KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シカ
  • データ収集
  • ドローン
  • ワークステーション
  • 令和
  • 位置
  • 個体
  • 内モンゴル自治区
  • 動き
  • 北京大学

「スペクトルイメージング」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年02月13日
    Glawe visits start-up companies

    13 February 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Pepelow: During a visit to the start-up company Diaspective Vision GmbH, Harry Glawe (CDU, l-r), Minister of Economic Affairs, is informed about the status of the development of a camera for hyperspectral imaging for medical diagnoses of wounds and tumours, next to him is Philip Wahl, Product Manager. Glawe will be a guest of three young companies on 13.02.2020 together with the Mittelständische Beteiligungsgesellschaft Mecklenburg-Vorpommern (MBMV). Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409086

  • 2020年02月13日
    Glawe visits start-up companies

    13 February 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Pepelow: During a visit to the start-up company Diaspective Vision GmbH, Harry Glawe (CDU, 5th from left), Minister of Economic Affairs, informs himself about the status of the development of a camera for hyperspectral imaging for medical diagnoses of wounds and tumours, next to him is Philip Wahl, Product Manager. Glawe will be a guest of three young companies on 13.02.2020 together with the Mittelständische Beteiligungsgesellschaft Mecklenburg-Vorpommern (MBMV). Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409138

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012209938

  • 1