KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シガツェ地区
  • 記者
  • 令和
  • 位置
  • 平成
  • 景観
  • チョモランマ
  • 人々
  • タシルンポ寺
  • 動物

「シガツェ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
396
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
396
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Eye-like design on the woodwork of Shalu Monastery, Tibet.

    Eye-like design on the woodwork of Shalu Monastery, Tibet. Shalu was much damaged during the Cultural Revolution and some twenty resident monks, down from a former 300, try to restore buildings and paintings. See 05-01-03 / 30-40. Location: Shalu Monastery, Shigatse, Tibet.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052711616

  • -
    Nagartse, a ruined fort between Shigatse and Gyantse

    Nagartse, a ruined fort between Shigatse and Gyantse, protected a 17th century Indian trade route from Kathmandu to Lhasa. Barley and rye grow on the fertile plain at an altitude of between 3.600 and 4.000 m. Location: Landscape, Nagartse, Tibet.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052711516

  • -
    Nagartse, a ruined fort between Shigatse and Gyantse

    Nagartse, a ruined fort between Shigatse and Gyantse, protected a 17th century Indian trade route from Kathmandu to Lhasa. Barley and rye grow on the fertile plain at an altitude of between 3.600 and 4.000 m. Location: Landscape, Nagartse, Tibet.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052711718

  • 1982年08月05日
    チベット自治区、200万人の飲料水問題を解決

    上:チベット自治区シガツェ(日喀則)市ギャンツェ(江孜)県で水道から水をくむ住民たち。1980年代に清潔な飲料水を供給する小さな浄水場ができるまで、ギャンツェ県の人たちは遠くまで水をくみに行っていた。(1982年8月5日撮影)下:チベット自治区ラサ市タクツェ(達孜)県(現タクツェ区)で、水道の水を使って手や顔を洗う子どもたち。(資料写真、組み合わせ写真)中国チベット自治区は2016年から2020年の間に、飲料水の整備計画に43億元(1元=約16円)を費やし、1万7581の農村飲料水事業を改善した。現在では、約200万人の住民が清潔な飲料水を利用している。(ラサ=新華社配信)=1982(昭和57)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120405666

  • 1995年06月28日
    亡命政府と中国が対立 宗教行事か政治問題か

    パンチェン・ラマの主管寺タシルンポ寺=チベット自治区シガツェ(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1995062800086

  • 1995年06月28日
    亡命政府と中国が対立 宗教行事か政治問題か

    パンチェン・ラマの主管寺タシルンポ寺=チベット自治区シガツェ(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1995062800084

  • 1996年08月17日
    タシルンポ寺の肖像写真 ダライ・ラマの写真消える

    )、外信28S  シガツェ市のタシルンポ寺の霊塔に飾られた(左から)パンチェン・ラマ9世、10世、11世の写真。以前あったダライ・ラマの写真は外されている(共同)

    商品コード: 1996081700023

  • 2008年06月05日
    チョモランマ

    チョモランマ(エベレスト、ヒマラヤ山脈)=2008年4月28日、中国チベット自治区シガツェ地区ラツェから撮影(共同)

    商品コード: 2008060500121

  • 2017年12月20日
    標高5357メートルチベットで世界一高い送電網工事着工

    チベット自治区中部送電網の送電線。(資料写真)中国チベット自治区のガリ地区・チベット中部送電網接続工事がこのほど着工した。世界一標高が高い場所での送変電工事で、完成後はガリ送電網の長期にわたる単独運営に終止符が打たれ、沿線地域の住民約38万人に安全で確実に電力を送ることが可能になる。シガツェ市サムドゥプツェ区多林の220キロボルト(kV)変電所から、ガリ地区ガル県バル(巴爾)の220kV変電所まで、同自治区の10県・区をまたぐ。投資総額は74億元(1元=約15円)、送電線の全長は1689キロ。2021年の稼動を目指す。(チベット=新華社配信/盧忠東)=2017(平成29)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501162

  • 2018年04月11日
    チベットで20万トン有機肥料生産ラインが稼働

    11日、20万トンの有機肥料生産ラインの包装作業場で、ロボットを操作して出荷に備える従業員。中国チベット自治区の西蔵珠峰華緑生態農業科技有限公司はこのほど、同自治区シガツェ市パナム県嘎東鎮の有機産業パークで20万トン有機肥料生産ラインを稼働させた。同プロジェクトは竜頭企業(地元の農村経済を発展させるリーダー的役割の企業)が生産基地や協同組合、農家をけん引する農業の発展モデルを採用する。産業発展による貧困解消を通じ、現地の農牧民300人以上の貧困脱却を目指す。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700476

  • 2018年04月30日
    チベット・ヒマラヤ高山環境保護基金会発足ごみ清掃を推進

    30日、ごみや排泄物などの有機物の分解に使う器具を登山者に配るチベット・ヒマラヤ高山環境保護基金会のメンバー(右端)。チベット・ヒマラヤ高山環境保護基金会の設立式が30日、チベット自治区シガツェ(日喀則)市ティンリ(定日)県のチョモランマ峰ベースキャンプで行われた。(シガツェ=新華社記者/黄浩銘)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050200533

  • 2018年04月30日
    チベット・ヒマラヤ高山環境保護基金会発足ごみ清掃を推進

    30日、登山ごみを分別するチベット・ヒマラヤ高山環境保護基金会のメンバーとボランティア。チベット・ヒマラヤ高山環境保護基金会の設立式が30日、チベット自治区シガツェ(日喀則)市ティンリ(定日)県のチョモランマ峰ベースキャンプで行われた。(シガツェ=新華社記者/黄浩銘)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050200504

  • 2018年07月24日
    リニューアルで進化した「天空のチベット郵便局」、営業再開

    24日、郵便局にあるセルフ葉書制作プリンターで、オリジナル葉書を作る観光客。海抜5200メートルのチョモランマ・ベースキャンプに位置する「天空のチベット郵便局」がこのほど、リニューアルを経て営業を再開、利用客を迎えた。リニューアル後の郵便局はチベット風に飾り付けされ、チベット風の葉書、切手、記念印(記念のために押される消印)などを扱うほか、宅配便と普通郵便の配達サービスも加わった。周辺の自然環境や気候の関係により、同郵便局の営業期間は毎年4月15日から10月15日までとなる。(シガツェ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602213

  • 2018年07月24日
    リニューアルで進化した「天空のチベット郵便局」、営業再開

    24日、観光客の対応をする「天空のチベット郵便局」局員のツォム(措姆)さん。海抜5200メートルのチョモランマ・ベースキャンプに位置する「天空のチベット郵便局」がこのほど、リニューアルを経て営業を再開、利用客を迎えた。リニューアル後の郵便局はチベット風に飾り付けされ、チベット風の葉書、切手、記念印(記念のために押される消印)などを扱うほか、宅配便と普通郵便の配達サービスも加わった。周辺の自然環境や気候の関係により、同郵便局の営業期間は毎年4月15日から10月15日までとなる。(シガツェ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602189

  • 2018年07月24日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県の山間部をくねくねと通り抜ける道路。(7月24日小型無人機から)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100353

  • 2018年07月24日
    リニューアルで進化した「天空のチベット郵便局」、営業再開

    24日、観光客にチベット風の葉書を紹介する「天空のチベット郵便局」局員のツォム(措姆)さん(中)。海抜5200メートルのチョモランマ・ベースキャンプに位置する「天空のチベット郵便局」がこのほど、リニューアルを経て営業を再開、利用客を迎えた。リニューアル後の郵便局はチベット風に飾り付けされ、チベット風の葉書、切手、記念印(記念のために押される消印)などを扱うほか、宅配便と普通郵便の配達サービスも加わった。周辺の自然環境や気候の関係により、同郵便局の営業期間は毎年4月15日から10月15日までとなる。(シガツェ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602180

  • 2018年07月24日
    リニューアルで進化した「天空のチベット郵便局」、営業再開

    24日、海抜5200メートルのチョモランマ・ベースキャンプに位置する「天空のチベット郵便局」の外観。海抜5200メートルのチョモランマ・ベースキャンプに位置する「天空のチベット郵便局」がこのほど、リニューアルを経て営業を再開、利用客を迎えた。リニューアル後の郵便局はチベット風に飾り付けされ、チベット風の葉書、切手、記念印(記念のために押される消印)などを扱うほか、宅配便と普通郵便の配達サービスも加わった。周辺の自然環境や気候の関係により、同郵便局の営業期間は毎年4月15日から10月15日までとなる。(シガツェ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602176

  • 2018年07月24日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県の境界内をくねくねと延びる道路。(7月24日小型無人機から)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100335

  • 2018年07月24日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    雨が上がり、チベット自治区シガツェ市ティンリ県の上空に虹が現れた。(7月24日撮影)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100336

  • 2018年07月24日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    チベット自治区シガツェ市サキャ県の境界内に一面に広がる菜の花畑。(7月24日小型無人機から)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100337

  • 2018年07月25日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    チベット自治区シガツェ市ギャンツェ県の境界内に一面に咲き誇る菜の花。(7月25日撮影)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100362

  • 2018年07月27日
    パンチェン·エルデニ、タシルンポ寺に帰還

    27日、パンチェン·エルデニを出迎えるタシルンポ寺の僧侶。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は27日、チベット自治区ラサ市からシガツェ市のタシルンポ寺に帰還した。パンチェン・エルデニは市内で視察と仏教行事を行うという。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000362

  • 2018年07月27日
    パンチェン·エルデニ、タシルンポ寺に帰還

    27日、パンチェン·エルデニを出迎えるタシルンポ寺の僧侶。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は27日、チベット自治区ラサ市からシガツェ市のタシルンポ寺に帰還した。パンチェン・エルデニは市内で視察と仏教行事を行うという。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000458

  • 2018年07月27日
    パンチェン·エルデニ、タシルンポ寺に帰還

    27日、タシルンポ寺の僧侶が供えた「チェマ(切瑪)」に盛られた穀物を空に撒くパンチェン·エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は27日、チベット自治区ラサ市からシガツェ市のタシルンポ寺に帰還した。パンチェン・エルデニは市内で視察と仏教行事を行うという。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000392

  • 2018年07月27日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    チベット自治区シガツェ市カンマル県の菜の花畑で、家畜を放牧する村民。(7月27日撮影)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100357

  • 2018年07月27日
    パンチェン·エルデニ、タシルンポ寺に帰還

    27日、タシルンポ寺に帰還したパンチェン·エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は27日、チベット自治区ラサ市からシガツェ市のタシルンポ寺に帰還した。パンチェン・エルデニは市内で視察と仏教行事を行うという。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000436

  • 2018年07月27日
    パンチェン·エルデニ、タシルンポ寺に帰還

    27日、パンチェン·エルデニを出迎えるタシルンポ寺の僧侶。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は27日、チベット自治区ラサ市からシガツェ市のタシルンポ寺に帰還した。パンチェン・エルデニは市内で視察と仏教行事を行うという。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000472

  • 2018年07月27日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    チベット自治区シガツェ市で、水面に雪山が映し出される多慶錯(DochenTso)国家湿地公園に広がる美しい風景。(7月27日撮影)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100338

  • 2018年07月27日
    高原に広がる無限の風景チベット自治区

    チベット自治区シガツェ市カンマル県で、村落に炊事の煙がゆらゆらと立ち昇っている。(7月27日撮影)中国青海チベット高原の南西部に位置するチベット自治区では7、8月の2か月間、生気に満ち溢れ、一年で最も魅力的な自然の風景を満喫することができる。(ラサ=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100350

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、辺雄郷普夏村の栽培基地で、鎌でダイコンの葉を切り落とす村民。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功した。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体で1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301620

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、栽培基地で村民のブムさん(左)と一緒に、洗ったダイコンを箱に詰める白瑪梅朶合作社(協同組合)のギャツォ董事長。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり、約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体での1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301606

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、辺雄郷の栽培基地の貯水池で、ダイコンを洗う村民のチョガさん(左)。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功した。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体で1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301670

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、辺雄郷普夏村の栽培基地で、収穫したダイコンを運ぶ村民のブムさん。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功した。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体で1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301617

  • 2018年08月12日
    チベット劇が「雪頓節」にお披露目ラサ

    12日、ラサ市ノルブリンカで、チベットの伝統劇「特巴丹巴」を演じるシガツェ市ナムリン県の空欧チベット劇団のメンバー。「第5回全自治区チベット劇コンテスト」と「第7回全自治区チベット劇上演イベント」が、11日~17日に行われるチベット族の伝統行事「雪頓節」(ヨーグルト祭り)の開催中に、中国チベット自治区ラサ市のノルブリンカおよび宗角禄康公園で開かれる。今年はラサ市やチャムド地区、ロカ地区、シガツェ地区などからチベット劇を演じる11の劇団がコンテストやイベント14回に参加し、パフォーマンスを披露するという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501143

  • 2018年08月12日
    チベット劇が「雪頓節」にお披露目ラサ

    12日、ラサ市ノルブリンカで、チベットの伝統劇「特巴丹巴」を演じるシガツェ市ナムリン県の空欧チベット劇団のメンバー。「第5回全自治区チベット劇コンテスト」と「第7回全自治区チベット劇上演イベント」が、11日~17日に行われるチベット族の伝統行事「雪頓節」(ヨーグルト祭り)の開催中に、中国チベット自治区ラサ市のノルブリンカおよび宗角禄康公園で開かれる。今年はラサ市やチャムド地区、ロカ地区、シガツェ地区などからチベット劇を演じる11の劇団がコンテストやイベント14回に参加し、パフォーマンスを披露するという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501145

  • 2018年08月12日
    チベット劇が「雪頓節」にお披露目ラサ

    12日、ラサ市ノルブリンカで、チベットの伝統劇「特巴丹巴」を演じるシガツェ市ナムリン県の空欧チベット劇団のメンバー。「第5回全自治区チベット劇コンテスト」と「第7回全自治区チベット劇上演イベント」が、11日~17日に行われるチベット族の伝統行事「雪頓節」(ヨーグルト祭り)の開催中に、中国チベット自治区ラサ市のノルブリンカおよび宗角禄康公園で開かれる。今年はラサ市やチャムド地区、ロカ地区、シガツェ地区などからチベット劇を演じる11の劇団がコンテストやイベント14回に参加し、パフォーマンスを披露するという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501103

  • 2018年08月12日
    チベット劇が「雪頓節」にお披露目ラサ

    12日、ラサ市ノルブリンカで、チベットの伝統劇「特巴丹巴」を演じるシガツェ市ナムリン県の空欧チベット劇団のメンバー。「第5回全自治区チベット劇コンテスト」と「第7回全自治区チベット劇上演イベント」が、11日~17日に行われるチベット族の伝統行事「雪頓節」(ヨーグルト祭り)の開催中に、中国チベット自治区ラサ市のノルブリンカおよび宗角禄康公園で開かれる。今年はラサ市やチャムド地区、ロカ地区、シガツェ地区などからチベット劇を演じる11の劇団がコンテストやイベント14回に参加し、パフォーマンスを披露するという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501110

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月09日
    中国チベット自治区のネパール総領事館改築と両国つなぐ2本の橋再建へ

    9日、在ラサ・ネパール総領事館の改築と「樟木友好橋」と「吉隆熱索橋」の再建プロジェクトの着工式の会場。中国チベット自治区ラサ市にあるネパールの総領事館の改築と、同自治区シガツェ市ニャラム県のダム(樟木)鎮にある両国の友好橋、同市ラドン(吉隆)県ラドン鎮にある「熱索橋」の再建プロジェクトの着工式が9日、同総領事館で行われた。2本の橋が再建されると両国国民の伝統的往来と相互接続の利便性が向上する。同自治区は国の関係する各部門や委員会と2本の橋の再建推進について調整、吉隆口岸(出入境検査場)の安定した運行を保証し、2015年4月25日のネパール地震で被害を受けた樟木口岸を再建するという。中国の南アジアに向かう重要な通路の一つとして、ネパールと同じく「一帯一路」沿線に位置しているチベット自治区は、ネパールと一連の協力協定を締結し、両国の実務的協力のため新たな分野を切り開いた。(ラサ=新華社配信/李林)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月09日
    中国チベット自治区のネパール総領事館改築と両国つなぐ2本の橋再建へ

    9日、定礎式に出席するチベット自治区人民代表大会常務委員会主任の洛桑江村(ロサン・ギェンツェン)氏(左端)、ネパール下院のクリシュナ・バハドゥル・マハラ議長(中央)、チベット自治区政府主席の斉扎拉(チザラ)氏(右端)。中国チベット自治区ラサ市にあるネパールの総領事館の改築と、同自治区シガツェ市ニャラム県のダム(樟木)鎮にある両国の友好橋、同市ラドン(吉隆)県ラドン鎮にある「熱索橋」の再建プロジェクトの着工式が9日、同総領事館で行われた。2本の橋が再建されると両国国民の伝統的往来と相互接続の利便性が向上する。同自治区は国の関係する各部門や委員会と2本の橋の再建推進について調整、吉隆口岸(出入境検査場)の安定した運行を保証し、2015年4月25日のネパール地震で被害を受けた樟木口岸を再建するという。中国の南アジアに向かう重要な通路の一つとして、ネパールと同じく「一帯一路」沿線に位置しているチベット自治区は、ネパールと一連の協力協定を締結し、両国の実務的協力のため新たな分野を切り開いた。(ラサ=新華社配信/李林)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216532

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月09日
    中国チベット自治区のネパール総領事館改築と両国つなぐ2本の橋再建へ

    9日、在ラサ・ネパール総領事館の改築と「樟木友好橋」と「吉隆熱索橋」の再建プロジェクトの着工式の会場。中国チベット自治区ラサ市にあるネパールの総領事館の改築と、同自治区シガツェ市ニャラム県のダム(樟木)鎮にある両国の友好橋、同市ラドン(吉隆)県ラドン鎮にある「熱索橋」の再建プロジェクトの着工式が9日、同総領事館で行われた。2本の橋が再建されると両国国民の伝統的往来と相互接続の利便性が向上する。同自治区は国の関係する各部門や委員会と2本の橋の再建推進について調整、吉隆口岸(出入境検査場)の安定した運行を保証し、2015年4月25日のネパール地震で被害を受けた樟木口岸を再建するという。中国の南アジアに向かう重要な通路の一つとして、ネパールと同じく「一帯一路」沿線に位置しているチベット自治区は、ネパールと一連の協力協定を締結し、両国の実務的協力のため新たな分野を切り開いた。(ラサ=新華社配信/李林)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216519

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月09日
    中国チベット自治区のネパール総領事館改築と両国つなぐ2本の橋再建へ

    9日、在ラサ・ネパール総領事館の改築と「樟木友好橋」と「吉隆熱索橋」の再建プロジェクトの着工式の会場。中国チベット自治区ラサ市にあるネパールの総領事館の改築と、同自治区シガツェ市ニャラム県のダム(樟木)鎮にある両国の友好橋、同市ラドン(吉隆)県ラドン鎮にある「熱索橋」の再建プロジェクトの着工式が9日、同総領事館で行われた。2本の橋が再建されると両国国民の伝統的往来と相互接続の利便性が向上する。同自治区は国の関係する各部門や委員会と2本の橋の再建推進について調整、吉隆口岸(出入境検査場)の安定した運行を保証し、2015年4月25日のネパール地震で被害を受けた樟木口岸を再建するという。中国の南アジアに向かう重要な通路の一つとして、ネパールと同じく「一帯一路」沿線に位置しているチベット自治区は、ネパールと一連の協力協定を締結し、両国の実務的協力のため新たな分野を切り開いた。(ラサ=新華社配信/李林)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216555

  • 2018年09月12日
    絵のような美しい風景が広がるチベット·シガツェ市

    12日に撮影したチベット自治区シガツェ市サガ県の牧草地の風景。中国チベット自治区シガツェ市各地の秋の風景は絵のように美しく、見る者の心を奪う。(シガツェ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815829

  • 2018年09月12日
    絵のような美しい風景が広がるチベット·シガツェ市

    12日、空から見たチベット自治区シガツェ市サキャ県の田畑の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区シガツェ市各地の秋の風景は絵のように美しく、見る者の心を奪う。(シガツェ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815910

  • 2018年09月13日
    絵のような美しい風景が広がるチベット·シガツェ市

    13日に撮影したチベット自治区シガツェ市ドンパ県の風景。中国チベット自治区シガツェ市各地の秋の風景は絵のように美しく、見る者の心を奪う。(シガツェ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815678

  • 2018年09月13日
    ハダカムギが収穫期迎えるチベット自治区

    13日、チベット自治区シガツェ市ラツェ県で登熟したハダカムギを確認する農家。中国初の「中国農民豊作節」を迎える23日を前に、チベット自治区各地ではハダカムギが登熟期を迎えた。高原の農家は収穫に大忙し、豊作に各所で笑顔があふれた。同自治区農業部門のデータによると、今年のハダカムギ総生産量は80万トンを突破する見込み。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120321

  • 2018年09月13日
    絵のような美しい風景が広がるチベット·シガツェ市

    13日、チベット自治区シガツェ市ドンパ県で撮影した湿地の風景。中国チベット自治区シガツェ市各地の秋の風景は絵のように美しく、見る者の心を奪う。(シガツェ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815905

  • 2018年09月13日
    絵のような美しい風景が広がるチベット·シガツェ市

    13日、チベット自治区シガツェ市ドンパ県の牧草地で、羊の群れを放牧する牧畜民。中国チベット自治区シガツェ市各地の秋の風景は絵のように美しく、見る者の心を奪う。(シガツェ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815840

  • 2018年09月13日
    絵のような美しい風景が広がるチベット·シガツェ市

    13日、チベット自治区シガツェ市ドンパ県で撮影した湿地の風景。中国チベット自治区シガツェ市各地の秋の風景は絵のように美しく、見る者の心を奪う。(シガツェ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815672

  • 2018年09月13日
    ハダカムギが収穫期迎えるチベット自治区

    13日、チベット自治区シガツェ市ラツェ県でハダカムギを収穫する農家。(小型無人機から)中国初の「中国農民豊作節」を迎える23日を前に、チベット自治区各地ではハダカムギが登熟期を迎えた。高原の農家は収穫に大忙し、豊作に各所で笑顔があふれた。同自治区農業部門のデータによると、今年のハダカムギ総生産量は80万トンを突破する見込み。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120363

  • 2018年09月13日
    ハダカムギが収穫期迎えるチベット自治区

    13日、チベット自治区シガツェ市ラツェ県曲下鎮で収穫したハダカムギを手に笑顔を見せる農家。中国初の「中国農民豊作節」を迎える23日を前に、チベット自治区各地ではハダカムギが登熟期を迎えた。高原の農家は収穫に大忙し、豊作に各所で笑顔があふれた。同自治区農業部門のデータによると、今年のハダカムギ総生産量は80万トンを突破する見込み。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月11日
    「春運」間近青海チベット高原を走る列車チベット自治区ラサ

    11日、Z6802号で窓の外を眺めるチベット自治区シガツェ市出身の乗客。中国で「春運」と呼ばれる春節(旧正月)前後の帰省・Uターンに向けた特別交通輸送態勢が間もなく始まるのを前に、チベット鉄道を利用する乗客の数が次第に増加している。ラサ発西寧行きの中国鉄路青蔵集団公司西寧旅客輸送区間の旅客列車Z6802号は、観光客や出稼ぎ労働者、学生、仏教徒ら大勢の乗客を乗せ、雪に覆われた青海チベット高原を駆け抜けている。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812715

  • 2019年01月21日
    青海チベット高原を駆け抜ける「動くレストラン」で舌鼓

    21日、「唐竺古道号」の食堂車で飾り付けをするスタッフ。世界最高所を走る青蔵鉄道(青海省西寧ー西蔵チベット自治区ラサ)が運営する独特な地域色と民族風情を持つブランド列車「唐竺古道号(とうじくこどうごう)」の食堂車では、新鮮な料理のほか、ヨーグルトやバター茶、甜茶などの特色ある食品が供される。乗客は西寧からシガツェまでの2千キロに及ぶ「天の道」において、青海チベット高原の美しい眺めを楽しみながら「動くレストラン」の美食を味わうことができる。(ゴルムド=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919151

  • 2019年01月21日
    青海チベット高原を駆け抜ける「動くレストラン」で舌鼓

    21日、「唐竺古道号」の食堂車で飾り付けをするスタッフの王雪(おう・せつ)さん。世界最高所を走る青蔵鉄道(青海省西寧ー西蔵チベット自治区ラサ)が運営する独特な地域色と民族風情を持つブランド列車「唐竺古道号(とうじくこどうごう)」の食堂車では、新鮮な料理のほか、ヨーグルトやバター茶、甜茶などの特色ある食品が供される。乗客は西寧からシガツェまでの2千キロに及ぶ「天の道」において、青海チベット高原の美しい眺めを楽しみながら「動くレストラン」の美食を味わうことができる。(ゴルムド=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918743

  • 2019年01月21日
    青海チベット高原を駆け抜ける「動くレストラン」で舌鼓

    21日、「唐竺古道号」の食堂車にある有機野菜エリアでオーダーする乗客。世界最高所を走る青蔵鉄道(青海省西寧ー西蔵チベット自治区ラサ)が運営する独特な地域色と民族風情を持つブランド列車「唐竺古道号(とうじくこどうごう)」の食堂車では、新鮮な料理のほか、ヨーグルトやバター茶、甜茶などの特色ある食品が供される。乗客は西寧からシガツェまでの2千キロに及ぶ「天の道」において、青海チベット高原の美しい眺めを楽しみながら「動くレストラン」の美食を味わうことができる。(ゴルムド=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919108

  • 2019年01月21日
    青海チベット高原を駆け抜ける「動くレストラン」で舌鼓

    21日、食堂車の調理場で有機野菜を洗う「唐竺古道号」のシェフ、孫生金(そん・せいきん)さん。世界最高所を走る青蔵鉄道(青海省西寧ー西蔵チベット自治区ラサ)が運営する独特な地域色と民族風情を持つブランド列車「唐竺古道号(とうじくこどうごう)」の食堂車では、新鮮な料理のほか、ヨーグルトやバター茶、甜茶などの特色ある食品が供される。乗客は西寧からシガツェまでの2千キロに及ぶ「天の道」において、青海チベット高原の美しい眺めを楽しみながら「動くレストラン」の美食を味わうことができる。(ゴルムド=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919109

  • 2019年01月21日
    青海チベット高原を駆け抜ける「動くレストラン」で舌鼓

    21日、調理場で調理する「唐竺古道号」のシェフたち。世界最高所を走る青蔵鉄道(青海省西寧ー西蔵チベット自治区ラサ)が運営する独特な地域色と民族風情を持つブランド列車「唐竺古道号(とうじくこどうごう)」の食堂車では、新鮮な料理のほか、ヨーグルトやバター茶、甜茶などの特色ある食品が供される。乗客は西寧からシガツェまでの2千キロに及ぶ「天の道」において、青海チベット高原の美しい眺めを楽しみながら「動くレストラン」の美食を味わうことができる。(ゴルムド=新華社配信/張竜)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918628

  • 2019年04月26日
    空から見た内陸湖ペンクツォチベット自治区

    26日、空から見たペンクツォ。(小型無人機から)中国チベット自治区のシガツェ市キドン県とニャラム県の境にある湖、佩枯錯(ペンクツォ)は面積約300平方キロメートル、湖面の標高4590メートルで、チョモランマ峰国家級自然保護区最大の内陸湖だ。ペンクツォのほとりから雪に覆われたシシャパンマ峰を望む風景は人々を魅了してやまない。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402270

  • 2019年04月26日
    空から見た内陸湖ペンクツォチベット自治区

    26日、空から見たペンクツォ。(小型無人機から)中国チベット自治区のシガツェ市キドン県とニャラム県の境にある湖、佩枯錯(ペンクツォ)は面積約300平方キロメートル、湖面の標高4590メートルで、チョモランマ峰国家級自然保護区最大の内陸湖だ。ペンクツォのほとりから雪に覆われたシシャパンマ峰を望む風景は人々を魅了してやまない。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402388

  • 2019年04月26日
    空から見た内陸湖ペンクツォチベット自治区

    26日、空から見たペンクツォ。(小型無人機から)中国チベット自治区のシガツェ市キドン県とニャラム県の境にある湖、佩枯錯(ペンクツォ)は面積約300平方キロメートル、湖面の標高4590メートルで、チョモランマ峰国家級自然保護区最大の内陸湖だ。ペンクツォのほとりから雪に覆われたシシャパンマ峰を望む風景は人々を魅了してやまない。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402384

  • 2019年04月26日
    空から見た内陸湖ペンクツォチベット自治区

    26日、空から見たペンクツォ。(小型無人機から)中国チベット自治区のシガツェ市キドン県とニャラム県の境にある湖、佩枯錯(ペンクツォ)は面積約300平方キロメートル、湖面の標高4590メートルで、チョモランマ峰国家級自然保護区最大の内陸湖だ。ペンクツォのほとりから雪に覆われたシシャパンマ峰を望む風景は人々を魅了してやまない。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402271

  • 2019年04月26日
    空から見た内陸湖ペンクツォチベット自治区

    26日、空から見たペンクツォ。(小型無人機から)中国チベット自治区のシガツェ市キドン県とニャラム県の境にある湖、佩枯錯(ペンクツォ)は面積約300平方キロメートル、湖面の標高4590メートルで、チョモランマ峰国家級自然保護区最大の内陸湖だ。ペンクツォのほとりから雪に覆われたシシャパンマ峰を望む風景は人々を魅了してやまない。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200279

  • 2019年04月26日
    空から見た内陸湖ペンクツォチベット自治区

    26日、シシャパンマ峰のふもとに広がるペンクツォ。(小型無人機から)中国チベット自治区のシガツェ市キドン県とニャラム県の境にある湖、佩枯錯(ペンクツォ)は面積約300平方キロメートル、湖面の標高4590メートルで、チョモランマ峰国家級自然保護区最大の内陸湖だ。ペンクツォのほとりから雪に覆われたシシャパンマ峰を望む風景は人々を魅了してやまない。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402378

  • 2019年04月26日
    空から見た内陸湖ペンクツォチベット自治区

    26日、空から見たペンクツォ。(小型無人機から)中国チベット自治区のシガツェ市キドン県とニャラム県の境にある湖、佩枯錯(ペンクツォ)は面積約300平方キロメートル、湖面の標高4590メートルで、チョモランマ峰国家級自然保護区最大の内陸湖だ。ペンクツォのほとりから雪に覆われたシシャパンマ峰を望む風景は人々を魅了してやまない。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402291

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日に撮影したキドン県吉普村の民家。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703145

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日に撮影した吉隆溝の植物。毎年この季節になると山野にすがすがしい香りがあふれる。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703149

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、吉隆溝でゆったりと休むヤク。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703166

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、キドン県吉普村のつり橋から見た高低差数百メートルの大渓谷。両側の岩が向かい合い、雄大な光景が広がっている。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703228

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日に撮影したキドン県の住民。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703230

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、キドン県の風景を写真に収める山東省からの観光客。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703242

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、周囲を雪山に囲まれ、植物が生い茂る吉隆溝。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703204

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、キドン県で記念撮影する観光客。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703177

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、吉隆溝の高地の草原に咲く花。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703219

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日に撮影したキドン県の住民。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703137

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、周囲を雪山に囲まれ、植物が生い茂る吉隆溝。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703244

  • 2019年04月28日
    ヒマラヤ南麓に広がる神秘的な風景チベット自治区キドン県

    4月28日、キドン県乃村で農作業をする年配の女性。ヒマラヤ山脈南麓に位置する中国チベット自治区シガツェ市キドン県は、「チョモランマの裏庭」と呼ばれている。各村落の海抜は約4千メートルから約2千メートルとさまざまで、大きな高低差が同県ならではの美しさを生み出している。多くの湖、連なる雪山、手つかずの森林が広がる美しい風景は、見る者に大自然の神秘的な力強さや美しさを感じさせる。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703205

  • 2019年05月30日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県で鉄柵の上で歩くハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501638

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県でシベリアンハスキーと「対峙」するハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501647

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県の民家の屋根にいるハヌマンラングールの群れ。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501652

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、木の枝の上から民家の屋根に飛び移るハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501646

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県の県城で木の枝に登るハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501608

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県の民家の屋根でエサを食べるハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501614

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県で鉄柵の上に座るハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501575

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県で鉄柵の上に座る3匹のハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501648

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県の県城に現れたハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501562

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県でハヌマンラングールの写真を撮る観光客。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501645

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県内で撮影した2匹のハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501565

  • 2019年05月31日
    人々と触れ合うハヌマンラングールチベット自治区ドモ県

    5月31日、ドモ県で木の枝に登るハヌマンラングール。中国チベット自治区シガツェ市ドモ県では、多くのハヌマンラングールが県城(県政府所在地)までやってきて、人々と身近に触れ合っており、一風変わった光景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060501621

  • 2019年06月26日
    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥

    26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100648

  • 2019年06月26日
    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥

    26日、タシルンポ寺で撮影したインドガン。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100653

  • 2019年06月26日
    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥

    26日、タシルンポ寺で撮影したインドガン。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100658

  • 2019年06月26日
    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥

    26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100698

  • 2019年06月26日
    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥

    26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100621

  • 2019年06月26日
    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥

    26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100696

  • 2019年07月15日
    タシルンポ寺で巨大仏画の開帳式チベット自治区シガツェ

    15日、タシルンポ寺で掲げられた無量光仏の巨大タンカ。中国チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で15~17日まで、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。初日は高さ40メートル、広さ38メートルの無量光仏(阿弥陀如来)の巨大タンカが掲げられた。チベット仏教では、無量光仏が過去仏とされている。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902756

  • 2019年07月15日
    タシルンポ寺で巨大仏画の開帳式チベット自治区シガツェ

    15日、開帳式の法会に参加した僧侶。中国チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で15~17日まで、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。初日は高さ40メートル、広さ38メートルの無量光仏(阿弥陀如来)の巨大タンカが掲げられた。チベット仏教では、無量光仏が過去仏とされている。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902738

  • 2019年07月15日
    タシルンポ寺で巨大仏画の開帳式チベット自治区シガツェ

    15日、タシルンポ寺で掲げられた無量光仏の巨大タンカ。中国チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で15~17日まで、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。初日は高さ40メートル、広さ38メートルの無量光仏(阿弥陀如来)の巨大タンカが掲げられた。チベット仏教では、無量光仏が過去仏とされている。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902740

  • 2019年07月15日
    タシルンポ寺で巨大仏画の開帳式チベット自治区シガツェ

    15日、タシルンポ寺のタンカ開帳式でマニ車を回して祈願する信徒。中国チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で15~17日まで、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。初日は高さ40メートル、広さ38メートルの無量光仏(阿弥陀如来)の巨大タンカが掲げられた。チベット仏教では、無量光仏が過去仏とされている。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902761

  • 2019年07月15日
    タシルンポ寺で巨大仏画の開帳式チベット自治区シガツェ

    15日、タシルンポ寺で掲げられた無量光仏の巨大タンカ。中国チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で15~17日まで、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。初日は高さ40メートル、広さ38メートルの無量光仏(阿弥陀如来)の巨大タンカが掲げられた。チベット仏教では、無量光仏が過去仏とされている。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902755

  • 2019年07月15日
    タシルンポ寺で巨大仏画の開帳式チベット自治区シガツェ

    15日、開帳式の法会に参加した僧侶。中国チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で15~17日まで、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。初日は高さ40メートル、広さ38メートルの無量光仏(阿弥陀如来)の巨大タンカが掲げられた。チベット仏教では、無量光仏が過去仏とされている。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902729

  • 2019年07月15日
    タシルンポ寺で巨大仏画の開帳式チベット自治区シガツェ

    15日、開帳式の法会でラッパを吹く僧侶。中国チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で15~17日まで、タンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。初日は高さ40メートル、広さ38メートルの無量光仏(阿弥陀如来)の巨大タンカが掲げられた。チベット仏教では、無量光仏が過去仏とされている。(シガツェ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902731

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4