KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 登録
  • 歴史
  • 運営
  • 服飾
  • 会期
  • ふく
  • 乾隆帝
  • 側室

「シルク博物館」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
62
( 1 62 件を表示)
  • 1
62
( 1 62 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年01月14日
    繭玉工芸作品コンテスト グランプリに富山の作品

    力作がそろった全国まゆクラフトコンテスト展示会場=横浜市中区山下町のシルク博物館

    商品コード: 1994011400071

  • 2011年02月07日
    見学される両陛下 両陛下、シルク博物館へ

    シルク博物館を見学される天皇、皇后両陛下=7日午後、横浜市中区(代表撮影)

    商品コード: 2011020700460

  • 2011年02月07日
    シルク博物館の両陛下 両陛下、シルク博物館へ

    シルク博物館を見学される天皇、皇后両陛下=7日午後、横浜市中区(代表撮影)

    商品コード: 2011020700463

  • 2011年06月03日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    浙江省湖州市輯里村で、収穫したカイコのまゆを担いで運ぶ王一士さん(右端)と村の人たち。(2011年6月3日撮影)中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2011(平成23)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204943

  • 2013年05月17日
    富岡製糸場の展示 富岡製糸場の歴史伝える

    富岡製糸場の歴史を紹介する展示を見る来場者=16日、横浜市のシルク博物館

    商品コード: 2013051700501

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月01日
    繭から糸を引く受講生 引き継ぐ「ツバキの生糸」

    工房で繭から糸を引く「染織講座」の受講生=愛媛県西予市の野村シルク博物館

    商品コード: 2014020100015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月01日
    小室太郎さん 引き継ぐ「ツバキの生糸」

    機織りをする「染織講座」受講生の小室太郎さん。奥は野村シルク博物館の亀崎寿治館長=愛媛県西予市

    商品コード: 2014020100007

  • 2014年05月18日
    「糸繰り」の体験コーナー 博物館巡り、製糸業知ろう

    繭から生糸を作る「糸繰り」の体験コーナー=13日、横浜市中区のシルク博物館

    商品コード: 2014051800482

  • 2014年06月30日
    シルク博物館 若者の交流深めたい

    シルク博物館の展示品=6月23日、イタリア・コモ(共同)

    商品コード: 2014063000615

  • 2014年06月30日
    案内するライさん 若者の交流深めたい

    シルク博物館を案内するブルーナ・ライさん(右)ら=6月23日、イタリア・コモ(共同)

    商品コード: 2014063000617

  • 2014年06月30日
    インタビューに応じるライさん 若者の交流深めたい

    インタビューに応じるシルク博物館の創設者ブルーナ・ライさん=6月23日、イタリア・コモ(共同)

    商品コード: 2014063000623

  • 2015年06月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    文化財の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、楼淑琦(ろう・しゅくき)さん。今回の修復作業では技術指導責任者を務めた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=2015(平成27)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402240

  • 2018年08月07日
    南京大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展、南京で開幕

    7日、宋代のシルクを見学する来場者。「長干里(南京市秦淮区内の古代の名称)へ帰る―大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展」が7日、中国江蘇省南京市の大報恩寺遺跡博物館で開幕した。同遺跡の発掘により2008年、大量の北宋時代(960~1127年)の貴重な文化財が出土した。うち百点近い絹織物には、綸子、綾絹、絁(あしぎぬ。太い糸で織った粗末な絹織物)、絹、薄絹、羅(目の粗い絹織物の一種)などが含まれている。これらの絹織物は、刺繍や絵のプリント、墨書きが施され、当時の織染工芸の卓越した技術を示している。浙江省杭州市の中国シルク博物館は2009年以降、南京市博物館の委託を受けて、大報恩寺遺跡から出土した宋代の絹織物の保護修復と研究を行ってきた。今回の展覧会で、修復後の文化財が南京において初めて公開された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900556

  • 2018年08月07日
    大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展、南京で開幕

    7日、絹のハンカチなど、宋代のシルクを見学する来場者。「長干里(南京市秦淮区内の古代の名称)へ帰る―大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展」が7日、中国江蘇省南京市の大報恩寺遺跡博物館で開幕した。同遺跡の発掘により2008年、大量の北宋時代(960~1127年)の貴重な文化財が出土した。うち百点近い絹織物には、綸子、綾絹、絁(あしぎぬ。太い糸で織った粗末な絹織物)、絹、薄絹、羅(目の粗い絹織物の一種)などが含まれている。これらの絹織物は、刺繍や絵のプリント、墨書きが施され、当時の織染工芸の卓越した技術を示している。浙江省杭州市の中国シルク博物館は2009年以降、南京市博物館の委託を受けて、大報恩寺遺跡から出土した宋代の絹織物の保護修復と研究を行ってきた。今回の展覧会で、修復後の文化財が南京において初めて公開された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900514

  • 2018年08月07日
    大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展、南京で開幕

    7日、宋代のシルクを見学する来場者。「長干里(南京市秦淮区内の古代の名称)へ帰る―大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展」が7日、中国江蘇省南京市の大報恩寺遺跡博物館で開幕した。同遺跡の発掘により2008年、大量の北宋時代(960~1127年)の貴重な文化財が出土した。うち百点近い絹織物には、綸子、綾絹、絁(あしぎぬ。太い糸で織った粗末な絹織物)、絹、薄絹、羅(目の粗い絹織物の一種)などが含まれている。これらの絹織物は、刺繍や絵のプリント、墨書きが施され、当時の織染工芸の卓越した技術を示している。浙江省杭州市の中国シルク博物館は2009年以降、南京市博物館の委託を受けて、大報恩寺遺跡から出土した宋代の絹織物の保護修復と研究を行ってきた。今回の展覧会で、修復後の文化財が南京において初めて公開された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900512

  • 2018年08月07日
    大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展、南京で開幕

    7日、宋代のシルクを見学する来場者。「長干里(南京市秦淮区内の古代の名称)へ帰る―大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展」が7日、中国江蘇省南京市の大報恩寺遺跡博物館で開幕した。同遺跡の発掘により2008年、大量の北宋時代(960~1127年)の貴重な文化財が出土した。うち百点近い絹織物には、綸子、綾絹、絁(あしぎぬ。太い糸で織った粗末な絹織物)、絹、薄絹、羅(目の粗い絹織物の一種)などが含まれている。これらの絹織物は、刺繍や絵のプリント、墨書きが施され、当時の織染工芸の卓越した技術を示している。浙江省杭州市の中国シルク博物館は2009年以降、南京市博物館の委託を受けて、大報恩寺遺跡から出土した宋代の絹織物の保護修復と研究を行ってきた。今回の展覧会で、修復後の文化財が南京において初めて公開された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900508

  • 2018年08月07日
    大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展、南京で開幕

    7日、宋代のシルクを見学する来場者。「長干里(南京市秦淮区内)へ帰る―大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展」が7日、中国江蘇省南京市の大報恩寺遺跡博物館で開幕した。同遺跡の発掘により2008年、大量の北宋時代(960~1127年)の貴重な文化財が出土した。うち百点近い絹織物には、綸子、綾絹、絁(あしぎぬ。太い糸で織った粗末な絹織物)、絹、薄絹、羅(目の粗い絹織物の一種)などが含まれている。これらの絹織物は、刺繍や絵のプリント、墨書きが施され、当時の織染工芸の卓越した技術を示している。浙江省杭州市の中国シルク博物館は2009年以降、南京市博物館の委託を受けて、大報恩寺遺跡から出土した宋代の絹織物の保護修復と研究を行ってきた。今回の展覧会で、修復後の文化財が南京において初めて公開された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900550

  • 2018年08月07日
    大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展、南京で開幕

    7日、宋代のシルクを見学する来場者。「長干里(南京市秦淮区内の古代の名称)へ帰る―大報恩寺遺跡出土の宋代シルク展」が7日、中国江蘇省南京市の大報恩寺遺跡博物館で開幕した。同遺跡の発掘により2008年、大量の北宋時代(960~1127年)の貴重な文化財が出土した。うち百点近い絹織物には、綸子、綾絹、絁(あしぎぬ。太い糸で織った粗末な絹織物)、絹、薄絹、羅(目の粗い絹織物の一種)などが含まれている。これらの絹織物は、刺繍や絵のプリント、墨書きが施され、当時の織染工芸の卓越した技術を示している。浙江省杭州市の中国シルク博物館は2009年以降、南京市博物館の委託を受けて、大報恩寺遺跡から出土した宋代の絹織物の保護修復と研究を行ってきた。今回の展覧会で、修復後の文化財が南京において初めて公開された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900539

  • 03:17.50
    2019年04月05日
    「新華社」中韓の文化財保護関係者、明代の墓から出土した衣類を修復

    中国と韓国の文化財保護関係者がこのほど、中国明代の墓に約500年埋まっており出土時にはすでに破損していた絹の衣類を高度な技術で繕って修復し、浙江省杭州市の中国シルク博物館で開かれている「梅里雲裳-嘉興王店明墓出土服飾中韓協力修復と複製成果展」で公開した。中国シルク博物館と韓国伝統文化大学校が共催した今回の展示会では、修復された明代の絹の服飾12点と、前者によって複製された服飾5点が展示されている。これらの服飾は2006年に浙江省嘉興市王店鎮にある明代の墓で出土したものだ。中国シルク博物館と韓国伝統文化大学校が修復・複製を行った。2014年には双方が修復作業を終え、2018年に複製品の製作も完了した。オリジナルのものは長年埋まっていたためすでに色あせているが、複製品はそれらの色を再現している。(記者/馮源、宋立峰)<映像内容>明代の墓から出土した衣類を修復して公開の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040501516

  • 2019年12月03日
    中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明

    3日、記者発表会で研究成果を示す中国シルク博物館の趙豊(ちょう・ほう)館長。中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社配信)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121110371

  • 2020年06月11日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、シルク製品の所蔵品の保護に関する説明を聞く王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204981

  • 2020年06月11日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    11日、浙江省湖州市輯里村で、村の人たちと桑の木を剪定(せんてい)する王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204984

  • 2020年06月11日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、国家級無形文化遺産プロジェクト、蚕糸絹織技法の伝承者、顧明琪(こ・めいき)さん(左端)から絹織り技術に関する説明を聞く王一士さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204907

  • 2020年06月11日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、所蔵品の絹糸を整理する王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062205035

  • 2020年06月11日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    11日、輯里シルク博物館で、1851年の「第1回ロンドン万国博覧会」で「輯里湖絲」が金賞を受賞した際に贈られたメダルを見せる王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204909

  • 2020年06月12日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    12日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、絹織物の技法を子どもたちに紹介する王一士さん(左端)と妻の計金妹さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204948

  • 2020年06月12日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    12日、浙江省湖州市の輯里シルク博物館で、シルクの布団づくりに使う素材を干す王一士さん(奥左)と妻の計金妹(けい・きんまい)さん(奥右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204928

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された漢代の「湖藍色玻璃(はり、ガラス)杯」。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402933

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」メイン会場イベントの開幕式。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402995

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化旅遊庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402936

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展の会場で記念撮影するトルクメニスタンの留学生ら。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化旅遊庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402960

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された漢代の「彩色木馬」。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化旅遊庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402966

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された「大谷文書」の一部、唐代の古文書。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化旅遊庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402934

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化旅遊庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402961

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展で展示品の解説をする中国シルク博物館の趙豊(ちょう・ほう)館長(右から2人目)。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402954

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された、パキスタン・シャーバーズガリーで出土した2~4世紀の仏像。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化旅遊庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402940

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された北宋の「銀鎏金蓮花宝子香炉(ぎんりゅうきんれんげほうしこうろ)」。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402977

  • 2020年06月19日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    19日、「2020シルクロードウイーク」特別展を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化旅遊庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402987

  • 01:19.03
    2020年06月19日
    「新華社」「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。今回のイベントは「相互学習が促進する将来の連携」がテーマ。14カ国から200以上の文化関連機関が一連のオンライン連動イベントに参加している。開幕式では、初の「シルクロード文化遺産年報」が正式に発表された。年報は2019年のシルクロード世界文化遺産における最も有意義で重大な出来事を振り返る内容で、考古学上の発見、展示、学術研究、関係する事柄の4分野各10件を取り上げている。(記者/馮源、李濤)<映像内容>「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントの様子、撮影日:2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508327

  • 2020年06月22日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された金代の「文姫帰漢図」(吉林省博物館蔵)。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403012

  • 2020年06月22日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された「唐彩絵胡人男立俑」(陝西歴史博物館蔵)。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402938

  • 2020年06月22日
    「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベント、杭州市で開幕

    「2020シルクロードウイーク」特別展で展示された明代の「胡笳十八拍」絵巻(南京博物院蔵)。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館で19日午後、国家文物局と浙江省人民政府が主催し、同省新聞弁公室、文化・観光庁、文物局が運営する「2020シルクロードウイーク」のメイン会場イベントが行われた。シルクロードが複数国にまたがる案件として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから6年を迎え、今月19~24日にさまざまなイベントを行う。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402964

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」(部分)。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402208

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    絹織物の修復作業をする文化財修復師の戴華麗(たい・かれい)さん。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402232

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」と夾衣。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402237

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」(部分)。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402246

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    絹織物の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、趙若含(ちょう・じゃくかん)さん。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402296

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館の文化財修復師らが数年かけて修復した錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402217

  • 01:56.92
    2020年07月23日
    「新華社」シルクロード千年の文化交流を紹介中国シルク博物館で特別展

    中国と欧州を結んだシルクロードのうち、長安(現在の陝西省西安市)から中央アジアに至る「天山回廊の交易路網」が2014年6月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。シルクロード文化史に残るこの重要な出来事を記念して、浙江省杭州市の中国シルク博物館では、国内の博物館や大学など19施設が所蔵する文化財19組を一堂に集めた特別展「一花一世界-シルクロードを通じた学び合い展」を先月19日から開催している。同博物館は中国初の絹を専門に展示する博物館。趙豊(ちょう・ほう)館長は「今回の特別展で、かつてのシルクロードが互いの文化を学び合う道だったことを紹介したい」と語っている。会期は8月23日まで。(記者/殷暁聖、馮源)<映像内容>「一花一世界-シルクロードを通じた学び合い展」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905517

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402242

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402218

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で展示された修復後の吉祥帽。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402270

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館での修復を経て展示された錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402231

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で慈禧太后の竜袍(皇帝や皇后の装束)を眺める来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402216

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402324

  • 02:06.38
    2020年08月11日
    「新華社」杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。今回の展示品は、同博物館のシルク修復師らが8年かけて修復したものだという。中でも慈禧太后の遺体を覆っていた錦の織物「織金陀羅尼経被(しききんだらにきょうひ)」は長さ290センチ、幅275センチで、制作に当時の通貨で銀16万両を費やした。また、同太后が埋葬時に身に着けていた装束の一つ「黄江綢繍五彩五蝠平金仏字女竜袍(こうこうちゅうしゅうごさいごふくへいきんぶつじじょりゅうほう)」には多くの「仏」の字が刺繍(ししゅう)されており、太后の信仰の厚さを示している。会期は11月8日まで。(記者/馮源、李濤)<映像内容>清王朝の女性皇族の装束などの展示、修復の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205282

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    文化財の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、楼淑琦(ろう・しゅくき)さん。今回の修復作業では技術指導責任者を務めた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402229

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402287

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館の文化財修復師らが数年かけて修復した錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402252

  • 00:40.45
    2020年10月16日
    「新華社」世界旗袍招待展開幕、各国デザイナーの作品が一堂に杭州市

    中国浙江省杭州市で16日午後、2020世界旗袍招待展が開幕した。スペインのデザイナー、SvetlandGromikVenger氏の作品「完璧な舞」は、中国の旗袍(チーパオ、チャイナドレス)とスペインのフラメンコ衣装の融合を通じて、中国と西洋の服飾文化の調和とシナジーを見事に表現し、多くの来場者の注目を集めた。会場となった中国シルク博物館には、国内外のデザイナー約30人による40点余りの旗袍作品が展示された。同展は18年から毎年、同博物館で開催している。これまでに世界中のデザイナー100人の作品100点余りを紹介してきた。(記者/馮源、李濤)<映像内容>2020世界旗袍招待展の様子、撮影日:2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102007298

  • 2021年04月28日
    (12)伝統的なシルク生地「香雲紗」の製造工程に迫る広東省

    23日、広東省仏山市西樵鎮にある香雲紗シルク博物館で、香雲紗で作った工芸品を見せる「香雲紗製織技法」の仏山市級代表的継承者、張紹景(ちょう・しょうけい)さん。中国広東省仏山市特産の「香雲紗」は、伝統的な染色技法で作られたシルク生地で、「莨紗綢」とも呼ばれている。染色工程では天然のソメモノイモ(薯莨)の汁と地元の川の泥が使われており、滑らかな肌触りを持ち、洗いやすく乾きやすいなどの特徴がある。「香雲紗染色技法」は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(仏山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042900070

  • 2021年04月28日
    (6)伝統的なシルク生地「香雲紗」の製造工程に迫る広東省

    23日、広東省仏山市西樵鎮にある香雲紗シルク博物館で、伝統工芸品の制作技法を実演する「香雲紗製織技法」の仏山市級代表的継承者、張紹景(ちょう・しょうけい)さん。中国広東省仏山市特産の「香雲紗」は、伝統的な染色技法で作られたシルク生地で、「莨紗綢」とも呼ばれている。染色工程では天然のソメモノイモ(薯莨)の汁と地元の川の泥が使われており、滑らかな肌触りを持ち、洗いやすく乾きやすいなどの特徴がある。「香雲紗染色技法」は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(仏山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042900080

  • 1