KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • しゅう
  • 中国鉄道
  • 例外
  • 別れ
  • 変化
  • 定年退職
  • 復興号
  • 旧式

「ショウキョウ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月14日
    第4回「馬雲郷村教師賞」授賞式開催海南省

    13日、授賞式で同じ代講教師で妻の羅荷珍(ら・かちん)さんにキスする湖南省の受賞者、楊昌強(よう・しょうきょう)さん(右)。中国海南省三亜市陵水リー族自治県で13日、第4回「馬雲郷村教師賞」の授賞式が行われ、雲南省、貴州省、四川省、浙江省など各地の教師101人が選出された。同賞は年に一度授与され、受賞者には3年間で総額10万元(1元=約16円)の奨励金と専門分野の研究に対する支援が提供される。(陵水=新華社記者/張玉薇)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812599

  • 2019年04月01日
    中国で桜の新品種開発が加速

    満開となった桜。(資料写真)中国はここ数年、桜の品種の自主開発を加速しており、中国紅、広州桜、小喬(しょうきょう)、貂蝉(ちょうせん)、西施(せいし)などの品種の開発に成功した。桜は中日国交正常化以降の1970年代、日本を象徴する花として、両国の友好という新たな意味を与えられた。日本は桜を中国への贈り物とし、送られた桜は北京市、武漢市、南京市などに植えられた。(広州=新華社配信/中国桜花産業協会提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:中国桜花産業協会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040900374

  • 2019年04月01日
    中国で桜の新品種開発が加速

    愛犬「斉斉(チーチー)」と共に桜を観賞する若い女性。(資料写真)中国はここ数年、桜の品種の自主開発を加速しており、中国紅、広州桜、小喬(しょうきょう)、貂蝉(ちょうせん)、西施(せいし)などの品種の開発に成功した。桜は中日国交正常化以降の1970年代、日本を象徴する花として、両国の友好という新たな意味を与えられた。日本は桜を中国への贈り物とし、送られた桜は北京市、武漢市、南京市などに植えられた。(広州=新華社配信/中国桜花産業協会提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:中国桜花産業協会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040900375

  • 2019年04月01日
    中国で桜の新品種開発が加速

    中国の公園に咲いた桜。(資料写真)中国はここ数年、桜の品種の自主開発を加速しており、中国紅、広州桜、小喬(しょうきょう)、貂蝉(ちょうせん)、西施(せいし)などの品種の開発に成功した。桜は中日国交正常化以降の1970年代、日本を象徴する花として、両国の友好という新たな意味を与えられた。日本は桜を中国への贈り物とし、送られた桜は北京市、武漢市、南京市などに植えられた。(広州=新華社配信/中国桜花産業協会提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:中国桜花産業協会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040900354

  • 2020年05月14日
    ドローンの「使い手」が変える中国農業進む効率化と脱汚染

    湖南省湘郷市育塅郷南水村の水田(5月14日撮影、小型無人機から)中国南方地域の早稲米の産地の一つ、湖南省湘郷(しょうきょう)市の農村に足を踏み入れると、視界一面に青田がなびき、夏風が吹き抜け、水田の香りが漂う。上空には農業用小型無人機(ドローン)が、施肥や除草、防虫と忙しそうに飛び回っていた。ドローンは中国で「空飛ぶ耕牛」として農作業に活用されている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401891

  • 2020年05月14日
    ドローンの「使い手」が変える中国農業進む効率化と脱汚染

    湖南省湘郷市育塅郷南水村の水田で農業用ドローンを操縦する農家。(5月14日撮影)中国南方地域の早稲米の産地の一つ、湖南省湘郷(しょうきょう)市の農村に足を踏み入れると、視界一面に青田がなびき、夏風が吹き抜け、水田の香りが漂う。上空には農業用小型無人機(ドローン)が、施肥や除草、防虫と忙しそうに飛び回っていた。ドローンは中国で「空飛ぶ耕牛」として農作業に活用されている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401912

  • 2020年05月14日
    ドローンの「使い手」が変える中国農業進む効率化と脱汚染

    14日、湘郷市育塅郷南水村の水田で農薬を散布するドローン。中国南方地域の早稲米の産地の一つ、湖南省湘郷(しょうきょう)市の農村に足を踏み入れると、視界一面に青田がなびき、夏風が吹き抜け、水田の香りが漂う。上空には農業用小型無人機(ドローン)が、施肥や除草、防虫と忙しそうに飛び回っていた。ドローンは中国で「空飛ぶ耕牛」として農作業に活用されている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401897

  • 00:57.42
    2020年10月25日
    「新華社」国際パルクールマスターコンテストが閉幕浙江省寧波市

    中国浙江省寧波市で25日、2020「一帯一路」国際パルクールマスターコンテストが2日間の日程を終えて閉幕した。パルクールは走りながら障害物を登ったり跳び越えたりするスポーツ。中国、モロッコ、ジンバブエ、エリトリア、ベナンなどの国や地域の選手50人余りが技を競った。中国エクストリームスポーツ協会が主催する今回のコンテストは、中国国内で最大規模の本格的なパルクール大会の一つ。フリースタイル、スピードラン、チェイスタグ、スキルチャレンジ(フロー)の四つのカテゴリーが設けられている。中国の楊小強(よう・しょうきょう)選手は初日夜のチェイスタグに続き、個人スピードランでも23秒226の成績で優勝、同じく中国の李一奇(り・いつき)選手は3・1メートルの成績でスキルチャレンジ(フロー)のチャンピオンとなった。個人フリースタイルは中国の楊選手と高家雯(こう・かぶん)選手が1位、2位を独占した。(記者/顧小立)<映像内容>2020「一帯一路」国際パルクールマスターコンテストの様子、撮影日:2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903906

  • 2021年05月23日
    (6)上海、食の多様性で全国首位を維持世界グルメ指数

    上海のすし店の牛肉にぎり。(4月11日撮影)中国の経済メディア、第一財経傘下の新一線都市研究所はこのほど、商業情報を分析する上海商況情報センターと共同で「上海世界グルメ指数」を発表した。上海は食の多様性で長年全国首位を維持しており、今回の指標でも外国料理を提供するレストランの割合が16・9%に上ると分かった。「世界のグルメの都」といっても過言ではない。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309614

  • 2021年05月23日
    (5)上海、食の多様性で全国首位を維持世界グルメ指数

    上海の地元料理店の新上海料理「雀巣咕咾肉(酢豚)」。(2020年8月29日撮影)中国の経済メディア、第一財経傘下の新一線都市研究所はこのほど、商業情報を分析する上海商況情報センターと共同で「上海世界グルメ指数」を発表した。上海は食の多様性で長年全国首位を維持しており、今回の指標でも外国料理を提供するレストランの割合が16・9%に上ると分かった。「世界のグルメの都」といっても過言ではない。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309610

  • 2021年05月23日
    (1)上海、食の多様性で全国首位を維持世界グルメ指数

    上海の洋食店「TheCannery」のサーモングリル。(3月6日撮影)中国の経済メディア、第一財経傘下の新一線都市研究所はこのほど、商業情報を分析する上海商況情報センターと共同で「上海世界グルメ指数」を発表した。上海は食の多様性で長年全国首位を維持しており、今回の指標でも外国料理を提供するレストランの割合が16・9%に上ると分かった。「世界のグルメの都」といっても過言ではない。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309606

  • 2021年05月23日
    (2)上海、食の多様性で全国首位を維持世界グルメ指数

    上海の日本料理店の貝の盛り合わせ。(2020年7月27日撮影)中国の経済メディア、第一財経傘下の新一線都市研究所はこのほど、商業情報を分析する上海商況情報センターと共同で「上海世界グルメ指数」を発表した。上海は食の多様性で長年全国首位を維持しており、今回の指標でも外国料理を提供するレストランの割合が16・9%に上ると分かった。「世界のグルメの都」といっても過言ではない。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309607

  • 2021年05月23日
    (4)上海、食の多様性で全国首位を維持世界グルメ指数

    18日、上海の鍋料理店「斉民市集」のデザート。(2月5日撮影)中国の経済メディア、第一財経傘下の新一線都市研究所はこのほど、商業情報を分析する上海商況情報センターと共同で「上海世界グルメ指数」を発表した。上海は食の多様性で長年全国首位を維持しており、今回の指標でも外国料理を提供するレストランの割合が16・9%に上ると分かった。「世界のグルメの都」といっても過言ではない。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309608

  • 2021年05月23日
    (3)上海、食の多様性で全国首位を維持世界グルメ指数

    18日、上海の日本料理店のウナギ料理。中国の経済メディア、第一財経傘下の新一線都市研究所はこのほど、商業情報を分析する上海商況情報センターと共同で「上海世界グルメ指数」を発表した。上海は食の多様性で長年全国首位を維持しており、今回の指標でも外国料理を提供するレストランの割合が16・9%に上ると分かった。「世界のグルメの都」といっても過言ではない。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309609

  • 2022年01月24日
    (9)華南トラ「夢夢」、赤ちゃん4頭の母親に広東省韶関市

    20日、華南トラの赤ちゃんにミルクを飲ませる飼育員の雷勝橋(らい・しょうきょう)さん。中国広東省韶関市の華南トラ(アモイトラ)繁殖研究基地で暮らす雌の「夢夢(モンモン)」は、昨年12月31日の夜に双子のトラの赤ちゃんを出産し、「1年に3回出産し4頭の赤ちゃんの母親になる」という記録を打ち立てた。「夢夢」はそれ以前の昨年3月に「円円(ユエンユエン)」、9月に「慶慶(チンチン)」の2頭をそれぞれ出産している。華南トラは中国中南部に生息するトラの亜種で、国家1級保護動物に指定されている。現在、国内に生存している個体はわずか200頭余りで、全て人工飼育下にある。華南トラの個体群は近親交配が進んでおり、個体群全体の受胎率や子の生存率が低い傾向にある。同基地は敷地面積が450ムー(30ヘクタール)で、2008年7月に国家林業局の認可を受けて設立された。現在、13頭の華南トラが暮らしている。(韶関=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2022(令和4)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012508133

  • 2022年01月24日
    (2)華南トラ「夢夢」、赤ちゃん4頭の母親に広東省韶関市

    20日、華南トラの赤ちゃんの体重を測定する飼育員の雷勝橋(らい・しょうきょう)さん。中国広東省韶関市の華南トラ(アモイトラ)繁殖研究基地で暮らす雌の「夢夢(モンモン)」は、昨年12月31日の夜に双子のトラの赤ちゃんを出産し、「1年に3回出産し4頭の赤ちゃんの母親になる」という記録を打ち立てた。「夢夢」はそれ以前の昨年3月に「円円(ユエンユエン)」、9月に「慶慶(チンチン)」の2頭をそれぞれ出産している。華南トラは中国中南部に生息するトラの亜種で、国家1級保護動物に指定されている。現在、国内に生存している個体はわずか200頭余りで、全て人工飼育下にある。華南トラの個体群は近親交配が進んでおり、個体群全体の受胎率や子の生存率が低い傾向にある。同基地は敷地面積が450ムー(30ヘクタール)で、2008年7月に国家林業局の認可を受けて設立された。現在、13頭の華南トラが暮らしている。(韶関=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2022(令和4)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012508114

  • 2022年01月24日
    (4)華南トラ「夢夢」、赤ちゃん4頭の母親に広東省韶関市

    20日、華南トラの赤ちゃんの世話をするため、同じ部屋で寝る飼育員の雷勝橋(らい・しょうきょう)さん。中国広東省韶関市の華南トラ(アモイトラ)繁殖研究基地で暮らす雌の「夢夢(モンモン)」は、昨年12月31日の夜に双子のトラの赤ちゃんを出産し、「1年に3回出産し4頭の赤ちゃんの母親になる」という記録を打ち立てた。「夢夢」はそれ以前の昨年3月に「円円(ユエンユエン)」、9月に「慶慶(チンチン)」の2頭をそれぞれ出産している。華南トラは中国中南部に生息するトラの亜種で、国家1級保護動物に指定されている。現在、国内に生存している個体はわずか200頭余りで、全て人工飼育下にある。華南トラの個体群は近親交配が進んでおり、個体群全体の受胎率や子の生存率が低い傾向にある。同基地は敷地面積が450ムー(30ヘクタール)で、2008年7月に国家林業局の認可を受けて設立された。現在、13頭の華南トラが暮らしている。(韶関=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2022(令和4)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012508130

  • 2022年01月24日
    (5)華南トラ「夢夢」、赤ちゃん4頭の母親に広東省韶関市

    20日、飼育員の雷勝橋(らい・しょうきょう)さんと遊ぶ「慶慶」。中国広東省韶関市の華南トラ(アモイトラ)繁殖研究基地で暮らす雌の「夢夢(モンモン)」は、昨年12月31日の夜に双子のトラの赤ちゃんを出産し、「1年に3回出産し4頭の赤ちゃんの母親になる」という記録を打ち立てた。「夢夢」はそれ以前の昨年3月に「円円(ユエンユエン)」、9月に「慶慶(チンチン)」の2頭をそれぞれ出産している。華南トラは中国中南部に生息するトラの亜種で、国家1級保護動物に指定されている。現在、国内に生存している個体はわずか200頭余りで、全て人工飼育下にある。華南トラの個体群は近親交配が進んでおり、個体群全体の受胎率や子の生存率が低い傾向にある。同基地は敷地面積が450ムー(30ヘクタール)で、2008年7月に国家林業局の認可を受けて設立された。現在、13頭の華南トラが暮らしている。(韶関=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2022(令和4)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012508126

  • 2022年01月24日
    (6)華南トラ「夢夢」、赤ちゃん4頭の母親に広東省韶関市

    20日、飼育員の雷勝橋(らい・しょうきょう)さんと遊ぶ「慶慶」。中国広東省韶関市の華南トラ(アモイトラ)繁殖研究基地で暮らす雌の「夢夢(モンモン)」は、昨年12月31日の夜に双子のトラの赤ちゃんを出産し、「1年に3回出産し4頭の赤ちゃんの母親になる」という記録を打ち立てた。「夢夢」はそれ以前の昨年3月に「円円(ユエンユエン)」、9月に「慶慶(チンチン)」の2頭をそれぞれ出産している。華南トラは中国中南部に生息するトラの亜種で、国家1級保護動物に指定されている。現在、国内に生存している個体はわずか200頭余りで、全て人工飼育下にある。華南トラの個体群は近親交配が進んでおり、個体群全体の受胎率や子の生存率が低い傾向にある。同基地は敷地面積が450ムー(30ヘクタール)で、2008年7月に国家林業局の認可を受けて設立された。現在、13頭の華南トラが暮らしている。(韶関=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2022(令和4)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012508127

  • 2022年01月24日
    (7)華南トラ「夢夢」、赤ちゃん4頭の母親に広東省韶関市

    20日、飼育員の雷勝橋(らい・しょうきょう)さんと遊ぶ「慶慶」。中国広東省韶関市の華南トラ(アモイトラ)繁殖研究基地で暮らす雌の「夢夢(モンモン)」は、昨年12月31日の夜に双子のトラの赤ちゃんを出産し、「1年に3回出産し4頭の赤ちゃんの母親になる」という記録を打ち立てた。「夢夢」はそれ以前の昨年3月に「円円(ユエンユエン)」、9月に「慶慶(チンチン)」の2頭をそれぞれ出産している。華南トラは中国中南部に生息するトラの亜種で、国家1級保護動物に指定されている。現在、国内に生存している個体はわずか200頭余りで、全て人工飼育下にある。華南トラの個体群は近親交配が進んでおり、個体群全体の受胎率や子の生存率が低い傾向にある。同基地は敷地面積が450ムー(30ヘクタール)で、2008年7月に国家林業局の認可を受けて設立された。現在、13頭の華南トラが暮らしている。(韶関=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2022(令和4)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012508128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (1)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    25日、乗務手帳に注意事項を書き写す周尚強さん。中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110150

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (4)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    25日、成都東駅で列車を待つ周尚強さん。中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110154

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (8)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    電気機関車「韶山3型」の前でポーズを取る若き日の周尚強さん。(資料写真)中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (5)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    25日、同僚から車両を引継ぐ周尚強さん(左)。中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110172

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (6)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    25日、周尚強さんがこれまで発給を受けた列車運転免許証。中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (7)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    25日、成都東駅を出発する周尚強さん。中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110173

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (2)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    25日、機関車運行作業所の乗務員管理室で乗務カバンを受け取る周尚強さん。中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110153

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (3)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    25日、乗務前に酒気帯び検査を受ける周尚強さん。中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110151

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月31日
    (9)安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    2017年に日本を訪れ、新幹線と記念撮影する周尚強さん。(資料写真)中国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013110177

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.91
    2022年02月01日
    「新華社」安全運転210万キロ最後の「春運」に臨む列車運転士

    国鉄路成都局集団の成都機務段(機関区)で高速鉄道の運転士を務める周尚強(しゅう・しょうきょう)さんは今年、定年退職を迎える。1986年の入社以来、「緑皮車」と呼ばれる旧式の鈍行列車から高速鉄道列車「復興号」に至る中国鉄道の発展を間近に感じ、春節(旧正月、今年は2月1日)の特別輸送「春運」の変化を見守ってきた。36年間の勤務で春節を家で過ごしたのは5回だけで、ほかはいつも列車の中だった。今年も例外ではない。あと4カ月で機関車に別れを告げることになる。これまで210万キロ以上の安全運転を続けてきた周さんは名残惜しさを感じるという。最後の「春運」を立派に務め、自身の職業生涯に円満の終止符を打ちたいと語った。(記者/薛晨) =配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020112165

  • 2022年04月08日
    週末商況

    東証週間動向プライム6本値(始値、高値、安値、終値、利回り、PER)

    商品コード: 2022040810874

  • 2022年04月15日
    週末商況

    東証週間動向プライム6本値(始値、高値、安値、終値、利回り、PER)

    商品コード: 2022041510387

  • 1