KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ミニチュア
  • 風景メイン
  • チルトレンズ
  • ティルト
  • 愛知県名古屋市
  • 鉄道模型
  • ウォーターフロント
  • 高速道路
  • ダウンタウン
  • セントラル駅

「ジオラマ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
335
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
335
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月06日
    【輸入博】東芝、3年連続出展先端技術を展示

    6日、第3回輸入博の工業技術・設備エリアで、来場者にデジタルジオラマを紹介する中国総代表兼東芝中国董事長の宮崎洋一氏。中国上海市で開かれている第3回中国国際輸入博覧会で、日本の東芝は世界先端の純水素燃料電池発電システムやビルソリューション、3D超音波検査装置、重粒子線がん治療技術などを展示した。輸入博の出展は3年連続。同社の広報担当者は、世界初の輸入をテーマにした国家レベルの博覧会で先進的な技術や設備、経験を紹介し、中国製造業の急速な構造転換を支援していきたいと述べた。同担当者は、今後も中国のビジネスユーザーや提携パートナーなどと多方面での協力を積極的に行い、中国市場での取り組みを強化していく考えを示した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.96
    2020年10月15日
    「新華社」湖南懐化学院、ジオラマ模型で新入生を歓迎

    中国湖南省懐化市にある湖南懐化学院ランドスケープ・アーキテクチャー学科はこのほど、新入生(中国の学校は秋入学)に同学科に対する理解を深めてもらうため、中国古典庭園のジオラマ模型を制作し、新入生歓迎式の会場に展示した。模型は同学科と庭園学科の学生が制作。北京の故宮や蘇州の拙政園(せっせいえん)、留園などからなる。新入生らは、自分の学ぶ学科をよく知ることができたと語り、専門的な知識習得に向けた意欲を高めた。(記者/周勉)<映像内容>湖南懐化学院の学生が制作した中国古典庭園のジオラマ模型、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    失われた都城、後金の東京城を探訪遼寧省

    1日、陳列館に展示されている東京城のジオラマ。正方形の盛京城と異なり、城郭は不規則な四角形をしている。中国清王朝の前身は、遼東地方(現在の遼寧省南東部)で勃興した後金(こうきん)で、勢力拡大の過程で2度遷都した。興京(こうけい、撫順市新賓満族自治県)、東京(とうけい、遼陽市文聖区)、盛京(せいけい、瀋陽市)の三つの都城を築き、歴史上「関外三京」と呼ばれる。中でも東京城は完成時に太祖ヌルハチが自ら命名し、400年近い歴史を持つ。城郭と城内の汗王宮や八角殿、娘娘(にゃんにゃん)廟などの建物の多くは、長年放置されたため既に倒壊しており、八つの城門の一つ、南側の正門(天佑門)の一部のみが残る。城内で発掘された石碑や扁額、宮殿の遺物は、遼陽市博物館が収蔵している。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    ジオラマと林研究員 鉄道で学ぶ「台湾の歴史」

    1970~80年代の台北駅と周辺の街並みを再現した巨大ジオラマを紹介する林一宏・アシスタント研究員=8月、台北(共同)

    撮影: 8月、台北

  • 2020年08月11日
    リニアの巨大ジオラマ 最新車両N700Sを展示

    「鉄道の未来展」で展示される、リニア中央新幹線の巨大ジオラマ=11日午後、名古屋市のジェイアール名古屋高島屋

    撮影: 11日午後、名古屋市のジェイアール名古屋高島屋

  • 2020年08月11日
    ジオラマのリニア新幹線 最新車両N700Sを展示

    「鉄道の未来展」で展示される、リニア中央新幹線のジオラマ=11日午後、名古屋市のジェイアール名古屋高島屋

    撮影: 11日午後、名古屋市のジェイアール名古屋高島屋

  • 01:08.80
    2020年08月08日
    長崎原爆資料館を遠隔見学 コロナ禍でアバター活用

    新型コロナウイルスの影響で移動が難しくなる中、長崎原爆の日を前にした8日、長崎市の原爆資料館でアバター(分身)ロボットの実証実験があった。親子が長崎県の離島・五島列島の自宅からパソコンでロボットを操作し、館内を遠隔見学した。 ロボットは、全日空グループのアバターイン(東京)が開発した「ニューミー」。人の目の高さにモニターが付いていて車輪があり、パソコン操作で自由に移動させることができる。コロナ禍の中、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館(沖縄県本部町)や新屋島水族館(高松市)の遠隔見学も実施してきた。 この日は開館前の午前8時ごろから、長崎県五島市職員の浜本翔(はまもと・しょう)さん(38)と小学3年の長男湊(みなと)君(8)が、ロボットで展示室内を移動。スタッフの案内を受けながら、長崎に投下された原爆「ファットマン」の模型や、熱線や放射線の広がりを示した街のジオラマなどを、内蔵カメラを通じて約30分間見学した。<映像内容> アバター(分身)ロボットの実証実験の様子、、撮影日:2020(令和2)年8月8日、撮影場所:長崎市の原爆資料館

    撮影: 2020(令和2)年8月8日

  • 2020年06月30日
    The Schauinslandbahn will be 90 years old

    30 June 2020, Baden-Wuerttemberg, Horben: A miniature model of the section before the top station is in a diorama in the building of the Schauinslandbahn valley station. The Schauinsland cable car is the longest circulating cable car in Germany and was the first of its kind in the world in 1930. The cable car overcomes a difference in altitude of 746 metres over a distance of 3565 metres. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「良渚玉彫館」で翡翠の彫刻技術を再現したジオラマを見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    ジオラマ見る人たち 震災復興伝承館がオープン

    宮城県名取市閖上地区の震災復興伝承館に展示された、被災前の町並みを再現したジオラマを見る人たち=30日午前

    撮影: 30日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    ジオラマなどの展示 震災復興伝承館がオープン

    宮城県名取市閖上地区の震災復興伝承館に展示された、被災前の町並みを再現したジオラマ=30日午前

    撮影: 30日午前

  • 2020年03月30日
    馬がいる風景を求めて

    相馬野馬追を再現したジオラマ=福島県の南相馬市博物館

    撮影: 福島県の南相馬市博物館

  • 2020年03月26日
    四万十町のホビー館 エヴァ展 ジオラマ人気

    人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の企画展「シン・海洋堂エヴァンゲリオンフィギュア展」が、高知県高岡郡四万十町打井川の海洋堂ホビー館四万十で開かれている。綾波レイや碇(いかり)シンジら登場人物のフィギュアのほか、戦闘シーンなどをジオラマで再現。「エヴァ」の世界が広がっている=2020(令和2)年3月26日、海洋堂ホビー館四万十 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月26日
    Travel News - January 26, 2020

    January 26, 2020: Train, Santa Justa Railway Station, Seville, Spain. (Credit Image: © Felipe Rodriguez/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Felipe Rodriguez/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows organic pig fattening according to highest animal welfare standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: Gerrit (l) and Frederik Braun, founders of the Miniatur Wunderland, stand in their latest exhibition “Sauwohl“ behind a model of industrial pig fattening according to legal minimum standards (l) and a model of organic pig fattening according to highest animal welfare standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows industrial pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows indsutrielle pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows organic pig fattening according to highest animal welfare standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: Frederik (l) and Gerrit Braun, founder of the Miniatur Wunderland, explain their latest exhibition “Sauwohl“ behind a model A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows indsutrielle pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows industrial pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows indsutrielle pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows indsutrielle pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: Frederik (l) and Gerrit Braun, founder of the Miniatur Wunderland, explain their latest exhibition “Sauwohl“ behind a model A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows indsutrielle pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows industrial pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: Gerrit (l) and Frederik Braun, founders of the Miniatur Wunderland, stand in their latest exhibition “Sauwohl“ behind a model of industrial pig fattening according to legal minimum standards (l) and a model of organic pig fattening according to highest animal welfare standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows industrial pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows indsutrielle pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    Special exhibition “Sauwohl“ in the Miniatur Wunderland

    21 January 2020, Hamburg: A model in the exhibition “Sauwohl“ of the Miniatur Wunderland shows indsutrielle pig fattening according to legal minimum standards. A total of five dioramas illustrate the currently different forms of pork production in Germany. Photo: Markus Scholz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    Hessian State Museum Darmstadt

    15 January 2020, Hessen, Darmstadt: A woman stands in the Landesmuseum in front of a diorama showing a Central European habitat in the high mountains. The Hessische Landesmuseum Darmstadt (HLMD) celebrates its 200th birthday. In 1820, Ludewig I transferred his collection of art and natural history to the state in the form of a foundation. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    古代科学技術の秘密を解明する高校教師甘粛省蘭州市

    7日、高飛さんが制作した中国古代都市の攻城戦を再現した模型ジオラマ。中国甘粛省の蘭州市外国語学校で生物教師を務める高飛(こう・ひ)さんは今、ネットで大きな注目を集めている。高さんは、中国の歴史における傑出した発明品の数々を木製模型や文化クリエーティブ製品として再現。これにより彼は中国古代科学技術の秘密を解明する達人と呼ばれるようになった。中国の古代科学技術が生み出した発明品の復元と制作には、伝統的な知恵と現代のレーザ切断技術や3Dプリント技術とを融合させた木製模型の制作テクニックが活かされている。高さんは模型制作だけでなく、敦煌文化や彩陶文化の要素を取り入れた新たな文化クリエーティブ製品も手掛けている。(蘭州=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    古代科学技術の秘密を解明する高校教師甘粛省蘭州市

    7日、高飛さんが制作した中国古代都市の攻城戦を再現した模型ジオラマ。中国甘粛省の蘭州市外国語学校で生物教師を務める高飛(こう・ひ)さんは今、ネットで大きな注目を集めている。高さんは、中国の歴史における傑出した発明品の数々を木製模型や文化クリエーティブ製品として再現。これにより彼は中国古代科学技術の秘密を解明する達人と呼ばれるようになった。中国の古代科学技術が生み出した発明品の復元と制作には、伝統的な知恵と現代のレーザ切断技術や3Dプリント技術とを融合させた木製模型の制作テクニックが活かされている。高さんは模型制作だけでなく、敦煌文化や彩陶文化の要素を取り入れた新たな文化クリエーティブ製品も手掛けている。(蘭州=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    古代科学技術の秘密を解明する高校教師甘粛省蘭州市

    7日、高飛さんが制作した中国古代都市の攻城戦を再現した模型ジオラマ。中国甘粛省の蘭州市外国語学校で生物教師を務める高飛(こう・ひ)さんは今、ネットで大きな注目を集めている。高さんは、中国の歴史における傑出した発明品の数々を木製模型や文化クリエーティブ製品として再現。これにより彼は中国古代科学技術の秘密を解明する達人と呼ばれるようになった。中国の古代科学技術が生み出した発明品の復元と制作には、伝統的な知恵と現代のレーザ切断技術や3Dプリント技術とを融合させた木製模型の制作テクニックが活かされている。高さんは模型制作だけでなく、敦煌文化や彩陶文化の要素を取り入れた新たな文化クリエーティブ製品も手掛けている。(蘭州=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    古代科学技術の秘密を解明する高校教師甘粛省蘭州市

    7日、高飛さんが制作した中国古代都市の攻城戦を再現した模型ジオラマ。中国甘粛省の蘭州市外国語学校で生物教師を務める高飛(こう・ひ)さんは今、ネットで大きな注目を集めている。高さんは、中国の歴史における傑出した発明品の数々を木製模型や文化クリエーティブ製品として再現。これにより彼は中国古代科学技術の秘密を解明する達人と呼ばれるようになった。中国の古代科学技術が生み出した発明品の復元と制作には、伝統的な知恵と現代のレーザ切断技術や3Dプリント技術とを融合させた木製模型の制作テクニックが活かされている。高さんは模型制作だけでなく、敦煌文化や彩陶文化の要素を取り入れた新たな文化クリエーティブ製品も手掛けている。(蘭州=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月30日
    いい眺め

    モスクワの展示施設に登場したモスクワ中心部のジオラマ。巨人になった気分。(タス=共同)

  • 2019年10月27日
    ミニチュア撮影 瀬戸内海 来島海峡を航行する船舶(チルトレンズ使用)

    キーワード:しまなみ海道、フェリー、ボート、ミニチュア、レンズ、屋外、海、橋、空、交通、航行、撮影、瀬戸内海、船、島、日本、無人、貨物船、来島海峡、来島海峡大橋、利用、海事、ティルト、ジオラマ風、風景メイン写真、チルトレンズ、海事都市=2019(令和元)年10月27日、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年09月30日
    ジオラマのような町並み

    「ホテルこころ」の朝食。地元の食材を使ったおかずが、フランスの一口ケーキのプチフールのよう=愛媛県内子町

    撮影: 愛媛県内子町

  • 2019年09月30日
    ジオラマのような町並み

    旧街道沿いにある竹細工の「武(たけ)工房」。店主の武智寿夫さんが、にこやかに応対してくれた=愛媛県内子町

  • 2019年09月30日
    ジオラマのような町並み

    ゲストハウス「高橋邸」。実業家、高橋龍太郎の2階建ての生家が、誰でも借りられる=愛媛県内子町

    撮影: 愛媛県内子町

  • 2019年09月30日
    ジオラマのような町並み

    内子座の内部。今も歌舞伎などの公演に使われる本格的な芝居小屋だ=愛媛県内子町

    撮影: 愛媛県内子町

  • 2019年09月30日
    ジオラマのような町並み

    上芳我邸。帆の形をした、鳥ぶすまと呼ばれる瓦が目を引く=愛媛県内子町

    撮影: 愛媛県内子町

  • 2019年09月30日
    ジオラマのような町並み

    江戸時代創業の「大森和蠟燭屋」では、大森克子さんが製法を丁寧に教えてくれた=愛媛県内子町

    撮影: 愛媛県内子町

  • 2019年09月30日
    ジオラマのような町並み

    統一感のある町並み保存地区(旧街道)=愛媛県内子町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月26日
    西遊記ファンの聖地「火焔山」摂氏40度でも大勢の観光客

    26日、火焔山の砂盤(さばん、砂を使って地形を模して作った立体的なジオラマ)を眺める観光客。「西遊記ファン」にとって聖地とされる中国新疆ウイグル自治区トルファン市の火焔山。金箍棒(如意棒)の形をした巨大な地表温度計が摂氏40度に達したこの日も大勢の観光客でにぎわった。火焔山は天山山脈の支脈の一つで、トルファン盆地中部を東西に連なる。長さ約98キロ、最大幅は約10キロ。山肌のほとんどが赤色をしている。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    今治港 ミニチュア風写真(チルトレンズ使用

    キーワード:ウォーターフロント、クルーザー、シティ、レンズ、屋外、橋、建物、交通、港、今治市、桟橋、写真、船、通り、土地、道路、日本、風景、無人、利用、今治港、建築、ティルト、ジオラマ風、風景メイン写真、チルトレンズ=2019(令和元)年8月8日、愛媛県港町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月08日
    今治城にある藤堂高虎像 ミニチュア風写真(チルトレンズ使用)

    キーワード:シティ、タウン、ミニチュア、レンズ、屋外、空撮、建物、今治城、写真、城、像、都会、藤堂高虎、日本、風景、無人、利用、ティルト、ジオラマ風、風景メイン写真=2019(令和元)年8月8日、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月08日
    今治城武具櫓 ミニチュア風写真(チルトレンズ使用)

    キーワード:シティ、タウン、レンズ、屋外、建物、今治城、自然、写真、城、都会、日本、風景、無人、利用、ティルト、ジオラマ風、武具櫓、風景メイン写真=2019(令和元)年8月8日、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月08日
    今治港 ミニチュア風写真(チルトレンズ使用)

    キーワード:クルーザー、ボート、レンズ、屋外、海、橋、建物、交通、港、今治市、桟橋、自然、写真、船、都会、土地、日本、風景、無人、利用、今治港、ティルト、ジオラマ風、風景メイン写真、チルトレンズ=2019(令和元)年8月8日、愛媛県港町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年07月26日
    外島保養院のジオラマ 差別が生んだ悲劇忘れない

    外島保養院のジオラマを前に当時の様子を説明する屋猛司さん=岡山県瀬戸内市の邑久光明園

    撮影: 岡山県瀬戸内市の邑久光明園

  • 2019年07月08日
    Exhibition about “Die Fantastischen Vier“ (The Fantastic Four)

    08 July 2019, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: A press conference visitor films a diorama reconstruction of a video set for the song “MfG“ of the “Fantastischen Vier“ in the exhibition “Troy“ about the hip hop band “Die Fantastischen Vier“. Until the end of March 2020, fans in Stuttgart‘s Stadtpalais can indulge in memories in the chronologically arranged show. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    松長咲良さん 「被爆地が旭川だったら」

    旭川に原爆が投下されたと想定したジオラマを制作した松長咲良さん(手前)ら=6日、北海道旭川市

  • 2019年07月06日
    高校生が作ったジオラマ 「被爆地が旭川だったら」

    旭川に原爆が投下されたと想定して高校生が作ったジオラマ=6日、北海道旭川市

    撮影: 6日、北海道旭川市

  • 2019年07月03日
    三国志「合肥の戦い」の古戦場、逍遥津を訪ねて安徽省合肥市

    3日、逍遥津公園内に展示されている「逍遥津大戦」のジオラマ。「三国志ゆかりの地」とされる中国安徽省合肥(ごうひ)市は、三国時代に魏と呉が30年わたる争奪戦を繰り広げたことから、当時の史跡が数多く残されている。中でも「逍遥津(しょうようしん)の戦い」が行われた古戦場は市の中心部にあり、今では市民の誰もが知る「逍遥津公園」となっている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月03日
    三国志「合肥の戦い」の古戦場、逍遥津を訪ねて安徽省合肥市

    3日、逍遥津公園内に展示されている「逍遥津大戦」のジオラマ。孫権が橋を飛び越え追撃を逃れる様子が再現されている。「三国志ゆかりの地」とされる中国安徽省合肥(ごうひ)市は、三国時代に魏と呉が30年わたる争奪戦を繰り広げたことから、当時の史跡が数多く残されている。中でも「逍遥津(しょうようしん)の戦い」が行われた古戦場は市の中心部にあり、今では市民の誰もが知る「逍遥津公園」となっている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月26日
    資料館見学するトゥスク氏 EU大統領が被爆地訪問

    長崎市の原爆資料館でジオラマを見学するEUのトゥスク大統領(右)=26日

  • 2019年06月18日
    ジオラマと上地課長 沖縄戦集団自決を伝え残す

    沖縄県読谷村のユンタンザミュージアムの自然壕「チビチリガマ」を再現したジオラマと村教委文化振興課の上地克哉課長=14日

    撮影: 14日

  • 2019年06月18日
    チビチリガマのジオラマ 沖縄戦集団自決を伝え残す

    沖縄県読谷村のユンタンザミュージアムの自然壕「チビチリガマ」を再現したジオラマ=14日

    撮影: 14日

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone, attention: the photo was put together from two single pictures). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former militargeland house of officers with the building (l) officer‘s diner (from 1945 Pioneer‘s house) and right next to it the building of the bathhouse, in the mitte is a round building to see the diorama of 1970 ( Aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), then military school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area House of Officers with the building (l) Offizier-Speiseanstalt (from 1945 Pionierhaus) and right beside it the building of the Badeanstalt, in the middle a round building the Diorama from 1970 is to be seen (aerial photograph with a drone). The area was a military gymnasium (1919), then an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone, attention: the photo was composed of two single images.) The site was military gymnastics (1919), Army sports school ( 1933) and from 1945 the House of the Officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wünsdorf - The house of the officers

    29 May 2019, Brandenburg, Wünsdorf: The former military area house of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial photograph with a drone). The site was a military gymnasium (1919), an army sports school (1933) and from 1945 the house of the officers. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    Wunsdorf - The House of the Officers

    29.05.2019, Brandenburg, Wunsdorf: The former military site House of the officers with the round building (diorama from 1970) (aerial view with a drone). The site was military gymnastics (1919), army sports school (1933) and from 1945 the House of the officers. Photo: Patrick Pleul / dpa-Zentralbild / ZB | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月23日
    Exhibition on the moon landing 50 years ago

    23 May 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Peenemünde: Philipp Aumann, exhibition curator at the Historisch-Technisches Museum Peenemünde, shows a diorama of the Apollo 12 mission. The first moon landing 50 years ago is the subject of a special exhibition at the Historisch-Technisches Museum Peenemünde (HTM) on Usedom. The museum gave her the title “Race to the Moon. A lot of noise about a little step?“. Around 200 exhibits from Western and Eastern space travel will be on display. Furthermore, historical merchandising and promotional items, toys, title pages of newspapers, models and replicas are exhibited. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月23日
    Exhibition on the moon landing 50 years ago

    23 May 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Peenemünde: Philipp Aumann, exhibition curator at the Historisch-Technisches Museum Peenemünde, shows a diorama of the Apollo 12 mission. The first moon landing 50 years ago is the subject of a special exhibition at the Historisch-Technisches Museum Peenemünde (HTM) on Usedom. The museum gave her the title “Race to the Moon. A lot of noise about a little step?“. Around 200 exhibits from Western and Eastern space travel will be on display. Furthermore, historical merchandising and promotional items, toys, title pages of newspapers, models and replicas are exhibited. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月18日
    長春博物館がプレオープン市内の新たなランドマークに

    18日、長春博物館で展示されている「長春第一墓」と呼ばれる同地区最古の墓の発掘状況を再現した立体模型(ジオラマ)と当時の写真。「国際博物館の日」を迎えた18日、中国吉林省長春市に新たに誕生した長春博物館がプレオープンした。中国国内で最も古い竜型の玉(ぎょく)と鳥型の玉など貴重な文化財約400点が展示されている。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月14日
    Structure of Playmobil exhibition

    14 May 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Playmobil collector Oliver Schaffer places a Playmobil figure in a diorama in the millennium tower in the Elbauenpark. The artist is currently setting up the Playmobil exhibition “20 Jahre Elbauenpark“ there, which will open on 18 May 2019. Thousands of Playmobil figures from the hamburger‘s collection can then be admired in eleven show landscapes. The exhibition lasts until 25 August 2019. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月14日
    Structure of Playmobil exhibition

    14 May 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Playmobil collector Oliver Schaffer places a Playmobil tree in a diorama in the millennium tower in the Elbauenpark. The artist is currently setting up the Playmobil exhibition “20 Jahre Elbauenpark“ there, which will open on 18 May 2019. Thousands of Playmobil figures from the hamburger‘s collection can then be admired in eleven show landscapes. The exhibition lasts until 25 August 2019. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月14日
    Structure of Playmobil exhibition

    14 May 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Playmobil collector Oliver Schaffer places Playmobil figures in a diorama in the Elbauenpark‘s Millennium Tower. The artist is currently setting up the Playmobil exhibition “20 Jahre Elbauenpark“ there, which will open on 18 May 2019. Thousands of Playmobil figures from the hamburger‘s collection can then be admired in eleven show landscapes. The exhibition lasts until 25 August 2019. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月14日
    Structure of Playmobil exhibition

    14 May 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Playmobil collector Oliver Schaffer places Playmobil figures in a diorama in the Elbauenpark‘s Millennium Tower. The artist is currently setting up the Playmobil exhibition “20 Jahre Elbauenpark“ there, which will open on 18 May 2019. Thousands of Playmobil figures from the hamburger‘s collection can then be admired in eleven show landscapes. The exhibition lasts until 25 August 2019. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月14日
    Structure of Playmobil exhibition

    14 May 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Playmobil collector Oliver Schaffer places a Playmobil chair in a diorama in the millennium tower in the Elbauenpark. The artist is currently setting up the Playmobil exhibition “20 Jahre Elbauenpark“ there, which will open on 18 May 2019. Thousands of Playmobil figures from the hamburger‘s collection can then be admired in eleven show landscapes. The exhibition lasts until 25 August 2019. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月14日
    Structure of Playmobil exhibition

    14 May 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Playmobil collector Oliver Schaffer places Playmobil figures in a diorama in the Elbauenpark‘s Millennium Tower. The artist is currently setting up the Playmobil exhibition “20 Jahre Elbauenpark“ there, which will open on 18 May 2019. Thousands of Playmobil figures from the hamburger‘s collection can then be admired in eleven show landscapes. The exhibition lasts until 25 August 2019. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年04月23日
    60年前の大島青松園を再現したジオラマ

    約60年前の大島青松園を再現したジオラマ。国立ハンセン病療養所大島青松園(高松市・大島)で、入所者が700人前後に上った約60年前の同園を再現したジオラマが完成した。瀬戸内海の離島も現場となった隔離政策の歴史を広く伝えようと入所者自治会が企画し、高松市のNPOが中心となり制作。大島も会場となる瀬戸内国際芸術祭2019(瀬戸芸)が開幕する26日から、同園社会交流会館で公開する。=2019(平成31)年4月23日、大島青松園=香川県高松市・大島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2019年04月06日
    「梅花の宴」再現ジオラマ 初の週末、にぎわう太宰府

    新元号「令和」の発表から初めての週末を迎え、来館者でにぎわう大宰府展示館。引用元の万葉集の歌が詠まれた「梅花の宴」を再現したジオラマを大勢の人が見入っていた=6日午前、福岡県太宰府市

    撮影: 6日午前、福岡県太宰府市

  • 2019年04月02日
    「梅花の宴」再現ジオラマ 令和ゆかりの地にぎわう

    新元号「令和」発表から一夜明け、出典の万葉集の歌が詠まれた「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマを見る人たち=2日午前、福岡県太宰府市の大宰府展示館

    撮影: 2日午前、福岡県太宰府市の大宰府展示館

  • 2019年04月02日
    「梅花の宴」を見る人たち 令和ゆかりの地にぎわう

    新元号「令和」発表から一夜明け、出典の万葉集の歌が詠まれた「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマを見る人たち=2日午前、福岡県太宰府市の大宰府展示館

    撮影: 2日午前、福岡県太宰府市の大宰府展示館

  • 2019年04月02日
    ジオラマ見る人たち 令和ゆかりの地にぎわう

    新元号「令和」発表から一夜明け、出典の万葉集の歌が詠まれた「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマを見る人たち=2日午前、福岡県太宰府市の大宰府展示館

    撮影: 2日午前、福岡県太宰府市の大宰府展示館

  • 2019年04月01日
    博多人形で再現の宴会 文学に親しみ自然をめでる

    新元号「令和」出典の万葉集の歌が詠まれた「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマ=1日午後、福岡県太宰府市

    撮影: 1日午後、福岡県太宰府市

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4