KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • ネイチャー
  • 分析
  • 天文学者
  • 太陽系
  • 海外
  • 発見
  • 磁場
  • 記者
  • 距離

「スクエア・キロメートル・アレイ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:09.52
    2019年09月18日
    「新華社」ファーウェイ、AIトレーニングクラスター「Atlas900」を発表

    中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の年次イベント「HUAWEICONNECT2019」が18日、上海世博展覧館で開幕した。大会期間中、「インテリジェンスの新たな高みを共に創造する」をテーマに、人工知能(AI)とクラウドの最新製品・ソリューションの発表、AIとクラウド技術の応用法の共有、デジタル化転換の新たな実践が行われる。同社はまた、今大会でAIをベースにしたコンピューティング(データ処理)の全体的な戦略を初めて発表。超強力な計算能力を備えたAIトレーニングクラスター「Atlas900」を披露した。「Atlas900」はAIプロセッサー「Ascend910(昇騰910)」を数千個搭載した他、優れた冷却システムなどを備えている。このコンピュータークラスターは、天文探索や気象予測、自動運転、石油探査など、科学研究やビジネスイノベーションのインテリジェント化プロセスの加速に注力する。ファーウェイは今大会で、世界最大の天文装置であるスクエア・キロメートル・アレイ(SKA)電波望遠鏡プロジェクトの代表者を会場に招き、「Atlas900」の強力な計算能力を実演した。「Atlas900」は現在、10・02秒以内に20万個以上の星を探索し、その中の特定の星について分類や識別、測位ができるため、科学者とチームは通常の演算時間を大幅に短縮できる。ファーウェイがインテリジェントコンピューティング分野に投資して10年。同社はネットワーク事業や端末事業だけでなく、パブリッククラウド関連サービスまでカバーしている。胡厚崑(こ・こうこん)副董事長は「あらゆるシーンのインテリジェント化」は同社事業のインテリジェント化の基本的なニーズだと説明。同社の関連ビジネス戦略において、ハードウエアの開放とソフトウエアのオープンソースをサポートし、パートナーがより効率的にアプリケーションの開発や移行ができるよう支援していく考えを示した。(記者/狄春)<映像内容>華為技術の年次イベントの様子、撮影日:2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※再編集不可

    商品コード: 2019100403124

  • 2022年01月29日
    (2)銀河系で超強力な磁場を持つ天体を初めて発見

    銀河系で初めて発見された超強力な磁場を持つ天体のイメージ図。(上はトランジェントの画像、下はMWAのアンテナのイメージ図、資料写真)中国と海外の天文学者はこのほど、スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)低周波電波望遠鏡の天体観測データを分析し、銀河系で超強力な磁場を持つ新たな天体を初めて発見した。太陽系からの距離は約4200光年となる。研究成果は27日、国際学術誌「ネイチャー」(電子版)で発表された。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012907165

  • 2022年01月29日
    (3)銀河系で超強力な磁場を持つ天体を初めて発見

    27日、SKAエリアセンターのプロトタイプ制御室で作業する中国科学院上海天文台SKA研究チーム。中国と海外の天文学者はこのほど、スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)低周波電波望遠鏡の天体観測データを分析し、銀河系で超強力な磁場を持つ新たな天体を初めて発見した。太陽系からの距離は約4200光年となる。研究成果は27日、国際学術誌「ネイチャー」(電子版)で発表された。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012907166

  • 2022年01月29日
    (1)銀河系で超強力な磁場を持つ天体を初めて発見

    27日、記者会見で最新の研究成果を紹介する中国科学院上海天文台の張翔(ちょう・しょう)科学研究員。中国と海外の天文学者はこのほど、スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)低周波電波望遠鏡の天体観測データを分析し、銀河系で超強力な磁場を持つ新たな天体を初めて発見した。太陽系からの距離は約4200光年となる。研究成果は27日、国際学術誌「ネイチャー」(電子版)で発表された。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012907162

  • 2022年01月29日
    (4)銀河系で超強力な磁場を持つ天体を初めて発見

    27日、記者会見で最新の研究成果を紹介する中国科学院上海天文台の張翔(ちょう・しょう)科学研究員。中国と海外の天文学者はこのほど、スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)低周波電波望遠鏡の天体観測データを分析し、銀河系で超強力な磁場を持つ新たな天体を初めて発見した。太陽系からの距離は約4200光年となる。研究成果は27日、国際学術誌「ネイチャー」(電子版)で発表された。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012907188

  • 1