KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • プリンター
  • 記者
  • プロセス
  • 古紙
  • 成形
  • 分解
  • 生産
  • 結合
  • 日刊工業新聞

「セイコーエプソン」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
116
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
116
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2019年02月28日
    セイコーエプソンのロゴマーク

    キーワード:セイコーエプソン、Seiko Epson、EPSON、情報関連機器メーカー、精密機器メーカー、インクジェットプリンター、プリンター事業、プロジェクター、パソコン、半導体、水晶振動子、クォーツ、電子デバイス、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(平成31)年2月28日、CP+(シーピープラス)2019会場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040503931

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    ミルコが手がける日本製の機械式腕時計

    ミルコは5月、初の商品「TYPE―02」を発売した。1970年代をイメージしたクロノグラフ機能付きの機械式腕時計で消費税抜きの価格は25万円。約100本生産し、すぐに完売した。顧客層は日本と海外で半々だった。平岡社長と渡辺達也取締役は、高校のアメリカンフットボール部で共に汗を流した仲。学生時代は時計の魅力について語り合い、平岡社長はオリエント時計(現セイコーエプソン)、渡辺取締役は時計専門店に就職した。今ではクオーツ式時計に押され、日本の機械式時計の製造技術を持つ職人は減少。日本の技術が失われつつあることに危機感を感じ、資金やノウハウを蓄積して創業した。平岡社長は機械式腕時計の魅力を「メンテナンス性に優れ、何十年も使えること」と語る。国内外へのPRを高め、売上高は2020年9月期に2億円を目指す。現在は生産委託しているが、今後は時計製造の機械自体を自社で作る計画。自社機械で作った時計を「TYPE―01」として販売する目標を掲げる。=2019(平成31)年2月18日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062804679

  • 2020年11月05日
    【輸入博】日本メーカーの環境配慮型製紙機、工業技術・設備エリアに登場

    5日、水を使わない紙再生システム(乾式オフィス製紙機)の製紙工程の実物展示コーナーを近距離で見学する来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会の工業技術・設備エリアで、日本のセイコーエプソンの水を使わない紙の再生システムが展示され話題になっている。同システムは、使用済みの紙を繊維状に分解して強化・結合し、加圧して成形することで最終的に再利用可能な紙を生産。製紙工程では水を使用しない。同システムの環境保護や節水の特性に、多くの来場者が関心を示している。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904368

  • 2012年03月10日
    碓井稔氏 ひと

    セイコーエプソンの碓井稔社長

    商品コード: 2012031000186

  • 2021年07月15日
    エプソン、設備の申請せず

    セイコーエプソン 問題の設備がある拠点

    商品コード: 2021071511399

  • 2021年07月15日
    エプソン、設備の申請せず

    セイコーエプソン 問題の設備がある拠点

    商品コード: 2021071511403

  • 2020年03月07日
    小川恭範氏 ひと

    セイコーエプソンの小川恭範次期社長

    商品コード: 2020030700302

  • 1991年07月11日
    液晶で収益アップ図る

    セイコーエプソンの安川英昭社長

    商品コード: 2014030200093

  • 2021年07月15日
    エプソン、設備の申請せず

    セイコーエプソン 問題の設備がある拠点

    商品コード: 2021071511396

  • 2021年07月15日
    エプソン、設備の申請せず

    セイコーエプソン 問題の設備がある拠点

    商品コード: 2021071511397

  • 2012年04月23日
    セイコーエプソンの本社 「東洋のスイス」が原点

    セイコーエプソンの本社=長野県諏訪市

    商品コード: 2012042300291

  • 2020年11月05日
    【輸入博】日本メーカーの環境配慮型製紙機、工業技術・設備エリアに登場

    5日、水を使わない紙再生システム(乾式オフィス製紙機)の近くでスタッフと話をする来場者(左)。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会の工業技術・設備エリアで、日本のセイコーエプソンの水を使わない紙の再生システムが展示され話題になっている。同システムは、使用済みの紙を繊維状に分解して強化・結合し、加圧して成形することで最終的に再利用可能な紙を生産。製紙工程では水を使用しない。同システムの環境保護や節水の特性に、多くの来場者が関心を示している。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904247

  • 2020年11月05日
    【輸入博】日本メーカーの環境配慮型製紙機、工業技術・設備エリアに登場

    5日、展示ブースでのPR活動で、水を使わない紙再生システム(乾式オフィス製紙機)の環境保護上の特長を紹介するスタッフ(左)。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会の工業技術・設備エリアで、日本のセイコーエプソンの水を使わない紙の再生システムが展示され話題になっている。同システムは、使用済みの紙を繊維状に分解して強化・結合し、加圧して成形することで最終的に再利用可能な紙を生産。製紙工程では水を使用しない。同システムの環境保護や節水の特性に、多くの来場者が関心を示している。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904416

  • 1992年03月05日
    (やすかわ・ひであき) 安川英昭

    セイコーエプソン社長、1991(平成3)年7月9日撮影

    商品コード: 1999030800088

  • 2015年11月07日
    3D対応プロジェクター 家庭用プロジェクター注目

    セイコーエプソンの3D対応プロジェクター「EH―TW5350」

    商品コード: 2015110700218

  • 2007年09月29日
    セイコーエプソン 写真印刷機能を高度化

    セイコーエプソンのカラリオ「PM―T960」

    商品コード: 2007092900093

  • 2013年09月03日
    セイコーエプソンの商品 小型化やネット連携強化

    セイコーエプソンの新型プリンター「EP―976A3」

    商品コード: 2013090300525

  • 2020年11月05日
    【輸入博】日本メーカーの環境配慮型製紙機、工業技術・設備エリアに登場

    5日、水を使わない紙再生システム(乾式オフィス製紙機)で作った紙(左)と普通紙のそれぞれを使ったコピーのサンプルを見せるスタッフ。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会の工業技術・設備エリアで、日本のセイコーエプソンの水を使わない紙の再生システムが展示され話題になっている。同システムは、使用済みの紙を繊維状に分解して強化・結合し、加圧して成形することで最終的に再利用可能な紙を生産。製紙工程では水を使用しない。同システムの環境保護や節水の特性に、多くの来場者が関心を示している。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904277

  • 2020年11月05日
    【輸入博】日本メーカーの環境配慮型製紙機、工業技術・設備エリアに登場

    5日、水を使わない紙再生システム(乾式オフィス製紙機)によって使用済みの紙から繊維に分解されたドライファイバー(左)と色材の残りかす(右)を手に持つスタッフ。このファイバーが再生紙製造の主原料となる。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会の工業技術・設備エリアで、日本のセイコーエプソンの水を使わない紙の再生システムが展示され話題になっている。同システムは、使用済みの紙を繊維状に分解して強化・結合し、加圧して成形することで最終的に再利用可能な紙を生産。製紙工程では水を使用しない。同システムの環境保護や節水の特性に、多くの来場者が関心を示している。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904420

  • 2020年11月05日
    【輸入博】日本メーカーの環境配慮型製紙機、工業技術・設備エリアに登場

    5日、水を使わない紙再生システム(乾式オフィス製紙機)の高分子機能色材ストッカー。これらの色材を調合しカラーペーパーとして再生する。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会の工業技術・設備エリアで、日本のセイコーエプソンの水を使わない紙の再生システムが展示され話題になっている。同システムは、使用済みの紙を繊維状に分解して強化・結合し、加圧して成形することで最終的に再利用可能な紙を生産。製紙工程では水を使用しない。同システムの環境保護や節水の特性に、多くの来場者が関心を示している。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904374

  • 1994年12月19日
    光に向かう極小ロボット

    セイコーエプソンが販売するおもちゃの極小ロボット「ニーニョ」

    商品コード: 1994121900048

  • 2010年09月02日
    新発売のEP―803A ガイド機能付きプリンター

    セイコーエプソンが発売するプリンター「EP―803A」

    商品コード: 2010090200365

  • 1994年11月14日
    大型画面のノートPC

    セイコーエプソンのパソコン「アップグレード・マルチノート」

    商品コード: 1994111400031

  • 1996年03月04日
    すぐに使えるデジカメ

    セイコーエプソンのデジタルカメラ「カラリオCP100」

    商品コード: 1996030400073

  • 2015年09月01日
    「EP―10VA」 スマホ連携、一段と強化

    セイコーエプソンのプリンター「EP―10VA」

    商品コード: 2015090100662

  • 2016年01月15日
    タンク式インクプリンター 商品ニュース

    セイコーエプソンが発売するカラー複合機「EW―M660FT」

    商品コード: 2016011500368

  • 2015年11月07日
    セイコーエプソンの新製品 家庭用プロジェクター人気

    セイコーエプソンの3D対応プロジェクター「EH―TW5350」

    商品コード: 2015110700193

  • 1997年05月22日
    VICS内蔵の液晶TV

    セイコーエプソンの「ロードニュースET―V600」

    商品コード: 1997052200052

  • 1996年05月29日
    高画質高速のプリンター

    セイコーエプソンのジェットカラープリンター「MJ―510C」

    商品コード: 1996052900041

  • 1998年01月26日
    超高画質プリンター 発売1週間で6万台販売

    セイコーエプソンの超高画質プリンター「カラリオPM―750C」

    商品コード: 1998012600038

  • 2004年06月25日
    プリンターと女性チーム 店で印刷、それとも家で?

    デジカメ専用プリンターと、開発したセイコーエプソンの女性チーム

    商品コード: 2004062500007

  • 2015年12月01日
    エプソンの小型製紙装置 紙をオフィスでリサイクル

    セイコーエプソンの「PaperLab(ペーパーラボ)」

    商品コード: 2015120100772

  • 2015年09月01日
    年賀状向けプリンター スマホ連携、一段と強化

    セイコーエプソンの年賀状向けプリンター「PF―81」

    商品コード: 2015090100671

  • 1994年10月27日
    毎秒110字を印字

    セイコーエプソンのプリンター「MJ―450」

    商品コード: 1994102700062

  • 2015年01月08日
    碓井稔社長 ウエアラブルで医療参入

    7日、米ラスベガスでインタビューに答えるセイコーエプソンの碓井稔社長(共同)

    商品コード: 2015010800072

  • 2015年11月19日
    「Nシリーズ」 ロボットを1千億円事業に

    セイコーエプソンが発売する製造業用ロボット「Nシリーズ」=19日午後、東京都新宿区

    商品コード: 2015111900637

  • 2015年08月20日
    プロジェクター 臨場感あるプロジェクター

    セイコーエプソンが発売するプロジェクターの新機種「EH―TW5350」

    商品コード: 2015082000545

  • 2009年03月12日
    記者会見する碓井社長 ソニーとエプソン提携協議

    記者会見するセイコーエプソンの碓井稔社長=12日午後、東京都中央区

    商品コード: 2009031200304

  • 1995年05月31日
    IBM互換機を本格発売

    セイコーエプソンが発売する卓上型パソコン「ViVidy VM466R」

    商品コード: 1995053100072

  • 1995年12月12日
    95対応プリンター

    セイコーエプソンのプリンター「エスパー・レーザーLP―8200」

    商品コード: 1995121200042

  • 1987年09月14日
    (なかむら・つねや) 中村恒也

    セイコーエプソン社長=1987(昭和62)年9月14日、撮影場所不明

    商品コード: 2021070904064

  • 2004年03月29日
    持ち運べるプリンター 商品ニュース

    セイコーエプソンが発売する、持ち運べる小型プリンター「カラリオ ミー(E―100)」

    商品コード: 2004032900131

  • 2006年09月26日
    エプソンのプリンター 高画質の写真プリンター

    セイコーエプソンが発売するインクジェットプリンター「カラリオPM―A820」

    商品コード: 2006092600233

  • 2012年08月08日
    リスタブルGPS ランニング用のGPS機器

    セイコーエプソンの「リスタブルGPS」=8日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2012080800914

  • 1996年12月04日
    プリンター 手作り年賀状が人気

    写真並みの高画質が売り物のセイコーエプソンのプリンター「カラリオPM―700C」

    商品コード: 1996120400033

  • 1997年03月21日
    APS対応のスキャナー

    セイコーエプソンが発売するフィルムスキャナー「カラリオFS―1300」

    商品コード: 1997032100033

  • 1998年05月11日
    画素数増やし画質向上

    セイコーエプソンのデジタルカメラ「カラリオ・フォトCP―600」

    商品コード: 1998051100139

  • 2015年09月01日
    セイコーエプソンの製品 スマホ連携、一段と強化

    セイコーエプソンの年賀状向けプリンター「PF―81」=1日、東京都港区

    商品コード: 2015090100666

  • 1996年10月31日
    7型ワイド車載テレビ

    セイコーエプソンが発売する自動車用液晶カラーテレビ「ET―W7000」

    商品コード: 1996103100024

  • 1997年06月20日
    高画質のデジタルカメラ

    セイコーエプソンのデジタルカメラ「エプソン カラリオ・フォトCP―500」

    商品コード: 1997062000030

  • 1997年05月28日
    ネット対応プリンター

    セイコーエプソンのプリンター「エスパー・インパクトVP―5200」

    商品コード: 1997052800049

  • 1998年01月12日
    時計技術で昆虫型ロボット

    昆虫型ロボットの開発を語る吉野雅士セイコーエプソン研究開発本部開発企画推進部部長

    商品コード: 1998011200040

  • 2015年07月28日
    エプソンのプロジェクター 明るくても映像見やすく

    セイコーエプソンが発売する業務用プロジェクターの新機種「EB―U32」

    商品コード: 2015072800538

  • 2015年09月01日
    セイコーエプソンの新製品 スマホ連携、一段と強化

    セイコーエプソンのプリンター「EP―10VA」=1日、東京都港区

    商品コード: 2015090100663

  • 2009年03月12日
    記者会見する碓井社長 ソニーとエプソン提携協議

    記者会見するセイコーエプソンの碓井稔社長=12日午後、東京都中央区

    商品コード: 2009031200313

  • 1994年10月15日
    B4カラープリンター

    小型ながらB4判の用紙まで印刷できるセイコーエプソンのプリンター

    商品コード: 1994101500041

  • 2003年08月26日
    家庭用プロジェクター 迫力ある映像楽しんで

    セイコーエプソンの家庭用プロジェクター「EMP―TW10」とスクリーンに投影された映画

    商品コード: 2003082600196

  • 2003年06月23日
    「カラリオ」シリーズ エプソン上場、独立色強く

    セイコーエプソンの人気プリンター「カラリオ」シリーズ=23日午前、東京都新宿区のエプソンスクエア

    商品コード: 2003062300207

  • 2003年06月24日
    記者会見する草間三郎社長 市場に感謝とエプソン社長

    東京証券取引所上場後に記者会見するセイコーエプソンの草間三郎社長=24日午後、東京・日本橋兜町

    商品コード: 2003062400189

  • 2003年10月09日
    木村登志男副社長 携帯向けの部品がけん引

    携帯電話画面のカラー化で需要が好調と語るセイコーエプソンの木村登志男副社長=9日午前、長野県諏訪市

    商品コード: 2003100900204

  • 2014年01月28日
    モベリオBT―200 エプソンが眼鏡型端末

    セイコーエプソンが発売する、眼鏡のように装着して使う情報端末「モベリオBT―200」=28日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2014012800429

  • 2012年10月26日
    3D対応のプロジェクター 商品ニュース

    セイコーエプソンが発売する3D対応の家庭用プロジェクター「ドリーミオ EH―TW510」

    商品コード: 2012102600306

  • 2006年09月26日
    新製品と長沢まさみさん 高画質の写真プリンター

    セイコーエプソンのプリンター新製品とイメージキャラクターの長沢まさみさん(中央)=26日午後、東京都内のホテル

    商品コード: 2006092600226

  • 2012年08月31日
    講演するエプソン社長 最新技術で巻き返し

    ベルリンで開幕した家電見本市「IFA2012」で基調講演するセイコーエプソンの碓井稔社長=31日(共同)

    商品コード: 2012083100578

  • 2010年10月20日
    評価する鳥取県知事 雇用受け皿で新会社

    セイコーエプソンへの要請後、新会社設立を評価する鳥取県の平井伸治知事=20日午後、東京都新宿区

    商品コード: 2010102000449

  • 1997年10月23日
    高速印刷のプリンター

    セイコーエプソンの高速、高画質のジェットカラープリンター「フォト・マッハジェットColorio PM―750C」

    商品コード: 1997102300040

  • 1997年09月01日
    A3対応プリンター

    セイコーエプソンが発売する新型プリンター「プロスパート・フォトマッハジェットPM―2000C」

    商品コード: 1997090100034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年03月11日
    記者会見する久保田常務 純損失1千億円に下方修正

    記者会見するセイコーエプソンの久保田健二常務=11日午後、東京・日本橋兜町の東京証券取引所

    商品コード: 2009031100373

  • 2004年03月11日
    エプソンのデジカメ アナログ感覚のデジカメ

    手動でピントを調節するなどアナログ感覚を重視した、セイコーエプソンのデジタルカメラ「R―D1」

    商品コード: 2004031100188

  • 1996年01月18日
    95対応のプリンター

    ウィンドウズ95に対応できるプリンター「エスパー・インパクト VP―4100」(セイコーエプソンが発売)

    商品コード: 1996011800086

  • 2003年10月17日
    明るい部屋でも鮮明画像 商品ニュース

    セイコーエプソンが、ホームプロジェクター「ドリーミオ」シリーズから発売する「EMP―TW200」

    商品コード: 2003101700184

  • 2012年08月29日
    セイコーエプソンの新製品 スマホと連携のプリンター

    セイコーエプソンが発売する家庭用プリンター「カラリオ」の新製品と忽那汐里さん=29日、東京都千代田区

    商品コード: 2012082900552

  • 2012年08月29日
    「カラリオ」の新製品 スマホと連携のプリンター

    セイコーエプソンが9月20日に発売する家庭用プリンター「カラリオ」の新製品「EP―805」シリーズ

    商品コード: 2012082900553

  • 2005年06月07日
    セイコーエプソンの新製品 45インチ超で30万円弱の低価格

    セイコーエプソンが7日発売したリアプロジェクションテレビ「リビングステーション」の新製品

    商品コード: 2005060700104

  • 2004年03月24日
    握手する両社長 エプソンと三洋が液晶統合

    液晶事業の統合に合意し、記者会見で握手するセイコーエプソンの草間三郎社長(左)と三洋電機の桑野幸徳社長=24日夕、東京都千代田区のホテル

    商品コード: 2004032400195

  • 2010年02月21日
    (まじま・まこと) 馬島誠

    アイススレッジホッケー選手(セイコーエプソン)、バンクーバー冬季パラリンピック競技大会日本代表、2010年2月16日撮影

    商品コード: 2010022100153

  • 2018年09月20日
    中沢さんと鳥井さん 英で「日本の匠」紹介

    19日、ロンドンの日本大使公邸でのイベントで、「匠の技」を説明するセイコーエプソンの中沢義房さん(左)とサントリースピリッツの鳥井和之さん(共同)

    商品コード: 2018092000089

  • 1989年04月24日
    外部記憶装置専用の洗浄装置 ハイテク産業に大打撃

    セイコーエプソン本社工場のコンピューター外部記憶装置専用の洗浄装置。フロンの代わりに水と窒素ガスを使う=長野県諏訪市

    商品コード: 2019110100604

  • 2010年11月27日
    碓井社長と選手ら マンUとスポンサー契約

    26日、英中部にあるマンチェスター・ユナイテッドの本拠地で、記念撮影するセイコーエプソンの碓井稔社長(前列右端)と選手ら(共同)

    商品コード: 2010112700091

  • 2014年01月07日
    眼鏡型のウエアラブル端末 テレビ以外の4K機器続々

    セイコーエプソンが家電見本市「インターナショナルCES」に出展した、眼鏡型のウエアラブル端末=6日、ラスベガス(共同)

    商品コード: 2014010700346

  • 2010年02月21日
    (やぐち・あつや) 矢口敦也

    アイススレッジホッケー選手(セイコーエプソン)、バンクーバー冬季パラリンピック競技大会日本代表、2010年2月16日撮影

    商品コード: 2010022100156

  • 2001年11月29日

    「カラー」◎矢口敦也、ソルトレークシティー冬季パラリンピック、アイススレッジホッケー選手、セイコーエプソン、2001年11月23日撮影、顔

    商品コード: 2001112900068

  • 2003年09月25日
    松浦亜弥さん エプソンCMに松浦さん

    セイコーエプソンの新カラリオプリンターのCMキャラクターに選ばれた、タレントの松浦亜弥さん=25日午後、東京都千代田区のホテル

    商品コード: 2003092500195

  • 2012年03月05日
    披露する両社長 GPSで現地時間に修正

    「セイコー アストロン」を披露するセイコーウオッチの服部真二社長(右)とセイコーエプソンの碓井稔社長=5日午後、東京都中央区

    商品コード: 2012030500494

  • 2014年01月07日
    腕時計型ウエアラブル端末 テレビ以外の4K機器続々

    セイコーエプソンが家電見本市「インターナショナルCES」に出展した、腕時計型のウエアラブル端末=6日、ラスベガス(共同)

    商品コード: 2014010700343

  • 2015年06月23日
    業務用の情報機器 業務用の眼鏡型端末

    セイコーエプソンが発表した眼鏡のように装着して使う業務用の情報機器「モベリオ プロ BT―2000」=23日、東京都港区

    商品コード: 2015062300513

  • 2015年01月08日
    見本市のエプソンブース ウエアラブルで医療参入

    家電見本市「インターナショナルCES」で、ウエアラブル端末などを展示するセイコーエプソンのブース=7日、米ラスベガス(共同)

    商品コード: 2015010800117

  • 2007年09月04日
    エプソンのプロジェクター 10万円切るプロジェクター

    セイコーエプソンの容易に持ち運べる低価格プロジェクターを手にする長沢まさみさん=4日午後、東京都港区のエプソン品川アクアスタジアム

    商品コード: 2007090400157

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208875

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208871

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208880

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208876

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208869

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(右から)会見するセイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長と、ユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208888

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。ヘリコプターの尾翼の部分がパラレジン。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208874

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208894

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208870

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208898

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208899

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208868

  • 1
  • 2