KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 選抜大会
  • 日本高野連
  • 甲子園球場
  • 感染拡大
  • 選考委員会
  • システム
  • 福島民報
  • 選抜育種
  • 高校野球

「スクリーニング」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
97
( 1 97 件を表示)
  • 1
97
( 1 97 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:39.95
    2021年01月15日
    「新華社」武漢市のCT搭載車、河北省で新型コロナ対策を支援

    中国河北省の新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、湖北省から送られたコンピューター断層撮影装置(CT)搭載車が13日、運用を開始した。この車両は全身のCTスキャンや造影CT検査に対応しており、迅速な胸部CTスクリーニング検査が可能で、1日平均200~300人分の検診・スクリーニングができる。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.01
    2021年01月15日
    「新華社」長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。遺跡は同研究所が2019年3月から2020年12月にかけ、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を実施。銅鋳造施設のために築かれた人工基礎の上で、銅鋳造に関わる各種遺構を発見した。人工基礎は灄水(長江の支流)の東岸沿いに平行に築かれており、南辺の長さは29・4メートル、東辺は40・8メートル。面積は約1100平方メートルで、独立した工房エリアを構成していた。同研究所の副研究員で、同遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める胡剛(こ・ごう)氏によると、遺構ではこれまでに炉台15基、るつぼ壁の残骸80点余り、土製鋳型120点余り、石製、銅製の工具類105点が出土。2つの境界溝と複数の大型灰坑の中からは大量の日用土器や印文硬質土器、炭化した植物種子、木炭、小動物の骨が見つかった。浮選法で選別した種子の放射性炭素年代測定値を年輪年代法で補正した数値は紀元前1401年~同1226年だった。同研究所の方勤(ほう・きん)所長は、出土した土製鋳型片から推測した器物の口径が25センチだったことから、同遺構では大型器物も鋳造されていたと指摘。銅くずの分析では銅と錫の合金(青銅)を精錬していたことも分かっており、遺構が少なくとも粗銅と合金の精錬、鋳型による鋳造を行う高い技術と生産能力を持っていたと説明した。方氏はまた、遺跡の位置づけについて「湖北省ではここ数年で最も重要な商代の考古学発見の一つといえる。紀元前1226年前後の商王朝による長江流域の統治と支配の実像を再現しており、殷墟文化第一期前後の青銅器鋳造活動の組織形態や原料の輸送ルートなど、青銅器時代の重要な学術的問題にとって大きな価値がある」と述べた。(記者/方亜東、喩珮) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.42
    2021年01月07日
    「新華社」電波望遠鏡「中国天眼」、4月から世界の科学界に向け開放

    中国貴州省にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は4月1日から、世界中の科学者による観測申請の募集を開始し、世界の科学界に向け正式に開放されることになった。中国科学院国家天文台「中国天眼」運営・発展センターによると、4月1日より各国の科学者はオンラインで国家天文台に観測申請が提出可能となる。申請されたプロジェクトは「中国天眼」科学委員会と時間配分委員会が審査し、プロジェクト選抜提案を提出。選ばれたプロジェクトには、8月1日より観測スケジュールが割り当てられるという。同センターの常務副主任でチーフエンジニアの姜鵬(きょう・ほう)氏によると、世界の科学界への開放初年は、全体の約1割の時間が国外の科学者に分配されるという。「中国天眼」は科学目標と関連の戦略計画に基づき、複数の優先・大規模プロジェクトが既に確定している。その中には多分野の科学目標のためのドリフトスキャンサーベイ、中性水素星雲サーベイ、銀河系偏光サーベイ、パルサーのタイミング観測、高速電波バースト観測などが含まれるが、観測申請はこれらの分野に限定されない。「中国天眼」は昨年1月11日に正式に稼働開始した。(記者/劉勤兵、楊焱彬、斉健) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.35
    2021年01月02日
    「新華社」瀋陽市、全市民対象の核酸検査開始

    中国遼寧省瀋陽市は12月31日から、全市民を対象とする新型コロナウイルスの核酸検査を市内9区域で実施し、スクリーニング検査も一段と強化している。遼寧省衛生健康委員会によると、省内では12月31日に新たに4人の感染が確認された。内訳は瀋陽市が2人、大連市が2人となっている。(記者/姜兆臣) =配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.61
    2020年12月04日
    「新華社」パンダの「ふん」で紙作り陝西省西安市

    中国陝西省西安市周至県起良村で、伝統的な製紙技術の継承者、劉暁東(りゅう・ぎょうとう)さんがパンダのふんを原料とした「パンダ紙」の製造を試みている。後漢の時代から製紙を生業としてきた同村は、秦嶺山脈北麓の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターに近くに位置している。ササの葉の混じったパンダのふんを選別し、水中で2回分離させてから、消石灰と混ぜ合わせて20時間以上煮沸し、叩いて繊維を細かくする。村特産の「蔡侯紙」の製紙過程には、浸す、蒸す、叩きほぐす、紙をすく、プレスする、乾かすなど36の大工程と、72の小工程があり、互いに密接につながっている。劉さんは3年間で数百回に及ぶテストを実施し、2017年に「パンダ紙」の制作に成功。現在のところ一般販売はしていないが、昨年は多くの中国駐在各国大使に贈られた。また、一部の書家や画家にも使用されている。(記者/李華、張博文、賀占軍)<映像内容>パンダのふんを原料としたパンダ紙の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.01
    2020年11月22日
    「新華社」薬用植物トウサイカチが「金のなる木」に貴州省畢節市

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市織金県猫場鎮では、村民たちが特産品のマメ科の薬用植物トウサイカチの実の収穫に追われている。「雪蓮子」とも呼ばれ、肝臓や目の調子を整え、美肌効果もあるとして、年に1度のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」でも各地から注文が殺到した。収穫したトウサイカチの実は、村の産業パークでさやを蒸し煮して皮を取り除き、乾燥させ、選別して包装するまでの全工程を行っている。村を挙げて産業チェーンの振興に力を入れ、栽培面積の拡大や加工場の建設に尽力。トウサイカチ産業が村民を貧困から脱却させ、収入を増やす切り札となっている。(記者/楊焱彬、陳嫱、周宣妮)<映像内容>貴州省畢節市の空撮、トウサイカチの実の加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.55
    2020年11月11日
    「新華社」収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン地区

    中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>ナツメの収穫の様子、選別の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.97
    2020年10月24日
    「新華社」ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(記者/丁磊、孫哲)<映像内容>ブランド羊の飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.01
    2020年09月14日
    「北海道新聞」剣淵特産めざしキヌア収穫開始 12月にも販売

    剣淵町内で特産化を目指している南米アンデス高原原産の穀類キヌアの収穫が始まった。今年、けんぶちキヌア生産普及組合(高橋朋一組合長)の所属農家5戸が約7ヘクタールに作付けした。収量は昨年より5トン多い約15トンを見込む。同組合はキヌアの洗浄や選別、乾燥を行う機械を10月中に導入。約1800万円かけて町内にキヌア調製センターを整備。袋詰めも町内の障害者施設「剣淵北の杜(もり)舎」に委託する計画。商品化まで町内で一貫生産する。道の駅絵本の里けんぶちや、全国各地のデパートなどで12月中の販売を目指す。<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年9月14日、撮影場所:北海道剣淵町、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年9月14日、北海道剣淵町

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.13
    2020年09月09日
    北朝鮮 正恩氏、台風復旧に軍投入 平壌党員1万2千人も出発

    北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は8日、平壌(ピョンヤン)で党中央軍事委員会拡大会議を主宰し、台風9号で大きな被害が出た東部咸鏡南道(ハムギョンナムド)の鉱山地区の復旧作業に軍部隊を投入することを決めた。朝鮮中央通信が9日伝えた。 一方、平壌の錦=(糸ヘンに肅)山(クムスサン)太陽宮殿広場では8日、咸鏡南道、咸鏡北道(ハムギョンプクト)での台風被災地復旧に当たるため平壌の党員1万2千人により結成された「最精鋭首都党員師団」の決起大会が開かれ、列車などで現地へ出発した。 朝鮮中央通信によると、同鉱山地区では住宅2千戸以上が倒壊したり、浸水したりしたほか、道路や橋、鉄道が寸断される深刻な被害が出た。 <映像内容>平壌市の錦=(糸ヘンに肅)山太陽宮殿広場で開かれた「最精鋭首都党員師団」の決起大会の様子。志願者の中から選抜された党員1万2千人のほか、平壌市の各機関や工場関係者らが参加。市内を行進し、沿道の市民が声援を送った、撮影日:2020(令和2)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月9日

  • 00:59.24
    2020年09月04日
    「新華社」青海チベット高原最大のクコ取引センター、試験運用開始

    中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州のゴルムド(格爾木)市で、クコ取引センターの加工場が試験運用に入った。同センターでは乾燥や色つやの選別など幾つかの工程を経て箱詰めされた新鮮なクコを、インターネットや実店舗を通して全国各地で販売している。センターは青海チベット高原最大のクコ取引市場として、3万トンの年間取引量を見込む。チャイダム盆地に位置する同自治州は中国で2番目の規模を持つクコ栽培地で、世界で最も標高の高い広域クコ栽培地域でもある。ここ数年は競争優位性の高い特色ある産業として、クコ産業を重点的に育成している。(記者/趙玉和)<映像内容>クコ取引センターの加工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.44
    2020年09月03日
    「新華社」モンゴル族のオルティンドー、時を超え歌い継がれる大自然の響き

    中国のモンゴル族には「オルティンドー」と呼ばれる独特の民謡が伝えられている。モンゴル語で「長い歌」を意味し、息の長い発声や高音を強調する特徴を持つ。2005年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第3回「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」リストに加わり、06年には国務院により第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。オルティンドーの伝承者、阿拉坦其其格(アラタン・チチゲ)さんは、ふるさとの内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗で、夏休み中の20日間を利用して子どもたちのためにオルティンドーの無料講座を開講している。オルティンドーは、北方の草原で生きる遊牧民の労働から生まれ、モンゴル族の人々が歴史・文化や道徳・習慣、哲学・芸術について抱く心境を、独自の言語によって表現している。ゆったりと長い旋律で明るくおおらかな境地を歌い上げ、「草原音楽の生きた化石」と呼ばれる。アラタン・チチゲさんは毎年夏休み前になると、各小中学校でオルティンドーに関する広報活動を行う。その際、声が向いている子どもを選抜し、無形文化遺産の伝承拠点で行う20日間の無料講座に招待する。これまでに青海省や甘粛省、内モンゴル自治区の赤峰市や包頭市などに8カ所の伝承拠点を設立、過去12年間で合計約千人の子どもたちを指導してきた。<映像内容>モンゴル族の民謡「オルティンドー」を歌う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.96
    2020年08月16日
    「新華社」第1回浙江省技能競技大会、寧波市で開幕最高賞金8万元

    中国の浙江省人民政府が主催する第1回浙江省技能競技大会は16日、同省寧波市で開幕した。卓越した技能を持つ384人の精鋭が一堂に会し、各業界の最先端の技を披露している。同大会は、原則として2年に1回の開催。同省経済と社会発展のために優秀な人材を育成し、国際技能競技大会と中国技能競技大会の参加選手として選抜するため、開催時期は両大会に合わせて設定される。今大会には省内選抜種目と国際大会への出場資格を懸けた種目が組み込まれた。浙江省で重要性の高い、あるいは人材が不足している職業(職種)に焦点を当てており、デジタル経済、現代型サービス業、先進製造業の三大分野にわたる計30種目で競われる。今回は省内11地区・市と省レベルの機関から計約1500人の参加申し込みがあり、選抜を経て最終的に384人が出場した。労働者が広く参加できるよう、手厚い奨励金制度を設ける。優秀な成績を収めた選手には最高で8万元(1元=約15円)の奨励金が贈られる。(記者/顧小立)<映像内容>第1回浙江省技能競技大会の様子、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:15.50
    2020年07月29日
    Cinema on the canals: Venice film lovers attend ‘boat-in‘ screening

    A group of film lovers in Venice, Italy organise a ‘barch-in‘ (a play on words for the Italian word for boat ‘barca‘) cinema screening -- the first in the city‘s history. Many cinemas are still closed as part of remaining restrictions to limit the spread of coronavirus, with outdoor screenings becoming increasingly more popular. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年7月29日、撮影場所:イタリア・ベネチア、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:15.91
    2020年06月23日
    「新華社」海豊鎮遺跡で出土の磁器、修復作業始まる河北省黄驊市

    中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡から出土した磁器の修復作業がこのほど、正式に開始された。作業が完了すると、百点余りの磁器が本来の姿を取り戻す。同省文物保護センターの専門家チームは出土磁器の破片を選別し、精巧で美しい100点余りの磁器を修復する予定で、関連の作業は今年末までかかる見通し。磁器片を整理する過程で、専門家は定窯や磁州窯、井陘(せいけい)窯だけでなく、景徳鎮窯や耀州窯、竜泉窯などさまざまな窯で作られた磁器があることを発見した。多様な磁器が集められていた状況から、専門家は海豊鎮遺跡の出土磁器は海外輸出用だったと推測した。これまでに東アジア地域に伝わり出土した磁器と、同遺跡の出土磁器の間に高い類似性が見られることも、この推測を裏付けている。同遺跡は中国の金・元代に関する重要な考古学発掘プロジェクト。2000~2017年にかけて、考古学関係者は合わせて5回の発掘調査を実施し、大量の磁器を発見。2006年には第6次全国重点文物保護単位に指定された。(記者/駱学峰)<映像内容>海豊鎮遺跡から出土した磁器の修復作業、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.84
    2020年06月10日
    空撮 選抜代替、交流試合を甲子園で開催 高野連

    日本高校野球連盟は10日、ウェブ会議で理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で開催が中止された今年春の選抜大会に出場予定だった32校を招待し今夏、阪神甲子園球場で交流試合を行うことを決めた。<映像内容>春の選抜大会に出場予定だった32校による交流試合が、夏に行われることが決まった阪神甲子園球場の空撮、撮影日:2020(令和2)年6月10日、撮影場所:兵庫県西宮市

    撮影: 2020(令和2)年6月10日

  • 01:22.24
    2020年06月10日
    「甲子園、本当にうれしい」明石商の狭間監督

    日本高野連は10日、新型コロナウイルスの影響で中止になった春の選抜大会に出場予定だった32校を招待し、8月に阪神甲子園球場で交流試合を開催することを決めた。招待が決まった明石商(兵庫)の狭間善徳(はざま・よしのり)監督が10日、兵庫県明石市の同校グラウンドで取材に応じ、「甲子園で試合ができることは、本当にうれしい。明石商の名に恥じないような試合をしたい」などと話した。<映像内容>有力選手の中森俊介(なかもり・しゅんすけ)投手を含む選手の練習風景、取材に応じる狭間監督。撮影日:2020(令和2)年6月10日、撮影場所:兵庫県明石市

    撮影: 2020(令和2)年6月10日

  • 01:30.99
    2020年06月09日
    「新華社」京東集団、河北省でスマート物流基地の運用開始

    中国ネット通販大手の京東集団(JDドットコム)が河北省廊坊経済技術開発区に建設していた物流基地「亜洲1号」がこのほど完成し、運用を始めた。大型商品を対象とし、立体自動倉庫システムを応用したスマート物流基地で、アジア地域の電子商取引(EC)業界では初となる。京東集団の華北地区の重要拠点となる同施設は、自動認識やデータマイニング、人工知能(AI)の技術を用い、家電製品など大型商品のオートメーション化された保管と選別の一体化を実現した。従来の平置き保管と比べて作業効率は4倍以上になり、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域と華北地区における大型商品の物流効率を大きく向上させた。(記者/張碩)<映像内容>運用を始めたJDドットコムのスマート物流基地の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.40
    2020年06月04日
    「新華社」内モンゴル自治区で海水稲試験栽培プロジェクト始まる

    中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは4日、内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗で海水稲試験栽培プロジェクトを開始した。当日は作業員らが独貴塔拉鎮にある千ムー(約67ヘクタール)のアルカリ土壌稲作改良モデル水田で田植えを行った。同センターは今回のプロジェクトで、水稲品種181種類の試植を行い、アルカリ土壌の改良、耐アルカリ水稲品種の選別、高生産技術の研究を実施する。地元の重度アルカリ土壌での栽培に適し、生産量が多く、味の良い水稲品種の選抜育種を行い、大規模栽培に向けた基礎を築く。黄河沿岸部には現在、40万ムー(約2万6667ヘクタール)近くのアルカリ土壌が広がっており、土壌改良の難しさなどが農業収益の向上と農民の増産増収を長年にわたり制約してきた。地元では栽培産業の構造調整や品質・収益力の向上に向け、同センターと共同で10万ムー(約6667ヘクタール)海水稲全産業チェーン運営プロジェクトを計画、実施する。プロジェクトは2025年までの完了を見込む。(記者/恩浩)<映像内容>海水稲試験栽培プロジェクトの様子、撮影日:2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.41
    2020年05月21日
    「新華社」企業の資金調達問題解決に、「金融顧問」提携システム導入河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲(かんたん)市の金融各部門は共同で今年2月初め、「金融顧問」包括提携システムを立ち上げ、新型コロナウイルスの影響で市場活動、資金繰り、生産工程などに困難が生じた多くの中小・零細企業の資金調達を支援している。銀行、保険、証券などの分野から選抜された168人の「金融顧問」が全面的に支援し、一企業一戦略のサービスを提供、企業の資金調達問題を解決している。医薬品メーカーの邯鄲製薬で財務を担当する宋麗平(そう・れいへい)氏は、資金繰りが厳しい時期に「金融顧問」が積極的に資金調達に問い合わせてくれ、銀行との間で2100万元(1元=約15円)の信用貸付に合意したと説明。同市はこれまでに、2003社の企業について融資の更新や期限延長で合計2200件の業務を担当し、433億元の返済期日を延長し、中小零細企業の資金調達問題を効果的に緩和している。(記者/岳文婷)<映像内容>企業の資金調達を支援する「金融顧問」提携システムを導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.84
    2020年05月20日
    空撮と地上写 夏も「聖地」に球音響かず 高校球児に無念の思い

    新型コロナウイルス感染拡大のため、日本高野連は20日、夏の甲子園大会の中止を決断した。今春の選抜大会もコロナ禍で中止となっており、戦後初めて春夏連続で「聖地」から球音が響かないことになった。最大の目標を奪われた高校球児だけでなく、監督や関係者には無念の思いがにじんだ。<映像内容>日本高野連の外観。オンラインで行われた記者会見に参加する担当記者。大会中止の決定を受けて取材に応じる神戸国際大付属高野球部の青木尚龍(あおき・よしろう)監督、撮影日:2020(令和2)年5月20日、撮影場所:大阪府

    撮影: 2020(令和2)年5月20日

  • 00:51.05
    2020年05月15日
    空撮 夏の甲子園、中止へ 高野連、20日にも発表

    8月10日に開幕する予定だった第102回全国高校野球選手権大会(甲子園球場)が中止の方向で検討されていることが15日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、史上初めて中止となった3月の第92回選抜大会に続き、開催困難との見方が広がっていた。日本高野連は20日に運営委員会を開いて開催可否などを協議する。<映像内容>甲子園球場の空撮、撮影日:2020(令和2)年5月15日、撮影場所:兵庫県西宮市

    撮影: 2020(令和2)年5月15日

  • 01:12.03
    2020年04月04日
    「新華社」アヒルの卵に見る中小企業の操業再開供給網全体の復活支援進む

    中国江西省にあるアヒルの卵の加工メーカー、瑞昌市溢香農産品では、各地の飼育場から続々と運ばれてくるアヒルの卵の選別や洗浄、加工、包装、発送が行われている。同社は年間1億個以上の卵を加工しており、全国でも五指に入る規模を誇る。製品は全国20以上の省(自治区、直轄市)で販売されるだけでなく、日本や韓国、東南アジア、アフリカなどへも輸出されている。同社は2月13日に春節(旧正月)休暇明けの操業再開を決定し、従業員190人も職場に復帰したが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により原材料の供給が打撃を受け、飼料の価格が上昇したほか、一部の飼育農家の資金繰りが悪化し、飼料や卵などの流通が支障をきたすようになった。同社は「操業再開は一企業の問題ではない」ことに気付いた。顧客からの注文を抱える同社は、座して死を待つわけにいかなかった。自社の資金も切迫する中、飼育農家の窮地を救うため農家に対し300万元(1元=約15円)以上を無利子で貸し付けたほか、地元政府と協議し、検疫措置で各地域の往来が分断される中で農家が飼料などの物資を仕入れられるよう交通ルートを確保した。同社は川下の販売会社に対しても、売掛金回収期間の延長や発注量より多めの商品を納入するなどの措置を取り、資金繰りを支援した。他社との共生を図る取り組みは実を結び、現在ではネットの注文だけでも1日1万件を超え、2月の売上高は前年同月比60%増の1500万元近くに達した。突如起こったウイルスの感染の影響を受け、中国の企業は現在、厳しい試練に直面している。中小企業は大企業と比べ危機管理能力が低く、影響も大きい。資金繰りとサプライチェーンの二重の圧力にさらされ、多くの企業が「操業は再開したいが、感染拡大のリスクは犯せない」というジレンマに陥っている。中国工業・情報化部はこのほど、サプライチェーン全体の操業再開を当面の活動の重点にすると表明。企業の現実的な問題を解決し、省内の問題と地区・部門を跨ぐ問題の解決を進める方針を打ち出した。(記者/呉鍾昊、鄔慧穎、余賢紅、郭傑文)<映像内容>アヒルの卵の加工工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.87
    2020年04月02日
    「新華社」中国の新型肺炎AI診断技術、日本の病院を支援

    中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の医療サービス企業「阿里健康」は3月31日、日本の医療IT企業「日本ブレーン」が新型コロナウイルスによる肺炎に関する中国の人工知能(AI)診断技術サービスを日本国内の病院に提供することを明らかにした。医師がCT画像診断を通じて新型肺炎のスクリーニングが迅速にできるようサポートする。この技術は阿里健康が阿里雲(アリババクラウド)、達摩院(DAMOアカデミー)と共同で開発。既に中国の170近い病院で導入されている。1回のCT画像診断が20秒ででき、結果の正確度は96%に達する。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>新型肺炎のAI診断技術、CT画像診断など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.04
    2020年03月27日
    「新華社」空港の水際対策を強化福建省福州市

    新型コロナウイルスの世界での感染拡大に伴い、中国では国外からのウイルス流入防止が感染対策の最優先課題となっている。空港はその最前線の役割を担っている。福建省福州市の長楽国際空港で3月27日夜、税関職員60人余りが万全の態勢で見守る中、一機の国際旅客便が到着した。職員数人が機内に入り、乗務員への聞き取りや乗客全員の体温測定と健康申告書の確認、さらなる一斉検査などの機内検疫を実施した。同空港税関は現在、感染予防・抑制重点国家(地域)からの全到着便に対し機内検疫を実施している。機内検疫を終えた乗客はマスクを着用して飛行機を降り、幾つかのグループに分かれ入国審査場へ向かう。入国審査場では税関職員14人が入国者の体温を再度測定。健康状態を自発的に申告するよう指導し、疫学調査を行う。入国者はその後、サンプル採取室で喉から検体を採取する。これがウイルス核酸検出の重要なステップになる。機内検疫で体温に異常が見られた乗客は、その他の乗客が飛行機を降りた後、陰圧臨時隔離室前にある専用調査エリアに案内され、疫学調査や医学的調査、検体採取を行う。実際には空港もウイルス流入防止の前線の一つにすぎない。空港でのスクリーニング検査から専用車による送迎、さらに指定ホテルでの隔離や社区(コミュニティー)における健康管理まで、同省では多くの部門が共同で任務に当たっており、共に地元住民の安全を守っている。(記者/陳旺)<映像内容>空港の水際対策の様子、撮影日:2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:01.35
    2020年03月17日
    「新華社」大興安嶺地区でクロテンやクズリなど希少動物の撮影に成功黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中林業局は17日、同林業局が先ごろ、管内の赤外線カメラで国家1級重点保護動物のクロテンやクズリなど希少動物の撮影に複数回成功したことを明らかにした。同林業局は1月6日から今月6日にかけ、管内の大西溝管護区58号線区域に赤外線カメラ60台を設置。2カ月間にわたる野生動物の科学モニタリングを実施した。撮影した画像の整理・選別を行ったところ、野生動物の行動を捉えた貴重な映像が数多く含まれていることが分かった。クロテンはごく限られた環境に生息する動物で、標高800~1600メートルの針広混交林や亜寒帯の針葉樹林を好み、げっ歯類や鳥類、松の実などを食べる。(記者/馬暁成)<映像内容>大興安嶺地区の野生動物の様子、クロテンやクズリなど、撮影日:2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.59
    2020年03月14日
    「新華社」京津冀、連携作戦で新型肺炎に立ち向かう

    中国北京市通州区の白廟南総合検査ステーションは、川を挟んで河北省三河市の燕郊鎮と接しており、同市から北京に入る車両の大半がここを通過する。ここで勤務する三河市公安局102国道連合勤務警務ステーション責任者の李貴賓(り・きひん)氏は「燕郊警察を北京警察チームに編入し、共同で職務執行に当たることで、検査の重複を減らし、車が北京市内に入る際の所要時間短縮を図っている」と述べ、毎朝ピーク時に北京に入る車両は5600台余りと、通行量が通常時の約8割まで回復していると説明した。警察チームは乗客一人一人の体温を測定し、登録情報を確認している。新型コロナウイルスの感染予防・抑制の厳重な警戒態勢に基づき、整然と人の移動を誘導する革新的な方式が次々と実施されている。京張高速鉄道の懐来駅では全自動サーモグラフィー体表温度スクリーニングシステムを使用することで、旅客の検温と登録の時間を10秒余りから約1秒に短縮した。白廟南総合検査ステーションは京津冀(けいしんき、北京市・天津市・河北省)合同予防・抑制の縮図の一つになっている。これまでに京津冀では衛生健康や公安、交通などの部門が、新型肺炎の連絡メカニズムやリスク管理・制御合同メカニズムなどのシステムを確立し、部門間で1日2~3回の情報交換を保ち、同ウイルスの感染拡大を厳格に抑制してきた。(記者/張碩)<映像内容>自動車に乗っている人に新型肺炎の検査をする様子、検査場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:36.02
    2020年03月11日
    空撮 被災地の磐城高の反応 センバツ中止、悔しさ胸に

    東日本大震災から9年となった11日、中止が決まった選抜高校野球大会には、震災で多くの部員が避難を余儀なくされた学校もある。21世紀枠で46年ぶりの出場が決まっていた福島県いわき市の県立磐城高。取材に応じた木村保監督は厳しい表情で「中止は残念だが、やむを得ない。主催者側が夢の実現のため最後まで準備していただいた」と悔しさをにじませた。<映像内容>学校外観、木村保監督の囲み、次に阿部武彦校長の囲み取材、撮影日:2020(令和2)年3月11日、撮影場所:福島県いわき市

    撮影: 2020(令和2)年3月11日

  • 02:04.19
    2020年03月11日
    空撮と地上撮 抜高校野球大会は史上初の中止 高野連会見

    日本高野連は11日、大阪市内で臨時運営委員会を開き、第92回選抜高校野球大会の中止を決めた。選抜大会で、予定されていた大会が中止になるのは初めて。日本高野連などは同日、記者会見して正式に発表した。<映像内容>高野連による記者会見。並びは齊藤善也・毎日新聞大阪本社代表(向かって左側)、丸山昌宏・毎日新聞社長(中央)、八田英二・日本高野連会長(右側)。※臨時運営委員会の映像はありません、撮影日:2020(令和2)年3月11日、撮影場所:大阪市

    撮影: 2020(令和2)年3月11日

  • 34:21.99
    2020年03月11日
    ●ノーカット版●選抜高校野球大会は史上初の中止 高野連会見

    日本高野連は11日、大阪市内で臨時運営委員会を開き、第92回選抜高校野球大会の中止を決めた。選抜大会で、予定されていた大会が中止になるのは初めて。日本高野連などは同日、記者会見して正式に発表した。<映像内容>高野連による記者会見の冒頭10分(冒頭発言)。並びは齊藤善也・毎日新聞大阪本社代表(向かって左側)、丸山昌宏・毎日新聞社長(中央)、八田英二・日本高野連会長(右側)、撮影日:2020(令和2)年3月11日、撮影場所:大阪市内

    撮影: 2020(令和2)年3月11日

  • 01:29.12
    2020年03月11日
    空撮 智弁和歌山高の反応 センバツ中止「夏は甲子園に」

    選抜高校野球大会の中止が決まり、和歌山市の智弁和歌山高の野球部の中谷仁監督は残念そうな表情を浮かべ「夏は絶対に甲子園行かないと行けないと、みんなと確認した」などと話した。<映像内容>中谷仁監督の囲み取材(カメラマイク)、撮影日:2020(令和2)年3月11日、撮影場所:和歌山市

    撮影: 2020(令和2)年3月11日

  • 02:22.30
    2020年03月04日
    選抜大会、無観客開催へ 11日に最終結論 開会式中止

    日本高野連は4日、新型コロナウイルスの感染拡大の中、大阪市で第92回選抜高校野球大会の運営委員会と臨時理事会を開き、兵庫県西宮市の甲子園球場で19日から予定されている選抜大会の通常開催を断念し、出場校に無観客での実施に向けて準備を要請することを決めた。開催の可否は11日の臨時運営委員会で最終結論を協議。無観客での開催を決定した場合でも、その後の状況によっては中止となる可能性がある。開会式は行わず、スタンドでの家族や応援団による応援も認めない。無観客での開催は春夏の甲子園大会を通じて初めて。<映像内容>高野連による記者会見。向かって左から齋藤善也・毎日新聞大阪本社代表、丸山昌宏・毎日新聞社長、八田英二・日本高野連会長、撮影日:2020(令和2)年3月4日、撮影場所:大阪市西区の日本高野連

    撮影: 2020(令和2)年3月4日

  • 02:06.22
    2020年03月02日
    「AFP」Coronavirus: Temperature checks in Taiwan metro

    Taipei Metro begins screening commuters for fever symptoms at a pilot location inside the downtown train station. Passengers with a body temperature of 38 degrees or higher will be turned away, in an effort to contain any potential spread of the coronavirus. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年3月2日、撮影場所:台湾・台北、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:26.44
    2020年02月22日
    「新華社」企業の操業再開に伴いウイルス対策強化福建省福州市

    労働者の職場復帰が本格化する中で、中国福建省福州市は陽性と診断された人との濃厚接触者など高リスクの人に対し、あらかじめ新型コロナウイルスの核酸検査を実施し、隔離終了前にさらにスクリーニング検査などを行うことで「地雷」となる無症状感染者を見逃す可能性を低減する。同市は現在、感染者の発見や隔離、診断、治療をより早くするため、ウイルス核酸検査の範囲を拡大し、職場復帰のために他省から市内へ入る人も無料検査の対象に含めている。(記者/郭圻)<映像内容>新型コロナウイルスの核酸検査を実施する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:52.02
    2020年02月20日
    「新華社」野菜購入の新戦略!ガソリンスタンドに箱入り野菜

    中国北京市のガソリンスタンド300カ所余りがこのほど、市民の外出や集まりを減らすため、野菜の販売サービスを開始した。野菜は全て箱売りで、重さは各7キログラム前後。トマトやサヤインゲン、ニンジン、ブロッコリーなど10種類以上が入っており、3人家族の3日分として十分な量だ。野菜は全て首農集団傘下の首農農場と市内昌平区小湯山鎮近くの野菜専門生産拠点で収穫し、品質や鮮度など一連のスクリーニング検査を経て、箱に詰められガソリンスタンドへ配達される。(記者/張超)<映像内容>ガソリンスタンドで野菜の販売サービスを開始、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.11
    2020年02月12日
    「新華社」銅川市で便利な野菜宅配サービス始まる陝西省

    中国陝西省銅川市商務局は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自宅で過ごす市民に野菜を供給するため、ネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流と提携しオンラインの野菜宅配サービスを開始した。市民からの注文に対して政府が仕入れを担当し、京東物流が配送を行う。感染拡大により農家が出荷できない在庫野菜を適正価格で市民に届ける。同市が管轄する都市部と農村部の全てをカバーしている。同サービスでは、商務局が近隣で仕入れた各種野菜を配送センターへ輸送し、スタッフが選別や包装、箱詰めを行う。その後、京東物流が市民のもとに配達する。商品はAセットとBセットに分かれており、それぞれ適正価格の野菜が10種類以上入っている。価格は50~70元(1元=約16円)で、3人家族が3日間生活するのに十分な量だという。(記者/李亜楠、姜辰蓉)<映像内容>野菜宅配サービスの梱包、配送の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.83
    2020年02月12日
    「新華社」新型肺炎感染の予防・抑制活動支援に、新型ロボット導入福建省莆田市

    中国福建省莆田市の病院がこのほど、新型のロボットを導入した。院内感染の予防、発熱外来のスクリーニング、隔離病室の消毒などに用いる。消毒ロボットは、超微粒ドライミストの消毒液を噴射し、空気と周囲の物を全面的に消毒する。無人の環境下で、消毒液に強い紫外線を照射し、消毒液の分解を加速することが可能になっている。また、周囲の物や空気に対して自律移動しより多くの位置取りで消毒できるだけでなく、医療スタッフに代わり隔離エリアでの消毒作業もできる。今回導入されたロボットは、病院での消毒や感染予防に加えて、発熱外来の体温セルフ測定、予備検査やトリアージ、感染の疑いのある患者の報告や個人防護対策の教育・普及を行うことができる。(記者/林善伝)<映像内容>新型肺炎の予防対策にロボットを導入、消毒する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.26
    2020年01月31日
    「新華社」外国人ボランティア、地域の感染予防活動に活躍成都市

    中国成都市武侯区の桐梓林社区(コミュニティー)に住む26歳のフランス人青年、トマ・デショールさんは1月31日午前、防護マスクを付け、外国人住民が多く暮らしている住宅を訪ねて訪問調査を行う社区のスタッフをサポートした。デショールさんのように、桐梓林社区で感染予防・抑制のための一斉調査に連日参加している国際ボランティアはほかにも多数いる。ここは成都市内で外国人住民が最も集中する社区の一つで、30以上の国や地域から来た約4300人が暮らしている。新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制と宣伝活動を展開する中で、社区には英語を使って直接外国人住民と意思疎通できる人材が不足していた。こうした時、同地に暮らす多くの外国人住民がすぐに社区スタッフの助手を引き受けた。ボランティア募集を担当する任麗娟(じん・れいけん)さんによると「訪問調査の前には、選抜した中国や海外のボランティアに研修を実施し、マスクや使い捨て手袋などの防護用品を支給しています。まず自分の身を守ることが必要と特に強調し、訪問先の人とは一定の距離を保って交流してもらっています」という。ボランティアは桐梓林社区に協力し、1月27日から29日までに成都市にとどまっている外国人住民の大半について訪問調査を終えた。(記者/楊迪、胥氷潔)<映像内容>新型肺炎の感染予防活動を行う外国人ボランティア、撮影日:2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.90
    2020年01月24日
    大阪・履正社が選ばれる 第92回選抜高校野球大会に出場

    第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が24日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催され、昨秋の明治神宮大会を制した中京大中京(愛知)、史上5校目の夏春連覇が懸かる履正社(大阪)などが選ばれた。<映像内容>校長室の電話で出場校に選ばれた報告を受ける履正社高校の校長、ポーズを取ったり帽子を投げ上げたりする選手ら、主将の関本勇輔(せきもと・ゆうすけ)選手と岡田龍生(おかだ・たつお)監督の囲みインタビュー、履正社高校の外観。1月24日午後3時20分ごろから午後4時15分ごろまで(外観は午後2時ごろ)、大阪府豊中市の履正社高校で撮影、撮影日:2020(令和2)年1月24日、撮影場所:

  • 01:20.58
    2020年01月24日
    東京は国士舘 第92回選抜高校野球大会

    第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が24日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催され、昨秋の明治神宮大会を制した中京大中京(愛知)、史上5校目の夏春連覇が懸かる履正社(大阪)などが選ばれた。東京地区は国士舘が選ばれた。<映像内容>東京都内の国士舘高校の外観、校長室での電話応対、グラウンドでの選手への報告、鎌田州真主将あいさつ、万歳・胴上げ、フォトセッション、永田昌弘監督らの記者会見など。24日午後3時すぎ~4時45分ごろまで撮影、撮影日:2020(令和2)年1月24日、撮影場所:国士舘高校

    撮影: 2020(令和2)年1月24日

  • 00:53.01
    2020年01月14日
    「新華社」中国の研究チーム、神経膠腫治療に新たな道筋示す

    中国科学院合肥腫瘤医院医学病理部の方志友(ほう・しゆう)研究員と陳学冉(ちん・がくぜん)副研究員のチームはこのほど、スクリーニングにより、悪性神経膠腫(グリオーマ)治療の鍵となる低分子薬剤を発見した。研究成果は学術誌「Theranostics」に巻頭記事として掲載された。陳氏は、脳腫瘍の一種である神経膠腫は発症率が中国で上位5番以内になっていると指摘。ヒトの脳の血液脳関門には保護障壁があり、これまで多くの治療薬がこの障壁を通過できず、そのため腫瘍部位の治療ができなかったと説明した。今回のスクリーニングで得られたゲニステイン薬剤は、この障壁を突破できるとされ、研究の結果、この薬剤は遺伝子ZDHHC17と分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼキナーゼ4(MAP2K4)の結合や、C-JunN末端キナーゼ(JNKs)とp38のシグナル伝達を効果的に阻害するだけでなく、神経膠細胞(グリア細胞)の増殖や浸潤など悪性の働きの拡大も大幅に阻害できることがわかった。研究では神経膠腫発生の根本原因を明らかにしただけでなく、神経膠腫の治療とがん再発防止のための新たな考えを提供した。(記者/水金辰、屈彦)<映像内容>神経膠腫治療の鍵となる低分子薬剤を発見、研究の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:44.76
    2020年01月14日
    「新華社」中国初の高速鉄道女性副運転士、「春運」期間にデビュー

    中国吉林省出身の満州族の女性、金婉鑫(きん・えんきん)さんは1996年生まれ。吉林鉄道職業技術学院の機関車学科で列車の運転と整備を専門的に学び、卒業後は中国鉄路南昌局集団に採用された。第1期高速鉄道女性運転士の選抜が2019年5月に始まると、金さんは夢を実現するチャンスが訪れたと感じて真っ先に応募し、多くの試験を経て副運転士となった。10日に始まった20年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢)期間中、延べ30億人もの旅客が大移動すると予測されている。金さんは中国初の高速鉄道女性副運転士の1人として、数日前に受け取ったばかりの新しい制服を身に着け、初めての春運実習をスタートさせた。(記者/陳旺、邰暁安)<映像内容>中国初の高速鉄道女性副運転士の春運実習、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:21.54
    2020年01月08日
    「新華社」第8回世界中国式ビリヤード・マスターズ決勝が閉幕河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市で8日、第8回世界中国式ビリヤード・マスターズ決勝が2~7日の6日間にわたる274試合を終え、最終戦の日を迎えた。中国の楚秉傑(そ・へいけつ)選手が優勝し、第5代チャンピオンに輝いた。決勝は河北省体育局と秦皇島市人民政府が共催し、7日間にわたって行われた。今シーズンは海外32カ所で地区予選8万試合が行われ、タイやドイツ、米国、南アフリカなど64カ国から選抜された選手約300人が最終戦の出場資格を獲得。2千万元(1元=約16円)の優勝賞金を目指して技を競った。(記者/曲瀾娟)<映像内容>第8回世界中国式ビリヤード・マスターズ決勝の様子、撮影日:2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:57.24
    2019年11月30日
    高野連、来春から投球数制限

    日本高野連は29日、大阪市内で理事会を開き、来春に開催される第92回選抜大会を含む春季大会から「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限の実施を決めた。日本高野連と都道府県高野連が主催する公式戦が対象。500球となる打者完了までは投球が可能となる。3連戦を回避する日程を設定することも決定。3年間は試行期間とする。<映像内容>日本高野連本部が入っている中沢佐伯記念野球会館の外観、同会館で開かれた八田英二・日本高野連会長の記者会見。29日午後4時10分ごろから午後6時ごろにかけて大阪市内で撮影、撮影日:2019(令和元)年11月30日、撮影場所:大阪市

    撮影: 2019(令和元)年11月30日

  • 01:20.81
    2019年11月11日
    「新華社」サッカー男子中国代表、東アジアE-1選手権に向け武漢で合宿

    中国湖北省武漢市でこのほど、サッカー男子中国代表選抜チームの公開練習が行われ、李鉄(り・てつ)ヘッドコーチ率いる選手27人が敏捷性や協調性のトレーニングや組別対抗戦などのプログラムに取り組んだ。10月31日、中国サッカー協会は男子代表選抜チームの結成を発表し、李鉄氏をヘッドコーチに任命した。同チームは12月10日から18日まで韓国で開催される2019東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1サッカー選手権に出場する。(記者/饒饒、潘志偉)<映像内容>サッカー男子中国代表選抜チームの練習の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:48.44
    2019年11月05日
    「新華社」トキの個体群再建浙江省の科学力で繁殖率が上昇

    トキは鳥類の「ジャイアントパンダ」と言われるほど世界的にも希少で、中国では国家一級保護動物に指定されている。ここ数年、浙江省湖州市徳清県の珍稀野生動物繁育研究センターと浙江大学が「トキ転地保護と浙江省個体群再建」プロジェクトに共同で取り組み、トキの受精率を従来の30%から87%まで引き上げた。同プロジェクトでは独自に開発した遺伝子解析システムを利用。遺伝子系図のスクリーニングを行い、つがいになって良い雌雄を選び出して一つのケージに放ち、その中で自由に相手を選ばせることで「近親結婚」を回避する。科学的な繁育によって徳清県のトキ個体数は406羽に達し、世界の約13%を占めるまでになった。(記者/唐弢、李平)<映像内容>トキの繁殖、子育ての様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:50.92
    2019年10月29日
    「新華社」試験田で豊作迎える海水稲山東省青島市

    中国山東省青島市にある青島海水稲研究発展センターの白泥地実験基地では、5月に数回に分けて植えたアルカリ土壌に強い「海水稲」の試験栽培種が、次々と収穫の時期を迎えている。研究スタッフはここ数日、サンプル採取や刈り取りなど試験田で忙しい日々を過ごしている。同センターは今後、最新の科学的育種方法を用いて採取したサンプルから優良品種を選別栽培し、生産性が高く耐アルカリ性に優れた稲の新種開発と大量栽培の普及に向け準備を進めるという。(記者/李紫恒)<映像内容>海水稲の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.57
    2019年10月23日
    「新華社」医療AIが隠れた疾患を手軽に発見世界インターネット大会

    中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催中の第6回世界インターネット大会の「インターネットの光」博覧会会場で、騰訊(テンセント)の眼底疾患人工知能(AI)スクリーニング検査システムが多くの来場者の注目を集めている。検査機器に目を当てると、眼底写真を撮影し、角膜や水晶体、微小血管などの観察と分析を行い、眼底の健康状態を教えてくれる。AI機器を通じて目の健康状態が簡単に分かるため、従来のいろいろな煩わしい検査を受ける必要がなくなる。この技術は既に中国の30余りの病院で検証が行われており、今後、中国の眼科医不足の解消が期待される。また、医療検査が比較的低コストで行えるため、社区(コミュニティー)での普及にも適しているという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>第6回世界インターネット大会、目の検査をする医療AI機器、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:59.85
    2019年10月15日
    「新華社」内モンゴル自治区に現代の酪農基地を建設

    中国の酪農地帯である内モンゴル自治区は、乳資源や科学研究などの優位性を生かして「現代の酪農基地」を建設し、乳業企業の生産水準と生産効率を引き続き向上させていく。同自治区農牧庁が明らかにした。同自治区では現在、家畜牛の遺伝改良プログラムを実施しており、中心となる品種改良施設の建設を加速させ、種牛ステーションと繁殖用雌牛場の共同品種改良を支援。中国内外で上位100位に入る種牛の育成や、モウコウマとフタコブラクダの品種の選抜育種、現地化した乳用羊の生産、生産性の高い乳牛群の構築を実施する。また、黄河流域の乳業を主産業とする旗、県、区で人工授精用の凍結精液の使用を支援し、家畜群の増加と生産向上を加速させる。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の酪農基地の様子、乳牛や種牛の育成など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.15
    2019年10月01日
    「新華社」【新中国成立70周年】閲兵式で戦略支援部隊隊列が初めて登場

    中国北京市の天安門広場で1日開催された中華人民共和国成立70周年祝賀大会の閲兵式で、戦略支援部隊隊列が初めて登場した。同部隊は国家安全保障の新型戦力、新たな質の作戦能力の重要な成長点となっている。戦略支援部隊の隊列には、戦略支援部隊が中心となり全国の団(連隊に相当)以上の組織から選抜した160人余りが参加している。平均年齢は23・7歳、平均身長は180センチとなる。<映像内容>閲兵式に戦略支援部隊隊列が登場、撮影日:2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:42.56
    2019年09月20日
    高野連 球数制限問題検討の第3回有識者会議後に記者会見

    日本高等学校野球連盟が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第3回会合が20日、大阪市内で開かれ、11月下旬に予定されている日本高野連の理事会への提言に、春夏の甲子園大会と地方大会を対象に「1週間で500球」の投球制限導入を明記することを決めた。来春の選抜大会からの導入を見込み、3年間を試行期間と位置づける。また日本高野連は反発性能の高い金属製バットを見直し、木製バットに近づける方針を示した。<映像内容>日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」での議論を受けて記者会見する有識者会議座長の中島隆信・慶応義塾大教授、撮影日:2019(令和元)年9月20日、撮影場所:大阪市西区 日本高野連

    撮影: 2019(令和元)年9月20日

  • 01:38.56
    2019年09月18日
    「新華社」江西省都昌県でテナガエビの水揚げが最盛期

    中国江西省にある中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)で、このほどテナガエビの水揚げが最盛期に入っている。同省都昌県の城西埠頭では、漁民がエビをすくい、選別し、重さを量って出荷する作業に追われた。鄱陽湖のテナガエビは淡水エビの一種で、中国内陸部の重要な水産資源の一つ。自然豊かな環境で育った高品質のエビは長年にわたり、江西省や浙江省、上海市、広東省などで販路を築いてきた。(記者/黄和遜、劉新)<映像内容>テナガエビの水揚げの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.15
    2019年08月11日
    「新華社」第28回全国高校生生物オリンピック、河北省衡水市で開催

    中国河北省衡水市の河北衡水第一中学校で11日、第28回全国高校生生物学オリンピックがスタートした。全国30の代表チームの選手240人が参加している。河北省での開催は26年ぶりで、同校で開かれるのは初めて。全国高校生生物学オリンピックは中国科学技術協会、教育部、自然科学基金委員会の指導の下、中国動物学会、中国植物学会が共催する生物学に関するコンテストで、高校生の生物学の教育レベル向上を目的としている。コンテストの結果、優秀な選手たちは合宿訓練に参加し、さらなる選抜を経て、最終的に中国代表チームとして国際生物学オリンピックに参加する。(記者/張碩)<映像内容>中国の全国高校生生物学オリンピックの様子、撮影日:2019(令和元)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:28.79
    2019年08月01日
    「新華社」AIビッグデータ、野生動物保護を後押し黒竜江省

    密猟監視や保護対象動物の追跡、赤外線・高解像度カメラでの動物探索など、科学技術イノベーションの成果はここ数年、人工知能(AI)技術の発展に伴い、希少野生動物の保護分野でますます重要な役割を果たしつつある。中国黒竜江省ハルビン市の国家林業・草原局ネコ科動物研究センターとハルビン工業大学、同大学傘下の哈工大大数据(ビッグデータ)集団はこのほど、東北虎(アムールトラ)と東北ヒョウおよびその獲物動物の画像データの初期スクリーニングや種別分類、個体識別などの情報処理の効率化を目指し、共同で「野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォーム」を開発した。科学技術により絶滅が危惧されるネコ科大型動物の追跡と保護を行う。哈工大大数据集団の李福泉(り・ふくせん)副総裁によると、同プラットフォームはインフラとデータスマート、業務プラットフォーム、可視化プラットフォームで構成されており、AIや機械学習、神経言語処理などの技術を用いた生態環境や動物個体群、動物個体の研究などが行える。IoT(モノのインターネット)感知やビッグデータ、スマート人工視覚などの最先端技術を利用し、姿や足取り、色、毛皮模様を主な識別要素とする個体識別モデルを作ることが可能だという。また、写真や映像資料などにAIによる生物個体識別を行い、画像データ識別枠に対して東北虎や東北ヒョウ、獲物個体と思われる画像範囲を選択し、個体識別結果や個体識別類似度などをリアルタイムに表示することもできる。プラットフォームは、国を跨いだ野生動物保護にもサービスを提供する。東北虎や東北ヒョウおよびその獲物動物の個体と群れの追跡モニタリングにより野生動物の「活動図」を作成、地域内の野生動物の活動を一目で把握することができる。また、個体データベースを構築することで保護活動をデータ面から支えるほか、地域性のマクロ分析用ビッグデータを作成し、生態環境の変化と種別の発展の関係に関する研究に役立てることもできる。李氏は「データは野生動物に対する理解を深めてくれる」と語り、将来はさらに多くの科学技術成果が野生動物の保護と研究を後押しし、野生動物保護のデータスマート時代を築くことになるとの考えを示した。(記者/楊思琪、王建威、謝剣飛)<映像内容>「野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォーム」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:49.08
    2019年07月19日
    「新華社」力と美の融合中国武装警察の運動会

    中国の武装警察福建総隊・寧徳分隊はこのほど、部隊の結束力や戦闘力、求心力を高めるため、職務訓練模範兵選抜試合及び第1回軍人運動会を開催した。今回の大会では個人競技と団体競技を組み合わせた形式を採用。トラック競技や器械運動、射撃のほか、部隊の特徴を取り入れた緊急装備を着用しての1500メートル走や銃を携帯しての100メートルと400メートル障害走、総合競技なども行われ、実力を競い合った。(記者/林凱)<映像内容>中国武装警察の運動会、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.74
    2019年07月02日
    「新華社」雲南省に育った世界最大の日本向け菊苗生産基地

    中国雲南省農業農村庁はこのほど、同省がここ数年、日本向け菊苗の最重要供給地の一つになっていることを明らかにした。昆明市にある昆明虹之華園芸有限公司は現在、年間2億株近くの菊苗を生産し、うちの90%を日本に輸出している。ここ10年間に同社が日本に輸出した菊苗の量は、日本の菊苗輸入量全体の40%以上となっており、対日輸出用の菊苗供給業者の中でトップとなっている。同社総経理で庭園専門家の薛建平(せつ・けんぺい)さんは5月中旬、同省紅河ハニ族イ族自治州開遠市にある同社の菊苗生産基地で取材に答え、同社が1996年から日本向けの菊苗輸出事業を試験的に始め、現在では600〜700品種を輸出していると説明した。熱心な園芸事業者の薛さんは1990年代、経験と知識を吸収するため2度訪日した。最初の1年間余りは、愛知県の農家に住み込み花と野菜の栽培技術を専門に学習し、勉強したばかりの日本語で、多くの花の栽培技術を習得した。薛さんは同社に就職後の1996年、菊事業を拡大し発展させるため、再度訪日して生産管理を専門に学んだ。この訪日期間中、ベテラン花卉業界人の高田昌夫さんが熱心に支援、指導してくれたという。薛さんは日本の花卉農家が菊の育苗だけでなく、花の栽培にまで丹精をこめるという、非常に苦労しておりコストも高い状況を目の当たりにして、日本の花農家が花の栽培に専念できるよう、中国で菊の挿し木を栽培することを日本の関係者に提案した。このことが、同社の大規模な日本向け菊苗輸出事業の始まりとなった。「通年生産、通年供給、通年納品」モデルを基本的に形成しており、農業標準化による生産が菊苗栽培の全工程に採用されている。同社はまた、中国国内初の菊の遺伝資源データベースを持ち、2800品種余りの遺伝資源を収集、保存し、年間を通じて菊の新品種を選抜育種しており、新品種50種以上で独自の知的財産権を取得している。(記者/楊静、許暁青、魏夢佳)<映像内容>日本に輸出される中国の菊苗生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:49.20
    2019年06月11日
    「新華社」フグ養殖で豊かさ目指す漁村福建省漳州市

    中国福建省漳州市の漳浦県仏曇鎮には海辺の美しい村、東坂村がある。おおまかな統計によると、フグ産業だけで年間3億元(1元=約16円)近くの生産高を仏曇鎮にもたらしている。同鎮の水産養殖面積は約3万ムー(2000ヘクタール)。8割以上の養殖場がフグを養殖し、年間生産量は3千トン近くに上る。省内のフグ養殖では、稚魚の数や養殖面積、生産高ともにトップを誇る。鎮内には稚魚養殖企業20社とフグ料理店25軒、フグ加工品製造企業1社がある。仏曇鎮のフグ養殖は20年余りの歴史を持つ。長年にわたる選抜育種や品種改良で毒性は大幅に減少したが、フグの処理過程においては細心の注意が求められ、いかなる間違いも出すことはできない。フグ養殖に対する規制や指導もここ数年で強化されている。養殖事業者への研修に力を入れ、フグを扱う料理人に対しても厳しい研修が課されている。(記者/林凱、宓盈婷)<映像内容>フグ養殖の収穫の様子と料理、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:13.67
    2019年05月26日
    「新華社」自動運転車グローバルチャレンジ開催貴州省貴陽市

    自動運転車の開発技術を競う大会「ムービング・ハッカソン-2019自動運転車グローバルチャレンジ」の決勝戦が25、26両日、中国貴州省貴陽市で行われた。同大会は、2019中国国際ビッグデータ産業博覧会の六大会の一つとして、3月から全世界に向けて募集を開始したところ、約200のチームと個人から応募があり、最終的に13カ国・地域の32人のエンジニアが選抜された。今回の大会は、フルスケールの自動運転車技術コンテストと16分の1スケール車両のタイムトライアルからなり、世界中から選ばれたエンジニアが自動運転に挑戦し、熱い戦いを繰り広げた。大会では、信号認識、横断歩道の歩行者回避、下り坂や車線変更時の減速・停止、障害物回避、Uターン、一時停止標識の認識、S字コーナー走行の技術が競われた。(記者/呉斯洋、楊焱彬)<映像内容>自動運転車グローバルチャレンジの様子、撮影日:2019(令和元)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:23.57
    2019年05月10日
    阪口、熊谷ら23人を選出 サッカー女子W杯代表発表記者会見

    日本サッカー協会は10日、フランスで6月7日(日本時間8日)に開幕する女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に臨む日本代表「なでしこジャパン」23人を発表し、4大会連続出場となる阪口夢穂(日テレ)や宇津木瑠美(レイン)、3大会連続出場の熊谷紗希(リヨン)や、初出場の長谷川唯(日テレ)らが選ばれた。2011年大会優勝、15年大会準優勝の日本は、高倉監督の下で2大会ぶりの世界一を狙う。<映像内容>日本代表を発表する高倉麻子監督の記者会見、入り、発表、質疑応答、会場雑観など、撮影日:2019(令和元)年5月10日、撮影場所:東京都文京区 JFAハウス

    撮影: 2019(令和元)年5月10日

  • 02:05.27
    2019年04月13日
    「新華社」大型のカラチョウザメ700匹を長江に放流湖北省

    中国湖北省宜昌(ぎしょう)市で13日、「2019年長江三峡カラチョウザメ放流活動」が開催され、希少な魚類の自然資源回復を目的に、大型のカラチョウザメ700匹が長江に放流された。これは中国三峡集団カラチョウザメ研究所が、設立以来続けている放流活動で、今回が61回目となる。農業農村部長江漁政監督管理弁公室、宜昌市人民政府と共同で行った。今回の放流には2009年から2017年までのうちの五つの年齢段階の個体がおり、成魚と稚魚を組み合わせている。さらに30匹は早期性別鑑定技術によって選別した全雄(ぜんおす)のカラチョウザメで、野生のカラチョウザメの年齢層を充実させ、野生個体種の遺伝の多様性を高め、自然条件下での性別比率の不均衡を調整する上で重要な意義を有している。(記者/王斯班)<映像内容>カラチョウザメ放流の様子、撮影日:2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.47
    2019年04月10日
    芸術祝典開幕 北朝鮮・平壌

    北朝鮮の首都平壌で10日、故金日成(キム・イルソン)主席生誕記念日(15日)を前に芸術祝典が始まった。17日までの予定。祝典には全国から選抜された約40の団体から約1500人が参加。舞踊などの公演のほかマジックショーも行われる。烽火(ポンファ)芸術劇場で開かれた開幕式では朴春男(パク・チュンナム)文化相が開幕の辞を述べた。〈映像内容〉烽火芸術劇場、開幕を宣言する朴春男(パク・チュンナム)文化相、金正恩氏の党最高指導者就任7周年を祝う看板、芸術祝典のポスター、最高人民会議が開催される万寿台(マンスデ)議事堂など、撮影日:2019(平成31)年4月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:50.95
    2019年03月27日
    「新華社」中国初のクローン警察犬「昆勲」、訓練開始

    生後3カ月のクローン犬「昆勲(クンフン)」がこのほど、中国北京市から2千キロ移動し、雲南省昆明市の訓練基地に「入学」した。訓練士によるトレーニングを受けながら、警察犬としての潜在能力を適宜開発し、生後6カ月以降に行われる「職業訓練」に備える。「昆勲」は昨年12月19日に北京で生まれた。出生時の体重は540グラム、体長は23センチで、各種の健康指標は全て正常だった。「昆勲」の誕生は、中国が初めてクローン警察犬の作成に成功したことを示している。今回、体細胞のドナー犬に選ばれた「化煌馬(ホアホアンマ)」は、現在7歳の雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)で、その卓越した実践能力により、2016年には公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。「勲功昆明犬のクローン」は2013年6月、公安部の重点研究計画プロジェクトとして立案された。同プロジェクトチームでは現在、クローン犬「昆勲」の生理的状況と行動特性を比較観察している。クローン技術の成功を総括した上で、職業クローン犬に関する重要技術の研究を進めていき、クローン技術の警察犬への応用を早期に実現し、「功労犬」の比率を高め、警察犬の技術が公安システムの業務においてより大きな役割を果たすために新たな技術的手段を提供する。昆明犬は、中国が独自に育成した唯一の職業犬種で、臭気の選別や追跡、捜索、爆発物探知など総合的な能力を持つ。(記者/江文耀、王安浩維)<映像内容>中国初のクローン警察犬の訓練の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:00.54
    2019年03月20日
    「新華社」10種類余りのカラフルな菜の花開発に成功四川農科院

    中国四川省農業科学院作物研究所はこのほど、アブラナ研究の新成果を発表した。それによると、アイボリー、マンダリンオレンジ、濃い桃色、薄い桜色、紫色など12種類のカラフルな菜の花の品種の開発に成功し、それらの花は美しい農村を彩る新しい色彩となっているという。カラフルな菜の花の選抜育種とモデル普及によって、アブラナ産業は植物油の採油という単一利用から、多元的な利用へと転換を実現し、菜の花の景色の鑑賞効果を高めており、1・2・3次産業の連動、農業と観光業の融合した発展を推進した。(記者/張超群)<映像内容>中国で開発したカラフルな菜の花の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:59.03
    2019年03月05日
    「新華社」重慶で地元雇用に特化した就職説明会

    中国重慶市では、出稼ぎなどから帰郷した人々の地元での就職を実現するため、政府部門が事前に採用企業の取りまとめや選別を行い、各鎮や街の産業分布と結びつけ、エリアや産業ごとの就職説明会を行っている。地元企業の発展が進むにつれ、待遇面も良くなっている。求職者の多くもこれまでのように出稼ぎに行くのではなく、さまざまな要因を総合的に考え、地元に残ることを選択している。企業の人材不足、帰郷した人の地元での就職難というボトルネックを解消するため、地元の政府部門は就業サービスの「接点」を採用側に移し、人員を組織して企業の人材の需要や求人数を探り、求職者との橋渡しサービスを分類別に行っている。(記者/趙小帥)<映像内容>中国重慶市の就職活動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.74
    2019年01月25日
    筑陽学園が初出場 第91回選抜高校野球大会

    第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催され、春日部共栄(埼玉)が22年ぶりに選ばれたほか、筑陽学園(福岡)や21世紀枠の富岡西(徳島)などが初めて選出された。〈映像内容〉筑陽学園の表情 学校の外観、電話連絡を受ける新田光之助(にった・こうのすけ)校長、江原佑哉(えはら・ゆうや)主将の胴上げ、江原佑哉主将インタビュー、撮影日:2019(平成31)年1月25日、撮影場所:福岡県太宰府市

    撮影: 2019(平成31)年1月25日

  • 02:09.86
    2019年01月25日
    春日部共栄は22年ぶり 第91回選抜高校野球大会

    第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催され、春日部共栄(埼玉)が22年ぶりに選ばれたほか、筑陽学園(福岡)や21世紀枠の富岡西(徳島)などが初めて選出された。〈映像内容〉春日部共栄の表情 電話連絡を受ける宇野禎弘(うの・よしひろ)校長、中庭で部員に校長から報告、部員の喜びの表情、宇野校長ぶら(同時並行で途中から)、キャプテンの2年石崎聖太郎(いしざき・しょうたろう)選手囲みなど、撮影日:2019(平成31)年1月25日、撮影場所:埼玉県春日部市

    撮影: 2019(平成31)年1月25日

  • 01:08.43
    2019年01月25日
    富岡西が21世紀枠 第91回選抜高校野球大会

    第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催され、春日部共栄(埼玉)が22年ぶりに選ばれたほか、筑陽学園(福岡)や21世紀枠の富岡西(徳島)などが初めて選出された。〈映像内容〉富岡西の表情 校長室で電話連絡を受ける吉田光昭(よしだ・みつあき)校長、部員らのフォトセッションで胴上げや帽子投げなど、キャプテンの坂本賢哉(さかもと・けんや)選手の囲みなど、撮影日:2019(平成31)年1月25日、撮影場所:徳島県阿南市

    撮影: 2019(平成31)年1月25日

  • 01:31.11
    2019年01月21日
    「新華社」パリのドッグショーどのワンちゃんがあなたのお気に入り?

    年に1度のパリ・ドッグショーがこのほど、フランスの首都パリで開催され、350余りの犬種計4500匹が参加した。犬は年齢層や犬種ごとにいくつかのグループに分けられ、審査委員がそれぞれのグループの最優秀犬と、その日の最優秀犬を選出した。コンテストの2日間、来場者は犬の優雅さや威厳、訓練の成果を鑑賞したほか、飼い主と愛犬の息のぴったり合った様子や心温まる場面を見ることもできた。コンテストの審査委員は、参加した犬を厳格かつ詳細な基準で1匹ずつ審査し、それぞれの等級にふるい分け、優秀犬を決めた。各グループの「優勝者」には象徴であるロゼットが授与され、その中からさらに選ばれた上位3匹には、より大きな金色のロゼットが授与された。(記者/韓茜)<映像内容>パリ・ドッグショーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:56.63
    2018年11月27日
    「新華社」染織工芸名人、民博会で技を実演貴州省

    中国貴州省貴陽市で23~25日、2018年中国(貴州)国際民族民間工芸品・文化製品博覧会(民博会)が開催された。今回の民博会では、文化クリエイティブ・無形文化遺産作品展や無形文化遺産伝承者による技の実演、名匠選抜コンテスト、国際民間芸術作品展などのイベントが行われ、韓国やパキスタン、イタリア、英国など約20カ国・地域から来賓や貿易関係者が集まった。名匠選抜コンテストの会場では、貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州恵水県から来た冉光津(ぜん・こうしん)さんが同県に古くから伝わる染織工芸「楓香染め」を実演した。楓香染めはフウ(楓)の木の樹脂と牛脂を混ぜ合わせたものを原料としており、手織り綿布に花や鳥、竜、鳳凰などの図柄を描いた後、染物用の甕(かめ)に浸して取り出し、熱湯で煮沸して脂肪分を取り除くと、青地に白い模様が描かれたコントラストの強い染物ができる。今年30歳の冉さんはかつて、地元の職業学校の教師だった。学校でこの無形文化遺産の技術に触れてからすっかり夢中になり、途中からその道に入り、徐々に名人へと成長していった。最初は趣味レベルだったが、やがて専門の仕事にする道を選び、昨年、チームを結成して会社を設立。現在は楓香染め関連製品の研究開発を行っている。(記者/陳嬙)<映像内容>2018年中国国際民族民間工芸品・文化製品博覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:59.06
    2018年11月01日
    「新華社」中国スピードスケートジュニアW杯選抜大会、閉幕

    2018~2019全国スピードスケートジュニアワールドカップ(W杯)選抜大会がこのほど、中国吉林省長春市の氷上訓練基地で終了し、湖北省体育局武術運動管理センターの金亜男(きん・あなん)と奚冬雪(けい・とうせつ)がそれぞれ男子、女子甲組1千メートルで優勝した。新シーズンのスピードスケートジュニアW杯は11月にポーランドで開催される。今回の選抜大会は男女各14種目を甲、乙組の年齢別に分けて行った。甲組の各種目1位と、乙組の各種目上位2位までがそれぞれ、ジュニアW杯のシニアとジュニアの競技参加資格を獲得する。男子甲組1千メートルは、湖北省体育局武術運動管理センターの金亜男が1分11秒95の成績で1位となった。女子甲組1千メートルは、同センターの奚冬雪が1分20秒06の成績で1位を獲得した。男子乙組1千メートルの上位2位は、黒竜江省スケート訓練センターの王晨(おう・しん)と吉林省白城(はくじょう)市の毛天沢(もう・てんたく)。女子乙組1千メートルは、黒竜江省牡丹江市の陳翔宇(ちん・しょうう)と内モンゴル自治区フルンボイル市の姜霞(きょう・か)が上位2位を占めた。(記者/周万鵬)<映像内容>中国スピードスケートジュニアW杯選抜大会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:29.46
    2018年10月29日
    「新華社」南方航空が機内で「40年の時代変遷ショー」上演

    広州から北京へ向かう中国南方航空CZ3099便の機内で29日、客室に「春天的故事」(春の物語)「相約1998」(1998年に会いましょう)などの曲が流れ、異なる時代の制服に身を包んだ客室乗務員が、客室内を行き来しながら乗客へのサービスを行い、乗客はあたかも過去の時代に戻ったかのような雰囲気を楽しんだ。この特別便には、選抜された1978年生まれの客室乗務員4人が乗り組んだ他、客室に過去40年の写真で飾るなど、特別の演出がなされた。1万メートルの上空で、乗務員はディスコ音楽をかけてひとしきり雰囲気を盛り上げた後、外出方法の変遷をテーマに、1970年代から現在までの国内主要交通機関の変化を乗客に紹介した。(記者/田建川、王瑞平)<映像内容>機内で「40年の時代変遷ショー」上演の様子、撮影日:2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:54.40
    2018年09月03日
    「新華社」【字幕あり】四川省少数民族伝統スポーツ大会開催

    中国四川省第15回少数民族伝統スポーツ大会が3日、同省カンゼ・チベット族自治州康定市で開催され、蹴球(石の球を蹴って相手の球に当ててポイントを競うゲーム)や押加(首の力で綱を引く競技、象の綱引きともいう)、高脚競速(竹馬競争)などの少数民族のスポーツが披露された。同大会は主に民族スポーツ競技、大型民族スポーツ文化と芸術の上演で構成されている。第11回全国少数民族伝統スポーツ大会に参加するアスリートの選抜、民族スポーツに関する発掘、整理、普及を目的とする。全省から合計14の代表団、1257人のアスリートとコーチが参加。主な種目は弩(ど)射、民族式レスリング、蹴球、押加、珍珠球(各チーム7人がボールを投げて網で受けポイントを競う)、高脚競速、板鞋競速(3人1組で板靴を履いてするムカデ競争)、陀螺(コマ回し)などだ。4年ごとに開催される同大会は、1965年の第1回大会以来、すでに14回開催されており、今大会は9月9日まで行われる。(記者/楊華、李華梁)<映像内容>四川省少数民族伝統スポーツ大会の様子、撮影日:2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

  • 02:53.17
    2018年03月23日
    桐生選手「充実の4年間」 東洋大卒業

    陸上男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(きりゅう・よしひで)選手(滋賀県出身)が23日、東京都千代田区の日本武道館で行われた東洋大の卒業式に出席し「大学に入って9秒台を出せたこともうれしいが、ベストを更新できたことが(一番)うれしい。陸上を除いても充実した4年間だった」と学生生活を振り返った。昨年の競泳世界選手権女子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した大橋悠依(おおはし・ゆい)選手(滋賀県出身)や、昨年の全日本大学選抜金沢大会個人優勝などの実績があり、大相撲の高砂部屋に入門した寺沢樹(てらさわ・いつき)選手(新潟県出身)も卒業した。<映像内容>卒業式の様子、看板、雑観など、卒業式後の桐生選手の囲み会見、フォトセッション、撮影日:2018(平成30)年3月23日、撮影場所:日本武道館

    撮影: 2018(平成30)年3月23日

  • 02:15.80
    2018年01月26日
    中央学院高が初出場 第90回選抜高校野球大会

    3月23日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第90回選抜高校野球大会の出場36校が26日に決まり、戦力以外の要素を加味する21世紀枠には、滋賀県の膳所など3校が選出された。膳所は59年ぶり4度目の出場。〈映像内容〉中央学院高の表情。電話を受ける藤森康一校長、グラウンドで喜ぶ部員ら、相馬幸樹監督と池田主将の記者会見、部員フォトセッション、撮影日:2018(平成30)年1月26日、午後3時から撮影、撮影場所:千葉県我孫子市で撮影

    撮影: 2018(平成30)年1月26日、午後3時から撮影

  • 02:21.64
    2018年01月26日
    日大三高が連続出場 第90回選抜高校野球大会

    3月23日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第90回選抜高校野球大会の出場36校が26日に決まり、戦力以外の要素を加味する21世紀枠には、滋賀県の膳所など3校が選出された。膳所は59年ぶり4度目の出場。 〈映像内容〉日大三高の表情。新井勇治校長の電話受け取り、グラウンドで喜ぶ部員、小倉全由監督、日置航主将の記者会見など。26日午後3時~午後4時すぎに東京都町田市で撮影。、撮影日:2018(平成30)年1月26日、撮影場所:東京都町田市

    撮影: 2018(平成30)年1月26日

  • 03:13.69
    2018年01月26日
    21世紀枠で膳所59年ぶりの春 第90回選抜高校野球大会

    3月23日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第90回選抜高校野球大会の出場36校が26日に決まり、戦力以外の要素を加味する21世紀枠には、滋賀県の膳所など3校が選出された。膳所は59年ぶり4度目の出場。 〈映像内容〉滋賀県立膳所高校の外観、高野連からの電話を受ける膳所高校の川上昌道校長、グラウンドで校長から出場決定を伝えられる部員たち、喜びを爆発させる部員たち、石川唯斗キャプテン、対戦校の戦力分析などで活躍するデータ係の野津風太さんの囲みなど。撮影日:2018(平成30)年1月26日、午後2時ごろから撮影、撮影場所:滋賀県大津市膳所高校

    撮影: 2018(平成30)年1月26日、午後2時ごろから撮影

  • 04:53.05
    2018年01月04日
    今年初のサクランボ出荷 真冬の「佐藤錦」

    山形県天童市で4日、「超促成栽培」で作られた高級サクランボ「佐藤錦」が初出荷された。初夏が旬のサクランボを冬に楽しめる珍しさから、贈答用に人気が高い。5日に東京などで初競りが行われる。 <映像内容>雪に埋もれた園地外観、看板、真っ赤に染まったサクランボを手作業で収穫、選別して丁寧にきり箱に詰めている様子など。山形県天童市で午前8時半から9時ごろに撮影。

  • 03:17.99
    2017年02月09日
    平壌で料理コンテスト 金正日氏誕生日記念

    北朝鮮の平壌で7~9日、故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」(16日)を記念する料理コンテストが開かれ、全国から選抜された料理人ら350人が参加した。平壌の老舗冷麺店「玉流館」をはじめ各地の飲食店やホテルから集まった料理人らが制限時間内に作った料理を審査する方法で実施。審査会場には豚足蒸しやキジ肉団子スープなどさまざまな料理が並べられ、訪れた人々はスマートフォンで写真を撮影していた。〈映像内容〉北朝鮮の平壌で行われた故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」(16日)を記念する料理コンテストの様子。

  • 01:37.69
    2017年01月27日
    第89回選抜高校野球大会  高知・中村高校が40年ぶりに出場

    春の選抜高校野球大会に出場する学校を決める選考会が27日、大阪市内で開かれ、戦力以外の要素を加味する21世紀枠3校のうち1校に、高知県の中村高校が選ばれた。〈映像内容〉高野連からの連絡を受ける上岡哲郎校長、校長からの報を聞く横山真哉監督と選手たち、撮影日:2017(平成29)年1月27日、撮影場所:大阪市内

    撮影: 2017(平成29)年1月27日

  • 03:25.37
    2017年01月27日
    第89回選抜高校野球大会 早実など32校が出場

    第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が27日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、高校球界屈指の強打者、清宮幸太郎を擁する早実(東京)や、史上3校目の春連覇に挑む智弁学園(奈良)、昨夏に全国制覇した作新学院(栃木)などが選ばれた。〈映像内容〉早稲田実業(東京)校長への電話、選手への伝達、フォトセッション、会見に出席した清宮幸太郎選手など、撮影日:2017(平成29)年1月27日、撮影場所:大阪市

    撮影: 2017(平成29)年1月27日

  • 00:52.11
    2016年08月14日
    「東奥日報」全日本大学選抜相撲十和田大会

    第51回全日本大学選抜相撲十和田大会(日本学生相撲連盟、県相撲連盟主催)が14日、十和田市相撲場で行われた。団体戦決勝は日体大が3-2で日大を破り、2年ぶり5回目の優勝を果たした。<映像内容>相撲をとる学生たち、表彰式の様子、撮影日:2016(平成28)年8月14日、撮影場所:青森県十和田市相撲場、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    撮影: 2016(平成28)年8月14日、青森県十和田市相撲場

  • 03:53.96
    2016年04月06日
    平壌で料理コンテスト 金主席誕生日を記念

    北朝鮮の首都平壌で6日、故金日成主席の生誕記念日「太陽節」(15日)を祝う料理コンテストが3日間の日程で始まり、ホテルや有名レストランの料理人らが自慢の料理を出品し腕を競い合った。太陽節に合わせた恒例行事で今回が21回目。主催者によると、全国から選抜された約千人の料理人らが参加した。平壌の有名店「清流館」からキノコ料理を出品した金玉英さん(28)は「今後も人民の健康に良く栄養学的に優れた料理を創作するため努力したい」と話した。〈映像内容〉コンテスト会場の外観、並んだ料理の審査の様子、出品料理、金玉英さんへのインタビューなど。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    13:23.26
    2016年01月29日
    21世紀枠に釜石 選抜高校野球

    3月20日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第88回選抜高校野球大会の出場32校が29日に決まり、戦力以外の要素が加味される21世紀枠で、瀬戸内海の離島にある部員17人の小豆島(香川)と5年前の東日本大震災で被害を受けた釜石(岩手)、阪神大震災の被災地となった長田(兵庫)の3校が選出された。小豆島と長田は春夏通じて初の甲子園大会出場で、釜石は20年ぶり2度目。一般枠では、1924年の第1回大会を制した古豪の高松商(香川)や、昨春、北陸勢として初優勝を果たした敦賀気比(福井)など29校が選出された。<映像内容>釜石高校の外観、電話を受ける釜石高校の互野恭治校長、野球部員の喜びの様子、岩間大投手、菊池智哉主将のインタビューなど、撮影日:2016(平成28)年1月29日、撮影場所:岩手県釜石市

    撮影: 2016(平成28)年1月29日

  • 02:49.53
    2007年04月04日
    「おめでとう」市民ら歓声 常葉菊川ナインが優勝報告

    春の選抜高校野球大会で初優勝した常葉学園菊川高校野球部の選手らが四日、地元の静岡県菊川市に戻り、母校で優勝を報告した。学校入り口でバスから降りた選手らが校舎に向かう桜並木の坂道を一列で上ってくると、詰め掛けた約千五百人の市民らが「おめでとう」と大歓声や拍手で迎えた。選手の胸には金のメダルが輝き、相馬功亮(そうま・こうすけ)主将が優勝旗を高くかざした<映像内容>優勝祝いの垂れ幕、桜並木の中を優勝旗を先頭に行進する野球部員、整列して市民にあいさつする、歓声を上げる市民、撮影日:2007(平成19)年4月4日、撮影場所:静岡県菊川市

    撮影: 2007(平成19)年4月4日

  • 02:57.71
    2007年01月26日
    春の選抜、出場校が決定 大阪桐蔭、3年ぶり3度目

    3年ぶり3度目の選抜出場が決まった中田翔を擁する大阪桐蔭<映像内容>大阪桐蔭中高校舎外観、門、連絡を待つ森山信一校長、電話を受ける、野球部に伝達する様子、出場決定を受け喜ぶ野球部員たち、抱負を語る中田、西谷浩一監督、撮影日:2007(平成19)年1月26日、撮影場所:大阪府大東市

    撮影: 2007(平成19)年1月26日

  • 02:31.05
    2007年01月26日
    選抜高校野球 21世紀枠などを選考

    第79回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が26日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、21世紀枠2校のほか、全国10地区の出場校を選考した。委員会は21世紀枠候補9校の推薦理由説明会を実施。続いて選考作業を行い、午後4時半ごろまでには全32校が発表される<映像内容>21世紀枠の推薦理由説明会冒頭、出場校選考委員会冒頭、いずれも高野連脇村春夫会長の説明、出席者、会場雑観、撮影日:2007(平成19)年1月26日、撮影場所:大阪市北区

    撮影: 2007(平成19)年1月26日

  • 02:15.30
    2007年01月26日
    「投手はハンカチ使って」 〝そのまんま流〞でエール

    21世紀枠で26日、選抜高校野球大会への切符をつかんだ宮崎県の都城泉ケ丘高校は、同県の東国原英夫(そのまんま東)知事の母校。知事は早速学校に電話し、下高原信義校長に「県が暗い話題ばっかりだったので元気が出ました。誇りに思います」と祝福した<映像内容>母校に電話し、選抜大会出場決定を祝福、激励する知事、撮影日:2007(平成19)年1月26日、撮影場所:宮崎県宮崎市

    撮影: 2007(平成19)年1月26日

  • 03:47.46
    1965年10月31日
    養殖真珠

    キーワード:真珠、ネックレス、伊勢志摩湾、養殖筏、核入れ、真珠取り出し、選別、加工、ジュエリー、産業=製作年:1965(昭和40)年10月、三重県志摩市、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1965

  • 02:06.32
    1965年06月30日
    「インタナシヨナル映画」全日本ダンスコンテスト

    キーワード:競技会、社交ダンス、観客、審査、生バンド、表彰式、全日本選抜舞踏競技選手権大会=製作年:1965(昭和40)年6月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1965

  • 01:12.63
    1963年03月31日
    「インタナシヨナル映画」全国高等学校選抜野球大会

    キーワード:甲子園、高校野球、試合、応援合戦、スポーツ、夏、風物詩、春の甲子園=製作年:1963(昭和38)年3月、兵庫・甲子園球場、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1963

  • 01:32.65
    1962年12月31日
    「福島民報」「民報ニュース」信夫丘選抜始まる

    信夫丘選抜高校野球大会の入場式。8チームが集う。去年優勝の双葉高校から優勝旗返還。双葉・クマ主将が宣誓。開幕第一戦は双葉高校対白河高校。にぎやかな応援合戦。双葉が白河の失策に乗じて6回に一挙3点先取。得点加え一方的に白河破る。磐城高校が優勝。=撮影日:1962(昭和37)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    撮影: 撮影日:1962

  • 02:20.54
    1962年10月31日
    「インタナシヨナル映画」オートメーション郵便局

    キーワード:京都中央郵便局、ポスト、自動選別機か?、科学技術=製作年:1962(昭和37)年10月、京都、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1962

  • 01:12.08
    1961年12月31日
    「福島民報」「民報ニュース」選抜高校野球 信夫丘

    第10回福島県選抜高校野球は、信夫ケ丘球場で開幕した。8チームが出場し、決勝は浜通り対決。双葉高校が内郷高校を6対3で破り初優勝。撮影日:1961(昭和36)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 01:48.45
    1960年04月15日
    「福島民報」「民報ニュース」保原高校初優勝 福島県選抜高校野球

    4月15日、福島市公会堂で県選抜高校野球大会の前夜祭が行われた。会津高から優勝旗返還の後、参加した8校に安井高野連会長が激励の言葉を贈った。エールを交換。16日は始球式に続き会津対日大東北工。2日間の激闘野末、川俣下し保原が初優勝し、福島民報社が寄贈した優勝旗を獲得した。撮影日:1960(昭和35)年4月15~16日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 01:04.89
    1959年08月14日
    「福島民報」「民報ニュース」第3回中学選抜野球大会

    第3回中学選抜野球大会の前夜祭は、8月14日、会津若松の第二中学校で行われた。予選を通過した精鋭8校の選手たちが出席。決勝戦は8月16日で、湯本二中と若松一中が戦う。撮影日:1959(昭和34)年8月14~16日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 01:09.99
    1959年04月17日
    「福島民報」「民報ニュース」第8回選抜高校野球大会 開会式と前夜祭

    4月17日に福島市公会堂で開会式と前夜祭が行われた。4月19日は会津と磐城の決勝。会津黒岩の投球シーンも。黒岩選手に優勝旗。撮影日:1959(昭和34)年4月17、19日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 01:08.33
    1959年04月02日
    「福島民報」「民報ニュース」会津高センバツ出場

    福島県内の高校として初のセンバツ出場。甲子園での練習、開会式の入場行進。行進では直前に亡くなった斎藤監督を悼む喪章。撮影日:1959(昭和34)年4月2日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 1