KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型コロナウイルス
  • 保護センター
  • イヌワシ
  • ブタハナアナグマ
  • 中国湖北省
  • 保護動物
  • 太陽坪生態
  • 撮影カメラ
  • 撮影日時
  • 湖北省神農

「センター職員」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月01日
    国民生活センターの会見 偽通販サイト、トラブル増

    記者会見する国民生活センター職員=1日午後、東京都港区

    撮影: 1日午後、東京都港区

  • 2020年09月02日
    フィジーの高校で教職員向け太極拳レッスン

    2日、教職員に太極拳を指導するフィジー中国文化センターの孫傑主任(中央)。南太平洋の島国フィジーでは、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、全国の学校が相次いで授業を再開している。フィジー中国文化センターの孫傑(そん・けつ)主任とセンター職員は2日、マリスト・ブラザーズ高校の招きに応じ、同校の教職員に太極拳を指導した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    フィジーの高校で教職員向け太極拳レッスン

    2日、教職員に太極拳を指導するフィジー中国文化センターの孫傑主任(右から2人目)。南太平洋の島国フィジーでは、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、全国の学校が相次いで授業を再開している。フィジー中国文化センターの孫傑(そん・けつ)主任とセンター職員は2日、マリスト・ブラザーズ高校の招きに応じ、同校の教職員に太極拳を指導した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    フィジーの高校で教職員向け太極拳レッスン

    2日、教職員に太極拳を指導するフィジー中国文化センターの孫傑主任(中央)。南太平洋の島国フィジーでは、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、全国の学校が相次いで授業を再開している。フィジー中国文化センターの孫傑(そん・けつ)主任とセンター職員は2日、マリスト・ブラザーズ高校の招きに応じ、同校の教職員に太極拳を指導した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.36
    2020年09月02日
    「新華社」フィジーの高校で教職員向け太極拳レッスン

    南太平洋の島国フィジーでは、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、全国の学校が相次いで授業を再開している。フィジー中国文化センターの孫傑(そん・けつ)主任とセンター職員は2日、マリスト・ブラザーズ高校の招きに応じ、同校の教職員に太極拳を指導した。同校はフィジーの首都スバに位置する名門男子校。中国広東省政府は2018年、同校体育館の建設に資金援助を行った。(記者/張永興)<映像内容>フィジーの高校の太極拳レッスンの様子、撮影日:2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    フィジーの高校で教職員向け太極拳レッスン

    2日、教職員に太極拳について解説するフィジー中国文化センターの孫傑主任(右)。南太平洋の島国フィジーでは、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、全国の学校が相次いで授業を再開している。フィジー中国文化センターの孫傑(そん・けつ)主任とセンター職員は2日、マリスト・ブラザーズ高校の招きに応じ、同校の教職員に太極拳を指導した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    フィジーの高校で教職員向け太極拳レッスン

    2日、教職員に太極拳を指導するフィジー中国文化センターの孫傑主任(中央)。南太平洋の島国フィジーでは、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、全国の学校が相次いで授業を再開している。フィジー中国文化センターの孫傑(そん・けつ)主任とセンター職員は2日、マリスト・ブラザーズ高校の招きに応じ、同校の教職員に太極拳を指導した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.24
    2020年07月03日
    「新華社」保護した絶滅危惧のセンザンコウ、無事自然に戻る広東省

    国の広東省野生動物救護センターは3日、同省潮州市の潮安鳳凰山省級自然保護区でミミセンザンコウ一匹を含む野生動物を自然に返した。同省でセンザンコウが自然に戻されたのは、今年6月にセンザンコウが国家1級保護野生動物に指定されて以来、今回が初めて。同センター職員の侯方暉(こう・ほうき)さんによると、今回自然に返したミミセンザンコウは潮州市湘橋区にある養鶏場で発見され、体重は1・78キロ、亜成体で母親離れしたばかりの子どもだという。20日間にわたる保護で、自然に戻れる状態にまで回復した。専門家は同地域に母親のセンザンコウがいる可能性を明らかにした。同省の林業部門は現在、専門家を動員して、同地域の野生動物、とりわけセンザンコウのモニタリングを強化している。(記者/李雄鷹)<映像内容>保護していたミミセンザンコウなどを自然に返す様子、撮影日:2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月11日
    内モンゴル自治区の医療関係者、新型肺炎の拡大阻止に奔走

    11日、臨時管理区内の汚染箇所を消毒する疾病予防控制センター職員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国内モンゴル自治区フフホト市賽罕(さいかん)区疾病予防控制センターの職員らは一貫して感染対策の第一線で働いてきた。残業して管轄区内の住民に対する検査診断や疫学調査の実施、感染が確定した患者の情報取りまとめ、濃厚接触者の絞り込みを行い、感染疑いの段階から確定まで各患者を厳格に検査。結果が出ると直ちに追跡調査を実施している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月11日
    内モンゴル自治区の医療関係者、新型肺炎の拡大阻止に奔走

    11日、防護用品を身に着ける疾病予防控制センター職員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国内モンゴル自治区フフホト市賽罕(さいかん)区疾病予防控制センターの職員らは一貫して感染対策の第一線で働いてきた。残業して管轄区内の住民に対する検査診断や疫学調査の実施、感染が確定した患者の情報取りまとめ、濃厚接触者の絞り込みを行い、感染疑いの段階から確定まで各患者を厳格に検査。結果が出ると直ちに追跡調査を実施している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月11日
    内モンゴル自治区の医療関係者、新型肺炎の拡大阻止に奔走

    11日、確定患者の情報を確認し、濃厚接触者を絞り込む疾病予防控制センター職員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国内モンゴル自治区フフホト市賽罕(さいかん)区疾病予防控制センターの職員らは一貫して感染対策の第一線で働いてきた。残業して管轄区内の住民に対する検査診断や疫学調査の実施、感染が確定した患者の情報取りまとめ、濃厚接触者の絞り込みを行い、感染疑いの段階から確定まで各患者を厳格に検査。結果が出ると直ちに追跡調査を実施している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月11日
    内モンゴル自治区の医療関係者、新型肺炎の拡大阻止に奔走

    11日、防護服を着る疾病予防控制センター職員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国内モンゴル自治区フフホト市賽罕(さいかん)区疾病予防控制センターの職員らは一貫して感染対策の第一線で働いてきた。残業して管轄区内の住民に対する検査診断や疫学調査の実施、感染が確定した患者の情報取りまとめ、濃厚接触者の絞り込みを行い、感染疑いの段階から確定まで各患者を厳格に検査。結果が出ると直ちに追跡調査を実施している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月11日
    内モンゴル自治区の医療関係者、新型肺炎の拡大阻止に奔走

    11日、管轄区の住民から検体を採取する疾病予防控制センター職員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国内モンゴル自治区フフホト市賽罕(さいかん)区疾病予防控制センターの職員らは一貫して感染対策の第一線で働いてきた。残業して管轄区内の住民に対する検査診断や疫学調査の実施、感染が確定した患者の情報取りまとめ、濃厚接触者の絞り込みを行い、感染疑いの段階から確定まで各患者を厳格に検査。結果が出ると直ちに追跡調査を実施している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月11日
    内モンゴル自治区の医療関係者、新型肺炎の拡大阻止に奔走

    11日、防護用品を身に着ける疾病予防控制センター職員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国内モンゴル自治区フフホト市賽罕(さいかん)区疾病予防控制センターの職員らは一貫して感染対策の第一線で働いてきた。残業して管轄区内の住民に対する検査診断や疫学調査の実施、感染が確定した患者の情報取りまとめ、濃厚接触者の絞り込みを行い、感染疑いの段階から確定まで各患者を厳格に検査。結果が出ると直ちに追跡調査を実施している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月11日
    年画の制作技法受け継ぎ新年を迎えよう湖南省長沙市

    11日、雨花無形文化遺産館で生徒らに灘頭年画を紹介する同センター職員の戴静(たい・せい)さん(右)。中国湖南省長沙市長郡湘府中学の生徒らが11日、湖南雨花無形文化遺産館の灘頭高臘梅年画(たんとうこうろうばいねんが)伝習所を訪れ、国家級無形文化遺産の灘頭年画(湖南省の民間芸術の一種で、旧正月に家の門や壁に飾られる版画)の制作技法を学んだ。生徒らは年画制作を通じて、まもなくやって来る新春への期待を膨らませた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.67
    2019年11月25日
    「新華社」湖北省神農架で体高1・2メートルのイヌワシ撮影

    中国湖北省神農架の太陽坪生態保護センターで25日、同センター職員が自動撮影カメラの映像を整理していた際、国家1級保護動物のイヌワシ(Aquilachrysaetos)がブタハナアナグマ(Arctonyxcollaris)を捕食する様子を捉えた動画と写真3枚を発見した。撮影日時は11月3日午後0時48分で、場所は同センター付近の道端。映像からは、このイヌワシの体高は約1・2メートルで、地面で1匹のブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせていることが分かる。(記者/李思遠、王斯班)<映像内容>太陽坪生態保護センターの自動撮影カメラに映ったイヌワシの様子、撮影日:2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2019年11月03日
    湖北省神農架で体高1・2メートルのイヌワシ撮影

    湖北省神農架でブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせるイヌワシ。(11月3日撮影)中国湖北省神農架の太陽坪生態保護センターで25日、同センター職員が自動撮影カメラの映像を整理していた際、国家1級保護動物のイヌワシがブタハナアナグマを捕食する様子を捉えた動画と写真3枚を発見した。撮影日時は3日午後0時48分で、場所は同センター付近の道端。映像からは、このイヌワシの体高は約1・2メートルで、地面で1匹のブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせていることが分かる。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月03日
    湖北省神農架で体高1・2メートルのイヌワシ撮影

    湖北省神農架でブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせるイヌワシ。(11月3日撮影)中国湖北省神農架の太陽坪生態保護センターで25日、同センター職員が自動撮影カメラの映像を整理していた際、国家1級保護動物のイヌワシがブタハナアナグマを捕食する様子を捉えた動画と写真3枚を発見した。撮影日時は3日午前12時48分で、場所は同センター付近の道端。映像からは、このイヌワシの体高は約1・2メートルで、地面で1匹のブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせていることが分かる。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月03日
    湖北省神農架で体高1・2メートルのイヌワシ撮影

    湖北省神農架でブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせるイヌワシ。(11月3日撮影)中国湖北省神農架の太陽坪生態保護センターで25日、同センター職員が自動撮影カメラの映像を整理していた際、国家1級保護動物のイヌワシ(Aquilachrysaetos)がブタハナアナグマ(Arctonyxcollaris)を捕食する様子を捉えた動画と写真3枚を発見した。撮影日時は11月3日午前12時48分で、場所は同センターの竜潭崖屋の道端。映像からは、このイヌワシの体高は約1・2メートルで、地面で1匹のブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせていることが分かる。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月03日
    湖北省神農架で体高1・2メートルのイヌワシ撮影

    湖北省神農架でブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせるイヌワシ。(11月3日撮影)中国湖北省神農架の太陽坪生態保護センターで25日、同センター職員が自動撮影カメラの映像を整理していた際、国家1級保護動物のイヌワシがブタハナアナグマを捕食する様子を捉えた動画と写真3枚を発見した。撮影日時は3日午前12時48分で、場所は同センター付近の道端。映像からは、このイヌワシの体高は約1・2メートルで、地面で1匹のブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせていることが分かる。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月03日
    湖北省神農架で体高1・2メートルのイヌワシ撮影

    湖北省神農架でブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせるイヌワシ。(11月3日撮影)中国湖北省神農架の太陽坪生態保護センターで25日、同センター職員が自動撮影カメラの映像を整理していた際、国家1級保護動物のイヌワシがブタハナアナグマを捕食する様子を捉えた動画と写真3枚を発見した。撮影日時は3日午後0時48分で、場所は同センター付近の道端。映像からは、このイヌワシの体高は約1・2メートルで、地面で1匹のブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせていることが分かる。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月03日
    湖北省神農架で体高1・2メートルのイヌワシ撮影

    湖北省神農架でブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせるイヌワシ。(11月3日撮影)中国湖北省神農架の太陽坪生態保護センターで25日、同センター職員が自動撮影カメラの映像を整理していた際、国家1級保護動物のイヌワシ(Aquilachrysaetos)がブタハナアナグマ(Arctonyxcollaris)を捕食する様子を捉えた動画と写真3枚を発見した。撮影日時は11月3日午後0時48分で、場所は同センターの竜潭崖屋の道端。映像からは、このイヌワシの体高は約1・2メートルで、地面で1匹のブタハナアナグマを踏みつけながら両翼を羽ばたかせていることが分かる。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月26日
    漁業復活へ、安全を確認

    県水産海洋研究センター職員(福島)

  • 2019年02月26日
    漁業復活へ、安全を確認

    県水産海洋研究センター職員(福島)

  • 2017年10月25日
    (げんま・けんたろう) 源馬謙太郎

    第48回衆院選特別通信、希望、重複、静岡8区、東海ブロック、元静岡県議(日本予防外交センター職員)浜松市、米大院、2017年9月22日撮影(222012006)

  • 2017年10月25日
    (とぐち・さいち) 戸口佐一

    第48回衆院選特別通信、共産、選挙区、埼玉6区、党地区委員(埼玉給食センター職員)上尾市、玉川工高、2017年9月27日撮影(112012009)

  • 2017年09月05日
    ヒグマ足跡 ヒグマ暮らす「共存の山」

    ヒグマの足跡。センター職員がカラーテープで示している=8月、北海道上川町

    撮影: 8月、北海道上川町

  • 2014年12月19日
    (げんま・けんたろう) 源馬謙太郎

    第47回衆院選特別通信、重複、静岡8区、東海ブロック、維新、元静岡県議(日本予防外交センター職員)浜松市、米大院、2014年11月17日撮影、顔

  • 2014年12月18日
    (とぐち・さいち) 戸口佐一

    第47回衆院選特別通信、選挙区、埼玉6区、共産、党地区常任委員(埼玉給食センター職員)上尾市、玉川工高、2014年11月19日撮影、顔

  • 2012年12月29日
    (とぐち・さいち) 戸口佐一

    第46回衆院選特別通信、選挙区、埼玉6区、共産、党地区委員(埼玉給食センター職員)上尾市、玉川工高、2012年9月21日撮影、顔

  • 2012年12月27日
    (げんま・けんたろう) 源馬謙太郎

    第46回衆院選特別通信、重複、静岡8区、東海ブロック、維新、元静岡県議(日本予防外交センター職員)浜松市、米大院、2012年11月17日撮影、顔

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月22日
    仙台市で不明者の捜索 台風15号、北海道に接近

    行方不明の仙台市下水道管理センター職員を捜索する消防隊員ら=22日午前9時29分、仙台市宮城野区

    撮影: 22日午前9時29分、仙台市宮城野区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月22日
    マンホールに入る消防隊員 台風15号、北海道に接近

    行方不明の仙台市下水道管理センター職員を捜索するため、マンホールに入る消防隊員ら=22日午前10時6分、仙台市宮城野区

    撮影: 22日午前10時6分、仙台市宮城野区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年10月17日
    会見するセンター職員ら 虐待受け5歳女児死亡

    5歳女児が虐待で死亡した事件で、記者会見する「川西こども家庭センター」の職員ら=17日午後、兵庫県川西市

    撮影: 17日午後、兵庫県川西市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月02日
    訓練を行うセンター職員 有害物質漏れ想定し訓練

    有害な化学物質が海に流出した事故を想定し、訓練を行う「海上災害防止センター」の職員=2日午後、神奈川県・横須賀港

    撮影: 2日午後、神奈川県・横須賀港

  • 2006年10月24日
    説明するセンター職員 都医療センターで女児死亡

    事故の状況について、女児が遊んでいた遊具と同型の物を使って説明する医療センターの職員=24日午後、東京都北区の都立北療育医療センター

    撮影: 24日午後、東京都北区の都立北療育医療センター

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2006年06月06日
    パソコンのコールセンター 「家電化」で相談が急増

    電話相談に応じるNECのコールセンター職員=4月、東京都内

    撮影: 4月、東京都内

  • 2005年10月05日

    「カラー」 ◎丸岡和世、まるおか・かずよ、第44回(2005年)衆院選特別通信、選挙区、滋賀2区、共産、党地区委員(運行管理指導センター職員)滋賀県、中京大、2005年8月5日撮影、顔

  • 2004年02月12日
    靴を消毒するセンター職員 鳥インフルエンザで厳戒

    鳥インフルエンザ感染を防ぐため、研究施設の入り口で靴を消毒する佐渡トキ保護センターの職員=12日、新潟県新穂村の同センター

    撮影: 12日、新潟県新穂村の同センター

  • 2004年01月06日
    初摘みをする研究所職員 寒の入りに早々と茶摘み

    温室茶園で初摘みをする製茶会社の研究センター職員=6日午前、京都府木津町

    撮影: 6日午前、京都府木津町

  • 2001年10月09日
    願書調べるセンター職員 センター試験受け付け開始

    受験生から郵送された出願書類を調べる大学入試センターの職員=9日午前、東京・駒場

    撮影: 9日午前、東京・駒場

  • 2001年08月16日

    「カラー」 第19回(2001年)参院選特別通信 ◎加藤真砂子、かとう・まさこ、選挙区・茨城、自由党、新、診療所院長(国際医療センター職員)、愛知県、東京女子医大

  • 2000年06月19日
    視察する新潟県知事 平山知事トキのひな視察

    センター職員とトキのひなを観察する平山征夫新潟県知事(左)=19日午前11時40分、新潟県新穂村・佐渡トキ保護センター(代表撮影)

  • 1999年05月21日
    会見するセンター職員ら トキのひなが誕生

    トキのひな誕生で記者会見する佐渡トキ保護センターの近辻宏帰参事(右端)ら関係者。左から3人目は中国から飼育指導に来た席咏梅さん=21日午後、新潟県新穂村の佐渡トキ保護センター

  • 1999年05月20日
    会見する保護センター職員 トキのひな、きょう誕生

    トキの卵が「はし打ち」を始めた様子を笑顔で報告する佐渡トキ保護センターの職員ら=20日午後4時20分、新潟県新穂村の佐渡トキ保護センター

    撮影: 20日午後4時20分、新潟県新穂村の佐渡トキ保護センター

  • 1995年10月23日
    水を採取する職員 豊かな海は森林の恵みから

    )、内政04S  ブナ林から海へ注ぐ川の水を採取する岩手県水産技術センター職員=9月28日、岩手県釜石市(森林が豊かな海をつくる仕組みを科学的に解明しようと、岩手県水産技術センター(渋井正所長)はこのほど、三陸沿岸で森林が河川や海域に及ぼす影響調査を始めた。森から川、海へ運ばれるチッ素、リンなどの栄養分の量や流れを探り、海産物の成長との関係を調べるもので、別名「森は海の恋人調査」)

  • 1995年01月22日
    チョウザメ 近江産キャビアに夢

    元気に育ったチョウザメを抱える南郷水産センター職員=大津市

    撮影: 大津市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月14日
    職員が願書の点検 センター試験受け付け開始

    作業室に運び込まれた願書の整理や点検をする入試センター職員ら=14日午前9時43分、東京・駒場の大学入試センター(大学受験・教育)

    撮影: 14日午前9時43分、東京・駒場の大学入試センター

  • 1992年10月08日
    座り込みする新潟県評センター職員ら 金丸さん、議員を辞職して

    佐川急便事件の全容解明と金丸信・前自民党副総裁の国会議員辞職を求めて、座り込みする新潟県評センター職員ら=1992(平成4)年10月8日、新潟市の自治労会館前

    撮影: 1992

  • 1988年03月12日
    青函トンネルきょう開業

    開業前の最後の調整をする函館指令センター職員=1988(昭和63)年3月12日、北海道函館市

    撮影: 1988

  • 1975年08月01日
    圧倒する大自然の力 西之島のその後を見る(上)

    「海底に光るサンゴ」- 海底の溶岩には早くも藻類やサンゴが育ち始めている。右は潜水調査する水産センター職員。 青く澄んだ海中-色彩豊かな熱帯性の魚たちが優雅に遊泳している。その原色は水の中で鮮やかに映える。地上の新島の黒一色の世界とは全くの“別世界”だ(50年内地5263)(写真ニュース「西之島のその後を見る」-上:「圧倒する大自然の力」5枚組の4)

  • 1