KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • バイオジェット燃料
  • 令和
  • 羽田空港
  • ガソリン
  • 大空
  • 軽油
  • 原料
  • 昭和
  • フライト
  • ユーグレナ

「ジェット燃料」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
82
( 1 82 件を表示)
  • 1
82
( 1 82 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1974年12月11日
    横浜で燃料運搬船が爆発

    爆発炎上する小型タンカー「シェル6号」の消火作業。後方左はアジア石油横浜製油所の貯蔵タンク。アジア石油6号岸壁で、ジェット燃料を積み込み作業中に突然、大きな音とともに爆発炎上し、9人の死傷者をだした。ジェット燃料はガソリンと灯油の混合物で、引火点が低い危険物、羽田空港へ運ぶ予定だった=1974(昭和49)年12月11日午前9時30分、横浜市鶴見区大黒町で共同通信社特別ヘリから

    商品コード: 2012062200306

  • 1974年12月11日
    横浜で燃料運搬船が爆発

    爆発で甲板が吹き飛んだ小型タンカー「シェル6号」。アジア石油横浜製油所6号岸壁で、ジェット燃料を積み込み作業中に突然、大きな音とともに爆発炎上し、9人の死傷者をだした。ジェット燃料はガソリンと灯油の混合物で、引火点が低い危険物、羽田空港へ運ぶ予定だった=1974(昭和49)年12月11日午前9時30分、横浜市鶴見区大黒町で共同通信社特別ヘリから

    商品コード: 2012062200307

  • 1978年02月28日
    成田への燃料輸送2日始動

    成田空港へのジェット燃料輸送を前に、引き込み線にそろった燃料輸送車。一番列車は3月2日午前9時32分、積み出し基地を出発、鹿島臨海鉄道を通って国鉄鹿島線の北鹿島駅へ。国鉄に引き継いだあと成田市内の土屋燃料基地に昼過ぎに着く予定=1978(昭和53)年2月28日、鹿島臨海工業地帯で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2015051500329

  • 1978年03月01日
    燃料輸送阻止で反対派集会

    2日の成田空港へのジェット燃料輸送開始を前に開かれた反対派の総決起集会。反対派は1日を「開港阻止闘争」のスタートとし、開港前後を中心に連日、1万人規模のデモで空港を取り巻くという=1978(昭和53)年3月1日、千葉県成田市三里塚第1公園

    商品コード: 2015051500341

  • 1978年03月02日
    中継基地に向かう一番列車 成田にジェット燃料

    空港公団専用引き込み線に入り土屋中継基地に向かうジェット燃料輸送一番列車=1978(昭和53)年3月、千葉県成田市

    商品コード: 1978030250002

  • 1978年03月02日
    基地へ向かう列車 ジェット燃料を輸送

    屋燃料基地へ向かう燃料輸送一番列車。奥は成田空港=1978(昭和53)年3月、千葉県成田市

    商品コード: 1978030250001

  • 1978年03月02日
    燃料輸送一番列車 ジェット燃料輸送始まる

    鹿島石油構内を出発するジェット燃料輸送一番列車。茨城県・鹿島港から成田空港までの「鹿島ルート」約72キロの沿線では茨城側1600人、千葉側6千人の機動隊員が厳戒体制をしいた=1978(昭和53)年3月2日午前9時35分、鹿島臨海工業地帯で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2015051500343

  • 1978年03月02日
    機動隊員も同乗 ジェット燃料輸送始まる

    ジェット燃料輸送一番列車の2両目には警戒のため盾を手にした機動隊員も同乗。茨城県・鹿島港から成田空港までの「鹿島ルート」約72キロの沿線では茨城側1600人、千葉側6千人の機動隊員が厳戒体制をしいた=1978(昭和53)年3月2日午前9時40分、鹿島臨港線で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2015051500344

  • 1981年03月01日
    成田でジェット燃料輸送延長阻止集会

    ジェット燃料輸送延長阻止3・1集会であいさつする千葉動労の関川宰委員長=1981(昭和56)年3月1日、千葉県成田市

    商品コード: 2022060908185

  • 1981年03月01日
    成田でジェット燃料輸送延長阻止集会

    ジェット燃料輸送延長阻止3・1集会後、デモ行進する集会参加者=1981(昭和56)年3月1日、千葉県成田市

    商品コード: 2022060908187

  • 1993年12月06日
    海上自衛隊下総基地 燃料タンク爆発事故

    爆発事故が起きた海上自衛隊下総基地の半地下式航空ジェット燃料タンク(上方)=6日午後9時55分、千葉県東葛飾郡沼南町

    商品コード: 1993120600063

  • 1994年01月31日
    「経済ウイークリー」 ジャンボ機にあこがれて

    地下タンクから圧送されるジェット燃料を給油する平野智美さん=成田空港

    商品コード: 1994013100034

  • 1996年10月24日

    ◎ジェット燃料使用の自動車「スラスト(突撃)SSC号」とプロジェクトリーダーのリチャード・ノーブルさん(左)、ドライバーを務めるアンディー・グリーンさん=96年10月14日、英国ファーンバラ(ロイター=共同)

    商品コード: 1996102400027

  • 1996年10月24日

    ◎96年10月14日、英国ファーンバラの滑走路でテスト走行するジェット燃料使用の自動車「スラスト(突撃)SSC号」(ドライバーはアンディー・グリーン)・961014(ロイター=共同)

    商品コード: 1996102400026

  • 1999年10月14日
    日石三菱へ向かう係官ら 石油11社を家宅捜索

    ジェット燃料談合疑惑で日石三菱本社の家宅捜索に向かう東京地検の係官ら=14日午前10時2分、東京都港区西新橋

    商品コード: 1999101400034

  • 1999年10月14日
    コスモの捜索に向かう係官 ジェット燃料談合疑惑

    ジェット燃料談合疑惑でコスモ石油本社の家宅捜索に向かう東京地検の係官ら=14日午前10時、東京都港区芝浦

    商品コード: 1999101400037

  • 1999年10月14日
    日石三菱に入る係官ら 石油11社を家宅捜索

    ジェット燃料談合疑惑で日石三菱本社の家宅捜索に入る東京地検の係官ら=14日午前10時2分、東京都港区西新橋

    商品コード: 1999101400033

  • 1999年10月14日
    コスモの捜索に入る係官 石油11社を家宅捜索

    ジェット燃料談合疑惑でコスモ石油本社の家宅捜索に入る東京地検の係官ら=14日午前10時、東京都港区芝浦

    商品コード: 1999101400036

  • 1999年10月19日
    衝撃広がる防衛庁 防衛庁の燃料入札談合

    ジェット燃料などの納入に絡む入札談合事件で、石油元売り7社の担当者が逮捕されるなど衝撃が広がる防衛庁=19日午後5時

    商品コード: 1999101900080

  • 1999年10月19日
    コスモの捜索に入る係官 防衛庁の燃料入札談合

    防衛庁へのジェット燃料などの納入にからむ談合疑惑で、コスモ石油本社の家宅捜索に入る東京地検の係官ら=14日、東京都港区芝浦

    商品コード: 1999101900081

  • 2015年01月05日
    炎上するタンク車 米軍燃料輸送列車事故

    神奈川・浜川崎から東京・立川にジェット燃料を運ぶ米軍の燃料輸送列車が新宿駅構内で貨物列車と衝突、タンク車が爆発、炎上した=1967(昭和42)年8月8日、東京・新宿 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第5巻使用画像(P111)

    商品コード: 2015010500326

  • 2015年12月01日
    ユーグレナ社長ら ミドリムシ燃料で旅客機

    ミドリムシから作ったバイオジェット燃料の実用化計画を発表したユーグレナの出雲充社長(左から3人目)ら=1日午後、東京都大田区

    商品コード: 2015120100959

  • 2019年05月06日
    dpa-Story: E-Fuels

    06 May 2019, Baden-Wuerttemberg, Eggenstein-Leopoldshafen: A jet fuel synthesis plant in a container stands on the premises of the Energy Lab 2.0 of the Karlsruhe Institute of Technology (KIT), in the background is a plant for the production of gasoline from straw. (to dpa-Story: “Magic Formula E-Fuels: How All Cars Could Become Climate Neutral“ from 04.07.2019) Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405194

  • 2019年05月06日
    dpa-Story: E-Fuels

    06 May 2019, Baden-Wuerttemberg, Eggenstein-Leopoldshafen: Insulated pipes can be seen in a container in a jet fuel synthesis plant. (to dpa-Story: “Magic Formula E-Fuels: How All Cars Could Become Climate Neutral“ from 04.07.2019) Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070404938

  • 2019年05月06日
    dpa-Story: E-Fuels

    06 May 2019, Baden-Wuerttemberg, Eggenstein-Leopoldshafen: Tim Böltken, one of the managing directors of Ineratec GmbH, stands on the premises of the Energy Lab 2.0 of the Karlsruhe Institute of Technology (KIT) in front of a jet fuel synthesis plant in a container, in the background is a plant for the production of gasoline from straw. (to dpa-Story: “Magic Formula E-Fuels: How All Cars Could Become Climate Neutral“ from 04.07.2019) Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405033

  • 2019年05月06日
    dpa-Story: E-Fuels

    06 May 2019, Baden-Wuerttemberg, Eggenstein-Leopoldshafen: A jet fuel synthesis plant in a container stands on the premises of the Energy Lab 2.0 of the Karlsruhe Institute of Technology (KIT), in the background is a plant for the production of gasoline from straw. (to dpa-Story: “Magic Formula E-Fuels: How All Cars Could Become Climate Neutral“ from 04.07.2019) Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070404767

  • 2019年05月06日
    dpa-Story: E-Fuels

    06 May 2019, Baden-Wuerttemberg, Eggenstein-Leopoldshafen: Displays can be seen in a jet fuel synthesis plant in a container. (to dpa-Story: “Magic Formula E-Fuels: How All Cars Could Become Climate Neutral“ from 04.07.2019) Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405182

  • 2019年05月06日
    dpa-Story: E-Fuels

    06 May 2019, Baden-Wuerttemberg, Eggenstein-Leopoldshafen: Tim Böltken, one of the managing directors of Ineratec GmbH, stands on the premises of the Energy Lab 2.0 of the Karlsruhe Institute of Technology (KIT) in front of a jet fuel synthesis plant in a container, in the background is a plant for the production of gasoline from straw. (to dpa-Story: “Magic Formula E-Fuels: How All Cars Could Become Climate Neutral“ from 04.07.2019) Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405156

  • 2019年05月26日
    瀋陽桃仙国際空港の保税ジェット燃料倉庫が稼働

    26日、税関監督管理センターで業務を行う職員。中国遼寧省の瀋陽税関によると、中国航空油料集団の瀋陽桃仙国際空港輸出監督管理倉庫と保税倉庫がこのほど、正式に稼働を開始した。今後は国際航空便に対する保税ジェット燃料販売と給油業務が可能となる。(瀋陽=新華社配信/瀋陽桃仙国際空港税関提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:瀋陽桃仙国際空港税関/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402988

  • 2019年05月26日
    瀋陽桃仙国際空港の保税ジェット燃料倉庫が稼働

    26日、中国航空油料集団に交付された輸出監督管理倉庫と保税倉庫の証書。中国遼寧省の瀋陽税関によると、中国航空油料集団の瀋陽桃仙国際空港輸出監督管理倉庫と保税倉庫がこのほど、正式に稼働を開始した。今後は国際航空便に対する保税ジェット燃料販売と給油業務が可能となる。(瀋陽=新華社配信/瀋陽桃仙国際空港税関提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:瀋陽桃仙国際空港税関/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402986

  • 2019年11月03日
    中国とブルネイの合弁石油精製事業が稼働

    3日、恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール石油精製プロジェクト。ブルネイにおける中国最大の投資事業となる恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール(PMB)石油精製プロジェクトが3日、全生産工程でフル稼働に入り、ガソリンや軽油、ジェット燃料、ベンゼンなどの製品の生産を順調に開始、試験生産は成功した。(スリブガワン=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608531

  • 2019年11月03日
    中国とブルネイの合弁石油精製事業が稼働

    3日、恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール石油精製プロジェクト。ブルネイにおける中国最大の投資事業となる恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール(PMB)石油精製プロジェクトが3日、全生産工程でフル稼働に入り、ガソリンや軽油、ジェット燃料、ベンゼンなどの製品の生産を順調に開始、試験生産は成功した。(スリブガワン=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608524

  • 2019年11月03日
    中国とブルネイの合弁石油精製事業が稼働

    3日、恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール石油精製プロジェクト。ブルネイにおける中国最大の投資事業となる恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール(PMB)石油精製プロジェクトが3日、全生産工程でフル稼働に入り、ガソリンや軽油、ジェット燃料、ベンゼンなどの製品の生産を順調に開始、試験生産は成功した。(スリブガワン=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608541

  • 2019年11月04日
    中国とブルネイの合弁石油精製事業が稼働

    3日、恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール石油精製プロジェクト。ブルネイにおける中国最大の投資事業となる恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール(PMB)石油精製プロジェクトが3日、全生産工程でフル稼働に入り、ガソリンや軽油、ジェット燃料、ベンゼンなどの製品の生産を順調に開始、試験生産は成功した。(スリブガワン=新華社配信)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608527

  • 2019年11月29日
    Global Climate Strike in Munich

    November 29, 2019, Munich, Bavaria, Germany: Sign for the taxation of jet fuel. As in thousands of other cities around the world ten thousands demonstrated for climate justice in Munich on 29. November 2019. (Credit Image: © Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022081306891

  • 2020年04月06日
    World News - April 8, 2020

    April 8, 2020, Montreal, PQ, Canada: Air Transat aircrafts are seen on the tarmac at Montreal-Trudeau International Airport in Montreal, on April 8, 2020. Air Transat is looking to reduce the greenhouse gas emissions from its airplanes by using jet fuel made from kerosene in a process that captures carbon dioxide produced by large industrial emitters. The Montreal-based airline has signed an agreement with SAF+ Consortium, that is finalizing the fabrication of a pilot plant in Montreal East to make the kerosene. (Credit Image: © Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2020070904423

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラントで稼働状況を点検する作業員。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209490

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラントで稼働状況を点検する作業員。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209459

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラントで稼働状況を点検する作業員。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209447

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラント。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209521

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラント。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209465

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラントで稼働状況を点検する作業員。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209454

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラント。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209466

  • 2020年05月25日
    重点プロジェクトの水素化分解プラントが生産開始遼寧省盤錦市

    25日、年間精製量160万トンの盤錦浩業化工の水素化分解プラント。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市は、感染症対策を徹底しながら、市の重点プロジェクトの操業再開を推し進めている。盤錦浩業化工が取り組んでいる年間精製量160万トンの水素化分解プロジェクトは、同市の今年の重点プロジェクトで、このほどプラントが完成し生産を開始した。同プロジェクトでは、直留ワックスオイル、コーカーガスオイル、FCC軽油を原料とし、ワンススルー方式または一部循環分解方式により、主にガソリン、ジェット燃料、軽油、液化石油ガスを生産する。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209468

  • 00:54.50
    2020年11月01日
    「新華社」2年の歳月と1100万円を注ぎ込みジェットスーツ開発雲南省

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県でこのほど、劉東昇(りゅう・とうしょう)さん(34歳)が自作のジェットスーツを着用して飛行試験を行い、注目を集めた。機械製造の経験が長い劉さんは約2年前、外国人愛好家が自作のジェットスーツで海上を飛び回る動画を見たのをきっかけに、ジェットスーツ作りを思い立った。劉さんによると、ジェットスーツは小型のターボジェットエンジンを搭載しており、ジェット燃料を燃焼させて高速の排気ガスを噴出し、反作用力で人を空へ押し上げるという。劉さんは大量の資料を読み込み、半年間の熟考の末、研究開発チームを立ち上げた。ジェットスーツの理論上の飛行距離は約5~10キロメートルで、飛行高度は100~200メートルだが、安全のため1~2メートルの高度で試験するしかない。劉さんはジェットスーツ開発に70万元(1元=16円)、日本円にして約1100万円を投資したと明らかにした。ジェットスーツは安定性が高く、毎回3~5分間飛行できる。安全面では将来的にエアバッグなどの補助装置を加える計画だという。劉さんのチームは既に国への特許申請を済ませており、さらなる改良のために投資を募っている。(記者/孫敏)<映像内容>ジェットスーツを着用して飛行試験を行う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110301593

  • 2020年11月04日
    ANAの飛行機 食品ごみをジェット燃料に

    ANAグループの飛行機=10月、羽田空港

    商品コード: 2020110401764

  • 2020年11月06日
    ジェット燃料の給油作業 食品廃棄燃料で大空へ

    旅客機に食品廃棄物由来のジェット燃料を給油する作業=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602490

  • 2020年11月06日
    公開された給油作業 食品廃棄燃料で大空へ

    報道公開された、旅客機に食品廃棄物由来のジェット燃料を給油する作業=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602491

  • 2020年11月06日
    ジェット燃料の品質確認 食品廃棄燃料で大空へ

    食品廃棄物由来のジェット燃料の品質確認作業=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602534

  • 2020年11月06日
    品質確認作業 食品廃棄燃料で大空へ

    食品廃棄物由来のジェット燃料の品質確認作業=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602556

  • 2020年11月06日
    滑走路に向かう旅客機 食品廃棄燃料で大空へ

    食品廃棄物由来のジェット燃料の給油を終え、滑走路に向かう全日空の旅客機(中央)=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602567

  • 2020年11月06日
    給油を終えた旅客機 食品廃棄燃料で大空へ

    食品廃棄物由来のジェット燃料の給油を終えた全日空の旅客機=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602568

  • 2020年11月06日
    公開された給油作業 食品廃棄燃料で大空へ

    報道公開された、旅客機に食品廃棄物由来のジェット燃料を給油する作業=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602581

  • 2020年11月06日
    食品廃棄燃料で大空へ

    商品コード: 2020110602582-1

  • 2020年11月06日
    食品廃棄燃料で大空へ

    商品コード: 2020110602582-3

  • 2020年11月06日
    燃料の品質確認作業 食品廃棄燃料で大空へ

    食品廃棄物由来のジェット燃料の品質確認を行う担当者=6日午前、羽田空港

    商品コード: 2020110602582

  • 2020年11月06日
    食品廃棄燃料で大空へ

    商品コード: 2020110602582-4

  • 2020年11月06日
    食品廃棄燃料で大空へ

    商品コード: 2020110602582-2

  • 2021年01月27日
    日航、古着燃料で初飛行へ

    古着がジェット燃料になるまで

    商品コード: 2021012704134

  • 2021年01月27日
    日航、古着燃料で初飛行へ

    古着がジェット燃料になるまで

    商品コード: 2021012704135

  • 2021年05月02日
    Industrial and Retail Corporate Brands

    May 1, 2021, New York, New York, USA: David Einhorn, founder of Greenlight Capital, said Elon Musk and venture capitalist Chamath Palihapitiya were the real instigators behind the GameStop short-squeeze, claiming both had supplied the real jet fuel for the pump with their tweets and TV appearances. Amid the orchestrated short-squeeze by redditors on Wallstreetbets, Musk tweeted what some interpreted as his support for the endeavor. On Jan. 26, shortly after the GME stock was pumped 91% in a single day, Musk tweeted the phrase Gamestonk accompanied by a link to the Wallstreetbets sub-reddit. (Credit Image: © John Marshall Mantel/ZUMA Wire)、クレジット:©John Marshall Mantel/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050308962

  • 2021年05月10日
    Cyber-Attack Shuts Colonial Pipeline - Georgia Cyber-Attack Shuts Colonial Pipeline - Georgia

    NO FILM, NO VIDEO, NO TV, NO DOCUMENTARY - Gasoline tankers pass by the Colonial Pipeline storage tanks in Austell, Georgia, on Monday, May 10, 2021. The Colonial Pipeline hack that shut down the major gasoline and jet fuel pipeline to large swaths of the south and the east coast, is leading to temporary shortages. Photo by John Spink/ The Atlanta Journal-Constitution/TNS/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月10日、クレジット:Atlanta Journal-Constitution/TNS/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903738

  • 01:23.11
    2021年06月29日
    国産バイオ燃料でフライト 藻類由来、民間機で初

    バイオベンチャー企業のユーグレナが開発した国産バイオジェット燃料を給油した小型ジェット機が29日、民間機として初フライトに臨み、鹿児島から羽田空港に到着した。藻類のミドリムシと使用済みの食用油を原料とし、製造過程で出る大気中の二酸化炭素が化石燃料より抑えられ、航空業界の脱炭素化に向けた取り組みの切り札となる。<映像内容>発表イベントの様子、ユーグレナの出雲充社長あいさつ、フォトセッション、使用したホンダジェットの機体物取りなど、撮影日:2021(令和3)年6月29日、撮影場所:東京都大田区

    商品コード: 2021063006191

  • 2021年06月29日
    バイオ燃料利用の民間機 国産バイオ燃料でフライト

    ユーグレナのバイオジェット燃料を利用して鹿児島空港から羽田空港まで飛んだホンダジェット=29日午後、東京都大田区

    商品コード: 2021062907788

  • 2021年06月29日
    バイオジェット燃料 国産バイオ燃料でフライト

    ユーグレナが開発したバイオジェット燃料

    商品コード: 2021062907791

  • 2021年06月29日
    発表会のユーグレナ社長ら 国産バイオ燃料でフライト

    バイオジェット燃料を利用し民間機として初フライトしたホンダジェットと共に発表会に臨むユーグレナの出雲充社長(右)=29日午後、東京都大田区

    商品コード: 2021062907827

  • 2021年10月14日
    SAFを活用促進するANA

    全日本空輸(ANA)は植物由来などの持続可能な航空燃料(SAF)を活用した取り組みを始動する。航空機を利用する企業と共同で二酸化炭素(CO2)削減に向けて取り組むプログラム「SAFフライトイニシアチブ」を立ち上げ、産業横断的にSAFの利用促進に結びつける。利用企業を巻き込みながら、ANAグループとして2050年までに航空機運航でのCO2排出量実質ゼロの達成につなげる狙いだ。「(売り手よし、買い手よし、世間よしの)“三方よし”のプログラムだ。業界を超えての参加を期待したい」―。14日に開いたSAFの新たな取り組みに関する説明会で、井上慎一専務執行役員はこう述べた。プログラムはSAFを使ったANAの航空機を利用することで、第三者機関の認証を受けたCO2削減証書を発行する。世界的な脱炭素の動きが活発化する中、利用企業にとっては輸送面での環境へ配慮した取り組みとして顧客や投資家などにアピールできる。平子裕志社長は「SAFの具体的な取り組みは欧米で先行している。残念ながら日本は大きく遅れている」と指摘する。日本ではSAFの多くを輸入に頼っており、今後、CO2削減として世界の航空会社がSAFの採用を進めると、供給不足になる可能性もはらむ。こうした取り組みを進めることで環境意識の高まりを促し、既存のジェット燃料に比べて高額なSAFの量産・普及にもつなげたい考えだ。第1弾として物流・貨物企業向けの「カーゴ・プログラム」では日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクスの3社が参画。SAFを使用した貨物便を9月29日に共同で実施した。SAFを使用した運航を顧客企業と共同で行うのは、国内航空会社として初めてという。物流や貨物会社を対象とした貨物便のほか、今後は社員の出張などで航空機を利用する企業を主な対象とした「コーポレート・プログラム」も準備が整い次第始める。取り組みを拡充し、航空輸送業界でCO2削減に不可欠なSAF普及に弾みをつける。=2021(令和3)年10月14日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102001159

  • 01:46.97
    2022年03月16日
    バイオ燃料でフライト 静岡の航空会社が導入

    静岡市の航空会社フジドリームエアラインズ(FDA)と鈴与商事は16日、ユーグレナが開発したミドリムシや使用済み食用油を原料とするバイオジェット燃料をチャーター便に導入すると発表した。FDAによると、ミドリムシを原料にした燃料の使用は定期旅客便を運航する航空会社としては日本初。 静岡空港で16日、ミドリムシを模した緑色の機体に燃料が給油され、小型ジェット機は県営名古屋空港(愛知県豊山町)まで約1時間かけて遊覧飛行。「バイオ」の発音と数字を掛け合わせた8100便が富士山周辺の空を舞った。<映像内容>小型ジェット機へのバイオジェット燃料の給油作業、記念式典など。遊覧飛行中の機内雑観、機内から撮影した富士山など、着陸した小型ジェット機、到着セレモニー、 報道陣の取材に応じるユーグレナの出雲充社長(緑色のネクタイ着用)ら、撮影日:2022(令和4)年3月16日、撮影場所:愛知県豊山町

    商品コード: 2022031706492

  • 2022年03月16日
    ユーグレナの出雲充社長 バイオ燃料でフライト

    FDAの機体の前で自社のバイオジェット燃料を手にポーズをとるユーグレナの出雲充社長=16日午前、静岡空港

    商品コード: 2022031605711

  • 2022年03月16日
    バイオ燃料使用のジェット機 バイオ燃料でフライト

    ユーグレナのバイオジェット燃料を使用したFDAの小型ジェット機=16日午後、愛知県営名古屋空港

    商品コード: 2022031605800

  • 2022年03月16日
    バイオジェット燃料 バイオ燃料でフライト

    ユーグレナが開発したミドリムシや使用済み食用油を原料とするバイオジェット燃料=16日午後、愛知県営名古屋空港

    商品コード: 2022031605806

  • 2022年03月16日
    バイオ燃料使用のジェット機 バイオ燃料でフライト

    バイオジェット燃料を使用したFDAの小型ジェット機とポーズをとるユーグレナの出雲充社長=16日午後、愛知県営名古屋空港

    商品コード: 2022031605809

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: Oil Storage tank belonging to NuStar colocated at the HollyFrontier Energy Partners Refinery in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062000636

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062000646

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062004536

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062004289

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062004656

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062004726

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062000737

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062000681

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062004727

  • 2022年06月15日
    HollyFrontier Crude Oil Refinery

    June 15, 2022, El Dorado, Kansas, U.S: HollyFrontier Energy Partners Refinery is the largest in Kansas with a crude distillation capacity of 135,00 barrels a day. Production is split up into 55% gasoline, 34% diesel and jet fuel and the other 11% into asphalt, chemicals and other refined petroleum products. (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062004532

  • 1