を開始した。この船は中国の海洋牧場の全面的な発展における最新の成果で、船内に養殖水槽を15個、飼育水を8万立方メートル以上搭載し、船上養殖による年間生産量は吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖の年間漁獲量を超える。海洋牧場とは、海洋エンジニアリング設備を使って各種海洋生物を1カ所に集め、草原で牛や羊を放し飼いするように管理する、栽培漁業の一形態。(青島=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061403808

  • 2022年06月14日
    (2)中国、海洋牧場開発で最新成果大型養殖作業船が運用開始

    沖合でテストを行う大型養殖作業船「国信1号」。(資料写真)中国でこのほど、世界初の10万トン級スマート漁業大型養殖作業船「国信1号」が引き渡され、運用を開始した。この船は中国の海洋牧場の全面的な発展における最新の成果で、船内に養殖水槽を15個、飼育水を8万立方メートル以上搭載し、船上養殖による年間生産量は吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖の年間漁獲量を超える。海洋牧場とは、海洋エンジニアリング設備を使って各種海洋生物を1カ所に集め、草原で牛や羊を放し飼いするように管理する、栽培漁業の一形態。(青島=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061403812

  • 2022年06月14日
    (4)中国、海洋牧場開発で最新成果大型養殖作業船が運用開始

    沖合でテストを行う大型養殖作業船「国信1号」。(資料写真)中国でこのほど、世界初の10万トン級スマート漁業大型養殖作業船「国信1号」が引き渡され、運用を開始した。この船は中国の海洋牧場の全面的な発展における最新の成果で、船内に養殖水槽を15個、飼育水を8万立方メートル以上搭載し、船上養殖による年間生産量は吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖の年間漁獲量を超える。海洋牧場とは、海洋エンジニアリング設備を使って各種海洋生物を1カ所に集め、草原で牛や羊を放し飼いするように管理する、栽培漁業の一形態。(青島=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061403822

  • 2022年06月14日
    (3)中国、海洋牧場開発で最新成果大型養殖作業船が運用開始

    沖合でテストを行う大型養殖作業船「国信1号」。(資料写真)中国でこのほど、世界初の10万トン級スマート漁業大型養殖作業船「国信1号」が引き渡され、運用を開始した。この船は中国の海洋牧場の全面的な発展における最新の成果で、船内に養殖水槽を15個、飼育水を8万立方メートル以上搭載し、船上養殖による年間生産量は吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖の年間漁獲量を超える。海洋牧場とは、海洋エンジニアリング設備を使って各種海洋生物を1カ所に集め、草原で牛や羊を放し飼いするように管理する、栽培漁業の一形態。(青島=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061403874

  • 2022年06月14日
    (5)中国、海洋牧場開発で最新成果大型養殖作業船が運用開始

    沖合でテストを行う大型養殖作業船「国信1号」。(資料写真)中国でこのほど、世界初の10万トン級スマート漁業大型養殖作業船「国信1号」が引き渡され、運用を開始した。この船は中国の海洋牧場の全面的な発展における最新の成果で、船内に養殖水槽を15個、飼育水を8万立方メートル以上搭載し、船上養殖による年間生産量は吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県にある査干(さかん)湖の年間漁獲量を超える。海洋牧場とは、海洋エンジニアリング設備を使って各種海洋生物を1カ所に集め、草原で牛や羊を放し飼いするように管理する、栽培漁業の一形態。(青島=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061403835

  • 1