KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 風景
  • 位置
  • 平成
  • 歴史
  • 建設
  • 景観
  • 空撮
  • 面積

「セイホク」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
678
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
678
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    鎌倉の大仏

    鎌倉の大仏。この辺を深沢と云う。大仏の西の山坂を大仏切り通しと云い、常盤、梶原に通す。(『大日本地名辞書』)もとの高徳院の門前を西北に進むと切り通しに出る。その名を深沢切り通しと言う。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐49‐0]

    商品コード: 2017080201524

  • -
    名古屋城の遠景

    名古屋城天守閣をのぞむ。天守閣の背後に西北隅櫓が見える。天守閣は、外観五層、内部石蔵一階、石垣上五階、初期層塔型天守閣である。堀に船が、数艘浮かんでいる。=撮影年月日不明、名古屋、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐41‐0]

    商品コード: 2017080200756

  • -
    名古屋城

    名古屋城西北隅櫓を正面後方にのぞむ。西北隅櫓は、名古屋城の前に家康が築いた清洲城の小天守の古材を使用しており、名古屋城の中で最古の建築物である。外部三重、内部三階。左やや手前に、大棟に鯱を載せた天守閣が見える。=撮影年月日不明、名古屋、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐31‐0]

    商品コード: 2017080201199

  • -
    相撲

    相撲は、直径4.55mの円形で、40~60cm盛り土された土俵で行われる。土俵は、東南西北に位置する四方柱(よもばしら)に囲まれ、方屋(かたや)といわれる屋根に覆われる。四方柱は春夏秋冬を表わし、その上部には水ひき幕が張られた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐59‐0]

    商品コード: 2017080201317

  • -
    Transcontinental Railroad

    Promontory Point, Utah: May 10, 1869.Completion of the first transcontinental railroad with the Central Pacific Railroad coming from Sacramento, and the Union Pacific Railroad building out from Chicago. The two railroads started the project six years earlier, in 1863.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031202408

  • -
    丘陵地から望む尾道市街

    尾道は平安時代末期から瀬戸内海の物流の拠点として繁栄し,経済や文化の中心として大きな位置を占めてきた。写真は市街地の西北に聳える千光寺山から市街地及び尾道水道や遠く松永湾を望む。=撮影年月日不明、尾道、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐28‐0]

    商品コード: 2017081501806

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年11月07日
    満州事変

    満州の斉斉哈爾(チチハル)西北の成吉思汗(ジンギスカン)駅近くの凍結した川で、氷の下から魚を捕る日本軍兵士。満州では日中両軍とも、生鮮食料はこうした川魚などに頼っていた=1931年11月(ACME)

    商品コード: 2010112400306

  • 1942年03月02日
    第1718号 「同盟写真特報」

    西南太平洋悉く我が制圧下に、サバン島スマトラ島西北端に軍歌翻る、写真はインド洋上に活躍する我が勇士、日野海軍報道班員撮影、海軍省許可済第571号、昭和17年3月28日(土曜日)第1718号

    商品コード: 2008052300412

  • 1942年05月17日
    ビルマ西北部要図

    ビルマ西北部要図=整理1942(昭和17)年5月17日(番号なし)

    商品コード: 2015070300306

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年09月24日
    脳神経病院、死体遺棄事件

    大阪脳神経病院の死体遺棄事件で、同病院西北隅のニラ畑から頭蓋骨を掘り出す作業員=1948(昭和23)年9月24日、大阪府豊中市

    商品コード: 2014070900551

  • 1952年07月02日
    英領西アフリカ

    ガーナ・アクラ西北ヌーサンの子どもたち=整理1952(昭和27)年7月2日(共同)(特派1104)

    商品コード: 2019032901237

  • 1956年10月08日
    業平の墓発見

    竹中稲荷社西北隅の一角、「禁定地」と呼ばれる五間四方が在原業平の平塚であるとされる=出稿1956(昭和31)年10月8日、京都市左京区の吉田山(31年内地4498)

    商品コード: 2012071700375

  • 1956年10月08日
    業平の墓発見

    竹中稲荷社西北隅の一角、「禁定地」と呼ばれる五間四方が在原業平の平塚であるとされる=出稿1956(昭和31)年10月8日、京都市左京区の吉田山(31年内地4498関連)

    商品コード: 2012071700378

  • 1961年02月08日
    羽田に電波の安全着陸装置

    羽田空港A滑走路西北端にあるタテの電波を出し進入方向を指示するローカライザーアンテナ=1961(昭和36)年2月8日出稿 (36年内地879)

    商品コード: 2011090100074

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1967年07月09日
    水浸しになった伊万里市 豪雨で九州西北部に被害

    集中豪雨で河川が氾濫、市内全域が水浸しになった佐賀県伊万里市=1967(昭和42)年7月9日

    商品コード: 1967070950001

  • 1971年01月11日
    完成間近チンチンガード

    岡山市の中心部と西北部を結ぶ同市島田の連絡道路・通称チンチンガードの立体交差工事がほぼ完成した。取り付け道路を含めて延長516メートル片側2車線で、両側の歩道部分とはコンクリート壁で分離されている。この道路が開通すると国道53号の南方こ線橋の混雑も緩和され、〝開かずの踏切〞の汚名も返上される。=1971(昭和46)年1月11日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122723034

  • 1974年03月27日
    白鳳時代の窯跡か?

    奈良・明日香村の史跡「川原寺」西北の小山から出土した仏像の「方形三尊〓(せん)仏」。奈良県立樫原考古学研究所が、同所にある窯跡推定地を発掘調査したところ、白鳳時代(7世紀後半~8世紀初頭)に粘土を焼いて作った仏像の方形三尊〓の破片100点近くが出土した。確認はできていないが、〓仏を焼いた特殊な窯跡の可能性が強いという=1974(昭和49)年3月27日 (〓は土ヘンに傅のツクリ、ユニコード 587C)

    商品コード: 2011110100396

  • 1974年04月02日
    飛鳥で緑釉〓を発掘

    奈良・明日香村の史跡「川原寺」西北の小山から出土した緑釉(りょくゆう)の渦文〓(せん)(左)と水波文〓。緑釉は、唐三彩の影響を受け、日本では奈良時代の制作というのが学会の定説だったが、この発見で白鳳期(7世紀後半~8世紀初頭)に彩色陶器が作られていたことがわかった=1974(昭和49)年4月2日、奈良県明日香村(〓は土ヘンに傅のツクリ、ユニコード 587C)(関連:49年内地 1901)

    商品コード: 2011110100431

  • 1975年11月03日
    モロッコと“金貨の商談”

    ハッサン国王の即位15周年記念金貨。「国王の記念金貨を作ってほしい」-アフリカ西北端のモロッコから日本の貿易商社に寄せられた商談がまとまった。国王ハッサン二世の即位15年を祝ったものだが、彫刻家親松英治氏がデザイン。日本でも12月に1枚10万円で販売の予定

    商品コード: 2013041500150

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1978年02月06日
    放射性物体を降ろす ソ連の軍事衛星が墜落

    1月24日、カナダ西北部に墜落したソ連原子炉衛星コスモス954号から回収の、放射性物体を降ろすカナダ原子力エネルギー管理委員会の係官=1978(昭和53)年2月、カナダ・イエローナイフ付近(UPI=共同)

    商品コード: 1978020650002

  • 1980年10月21日
    中国の原人たち(6) シルクロード・エピソード

    「大茘(だいり)人は重要な発見」と語る西安市・西北大学地質学部の王永〓(おう・えいえん)教授(〓は火の下に火二つ)(共同)

    商品コード: 2016020900239

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1982年07月23日
    長崎で7月豪雨

    山口県と九州西北部に集中豪雨があり、長崎県長与町では1時間雨量が187ミリと国内観測史上最高を記録した。被害が集中した長崎市内では死者・行方不明が299人に達し、中島川にかかる重要文化財の眼鏡橋(写真)も欄干が壊れるなどした=1982(昭和57)年7月23日

    商品コード: 2003070700129

  • 1983年01月21日
    (おう・しん) 王震

    中国、西北中共軍野戦司令官、政治局員、中共中央党学校校長、国家副主席、中日友好協会名誉会長(1983年7月)、1982年10月7日撮影

    商品コード: 2003070900090

  • 1988年05月12日
    (おう・しん) 王震

    中国、西北中共軍野戦司令官、政治局員、中共中央党学校校長、国家副主席、中日友好協会名誉会長(1983年7月)=1988(昭和63)年5月12日出稿

    商品コード: 2003061800058

  • 1994年08月12日
    イソバナ 空港島に魚の群れ

    消波ブロック内側に生えていたイソバナ。水の出入りが激しい所に付着するイソバナが、大阪湾で見られるのは珍しい=8月5日、関西国際空港の西北護岸、水深3メートル「関西新空港」

    商品コード: 1994081200073

  • 1994年08月12日
    スズメダイ 空港島に魚の群れ

    消波ブロックに付着した海藻(カジメ)のそばを泳ぎ回るスズメダイの群れ=8月5日、関西国際空港の西北護岸、水深2メートル「関西新空港」

    商品コード: 1994081200071

  • 1998年07月30日
    記者会見するフン・セン氏 国王が連立工作を歓迎

    国王との会談後、記者会見する人民党のフン・セン第2首相=30日、カンボジア西北部のシエムレアプ(共同)

    商品コード: 1998073000188

  • 1998年07月30日
    フン・セン氏が国王訪問 連立へ国王の協力を要請

    王宮別荘を訪れた人民党のフン・セン第2首相(左)を案内するシアヌーク国王(中央)=30日、カンボジア西北部のシエムレアプ(共同)

    商品コード: 1998073000101

  • 1998年07月30日
    手を振る国王と第2首相ら 連立へ国王の協力を要請

    会談のため王宮別荘を訪ね、報道陣に向かって手を振る(左から)人民党のフン・セン第2首相、シアヌーク国王夫妻=30日、カンボジア西北部のシエムレアプ(共同)

    商品コード: 1998073000100

  • 1998年07月30日
    国王夫妻とフン・セン夫妻 国王が連立工作を歓迎

    会談を終え、シアヌーク国王夫妻(後方)に見送られるフン・セン第2首相夫妻=30日、カンボジア西北部のシエムレアプ(共同)

    商品コード: 1998073000187

  • 2000年06月17日
    クローンヤギの元元 中国で体細胞クローンヤギ

    16日、中国陜西省の西北農林科技大学の研究所で誕生した体細胞クローンヤギの元元(ユェンユェン)と母親ヤギ(新華社撮影・共同)

    商品コード: 2000061700099

  • 2002年12月10日
    白煙上げる航空機 成田で中国機から白煙

    着陸後滑走路上で走行できなくなり、白煙を噴き上げる中国西北航空のエアバスA310型機=10日午後3時18分、成田空港

    商品コード: 2002121000146

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年11月01日
    西安でつり下げられた人形 邦人留学生のわいせつ寸劇

    歩道橋につり下げられた「小日本(日本人の蔑称)は中国から出ていけ」と書かれたボール紙の人形=1日午後、西安の西北大学前(共同)

    商品コード: 2003110100159

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年11月01日
    抗議の声を上げる学生ら 邦人留学生のわいせつ寸劇

    日本人留学生の寸劇問題で、西安の西北大学前に集まって抗議の声を上げる学生ら=1日夜(共同)

    商品コード: 2003110100163

  • 2003年11月26日
    根が深い西安の反日騒動

    中国・西安の西北大学前で日本人留学生の寸劇問題に抗議する学生ら

    商品コード: 2003112600142

  • 2004年01月16日
    視察する山下理事 山下理事ら視察

    ギリシャのアテネ西北にあるアノリオシア・ホールを視察する国際柔道連盟の山下泰裕理事=16日(共同)

    商品コード: 2004011600260

  • 2006年06月04日
    A Western Swallowtail Butterfly feeding on a Showy Milkweed in Utah

    June 4, 2006, Valle del Cauca, Colombia: A Western Swallowtail Butterfly, Papilio rutulus, feeding on flowers of the Showy Milkweed in Utah. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052906648

  • 2006年06月04日
    A Western Swallowtail Butterfly feeding on a Showy Milkweed in Utah

    June 4, 2006, Valle del Cauca, Colombia: A Western Swallowtail Butterfly, Papilio rutulus, feeding on flowers of the Showy Milkweed in Utah. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052904788

  • 2006年06月04日
    Western Swallowtail Butterflies feeding on a Showy Milkweed in Utah

    June 4, 2006, Valle del Cauca, Colombia: Two Western Swallowtail Butterflies, Papilio rutulus, feeding on flowers of the Showy Milkweed in Utah. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052904857

  • 2006年06月04日
    A Western Swallowtail Butterfly feeding on a Showy Milkweed in Utah

    June 4, 2006, Valle del Cauca, Colombia: A Western Swallowtail Butterfly, Papilio rutulus, feeding on flowers of the Showy Milkweed in Utah. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052904834

  • 2006年06月04日
    A Western Swallowtail Butterfly feeding on a Showy Milkweed in Utah

    June 4, 2006, Valle del Cauca, Colombia: A Western Swallowtail Butterfly, Papilio rutulus, feeding on flowers of the Showy Milkweed in Utah. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052904773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月15日
    新司令部の発足式 韓国軍の新司令部発足

    「西北海域防衛司令部」の発足式に臨む韓国軍兵士=15日午後、ソウル郊外の海兵隊司令部(共同)

    商品コード: 2011061500410

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年12月05日
    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市

    都江堰市の奎光塔。(2013年12月5日撮影)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/付三雲)=2013(平成25)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804845

  • 2014年09月03日
    開放で発展続ける敦煌甘粛省

    莫高窟で壁画を修復する技術者。(2014年9月3日撮影)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2014(平成26)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314095

  • 2014年09月08日
    名古屋城の櫓と名月 中秋の名月

    名古屋城の西北隅櫓の上に浮かぶ中秋の名月=8日午後6時49分、名古屋市

    商品コード: 2014090800727

  • 2014年09月08日
    名古屋の名月 中秋の名月

    名古屋城の西北隅櫓の上に浮かぶ中秋の名月=8日午後7時10分、名古屋市

    商品コード: 2014090800728

  • 2016年03月06日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    道口鎮で行われた春節を祝う伝統的な民間娯楽活動「社火」。(2016年3月6日撮影)道口鎮は河南省安陽市滑県の西北部にあり、千年以上の歴史を有する。鎮内の順河街は清代の商業・交易地として有名で、古い店舗や古民家千軒余りが保存されている。毎年旧暦の1月27日から29日にかけてにぎやかな火神廟会(びょうえ、縁日)が開かれる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406970

  • 2016年07月01日
    はがきを手にする高校生 「自分たちも考えている」

    参院選への投票を呼び掛ける啓発用のはがきを手にする、兵庫県立川西北陵高の生徒たち=兵庫県川西市

    商品コード: 2016070100828

  • 01:14.14
    2016年07月29日
    「東奥日報」緑の少年団交流会

    今年から新たに8月11日が「山の日」として祝日に制定されたことを記念し、西北地区の緑の少年団が交流する「グリーンジャンボリー」が29日、つがる市のつがる地球村で開かれ、5市町8団体の団員211人が森林ウオークラリーなどを通じ、森林の大切さや林業への理解を深めた。<映像内容>木材を使った遊び等で森林の大切さを学ぶ子ども達、撮影日:2016(平成28)年7月29日、撮影場所:つがる市のつがる地球村、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材

    商品コード: 2018012600580

  • 2016年08月04日
    古代パンダのゲノム解析など、昨年の中国古生物学十大成果決まる

    青海チベット高原中部の倫坡拉盆地で見つかったシュロの葉の化石。(資料写真)中国古生物学会は7日、江蘇省南京市で2019年中国古生物学の十大成果を発表した。中国科学院や北京大学、西北大学、中国地質大学(武漢)などが主導した高水準の研究成果が選ばれた。(南京=新華社配信)=2016(平成28)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300292

  • 2016年09月07日
    開放で発展続ける敦煌甘粛省

    世界遺産の莫高窟。(2016年9月7日、小型無人機から)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2016(平成28)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121313932

  • 2017年05月03日
    開放で発展続ける敦煌甘粛省

    敦煌の鳴沙山でラクダに乗る観光客。(2017年5月3日撮影)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2017(平成29)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121313906

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月04日
    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市

    清代に奎光塔を再建した灌県知県の周因培を記念して建てられた周公祠。(2017年8月4日撮影)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/付三雲)=2017(平成29)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804901

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月02日
    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市

    奎光塔の下で開かれた「壩壩舞(バーバーウー)」と呼ばれるダンスのコンテストに参加する都江堰市民。(2017年9月2日撮影)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/付三雲)=2017(平成29)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804877

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月22日
    豊かな観光資源で観光客も急増新疆ウイグル自治区

    2017年9月22日、空から見た新疆ウイグル自治区北部にあるカナス景勝地の月亮湾。(小型無人機から)中国西北部に位置する新疆ウイグル自治区は、面積が広大で、独特な地域環境はこの地に豊かで質の高い観光資源をもたらしている。果てしないゴビ砂漠、青々としたオアシス、広大な草原、くねくねと長く伸びる雪山、真っ青な湖など、さまざまな景観が季節によって異なる魅力を放っている。2017年、自治区を訪れた国内外の観光客は延べ1億700万人と、前年比32・4%増加し、観光消費は前年比30%増の1822億元(1元=約16円)に達した。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2017(平成29)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000586

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年10月21日
    豊かな観光資源で観光客も急増新疆ウイグル自治区

    2017年10月21日、タリム川の下流にある大西海子ダム付近では、継続的にタリム川へ生態学的水輸送が行われていることによって、新疆ウイグル自治区を代表する植物のコトカケヤナギが生気を取り戻した様子。中国西北部に位置する新疆ウイグル自治区は、面積が広大で、独特な地域環境はこの地に豊かで質の高い観光資源をもたらしている。果てしないゴビ砂漠、青々としたオアシス、広大な草原、くねくねと長く伸びる雪山、真っ青な湖など、さまざまな景観が季節によって異なる魅力を放っている。2017年、自治区を訪れた国内外の観光客は延べ1億700万人と、前年比32・4%増加し、観光消費は前年比30%増の1822億元(1元=約16円)に達した。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2017(平成29)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000545

  • 2018年01月09日
    約30万年前のヘビの化石、陝西省で発見

    顕微鏡で見たヘビの化石。(資料写真)中国陝西省にある西北大学の研究チームはこのほど、考古学者がこれまでに同省洛南県竜牙洞で発見した有鱗類の化石が、約35~27万年前のヨーロッパヤマカガシ(NatrixnatrixLinnaeus)であると判明したことを明らかにした。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104063

  • 2018年01月09日
    約30万年前のヘビの化石、陝西省で発見

    顕微鏡で見たヘビの化石。(資料写真)中国陝西省にある西北大学の研究チームはこのほど、考古学者がこれまでに同省洛南県竜牙洞で発見した有鱗類の化石が、約35~27万年前のヨーロッパヤマカガシ(NatrixnatrixLinnaeus)であると判明したことを明らかにした。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月16日
    豊かな観光資源で観光客も急増新疆ウイグル自治区

    1月16日、新疆ウイグル自治区北部のモンゴルキュレ県阿合牙孜溝にある冬の牧場。中国西北部に位置する新疆ウイグル自治区は、面積が広大で、独特な地域環境はこの地に豊かで質の高い観光資源をもたらしている。果てしないゴビ砂漠、青々としたオアシス、広大な草原、くねくねと長く伸びる雪山、真っ青な湖など、さまざまな景観が季節によって異なる魅力を放っている。2017年、自治区を訪れた国内外の観光客は延べ1億700万人と、前年比32・4%増加し、観光消費は前年比30%増の1822億元(1元=約16円)に達した。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000602

  • 2018年02月16日
    賑やかで楽しい春節を迎えよう

    16日、西安永興坊で秦腔(しんこう、中国の西北地区で行われている最大最古の伝統劇)を披露する西安高陵劇団の秦腔役者、馬宏さん。春節(中国の旧正月)期間中、全国各地では様々な特色ある文化イベントが行われ、市民らが絶えず足を運んでいる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022700573

  • 2018年03月06日
    女性建築作業員によるファッションショー

    6日、中建三局集団西北公司の女性建築作業員によるファッションショーが行われた。「三八婦女節」(国際女性デー)を前に、中建三局集団西北公司の女性建築作業員20人余りが、西安国際医学センターでファッションショーを披露した。普段工事現場で誘導、組み立て、タワークレーン指揮、清掃などの作業を担当する女性作業員が、華麗な衣装を身にまとい、艶やかなステージを展開した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030800171

  • 2018年03月06日
    女性建築作業員によるファッションショー

    6日、中建三局集団西北公司の女性建築作業員によるファッションショーが行われた。「三八婦女節」(国際女性デー)を前に、中建三局集団西北公司の女性建築作業員20人余りが、西安国際医学センターでファッションショーを披露した。普段工事現場で誘導、組み立て、タワークレーン指揮、清掃などの作業を担当する女性作業員が、華麗な衣装を身にまとい、艶やかなステージを展開した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030800172

  • 2018年03月06日
    女性建築作業員によるファッションショー

    6日、ファッションショーを披露する中建三局集団西北公司の女性建築作業員。「三八婦女節」(国際女性デー)を前に、中建三局集団西北公司の女性建築作業員20人余りが、西安国際医学センターでファッションショーを披露した。普段工事現場で誘導、組み立て、タワークレーン指揮、清掃などの作業を担当する女性作業員が、華麗な衣装を身にまとい、艶やかなステージを展開した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030800162

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の傘下企業、陝西重型汽車の自動車組立工場で吊り具を操作し、シャーシにキャブを取り付ける作業員。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700585

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の傘下企業、陝西重型汽車の組立工場で車両スペックを確認する試験調整員。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700594

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の傘下企業、陝西重型汽車の組立工場で走行試験を行う大型トラック。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700608

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の傘下企業、陝西重型汽車の自動車組立工場で扉の取り付け具合を検査する従業員。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700636

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の傘下企業、陝西重型汽車の組立工場内検査場で検査を受ける大型トラック。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700710

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の傘下企業、陝西重型汽車のボディ工場の溶接ブースで作業する作業員。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700712

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の自動車装備製造工場で後輩たちと共に自動車金型を加工する「陝西名工」の一人、フライス加工班班長の席小軍さん(左から2人目)。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700610

  • 2018年03月15日
    【改革開放40年】陝西汽車が走り続けた奮闘の50年

    陝西汽車の傘下企業、陝西重型汽車の自動車組立工場でタイヤの取り付けを行う作業員。(3月15日撮影)中国陝西省西安市に本社を構える陝西汽車控股集団有限公司(以下、陝西汽車)の前身は1968年に設立された陝西汽車製造廠。50年間の苦労と奮闘を経て、同社は中国西北地域で有数の製造企業へと発展した。陝西汽車は現在、従業員2万8千人と子会社100社余りを持ち、資産総額は533億元(1元=約17円)。年間生産販売台数は19万台に達する。延安や奥龍、徳龍、漢徳車橋などの有名ブランドを多数生み出し、製品はヨーロッパやアフリカ、アジアなど90余りの国や地域に輸出されている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700679

  • 2018年03月19日
    雲南デチェン、彩り豊かな風景が絵巻の如く美しい

    雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるチベット仏教寺院、松賛林寺。中国雲南省西北部のデチェン・チベット族自治州には梅里雪山、ナパ海(納帕海)、金沙江大拐弯(金沙江が大きく湾曲している所)、松賛林寺といった美しい自然風景や人文歴史遺跡があり、多くの観光客を引きつけている。(デチェン=新華社記者/胡超)=2018(平成30)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200871

  • 2018年03月19日
    雲南デチェン、彩り豊かな風景が絵巻の如く美しい

    雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるナパ海自然保護区。中国雲南省西北部のデチェン・チベット族自治州には梅里雪山、ナパ海(納帕海)、金沙江大拐弯(金沙江が大きく湾曲している所)、松賛林寺といった美しい自然風景や人文歴史遺跡があり、多くの観光客を引きつけている。(デチェン=新華社記者/胡超)=2018(平成30)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200852

  • 2018年03月19日
    雲南デチェン、彩り豊かな風景が絵巻の如く美しい

    雲南省デチェン・チベット族自治州徳欽県にある「金沙江大拐弯」。(ドローン撮影)中国雲南省西北部のデチェン・チベット族自治州には梅里雪山、ナパ海(納帕海)、金沙江大拐弯(金沙江が大きく湾曲している所)、松賛林寺といった美しい自然風景や人文歴史遺跡があり、多くの観光客を引きつけている。(デチェン=新華社記者/胡超)=2018(平成30)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200913

  • 2018年03月19日
    雲南デチェン、彩り豊かな風景が絵巻の如く美しい

    雲南省デチェン・チベット族自治州徳欽県にある梅里雪山。中国雲南省西北部のデチェン・チベット族自治州には梅里雪山、ナパ海(納帕海)、金沙江大拐弯(金沙江が大きく湾曲している所)、松賛林寺といった美しい自然風景や人文歴史遺跡があり、多くの観光客を引きつけている。(デチェン=新華社記者/胡超)=2018(平成30)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200907

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月03日
    豊かな観光資源で観光客も急増新疆ウイグル自治区

    4月3日、新疆ウイグル自治区北部アルタイ地区ブルルトカイ県の烏倫古湖で、風と氷が作り出した景観。中国西北部に位置する新疆ウイグル自治区は、面積が広大で、独特な地域環境はこの地に豊かで質の高い観光資源をもたらしている。果てしないゴビ砂漠、青々としたオアシス、広大な草原、くねくねと長く伸びる雪山、真っ青な湖など、さまざまな景観が季節によって異なる魅力を放っている。2017年、自治区を訪れた国内外の観光客は延べ1億700万人と、前年比32・4%増加し、観光消費は前年比30%増の1822億元(1元=約16円)に達した。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000534

  • 2018年05月11日
    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省

    清江生物相から発見された新種の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809478

  • 2018年05月11日
    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省

    清江生物相から発見されたレアンコイリアの化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809455

  • 2018年05月11日
    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省

    清江生物相から発見された葉足動物の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809465

  • 2018年05月11日
    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省

    清江生物相から発見されたクラゲの化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809439

  • 2018年05月11日
    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省

    清江生物相から発見された枝分かれのある藻類の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809416

  • 2018年05月11日
    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省

    清江生物相から発見された新種の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809477

  • 2018年05月17日
    塞上の湖城、「都市の肺臓」を再構築寧夏銀川

    5月17日、寧夏回族自治区銀川市の閲海湖。(小型無人機から)中国の西北部に位置する寧夏回族自治区の銀川市は「塞上(古代では中国西北部の辺境地帯を指す)の湖城」の美名を持つ。銀川平原には黄河がもたらす恵みのもと、水系が縦横に交わり、かつては「七十二の連結湖」の湿地・湖の景観が存在していたという。ここ数年、「塞上の湖城」の生態(エコ)景観を再現するため、銀川市は湿地・湖に対する保護や回復に力を入れており、水系の建設を回復し、連結湖を拡大させ、湿地の保護・修復において着実な成果をあげてきた。現在、銀川市の湿地面積は5万3千ヘクタールで、そのうち、湖湿地が約1万ヘクタール、河べりの湿地が2万2千ヘクタールとなっている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400666

  • 2018年06月04日
    大学で行われる京劇の授業陝西省西安市

    4日、京劇の授業でメイクをされる大学生の張予凝さん。中国の伝統文化発揚のため、陝西省西安市にある西北工業大学では2017年9月から全学生を対象に「京劇芸術の表現」と題した連続講座を開設。情操教育や道徳教育の一環として、伝統劇芸術を学生のカリキュラムに取り入れ、陝西省京劇院のプロの役者を招いて学生に指導している。系統的な学習を通して、学生だけでいくつかの劇が演じられるようにし、京劇芸術の独特の魅力を感じてもらう狙いだ。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600885

  • 2018年06月04日
    大学で行われる京劇の授業陝西省西安市

    4日、京劇の授業でメイクについて教える陝西省京劇院の国家二級舞台美術師、馮暁夢さん(右端)。中国の伝統文化発揚のため、陝西省西安市にある西北工業大学では2017年9月から全学生を対象に「京劇芸術の表現」と題した連続講座を開設。情操教育や道徳教育の一環として、伝統劇芸術を学生のカリキュラムに取り入れ、陝西省京劇院のプロの役者を招いて学生に指導している。系統的な学習を通して、学生だけでいくつかの劇が演じられるようにし、京劇芸術の独特の魅力を感じてもらう狙いだ。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600900

  • 2018年06月04日
    大学で行われる京劇の授業陝西省西安市

    4日、京劇の授業で張予凝さん(右)がかぶった鳳の冠を整える陝西省京劇院の国家二級舞台美術師、馮暁夢さん。中国の伝統文化発揚のため、陝西省西安市にある西北工業大学では2017年9月から全学生を対象に「京劇芸術の表現」と題した連続講座を開設。情操教育や道徳教育の一環として、伝統劇芸術を学生のカリキュラムに取り入れ、陝西省京劇院のプロの役者を招いて学生に指導している。系統的な学習を通して、学生だけでいくつかの劇が演じられるようにし、京劇芸術の独特の魅力を感じてもらう狙いだ。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600860

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、陝西省銅川市の土着微生物増殖実験田で土壌構造の改善効果をチェックする、西北農林科技大学の劉存寿教授(左)と助手の劉拓さん。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000299

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、栄養剤「植物炭素栄養肥料」で改良された耕地の土壌。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000302

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、栄養剤「植物炭素栄養肥料」の生産に用いる反応物の液面の高さを確認する、西安秦衡生態農業科技有限公司のスタッフ。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000416

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、開発した栄養剤「植物炭素栄養肥料」が水に溶ける様子を見せる、西安秦衡生態農業科技有限公司のスタッフ。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000365

  • 2018年06月07日
    塞上の湖城、「都市の肺臓」を再構築寧夏銀川

    6月7日、寧夏回族自治区銀川市の海宝湖。(小型無人機から)中国の西北部に位置する寧夏回族自治区の銀川市は「塞上(古代では中国西北部の辺境地帯を指す)の湖城」の美名を持つ。銀川平原には黄河がもたらす恵みのもと、水系が縦横に交わり、かつては「七十二の連結湖」の湿地・湖の景観が存在していたという。ここ数年、「塞上の湖城」の生態(エコ)景観を再現するため、銀川市は湿地・湖に対する保護や回復に力を入れており、水系の建設を回復し、連結湖を拡大させ、湿地の保護・修復において着実な成果をあげてきた。現在、銀川市の湿地面積は5万3千ヘクタールで、そのうち、湖湿地が約1万ヘクタール、河べりの湿地が2万2千ヘクタールとなっている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400657

  • 2018年06月12日
    塞上の湖城、「都市の肺臓」を再構築寧夏銀川

    6月12日、寧夏回族自治区銀川市の宝湖。(小型無人機から)中国の西北部に位置する寧夏回族自治区の銀川市は「塞上(古代では中国西北部の辺境地帯を指す)の湖城」の美名を持つ。銀川平原には黄河がもたらす恵みのもと、水系が縦横に交わり、かつては「七十二の連結湖」の湿地・湖の景観が存在していたという。ここ数年、「塞上の湖城」の生態(エコ)景観を再現するため、銀川市は湿地・湖に対する保護や回復に力を入れており、水系の建設を回復し、連結湖を拡大させ、湿地の保護・修復において着実な成果をあげてきた。現在、銀川市の湿地面積は5万3千ヘクタールで、そのうち、湖湿地が約1万ヘクタール、河べりの湿地が2万2千ヘクタールとなっている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400663

  • 2018年06月12日
    塞上の湖城、「都市の肺臓」を再構築寧夏銀川

    6月12日、寧夏回族自治区銀川市の閲海湖。(小型無人機から)中国の西北部に位置する寧夏回族自治区の銀川市は「塞上(古代では中国西北部の辺境地帯を指す)の湖城」の美名を持つ。銀川平原には黄河がもたらす恵みのもと、水系が縦横に交わり、かつては「七十二の連結湖」の湿地・湖の景観が存在していたという。ここ数年、「塞上の湖城」の生態(エコ)景観を再現するため、銀川市は湿地・湖に対する保護や回復に力を入れており、水系の建設を回復し、連結湖を拡大させ、湿地の保護・修復において着実な成果をあげてきた。現在、銀川市の湿地面積は5万3千ヘクタールで、そのうち、湖湿地が約1万ヘクタール、河べりの湿地が2万2千ヘクタールとなっている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400662

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月16日
    中日の科学者、薬材栽培の害虫問題で協力

    甘粛省渭源県元古堆村で、黄芪に微生物資材を与えた效果を調べる中国科学院西北生態環境資源研究院の王若愚(おう・じゃくぐ)研究員(左)。(2018年6月16日撮影)中国甘粛省にある中国科学院西北生態環境資源研究院と日本の理化学研究所の科学者が、中医薬薬材の産地で使われる微生物資材を開発するため、積極的に協力を進めている。当帰(とうき)や党参(とうさん)、黄芪(おうぎ)などの薬材の産地で発生している病害虫や日照りの難題を解決することが期待される。(蘭州=新華社配信)=2018(平成30)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042302077

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月05日
    豊かな観光資源で観光客も急増新疆ウイグル自治区

    7月5日、新疆ウイグル自治区西北部にあるサリム湖の水辺で自撮りを楽しむ観光客。中国西北部に位置する新疆ウイグル自治区は、面積が広大で、独特な地域環境はこの地に豊かで質の高い観光資源をもたらしている。果てしないゴビ砂漠、青々としたオアシス、広大な草原、くねくねと長く伸びる雪山、真っ青な湖など、さまざまな景観が季節によって異なる魅力を放っている。2017年、自治区を訪れた国内外の観光客は延べ1億700万人と、前年比32・4%増加し、観光消費は前年比30%増の1822億元(1元=約16円)に達した。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000591

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館に収蔵されている日本人遣唐使、井真成の墓誌。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700544

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館で日本人遣唐使、井真成の墓誌を眺める見学者。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700599

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館に収蔵されている日本人遣唐使、井真成の墓誌のふた。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700600

  • 2018年07月25日
    上海国際海運センターのシンボル、洋山深水港を俯瞰

    25日、空から見た上海洋山深水港第4期自動化埠頭。(小型無人機から)中国杭州湾の外側に位置する上海洋山深水港は、大洋山や小洋山など数十の島々からなり、港湾としては中国で初めて島の上に建設された。同港は西北方向の上海市南匯芦潮港から約32キロの距離にあり、南端は寧波の北侖港から約90キロの距離に位置する。国際航路からはわずか45カイリ(1カイリ=約1・85キロ)で、上海に最も近い深水港となっている。洋山深水港の計画建設と数年にわたる発展により、上海港は現在、世界214カ国・地域、500カ所以上の港湾とコンテナ貨物貿易の往来があり、世界各地の主要港を結ぶ国際定期航路も開設している。上海港の2017年のコンテナ取扱量は、前年同期比8・3%増の4023万3千TEU(20フィートコンテナ換算)で、初めて4千万TEUの大台を突破し、史上最高レベルに達した。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000345

  • 2018年07月25日
    上海国際海運センターのシンボル、洋山深水港を俯瞰

    25日、空から見た上海洋山深水港第4期自動化埠頭。(小型無人機から)中国杭州湾の外側に位置する上海洋山深水港は、大洋山や小洋山など数十の島々からなり、港湾としては中国で初めて島の上に建設された。同港は西北方向の上海市南匯芦潮港から約32キロの距離にあり、南端は寧波の北侖港から約90キロの距離に位置する。国際航路からはわずか45カイリ(1カイリ=約1・85キロ)で、上海に最も近い深水港となっている。洋山深水港の計画建設と数年にわたる発展により、上海港は現在、世界214カ国・地域、500カ所以上の港湾とコンテナ貨物貿易の往来があり、世界各地の主要港を結ぶ国際定期航路も開設している。上海港の2017年のコンテナ取扱量は、前年同期比8・3%増の4023万3千TEU(20フィートコンテナ換算)で、初めて4千万TEUの大台を突破し、史上最高レベルに達した。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000306

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6