KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シルダリヤ川
  • アブドゥッラー
  • 中央アジア
  • 成長
  • 播種
  • 活用
  • 現地
  • 生産
  • 発芽
  • 農場

「シルダリヤ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年12月23日
    Construction of Toktogul Hydropower Plant in Kyrgyzstan

    8147007 22.12.1978 Building the Toktogul Hydropower Plant on the Naryn River in the Kyrgyz SSR, not far from Kara-Kul city in the Jalal-Abad Region.. Right: Tursunbek Chyngyshev, Secretary of the Communist Party Committee at the Naryngidroenergystroi Construction Administration, talks to builders of hydro-technical facilities at a production conference. Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040211755

  • 1978年12月23日
    Construction of Toktogul Hydropower Plant in Kyrgyzstan

    8147011 22.12.1978 Building the Toktogul Hydropower Plant in the Kyrgyz SSR. Photo: Tursunbek Chyngyshev, Secretary of the Communist Party Committee at the Naryngidroenergystroi Construction Administration. Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040211806

  • 2003年06月25日
    現在のアラル海の衛星写真 環境破壊は依然止まらず

    2001年6月撮影のアラル海の衛星画像。上方(北)が小アラル海、下方が大アラル海。下から流れ込むのがアムダリヤ川。右から流れ込むのがシルダリヤ川(NASA提供・共同)

    商品コード: 2003062500161

  • 2020年05月22日
    ウズベキスタン、中国の節水技術を利用した高効率栽培技術を導入

    22日、ウズベキスタン・シルダリヤ州にある、中国・ウズベキスタン現代節水農業技術モデルセンターの綿花畑。綿花の生産が盛んな中央アジアのウズベキスタンでは現在、中国のシートマルチ栽培と点滴かん水技術を組み合わせたマルドリ方式による綿花の高効率栽培技術が導入されている。ウズベキスタン・シルダリヤ州にある中国・ウズベキスタン現代節水農業技術モデルセンターの綿花畑では、綿花が勢いよく成長している。現地で同じ時期に種が蒔かれた綿花畑と比べ、発芽が早く、雑草も少ないなど、明らかな利点が見られた。同センタープロジェクト区の農場主であるアブドゥッラーさんによると、中国のマルドリ方式栽培技術を活用することで、播種量は減ったものの、合理的な播種によって成長する苗の数は1ヘクタール当たり16万株に達したという。これは従来の栽培方法による成苗率の1・5倍に相当する。(シルダリヤ州=新華社配信)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701068

  • 2020年05月22日
    ウズベキスタン、中国の節水技術を利用した高効率栽培技術を導入

    22日、ウズベキスタン・シルダリヤ州で関連技術の普及や応用を指導する中国側の専門家(左)。綿花の生産が盛んな中央アジアのウズベキスタンでは現在、中国のシートマルチ栽培と点滴かん水技術を組み合わせたマルドリ方式による綿花の高効率栽培技術が導入されている。ウズベキスタン・シルダリヤ州にある中国・ウズベキスタン現代節水農業技術モデルセンターの綿花畑では、綿花が勢いよく成長している。現地で同じ時期に種が蒔かれた綿花畑と比べ、発芽が早く、雑草も少ないなど、明らかな利点が見られた。同センタープロジェクト区の農場主であるアブドゥッラーさんによると、中国のマルドリ方式栽培技術を活用することで、播種量は減ったものの、合理的な播種によって成長する苗の数は1ヘクタール当たり16万株に達したという。これは従来の栽培方法による成苗率の1・5倍に相当する。(シルダリヤ州=新華社配信)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701151

  • 01:26.17
    2020年05月26日
    「新華社」ウズベキスタン、中国の節水技術を利用した高効率栽培技術を導入

    綿花の生産が盛んな中央アジアのウズベキスタンでは現在、中国のシートマルチ栽培と点滴かん水技術を組み合わせたマルドリ方式による綿花の高効率栽培技術が導入されている。ウズベキスタン・シルダリヤ州にある中国・ウズベキスタン現代節水農業技術モデルセンターの綿花畑では、綿花が勢いよく成長している。現地で同じ時期に種が蒔かれた綿花畑と比べ、発芽が早く、雑草も少ないなど、明らかな利点が見られた。同センタープロジェクト区の農場主であるアブドゥッラーさんによると、中国のマルドリ方式栽培技術を活用することで、播種量は減ったものの、合理的な播種によって成長する苗の数は1ヘクタール当たり16万株に達したという。これは従来の栽培方法による成苗率の1・5倍に相当する。新疆天業節水灌漑のプロジェクト管理センター計画設計室の楊開文(よう・かいぶん)主任は、中国側の専門家として現地で関連技術の普及や応用を指導している。楊主任によると、中国とウズベキスタンが協力して進めている綿花のマルドリ方式栽培技術総合付帯モデルプロジェクトの総面積は6100ムー(約407ヘクタール)で、同プロジェクトは今年初めにスタートした。関連する点滴かんがい設備や農機は2月末に中国から同州に到着し、3月初めから設備の設置が始まり、1カ月半をかけて地下パイプライン網の設置や綿花の播種を終えた。新疆天業節水灌漑は節水機器の開発や生産、販売を手がける中国最大の節水装置メーカーで、近年は「一帯一路」沿線国家の節水市場開拓を続け、中国の農業節水技術の海外進出をけん引している。タジキスタンやカザフスタン、エリトリア、ジンバブエなど、すでに17カ国での普及と応用を実現し、累計面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。(記者/潘瑩、蔡国棟)<映像内容>ウズベキスタンで節水技術を利用した高効率栽培技術を導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

    商品コード: 2020052802287

  • 2022年06月01日
    Kazakhstan Daily Life

    01.06.2022 Boys play on a playground on the Syr Darya embankment in the city of Baikonur, Kazakhstan. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060206654

  • 2022年06月01日
    Kazakhstan Daily Life

    01.06.2022 People take part in the Neptune Festival on the Syr Darya embankment in the city of Baikonur, Kazakhstan. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060206304

  • 2022年06月01日
    Kazakhstan Daily Life

    01.06.2022 Boys play with water on a hot summer day on the Syr Darya embankment in the city of Baikonur, Kazakhstan. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060206640

  • 1