KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ゴムタイヤ
  • 令和
  • 区間
  • 大手
  • 新交通システム
  • 比亜迪
  • 記者
  • 車両
  • 乗客
  • 延長

「スカイシャトル」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908048

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、「雲巴」の車内で電気設備のテストをする技術者。中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908097

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908114

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、「雲巴」の車内で各設備を点検する技術者。中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908060

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060907856

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908323

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908062

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908074

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、「雲巴」の自動運転システムを調整する技術者。中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908119

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908352

  • 01:04.92
    2021年04月16日
    「新華社」自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(記者/張海舟)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042003285

  • 2021年04月17日
    (1)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市璧山区の成渝(成都・重慶)高速鉄道駅に入る「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704372

  • 2021年04月17日
    (2)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市璧山区の成渝(成都・重慶)高速鉄道駅に入る「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704375

  • 2021年04月17日
    (6)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市の璧山区内を走行する「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704385

  • 2021年04月17日
    (9)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市璧山区の1号地下鉄駅で「雲巴」の車両に乗り込む乗客ら。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704390

  • 2021年04月17日
    (4)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市の璧山区内を走行する「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704383

  • 2021年04月17日
    (8)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市璧山区の沙坡駅に入る「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704389

  • 2021年04月17日
    (5)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市璧山区の成渝(成都・重慶)高速鉄道駅に入る「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704380

  • 2021年04月17日
    (7)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市の璧山区内を走行する「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704384

  • 2021年04月17日
    (10)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市の璧山区内を走行する「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704391

  • 2021年04月17日
    (3)自動運転の新交通システム「雲巴」、重慶市で運行開始

    16日、重慶市璧山区の成渝(成都・重慶)高速鉄道駅に入る「雲巴」の車両。中国重慶市の璧山(へきざん)区で16日、自動運転で専用の高架を走行する新交通システム「雲巴(スカイシャトル)」が実証路線での運行を始めた。ゴムタイヤ式の軽量軌道交通(LRT)で、総投資額は18億元(1元=約17円)。総延長15・4キロの区間に15駅が設けられた。中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)が独自の知的財産権を持つ中・少人数輸送向けの立体スマート交通システムで、地下鉄に比べて建設コストが抑えられ、工期が短いなどの利点がある。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704376

  • 1