KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 日本
  • 生産拠点
  • 研究開発
  • アダプター
  • ペナント
  • 主任
  • 企業
  • 感謝
  • 新エネルギー車

「タムラ製作所」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2021年01月12日
    (1)タムラ製作所、蘇州市に世界最大級の事業拠点を設立

    蘇州市相城区にあるタムラ製作所。(2020年7月3日撮影)日本の電子部品メーカー、タムラ製作所は2019年、1千万ドル(1ドル=約104円)を投じて中国江蘇省の蘇州工業パーク蘇相協力区の「漕湖産業園」に田村電子(蘇州)を設立した。同社は2020年10月、地方にあった工場を同産業園に移転した。現在、毎月の生産額は約7500万元(1元=約16円)で、同社の海外事業拠点としては最大規模であり、中国華東区における最大の研究開発・生産拠点となっている。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011200779

  • 2021年01月12日
    (2)タムラ製作所、蘇州市に世界最大級の事業拠点を設立

    蘇州市相城区にあるタムラ製作所。(2020年7月3日撮影)日本の電子部品メーカー、タムラ製作所は2019年、1千万ドル(1ドル=約104円)を投じて中国江蘇省の蘇州工業パーク蘇相協力区の「漕湖産業園」に田村電子(蘇州)を設立した。同社は2020年10月、地方にあった工場を同産業園に移転した。現在、毎月の生産額は約7500万元(1元=約16円)で、同社の海外事業拠点としては最大規模であり、中国華東区における最大の研究開発・生産拠点となっている。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011200781

  • 2021年01月14日
    (4)タムラ製作所の蘇州拠点、蘇相協力区に感謝の「錦旗」贈呈

    6日、田村電子(蘇州)の生産現場。中国江蘇省の蘇州工業パーク蘇相協力区に生産拠点を構える日本の電子部品メーカー、タムラ製作所傘下の田村電子(蘇州)がこのほど、同区管理委員会に感謝の意を込めた錦旗(ペナント)を贈った。同社の櫻井丈晴総経理が「親切で周到なサービス、企業の発展を後押し」と書かれた錦旗を同委員会の呉烈(ご・れつ)副主任に直接手渡した。同社は2019年7月、1千万ドル(1ドル=約104円)を投じて同区内の漕湖産業園に生産拠点を開設し、20年6月に試験生産を始めた。主に新エネルギー車(NEV)や電動工具のACアダプターなどの電子部品を生産。タムラ製作所の海外拠点としては最大規模で、華東地区最大の研究開発・生産拠点となっている。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407739

  • 2021年01月06日
    タムラ製作所の蘇州拠点、蘇相協力区に感謝の「錦旗」贈呈

    6日、蘇州工業パーク蘇相協力区の漕湖産業園にある田村電子(蘇州)。中国江蘇省の蘇州工業パーク蘇相協力区に生産拠点を構える日本の電子部品メーカー、タムラ製作所傘下の田村電子(蘇州)がこのほど、同区管理委員会に感謝の意を込めた錦旗(ペナント)を贈った。同社の櫻井丈晴総経理が「親切で周到なサービス、企業の発展を後押し」と書かれた錦旗を同委員会の呉烈(ご・れつ)副主任に直接手渡した。同社は2019年7月、1千万ドル(1ドル=約104円)を投じて同区内の漕湖産業園に生産拠点を開設し、20年6月に試験生産を始めた。主に新エネルギー車(NEV)や電動工具のACアダプターなどの電子部品を生産。タムラ製作所の海外拠点としては最大規模で、華東地区最大の研究開発・生産拠点となっている。(蘇州=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800539

  • 2021年01月14日
    (1)タムラ製作所の蘇州拠点、蘇相協力区に感謝の「錦旗」贈呈

    6日、江蘇省蘇相協力区管理委員会の呉烈(ご・れつ)副主任に、感謝の意を示す「錦旗」を贈る田村電子(蘇州)の櫻井丈晴総経理(右)。中国江蘇省の蘇州工業パーク蘇相協力区に生産拠点を構える日本の電子部品メーカー、タムラ製作所傘下の田村電子(蘇州)がこのほど、同区管理委員会に感謝の意を込めた錦旗(ペナント)を贈った。同社の櫻井丈晴総経理が「親切で周到なサービス、企業の発展を後押し」と書かれた錦旗を同委員会の呉烈(ご・れつ)副主任に直接手渡した。同社は2019年7月、1千万ドル(1ドル=約104円)を投じて同区内の漕湖産業園に生産拠点を開設し、20年6月に試験生産を始めた。主に新エネルギー車(NEV)や電動工具のACアダプターなどの電子部品を生産。タムラ製作所の海外拠点としては最大規模で、華東地区最大の研究開発・生産拠点となっている。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407736

  • 2021年01月14日
    (2)タムラ製作所の蘇州拠点、蘇相協力区に感謝の「錦旗」贈呈

    6日、田村電子(蘇州)が蘇相協力区管理委員会に贈った「錦旗」。中国江蘇省の蘇州工業パーク蘇相協力区に生産拠点を構える日本の電子部品メーカー、タムラ製作所傘下の田村電子(蘇州)がこのほど、同区管理委員会に感謝の意を込めた錦旗(ペナント)を贈った。同社の櫻井丈晴総経理が「親切で周到なサービス、企業の発展を後押し」と書かれた錦旗を同委員会の呉烈(ご・れつ)副主任に直接手渡した。同社は2019年7月、1千万ドル(1ドル=約104円)を投じて同区内の漕湖産業園に生産拠点を開設し、20年6月に試験生産を始めた。主に新エネルギー車(NEV)や電動工具のACアダプターなどの電子部品を生産。タムラ製作所の海外拠点としては最大規模で、華東地区最大の研究開発・生産拠点となっている。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407738

  • 2021年02月02日
    (2)江蘇省の実行ベース外資導入額、2020年は235億ドルを突破

    江蘇省蘇州市に設立されたタムラ製作所の中国法人田村電子(蘇州)。(2020年12月22日撮影)中国江蘇省商務庁が1日に発表した統計によると、2020年の同省実行ベース外資導入額は前年同期比3・2%増の235億2千万ドル(1ドル=約105円)、人民元換算では5・1%増の1631億4千万元(1元=約16円)で、導入額は引き続き国内第1位だった。(南京=新華社記者/劉巍巍)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203704

  • 1