KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ショート
  • 動画共有
  • 共有アプリ
  • ライブ配信
  • フォロワー
  • インフルエンサー
  • 新型肺炎
  • インターネット
  • ドウイン
  • クラウド

「ショート動画」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
121
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
121
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:58.76
    2021年02月09日
    「新華社」ロシア人男性、農村で迎える初めての春節浙江省松陽県

    中国上海市の東華大学博士課程で企業管理を専攻するロシア人男性、ディミトリーさんは、中国の山村で郷土色あふれる春節(旧正月)を迎えようとしている。ディミトリーさんは昨年8月、中国の友人に招かれ浙江省麗水市松陽県を訪問した。小さな山村の伝統的な生活様式と農村の風景に魅了され、そのまま同地にとどまった。農村生活を収めて投稿したショート動画は半年間で100本以上となり、100万人を超えるフォロワーを獲得。今では知る人ぞ知る存在となっている。新型コロナウイルスの感染拡大で、同県横樟村の農作物が販売不振に陥ると、ディミトリーさんは自身の動画アカウントでライブコマースを開始。ネーブルオレンジ1万キロ、干し芋4千キロ、ハチミツ300キロを販売し、村民の収入増に大きく貢献した。(記者/崔力、孔令杭、林光耀) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.52
    2021年01月20日
    「新華社」湖南省のビデオブロガー、本物そっくりのユニーク料理が話題に

    中国の会員制交流サイト(SNS)で、マージャン牌やスマートフォン、蛇口、スリッパ、包丁、卓球ラケットなど身近な日用品を、小麦粉や野菜ジュース、チョコレートなど家庭によくある食材を使い、本物そっくりの食べ物に再現するビデオブロガー「湘姑九鳳」さんが注目を集めている。「湘姑九鳳」こと湖南省永州市の陸九艶(りく・きゅうえん)さん(31)は「おいしい物を研究するのが大好き」で、10年以上前に調理師養成学校で料理や小麦粉で作るおやつ、食品彫刻を学んだ。ショート動画の流行に伴い、陸さんもこれらの特技を生かした作品を紹介するビデオブロガーになった。彼女の作る「ユニーク料理」は話題を呼び、多くのフォロワーと「いいね」を獲得している。(記者/張格、薛宇舸) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.17
    2021年01月01日
    「新華社」大学教授が小学生に古詩の授業貴州省貴陽市

    中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で、「都来読書(みんなで読書を)」全民閲読計画が大学と協力し、現地の小学生と共に読書会を開催した。浙江省にある浙江大学の教授5人と、湄潭浙大小学校の児童25人が一緒に古典を読み、「唐宋詩詞における月光の世界」「『論語』の故事」「南宋の詞人・辛棄疾(しん・きしつ)」などのテーマで交流、児童は読書を通して伝統文化の魅力を体験した。「都来読書」計画は、ショート動画プラットフォームが、八つの211工程重点大学、30の文化機関と協力し、一般の人々の良書選びと、より良い読書体験をサポートする目的で開始した。(記者/陳嬙、駱飛) =配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、休憩中にショート動画サイトの個人ページを見せる講座助手の危竹祥(き・ちくしょう)さん(71)。危さんは講座の修了生でもある。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月17日
    「中国蜜柚の里」を訪ねて福建省平和県

    17日、ショート動画投稿アプリ「快手(クアイショウ)」でのライブコマース(ネットの生中継配信)で、配信チームと蜜柚を紹介する地元蜜柚生産・加工会社の担当者(左)。同社のオンラインでの蜜柚売り上げは年間1千万元を超える。中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南西部にある平和県は、蜜柚(ハニーポメロ)と呼ばれるかんきつ系果物の栽培で500年以上の歴史を持ち「中国蜜柚の里」と呼ばれる。同県の蜜柚栽培面積は70万ムー(約4万6700ヘクタール)で、年間平均生産量は130万トン、生産額は50億元(1元=約16円)となる。同県の「平和蜜柚」は2003年、全国のかんきつ類に先がけEU市場へ参入。今年は米国の輸入許可を取得した。現在は40を超える国・地域へ輸出されている。(漳州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.64
    2020年07月05日
    「新華社」「ニワトリの放し飼い」で豊かさへの道を歩む黒竜江省

    中国黒竜江省の草原で、桑慶軍(そう・けいぐん)さんが三輪車から鉄製のシャベルで餌をまいていると、その後からニワトリの群れが飛び跳ねながら追いかけてきた。同省綏化(すいか)市明水県崇徳鎮茂盛村出身の桑さんは、1979年生まれ。同県は大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)に属する。桑さんは昨年6月に30ムー(2ヘクタール)余りの林地と草原を請け負い、ニワトリの放し飼いを始めた。この市場の将来性に目を付けたことと、村の人々の生活を豊かにしたいという想いがこの事業を始める重要なきっかけとなった。最初のヒヨコを導入して間もない頃、空き時間にニワトリの飼育の様子を撮影したショート動画をネットにアップしたところ、意外にも大きな反響を呼び、桑さんと「ニワトリ部隊」は一夜にしてネットの人気者になった。もともと放し飼いは自然に習った飼育方法という点で需要も多く、供給が追いつかなくなった。あれから1年が経ち、当初1カ所だった養鶏場は7カ所まで増え、飼養規模も7万羽から30万羽に増えた。桑さんがライブ配信と動画配信を続けた結果、ショート動画のアカウントのフォロワー数は昨年11月の3万人から8万余人にまで増えた。桑さんは、今後も飼養規模を拡大し続け、より多くの農家に就業機会を得て、貧困からの脱却を果たしてもらいたいと考えている。(記者/謝剣飛、周天翮、姜賀軒)<映像内容>放し飼いのニワトリ、餌をまく様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    快手と百度、成都ハイテク区の新エリアに拠点設置へ

    四川省成都ハイテク産業開発区の夜景。(資料写真)中国のショート動画アプリ「快手」を運営する北京快手科技とネット検索大手で自動運転技術の開発も手掛ける百度(バイドゥ)が、四川省成都ハイテク産業開発区南部で建設中の新エリア「新川創新科技園」に拠点を置くことが分かった。新エリアは年内に完成する予定。両社はこのほど、同開発区とクラウド調印式を行った。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    快手と百度、成都ハイテク区の新エリアに拠点設置へ

    「新川創新科技園」内の新川之心中央公園。(資料写真)中国のショート動画アプリ「快手」を運営する北京快手科技とネット検索大手で自動運転技術の開発も手掛ける百度(バイドゥ)が、四川省成都ハイテク産業開発区南部で建設中の新エリア「新川創新科技園」に拠点を置くことが分かった。新エリアは年内に完成する予定。両社はこのほど、同開発区とクラウド調印式を行った。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    快手と百度、成都ハイテク区の新エリアに拠点設置へ

    四川省成都市で建設中の「新川創新科技園」。(資料写真)中国のショート動画アプリ「快手」を運営する北京快手科技とネット検索大手で自動運転技術の開発も手掛ける百度(バイドゥ)が、四川省成都ハイテク産業開発区南部で建設中の新エリア「新川創新科技園」に拠点を置くことが分かった。新エリアは年内に完成する予定。両社はこのほど、同開発区とクラウド調印式を行った。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月19日
    「雑貨・日用品の都」義烏市で外国人向けライブコマース研修開講浙江省

    19日、ショート動画の制作について講義する義烏工商職業技術学院創意設計学院の講師。雑貨・日用品の都として世界的に知られる中国浙江省義烏市で19日、義烏工商職業技術学院創意設計学院などが共催する「ライブコマース特別技能研修」の外国人起業者向けクラス開講式が行われた。研修には市内在住の韓国、メキシコ、イラン、イエメンなど17カ国からやって来た外国人ビジネスマンや同技術学院に在籍する留学生計30人近くが参加。受講生らは商品の選択や陳列のこつ、ライブ配信場所の設営、コンテンツの企画、視聴者との双方向コミュニケーションに基づくマーケティング、動画の撮影・編集などを学ぶ。(義烏=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで野菜販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで陶磁器販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターでライブ配信中に陶磁器に文字を入れる受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで果物販売のライブ配信中に注文を受けた受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで茶葉販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで開催されたライブ配信による商品販売のコンテスト。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで陶磁器販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターでザリガニ販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで陶磁器販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで陶磁器販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:15.33
    2020年06月06日
    「新華社」あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(記者/孔令杭、鄭夢雨)<映像内容>あぜ道でシャッフルダンスを踊る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、トウモロコシの苗に肥料をやる彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、音楽に合わせて楽しそうに踊る彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、ダンスを踊る彭小英さん(左端)、范得多さん(左から2人目)と子どもたち。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、仕事後の気分転換に夫とダンスを踊るため、三輪トラックからスピーカーを取り出す彭小英さん(右)。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅の庭でダンスのステップについて相談する彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、農作業を終え、夫の范得多さん(左)の汗を拭く彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、あぜ道で自ら創作したダンスを踊る彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、ライブ配信でダンスを披露する彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、トウモロコシの苗に肥料をやる彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅でライブ配信を行う彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅の庭でトウモロコシの苞葉をむいて夕飯の支度をする彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅前の空き地で自ら創作したダンスを踊る彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、トウモロコシの苗に肥料をやる范得多さん(左)と彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.48
    2020年05月24日
    「新華社」全人代代表、地元農産物のライブコマースで村を豊かに

    中国甘粛省隴南(ろうなん)市徽(き)県の山あいにある農家で、ライブコマースに取り組んでいるのは、この家に住む梁倩娟(りょう・せいけん)さん。ショート動画アプリ「快手」で実況中継をしながら、全国各地のユーザーに向けて、地元特産のクルミを紹介し、販売している。梁さんはこの日もカメラの前でクルミを片手にユーザーからの質問に答えていた。梁さんは、大手通販サイト「淘宝網(タオバオ)」に出店するネットショップのオーナーで、ライブ配信者(キャスター)でもあるが、実はもう一つ、全国人民代表大会の代表という顔も持っている。村の人たちとの世間話を通じて地元の声を拾い上げ、整理して記録する仕事にも熱心に取り組んでいる。梁さんが電子商取引(EC)を活用して地元の農産物を販売する取り組みを行ったことで、村の300世帯を超える農家が収入を増やし、豊かな暮らしを手に入れた。うち100世帯余りが貧困世帯だった。ECは今では村の農産物を全国に広める「窓口」となっている。(記者/多蕾)<映像内容>農産物のライブコマース、クルミを割って食べる様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月02日
    上海万博から10年、中日両国の「万博ファン」が祝賀の声

    2日、万博会場付近で果物店を営む祝新華(しゅく・しんか)さん(左)と夫の方傑(ほう・けつ)さん(中央)。上海万博は祝さんの店にも持続可能な素晴らしいビジネス環境をもたらした。2010年に中国上海市で開かれた上海国際博覧会(上海万博)から10年を迎えたことを受け、同市の黄浦江沿いにある世博会博物館に、日本の「ファン」からショート動画とメッセージが寄せられた。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.55
    2020年04月28日
    「新華社」黒竜江省の飲食企業、感染対策が常態化する中で新たな取り組み

    中国黒竜江省ハルビン市では4月、新型コロナウイルス感染状況の変化を受け、一部の飲食企業が店内での飲食提供を再度中止した。企業は従業員を安心させ、損失を減らすため、屋台を設けて作り立ての料理を安く販売したり、ホールを食料品売り場に変更したりする新たな経営方式を導入。方針転換や経営革新を進める姿勢がショート動画共有プラットフォームで思いがけず評判となり、売り場に多くの買い物客が訪れ、革新的な経営に対する高評価を寄せた。新型コロナウイルス対策の正常化に伴い、新たな道を模索する企業はますます多くなっている。(記者/王君宝)<映像内容>黒竜江省の飲食企業が店内での飲食提供を中止、店頭で販売する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    世界読書デー、出版社23社が「抖音」で書籍をライブ販売

    23日、「都来読書」イベントの宣伝画像。25回目の「世界図書・著作権デー」に当たる23日、1日当たりの利用者数が4億人に上る中国のショート動画共有アプリ「抖音」やニュースアプリ「今日頭条」、電子書籍アプリ「番茄小説」、出版社などが合同で読書イベント「都来読書」を開催した。「全国民の読書活動を推進する」というコンセプトの下、出版社23社が抖音で書籍のライブ販売を行った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    世界読書デー、出版社23社が「抖音」で書籍をライブ販売

    23日、「都来読書」イベントの宣伝画像。25回目の「世界図書・著作権デー」に当たる23日、1日当たりの利用者数が4億人に上る中国のショート動画共有アプリ「抖音」やニュースアプリ「今日頭条」、電子書籍アプリ「番茄小説」、出版社などが合同で読書イベント「都来読書」を開催した。「全国民の読書活動を推進する」というコンセプトの下、出版社23社が抖音で書籍のライブ販売を行った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    世界読書デー、出版社23社が「抖音」で書籍をライブ販売

    23日、「都来読書」イベントの宣伝画像。25回目の「世界図書・著作権デー」に当たる23日、1日当たりの利用者数が4億人に上る中国のショート動画共有アプリ「抖音」やニュースアプリ「今日頭条」、電子書籍アプリ「番茄小説」、出版社などが合同で読書イベント「都来読書」を開催した。「全国民の読書活動を推進する」というコンセプトの下、出版社23社が抖音で書籍のライブ販売を行った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.32
    2020年03月08日
    「新華社」街の明かりを記録する古鎮の守り人貴州省

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州鎮遠県の鎮遠古城は山に囲まれ、㵲陽河の流れが街を貫く。県が設置されてから約2200年の歴史を持つ同古城には多くの古民家と庭園、古い路地や埠頭、民俗文化が保存されており、重厚な歴史文化の奥深さを感じさせる。鎮遠古城で生まれ育ち、南方電網貴州凱里鎮遠供電局に勤務する鄒渝(すう・ゆ)さんは昼間、古鎮の電力システムを正常に保つため奔走している。仕事が終わると、自費で購入した撮影機材を持ち、古鎮にあふれる明かりを記録しに出掛ける。鄒さんはゼロから撮影の基礎を学び、すでに100以上の短編を撮影。故郷の美しい景色をショート動画配信プラットフォームで公開したところ、アクセス数が数百万を超えた。(記者/劉勤兵)<映像内容>鎮遠古城の街並みなど風景、夜景の空撮など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」

    20日、中国国家博物館のライブ配信画面のスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」

    20日、中国国家博物館オンラインVR(仮想現実)展示室のスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    抖音、九大博物館と「在宅クラウド博物館巡り」

    20日、「在宅クラウド博物館巡り」のトップページのスクリーンショット。中国のショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」は20日、国内9カ所の主要博物館と合同で「在宅クラウド博物館巡り」と題したイベントを始めた。ユーザーはライブ配信や動画を通じて、自宅にいながら全国の有名博物館が所蔵する名品を鑑賞できる。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.07
    2020年02月18日
    「新華社」女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    中国福建省寧徳市寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、女性警官たちは進んで最前線での勤務に取り組み、交通管理業務を遂行しつつ、沿道での広報活動や防疫知識啓発のショート動画撮影などさまざまな活動を行い力を尽くしている。(記者/林善伝)<映像内容>女性警官の業務の様子、新型肺炎の感染対策支援をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、パトロールを行う女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、簡易フェースガードを制作する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、感染予防を呼び掛けるボードをバイクに取り付ける女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、感染予防を呼び掛けるショート動画撮影について相談する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、寿寧高速道路検疫所で、交通整理を行う女性白バイチームの徐暁宇(じょ・ぎょうう)隊長。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、パトロールに向かう女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、自宅を出るに息子にマスクを付ける女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、寿寧県の仙宮巷の川沿いで、高齢者にマスクの着用方法を指導する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、寿寧高速道路検疫所で、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用するよう呼び掛ける女性白バイチームの徐暁宇(じょ・ぎょうう)隊長。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、感染予防知識を伝えるショート動画を撮影する女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、寿寧県工業路自由市場の前で、野菜を売る高齢者に感染予防知識を伝える女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    女性白バイチーム、幅広い活動で感染対策支援福建省寿寧県

    13日、寿寧高速道路検疫所で、拡声器を使って感染予防検査に協力するよう呼び掛ける女性白バイチームのメンバー。中国福建省寿寧県公安局の交通警察大隊女性白バイ乗務員チームは2019年5月、18人の女性警官で創設された。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大すると、メンバーはすぐに同県の各高速道路検疫所の検査と監視活動に協力して交通整理を行い、ドライバーに対し、自動車の窓を開け、エアコンを止め、マスクを着用することなどを呼び掛けている。また、最前線で働く人々が勤務時に使用できるよう簡易フェースガードを制作。ゴム紐を使いマスクの紐を長くするなどして、マスクの長時間着用による耳の痛みを解消したという。さらに、ショート動画を撮影して人々に感染予防知識を伝える活動も行っている。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎との闘いに挑む外国人ボランティア浙江省

    2日、ショート動画アプリ「抖音」にマスクの正しい着用方法を紹介する動画をアップする浙江省温州市鹿城区在住の南アフリカ人、辛成楽(しん・せいらく、中国語名)さん。大勢の在中外国人が新型コロナウイルスによる肺炎の感染状況に関心を寄せており、ボランティアチームに参加する人も多い。彼らはさまざまな方法で、新型肺炎との闘いの最前線で活躍している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮甘家溝村で、ショート動画のライブ配信を通じて、同村産のリンゴの販売をサポートする張飛さん(右)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、ランチの支度をする張飛さんと妻の李萍(り・へい)さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)をチェックする張飛さん(右)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮の宅配会社で、配送先の情報を入力する張飛さんの妻、李萍(り・へい)さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村で、動画を撮影する張飛さんの妻、李萍(り・へい)さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮甘家溝村で、ショート動画のライブ配信を通じて、同村産のリンゴの販売をサポートする張飛さん(右)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、お客と昼食を共にする張飛さん(右から2番目)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、ソーセージと臘肉をチェックする張飛さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    上海万博から10年、中日両国の「万博ファン」が祝賀の声

    「万博の都市」上海の経済・社会の発展は、この10年でさらなる新たな段階に進んだ。(1月6日撮影)2010年に中国上海市で開かれた上海国際博覧会(上海万博)から10年を迎えたことを受け、同市の黄浦江沿いにある世博会博物館に、日本の「ファン」からショート動画とメッセージが寄せられた。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、自身の電子商取引(EC)拠点で棚の商品を整理する甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、電子商取引(EC)カスタマーサービスと連携して、消費者からの質問に対応する甘有琴さん(左)。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、倉庫で出荷用の果物を梱包する甘有琴さん。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、ライブ配信中の甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、自宅で料理をしながらショート動画を撮影する甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    上:ライブ配信で仲間と一緒に黒米ちまきを紹介する甘有琴さん(左)。下:甘有琴さんのライブ配信の様子。(12月3日撮影、組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、出荷倉庫で果物の検査と選別をする甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月31日
    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長

    「DOU知計画2・0」の始動式でスピーチを行うBytedanceの張羽副総裁。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月31日
    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長

    「DOU知計画2・0」始動式のポスター。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月31日
    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長

    数人の「抖音知識達人」を「DOU知大使」に任命するTikTokの張楠(ちょう・なん)総裁(右から1人目)。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月31日
    中国のショート動画、科学普及の新ツールに成長

    「DOU知計画2・0」の始動式。(資料写真)中国のショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)を運営する北京字節跳動科技(Bytedance)の張羽(ちょう・う)副総裁はこのほど、取材に答え、「DOU知計画」の推進によって今年9月までにTikTokで1万人以上のファンを持つ科学動画の制作者が8千人を超えたことを明らかにした。これまでに公開された科学動画は166万本近くに上り、累計再生回数は2389億回を突破したという。張氏は、ショート動画時代の科学普及は、人々の興味を引き、参加を促すことが可能で、一般人と科学の距離を縮め、「全国民時代」への科学普及を後押しすると強調した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:47.64
    2019年10月29日
    「新華社」新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされている。農家の人々がこのアプリを開き、必要に応じてウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。実はこのスマホの正式名称も「新農具」という。開発したのは中国の三大通信事業者の一つ、中国電信(チャイナテレコム)で、ホータン支社の従業員である鄭鈞容(てい・きんよう)さんによると、同社が飼育・栽培企業と協力し、技術スタッフがさまざまな技術を教える過程をショート動画に収め、アプリを通じて農家の学習用に提供している。「新農具」のユーザーは中国で貧困レベルが最も深刻な地区の一つ、新疆ウイグル自治区南部のホータン地区に集中している。地元政府は昨年、四川省から複数のウサギ飼育企業を誘致。地元農家が企業と協力し、毛皮用と肉用を兼ねたレッキスラビットの飼育による貧困脱却を奨励している。ウサギ飼育企業の担当者によると、ウサギ飼育が地元の貧困農家の収入増を支援しているだけでなく、「うさぎスマホ」の幅広い利用が、農家の飼育技術習得をさらに速め、技術サービス分野での企業の人件費削減が可能になったという。中国電信は今年10月までに、地方政府や関連企業と協力し、ホータン地区の貧困世帯にスマホ「新農具」約6200台を無料配布した。今後は、政府が関連する職能部門や大学を招いて「新農具」のコンテンツを共同で開発し、地元農家に対し、より多くの充実したコンテンツと、更新頻度をさらに上げた学習用動画の提供を目指していく。(記者/張暁竜、張嘯誠)<映像内容>ウサギ飼育の技術が見られる動画アプリの活用、ウサギの飼育の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.20
    2019年10月20日
    「新華社」中国のネット利用者数、8億5400万人インターネット発展報告

    第6回世界インターネット大会は20日記者会見を開き、「中国インターネット発展報告2019」を発表した。報告によると、今年6月時点の中国のネットユーザー数は8億5400万人、インターネット普及率は61・2%、ウェブサイト数は518万件だった。また、ライブ配信や音楽配信、オンライン教育などインターネットの利用がさらに盛んになり、高品質で利用者に合わせたコンテンツが次々と出現。ショート動画やVlog(動画ブログ)など新しい娯楽表現形式も次々に登場しており、さらに多くの人々が優れた教育・文化リソースを共有できるようになった。報告によると、今年6月時点のライブ配信や音楽配信、動画配信などのアプリユーザー数はいずれも半年で3千万人以上増加。オンライン教育のユーザー数は半年で15・5%増え、2億3200万人となっており、人々の教育、文化、娯楽ニーズが大いに満たされている。(記者/夏亮、李濤、姜賽)<映像内容>中国インターネット発展報告2019の発表、撮影日:2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、出荷のウサギの数を確認するウサギ飼育農家(左)と買い付けスタッフ。中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、「うさぎスマホ」を使用するウサギ飼育農家。中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、ウサギを車に積み込むのを手伝うウサギ飼育農家。中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、空から見た新疆ウイグル自治区ホータン地区カラカシュ県(墨玉県)プルチャクチ郷の村。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家。中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、飼育しているウサギに餌を与える農家。中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、空から見た新疆ウイグル自治区ホータン地区カラカシュ県(墨玉県)プルチャクチ郷の村。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月16日
    新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    16日、新彊ウイグル自治区南部の村を走るウサギを載せたオート三輪。中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされており、ウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市内にある漢服体験店で顧客にメイクを施す店長(左)。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2019年09月30日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市内にある漢服体験店の店内。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で漢服姿を披露する米国人留学生。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て街を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を披露する愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」の様子。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月12日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    北京の古い伝統的家屋建築、四合院の庭で世間話をする「おしゃれなおばあさん」。(8月12日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月12日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    街を歩く「おしゃれなおばあさん」。(8月12日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月28日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    「おしゃれなおばあさん」の4人。(7月28日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/陳振仁)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:04.54
    2019年07月25日
    「新華社」烏孫古道の宿場がショートビデオで人気の観光地に新疆瓊庫什台村

    中国新疆ウイグル自治区の天山山脈を貫く烏孫古道は古代、同山脈の南北交通の要路で、その北の入口となるイリ・カザフ自治州伊犁(イリ)河谷の瓊庫什台村は、冬と夏に牧畜民が放牧地を移動する際に立ち寄る重要な宿場だった。現在、同村を訪れる観光客は連日3千人を超え、58軒の民宿は満室が続いている。観光客はカザフ族の伝統的な生活様式をインターネットにアップロードし、この雪山や川、森林、牧場に囲まれた移牧民の村落は中国のショート動画共有アプリで多くのアクセスを稼ぐ注目の村となっている。同村はカザフ族の木造家屋の建築技術を完全な形で継承、保存しており、イリ河谷で唯一、木造建築群が良好な状態で残されている。同村は2010年、住宅・都市農村建設部と国家文物局から「中国歴史文化名村」に、2017年には国家民族事務委員会から「中国少数民族特色村」に認定されている。(記者/杜剛、張嘯誠、趙宸竜)<映像内容>烏孫古道の宿場の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2