KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 屋外
  • 平成
  • 日本
  • 令和
  • 記者
  • アップ
  • 世界
  • 海口
  • きょうきん
  • じん

「ジンチョウゲ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  ジンチョウゲ
    2009年03月31日
    ジンチョウゲ

    キーワード:アップ、ジンチョウゲ、ジンチョウゲ科、ピンク、屋外、花、春、日本、複数、無人、葉、つぼみ、動植物メイン写真=2009(平成21)年3月、東京都新宿区、クレジット:MASAHIRO NAKANO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070312979

  •  ジンチョウゲ
    2009年03月31日
    ジンチョウゲ

    キーワード:アップ、ジンチョウゲ、ジンチョウゲ科、ピンク、屋外、花、春、日本、複数、無人、葉、つぼみ、動植物メイン写真=2009(平成21)年3月、東京都新宿区、クレジット:MASAHIRO NAKANO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070312872

  •  アカバナミツマタ
    2009年03月31日
    アカバナミツマタ

    キーワード:1輪、アカバナミツマタ、アップ、ジンチョウゲ科、屋外、花、公園、春、神代植物公園、日本、無人、動植物メイン写真=2009(平成21)年3月、東京都調布市、クレジット:MASAHIRO NAKANO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070312812

  •  ミツマタ
    2014年01月20日
    ミツマタ

    キーワード:アップ、ジンチョウゲ科、ミツマタ、屋外、午前中、枝、植物、冬、日本、無人、動植物メイン写真=2014(平成26)年1月20日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062609514

  •  ジンチョウゲ
    2014年04月07日
    ジンチョウゲ

    キーワード:ジンチョウゲ、ジンチョウゲ科、屋外、花、午前中、春、日本、無人、動植物メイン写真=2014(平成26)年4月7日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062605246

  •  ミツマタ
    2014年04月12日
    ミツマタ

    キーワード:オレンジ色、ジンチョウゲ科、ミツマタ、屋外、花、午前中、春、日本、無人、動植物メイン写真=2014(平成26)年4月12日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062605396

  •  ミツマタ
    2014年04月12日
    ミツマタ

    キーワード:オレンジ色、アップ、ジンチョウゲ科、ミツマタ、屋外、花、午前中、春、日本、無人、動植物メイン写真=2014(平成26)年4月12日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062605359

  •  ミツマタ
    2014年04月13日
    ミツマタ

    キーワード:アップ、ジンチョウゲ科、ミツマタ、屋外、花、午前中、春、日本、無人、動植物メイン写真=2014(平成26)年4月13日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062609405

  •  ジンチョウゲ
    2014年04月14日
    ジンチョウゲ

    キーワード:ジンチョウゲ、ジンチョウゲ科、屋外、花、午前中、春、日本、無人、動植物メイン写真=2014(平成26)年4月14日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062605129

  •  ミツマタ
    2016年03月22日
    ミツマタ

    キーワード:アップ、ジンチョウゲ科、ミツマタ、黄色、屋外、花、午前中、春、植物、冬、日本、無人、=2016(平成28)年3月22日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062705274

  •  黄色いミツマタの花
    2019年03月10日
    黄色いミツマタの花

    キーワード:ジンチョウゲ科、ミツマタ、黄色、屋外、花、午前中、三つ叉、枝、自然、春、植物、日本、風景、無人、木、ミツマタ属、動植物メイン写真=2019(平成31)年3月10日、埼玉県川越市、クレジット:Koutaro Makioka/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122101125

  •  花咲き乱れる夏の祁連山脈
    2019年06月17日
    花咲き乱れる夏の祁連山脈

    17日、祁連山国家級自然保護区に咲く狼毒花(ろうどくか、ジンチョウゲ科、StellerachamaejasmeLinn)。中国青海省北東部と甘粛省西部にまたがる祁連(きれん)山脈は、標高差が大きく、生物多様性に富んでおり、草原や氷河、河川など多彩な風景を楽しめる。6月に入り初夏を迎えた祁連山脈では、さまざまな花が咲き乱れる中を羊や馬の群れが行き交う童話の世界のような光景が広がる。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625451

  •  (9)希少植物の宝庫、海南熱帯植物園を訪ねて海南省儋州市
    2021年05月26日
    (9)希少植物の宝庫、海南熱帯植物園を訪ねて海南省儋州市

    17日、海南省儋州市の海南熱帯植物園で撮影したジンチョウゲ科の植物、土沈香(Aquilariasinensis(Lour.)Spreng.)の実。中国海南省儋州(だんしゅう)市にある海南熱帯植物園は、1958年の設立で、現在は中国熱帯農業科学院に所属している。園内には、40余りの国から集められた2600種以上の熱帯・亜熱帯植物が保存されている。また、ムクロジ科の植物、爪耳木(Otophoraunilocularis(Leenh.)H.S.Lo)やソテツ(蘇鉄)の一種、叉葉蘇鉄(CycasmicholitziiDyer)、フタバガキ科の植物、坡塁(HopeahainanensisMerr.etChun)など、絶滅の恐れがある希少な植物も栽培しており、熱帯植物資源の宝庫として知られている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052611138

  •  「新華社」1400年の歴史を持つ製紙技術貴州省丹寨県
    01:18.70
    2022年05月30日
    「新華社」1400年の歴史を持つ製紙技術貴州省丹寨県

    製紙術は、印刷術、火薬、羅針盤と並ぶ中国古代四大発明の一つ。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県石橋村では今も、伝統的な皮紙(ひし)の製紙技術が守られている。考証によると、同村では昔ながらの技術を完全に守った紙作りが1400年以上続いており、「中国古法造紙の里」として知られている。同村に住むミャオ族の先住民が漢民族の製紙技術を参考に、現地の豊富な資源であるジンチョウゲ、スギの根、澄んだ川の水を使って紙を作ってきた。製紙技術は唐代のものと一致し、古代の典型的な手工製紙法の一つとされている。その技術は職人の手によって代々受け継がれ、2006年には中国第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(記者/劉勤兵) =配信日: 2022(令和4)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053004712

  •  (1)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省
    2022年10月23日
    (1)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省

    胡喬匀さんの工房に並ぶ自作の沈香製品。(9月28日撮影)沈香(じんこう)はジンチョウゲ科の常緑樹で、通常は樹皮が傷ついた際に分泌された樹液が蓄積して樹脂となり、長い時間を経て香木になったものを指す。樹脂がついた木材は重く、水に沈むことからその名がついた。中国海南省に伝わる海南沈香文化の代表的無形文化遺産伝承者、胡喬匀(こ・きょうきん)さんは、主に海南島に居住するリー族の出身で、子どもの頃から沈香に親しんできた。リー族は沈香を薬材としていたが、子どもの頃に年長者に付いて山で採取し、徐々に理解を深めたという。胡さんの沈香製品は現在、米国や中東へも輸出されている。彼女は「製品を通じて文化を広めたい。世界に中国沈香文化の魅力を知ってほしい」と抱負を語った。(海口=新華社記者/李子越)= 配信日: 2022(令和4)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102306657

  •  (2)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省
    2022年10月23日
    (2)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省

    工房で「勾香(こうこう)」の作業を見せる胡喬匀さん。勾香とは原木から樹脂のない部分を取り除く作業を指す。(9月28日撮影)沈香(じんこう)はジンチョウゲ科の常緑樹で、通常は樹皮が傷ついた際に分泌された樹液が蓄積して樹脂となり、長い時間を経て香木になったものを指す。樹脂がついた木材は重く、水に沈むことからその名がついた。中国海南省に伝わる海南沈香文化の代表的無形文化遺産伝承者、胡喬匀(こ・きょうきん)さんは、主に海南島に居住するリー族の出身で、子どもの頃から沈香に親しんできた。リー族は沈香を薬材としていたが、子どもの頃に年長者に付いて山で採取し、徐々に理解を深めたという。胡さんの沈香製品は現在、米国や中東へも輸出されている。彼女は「製品を通じて文化を広めたい。世界に中国沈香文化の魅力を知ってほしい」と抱負を語った。(海口=新華社記者/李子越)= 配信日: 2022(令和4)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102306577

  •  (3)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省
    2022年10月23日
    (3)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省

    胡喬匀さんの工房。(9月28日撮影)沈香(じんこう)はジンチョウゲ科の常緑樹で、通常は樹皮が傷ついた際に分泌された樹液が蓄積して樹脂となり、長い時間を経て香木になったものを指す。樹脂がついた木材は重く、水に沈むことからその名がついた。中国海南省に伝わる海南沈香文化の代表的無形文化遺産伝承者、胡喬匀(こ・きょうきん)さんは、主に海南島に居住するリー族の出身で、子どもの頃から沈香に親しんできた。リー族は沈香を薬材としていたが、子どもの頃に年長者に付いて山で採取し、徐々に理解を深めたという。胡さんの沈香製品は現在、米国や中東へも輸出されている。彼女は「製品を通じて文化を広めたい。世界に中国沈香文化の魅力を知ってほしい」と抱負を語った。(海口=新華社記者/李子越)= 配信日: 2022(令和4)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102306575

  •  (4)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省
    2022年10月23日
    (4)沈香文化の伝承者「世界に魅力知ってほしい」海南省

    工房で「勾香(こうこう)」の作業を見せる胡喬匀さん。勾香とは原木から樹脂のない部分を取り除く作業を指す。(9月28日撮影)沈香(じんこう)はジンチョウゲ科の常緑樹で、通常は樹皮が傷ついた際に分泌された樹液が蓄積して樹脂となり、長い時間を経て香木になったものを指す。樹脂がついた木材は重く、水に沈むことからその名がついた。中国海南省に伝わる海南沈香文化の代表的無形文化遺産伝承者、胡喬匀(こ・きょうきん)さんは、主に海南島に居住するリー族の出身で、子どもの頃から沈香に親しんできた。リー族は沈香を薬材としていたが、子どもの頃に年長者に付いて山で採取し、徐々に理解を深めたという。胡さんの沈香製品は現在、米国や中東へも輸出されている。彼女は「製品を通じて文化を広めたい。世界に中国沈香文化の魅力を知ってほしい」と抱負を語った。(海口=新華社記者/李子越)= 配信日: 2022(令和4)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102306595

  •  「新華社」復旦大学の合格通知書に伝統的な手すき紙の「新開化紙」を採用
    01:23.72
    2023年06月29日
    「新華社」復旦大学の合格通知書に伝統的な手すき紙の「新開化紙」を採用

    中国上海市の復旦大学は、2023年度の合格通知書に中国の伝統文化と同校の研究成果を融合させた「新開化紙」を採用した。「開化紙」は浙江省開化県で明代に誕生した伝統的手すき紙の至宝で清代に栄えた。清代初期の貴重な書物の多くが開化紙に書かれ印刷されている。清代中期以降は、度重なる戦乱により道具や職人たちが失われた上、主要な原料であるジンチョウゲ科の植物アオガンピもだんだんと減っていき、その技術は消滅してしまった。しかし近年、復旦大学の研究チームが複数分野との共同研究を通じ、長らく失われていた開化紙の製造工程を復活させることに成功した。この工程で作られた紙は物理的にも化学的にも過去の開化紙に近く、保存寿命は千年を超えるという。復旦大学の2023年度の学部生合格通知書の内側には今回開発された「新開化紙」が用いられた。合格者名や選考などは同大学書画協会の学生が記した。(記者/潘旭、呉振東) =配信日: 2023(令和5)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023062909447

  • 1