KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アジアカップ
  • ムー
  • 中国建築
  • 令和
  • 工程
  • 記者
  • 作業員
  • クレーン
  • メッカ
  • ライトアップ

「サッカー専用スタジアム」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1997年12月30日
    スタジアムの予想図 埼玉をサッカーのメッカに

    埼玉県が浦和市内に建設を予定しているサッカー専用スタジアムの完成予想図

    商品コード: 1997123000021

  • 2000年12月07日
    ワールドカップ競技場 ソウル競技場は再開発の核

    建設作業が進む2002年W杯で韓国の主会場となる「ソウル・ワールドカップ競技場」。完成すればアジア最大のサッカー専用スタジアムとなる=11月21日、ソウル市内

    商品コード: 2000120700048

  • 2013年01月24日
    会談する市長と県知事 サッカー専用場で協議会

    サッカー専用スタジアム建設に向け話し合う松井一実広島市長(右)と湯崎英彦広島県知事=24日午後、広島県庁

    商品コード: 2013012400304

  • 2017年12月07日
    ルジニキ競技場 国旗色に染まるスタジアム

    大規模な改修工事を終え、サッカー専用スタジアムに生まれ変わったルジニキ競技場。屋根がロシア国旗の色にライトアップされ、夕暮れに浮かび上がった。開幕戦のほか、準決勝と決勝など7試合が行われる=11月(共同)

    商品コード: 2017120700335

  • 2021年08月20日
    (6)重慶竜興サッカースタジアム、本体工事終わる2023年アジア杯で使用

    18日、重慶竜興サッカースタジアムで、資材をクレーンでつり上げる中建八局の作業員。中国で2023年に開かれるサッカーの第18回アジアカップで使用される重慶竜興サッカースタジアムは18日、屋根部分の鉄骨設置を終え、本体構造部が全て完成した。今後、金属屋根と壁面の内装工事段階に入る。同スタジアムは中国建築第八工程局(中建八局)が建設を請け負い、重慶市両江新区竜盛地区で工事が進んでいる。同市初の超大型サッカー専用スタジアムで、敷地面積約303ムー(20・2ヘクタール)、収容人数は約6万人となる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104425

  • 2021年08月20日
    (4)重慶竜興サッカースタジアム、本体工事終わる2023年アジア杯で使用

    18日、建設中の重慶竜興サッカースタジアム。中国で2023年に開かれるサッカーの第18回アジアカップで使用される重慶竜興サッカースタジアムは18日、屋根部分の鉄骨設置を終え、本体構造部が全て完成した。今後、金属屋根と壁面の内装工事段階に入る。同スタジアムは中国建築第八工程局(中建八局)が建設を請け負い、重慶市両江新区竜盛地区で工事が進んでいる。同市初の超大型サッカー専用スタジアムで、敷地面積約303ムー(20・2ヘクタール)、収容人数は約6万人となる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104489

  • 2021年08月20日
    (5)重慶竜興サッカースタジアム、本体工事終わる2023年アジア杯で使用

    18日、重慶竜興サッカースタジアムで、金属製屋根の工事を行う中建八局の作業員。中国で2023年に開かれるサッカーの第18回アジアカップで使用される重慶竜興サッカースタジアムは18日、屋根部分の鉄骨設置を終え、本体構造部が全て完成した。今後、金属屋根と壁面の内装工事段階に入る。同スタジアムは中国建築第八工程局(中建八局)が建設を請け負い、重慶市両江新区竜盛地区で工事が進んでいる。同市初の超大型サッカー専用スタジアムで、敷地面積約303ムー(20・2ヘクタール)、収容人数は約6万人となる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104488

  • 2021年08月20日
    (1)重慶竜興サッカースタジアム、本体工事終わる2023年アジア杯で使用

    18日、建設中の重慶竜興サッカースタジアム。(小型無人機から)中国で2023年に開かれるサッカーの第18回アジアカップで使用される重慶竜興サッカースタジアムは18日、屋根部分の鉄骨設置を終え、本体構造部が全て完成した。今後、金属屋根と壁面の内装工事段階に入る。同スタジアムは中国建築第八工程局(中建八局)が建設を請け負い、重慶市両江新区竜盛地区で工事が進んでいる。同市初の超大型サッカー専用スタジアムで、敷地面積約303ムー(20・2ヘクタール)、収容人数は約6万人となる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106806

  • 2021年08月20日
    (2)重慶竜興サッカースタジアム、本体工事終わる2023年アジア杯で使用

    18日、建設中の重慶竜興サッカースタジアム。(小型無人機から)中国で2023年に開かれるサッカーの第18回アジアカップで使用される重慶竜興サッカースタジアムは18日、屋根部分の鉄骨設置を終え、本体構造部が全て完成した。今後、金属屋根と壁面の内装工事段階に入る。同スタジアムは中国建築第八工程局(中建八局)が建設を請け負い、重慶市両江新区竜盛地区で工事が進んでいる。同市初の超大型サッカー専用スタジアムで、敷地面積約303ムー(20・2ヘクタール)、収容人数は約6万人となる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104496

  • 2021年08月20日
    (3)重慶竜興サッカースタジアム、本体工事終わる2023年アジア杯で使用

    18日、重慶竜興サッカースタジアムの工事を行う中建八局の作業員。(小型無人機から)中国で2023年に開かれるサッカーの第18回アジアカップで使用される重慶竜興サッカースタジアムは18日、屋根部分の鉄骨設置を終え、本体構造部が全て完成した。今後、金属屋根と壁面の内装工事段階に入る。同スタジアムは中国建築第八工程局(中建八局)が建設を請け負い、重慶市両江新区竜盛地区で工事が進んでいる。同市初の超大型サッカー専用スタジアムで、敷地面積約303ムー(20・2ヘクタール)、収容人数は約6万人となる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104499

  • 1