KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 研究センター
  • 上野動物園
  • 赤ちゃんパンダ
  • 繁殖研究
  • 保護研究
  • 野生動物
  • 研究基地
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 一般公開

「ジャイアントパンダ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
5,908
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
5,908
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:14.95
    2021年02月25日
    「新華社」夢中で竹を食べる野生パンダの映像公開甘粛省

    中国甘粛省の白水江国家級自然保護区はこのほど、赤外線カメラが捉えた野生のジャイアントパンダの貴重な映像を公開した。映像には夢中で竹を食べるパンダがはっきりと映っている。撮影日は2019年10月11日。映像から判断すると、パンダは体重約80キロの成体で、身体はがっちりしており、赤外線カメラから5メートル足らずの場所にいたと思われる。甘粛省南部に位置する同保護区は野生パンダの楽園として知られており、省内で確認された132頭のうち110頭が生息している。(記者/馬莎) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.10
    2021年02月23日
    Panda Life

    Two giant pandas play at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:09.35
    2021年02月23日
    Panda Life

    Two giant pandas play at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:20.96
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant pandas sleeps at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:08.35
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda eats bamboo at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:15.96
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda eats bamboo at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:40.38
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda plays at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:18.46
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda sleeps at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:20.66
    2021年02月23日
    「新華社」鄱陽湖でスナメリが頻繁に出現江西省

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)では、全面禁漁の措置を開始してから1年がたち、スナメリが頻繁に現れるようになった。スナメリは長江流域の生態環境を評価する「指標生物」で、「水中のパンダ」と呼ばれている。鄱陽湖のある江西省九江市都昌県の朱袍山水域ではこのほど、スナメリが楽しそうに水中から顔を出す姿が見られた。スナメリは数頭で水中の餌を捕ったり戯れたりしていた。長江スナメリは、世界のスナメリの中で唯一、淡水に生息する種で、現在確認されている個体数は約千頭。うち450頭ほどが鄱陽湖水域に生息している。(記者/彭菁) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.97
    2021年02月23日
    「新華社」国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽ばたくコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.16
    2021年02月23日
    「新華社」【パンダフル】好奇心旺盛だから何でも食べちゃう

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で暮らすジャイアントパンダは、毎日元気いっぱいで、好奇心も旺盛。おいしいものを見ると、すぐ手に取ってもぐもぐと食べてしまう。(記者/パンダフル蕭永航)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽を休めるコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖国家湿地公園管理センターで監視カメラが捉えた映像を映し出すモニター。水遊びをするコウライアイサの姿が映っている。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    14日、湖南省双牌県瀟水のほとりでコウライアイサの状況を観察するボランティアの劉寧波(りゅう・ねいは)さん。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖の水面から飛び立つ渡り鳥。(2020年9月19日撮影)中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/劉寧波)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で餌を探すコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽ばたくコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占めその間を川が流れる田畑が中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    湖南省双牌県に飛来した渡り鳥。(2020年9月19日撮影)中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/唐軍)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Panda Life Panda Life

    A giant panda sleeps at Beijing Zoo in Beijing, China, Feb 22, 2021.=2021(令和3)年2月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月22日
    Panda Life Panda Life

    A giant panda sleeps at Beijing Zoo in Beijing, China, Feb 22, 2021.=2021(令和3)年2月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月22日
    Panda Life Panda Life

    A giant panda sleeps at Beijing Zoo in Beijing, China, Feb 22, 2021.=2021(令和3)年2月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月22日
    Panda Life Panda Life

    A giant panda sleeps at Beijing Zoo in Beijing, China, Feb 22, 2021.=2021(令和3)年2月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月22日
    Panda Life Panda Life

    A giant panda sleeps at Beijing Zoo in Beijing, China, Feb 22, 2021.=2021(令和3)年2月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 00:39.92
    2021年02月22日
    「新華社」【パンダフル】おやつタイムを邪魔しないで

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダが午後のおやつを食べていたところ、別のパンダが突然目の前に現れた。おやつを食べていたパンダは「邪魔しないで」とやって来たパンダを追い払うと、再び午後のおやつタイムを楽しんでいた。(記者/パンダフル蕭永航)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.98
    2021年02月21日
    「新華社」【パンダフル】何をしようかな?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で暮らすジャイアントパンダは竹を食べたり、寝たりして、うらやましがられる生活を送っているが、何をすればいいのか悩むこともある。でも、悩んだ後はやっぱりぐっすり寝てしまう。(記者/パンダフル蕭永航、胥氷潔) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.40
    2021年02月20日
    「新華社」【パンダフル】眠れない時はどうすればいい?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、お昼寝タイムを過ごす2頭のパンダ。ぐっすりと眠っている1頭のそばで、もう1頭がなかなか寝付けない様子。木の上でもぞもぞと動き回ったかと思えば、こっそりと逃げ出しそうなそぶりも見せた。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.27
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.15
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:03.05
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:14.76
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:14.36
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:14.26
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:16.96
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.55
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:22.12
    2021年02月19日
    「新華社」【パンダフル】仲良しパンダは動作までそっくり

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で暮らす2頭のジャイアントパンダは大の仲良し。顔だけでなく、動作までそっくり。(記者/パンダフル蕭永航)=配信日:2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(下)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (7)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(中央)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.60
    2021年02月17日
    「新華社」丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(記者/崔力) =配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (8)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    Goddess Saraswati Puja on Basant Panchami in Kolkata, India

    February 16, 2021, Kolkata, West Bengal, India: An idol of Hindu goddess Saraswati inside a pandal on Basant Panchami festival in Kolkata. Saraswati is goddess of education, knowledge, music, culture and art. Saraswati Puja is celebrated to announce the arrival of spring and has been synonymous with young girls and women dressing up in the finest of yellow or golden sarees and other outfits and going out to meet their friends and family. People worship goddess Saraswati in their homes and academic institution. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    Goddess Saraswati Puja on Basant Panchami in Kolkata, India

    February 16, 2021, Kolkata, West Bengal, India: An idol of Hindu goddess Saraswati inside a pandal on Basant Panchami festival in Kolkata. Saraswati is goddess of education, knowledge, music, culture and art. Saraswati Puja is celebrated to announce the arrival of spring and has been synonymous with young girls and women dressing up in the finest of yellow or golden sarees and other outfits and going out to meet their friends and family. People worship goddess Saraswati in their homes and academic institution. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    Goddess Saraswati Puja on Basant Panchami in Kolkata, India

    February 16, 2021, Kolkata, West Bengal, India: An idol of Hindu goddess Saraswati inside a pandal on Basant Panchami festival in Kolkata. Saraswati is goddess of education, knowledge, music, culture and art. Saraswati Puja is celebrated to announce the arrival of spring and has been synonymous with young girls and women dressing up in the finest of yellow or golden sarees and other outfits and going out to meet their friends and family. People worship goddess Saraswati in their homes and academic institution. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 00:44.81
    2021年02月15日
    「新華社」春節休暇中に野生のパンダとばったり四川省雅安市

    中国四川省雅安市石綿県栗子坪郷拖烏山回廊区間の国道108号線で旧暦の1月2日に当たる13日、春節(旧正月)休暇中に親戚や友人を訪ねていた村民が1頭の野生のジャイアントパンダを発見した。偶然にも、昨年の旧暦1月12日(2020年2月5日)にも、野生のパンダが同市宝興県の民家に姿を現していた。同省宝興県林業局野生動物保護科の鄭従軍(てい・じゅうぐん)科長によると、春節前後には山が大雪に覆われることが多く、パンダの餌となる竹にも氷が張ることから、採食に困った野生パンダが食べ物を求めて山を下り活動している可能性が高い。(記者/張超群) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    ジャイアントパンダの永明 パンダ永明にバレンタイン

    バレンタインデーでプレゼントされたクッションを抱いて遊ぶジャイアントパンダの永明=14日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

    撮影: 14日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

  • 2021年02月13日
    (14)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、パンダ館でジャイアントパンダを見る来園者。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (6)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、竹を食べるジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/陳傑)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Demonstration against restrictions

    13 February 2021, Berlin: “Muzzle“ is written on breath protection mask of a demonstrator on Spandauer Straße. The demonstration against the Corona Lockdown is to go from the Red City Hall to the Chancellery. Photo: Annette Riedl/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Demonstration against restrictions

    dpatop - 13 February 2021, Berlin: “Muzzle“ is written on breath protection mask of a demonstrator on Spandauer Straße. The demonstration against the Corona Lockdown is to go from the Red City Hall to the Chancellery. Photo: Annette Riedl/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (10)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、果物を串に刺した「水果串」を食べるジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.66
    2021年02月13日
    「新華社」パンダの姉妹「七巧」「七喜」、新年を祝う内モンゴル自治区

    ジャイアントパンダの姉妹「七巧(チーチャオ)」と「七喜(チーシー)」が中国内モンゴル自治区オルドス市にやって来て4度目の春節(旧正月)を迎えた。現地では今年、「パンダと過ごす正月」をテーマに、さまざまなイベントが開催されている。イベント会場ではモンゴル族の民族衣装を着た市民らが「巧喜姉妹」と触れ合った。パンダ館では春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を書いたり、餃子を食べたりするなど、春節に欠かせない伝統的行事が行われた。(記者/恩浩) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、竹を食べるジャイアントパンダの「双欣(シュアンシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、果物を串に刺した「水果串」を食べるジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (11)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、竹を食べるジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.40
    2021年02月13日
    「新華社」モデル顔負けのパンダ、遊びながらポーズもばっちり陝西省

    中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターでは、ぽかぽかと暖かい日差しの中、パンダの「正仔(ジョンザイ)」が木の上でのんびりと遊びながら、撮影中のモデルのように次々とポーズを決めている。正仔は2019年生まれの雌のパンダ。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (8)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、パンダ館でジャイアントパンダを見る来園者。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (12)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、パンダ館でジャイアントパンダを見る来園者。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、竹を食べるジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (9)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、竹を食べるジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、パンダ館でジャイアントパンダを見る来園者。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、竹を食べるジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Demonstration against restrictions

    13 February 2021, Berlin: “The economy is dying“ is written on placards held by demonstrators on Spandauer Straße. The demonstration against the Corona Lockdown is to go from the Red City Hall to the Chancellor‘s Office. Photo: Annette Riedl/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、パンダ館でジャイアントパンダを見る来園者。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (13)パンダたちに春節のごちそう青海省西寧市

    12日、皿の中から食べ物を選ぶジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」。春節(旧正月)を迎えた中国青海省西寧市の青海チベット高原野生動物園のパンダ館では、ジャイアントパンダたちが新年の始まりを楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(西寧=新華社記者/張曼怡)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.75
    2021年02月12日
    「新華社」秦嶺の赤ちゃんパンダ4頭の名前が決定陝西省西安市

    中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前がこのほど、一般公募を経て「秦韻(チンユン)」「秦秀(チンシウ)」「秦美(チンメイ)」「秦華(チンホア)」に決まった。秦韻は8月17日生まれの雌、秦秀と秦美は同月22日生まれの雌の双子、秦華は10月11日生まれの雄。現在、同センターが飼育しているジャイアントパンダは32頭に上っている。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    Panda children

    12 February 2021, Berlin: The panda twins Pit and Paule have fun in the snow. They play in their outdoor enclosure at Berlin Zoo. Photo: Annette Riedl/ZB-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    Panda children

    12 February 2021, Berlin: The panda twins Pit and Paule have fun in the snow. They play in their outdoor enclosure at Berlin Zoo. Photo: Annette Riedl/ZB-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (3)秦嶺の赤ちゃんパンダ4頭の名前が決定陝西省西安市

    秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで暮らすパンダの(左から)秦美、秦華、秦韻。(資料写真)中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前がこのほど、一般公募を経て「秦韻(チンユン)」「秦秀(チンシウ)」「秦美(チンメイ)」「秦華(チンホア)」に決まった。(西安=新華社通信)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    Panda children

    12 February 2021, Berlin: The panda twins Pit and Paule have fun in the snow. They play in their outdoor enclosure at Berlin Zoo. Photo: Annette Riedl/ZB-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (1)秦嶺の赤ちゃんパンダ4頭の名前が決定陝西省西安市

    秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで暮らすパンダの秦韻。(資料写真)中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前がこのほど、一般公募を経て「秦韻(チンユン)」「秦秀(チンシウ)」「秦美(チンメイ)」「秦華(チンホア)」に決まった。(西安=新華社通信)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (2)秦嶺の赤ちゃんパンダ4頭の名前が決定陝西省西安市

    秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで暮らすパンダの秦秀。(資料写真)中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前がこのほど、一般公募を経て「秦韻(チンユン)」「秦秀(チンシウ)」「秦美(チンメイ)」「秦華(チンホア)」に決まった。(西安=新華社通信)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    Panda children

    12 February 2021, Berlin: The panda twins Pit and Paule have fun in the snow. They play in their outdoor enclosure at Berlin Zoo. Photo: Annette Riedl/ZB-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    Panda children

    12 February 2021, Berlin: The panda twins Pit and Paule have fun in the snow. They play in their outdoor enclosure at Berlin Zoo. Photo: Annette Riedl/ZB-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    Panda children

    12 February 2021, Berlin: The panda twins Pit and Paule have fun in the snow. They play in their outdoor enclosure at Berlin Zoo. Photo: Annette Riedl/ZB-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (3)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、「新居」で食事をする長隆野生動物世界のゴールデンターキン。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (2)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、春節(旧正月)前に「新居」に引っ越した長隆野生動物世界のゴールデンターキンの家族。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (6)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、「新居」で遊ぶ長隆野生動物世界のゴールデンターキン。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (8)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、「新居」で遊ぶ長隆野生動物世界のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (5)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、「新居」で食事をする長隆野生動物世界のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (7)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、「新居」で食事をする長隆野生動物世界のゴールデンターキン。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (1)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、春節(旧正月)前に「新居」に引っ越した長隆野生動物世界のゴールデンターキンの家族。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (4)秦嶺の「国宝」ゴールデンターキン、広東省で四世代同居を実現

    8日、「新居」で食事をする長隆野生動物世界のゴールデンターキン。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で暮らすゴールデンターキンは2009年と15年に秦嶺地区から相次いで導入されて以来、飼育と繁殖により、群れが拡大を続けている。20年末からこれまでにも、同パークでは13頭のゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生している。現在、同パークのゴールデンターキンの個体群数は既に60頭以上に達し、四世代同居を実現、秦嶺自然保護区を除いて、全国的にも大きな繁殖集団を形成している。ゴールデンターキンは国家1級保護動物で、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに秦嶺の「四大国宝」と呼ばれている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:20.03
    2021年02月10日
    「新華社」標高の低い区域で赤外線カメラがヒョウを撮影陝西省長青自然保護区

    国陝西省の長青国家級自然保護区管理局はこのほど、職員が赤外線カメラのデータを整理した際、標高1180メートルの落葉広葉樹林に設置した赤外線カメラが、ヒョウが活動する姿を写真と動画で捉えていたことを確認した。秦嶺山脈奥地に位置する同保護区の標高が低い区域でヒョウの映像が撮影されたのは、今回が初めて。同保護区では2008年以来、赤外線カメラで合計7回のヒョウの撮影に成功している。保護区の専門家が場所や標高、生息地を統計的に分析したところ、過去6度のヒョウの活動区域は標高1900メートル以上、最も高い所で約2400メートルだったのに対し、今回撮影されたヒョウの活動区域の標高はこれまでで最も低く、約1200メートルだった。専門家によると、標高が高い区域では真冬になると降水量が減少し、寒さと乾燥により植物が枯れるため、草食動物は温暖で餌が豊富な低地に移動し生息する。食物連鎖の頂点に立つヒョウも十分な餌を得るために、草食動物を追って移動するという。ヒョウは大型ネコ科動物に分類され、ジャイアントパンダと同じ地域に分布し、比較的過酷な環境に生存している。同保護区ではヒョウの活動の痕跡が数多く見つかっており、個体群は安定して増加しているとみられる。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    Red panda, Ailurus fulgens, winter, snow

    The Red panda enjoys snow during chilly winter day in their outdoor enclosure in Zlin zoo, Czech Republic, Wednesday, February 10, 2021. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Winter weather - Berlin

    09 February 2021, Berlin: A lesser panda, also known as a cat bear, walks through the snow at Tierpark Berlin. Photo: Kira Hofmann/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    今年初めて野生パンダを撮影四川省唐家河自然保護区

    唐家河国家級自然保護区老虎溝に設置された赤外線カメラが捉えた野生ジャイアントパンダの映像。(1月13日撮影)中国四川省唐家河国家級自然保護区老虎溝に設置された赤外線カメラがこのほど、ジャイアントパンダの映像を撮影した。同保護区で野生パンダの活動の様子が捉えられたのは今年初めてで、職員によって健康な成年の雄と判断された。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.63
    2021年02月07日
    「新華社」今年初めて野生パンダを撮影四川省唐家河自然保護区

    中国四川省唐家河国家級自然保護区老虎溝に設置された赤外線カメラがこのほど、ジャイアントパンダの映像を撮影した。同保護区で野生パンダの活動の様子が捉えられたのは今年初めてで、職員によって健康な成年の雄と判断された。岷山(みんざん)山系に位置する同保護区は、生態環境が良好で、1978年の設立から40年余りにわたる職員の保護活動により、ジャイアントパンダやキンシコウ、グーズー、カラニジキジなど希少動物の生息地となっている。この地域ではジャイアントパンダの活動の痕跡が何度も記録されており、昨年だけで野生パンダの様子が7回撮影された。(記者/張超群) =配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (6)白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    4日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で、新春あいさつイベントに参加する赤ちゃんパンダたち。中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(成都=新華社配信/張可凡)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (7)白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    4日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で、新春あいさつイベントに参加する赤ちゃんパンダ。中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(成都=新華社配信/陳居偉)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (5)白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    4日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で、新春あいさつイベントに参加する赤ちゃんパンダ。中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(成都=新華社配信/張可凡)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (8)白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    4日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で、新春あいさつイベントに参加する赤ちゃんパンダ。中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(成都=新華社配信/張可凡)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (3)白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    4日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で、新春あいさつイベントに参加する赤ちゃんパンダ。中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(成都=新華社配信/張可凡)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.94
    2021年02月06日
    「新華社」白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(記者/蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (9)白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    4日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で、飼育員に抱かれて記念撮影する赤ちゃんパンダたち。中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(成都=新華社配信/張可凡)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (4)白と黒の愛らしい「湯円」たちが新年のあいさつ四川省

    4日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で、新春あいさつイベントに参加する赤ちゃんパンダたち。中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「月」分娩室で4日、昨年生まれた赤ちゃんパンダによる新春のあいさつイベントが開かれた。同基地の職員は今回のイベントのテーマについて、南方の人々が年越しの時期に食べるもち米で作った団子「湯円(タンユエン)」に由来すると説明。ジャイアントパンダの見た目が、中からゴマ餡が出てきた湯円にそっくりなので、春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」に当たるこの日、全国の人々にとびきり愛らしい小年祝いの「湯円」を届けたいと考えたという。(成都=新華社配信/張可凡)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...