KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 提携
  • 日刊工業新聞
  • ソフトウェア
  • ハードウェア
  • 会見
  • 企業
  • 世界
  • 予定
  • 本田技研

「ソニーグループ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
116
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
116
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年05月10日
    「商品ニュース」 ソニーも32ビット機発表

    ソニーグループがクリスマス商戦に合わせて発売予定の32ビットゲーム機「プレイステーション」

    商品コード: 1994051000056

  • 2003年08月04日
    マイ・ソニー・カード郵貯 郵貯カードに電子マネー

    日本郵政公社とソニーグループの提携による「マイ・ソニー・カード郵貯」。郵貯のサービスと電子マネーなどが利用可能

    商品コード: 2003080400181

  • 2004年05月19日
    出井会長が記者会見 リストラ効果は880億円

    ソニーグループの経営方針について記者会見する出井伸之会長=19日午後、東京都港区のホテル

    商品コード: 2004051900200

  • 2009年02月27日
    ソニーの記者会見 ソニー業績悪化で人事刷新

    キーワード:ソニー、SONY、記者会見、業績悪化、人事刷新、中鉢社長、4月退任、引責、本社、ロゴマーク=2009(平成21)年2月27日、東京都港区(ロイター=共同)

    商品コード: 2022060309200

  • 2019年07月30日
    ソニーロゴマーク

    キーワード:ソニー、SONY、ソニーグループ、音響機器、ステレオ、オーディオビジュアル、AV、撮影素子、CMOSセンサー、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年7月30日、東京都港区港南のソニー本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081507635

  • 2019年07月30日
    ソニーロゴマーク

    キーワード:ソニー、SONY、ソニーグループ、音響機器、ステレオ、オーディオビジュアル、AV、撮影素子、CMOSセンサー、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年7月30日、東京都港区港南のソニー本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081507670

  • 2019年07月30日
    ソニーロゴマーク

    キーワード:ソニー、SONY、ソニーグループ、音響機器、ステレオ、オーディオビジュアル、AV、撮影素子、CMOSセンサー、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年7月30日、東京都港区港南のソニー本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081507615

  • 2019年07月30日
    ソニーロゴマーク

    キーワード:ソニー、SONY、ソニーグループ、音響機器、ステレオ、オーディオビジュアル、AV、撮影素子、CMOSセンサー、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年7月30日、東京都港区港南のソニー本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081507666

  • 2020年05月19日
    ソニーグループに社名変更

    ソニーの事業構造

    商品コード: 2020051904890

  • 2020年05月19日
    ソニーグループに社名変更

    ソニーの事業構造

    商品コード: 2020051904891

  • 2020年05月19日
    ソニーの吉田社長 ソニーグループに社名変更

    インターネットでの経営方針説明会に出席したソニーの吉田憲一郎社長=19日午後

    商品コード: 2020051904901

  • 2020年11月02日
    ソニー、中国の超高精細映像産業の発展を後押し

    2日、広州市で開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で講演する高橋氏。ソニーグループ執行役員でソニー中国の董事長兼総裁の高橋洋氏は、中国広東省広州市で2~3日開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で、市場環境を踏まえた革新的で付加価値の高い製品とソリューションを中国市場で切れ目なく投入していく考えを示した。製品や技術、システム、コンテンツ資源の優位性を生かし、超高精細映像産業全体の協同発展を後押ししていくとも述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904302

  • 2020年11月02日
    ソニー、中国の超高精細映像産業の発展を後押し

    2日、広州市で開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で、ソニーの最新技術を紹介する高橋氏。ソニーグループ執行役員でソニー中国の董事長兼総裁の高橋洋氏は、中国広東省広州市で2~3日開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で、市場環境を踏まえた革新的で付加価値の高い製品とソリューションを中国市場で切れ目なく投入していく考えを示した。製品や技術、システム、コンテンツ資源の優位性を生かし、超高精細映像産業全体の協同発展を後押ししていくとも述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904466

  • 2020年11月02日
    ソニー、中国の超高精細映像産業の発展を後押し

    2日、広州市で開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で、ソニーの最新技術を紹介する高橋氏。ソニーグループ執行役員でソニー中国の董事長兼総裁の高橋洋氏は、中国広東省広州市で2~3日開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で、市場環境を踏まえた革新的で付加価値の高い製品とソリューションを中国市場で切れ目なく投入していく考えを示した。製品や技術、システム、コンテンツ資源の優位性を生かし、超高精細映像産業全体の協同発展を後押ししていくとも述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904185

  • 2020年11月02日
    ソニー、中国の超高精細映像産業の発展を後押し

    2日、広州市で開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で講演する高橋氏。ソニーグループ執行役員でソニー中国の董事長兼総裁の高橋洋氏は、中国広東省広州市で2~3日開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で、市場環境を踏まえた革新的で付加価値の高い製品とソリューションを中国市場で切れ目なく投入していく考えを示した。製品や技術、システム、コンテンツ資源の優位性を生かし、超高精細映像産業全体の協同発展を後押ししていくとも述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904521

  • 2020年11月02日
    ソニー、中国の超高精細映像産業の発展を後押し

    2日、広州市で開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議の会場。ソニーグループ執行役員でソニー中国の董事長兼総裁の高橋洋氏は、中国広東省広州市で2~3日開かれた2020年世界超高精細映像(4K/8K)産業発展会議で、市場環境を踏まえた革新的で付加価値の高い製品とソリューションを中国市場で切れ目なく投入していく考えを示した。製品や技術、システム、コンテンツ資源の優位性を生かし、超高精細映像産業全体の協同発展を後押ししていくとも述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904458

  • 2020年11月09日
    ソニー幹部らが海南省を訪問、協力について協議

    9日、ソニーグループ執行役員でソニー中国董事長兼総裁の高橋洋氏と会見する海南省の沈丹陽副省長(右)。ソニーグループ執行役員でソニー中国董事長兼総裁の高橋洋氏ら一行が9日、中国海南省を訪れ、自由貿易港の建設状況を視察した。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111300950

  • 2020年11月09日
    ソニー幹部らが海南省を訪問、協力について協議

    9日、ソニーグループ執行役員でソニー中国董事長兼総裁の高橋洋氏と会見する海南省の沈丹陽副省長(右)。ソニーグループ執行役員でソニー中国董事長兼総裁の高橋洋氏ら一行が9日、中国海南省を訪れ、自由貿易港の建設状況を視察した。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309979

  • 2021年03月29日
    ソニーグループ4月発足

    ソニーの歩み

    商品コード: 2021032911724

  • 2021年03月29日
    ソニーグループ4月発足

    ソニーの歩み

    商品コード: 2021032911728

  • 2021年04月20日
    増設棟の完成記念式典 画像用の半導体生産を強化

    長崎テクノロジーセンターの増設棟完成記念式典でテープカットするソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長(左から3人目)ら=20日午後、長崎県諫早市

    商品コード: 2021042011043

  • 2021年04月28日
    ソニー初の純利益1兆円超

    ソニーグループの業績

    商品コード: 2021042813942

  • 2021年04月28日
    ソニー初の純利益1兆円超

    ソニーグループの業績

    商品コード: 2021042813938

  • 2021年04月28日
    ソニーグループ本社 ソニー初の純利益1兆円超

    東京都港区のソニーグループ本社=28日午後

    商品コード: 2021042814926

  • 2021年04月28日
    ソニーグループ本社 ソニー初の純利益1兆円超

    東京都港区のソニーグループ本社=28日午後

    商品コード: 2021042814925

  • 2021年05月12日
    電機大手4社が最高益

    電機大手7社の21年3月期連結決算

    商品コード: 2021051212369

  • 2021年05月12日
    電機大手4社が最高益

    電機大手7社の21年3月期連結決算

    商品コード: 2021051212370

  • 2021年05月26日
    吉田会長兼社長 ソニー、顧客基盤10億人へ

    オンラインで経営方針説明会を開いたソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長=26日午前

    商品コード: 2021052609437

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516564

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062515898

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516602

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516715

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062515956

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516294

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516543

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516253

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516007

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062515980

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516404

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516589

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516076

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062515979

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062515854

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516410

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516563

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Customers try out Sony products in the flagship store of Sony in Shanghai, China, June 20, 2021.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516024

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516154

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516674

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516195

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516131

  • 2021年06月20日
    China Shanghai Sony Store

    Photo taken on June 20, 2021 shows a Sony eye-tracking 3D display ELF-SR1 at Sony‘s flagship store in Shanghai, China. The display costs 49,999 yuan.=2021(令和3)年6月20日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062516559

  • 2021年09月22日
    単なる投機対象ではない

    「皆それまでの経験で判断するので、新しいものが将来から見てどうなるかは分からない」と語るソニーグループ・シニアアドバイザーの遠藤俊英さん

    商品コード: 2021092207996

  • 2021年10月27日
    ソニーフィナンシャルグループの看板

    キーワード:ソニーフィナンシャルグループ、ソニー生命保険、ソニーグループ、金融事業、金融持ち株会社、保険業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年10月27日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111109496

  • 2021年10月27日
    ソニーフィナンシャルグループの看板

    キーワード:ソニーフィナンシャルグループ、ソニー生命保険、ソニーグループ、金融事業、金融持ち株会社、保険業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年10月27日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111109502

  • 2021年10月28日
    記者会見する十時副社長 ソニー、営業益1兆円へ

    オンラインで決算記者会見するソニーグループの十時裕樹副社長=28日午後

    商品コード: 2021102810589

  • 2021年10月28日
    ソニー初の営業益1兆円へ

    ソニーグループの業績の推移

    商品コード: 2021102811167

  • 2021年10月28日
    ソニー初の営業益1兆円へ

    ソニーグループの業績の推移

    商品コード: 2021102811200

  • 2021年11月09日
    TSMC、熊本新工場決定

    TSMC本社(台湾・新竹市)、TSMCとソニーグループ子会社が新工場建設予定(熊本県菊陽町)

    商品コード: 2021110912820

  • 2021年11月09日
    TSMC、熊本新工場決定

    TSMC本社(台湾・新竹市)、TSMCとソニーグループ子会社が新工場建設予定(熊本県菊陽町)

    商品コード: 2021110912822

  • 2021年11月09日
    TSMC、熊本新工場決定

    TSMC本社(台湾・新竹市)、TSMCとソニーグループ子会社が新工場建設予定(熊本県菊陽町)

    商品コード: 2021110912823

  • 2021年11月09日
    TSMC、熊本新工場決定

    TSMC本社(台湾・新竹市)、TSMCとソニーグループ子会社が新工場建設予定(熊本県菊陽町)

    商品コード: 2021110912824

  • 2021年12月02日
    平井一夫氏 大転換期、生き残る道は

    ソニーグループの平井一夫前社長

    商品コード: 2021120210218

  • 2021年12月02日
    平井一夫氏 大転換期、生き残る道は

    インタビューに答えるソニーグループの平井一夫前社長

    商品コード: 2021120210229

  • 2021年12月02日
    平井一夫氏 大転換期、生き残る道は

    インタビューに答えるソニーグループの平井一夫前社長

    商品コード: 2021120210234

  • 2021年12月02日
    平井一夫氏 大転換期、生き残る道は

    インタビューに答えるソニーグループの平井一夫前社長

    商品コード: 2021120210242

  • 2022年01月05日
    吉田憲一郎会長兼社長 ソニー、EVの進展に注目

    記者会見するソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長=4日、米ラスベガス(共同)

    商品コード: 2022010503549

  • 2022年01月05日
    SUV型のEV試作車 ソニー、EV参入本格検討

    ソニーグループが公開したスポーツタイプ多目的車(SUV)型EVの試作車=4日、米ラスベガス(共同)

    商品コード: 2022010503586

  • 2022年01月05日
    記者会見するソニー社長 ソニー、EV参入本格検討

    ソニーグループが公開したスポーツタイプ多目的車(SUV)型EVの試作車。右は吉田憲一郎会長兼社長=4日、米ラスベガス(共同)

    商品コード: 2022010503585

  • 2022年01月05日
    SUVのEVの試作車 ソニー、新EVに独自技術

    ソニーグループが公開したスポーツタイプ多目的車(SUV)のEVの試作車=4日、米ラスベガス(共同)

    商品コード: 2022010509512

  • 2022年01月05日
    ソニー、新EVに独自技術

    ソニーグループの新型試作EVの特徴

    商品コード: 2022010509559

  • 2022年01月05日
    ソニー、新EVに独自技術

    ソニーグループの新型試作EVの特徴

    商品コード: 2022010509560

  • 2022年01月05日
    ソニー、新EVに独自技術

    ソニーグループの新型試作EVの特徴

    商品コード: 2022010509565

  • 2022年01月05日
    ソニー、新EVに独自技術

    ソニーグループの新型試作EVの特徴

    商品コード: 2022010509561

  • 2022年01月06日
    ソニーグループの吉田氏 ソニー、EV参入検討急ぐ

    報道陣の取材に応じるソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長=5日、米ラスベガス(共同)

    商品コード: 2022010605070

  • 2022年02月02日
    ソニー、営業益1・2兆円

    ソニーグループの業績の推移

    商品コード: 2022020210859

  • 2022年02月02日
    ソニー、営業益1・2兆円

    ソニーグループの業績の推移

    商品コード: 2022020210861

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は説明する吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905827

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は説明する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905847

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は説明する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905849

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は説明する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905821

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は説明する三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905823

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は説明する㊧三部敏宏ホンダ社長、吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905848

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は説明する㊧三部敏宏ホンダ社長、吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905838

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は会見する三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905843

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は会見する三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905833

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は会見する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905844

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は会見する吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905822

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は会見する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905825

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は会見する吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905840

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は握手する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905842

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は握手する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905828

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダがEV共同出資会社設立で会見

    ソニーグループはホンダと提携し、電気自動車(EV)の事業化に本格的に乗り出す。デジタルと融合した新たなEVの開発を掲げ、共同出資会社を2022年内にも設立する。ソニーグループは次のメガトレンドと位置付ける自動車産業で、強みとするITやエンターテインメントを活用したビジネスを展開、新たな成長基盤の構築を狙う。世界でも電機メーカーをはじめ異業種の自動車産業参入が活発化。そうした中、昭和に創業し“町工場ベンチャー”から日本を代表する大企業へと成長したソニーとホンダが始める令和での挑戦は、どんな「新しい価値」を生み出すのか。「これからの10年はモビリティーが生活を変える」―。ソニーグループの吉田憲一郎社長は近未来をそう予想する。車内空間をITや通信、ネットワークを軸としたビジネスを展開する場ととらえ、車両販売だけのビジネスモデルとは違った価値を生活者に提供できると見通す。自動車産業が直面するビジネス変革において、ソニーグループが培ってきたネットワークサービスや豊富なエンターテインメントコンテンツを武器に、モビリティーへと事業領域を広げる狙いだ。年内にEVの企画、設計、開発、販売を行う新会社をホンダと共同で設立。初期モデルを25年に発売する予定だが、製造設備は所有せずホンダの車両製造工場を活用する計画だ。モビリティー向けサービスのプラットフォーム(基盤)はソニーが開発。イメージ・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術の開発力を新時代のモビリティーサービスに結びつけていく。一方で「車はソニーグループにとって新しい領域。パートナーが必要とずっと思っていた」と吉田社長。車両開発のノウハウや量産に対応できる製造設備を獲得するには、自動車メーカーとの連携が不可欠だった。新会社設立で、ホンダのモビリティー開発力や車体製造技術、アフターサービス運営などソニーが持たない自動車に関する技術やノウハウにアクセスできる。さらに製造施設も活用可能になり、事業を具体化する道筋が整う。写真は握手する㊧吉田憲一郎ソニーグループ会長兼社長CEO、三部敏宏ホンダ社長。=2022(令和4)年3月4日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030905820

  • 2022年03月04日
    両社長の掛け合わせ ソニーとホンダEVで提携

    EV事業の提携で基本合意し、記者会見するホンダの三部敏宏社長(左)とソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長=4日午後、東京都港区

    商品コード: 2022030411002

  • 2022年03月04日
    握手する両社長 ソニーとホンダEVで提携

    記者会見後に握手するソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長(左)とホンダの三部敏宏社長=4日午後、東京都港区

    商品コード: 2022030411272

  • 2022年03月04日
    報道陣と両社長 ソニーとホンダEVで提携

    大勢の報道陣の前で握手する握手するソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長(左)とホンダの三部敏宏社長=4日午後、東京都港区

    商品コード: 2022030411279

  • 2022年03月04日
    会見する吉田憲一郎社長 ソニーとホンダEVで提携

    記者会見するソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長=4日午後、東京都港区

    商品コード: 2022030411285

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダEVで提携

    商品コード: 2022030411457-2

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダEVで提携

    商品コード: 2022030411457-3

  • 2022年03月04日
    ソニーとホンダEVで提携

    商品コード: 2022030411457-4

  • 2022年03月04日
    握手する両社長 ソニーとホンダEVで提携

    EV事業の提携で基本合意し、握手するソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長(左)とホンダの三部敏宏社長=4日午後、東京都港区

    商品コード: 2022030411457

  • 1
  • 2