KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 鳥類
  • 動物
  • 生き物
  • 平成
  • 野鳥
  • 風景
  • 日本
  • コウノトリ
  • 屋外
  • 令和

「サギ科」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
79
( 1 79 件を表示)
  • 1
79
( 1 79 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2012年06月10日
    水田を歩く白鷺

    キーワード:コウノトリ目、シラサギ、屋外、産業、初夏、生き物、鳥、田んぼ、田園風景、動物、日本、農業、白、風景、歩く、無人、野鳥、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年6月10日、新潟県燕市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061114626

  • 2012年06月10日
    水田を歩く白鷺

    キーワード:コウノトリ目、シラサギ、屋外、産業、初夏、生き物、鳥、田んぼ、田園風景、動物、日本、農業、白、風景、歩く、無人、野鳥、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年6月10日、新潟県燕市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061114614

  • 2012年06月10日
    水田を歩く白鷺

    キーワード:コウノトリ目、シラサギ、屋外、産業、初夏、生き物、鳥、田んぼ、田園風景、動物、日本、農業、白、歩く、無人、野鳥、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年6月10日、新潟県燕市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061201676

  • 2012年08月21日
    水辺の樹木にとまる蒼鷺

    キーワード:アオサギ、コウノトリ目、屋外、夏、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、福島潟、無人、木、野生、野鳥、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年8月21日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203544

  • 2012年08月21日
    水辺の樹木にとまる蒼鷺

    キーワード:アオサギ、コウノトリ目、屋外、夏、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、福島潟、無人、木、野生、野鳥、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年8月21日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203637

  • 2012年08月21日
    水辺の樹木にとまる蒼鷺

    キーワード:アオサギ、コウノトリ目、屋外、夏、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、福島潟、無人、木、野生、野鳥、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年8月21日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203610

  • 2012年09月12日
    オニバスの葉の上を歩く白鷺

    キーワード:オニバス、コウノトリ目、チュウサギ、屋外、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、歩く、無人、野鳥、葉、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203673

  • 2012年09月12日
    オニバスの葉の上を歩く白鷺

    キーワード:オニバス、コウノトリ目、チュウサギ、屋外、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、歩く、無人、野鳥、葉、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203682

  • 2012年09月12日
    水辺の樹木にとまる蒼鷺と鴨

    キーワード:アオサギ、カモ、カモ目、コウノトリ目、屋外、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、無人、木、野鳥、水の公園福島潟、カモ科、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203636

  • 2012年09月12日
    水辺の樹木にとまる蒼鷺

    キーワード:アオサギ、コウノトリ目、屋外、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、無人、木、野鳥、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203643

  • 2012年09月12日
    オニバスの葉の上を歩く白鷺

    キーワード:オニバス、コウノトリ目、チュウサギ、屋外、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、歩く、無人、野鳥、葉、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203702

  • 2012年09月12日
    水辺の樹木にとまる蒼鷺

    キーワード:アオサギ、コウノトリ目、屋外、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、無人、木、野鳥、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203548

  • 2012年09月12日
    水辺を歩く白鷺

    キーワード:コウノトリ目、チュウサギ、屋外、潟、新緑、水辺、生き物、鳥、動物、日本、歩く、無人、野鳥、葉、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203620

  • 2012年09月12日
    オニバスの葉の上を歩く白鷺

    キーワード:オニバス、コウノトリ目、チュウサギ、屋外、花、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、歩く、無人、野鳥、葉、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203660

  • 2012年09月12日
    水辺の樹木にとまる蒼鷺

    キーワード:アオサギ、コウノトリ目、屋外、潟、新緑、水辺、水面、生き物、鳥、動物、日本、無人、木、野鳥、水の公園福島潟、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年9月12日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203698

  • 2013年05月08日
    フレミッシュ・ジャイアント

    キーワード:テーマパーク、ペット、屋外、飼育、初夏、生き物、ウサギ、動物、日本、並ぶ、無人、フレミッシュジャイアント、哺乳類、ウサギ目、ウサギ科、いくとぴあ食花、動物ふれあいセンター、動植物メイン写真=2013(平成25)年5月8日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203598

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203621

  • 2013年07月28日
    小魚をくわえるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203665

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203534

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203602

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203525

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の上を歩くヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203574

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203587

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203651

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203691

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の上のヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203608

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の上のヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203519

  • 2013年07月28日
    ハスの葉の茎につかまるヨシゴイ

    キーワード:コウノトリ目、ヨシゴイ、屋外、夏、湖、水辺、生き物、鳥、動物、日本、瓢湖、無人、野鳥、ハス、蓮の葉、サギ科、鳥類、動植物メイン写真=2013(平成25)年7月28日、新潟県阿賀野市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203662

  • 2015年07月08日
    カメラ探訪 ササゴイ

    サギ科。全長52センチ。飛びながら「キュー」と鋭い声で鳴く。羽が笹の葉のような模様をしたササゴイ(笹五位)。この鳥は、魚捕りの名人といわれている。水面に木の実や木の葉を落とし、魚をおびき寄せて捕らえる個体もいるらしい。=2015(平成27)年7月8日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200712

  • 2016年06月24日
    カメラ探訪 アマサギ

    サギ科。全長50・5センチ。コサギよりも小さい。日本では準絶滅危惧種に指定している地域もある。春になると飛来し、秋になるといなくなる夏鳥。日本でも南の方では越冬するものもいる。=2016(平成28)年6月24日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200708

  • 2016年08月24日
    カメラ探訪 ゴイサギ

    サギ科。全長57・5センチ。夕方から池や川で魚類、水生昆虫などを捕食する。俳句では、夏の季語になっている。成鳥は頭部から背中にかけて、青みを帯びた暗灰色。腹部は白い。一方、幼鳥は全体が茶褐色で白い斑点がたくさんあり、星模様のように見えることから、「ホシゴイ」と呼ばれている。夜行性で、日中は水辺の樹上などにいることが多い。=2016(平成28)年8月24日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200741

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、水中の木のくいの上に彫刻のように静かに止まったシラサギ。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と堤防で海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700742

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、青々と生い茂るマングローブに止まったり、餌を探したりするシラサギ。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700906

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、歩道沿いの欄干の上に並んで止まり、散策や犬の散歩、スポーツなどをする人々を「見守る」シラサギ。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700749

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、アモイ白鷺洲公園の全景。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700769

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、人工マングローブ林で休むシラサギ。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700799

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、湖面の石のくいの上に止まった2羽のシラサギと後方に止まったアオサギ。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700898

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、アモイ白鷺洲公園の篔筜(うんとう)湖水域の上空を飛ぶシラサギ。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700763

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、シラサギの生息地となったアモイ白鷺洲公園の篔筜(うんとう)湖水域にある人工マングローブ林。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700900

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、アモイ白鷺洲公園でジョギングする市民。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700901

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、環境改善後のアモイ白鷺洲公園の篔筜(うんとう)湖水域。その岸辺に植えられたマングローブはシラサギの休息の場となっている。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700830

  • 2019年01月03日
    人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市

    3日、アモイ白鷺洲公園の篔筜(うんとう)湖水域で魚を捕るシラサギ。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700904

  • 2019年06月22日
    夏にサギが飛来遼寧省瀋陽市

    22日、瀋陽北陵公園の池で戯れるヨシゴイ。中国遼寧省瀋陽市は盛夏を迎え、池や川で自由に飛んだり、餌を探したりするサギ科の鳥の姿が見られるようになった。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624972

  • 2019年06月22日
    夏にサギが飛来遼寧省瀋陽市

    22日、瀋陽北陵公園の池で餌を探すヨシゴイ。中国遼寧省瀋陽市は盛夏を迎え、池や川で自由に飛んだり、餌を探したりするサギ科の鳥の姿が見られるようになった。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625026

  • 2019年06月23日
    夏にサギが飛来遼寧省瀋陽市

    23日、瀋陽市を流れる渾河(こんが)の上空を飛ぶアオサギ。中国遼寧省瀋陽市は盛夏を迎え、池や川で自由に飛んだり、餌を探したりするサギ科の鳥の姿が見られるようになった。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624990

  • 2019年06月23日
    夏にサギが飛来遼寧省瀋陽市

    23日、瀋陽市を流れる渾河(こんが)の水辺で羽を休めるアオサギ。中国遼寧省瀋陽市は盛夏を迎え、池や川で自由に飛んだり、餌を探したりするサギ科の鳥の姿が見られるようになった。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625237

  • 2019年06月23日
    夏にサギが飛来遼寧省瀋陽市

    23日、瀋陽市を流れる渾河(こんが)の上空を飛ぶアオサギ。中国遼寧省瀋陽市は盛夏を迎え、池や川で自由に飛んだり、餌を探したりするサギ科の鳥の姿が見られるようになった。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625191

  • 2019年06月23日
    夏にサギが飛来遼寧省瀋陽市

    23日、瀋陽市を流れる渾河(こんが)の上空を飛ぶゴイサギ。中国遼寧省瀋陽市は盛夏を迎え、池や川で自由に飛んだり、餌を探したりするサギ科の鳥の姿が見られるようになった。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624992

  • 2019年07月03日
    「2019年北京市生態環境状況公報」発表重度大気汚染日はわずか4日

    シフゾウの群れと湿地に生息するサギ科の鳥類。(2019年7月3日撮影)中国の北京市生態環境局は27日、「2019年北京市生態環境状況公報」を発表した。同公報によると、2019年の同市における重度の大気汚染を記録した日数は2013年から54日減少してわずか4日となり、大気質基準達成日数は同年から64日増加して240日となった。同局生態環境モニタリング処の劉煒(りゅう・い)処長によると、標高の高低差が2千メートルを超え、複雑な地形を有する同市は生物多様性に富んだ大都市で、これまでに497種の鳥類、198科1115属2917種の高等植物、4305種の脊椎動物と昆虫が確認されているという。(北京=新華社記者/倪元錦)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103127

  • 2019年11月11日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    衰弱したシロハラサギを保護し、治療・看護のため野生動物収容救護センターに収容する雲南省保山市昌寧県の関係者。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701567

  • 2019年11月11日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    雲南省保山市昌寧県で発見された絶滅危惧種のシロハラサギ。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701551

  • 2019年11月11日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    雲南省保山市昌寧県で発見された絶滅危惧種のシロハラサギ。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701590

  • 2019年11月11日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    雲南省保山市昌寧県で発見された絶滅危惧種のシロハラサギ。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701547

  • 2019年11月11日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    衰弱したシロハラサギを保護し、治療・看護のため野生動物収容救護センターに収容する雲南省保山市昌寧県の関係者。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701544

  • 2019年11月22日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    22日、雲南省保山市昌寧県内の開けた川沿いで放鳥されたシロハラサギ。既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701565

  • 2019年11月22日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    22日、雲南省保山市昌寧県内の開けた川沿いでシロハラサギを放鳥する科学研究者。シロハラサギは既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701474

  • 2019年11月22日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    22日、放鳥準備をする科学研究者。シロハラサギは既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701574

  • 2019年11月22日
    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市

    22日、雲南省保山市昌寧県内の開けた川沿いで放鳥されたシロハラサギ。既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701543

  • 01:42.18
    2019年12月05日
    「新華社」冬鳥とともに夏鳥も数多く飛来江西省鄱陽湖

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)では冬を迎え、気温の低下に伴い、数多くの冬鳥が飛来している。渡り鳥の保護を担当するスタッフによると、最近では冬鳥とともに数千羽の夏鳥もやって来ているという。湖中心部の水深の浅い区域では、ソデグロヅルやコウノトリ、ハクチョウ、マガンなどの鳥類が餌を探したり遊んだりする姿が見られ、岸辺のシラサギとは互いに干渉し合わず、共存している。江西省南昌市新建区の渡り鳥保護パトロールステーションの責任者、張小康(ちょう・しょうこう)氏は、気温が高くなったことで餌が豊富になり、水や食べ物に恵まれているため、サギ科の鳥は何年もの間、一年中鄱陽湖で生活していると説明した。(記者/温美良)<映像内容>鄱陽湖の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604631

  • 00:48.02
    2020年09月12日
    「新華社」渡り鳥「第1陣」のヘラサギ、鄱陽湖に飛来江西省

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区内の馬影湖で12日、越冬のために飛来したヘラサギ4羽が確認された。同保護区管理局が明らかにした。今秋、鄱陽湖エリアで越冬する渡り鳥が発見されるのは今回が初めて。初飛来は昨年より11日早い。保護区ではヘラサギのほか、同地で夏を過ごす少数のヒシクイやマガンに加え、カルガモやマガモなどカモ科の水鳥2千羽余りとサギ科やチドリ目の水鳥千羽余りが生息しているのも確認された。(記者/彭菁)<映像内容>越冬のために飛来したヘラサギ、鄱陽湖の鳥たちの様子、撮影日:2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092404019

  • 00:40.21
    2021年01月28日
    「新華社」絶滅危惧種の鳥類ミミジロゴイを確認浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市常山県の東案郷梅樹底村でこのほど、国家2級保護鳥類に指定されるミミジロゴイ(海南虎斑鳽)が確認された。同県で観測されるのは初めてだという。ミミジロゴイは中国固有のサギ科の希少鳥類で、生息地の環境要求が高く、世界で絶滅の危険性が最も高い鳥類30種の一つとされる。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803166

  • 2021年02月12日
    An Eastern Cattle Egret in the Jurong Bird Park in Singapore.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Singapore, Singapore: The Eastern Cattle Egret, Bubulcus coromandus, breeds in East and Southeast Asia and Australasia. Shown here in Singapore. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703950

  • 2021年02月12日
    An Eastern Cattle Egret in the Jurong Bird Park in Singapore.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Singapore, Singapore: The Eastern Cattle Egret, Bubulcus coromandus, breeds in East and Southeast Asia and Australasia. Shown here in Singapore. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704072

  • 2021年02月12日
    The Pied Heron or Pied Egret in Darwin, Australia.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Darwin, Northern Territory, Australia: The Pied Heron is found on th northern coasts of Australia and southern coasts of New Guinea. They eat frogs, fish, crabs and other small aquatic animals. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704146

  • 2021年02月12日
    The Pied Heron or Pied Egret in Darwin, Australia.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Darwin, Northern Territory, Australia: The Pied Heron is found on th northern coasts of Australia and southern coasts of New Guinea. They eat frogs, fish, crabs and other small aquatic animals. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704121

  • 2021年02月12日
    The Pied Heron or Pied Egret in Darwin, Australia.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Darwin, Northern Territory, Australia: The Pied Heron is found on th northern coasts of Australia and southern coasts of New Guinea. They eat frogs, fish, crabs and other small aquatic animals. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704014

  • 2021年02月12日
    The Pied Heron or Pied Egret in Darwin, Australia.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Darwin, Northern Territory, Australia: The Pied Heron is found on th northern coasts of Australia and southern coasts of New Guinea. They eat frogs, fish, crabs and other small aquatic animals. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704185

  • 2021年02月12日
    The Pied Heron or Pied Egret in Darwin, Australia.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Darwin, Northern Territory, Australia: The Pied Heron is found on th northern coasts of Australia and southern coasts of New Guinea. They eat frogs, fish, crabs and other small aquatic animals. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703906

  • 2021年02月12日
    An Eastern Cattle Egret in breeding plumage in the Australia Zoo in Queensland.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Beerwah, Queensland, Australia: The Eastern Cattle Egret, Bubulcus coromandus, breeds in East and Southeast Asia and Australasia. Shown here in Australia. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703900

  • 2021年02月12日
    An Eastern Cattle Egret in breeding plumage in the Australia Zoo in Queensland.

    キーワード:野鳥、野生、鳥、自然、風景-February 12, 2021, Beerwah, Queensland, Australia: The Eastern Cattle Egret, Bubulcus coromandus, breeds in East and Southeast Asia and Australasia. Shown here in Australia. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703796

  • 01:12.40
    2021年04月07日
    「新華社」鄱陽湖で夏鳥が繁殖期を迎える

    中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖では、気温の上昇に伴い、夏鳥が繁殖のために続々と飛来している。同省都昌県多宝郷洞子李村や蘇山郷達子咀村などの湖畔の林には、サギ科の夏鳥が1万羽以上集まり、繁殖期に入っている。同県はここ数年、渡り鳥の保護活動に注力しており、鳥類に対する村民の保護意識が絶えず向上している。鄱陽湖エリアは冬鳥と夏鳥が生息する楽園となっており、ここで繁殖する夏鳥も年々増加している。(記者/余剛) =配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040800063

  • 00:50.02
    2021年06月29日
    「新華社」鄱陽湖畔の小さな半島で数万羽の夏鳥が生息江西省

    中国江西省九江市都昌県多宝郷洞子李村は、鄱陽湖(はようこ)のほとりに位置する小さな半島で、数万羽の夏鳥が生息している。鄱陽湖区の中でもサギ科の個体数と品種が多い夏鳥生息地の一つで、アオサギ、ゴイサギ、コサギ、アカガシラサギ、アマサギなどの姿を見ることができる。負傷した渡り鳥の治療などを手掛ける鄱陽湖候鳥救治医院の李春如(り・しゅんじょ)院長によると、鄱陽湖区の生態環境は継続的に改善しており、今年は夏鳥の数が前年より5千~1万羽以上増えているという。(記者/彭菁) =配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062908677

  • 2022年04月23日
    (4)マングローブ林を舞う水鳥福建省福清市

    19日、福清市江鏡鎮のマングローブ林に生息するサギ。(小型無人機から)中国福建省福清市江鏡鎮ではサギ科の鳥類が巣作りと子育ての季節を迎え、海岸沿いのマングローブ林がシラサギやゴイサギ、アカガシラサギなどの理想的な生息・繁殖地となっている。付近一帯にはさまざまな水鳥が飛び交い、マングローブ林と調和のとれた「生態絵巻」を形成している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042305554

  • 2022年04月23日
    (6)マングローブ林を舞う水鳥福建省福清市

    19日、福清市江鏡鎮のマングローブ林の上空を飛ぶ水鳥の群れ。中国福建省福清市江鏡鎮ではサギ科の鳥類が巣作りと子育ての季節を迎え、海岸沿いのマングローブ林がシラサギやゴイサギ、アカガシラサギなどの理想的な生息・繁殖地となっている。付近一帯にはさまざまな水鳥が飛び交い、マングローブ林と調和のとれた「生態絵巻」を形成している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042305550

  • 2022年04月23日
    (5)マングローブ林を舞う水鳥福建省福清市

    19日、福清市江鏡鎮のマングローブ林に生息するサギ。(小型無人機から)中国福建省福清市江鏡鎮ではサギ科の鳥類が巣作りと子育ての季節を迎え、海岸沿いのマングローブ林がシラサギやゴイサギ、アカガシラサギなどの理想的な生息・繁殖地となっている。付近一帯にはさまざまな水鳥が飛び交い、マングローブ林と調和のとれた「生態絵巻」を形成している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042305551

  • 2022年04月23日
    (1)マングローブ林を舞う水鳥福建省福清市

    19日、福清市江鏡鎮のマングローブ林を舞うゴイサギ。中国福建省福清市江鏡鎮ではサギ科の鳥類が巣作りと子育ての季節を迎え、海岸沿いのマングローブ林がシラサギやゴイサギ、アカガシラサギなどの理想的な生息・繁殖地となっている。付近一帯にはさまざまな水鳥が飛び交い、マングローブ林と調和のとれた「生態絵巻」を形成している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042305617

  • 2022年04月23日
    (2)マングローブ林を舞う水鳥福建省福清市

    19日、福清市江鏡鎮のマングローブ林に生息するサギ。(小型無人機から)中国福建省福清市江鏡鎮ではサギ科の鳥類が巣作りと子育ての季節を迎え、海岸沿いのマングローブ林がシラサギやゴイサギ、アカガシラサギなどの理想的な生息・繁殖地となっている。付近一帯にはさまざまな水鳥が飛び交い、マングローブ林と調和のとれた「生態絵巻」を形成している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042305553

  • 2022年04月23日
    (7)マングローブ林を舞う水鳥福建省福清市

    19日、福清市江鏡鎮のマングローブ林に生息するサギ。(小型無人機から)中国福建省福清市江鏡鎮ではサギ科の鳥類が巣作りと子育ての季節を迎え、海岸沿いのマングローブ林がシラサギやゴイサギ、アカガシラサギなどの理想的な生息・繁殖地となっている。付近一帯にはさまざまな水鳥が飛び交い、マングローブ林と調和のとれた「生態絵巻」を形成している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042305555

  • 2022年04月23日
    (3)マングローブ林を舞う水鳥福建省福清市

    19日、福清市江鏡鎮のマングローブ林で巣作りをするアカガシラサギ。中国福建省福清市江鏡鎮ではサギ科の鳥類が巣作りと子育ての季節を迎え、海岸沿いのマングローブ林がシラサギやゴイサギ、アカガシラサギなどの理想的な生息・繁殖地となっている。付近一帯にはさまざまな水鳥が飛び交い、マングローブ林と調和のとれた「生態絵巻」を形成している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042305548

  • 1