KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • トビハゼ
  • 記者
  • 浄化
  • 生き物
  • ムー
  • 北部湾
  • 役割
  • 景色
  • 海水
  • 海鳥

「シオマネキ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Gelasimus perlatus, Print, Uca tangeri is a species of fiddler crab that lives in the eastern Atlantic Ocean.
    -
    Gelasimus perlatus, Print, Uca tangeri is a species of fiddler crab that lives in the eastern Atlantic Ocean.

    Gelasimus perlatus, Print, Uca tangeri is a species of fiddler crab that lives in the eastern Atlantic Ocean.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022110106524

  •  芸術選奨に吉田瑞穂さん
    1977年03月02日
    芸術選奨に吉田瑞穂さん

    芸術選奨文部大臣賞受賞作の「しおまねきと少年」を手に喜びを語る吉田瑞穂さん。佐賀県の海辺に育った少年時代を思い出し、一筋に“少年詩”をつくってきた。78歳=1977(昭和52)年3月2日、東京都杉並区高円寺南の自宅

    商品コード: 2014071600139

  • カニ「シオマネキ」 シオマネキが危ない!
    1993年12月22日
    カニ「シオマネキ」 シオマネキが危ない!

    巣穴から出て来たカニ「シオマネキの雄」=徳島市の吉野川河口干潟

    商品コード: 1993122200029

  • 諫早干拓問題で集会 水門開けろ、と東京で行進
    1997年06月14日
    諫早干拓問題で集会 水門開けろ、と東京で行進

    長崎県諫早湾の干拓事業に反対し開かれた「6・14 諫早湾しおまねき大行進」の集会=14日午後0時40分、東京・代々木公園

    商品コード: 1997061400017

  • デモ行進する参加者 諫早湾干拓反対でデモ行進
    1997年06月14日
    デモ行進する参加者 諫早湾干拓反対でデモ行進

    諫早湾の干拓事業反対を訴える「6・14 諫早湾しおまねき大行進」で、街頭の人々に訴えながら行進する参加者=14日午後、東京都渋谷区神宮前

    商品コード: 1997061400043

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925696

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925596

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925694

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925598

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925569

  •  「新華社」北部湾を保護するマングローブの天然障壁広西チワン族自治区
    02:47.04
    2018年11月16日
    「新華社」北部湾を保護するマングローブの天然障壁広西チワン族自治区

    海岸線は潮の満ち引きにより絶え間なく浸蝕を受け、生態環境も常に脅威にさらされている。中国広西チワン族自治区北海市付近の海岸には一面のマングローブ林が「海の守り手」さながら北部湾の延々と伸びる海岸線を守っている。マングローブは熱帯、亜熱帯の潮間帯に生息する胎生種子植物群で「海上森林」「海の守り手」と呼ばる。林にはさまざまな海鳥やトビハゼ、シオマネキなど特徴的な生き物が生息している。国が重点的に保護する稀少植物のマングローブは、海洋生物の多様性や護岸、海と空気の浄化に重要な役割を果たしている。(記者/何程)<映像内容>マングローブ林の景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111908017

  •  閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省
    2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園内の浅瀬で争うトビハゼ(左)とシオマネキ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104694

  •  河川のカニが集合
    2021年10月16日
    河川のカニが集合

    淡水魚水族館「番匠おさかな館」で開催されている「カニコレクション佐伯2021」で展示されているシオマネキ=大分県佐伯市

    商品コード: 2021101613120

  •  「新華社」マングローブ林の「動物王国」広西チワン族自治区
    00:43.86
    2022年05月27日
    「新華社」マングローブ林の「動物王国」広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区北海市の金海湾マングローブ林生態保護区には、3千ムー(200ヘクタール)以上のマングローブ林が広がり、中国南部で数少ない海洋生物多様性保護区、臨海国家湿地公園、科学普及教育拠点となっている。マングローブ林は世界で最も生物多様性に富み、生態系サービスの価値が最も高い生態系の一つで、強風や高波による被害防止や海水の浄化、二酸化炭素の貯留などの機能がある。シオマネキやトビハゼ、カブトガニ、シラサギなどさまざまな動物が休息し、餌を探しており、この地のマングローブ林は、名実共に「動物王国」となっている。(記者/陳露縁) =配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052700034

  • 1