KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • チベット族
  • ユネスコ
  • 世界遺産
  • 仏教寺院
  • 伝統
  • 実名
  • 実施
  • 平成
  • 建築様式
  • 後ろ

「サムイェー寺」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Statuette of  Pe-har.
    -
    Statuette of Pe-har.

    Statuette of Pe-har. 18th century figure in brass. Chinese or Tibetan. According to Tibetan Buddhist myth, Gyalpo Pehar is a spirit belonging to the gyalpo class. When Padmasambhava arrived in Tibet in the eighth century, he subdued all gyalpo spirits and put them under control of Gyalpo Pehar, who promised not to harm any sentient beings and was made the chief guardian spirit of the Samye Temple built at that time.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019030801464

  •  世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市
    2016年06月10日
    世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市

    普寧寺に安置された千手千眼観音像。(2016年6月10日撮影)中国河北省承徳市文物局は、同市にある仏教寺院の普寧寺が8日午前8時から屋外エリアの一般公開を再開したことを明らかにした。再開後は、実名制による時間指定予約を実施する。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている同寺は、チベット族と漢族の建築様式が融合した寺院で、清代の乾隆年間(1736~1795年)に建てられた。手前の部分は漢族の伝統的な仏教寺院の特徴を備え、後ろの部分はサムイェー寺を模したチベット様式で、異なる建築様式が一体となっている。寺院全体の面積は約2万3千平方メートル、金漆が施された木彫りの本尊、千手千眼観世菩薩は高さが27・21メートルある。(石家荘=新華社記者/才揚)=2016(平成28)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503893

  •  世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市
    2016年06月10日
    世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市

    普寧寺に安置された仏像。(2016年6月10日撮影)中国河北省承徳市文物局は、同市にある仏教寺院の普寧寺が8日午前8時から屋外エリアの一般公開を再開したことを明らかにした。再開後は、実名制による時間指定予約を実施する。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている同寺は、チベット族と漢族の建築様式が融合した寺院で、清代の乾隆年間(1736~1795年)に建てられた。手前の部分は漢族の伝統的な仏教寺院の特徴を備え、後ろの部分はサムイェー寺を模したチベット様式で、異なる建築様式が一体となっている。寺院全体の面積は約2万3千平方メートル、金漆が施された木彫りの本尊、千手千眼観世菩薩は高さが27・21メートルある。(石家荘=新華社記者/才揚)=2016(平成28)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504020

  •  世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市
    2016年06月10日
    世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市

    普寧寺に安置された仏像。(2016年6月10日撮影)中国河北省承徳市文物局は、同市にある仏教寺院の普寧寺が8日午前8時から屋外エリアの一般公開を再開したことを明らかにした。再開後は、実名制による時間指定予約を実施する。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている同寺は、チベット族と漢族の建築様式が融合した寺院で、清代の乾隆年間(1736~1795年)に建てられた。手前の部分は漢族の伝統的な仏教寺院の特徴を備え、後ろの部分はサムイェー寺を模したチベット様式で、異なる建築様式が一体となっている。寺院全体の面積は約2万3千平方メートル、金漆が施された木彫りの本尊、千手千眼観世菩薩は高さが27・21メートルある。(石家荘=新華社記者/才揚)=2016(平成28)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503906

  •  世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市
    2016年06月10日
    世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市

    普寧寺を散策する観光客。(2016年6月10日撮影)中国河北省承徳市文物局は、同市にある仏教寺院の普寧寺が8日午前8時から屋外エリアの一般公開を再開したことを明らかにした。再開後は、実名制による時間指定予約を実施する。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている同寺は、チベット族と漢族の建築様式が融合した寺院で、清代の乾隆年間(1736~1795年)に建てられた。手前の部分は漢族の伝統的な仏教寺院の特徴を備え、後ろの部分はサムイェー寺を模したチベット様式で、異なる建築様式が一体となっている。寺院全体の面積は約2万3千平方メートル、金漆が施された木彫りの本尊、千手千眼観世菩薩は高さが27・21メートルある。(石家荘=新華社記者/才揚)=2016(平成28)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503991

  •  世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市
    2016年06月10日
    世界遺産、普寧寺の屋外エリアが一般公開再開河北省承徳市

    普寧寺を散策する観光客。(2016年6月10日撮影)中国河北省承徳市文物局は、同市にある仏教寺院の普寧寺が8日午前8時から屋外エリアの一般公開を再開したことを明らかにした。再開後は、実名制による時間指定予約を実施する。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている同寺は、チベット族と漢族の建築様式が融合した寺院で、清代の乾隆年間(1736~1795年)に建てられた。手前の部分は漢族の伝統的な仏教寺院の特徴を備え、後ろの部分はサムイェー寺を模したチベット様式で、異なる建築様式が一体となっている。寺院全体の面積は約2万3千平方メートル、金漆が施された木彫りの本尊、千手千眼観世菩薩は高さが27・21メートルある。(石家荘=新華社記者/才揚)=2016(平成28)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503999

  • 1