KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • スニト
  • フフホト
  • 世界
  • 中国
  • 乾燥
  • 令和
  • 個体
  • 分布
  • 協会
  • 命名

「ステップ地帯」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    (4)「中国のラクダの里」を訪ねて内モンゴル自治区アルシャー盟

    ラクダに乗りポロを楽しむ牧畜民。(資料写真)中国はフタコブラクダの世界的な主要産地の一つであり、約30万頭が主に内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区、青海省、甘粛省などの乾燥した砂漠やステップ地帯に分布し、アルシャーフタコブラクダ、新疆フタコブラクダ、スニト(蘇尼特)フタコブラクダの3種に分かれる。内モンゴル自治区アルシャー盟は、中国で最も多くのフタコブラクダを飼育している地域で、中国全体の飼育頭数の3分の1を占めている。アルシャーフタコブラクダは2012年、農業部の農畜産物地理的表示(GI)の保護対象に認定され、同年11月、アルシャー盟は中国畜牧業協会から「中国のラクダの里」と命名された。現在、アルシャーフタコブラクダの個体数は13万頭で安定的に管理されており、生産額は4億元(1元=約17円)に達し、現代的なラクダ産業体系がほぼ確立されている(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032608025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    (3)「中国のラクダの里」を訪ねて内モンゴル自治区アルシャー盟

    ラクダの乳搾り大会に参加する牧畜民。(資料写真)中国はフタコブラクダの世界的な主要産地の一つであり、約30万頭が主に内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区、青海省、甘粛省などの乾燥した砂漠やステップ地帯に分布し、アルシャーフタコブラクダ、新疆フタコブラクダ、スニト(蘇尼特)フタコブラクダの3種に分かれる。内モンゴル自治区アルシャー盟は、中国で最も多くのフタコブラクダを飼育している地域で、中国全体の飼育頭数の3分の1を占めている。アルシャーフタコブラクダは2012年、農業部の農畜産物地理的表示(GI)の保護対象に認定され、同年11月、アルシャー盟は中国畜牧業協会から「中国のラクダの里」と命名された。現在、アルシャーフタコブラクダの個体数は13万頭で安定的に管理されており、生産額は4億元(1元=約17円)に達し、現代的なラクダ産業体系がほぼ確立されている(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032608026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    (2)「中国のラクダの里」を訪ねて内モンゴル自治区アルシャー盟

    ラクダで物資を運ぶ牧畜民。(資料写真)中国はフタコブラクダの世界的な主要産地の一つであり、約30万頭が主に内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区、青海省、甘粛省などの乾燥した砂漠やステップ地帯に分布し、アルシャーフタコブラクダ、新疆フタコブラクダ、スニト(蘇尼特)フタコブラクダの3種に分かれる。内モンゴル自治区アルシャー盟は、中国で最も多くのフタコブラクダを飼育している地域で、中国全体の飼育頭数の3分の1を占めている。アルシャーフタコブラクダは2012年、農業部の農畜産物地理的表示(GI)の保護対象に認定され、同年11月、アルシャー盟は中国畜牧業協会から「中国のラクダの里」と命名された。現在、アルシャーフタコブラクダの個体数は13万頭で安定的に管理されており、生産額は4億元(1元=約17円)に達し、現代的なラクダ産業体系がほぼ確立されている(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032608027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月29日
    「中国のラクダの里」を訪ねて内モンゴル自治区アルシャー盟

    砂漠を進むラクダのキャラバン隊。(資料写真)中国はフタコブラクダの世界的な主要産地の一つであり、約30万頭が主に内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区、青海省、甘粛省などの乾燥した砂漠やステップ地帯に分布し、アルシャーフタコブラクダ、新疆フタコブラクダ、スニト(蘇尼特)フタコブラクダの3種に分かれる。内モンゴル自治区アルシャー盟は、中国で最も多くのフタコブラクダを飼育している地域で、中国全体の飼育頭数の3分の1を占めている。アルシャーフタコブラクダは2012年、農業部の農畜産物地理的表示(GI)の保護対象に認定され、同年11月、アルシャー盟は中国畜牧業協会から「中国のラクダの里」と命名された。現在、アルシャーフタコブラクダの個体数は13万頭で安定的に管理されており、生産額は4億元(1元=約17円)に達し、現代的なラクダ産業体系がほぼ確立されている。(フフホト=新華社配信/徐建)=配信日:2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912674

  • 1