KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 研究センター
  • 宇宙センター
  • 管理センター
  • コンベンションセンター
  • 文化センター
  • サービスセンター
  • 西昌衛星発射センター
  • 日本スポーツ振興センター
  • メディアセンター
  • センター都江堰

「センター」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,459
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,459
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:52.04
    2021年03月02日
    「新華社」興義環城高速道路が正式に開通貴州省

    中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市で建設されていた興義環城高速道路が1日午前、正式に開通した。馬嶺河峡谷を跨ぎ万峰林の中心部を通り抜ける同高速は、運転しながら地元の風景を楽しむことができる。同高速は自治州内で初めてとなる地方高速道路プロジェクトで、総投資額は101億8800万元(1元=約17円)、全長62・5キロ、橋梁・トンネル比率56%、設計速度は時速80キロとなっている。開通後は中心市街地の交通渋滞が緩和される他、人々のモビリティーの利便性を高め、都市の成長の余地を広げ、沿線の観光産業の発展を後押ししていく。(記者/劉勤兵) =配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.72
    2021年03月01日
    「新華社」金山嶺長城の雪景色河北省承徳市

    中国河北省承徳市灤平(らんへい)県で2月28日雪が降り、金山嶺(きんざんれい)長城が白く染まった。金山嶺は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている万里の長城の一部で、同県と北京市密雲区の境界に位置し、北京市中心部からは130キロ離れている。(記者/駱学峰) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:05.22
    2021年03月01日
    福島・大熊町へ「希望の灯り」を分灯 神戸で震災10年前に

    東日本大震災から10年となるのを前に、神戸市の公園「東遊園地」で1日、阪神大震災の犠牲者を追悼するためにともされているガス灯の火を福島県大熊町に届けるための「分灯」が行われた。 <映像内容>NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り」の藤本真一(ふじもと・しんいち)代表理事と福島県大熊町の幾橋功(いくはし・いさお)保健福祉課長のあいさつ、希望の灯りの分灯、幾橋課長らの囲み取材、希望の灯りの物撮りなど、撮影日:2021(令和3)年3月1日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年3月1日

  • 00:54.56
    2021年03月01日
    「新華社」フィジー華助センターで元宵節祝うイベント

    南太平洋に浮かぶ島国フィジーの首都スバにあるフィジー華僑華人互助センター(華助センター)で2月26日夜、中国の伝統的な祝日「元宵節」(旧暦1月15日)を祝うイベントが開かれた。同国のバイニマラマ首相、銭波(せん・は)駐フィジー中国大使のほか、フィジーの華僑・華人団体や各界の関係者約300人が参加した。(記者/張永興) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.12
    2021年03月01日
    「新華社」大連市海域で全長18メートルのマッコウクジラが座礁遼寧省

    中国遼寧省大連市の公共文化サービスセンターによると、同市海域でこのほど、浅瀬に打ち上げられて死んだマッコウクジラが発見された。全長は約18メートル、体重は約40トンだった。マッコウクジラが渤海海域で確認されるのは非常に珍しいという。死骸はすでに専門の生物科学技術機関に運ばれ、体内の水分を合成樹脂で置き換える「プラスティネーション」と呼ばれる手法で標本にするための緊急処理が施された。(記者/張博群、郭翔)=配信日:2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.94
    2021年02月26日
    「新華社」中欧班列の安定運行に尽力天津貨物輸送センター

    中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。北京鉄路局天津貨物輸送センターはここ数年、さまざまな措置を実施して中欧班列の安定的運行に努めている。同センター新港営業部の孫凱(そん・かい)経理によると、同センターは中欧班列の安定的運行のため、迅速に通関手続きを行う優先措置「緑色通道」を導入し、天津港水上輸送センターに中欧班列のサービス窓口を設けて迅速な輸出手続きを実施しているという。受け付けから積み込み、発送までワンストップのサービスが受けられる。天津貨物輸送センターは、同市の税関や検疫部門との協力や調整を積極的に進め、通関時間を短縮するなど口岸の通関効率向上を図っている。また、輸出企業のニーズに応え、さまざまな鉄道輸送関連企業による中欧班列貨物の優先的積み込みや積み替え、輸送を促進。貨物の安全で効率的な輸送を実現している。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.16
    2021年02月26日
    「新華社」良渚古城遺跡公園で子鹿が人気者に浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の良渚(りょうしょ)古城遺跡公園は、春風そよぐ初春を迎えた。同園には鹿苑があり、親子連れの人気スポットになっている。多くの観光客が梅花鹿(ハナジカ)と触れ合い、その様子をSNSに投稿している。同園は新石器時代の都市遺跡で、世界遺産にも登録される良渚古城遺跡を中心に整備された遺跡公園。5千年前の良渚地域の気候は穏やかで、遺跡発掘時にはブタやウシ、シカなどの痕跡も見つかっている。同園では、子どもたちが子鹿と触れ合うだけでなく、シカなど哺乳動物が太古の先住民にとっていかに重要だったかを学べるようになっている。(記者/段菁菁、張璇) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.89
    2021年02月25日
    金正恩氏、軍の統制強化 海空軍の司令官交代

    北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、朝鮮労働党中央軍事委員会の拡大会議が24日、平壌(ピョンヤン)で開催されたと伝えた。金正恩(キムジョンウン)総書記が会議を指導し、朝鮮人民軍幹部らの軍事政治活動や道徳生活で提起される「一連の欠陥」を指摘。道徳規律の確立が重要だとし、思想教育や統制を強化するよう指示した。<映像内容>平壌市内の科学者向け高層住宅団地未来科学者通りで、市民らは新型コロナウイルス対策のマスク着用を徹底している様子、撮影日:2021(令和3)年2月25日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2021(令和3)年2月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:35.00
    2021年02月24日
    総務省違法接待、9人懲戒 武田総務相の記者会見

    菅義偉首相の長男・正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、総務省は24日、事務次官級の谷脇康彦総務審議官(60)ら9人を減給や戒告の懲戒処分にしたと発表した。正剛氏らとの会食は、国家公務員倫理法に基づく倫理規程が禁じる利害関係者からの違法接待と認めた。菅首相は、総務審議官当時に正剛氏らから7万円超の接待を受けた山田真貴子内閣広報官(60)を厳重注意した。山田氏は給与10分の2の3カ月分に相当する額を一括で自主返納する。 武田良太総務相は一連の責任を取り、閣僚給与3カ月分を自主返納。副大臣をトップとする検証委員会を設置し、放送行政がゆがめられた事実の有無などを検証する方針を明らかにした。 <映像内容>総務省が入る中央号同庁舎第2号館の外観、武田良太総務相の記者会見、撮影日:2021(令和3)年2月24日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年2月24日

  • 01:00.98
    2021年02月24日
    「AFP」California: Scene outside hospital as Tiger Woods in surgery after car crash

    Images outside the Harbor-UCLA Medical Center, where US golfer Tiger Woods underwent surgery after suffering serious injuries to both legs as his car flew off the road near Los Angeles. IMAGES outside hospital and at crash site、作成日:2021(令和3)年2月24日、撮影場所:米カリフォルニア州トーランス、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:53.97
    2021年02月23日
    「新華社」国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:20.37
    2021年02月23日
    関西3府県が宣言解除要請 月末めど、西村再生相に

    京都府、大阪府、兵庫県の知事は23日、西村康稔経済再生担当相とオンライン会談し、3府県を対象に3月7日まで出されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言を、2月末をめどに解除するよう要請した。新規感染者が減少し、病床の逼迫(ひっぱく)も改善され「緊急事態を脱した」と判断した。<映像内容>西村康稔経済再生担当相とのオンライン会談に先だって行われた、京都府、大阪府、兵庫県の3府県知事によるオンライン会議、西村氏との会談後に行われた大阪府の吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事の囲み取材、撮影日:2021(令和3)年2月23日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年2月23日

  • 00:49.36
    2021年02月23日
    「新華社」武漢市の東湖で梅の花が見頃に湖北省

    中国湖北省武漢市は21日、好天に恵まれ、同市東湖の中央部にある梅園では、多くの観光客が見頃を迎えた2万本余りの梅を観賞に訪れた。同園に植えられた梅の品種は300種類余りで、世界の約80%をカバーしている。(記者/饒饒、季暁荘) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.56
    2021年02月20日
    「新華社」シノバック製コロナワクチン、香港に第1便到着

    中国香港特別行政区政府が18日に緊急使用を承認した中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの第1便となる100万回分が19日午後、香港に到着した。特区政府公務員事務局の聶徳権(パトリック・ニップ)局長、食品・衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長ら特区政府関係者や中国中央人民政府駐香港特別行政区連絡弁公室(中連弁)の仇鴻(きゅう・こう)副主任らが空港で出迎えた。26日から接種を始める。特区政府は香港の全市民が接種できる2250万回分のワクチンを確保しており、今回に続き、中国の製薬大手、上海復星医薬とドイツのバイオ企業ビオンテックが共同開発したワクチン100万回分が2月末までに到着する予定となっている。陳局長は18日、シノバック製ワクチンの香港での緊急使用を関連規定に基づき承認したと表明。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は同日、中国内地で開発・生産されたワクチンを接種する予定だと会員制交流サイト(SNS)で明らかにしている。 =配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.66
    2021年02月19日
    「新華社」ウルムチ市最大の農産物市場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある新疆九鼎農産品卸売市場は、同市最大の1級農産物卸売取引市場として知られる。同市場の冬季における野菜、果物ナッツ、肉製品の供給量は、自治区内の市場の85%を占めている。同市場にある野菜取引センターの春節(旧正月)連休期間(2月11~17日)の1日当たり取扱量は約1500トン、場内へ出入りしている車両の台数は1日当たり100台以上に上り、市民の祝日の需要を満たしている。(記者/高晗) =配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.84
    2021年02月19日
    緊急時多宣言解除を国に要請へ 大阪府が2月末に

    大阪府は19日の新型コロナウイルス対策本部会議で、緊急事態宣言を2月末に解除するよう国に要請すると決めた。吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事は京都府、兵庫県と共同で要請するとしており、来週にも3知事で協議する方針。<映像内容>大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議、会議後の吉村知事の囲み取材、撮影日:2021(令和3)年2月19日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年2月19日

  • 00:53.59
    2021年02月18日
    「新華社」北京冬季五輪延慶競技エリアで交通特別訓練を実施

    中国北京市延慶区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアで15日、中心競技エリアと周辺セキュリティーゾーンでの交通特別訓練が実施された。訓練は、新型コロナウイルスの感染予防・抑制が常態化する中での冬季五輪競技実施時の交通運営に基づいて、同エリアを会場とするアルペンスキーやスケルトンなど一連の競技活動の円滑な運営を確保することを目的に行われた。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.16
    2021年02月18日
    「新華社」北京市、春節連休の公園入場者164万人前年同期の2・7倍

    中国北京市の公園管理センターは18日、今年の春節(旧正月)期間(11~17日)に同市が管轄する公園と中国園林博物館を訪れた人の数が延べ164万人となり、前年の春節期間の約2・7倍に増えたことを明らかにした。入場者数は旧暦大みそかに当たる11日から日ごとに増え、旧暦1月4日に当たる15日に最多の30万2800人に上った。天壇公園が24万8700人と最も多く、北京動物園の22万6千人、頤和園の20万4300人が続いた。(記者/楊淑君、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.96
    2021年02月17日
    「新華社」春節期間中に実店舗の営業が好調四川省成都市

    中国は2021年、新型コロナウイルス感染症対策の常態化や「今いる場所で春節(旧正月)を過ごそう」の呼び掛けを背景に春節連休を迎えた。その中で、四川省成都市の実店舗は好調な勢いを見せている。同市中心部の春熙路商業地区では、検温や健康コード管理、消毒措置を厳格に実施する一方、多くの大型商業施設が積極的に販売キャンペーンを行い、客足を伸ばそうとしている。飲食店、小売店、映画館などの実店舗で営業状況が回復して消費をけん引、ショッピングモールの人気も高まっている。(記者/尹恒) =配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:52.98
    2021年02月16日
    武豊騎手がスマホで納税システムを模擬体験

    2020年分の所得税の確定申告が始まり、日本中央競馬会の武豊騎手が16日、大阪市でスマートフォンを使った国税電子申告・納税システムを模擬体験した。<映像内容>スマートフォンで電子申告・納税システムを模擬体験する武豊騎手、武豊騎手との質疑応答、撮影日:2021(令和3)年2月16日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年2月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.35
    2021年02月16日
    国防力強化と金正日氏称賛 生誕79年で北朝鮮党紙

    北朝鮮は16日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕79年を迎えた。朝鮮労働党機関紙、労働新聞は社説で、核・ミサイル開発を念頭に、金正日氏が「自衛的国防力」を打ち固めたと称賛、権力を継承した金正恩(キム・ジョンウン)総書記への忠誠を訴えた。北朝鮮では2月16日は「光明星節」として祝日となっている。平壌(ピョンヤン)市内では祝賀の看板や国旗が掲げられ、中心部の万寿台(マンスデ)の丘に立つ故金日成(キム・イルソン)主席と金正日氏の銅像に市民らが献花した。<映像内容>看板「光明星節(金正日氏の誕生日)」、看板「偉大なる将軍様はわが党の永遠なる首領」、新型コロナウイルス対策のため市民らは外出時、マスク着用を義務づけられている、平壌駅、万寿台の丘、撮影日:2021(令和3)年2月16日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2021(令和3)年2月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.60
    2021年02月16日
    「新華社」日本車220台、初の新疆経由専用列車で中央アジアへ

    中国新疆ウイグル自治区のコルガス口岸(通関地)で14日午後6時、輸出用の日本車220台を積んだ国際定期貨物列車が、ゆっくりと国境を通過してカザフスタンに向かった。同便は、新疆の口岸で通関して西方に向かう初めての完成車輸送国際定期貨物列車となった。これらの自動車は、日本から船積みで遼寧省大連市に運ばれ、大連港大窯湾(だいようわん)港区から中国に入国、JSQ型自動車輸送専用列車に積み替えられて、コルガス口岸からカザフスタンに向けて出国した。輸送されたのはトヨタブランドの車が133台(410万ドル相当、1ドル=約105円)、レクサスブランドの車が87台(342万ドル相当)で、3日ほどでカザフスタンなど中央アジアの自動車市場に到着する。これまで日本の完成車を中央アジア地域に運ぶには、海上輸送でインド洋と地中海、黒海を経てロシアに向かい、そこからさらにカザフスタンを目指さなければならず、全行程に80日余りを要した。新たに開通したこの完成車用複合一貫輸送ルートの利用で輸送時間は約30日に短縮、総合物流コストが効果的に削減され、中央アジア市場における日本車の競争力が高まると見込まれている。(記者/周生斌) =配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.59
    2021年02月16日
    空撮 JRA関係者が不正受給か 賞金減とコロナ給付金

    茨城県美浦村と滋賀県栗東市にある日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く多数の調教助手や厩務員らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがあることが16日、関係者への取材で分かった。担当馬がレースで獲得した賞金に応じて得られる報酬が新型コロナの影響で減少したとして申請していたが、日本調教師会は「中央競馬の中止はなく影響はほぼなかった」と返還を求めている。JRAによると、昨年の実施レース回数は過去最多だった。<映像内容>滋賀県の栗東トレーニングセンターの空撮、撮影日:2021(令和3)年2月16日、撮影場所:滋賀県栗東市

    撮影: 2021(令和3)年2月16日

  • 01:00.69
    2021年02月14日
    「新華社」チリ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    チリのピニェラ大統領は12日、同国南部のロスリオス州にあるコミュニティー・保健センターで、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。ピニェラ大統領は接種後に行った演説で、「安全で効果的なワクチンだと全ての国民に伝えたい。全国的かつ大規模な接種計画を引き続き進めていく」と述べた。チリ保健省の発表によると、チリでは11日午後5時時点で155万人が1回目の新型コロナワクチンの接種を終えたという。(記者/尹南、張笑然、康文軍) =配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.40
    2021年02月13日
    「新華社」中国の2次元ファン夢中デザイナーズトイ専門店、広州市に登場

    中国広東省広州市に登場したおしゃれで楽しいデザイナーズトイ店が、多くの若い消費者、特に2次元(アニメ・漫画・ゲームを中心とするサブカルチャー全般)愛好家の注目を集めている。デザイナーズトイ専門店「TOPTOY」は昨年末、同市に1号店をオープンさせた。開店初日から3日間の売上高は100万元(1元=約16円)を突破し、元日からの3連休中の来店者数は延べ約3万人に上った。春節(旧正月)を前に、人気はますます沸騰している。同店は10~40歳の消費者にターゲットを絞り、デザイナーズトイをはじめ日本や米国の漫画のフィギュア、ブラインドボックス(箱入りのカプセルトイ)、組み立て模型、積み木、彫像といったジャンルの商品を扱う。マーベルやディズニー、DC、NARUTO、ドラえもんなど、多くの有名な知的財産(IP)を利用して開発された商品が、若者をとりこにしている。TOPTOYの創業者で最高経営責任者(CEO)の孫元文(そん・げんぶん)氏は「中国では2次元ユーザーと汎2次元(2次元文化に関連した周辺文化)消費者層が急増中で、若い消費者の間で趣味への出費を惜しまず、体験フェーズの消費を重視する傾向が強まっている」と述べ、デザイナーズトイは中国の消費市場で新たな成長分野になりつつあると説明した。同店はさらに、国内の多くのスタジオやデザイナーと提携し、中国オリジナルのアニメ・漫画キャラクターや美しい漢服人形なども発掘している。広州市の1号店オープン後、TOPTOYは重慶や西安、天津、深圳など中国の多くの都市に新店舗を出店した。その理由について孫氏は「国内の新型コロナウイルス対策の効果に十分な自信を持っており、実店舗の消費市場にも自信がある」と語っている。(記者/鄧瑞璇、呂誠成) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.40
    2021年02月13日
    「新華社」モデル顔負けのパンダ、遊びながらポーズもばっちり陝西省

    中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターでは、ぽかぽかと暖かい日差しの中、パンダの「正仔(ジョンザイ)」が木の上でのんびりと遊びながら、撮影中のモデルのように次々とポーズを決めている。正仔は2019年生まれの雌のパンダ。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.29
    2021年02月13日
    金正日氏の記念行事始まる 写真展に宣伝担当高官

    北朝鮮の首都平壌の人民文化宮殿で12日、今月16日の故金正日総書記の誕生79周年を祝う中央写真展覧会が始まった。金正日氏や金正恩総書記の活動を記録した写真を展示。開幕式には朝鮮労働党の朴泰成書記兼宣伝扇動部長らが参加した。<映像内容>人民文化宮殿の外観、展覧会を観覧する朴泰成(パク・テソン)書記兼宣伝扇動部長やスローガン。平壌市民、徐香美(ソ・ヒャンミ)さん(32)のインタビュー。翻訳は以下です。「写真展を見ながら、将軍様(金正日氏)の不滅の革命生涯と偉大な革命業績を改めて熱い思いで実感した。革命の道へと踏み出した最初の瞬間から最期まで、人民のためにすべてを捧げた偉大なる将軍様こそ、この世界に一人しかいない人民の偉大なる首領だということを改めて熱い思いで感じている」、撮影日:2021(令和3)年2月13日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2021(令和3)年2月13日

  • 00:50.75
    2021年02月12日
    「新華社」秦嶺の赤ちゃんパンダ4頭の名前が決定陝西省西安市

    中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前がこのほど、一般公募を経て「秦韻(チンユン)」「秦秀(チンシウ)」「秦美(チンメイ)」「秦華(チンホア)」に決まった。秦韻は8月17日生まれの雌、秦秀と秦美は同月22日生まれの雌の双子、秦華は10月11日生まれの雄。現在、同センターが飼育しているジャイアントパンダは32頭に上っている。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.22
    2021年02月12日
    北朝鮮の党中央委総会が閉会 旧正月迎える

    北朝鮮は12日、旧正月を迎えた。北朝鮮メディアによると、8日に始まった朝鮮労働党中央委員会総会は11日、経済分野などの今年の課題に関する決定書を採択し閉会した。金正恩総書記は総会で新型コロナウイルスに対する非常防疫体制を堅持しながら、自立経済建設を進めると強調。11日の総会終了後、旧正月の祝賀公演を党幹部らと共に観覧した。場所は明らかになっていない。<映像内容>人民文化宮殿や、「人民生活向上」など街中の様子。12日朝、平壌市内の万寿台の丘、普通門周辺、撮影日:2021(令和3)年2月12日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2021(令和3)年2月12日

  • 00:54.68
    2021年02月11日
    「新華社」実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(記者/楊思琪、謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.64
    2021年02月10日
    北朝鮮の平壌街雑観 党総会、核増強へ計画か

    北朝鮮メディアは10日、朝鮮労働党中央委員会総会の2日目の会議が9日開かれたと報じた。金正恩総書記が報告を続け、軍や軍需工業部門が今年達成すべき課題や、対韓国部門や対外部門の活動方針を明示し「寸分のずれもなく徹底的に執行する」と強調した。具体的な内容は伝えていない。核・ミサイル戦力の増強を進めながら、バイデン米政権に「敵視政策」の転換を迫る構えとみられる。食糧問題解決へ農業生産拡大も訴えた。 <映像内容>北朝鮮・平壌の街雑観、撮影日:2021(令和3)年2月10日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年2月10日

  • 00:55.50
    2021年02月10日
    「新華社」ラオスで中国政府援助の新型コロナワクチン引き渡し式

    中国政府がラオスに援助する新型コロナウイルスワクチンが8日未明、首都ビエンチャンに到着し、同日午後に保健省で引き渡し式が行われた。中国の姜再冬(きょう・さいとう)駐ラオス大使がラオスのパンカム人民革命党中央政治局員・国家副主席に引き渡した。パンカム氏は感謝の意を表明し、これまでの中国の専門家チーム派遣や防疫物資の大量援助がラオスの感染予防能力を高めたとし、中国はラオスを含め多くの国に援助し、大国としての責任感と人類運命共同体の精神を十分示したと語った。姜氏は、中国がラオスの感染症対策を引き続き支持すると表明した。 =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.43
    2021年02月10日
    「新華社」消防隊が隔離対象者の居住区消毒を支援黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市呼蘭(こらん)区の消防救援大隊はこのほど、同区感染予防・抑制指揮部(対策本部)の緊急任務の指令を受け、集中隔離観察の対象者が観察を終えて帰宅した後も安全で安心な住環境が確保できるよう、共産党員による感染対策特別チームを組織し、管轄区の約30区画を全面的に消毒した。居住区の各入り口のドアノブや階段の手すり、エレベーターなど、住民が頻繁に触れる場所を中心に、的確な消毒を行った。消毒面積は累計で2500平方メートル以上に達した。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.36
    2021年02月10日
    「新華社」春節輸送の安全支える架線保守作業員大西高速鉄道

    中国の高速鉄道は日中の運行が中心で、夜間は線路や施設のメンテナンスに充てられる。山西省大同市と陝西省西安市を結ぶ大西高速鉄道の山西南区間では、春節(旧正月)の特別輸送期間に架線の保守作業が毎晩実施されている。作業員は夜間に高所で作業することから「スパイダーマン」と呼ばれる。同区間の電力供給を担当する中国鉄路太原局集団候馬北供電区の高速鉄道供電・整備部門は、1080キロの架線網を管轄する。作業車4台、作業員50人余りが毎晩、線路を巡回して点検、修理を行っている。(記者/趙陽) =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.49
    2021年02月09日
    空撮 艦橋にゆがみ、かじ折れる 潜水艦衝突、通信不能

    海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が高知県足摺岬沖で民間商船と衝突した事故で、そうりゅうは艦橋のゆがみや、船体中央から横に延びる「潜舵(せんだ)」のうち右舷側が折れ曲がるなどの損傷があったことが9日、海自への取材で分かった。潜舵は航行時の深さを調整する役割がある。そうりゅうはアンテナも損傷して外部との通信が一時不能になり、事故発生を連絡できるまで3時間以上かかる結果になった。 第5管区海上保安本部(神戸)は、9日午前7時から高知港でそうりゅうの調査を始め、原因究明に乗りだした。海自も8日に事故調査委員会を設置しており、当時の詳しい状況の解明を進める。<映像内容>船体が損傷し、関係者が乗艦している潜水艦「そうりゅう」の空撮、撮影日:2021(令和3)年2月9日、撮影場所:高知県

    撮影: 2021(令和3)年2月9日

  • 00:27.13
    2021年02月08日
    China Winter Olympics

    Parents take their children to experience skating with skates at the “Feiyang Ice Sports Center“, a sports venue founded by Olympic champion Yang Yang, in Shanghai, China, Jan. 31, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:31.00
    2021年02月08日
    China Winter Olympics

    Parents take their children to experience skating with skates at the “Feiyang Ice Sports Center“, a sports venue founded by Olympic champion Yang Yang, in Shanghai, China, Jan. 31, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:50.70
    2021年02月08日
    「新華社」フィジー、丑年の郵便切手の発行記念イベント開催

    南太平洋の島国フィジーは8日、中国の旧暦丑年に合わせた十二支記念切手と初日カバー(記念切手を貼り、発行当日の消印を押した封筒)の発行イベントを開催した。2021年丑年の郵便切手セットと初日カバーは、フィジー中国文化センターと同国郵政部門「ポスト・フィジー」が共同で発行した。同センターの孫傑(そん・けつ)主任はあいさつで、センターはこの6年、ポスト・フィジーと協力し人気の十二支記念切手を発行してきたが、今年は初めて双方が共同でフィジーの地元コミュニティーに向けて丑年記念切手をアピールしたと説明。こうしたイベントは、フィジー中国文化センターと地元コミュニティーの間に友好の懸け橋を築き、両国間の文化交流と友好関係の強化に役立つだろうと期待を寄せた。(記者/張永興)=配信日:2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.14
    2021年02月08日
    北朝鮮 北朝鮮で軍創建記念日 経済目標達成へ軍動員

    北朝鮮は8日、朝鮮人民軍創建73年の記念日を迎えた。平壌市内では祝賀の看板が設置され、中心部の万寿台の丘には朝から軍人や市民が訪れ、故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花した。<映像内容>万寿台の丘の雑観、「不滅の軍建設業績 2・8節(党創建記念日)慶祝」の看板、「偉大なる首領様は鋼鉄の霊将」の看板、平壌駅雑観、撮影日:2021(令和3)年2月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年2月8日

  • 01:04.23
    2021年02月06日
    2月下旬から医療従事者に先行接種、岐阜市 ワクチン保管用冷凍庫を搬入

    新型コロナウイルス感染症ワクチンの医療従事者向け先行接種が行われる岐阜市の国立病院機構長良医療センターに6日、ワクチン保管用の超低温冷凍庫が搬入された。事前の意向調査で同意を得た職員約330人を対象に2月下旬の接種開始を目指す。=2021年2月6日、岐阜県岐阜市、クレジット:岐阜新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021年2月6日、岐阜県岐阜市、クレジット:岐阜新聞/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.31
    2021年02月04日
    「新華社」新疆2通関地経由の中欧・中亜班列、1月は956本で過去最高

    中国鉄路ウルムチ局集団がこのほど発表した統計によると、新疆ウイグル自治区のコルガス(霍爾果斯)と阿拉山口の両口岸(通関地)を通じて出入国する中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、中国と中央アジアを結ぶ「中亜班列」の今年1月の運行本数は合計956本だった。貨物輸送量は8万7100TEU(20フィートコンテナ換算)で、列車運行本数、貨物輸送量共に過去最高を更新し、中欧・中亜班列の運行は今年、好調なスタートを切った。統計によると、1月にコルガス駅鉄道口岸を通じて出入国した中欧・中亜班列の運行本数は前年同月比46%増の512本、貨物輸送量は同45%増の4万5900TEUだった。同じく阿拉山口口岸は、運行本数が前年同月比49・5%増の444本、貨物輸送量は54・0%増の4万1200TEUだった。両口岸経由の中欧・中亜班列は現在44路線あり、ドイツやポーランド、ベルギー、ロシアなど13カ国と結び、200種類余りの貨物を輸送している。(記者/周生斌) =配信日: 2021(平成33)年02月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.17
    2021年02月04日
    「新華社」日系企業の社員、「今年の春節は帰国せず中国で楽しむ」陝西省西安市

    中国陝西省にある古都・西安市ではこのところ、春節(旧正月、今年は2月12日)の雰囲気が次第に色濃くなっている。600年余りの歴史を持つ明代の城壁には、色とりどりのランタンが飾られている。ランタンを飾って新年を祝う中国の風習は、同市に住んで4年になる豊田直司氏(42)にとってとても印象深い。日本のブラザー工業の完全子会社、兄弟機械(西安)の安全事務局長を務める豊田氏は「昨年、新型コロナウイルス感染症が流行していた中で見た春節のランタンは、表現し難い美しさだった」と振り返り、「今年は日本に帰国せず、また友人とランタンを見に行く」と話した。同社は90年代に同市に進出した外資系企業の一つで、工業用ミシンやCNC工作機械を主に生産、日本人の管理職10人余りが勤務している。豊田氏は、中国の感染対策は一貫して厳しく効果的で、早い段階で感染症の拡大を抑え込んだと評価。「市内で働く日本人は私を含めて皆、適切な感染対策のおかげで、今こうして自由に外出もできるのだと考えている。月に1度は有名グルメ街の回民街に行くし、大雁塔や鐘楼、碑林などの観光スポットもよく訪れる」と述べた。市内の大唐不夜城が一番好きな場所だという同社の小副川徹副総経理(54)は、名古屋に住む家族にも、中国の感染対策は万全で、街は多くの人でにぎわっていると伝えているという。小副川氏は「新型コロナによって輸出業務が影響を受け、特に輸送ルートの確保が難しくなった。しかし、中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の運営側と相談、調整を行っており、今後は中欧班列で製品を世界に輸送し、この大問題を解決できるだろう」と説明している。同市政府の統計によると、2020年の中欧班列(西安)運行本数は前年の1・7倍に相当する3720本に達した。中央アジアや南アジア、西アジア、欧州向けの幹線ルート15路線がすでに通常通り運行中で、ユーラシア全域をカバーしている。小副川氏は「中国でのワクチンの完成は、感染症流行に苦しむ世界の国々にとって朗報だ」と述べ、中国が減税・料金引き下げ政策によって企業側の負担を軽減したことにも感動したと説明。「われわれも中国企業同様に恩恵を受けており、去年の感染拡大期には、現地政府が再稼働に向けて支援してくれたので、生産ラインを止めることなく操業できた」と振り返る。両氏は市内に住む友人らと「年越し」をし、中国の新年を楽しむとい =配信日: 2021(平成3...

  • 01:07.49
    2021年02月02日
    「新華社」金山嶺長城の雪景色河北省承徳市

    中国河北省承徳市灤平(らんへい)県では今年2回目の雪が降り、金山嶺(きんざんれい)長城が白く染まった。金山嶺は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている万里の長城の一部で、同県と北京市密雲区の境界に位置し、北京市中心部からは130キロ離れている。(記者/張碩) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:30.05
    2021年02月02日
    「新華社」武漢都市圏環状高速道路、全線開通

    中国湖北省の武漢市と周辺都市を結ぶ武漢都市圏環状高速道路の大随-漢十区間が1日午前0時、開通した。これにより全長560キロ、10年以上をかけて建設した同高速道路の全線がつながり、武漢市を中心に黄石市、鄂州(がくしゅう)市など八つの大・中規模都市を含む武漢都市圏全ての都市が、隣接する都市まで30分で到達できるようになった。(記者/王自宸、田中全) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.28
    2021年02月02日
    「新華社」金沙遺跡博物館でヒマラヤ宝物の特別展四川省成都市

    中国四川省成都市の金沙遺跡博物館と香港中文大学文物館が共催する「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」が1日、金沙遺跡博物館で開幕した。同展は17~20世紀の芸術品を中心に233点(組)を展示する。ヒマラヤ地方の華麗な物質文化や多彩な民俗風情、独特な審美眼を持つ芸術を伝える。展示品は中国のチベット自治区やネパール、ブータンなどから集められ、多くが金や銀、メノウ石、サンゴ、琥珀(こはく)、トルコ石などの貴金属や宝石でできている。金沙遺跡は2001年に発見され、金器300点近く、玉器2千点余り、石器1300点余りが出土した。今年は遺跡発見20周年に当たることから、金沙遺跡博物館では同展のほかにも多くの企画を予定している。同展の会期は4月25日まで。(記者/童芳) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:24.02
    2021年02月01日
    「新華社」凍り付いた湖に「大河」出現貴州省

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区では、凍り付いた湖の中央部分が割れ、草原を流れる大河のような風景が広がっている。湖面は1月以降、9割が結氷しており、雪晴れの日差しで融解が進んで「大河」が生まれた。(記者/駱飛、李凡)=配信日:2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.13
    2021年02月01日
    エヴァ風動画で自粛要請 反響も「見に行かないで」

    福岡県が新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令や外出自粛要請を周知するために制作し、福岡市中心部などで流れている動画の文字表現が、会員制交流サイト(SNS)で「(人気アニメ)エヴァンゲリオンっぽい」と話題だ。県の担当者は「反響はありがたいが、わざわざ見るために出掛けたら本末転倒」として、インターネットでの視聴を呼び掛けている。福岡市中央区にある西鉄福岡(天神)駅のコンコースなどの電子看板で流れており、県は緊急事態宣言が明けるまで続ける予定。  <映像内容>西鉄福岡(天神)駅のコンコースなどの電子看板で流している福岡県が作成の文字動画、撮影日:2021(令和3)年2月1日、撮影場所:福岡市中央区

    撮影: 2021(令和3)年2月1日

  • 00:38.78
    2021年02月01日
    「新華社」広東省の自然保護区でチュウゴクカモシカを撮影

    国広東省韶関(しょうかん)市始興県の南山省級自然保護区に設置された赤外線カメラがこのほど、国家2級重点保護野生動物に指定されるチュウゴクカモシカの姿を鮮明な映像で捉えた。研究者による録画映像の確認作業で明らかになった。複数のカメラの録画映像を確認したところ、体重約100キロ程度の雌の成体であることが分かった。チュウゴクカモシカはウシ科に属し、主に標高1000~4400メートルの針広混交林、針葉樹林、岩の多い雑灌林に生息するという。(始興県融媒体センター提供、記者/霍思穎、馬汝軒) =配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.44
    2021年01月30日
    「新華社」浙江省建徳市、「春運」期間の感染対策を強化

    中国で28日、春節(旧正月)の帰省やUターンのための特別輸送態勢「春運」が始まった。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制が長期化する中、浙江省建徳市では、高速鉄道駅と市の中心エリアに総合サービスステーションを設置し、感染予防体制を強化しており、帰省する人々に対し、新型コロナウイルスの核酸検査をすぐできるよう備えている。28日午前9時55分、浙江省の杭州東駅から安徽省の黄山駅へ向かう高速鉄道の列車が建徳駅に停車した。乗客は通路を出る際に検温と行程コードのスキャンを行った後、それぞれ振り分けられた。帰省する人々の一部は自宅隔離され、最初の7日間が過ぎるとスタッフが訪問して検温を行う。「春運」の開始とともに帰省する人々の数が増え続けており、建徳市の主要交通ゲートは全て検温や行程コードのスキャンなどの措置が取られている。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.77
    2021年01月30日
    「新華社」雪原を駆けるモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県にある同自治区モウコノウマ繁殖研究センターでは、多くの馬が雪原を駆け巡っている。モウコノウマは6千万年の進化の歴史を持つ世界唯一の野生馬種で、世界で2千頭余りしか生息しておらず、中国の国家1級保護野生動物に指定されている。中国は1985年より他国から野生馬を戻し、さまざまな方法で保護と繁殖を進めてきた。30数年以上を経た現在、新疆ウイグル自治区のモウコノウマの数は国内最多となっている。(記者/高晗、丁磊) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.20
    2021年01月30日
    「新華社」臨時医療施設「方艙リハビリ病院」、間もなく稼動吉林省通化市

    中国吉林省通化市は29日、新型コロナウイルス感染予防・抑制に関する記者会見で、市内のスポーツ施設「全民健身センター」を利用した延べ床面積5300平方メートルの臨時医療施設「方艙リハビリ病院」が建設されたことを明らかにした。同施設にはリハビリベッド310床が設置され、まもなく稼働する。(記者/姜明明、司暁帥、趙丹丹、許暢、高楠) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:19.84
    2021年01月29日
    「新華社」中国、リモートセンシング衛星「遥感31号02」打ち上げに成功

    国は29日午後0時47分(日本時間同1時47分)、酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感31号02」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。 =配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.28
    2021年01月29日
    「新華社」武夷山市とアルマトイを結ぶ「中欧班列」、新疆コルガス口岸から出発

    中国福建省武夷山市とカザフスタンのアルマトイを結ぶ初の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が28日、新疆ウイグル自治区コルガス口岸(通関地)から出発した。これにより同口岸を経由して出入国する中欧班列の路線は昨年同時期より6本増加し、合計で22本となった。この列車は福建省の武夷山陸地港を始発駅とし、同省南平市および周辺地区で製造したプラスチック製品や小型家具を中心に、総額2150万元(1元=約16円)余りの貨物が入ったコンテナ42個を積載する。貨物はアルマトイに到着した後、再編成され、中央ヨーロッパの国々へ輸送される。コルガス口岸では現在、毎日平均13~15本の中欧班列が検査を経て通過しており、最大で18本まで可能となる。海上輸送の3分の1の時間と航空輸送の5分の1の価格により、中欧班列は国際物流サービスにおける優位性を発揮し、中国と欧州間の貿易を力強く推進している。(記者/周生斌) =配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:49.97
    2021年01月28日
    「オリコン」 新庄剛志氏、現役復帰の再挑戦は「ない」 監督オファーきたら「ぐちゃぐちゃにしたい」

    昨年に48歳でプロ野球現役復帰に挑み、話題となった新庄剛志氏(49)が28日、都内で行われたファミリー引越センターの広告イメージキャラクターキャスティング記者発表会に参加。撮影日時:2021(平成33)年01月28日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:54.78
    2021年01月27日
    「新華社」パンダの赤ちゃんすくすく陝西省

    暖かい日差しが降り注ぐ中国陝西省の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで、パンダの赤ちゃんが柵を乗り越えようと元気に立ち上がった。同センターでは昨年、赤ちゃん4頭が誕生。現在もすくすくと成長している。(記者/張博文) =配信日: 2021(平成33)年01月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.48
    2021年01月26日
    「新華社」春節を前ににぎわう広東省の温泉地

    中国の温泉リゾート、広東省広州市従化(じゅうか)区には、世界的にも珍しいラドンを含む天然温泉がある。国際温泉気候連合(FEMTEC)から「世界的に珍しい温泉」の称号を授与されており、「嶺南第一泉(中国南部の南嶺山脈以南一の温泉)」の美称を持つ。同区は流溪温泉リゾートを中心に温泉ホテルグループを構築。毎年春節(旧正月)の時期になると、地中海風、タイ風、ヨーロッパ風、田園風など、さまざまなスタイルを備えた温泉ホテルに大勢の観光客が訪れるという。(記者/陸浩) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.32
    2021年01月26日
    「新華社」スターバックスの「中国スピード」と「中国テイスト」

    スターバックスは1999年に中国北京市に1号店をオープンして以来、2020年末までに中国本土の200都市に4800以上の店舗を展開。開放が進む中国市場を見つめながら、中国文化に向き合い、徐々に溶け込んできた。中国では中所得世帯の割合が高まり、消費能力が大幅に向上し、都市部の街角ではカフェが多く見られるようになった。同社のケビン・ジョンソン社長兼最高経営責任者(CEO)は、2019年にメディアの取材に応じた際、中国人のコーヒーに対する需要は高まり続けており、スターバックスは平均15時間に1店舗のペースで新店がオープンしていると説明した。2020年に開いたグローバル投資家交流会で、スターバックスは同年第4四半期(10~12月)に中国本土市場に新たに259店舗をオープンし、21年には600店舗をオープンする予定だと発表した。中国の有名な産業情報プラットフォーム、中国諮詢投資網が発表した報告書によると、中国のコーヒー消費量は毎年15~20%の成長を遂げている。スターバックスの全世界の店舗数3万2千店のうち、約15%に当たる4800店が中国にある。スターバックスは中国の伝統的な祭日、中秋節や端午節などの文化的要素を取り入れた中国限定のオリジナル商品を発売し、その「国際的」スタイルに鮮明な「中国テイスト」を添えている。2012年、この米国企業は雲南省普洱(ふじ)市にコーヒー生産者支援センターを設立。同センターで承認されたコーヒー生豆を買い付けるようになった。2020年9月現在、スターバックス雲南特選コーヒーの栽培は、雲南省の1600カ所以上のコーヒー農園に広まっている。同社グローバルエグゼクティブバイスプレジデントで中国董事長兼CEOの王静瑛(おう・せいえい)氏は、スターバックス中国コーヒーイノベーション産業パークの起工式で「当社は中国市場の強大な活力と強靭さに大きな自信を持っている。引き続き投資を深化させ、『中国スピード』を発揮して、中国の高級コーヒー産業の振興に一層貢献していきたい」と述べた。(記者/汪海月、劉方強) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.96
    2021年01月26日
    「新華社」パンダの「園園」、慣れないハンモックに戸惑い

    中国陝西省の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターでは暖かな日差しの下、2019年7月生まれの雌のパンダ「園園(ユアンユアン)」がハンモックに乗り、日なたぼっこの真っ最中。まだ慣れないのか、寝返りを繰り返している。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.41
    2021年01月26日
    「新華社」江西省と天津市が保護した渡り鳥鄱陽湖の空へ

    中国江西省にある鄱陽湖畔でこのほど、江西省野生動植物保護協会、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センター、江西省野生動物救護繁殖センター、都昌県渡り鳥自然保護区管理局が保護していた渡り鳥9羽を自然に返した。今回放されたのは天津市から輸送されたコウノトリ1羽、クロヅル1羽、ヒシクイ2羽、カルガモ2羽、マガモ1羽と、江西省野生動植物保護協会が保護していたコハクチョウ2羽。天津市野生動物救護・飼育・繁殖センター弁公室の李振卓(り・しんたく)主任は、天津市は渡り鳥が移動する際の中継地になっていると話し、保護した渡り鳥ができるだけ早く群れに戻れるよう、環境の良い鄱陽湖水域で放鳥することにしたと説明した。(記者/黄和遜、張歓) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.75
    2021年01月25日
    北朝鮮 党大会決定を学習する平壌市民ら

    北朝鮮では今月5~12日に5年ぶりの朝鮮労働党大会が開催され、自力更生、自給自足を基本とする新たな経済5カ年計画をはじめ今後5年間の目標が提示された。首都平壌では市民らが朝の出勤時、党機関紙、労働新聞に掲載された金正恩総書記の報告に目を通すなどして学習している。<映像内容>東平壌地区のヘルスセンター柳京院周辺、「党の思想貫徹戦」、労働新聞に掲載された金総書記の報告、「全党、全国、全民が党8回大会決定貫徹へ総決起、総まい進を」、バス停留所、撮影日:2021(令和3)年1月25日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.04
    2021年01月25日
    「新華社」福建省武夷山から初の国際定期貨物列車が出発

    中国福建省武夷山市と中央アジアや欧州を結ぶ国際定期貨物列車「武夷山国際貨物輸送班列」の第1便が21日午前、フィットネス器具やミシンなどが入ったコンテナ42個を積載して武夷山陸地港を出発した。同便は新疆ウイグル自治区コルガス駅を経由し、約3~4週間かけてカザフスタンやタジキスタン、キルギスなどへ貨物を運ぶ。同列車は今年3月から定期運行を開始する予定で、今後は福建省北部や周辺地域の竹製品や茶葉、電気機器、計器などが、武夷山から中央アジアや欧州、「一帯一路」沿線諸国に直接輸送される。(記者/郭圻) =配信日: 2021(平成33)年01月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.84
    2021年01月24日
    「新華社」雲南省塩津県でM4・7の地震4人が軽傷

    中国雲南省昭通市塩津県で23日、マグニチュード(M)4・7の地震があり、同県新聞(報道)弁公室は同日夜、県内の10郷鎮(小都市)が異なる程度の被害を受け、軽傷者4人が病院に搬送されたと発表した。被災地では現在、各方面の救援部門が秩序的な救援活動を実施している。中国地震ネットワークセンター(CENC)によると、地震があったのは同日午前9時59分。震源の深さは10キロだった。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.09
    2021年01月23日
    「新華社」地元女性のライブ販売が人気新疆ホータン地区

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県にある電子商取引(EC)産業パークでは、ECチームでキャスターを務めるブヘルチェム・トゥルスントフティさんが淘宝(タオバオ)や快手などのプラットフォームを通じてライブ配信を行い、視聴者に地元の特色ある農産品を紹介している。農民の家庭で育ち、今年で22歳になるブヘルチェムさんは、かつてショッピングセンターで販売員をしていたが、1年前に親戚に紹介してもらいホータン地区で開催されたライブ販売の研修に参加した。半年間の学習を経て、今ではライブ配信のノウハウをしっかりと身に付けた。ブヘルチェムさんによると、ライブ配信での販売件数は当初の「2日で1件のオーダー」から「毎日100件のオーダー」にまで増加し、彼女と同僚の収入はいずれも4千元(1元=約16円)を超えており、これは以前には考えもしなかったことだ。今では、ライブ販売が人気となっており、各地のキャスターたちも今後に大きな期待を寄せている。ブヘルチェムさんが今最も楽しみにしているのは、ライブ配信ルームで全国各地のネットユーザーとおしゃべりすることで、ふるさとの特産物を販売するだけでなく、視野を広めることができるという。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.80
    2021年01月23日
    「新華社」陝西省で保護されたパンダ、けが治療のため移送

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県の仏坪国家級自然保護区で19日夜、負傷したパンダ1頭が同省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターに移送された。陝西省林業局が明らかにした。パンダは昨年12月7日午前11時40分頃、同保護区三官廟管理保護ステーションのパトロール隊員が火地壩(かちは)地区で発見。背中に縦横10センチの傷があり、化膿していることが確認された。現場に派遣された専門家らが長距離輸送に適さないと判断したため、保護区内で手当てすることになった。約1カ月を経て、けがの状態が好転したため、パンダは秦嶺ジャイアントパンダ研究センターに移送された。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:25.36
    2021年01月23日
    「新華社」5トンの電気設備、高層ビルの頂上に「登頂」成功湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市を流れる長江のほとりで建設が進む、高さ475メートルの複合ビル「武漢グリーンランドセンター」でこのほど、重さ5トンの空冷式ヒートポンプが屋上部分につり上げられた。地上での巻き上げとホバリングのテストを含め、つり上げ作業の全工程には約3時間を要した。これにより、同センター建設に関する全ての電気設備のつり上げ作業が、順調かつ安全に完了した。同センターの電気設備は合計206基、累計重量は466トン、1年以上かけてクレーンでのつり上げ作業を終えた。うち、単体で最も重い設備はコールドマシンで重さは28トンあった。(記者/侯文坤) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.64
    2021年01月22日
    「新華社」ほら、双子パンダがまたけんか陝西省

    中国陝西省の秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らすパンダの「佳佳(ジャジャ)」と「園園(ユアンユアン)」が冬の寒さにも負けず、転がりながら取っ組み合いをしている。2頭は2019年7月生まれの双子のきょうだい。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.08
    2021年01月22日
    「新華社」北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:26.44
    2021年01月21日
    「新華社」浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。麗水市生態環境局の雷金松(らい・きんしょう)局長は「百山祖角蟾は百山祖国家公園の標高1400〜1600メートルの狭い範囲にしか分布しておらず、その生息環境は常緑広葉樹林近くの渓流が中心となっている」と説明した。(記者/趙悦、殷暁聖) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.59
    2021年01月21日
    「新華社」国家級無形文化遺産の綱渡り「ダワズ」トレーニング場を訪ねて

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県にある阿迪力達瓦孜芸術伝承センターのホールでは、複数の人がトレーニングに励んでいる。センターでは毎日、綱渡り「ダワズ(達瓦孜)」や雑技、ダンスなどの練習が行われる。ダワズは同自治区の人々に受け継がれてきた伝統芸で、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(記者/高晗) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.25
    2021年01月21日
    「新華社」馮家江の水質が改善、生物の楽園に広西チワン族自治区北海市

    中国広西チワン族自治区北海市の馮家江は中心市街地を流れる最大の水系で、下流はマングローブ林の広がる金海湾紅樹林保護区に隣接し、生態学的に重要な役割を持っている。この一帯ではかつて、歴史的な理由からエビや魚の養殖池が数多く造られたが、馮家江の汚水直接排出などの問題が深刻になり、流域の生態系は一時期、危機的な状況に陥った。同市は2018年12月、「馮家江湿地水環境対策事業」を開始。水源の管理や汚水の遮断、水再生施設、給水管、生態修復などの整備を行い、流域の排水基準をこれまでの「一級A」から「地表水4類」に引き上げたほか、鳥類などに生息地を提供するため、流域にマングローブを植えた。統計によると、流域の鳥類は17年の136種から171種に、水域の底部に生息する底生生物は66種から89種に増えた。(記者/楊馳、徐海濤) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.84
    2021年01月20日
    「新華社」内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(記者/賈立君) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:11.26
    2021年01月20日
    福岡女性殺害、被害者母親が会見 「罪考えさせて」

    福岡市中央区の商業施設で昨年8月、女性客=当時(21)=が殺害された事件で、殺人などの疑いで送致された少年(15)を鹿児島家裁が検察官送致(逆送)し、起訴される見通しになったことを受け、女性の母親が20日、福岡市内で記者会見し「15歳ならやっていいことと悪いことは判断がつく。刑事処分を受け、自分の罪を考えさせるべきだ」と述べた。<映像内容>被害者女性の母親の記者会見。弁護士2人による説明、首から下を写した母親のコメント、福岡県弁護士会館外観、被害者女性が保育園児のころの作文など、撮影日:2021(令和3)年1月20日、撮影場所:福岡県福岡市

    撮影: 2021(令和3)年1月20日

  • 00:59.40
    2021年01月19日
    「新華社」圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(記者/董宝森) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.70
    2021年01月19日
    「新華社」極寒の大地で送電線パトロール黒竜江省

    厳しい寒さが続く中国黒竜江省黒河市遜克(そんこく)県では、電力負荷が過去最高を更新したことを受け、送電大手、国家電網傘下の国網黒竜江遜克県電業局の職員が点検チームを結成。故障しやすい箇所を中心に送電線の保守を実施し、冬場のピーク時の安全で安定的な電力供給を確保した。同県ではここ数日、最低気温が氷点下30度前後に達している。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.80
    2021年01月18日
    「新華社」霧立ち込める「陽光城」貴州省威寧県

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県の中心部でこのほど、移流霧が発生し、高層ビルや遠方の山々が白い霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。同県は年間日照時間が平均で1800時間を超えていることから「陽光城」とも呼ばれている。(記者/楊文斌、呉斯洋) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.71
    2021年01月18日
    「新華社」西安五輪体育センター、世界陸連の「クラス1」認証を取得

    中国陝西省西安市にある西安五輪体育センターのメイン競技場とウォーミングアップ場がこのほど、中国北西部で初めて、国際陸上競技連盟(世界陸連)が規定する国際規格「クラス1」の認証を取得した。トラックとフィールドのすべての施設が、世界陸連競技規則の技術要件を満たした。これにより、同センターで五輪や世界陸上競技選手権大会、アジア陸上競技選手権大会といった世界クラスの大会の開催が可能になる。同センターのメインスタジアムは2017年10月9日に着工し、20年6月23日に正式に竣工した。メインスタジアムは建築面積15万2千平方メートル、地上5階建て。国際標準のトラック(400メートル)とサッカー場を備えている。(記者/李華、姚友明) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.30
    2021年01月17日
    空撮 夕方の神戸・公園「東遊園地」 阪神大震災26年

    1995年の阪神大震災は17日、発生から26年となった。犠牲者は6434人。 神戸市中央区の公園「東遊園地」では夜明け前から「1・17のつどい」が開かれ、灯籠を並べて形作った「がんばろう」の文字が浮かび上がった。<映像内容>神戸市中央区の公園「東遊園地」の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:23.58
    2021年01月17日
    阪神大震災26年 コロナ緊急事態下の追悼

    6434人が犠牲となった1995年の阪神大震災は17日、発生から26年となった。新型コロナウイルスの感染が収まらず、兵庫県に緊急事態宣言が再発令された異例の状況。感染対策を重ねて開催にこぎ着けた追悼行事では、午前5時46分、集まった人々が黙とうした。  神戸市中央区の公園「東遊園地」では恒例の「1・17のつどい」が開かれ、今年は「がんばろう」の文字の形に灯籠が並べられた。来場者の分散を目的に、一部の灯籠は16日からともされた。<映像内容> 分灯、竹灯籠への点灯、発生時刻に合わせ黙とうする参加者、「がんばろう 1・17」の文字の俯瞰、雑観、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:兵庫県

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:55.77
    2021年01月16日
    「がんばろう」の文字に点灯 阪神大震災から明日26年

    1995年の阪神大震災は17日で発生から26年となる。兵庫県に新型コロナウイルスの緊急事態宣言が再発令された状況で迎える慰霊の日。神戸市中央区の公園「東遊園地」で毎年開催される追悼行事「1・17のつどい」は16日から、並べた灯籠に火をともす作業が開始された。 灯籠に使う竹が例年通り集まらず、今年はA4サイズの紙をラミネート加工して筒状に丸め、瓶詰めのろうそくにかぶせる方法で不足分を代用した。 <映像内容>紙の灯籠を並べる作業の様子、ガス灯「1・17希望の灯り」からの分灯、黙とう、灯籠で形作られた「がんばろう」の文字への点火、点灯された「がんばろう」の文字の俯瞰。震災発生後にラジオで「頑張ろう」と呼びかけ、市民ボランティア団体「がんばろう!!神戸」を結成した俳優の堀内正美(ほりうち・まさみ)氏のインタビュー。この呼びかけなどが「がんばろう神戸」の合言葉の誕生につながった、撮影日:2021(令和3)年1月16日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.46
    2021年01月16日
    「新華社」空から見た冬のカナス湖新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にあるカナス(喀納斯)湖は、アルタイ山脈奥地の高山に位置する湖。「カナス」はモンゴル語で「峡谷の中の湖」を意味する。周囲をうっそうとした原生林に囲まれ、毎年冬になると雪に覆われた緑色のマツと、凍結する前の湖や渓流が趣を引き立て合う。カナス国家級自然保護区は1986年、中国国務院の承認を経て設立された。カナス湖と月亮湾、臥竜湾などの景勝地を中心とした同保護区は、「この世の浄土」「アルタイ山脈の珠玉の観光地」と称えられている。(記者/馬鍇、沙達提、董博婷、朱翃) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.74
    2021年01月15日
    「新華社」秦嶺の赤ちゃんパンダ、名前募集中陝西省西安市

    中国陝西省西安市周至県にある秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは12日、昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前の募集を開始した。応募受け付けは31日まで。決まった名前は2月上旬に発表される。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:16.36
    2021年01月14日
    「新華社」湖面に青い氷が描き出す不思議な模様新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州テケス県の中心市街地から約48キロ東に位置する恰甫其海は、約58平方キロの水域総面積を持つ。冬になると、凍結した湖面に閉じ込められた青い浮氷が不思議な模様を描き出し、まるで水晶の世界にいるように感じる。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.30
    2021年01月14日
    「新華社」水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(記者/張智敏) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:58.74
    2021年01月14日
    「AFP」Disneyland opens as mass Covid vaccination center

    California‘s Disneyland opens a giant coronavirus vaccination center, some 10 months after the pandemic‘s appearance forced the closure of the world-famous theme park. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2021(令和3)年1月14日、撮影場所:米カリフォルニア州アナハイム、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:38.19
    2021年01月13日
    大阪府知事、感染拡大防止へ協力求める 記者会見で

    国が緊急事態宣言の対象地域に新たに7府県を追加することになった13日、大阪府の吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事は記者会見で、大阪府民に対して感染拡大防止への協力を訴えた。同時に対象地域となる京都府、兵庫県とも緊密な連携を取る考えだ。<映像内容>吉村知事による記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 00:57.54
    2021年01月12日
    「新華社」貴州省の高速道路総延長、7600キロを突破貧困脱却推進の力に

    中国貴州省は2020年末時点で、基本的に西南地域の陸路交通の要衝となっている。高速道路の総延長が7600キロを突破、総合的な密度も全国上位となっており、交通を中心とするインフラ建設が農村の発展環境を根本から変えている。(記者/劉勤兵、斉健)=配信日:2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:54.48
    2021年01月12日
    震災追悼の文字は「がんばろう」 1・17つどい会場

    阪神大震災の犠牲者を追悼するため神戸市中央区で毎年開催される「1・17のつどい」の実行委員会が12日、会場に灯籠を並べてつくる今年の文字を「がんばろう」と発表した。<映像内容>神戸市の公園「東遊園地」にともされているガス灯「1・17希望の灯り」のそばで、今年の文字を発表する実行委員長の藤本真一(ふじもと・しんいち)さん、雑観、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:11.79
    2021年01月12日
    大阪府の対策本部会議 飲食店、全域夜8時まで

    新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言が13日に再発令される見通しとなった京都、大阪、兵庫の関西3府県は12日、それぞれ対策本部会議を開いた。宣言期間の2月7日まで、3府県とも全域で飲食店やバー、カラオケ店などに午後8時までの営業時間短縮を要請するなどの対応方針を決めた。要請は政府の基本的対処方針に沿い、先行して再発令された首都圏と同様の措置。大阪府の会議後、吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事は取材に応じた。<映像内容>大阪府新型コロナウイルス対策本部会議(冒頭の吉村知事のあいさつ、会議の雑観)、会議終了後の吉村知事の囲み、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 01:49.84
    2021年01月12日
    五輪、森会長が年頭あいさつ 「最大の難関、突破を」

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が12日、職員に年頭のあいさつを行った。新型コロナウイルスは国内外で厳しい感染状況が続くが、延期された大会の開催に向けて「たじろいだり、心の中に多少でも迷いがあれば、全てに影響してくる。淡々と予定通り進めていく」と改めて決意を表明。「長い夜も必ず朝は来る。一丸となってこの最大の難関を突破するよう頑張りましょう」と呼びかけた。<映像内容>森喜朗会長の年頭あいさつ、雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 01:24.75
    2021年01月12日
    全国高校サッカー準優勝 母校で報告 青森山田イレブン「応援に感謝」

    第99回全国高校サッカー選手権で2年連続準優勝した青森山田高校イレブンは12日夕、青森市の同校に戻り、生徒や教職員ら約250人から温かい出迎えを受けた。選手たちを乗せたバスは午後5時前に到着。集まったサッカー部員らからの拍手の中、黒田剛監督とイレブンが同校玄関前で結果を報告した。黒田監督は「選手が準優勝という結果を残せたことをうれしく思う。来年こそ優勝旗を青森に持ち帰ることができるよう頑張りたい」と語った。藤原優大主将は「準優勝はすごく残念。たくさんの応援が後押しになったし、とても感謝している」と胸を張った。花田惇校長は「近年の活躍は前人未到で恥じることはない。100回大会でリベンジしてくれることを、確信している」と誇らしげにたたえた。2年生エースとして活躍した松木玖生選手は「自分が新チームの中心として来年は必ず優勝する」と誓った。<映像内容>母校の玄関前で全国高校サッカー準優勝を報告する青森山田イレブン、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:青森市の青森山田高校、クレジット:東奥日報社/共同通信イメージズ

    撮影: 2021(令和3)年1月12日、青森市の青森山田高校

  • 00:33.64
    2021年01月11日
    「新華社」配達員がお年寄りを背負って道路を横断浙江省金華市

    中国浙江省金華市浦江県でこのほど、路上に設置された監視カメラが心温まる場面を捉えた。つえをついたお年寄りが道路中央に立ち止まり、辺りを見回していると、食事宅配サービス配達員の李紹松(り・しょうしょう)さん(23)が即座にバイクを降りて駆け寄った。李さんはお年寄りを背負って道路を渡った。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.55
    2021年01月11日
    「新華社」唐代の墓葬壁画に垣間見る当時の生活陝西省

    中国陝西省考古研究院は8日、同省西咸新区空港新城底張街道布里村の北で昨年12月に発見された唐代の墓2基に関する情報を公開した。2基はいずれも整った形状で出土し、年代も明確だった。墓内では保存状態の良い壁画も見つかった。同研究院の李明(り・めい)研究員は2基の墓について、いずれも五つの天窓を持ち、1基は単室磚券墓(せんけんぼ、アーチ構造のれんが造りの墓)、もう1基は土洞墓(どどうぼ)だと説明した。李氏によると、単室磚券墓の壁画は、墓道東西の壁に描かれた胡人訓馬図と胡人牽駝図が最も躍動感に満ちていた。人と動物は生き生きと描かれ、筆遣いも滑らかで、特に正面の駿馬と裏側の猟犬は、唐墓の壁画でも珍しい題材だという。墓誌によると、被葬者の康善達(こう・ぜんたつ)は初唐の人で、官用馬をつかさどる役人だった。その父も牧場の監督者を務めていたとあり、原州(今の寧夏回族自治区固原市)出身のソグド人(中央アジアのイラン系民族)だった可能性が高い。墓の壁画に描かれた馬の調教者やラクダを引く人も胡人(北方や西域の異民族)の姿であることから、被葬者の一族や生前の生活に関係していると思われる。土洞墓の壁画は、甬道(ようどう)東西の壁と墓室の四方の壁に描かれていた。うち墓室東側の壁画は楽舞図で、絵の中央に円形のフェルトの敷物の上に立つ2人の舞い手の姿がある。両側には楽隊が配されおり、盛唐の典型的な様式だという。墓誌から被葬者は楊知什(よう・ちじゅう)と龐大家(ほう・だいか)の夫婦だと分かった。楊知什は隋代の高官で則天武后の外祖父に当たる楊達(よう・たつ)の曾孫で、めいは玄宗の妃嬪となり粛宗を生んだ(元献皇后)。龐大家は玄宗の外祖母の従姪(じゅうてつ、いとこの娘)で、曽祖父の龐卿惲(ほう・けいうん)は唐初の功臣だった。李氏は2基の墓の発見について、唐代の絵画芸術や当時の人々の日常生活を研究する上での新たな考古学的資料になると説明した。(記者/梁愛平) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.56
    2021年01月11日
    「新華社」中国でブロッコリー品種の国産化が加速シェア20%に上昇

    中国浙江省台州市で6日に開かれた第3回「浙江ブロッコリー新品種大会」で、ブロッコリー品種の国産化が研究機関の連携によって加速し、中国が独自に育成した品種の国内市場占有率が2017年の5%未満から現在では約20%まで伸びたことが明らかになった。中国のブロッコリー産業はここ10年で急成長している。2018年には浙江省が中心となって優良品種の共同研究グループを設立し、国内外の育種資源と技術的優位性を統合。品種改良のペースを加速させ、独自の知的財産権を持つ優良品種を育てることで海外品種の独占を打破している。共同研究グループは過去3年でブロッコリーの遺伝資源415種のDNAフィンガープリントライブラリーを完成させ、新品種88種を育成したという。中国が独自に育種したブロッコリーは昨年、栽培面積が23万3千ムー(約1万5530ヘクタール)に達した。(記者/許舜達、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.09
    2021年01月10日
    「新華社」遼寧省博物館で海のシルクロード特別展

    中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、特別展「東西を映すコレクション-海のシルクロードを渡った18~19世紀の中国製品」が開催されている。同展は英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン応用考古学センターと遼寧省公共文化サービスセンターが共同で主催し、広東民間工芸博物館や上海中国航海博物館、遼寧省図書館、国際博物館展示研究基地など国内外の多くの機関が協力。物語風の解説で清代の海のシルクロードの繁栄や東西文化交流の社会の様子を紹介し、当時海外で人気の高かった中国製品を展示している。会場では、種類が豊富で技術に優れた当時の海外輸出製品243点を四つのテーマに分けて展示。会期は4月5日まで。(記者/李昂) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.72
    2021年01月09日
    「新華社」オロチョン族の狩猟の記憶を象徴するノロジカ帽子

    中国の内モンゴル自治区や黒竜江省を中心に居住する少数民族、オロチョン族は、代々大興安嶺・小興安嶺一帯で狩猟生活を送ってきた民族で、獣皮を使って衣服を作る伝統習慣がある。1996年に狩猟が禁止されるまでは、狩猟の際にカモフラージュの役割を果たすノロジカの頭で作った帽子「狍角帽」をかぶっていた。この帽子は、今ではオロチョン族の民族衣装の象徴となっている。オロチョン族の獣皮制作技法は2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに、18年にはオロチョン族の狍角帽制作技法が内モンゴル自治区級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。(記者/王雪氷、趙沢輝) =配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.16
    2021年01月07日
    「新華社」天津市で新型コロナのワクチン接種開始、重点グループ対象に

    中国天津市はこのほど、感染リスクの高い重点グループの人々を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。同市薊州(けいしゅう)区の興華大街社区(コミュニティー)衛生サービスセンターでは、接種活動が秩序良く順調に行われ、全プロセスが迅速かつ効率的に進められていた。同市は現在、医療・保健従事者や公務による出国者、輸入品の運搬、加工、販売に携わる職員などの重点グループを対象にワクチンの優先接種を行っている。同時に、不測の事態に対応するため、各接種拠点に救急医療スタッフが常駐することで医療体制も整えている。重点グループ以外の人たちも今後、順次接種が受けられるよう手配していくという。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.42
    2021年01月07日
    「新華社」電波望遠鏡「中国天眼」、4月から世界の科学界に向け開放

    中国貴州省にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は4月1日から、世界中の科学者による観測申請の募集を開始し、世界の科学界に向け正式に開放されることになった。中国科学院国家天文台「中国天眼」運営・発展センターによると、4月1日より各国の科学者はオンラインで国家天文台に観測申請が提出可能となる。申請されたプロジェクトは「中国天眼」科学委員会と時間配分委員会が審査し、プロジェクト選抜提案を提出。選ばれたプロジェクトには、8月1日より観測スケジュールが割り当てられるという。同センターの常務副主任でチーフエンジニアの姜鵬(きょう・ほう)氏によると、世界の科学界への開放初年は、全体の約1割の時間が国外の科学者に分配されるという。「中国天眼」は科学目標と関連の戦略計画に基づき、複数の優先・大規模プロジェクトが既に確定している。その中には多分野の科学目標のためのドリフトスキャンサーベイ、中性水素星雲サーベイ、銀河系偏光サーベイ、パルサーのタイミング観測、高速電波バースト観測などが含まれるが、観測申請はこれらの分野に限定されない。「中国天眼」は昨年1月11日に正式に稼働開始した。(記者/劉勤兵、楊焱彬、斉健) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.62
    2021年01月06日
    北朝鮮で5年ぶり党大会 金正恩氏、経済不振認める

    北朝鮮・平壌で5日、第8回朝鮮労働党大会が開会した。党大会は5年ぶり。朝鮮中央通信が6日伝えた。金正恩党委員長は開会の辞で、昨年までの国家経済発展5カ年戦略が掲げた目標の「ほぼ全ての部門で遠く達成できなかった」と経済不振を認め、国力強化と人民生活向上に取り組むと強調した。<映像内容>党大会が開かれている平壌の表情。看板「敬愛する最高指導者金正恩同志に最大の栄光を差し上げます」市内各地に党旗が掲げられている「一心団結」平壌駅「党第8回大会」大型テレビの画面「朝鮮労働党は全ての勝利の組織者、引率者」マスクを着けて外出する市民ら「朝鮮労働党第8回大会慶祝」、撮影日:2021(令和3)年1月6日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月6日

  • 00:56.83
    2021年01月05日
    「新華社」河南省で隋代の漢白玉石棺床墓を発見

    中国河南省安陽市でこのほど、大型で緻密な彫刻が施された漢白玉(大理石の一種)製石棺床を持つ隋代の墓が発見された。専門家は墓が極めて高い組積技術と彫刻技術を持つことから、隋代の美術工芸研究の新たな実物資料になるほか、民族と宗教融合の研究に重要な意義を持つとしている。出土した墓誌により、隋の開皇10(590)年に麴慶(きく・けい)夫妻を合葬した墓だと分かった。墓の形状は磚室(せんしつ、れんが造りの墓室)石棺床墓だった。棺床の各部には各種図案が彫刻されていた。屏風型の図案には被葬者の日常生活や宗教故事が描かれ、正面2カ所の格狭間(こうざま)には霊獣が彫られていた。格狭間の両側には楽器を持つ人がおり、棺床の両端には神の王が配されていた。いずれもゾロアスター教の風格が色濃く表れていた。安陽市文物考古研究所の孔徳銘(こう・とくめい)所長は、被葬者の麹慶に代表される麹氏一族について、隴西地方(現在の甘粛省)で長期間生活し、シルクロードの要路を勢力下に収め、欧州や西アジア、中央アジアの文化の影響を深く受けていたと説明。「墓内の棺床とそれに施された仏教とゾロアスター教の影響の色濃い数十個の浮き彫り図案は、シルクロードの東西文明が互いに交流し、影響を与え合ったことを歴史的に証明している」と述べた。墓誌には丁寧で美しい筆跡で麹慶と夫人の出身と生涯が書かれていた。麹慶は歴史書の記載がないことから、墓誌は隋代の文字の変遷と書道芸術の研究の新たな証拠となるだけでなく、歴史を補う価値も持つ。墓からは、種類が豊富で精巧な作りの相州窯の白磁も多数見つかった。孔氏は、隋代の安陽相州窯が非常に高い焼成技術を持っていたことを示していると説明。相州窯磁器の研究の空白を埋めるとともに、中国の白磁の起源と発展における貴重な実物資料になると語った。(記者/史林静、李文哲、袁月明) =配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.36
    2021年01月05日
    「新華社」「氷の都」ハルビン観光客が冬の魅力を満喫

    「氷城」(氷の都)と呼ばれる中国黒竜江省ハルビン市は現在、氷雪観光のベストシーズンを迎えている。市内で開催されている氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場にそびえる氷の塔「氷城の心」、中央大街に並ぶ多彩な氷彫刻、松花江のほとりで繰り広げられる華やかな氷雪カーニバルなど、都市と氷が融合した独特の風情が中国各地から訪れた観光客を楽しませている。(記者/謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...