KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • かん
  • ひも
  • 代わり
  • 固定
  • 子ども
  • 放牧
  • 牧畜民
  • 発展

「ソ・ハク」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.64
    2019年10月14日
    「新華社」乗用車が路上で炎上路線バスの運転手や乗客が消し止める陝西省西安市

    中国陝西省西安市でこのほど、夕方の通勤時間帯に1台の乗用車が路上で炎上する事故があった。現場を通りかかった路線バスの運転手、蘇博良(そ・はくりょう)さんは、直ちにバスを止め、消火器を持って事故車両の消火に当たった。バスの乗客や他のバスの運転手もすぐに消火作業に加わり、火災はわずか3分で消し止められた。素早い対応により死傷者は出なかった。(記者/孫正好)<映像内容>路上で炎上する乗用車の救助活動、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605378

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、自宅でフリチャビリグさんと馬具を製作するナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604077

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャで、馬に馬具を付け、馬に乗る練習をするナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604078

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、庭で馬具を天日干しするナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604103

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、自宅でフリチャビリグさんと馬具を製作するナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604179

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、エジンホロ旗スブルガ鎮スブルガガチャで、馬の毛並みを整えるナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604092

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、自宅でフリチャビリグさんと一緒に手作りの馬具を見せるナレンダライさん(右)。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604090

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、自宅で牛革を裁断するナレンダライさん(右)。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604101

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、エジンホロ旗スブルガ鎮スブルガガチャで、フリチャビリグさんと馬具を製作するナレンダライさん(右)。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604115

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、自宅でフリチャビリグさんと牛革の状態を見るナレンダライさん(右)。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604173

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、自宅で牛革の加工作業をするナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604214

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、エジンホロ旗スブルガ鎮スブルガガチャで、馬具作りに使う牛革を裁断するナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604230

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャで、牛革を柔らかくするフリチャビリグさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604098

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャで、馬に乗る練習をするナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604093

  • 2020年11月19日
    伝統の技を受け継ぐ草原の馬具職人内モンゴル自治区

    19日、自宅の倉庫で、牛革を取り出すナレンダライさん。中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗スブルガ鎮のスブルガガチャに住む牧畜民、ナレンダライさん(43)は子どもの頃から蘇泊罕(そはくかん)草原で馬や羊を放牧してきたため、モンゴル馬や馬具の製作に興味を持っていた。近年、社会の発展に伴い、草原での放牧は馬の代わりに自動車を使うことが多くなったが、ナレンダライさんは今でも、絆しやおもがい(くつわを固定するために馬の頭にかけるひも)、鞭などの馬具を手作りすることにこだわり、経験豊かな牧畜民から馬具の製作技術を学んでいる。ナレンダライさんは2017年7月、同市の市級無形文化遺産伝承者に選ばれ、蘇泊罕草原で最年少の馬具職人となった。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604102

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrid president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902526

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902882

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902901

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902805

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902592

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902806

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902922

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902864

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrid president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902534

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902857

  • 2021年04月28日
    Ayuso stars in a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI

    April 28, 2021, Madrid, Madrid, Spain: The president of the Community of Madrid and candidate for re-election, Isabel Díaz Ayuso, intervenes during a breakfast-colloquium of the Club Siglo XXI, on April 28, 2021, in Madrid (Spain). The Madrilenian president participates in this event after yesterday Tuesday the security systems of Correos detected two new letters with projectiles addressed both to her and to the Directorate General of the Civil Guard...28 APRIL 2021;AYUSO;COLLOQUIUM;BREAKFAST;SIGLO XXI CLUB..Eduardo Parra / Europa Press..04/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021042902604

  • 2022年03月08日
    (1)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    莫高窟の第254窟で、壁画の修復状況を確認する蘇伯民氏(右端)。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807541

  • 2022年03月08日
    (9)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    莫高窟の第254窟で、壁画の修復状況を確認する蘇伯民氏。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807989

  • 2022年03月08日
    (5)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    敦煌研究院保護研究所分析実験室で作業にあたる蘇伯民氏(左)。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030808180

  • 2022年03月08日
    (2)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    莫高窟で写真を撮る蘇伯民氏。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030808166

  • 2022年03月08日
    (7)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    莫高窟を歩く蘇伯民氏。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030808183

  • 2022年03月08日
    (3)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    敦煌研究院保護研究所分析実験室で作業にあたる蘇伯民氏(左)。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807999

  • 2022年03月08日
    (4)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    莫高窟を歩く蘇伯民氏。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030808018

  • 2022年03月08日
    (8)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    莫高窟の第254窟で、壁画の修復状況を確認する蘇伯民氏(右)。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807985

  • 01:04.52
    2022年03月08日
    「新華社」「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。蘇氏によると、中国の文化財保護は数十年の模索を経て、すでに難易度の高い領域に進んでいる。石窟寺を例にとると、山体の自然災害に対する耐性をどう評価するか▽塩分が壁画の顔料に与える影響をいかにして正確に分析するか▽高温多湿化がもたらす新たなリスクにどう対応するか-などはいずれも文化財保護が直面する新たな課題であり、テクノロジーが問題解決の鍵になるという。文化財保護と医学には多くの共通点があるとも語った。文化財の緊急保護は「外科手術」と同様、応急措置であり、予防的保護は「日常の健康管理」と同じで文化財をより健康な状態に保つためのものだと指摘。「科学研究を強化して文化財保護も精確な方法で行えるようにし、中国の優れた伝統文化をよりよい形で盛り上げていきたい」と期待を示した。(記者/張睿、張玉潔、杜哲宇) =配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807540

  • 2022年03月08日
    (6)「科学技術で文化財の劣化防止を」全人代代表・蘇伯民敦煌研究院長

    莫高窟の第254窟で、壁画の修復状況を確認する蘇伯民氏(右から2人目)。(2月23日撮影)中国で現在開かれている全国人民代表大会(全人代)の代表を務める中国敦煌研究院の蘇伯民(そ・はくみん)院長は、今年も文化財関連の提案を行った。文化財保護学科の設置や、国家重点実験室の設立による文化財保護をめぐる長期的かつ詳細な研究の実施が含まれる。蘇氏は、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)での仕事に携わり今年で30年になる。蘇氏とそのチームは長年にわたり、砂漠に根を下ろしつつも国際基準に則り、科学技術を用いて莫高窟の劣化を遅らせてきた。(敦煌=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807987

  • 1