KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • シュウゴアーツ
  • しゅう
  • 教授
  • 令和
  • 北京外国語大学
  • 会場
  • 議論
  • てい
  • ライブ配信
  • 丁浩

「シュウゴ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  鶴岡八幡宮
    -
    鶴岡八幡宮

    上宮楼門の扁額(へんがく)には「八幡宮寺」と記されている。幕末まで鶴岡八幡宮は神仏習合(しんぶつしゅうごう)の寺院で、慶応4年(1868)のいわゆる「神仏分離令」で廃寺となった。写真は排仏毀釈(はいぶつきしゃく)で諸堂が取払われ、社殿のみとなる直前の時期のものと思われる。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐19‐0]

    商品コード: 2017081002747

  • (ほんだ・しゅうご) 本多秋五
    1966年05月12日
    (ほんだ・しゅうご) 本多秋五

    文芸評論家=1965(昭和40)年7月9日撮影

    商品コード: 2006051100105

  • (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎
    1975年11月25日
    (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎

    工芸家、鋳金家、芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章=1975(昭和50)年11月25日撮影

    商品コード: 2008020700041

  • (はすだ・しゅうごろう) 蓮田脩吾郎
    1976年03月11日
    (はすだ・しゅうごろう) 蓮田脩吾郎

    工芸家、鋳金家、芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章=1975(昭和50)年11月25日撮影

    商品コード: 2005020800066

  •  蓮田修吾郎
    1978年04月07日
    蓮田修吾郎

    蓮田修吾郎、文化、はすだ・しゅうごろう、死去・2010年1月6日、工芸家、鋳金家、東京芸大教授、日展文部大臣賞受賞、日本芸術院賞受賞、日本芸術院会員、文化勲章受章、文化功労者=1978(昭和53)年4月7日

    商品コード: 1978061500017

  • (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎
    1978年05月18日
    (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎

    工芸家、鋳金家、芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章=1978(昭和53)年4月7日撮影

    商品コード: 2004111100105

  • (ほんだ・しゅうご) 本多秋五
    1979年09月28日
    (ほんだ・しゅうご) 本多秋五

    文芸評論家=1979(昭和54)年7月7日撮影

    商品コード: 2004101900057

  • (ほんだ・しゅうご) 本多秋五
    1982年01月15日
    (ほんだ・しゅうご) 本多秋五

    文芸評論家=1981(昭和56)年9月26日撮影

    商品コード: 2004051300080

  •  本多秋五
    1982年08月02日
    本多秋五

    本多秋五、文化、ほんだ・しゅうご、死去・2001年1月13日、文芸評論家、明大教授、毎日出版文化賞受賞、読売文学賞受賞、毎日芸術賞受賞=1982(昭和57)年8月2日整理

    商品コード: 1982082000026

  • (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎
    1982年08月27日
    (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎

    工芸家、鋳金家、芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章=1982(昭和57)年3月26日撮影

    商品コード: 2004060800069

  • (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎
    1987年11月19日
    (はすだ・しゅうごろう) 蓮田修吾郎

    工芸家、鋳金家、芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章=1987(昭和62)年10月23日撮影

    商品コード: 2003111900178

  • (ほんだ・しゅうご) 本多秋五
    1991年10月24日
    (ほんだ・しゅうご) 本多秋五

    評論家、1991(平成3)年10月24日撮影

    商品コード: 1999090900062

  • 石に交じって出土した土器 ホケノ山古墳は箸墓以前
    1995年12月07日
    石に交じって出土した土器 ホケノ山古墳は箸墓以前

    ホケノ山古墳の周濠(しゅうごう)から石に交じって出土した土器。後方が古墳の後円部=奈良県桜井市箸中(カラーネガ)

    商品コード: 1995120700042

  • 石に交じって出土した土器 ホケノ山古墳は箸墓以前
    1995年12月07日
    石に交じって出土した土器 ホケノ山古墳は箸墓以前

    ホケノ山古墳の周濠(しゅうごう)から石に交じって出土した土器。後方が古墳の後円部=奈良県桜井市箸中(カラーネガ)

    商品コード: 1995120700047

  • 見つかった小石室 周濠の埋土内に小石室
    1996年11月23日
    見つかった小石室 周濠の埋土内に小石室

    古墳の周濠(しゅうごう)の埋土の中に築かれた小石室=奈良県当麻町の太田遺跡

    商品コード: 1996112300019

  • 1997年12月18日

    「カラー」「人物通信」 ◎本多秋五(ほんだ・しゅうご)、文芸評論家、1997.09.08、出稿19980108

    商品コード: 1997121800053

  • 箸墓古墳 当初から前方後円墳だった
    1998年09月10日
    箸墓古墳 当初から前方後円墳だった

    後円部(手前)の隣接地で周濠(しゅうごう)とみられる溝が見つかった箸墓(はしはか)古墳=96(平成8)年6月、奈良県桜井市箸中

    商品コード: 1998091000079

  • 周濠とみられる溝 当初から前方後円墳だった
    1998年09月10日
    周濠とみられる溝 当初から前方後円墳だった

    奈良県桜井市の箸墓(はしはか)古墳後円部の隣接地で見つかった周濠(しゅうごう)とみられる溝(桜井市教委提供)

    商品コード: 1998091000080

  • 1999年07月05日

    「カラー」◎藤井秀悟(ふじい・しゅうご)、投手、早大、990622

    商品コード: 1999070500046

  • 打出小槌古墳 芦屋の住宅地に90メートル古墳
    1999年08月24日
    打出小槌古墳 芦屋の住宅地に90メートル古墳

    打出小槌古墳の周濠(しゅうごう)。作業員が立っているのが濠の縁でハの字型に手前が広がっている=兵庫県芦屋市打出小槌町

    商品コード: 1999082400160

  • 1999年11月04日

    「カラー」◎桜井秀剛(さくらい・しゅうごう)、ゴルフ、アマチュアゴルファー、フォーム、99年9月9日撮影

    商品コード: 1999110400039

  • 出土した大量の木製品 周濠から大量の木製品
    2001年03月26日
    出土した大量の木製品 周濠から大量の木製品

    勝山古墳の周濠(しゅうごう)から出土した大量の木製品=奈良県桜井市

    商品コード: 2001032600149

  • 鳥形木製品の翼の部分 4重に鳥形木製品など並ぶ
    2002年03月07日
    鳥形木製品の翼の部分 4重に鳥形木製品など並ぶ

    水晶塚古墳の周濠(しゅうごう)跡から出土した鳥形木製品の翼の部分=7日、奈良県大和郡山市

    商品コード: 2002030700126

  • 2002年04月03日

    「カラー」【】 ◎藤井秀悟(18)、ふじい・しゅうご、ヤクルト投手、2002年2月1日撮影

    商品コード: 2002040300032

  • 2003年04月14日

    「カラー」【】 ◎藤井秀悟(18)、ふじい・しゅうご、ヤクルトスワローズ、投手、2003年2月1日撮影、顔

    商品コード: 2003041400050

  •  ベネチアが私に作らせる
    2004年11月05日
    ベネチアが私に作らせる

    「ガラスのどうきが聞こえるような作品をつくりたい」と話す三嶋りつ惠さん=東京都中央区のシュウゴアーツ

    商品コード: 2004110500180

  •  つくることで生きてきた
    2006年10月30日
    つくることで生きてきた

    「最初にメッセージがあったのではなく、言葉の振幅の中でつむいでいった詩です」と話すイケムラレイコさん=東京都江東区の画廊「シュウゴアーツ」

    商品コード: 2006103000128

  • (いまひら・しゅうご) 今平周吾
    2018年09月16日
    (いまひら・しゅうご) 今平周吾

    男子プロゴルファー、2018年9月8日撮影、鳩山CC

    商品コード: 2018091600126

  •  今平周吾さん
    2018年12月02日
    今平周吾さん

    男子ゴルフで初めて賞金王に輝いた今平周吾(いまひら・しゅうご)さん

    商品コード: 2018120200498

  • (いまひら・しゅうご) 今平周吾
    2018年12月07日
    (いまひら・しゅうご) 今平周吾

    男子プロゴルファー、2018年12月3日撮影、東京都内のホテル

    商品コード: 2018120718546

  • (いまひら・しゅうご) 今平周吾
    2019年06月28日
    (いまひら・しゅうご) 今平周吾

    男子プロゴルファー、2019年5月27日撮影、三重県桑名市の桑名CC

    商品コード: 2019060900161

  •  「新華社」杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示
    02:06.38
    2020年08月11日
    「新華社」杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。今回の展示品は、同博物館のシルク修復師らが8年かけて修復したものだという。中でも慈禧太后の遺体を覆っていた錦の織物「織金陀羅尼経被(しききんだらにきょうひ)」は長さ290センチ、幅275センチで、制作に当時の通貨で銀16万両を費やした。また、同太后が埋葬時に身に着けていた装束の一つ「黄江綢繍五彩五蝠平金仏字女竜袍(こうこうちゅうしゅうごさいごふくへいきんぶつじじょりゅうほう)」には多くの「仏」の字が刺繍(ししゅう)されており、太后の信仰の厚さを示している。会期は11月8日まで。(記者/馮源、李濤)<映像内容>清王朝の女性皇族の装束などの展示、修復の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205282

  • (いまひら・しゅうご) 今平周吾
    2020年09月11日
    (いまひら・しゅうご) 今平周吾

    男子プロゴルファー、2019年12月9日撮影、東京都内のホテル

    商品コード: 2020082700170

  •  (4)第7回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2021年04月21日
    (4)第7回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    17日、「第7回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」で基調報告を行う天津外国語大学の修剛(しゅう・ごう)教授。「第7回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が17日、会場とオンラインを併用して開催された。全国130以上の大学の日本語教師が参加し、延べ3千人以上がライブ配信を視聴した。今回のフォーラムは、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会、外語教学与研究出版社(外研社)が共同で主催した。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111879

  •  (2)全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラム、北京で開催
    2021年09月12日
    (2)全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラム、北京で開催

    11日、全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラムで基調報告を行う、天津外国語大学の修剛(しゅう・ごう)教授。中国の北京外国語大学で11日、「革新・発展全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラム」が開催された。国内各地の大学から日本語の専門家や教授が一堂に会し、それぞれの考えを述べ、中国の大学における一流日本語専攻の建設と発展の将来性について議論した。フォーラムは北京外国語大学、教育部高等学校外国語文学類専門教学指導委員会日本語分委員会、中国日本語教学研究会が共催した。(北京=新華社記者/胡暁格)= 配信日: 2021(令和3)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091206306

  •  (5)全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラム、北京で開催
    2021年09月12日
    (5)全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラム、北京で開催

    11日、全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラムで取材を受ける、天津外国語大学の修剛(しゅう・ごう)教授。中国の北京外国語大学で11日、「革新・発展全国一流日本語専攻ハイエンドフォーラム」が開催された。国内各地の大学から日本語の専門家や教授が一堂に会し、それぞれの考えを述べ、中国の大学における一流日本語専攻の建設と発展の将来性について議論した。フォーラムは北京外国語大学、教育部高等学校外国語文学類専門教学指導委員会日本語分委員会、中国日本語教学研究会が共催した。(北京=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091206308

  •  (2)全国日本語専攻アフレコ大会決勝、安徽省合肥市で開催
    2021年10月24日
    (2)全国日本語専攻アフレコ大会決勝、安徽省合肥市で開催

    23日、アフレコ大会開幕式であいさつする教育部高等学校日本語専攻教学指導分委員会主任の修剛(しゅう・ごう)教授。中国安徽省合肥市で23日、第2回全国日本語専攻アフレコ大会の決勝が開催された。約180の大学から予選に参加した688組計1100人超のうち、44組が決勝に進出、ニュース部門22人、アニメ部門14グループ、ドラマ部門8グループが技術を競った。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102409330

  •  「新華社」全国日本語専攻アフレコ大会決勝、安徽省合肥市で開催
    01:18.88
    2021年10月24日
    「新華社」全国日本語専攻アフレコ大会決勝、安徽省合肥市で開催

    中国安徽省合肥市で23日、第2回全国日本語専攻アフレコ大会の決勝が開催された。約180の大学から予選に参加した688組計1100人超のうち、44組が決勝に進出、ニュース部門22人、アニメ部門14グループ、ドラマ部門8グループが技術を競った。同大会は新型コロナウイルスの影響で交流の機会が激減する中、日本語専攻の学生が読む、聞く、話す力など語学の基礎を固め、日本文化への理解や国際的視野を広げられるようにするのが目的。教育部高等学校外国語文学類専門教学指導委員会日本語分委員会、中国日本語教学研究会、北京外国語大学が共催した。開幕式には、日本の鳩山由紀夫元首相が開催を祝うビデオメッセージを寄せた。北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長はビデオ方式、教育部高等学校日本語専攻教学指導分委員会主任の修剛(しゅう・ごう)教授、中国日本語教学研究会会長で教育部高等学校外国語文学類専門教学指導委員会日本語分委員会委員の周異夫(しゅう・いふ)教授、北京外国語大学合肥国際学院の陳貴竜(ちん・きりゅう)副院長は会場であいさつした。あいさつの中で、鳩山氏は大会を通して学生が日本語学習への関心をさらに高め、言語・文化の共通性を学び、日中の卓越した文化を発信し、発展させる日中文化交流の立役者になると期待を示した。丁氏は新たな機会と試練の下、よりグローバルな視野と専門性を持つ複合型人材を育成し、中国の世界進出や世界の中国への理解を促進しなければならないと述べた。開幕式の後、決勝が行われた。参加者らは日本語の基本と豊かな表現力、優れた総合的資質を示し、審査員と来場者に高く評価された。熱戦を経て、寧波大学のXUJIAANさん、上海外国語大学賢達経済人文学院の厳懿婷(げん・いてい)さんと林資納(りん・しのう)さん、浙江万里学院の姜凱元(きょう・かいげん)さんと方約翰(ほう・やくかん)さんの3組がそれぞれニュース部門、アニメ部門、ドラマ部門で特等賞を受賞した。(記者/陳雨寧) =配信日: 2021(令和3)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102409204

  •  (2)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (2)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、会場で記念撮影する出席者。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611558

  •  (1)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (1)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、開幕式であいさつする北京外国語大学の丁浩副学長。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611601

  •  (4)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (4)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、フォーラムで意見交換する専門家ら。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611560

  •  (11)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (11)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    24日、会議の司会を務める外研社総合語種教育出版分社の杜紅坡(と・こうは)副社長。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611591

  •  (7)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (7)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、開幕式の司会を務める外語教学与研究出版社社長の王芳氏。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611566

  •  (6)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (6)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、開幕式であいさつする教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会副主任委員の修剛教授。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611559

  •  (10)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (10)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、会議の司会を務める北京外国語大学日本語学院副院長で北京日本学研究センター副主任の熊文莉(ゆう・ぶんり)氏。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611563

  •  (3)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (3)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、フォーラムで意見交換する専門家ら。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611561

  •  (5)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (5)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、オンラインで意見交換する専門家ら。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611557

  •  (9)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (9)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、基調報告を行う北京外国語大学の周異夫(しゅう・いふ)教授。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611562

  •  (8)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催
    2022年04月26日
    (8)第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム開催

    23日、基調報告を行う中国社会科学院日本研究所所長の楊伯江(よう・はくこう)研究員。中国の北京外国語大学、中国教育部高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会の共催による「第8回全国大学日本語専攻教育改革・発展ハイエンドフォーラム」が23、24両日、北京の会場とオンラインを組み合わせた形式で開かれた。海南大学と外語教学与研究出版社が運営を担った。今回のフォーラムは、現代の中国と世界の情勢を踏まえ「中国を理解し、世界をつなぐ」をテーマに、中国の大学における日本語専攻教育がいかにして新たなニーズに応え、新たな機会を捉え、新たな局面を開くかについて突っ込んだ議論が行われた。会期中、延べ8千人近くがライブ配信を視聴した。開幕式では、外語教学与研究出版社の王芳(おう・ほう)社長が司会を務め、北京外国語大学の丁浩(てい・こう)副学長と教育部高等学校外国語言文学類専業教学指導委員会の副主任委員を務める修剛(しゅう・ごう)教授があいさつした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611564

  • 1