KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • カバー
  • 世界
  • 北部湾
  • 国境
  • 地域
  • 広西
  • 政府
  • 東南アジア諸国連合
  • 水運
  • 海上輸送

「シンガポールモデル」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市鉄道口岸を出発する、常態化運行を実現した中国・シンガポール相互接続プロジェクト南下ルートの第一号となる鉄道・海運複合輸送列車。(2017年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501768

  • 2017年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で発車前、常態化運行を実現した中国・シンガポール相互接続プロジェクト南下ルートの第一号となる鉄道・海運複合輸送列車を見送るスタッフ。(2017年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501741

  • 2017年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市の道路橋の下を走る、常態化運行を実現した中国・シンガポール相互接続プロジェクト南下ルートの第一号となる鉄道・海運連絡輸送列車。(2017年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501760

  • 2017年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、トラック上のコンテナ貨物をつり下げて発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」に積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501723

  • 2017年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、トラック上のコンテナ貨物をつり下げて発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」に積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501796

  • 2017年09月29日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、中国・シンガポール相互接続プロジェクトの、甘粛省と重慶市を結ぶ第一号となる、特別列車の発車準備をする運転士。(2017年9月29日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501744

  • 2018年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」にコンテナ貨物を積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501756

  • 2018年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」にコンテナ貨物を積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501757

  • 2018年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」にコンテナ貨物を積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501794

  • 01:35.28
    2019年02月15日
    「新華社」「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。重慶市の韓宝昌(かん・ほうしょう)プロジェクト管理局長は次のように説明した。現在、「陸海新ルート」の三つの物流方式はいずれも常態化した運行が実現している。(これまでの運行本数は)鉄道・海運の複合輸送で805本、当初の週1便から毎日の双方向運行となった。また国際鉄道連絡輸送(重慶~ベトナム・ハノイ)は55本、重慶~ASEANの国境を跨いだ道路輸送が661本となっている。シンガポール、日本、オーストラリア、ドイツを含めた71の国と地域の155の港をカバーしている。「陸海新ルート」はすでに「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)と長江黄金水道の連結を実現し、シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロードの有機的なつながりを初歩的に実現している。(記者/張海舟)<映像内容>中国重慶市などの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501716

  • 1