KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • 機械化
  • ウルムチ
  • 作業員
  • カザフスタン
  • 収入
  • 塔城
  • 販売

「タルバガタイ地区」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
98
( 1 98 件を表示)
  • 1
98
( 1 98 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:27.11
    2018年12月01日
    「新華社」ウルムチ、大雪と砂じんに見舞われる新疆各地で悪天候

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市は1日、強い寒気の影響を受け大雪「黄色」警報が発令された。空を覆う砂じんの影響も相まって市内の視界は100メートルを切り、歩行者や車は砂じんと風雪で前に進むのも困難な状況になった。最低気温は零下15度まで落ち込み、砂じん嵐による大気汚染が深刻だった。自治区内の他地域でも暴風や寒波、大雪、砂じんなど極端な天候に相次ぎ見舞われた。自治区北部では最低気温が零下15~20度まで下がり、中でもタルバガタイ地区北部やアルタイ地区、昌吉(しょうきつ)回族自治州東部は最低気温零下25~33度を記録した。トルファンやハミ、カラマイも程度の異なる低温や降雨降雪を伴う暴風や砂じん嵐に見舞われた。気象当局は、今回の寒波や暴風、降雪によって道路の凍結や局地的な吹雪、砂じん嵐が起こるとしており、交通や旅行、牧畜業、ハウス農業、都市運営、市民生活などに悪影響が及ぶとして、警戒を呼びかけている。(記者/郭燕)<映像内容>大雪と砂じんに見舞われる街の様子、撮影日:2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120431815

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.36
    2019年01月11日
    「新華社」新疆·ジュンガル盆地で日産量千立方メートルの原油発見

    中国新疆ウイグル自治区北西部のジュンガル盆地南端に位置するイリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市の試掘井「高深1井」でこのほど、生産量豊富な原油・天然ガスが発見された。同油・ガス井での日産量は原油が1213立方メートル、天然ガスが32万1700立方メートルに達し、中国石油新疆油田公司の同盆地における油・ガス井の中で最多の油・ガス日産量を記録した。今回の発見により、同盆地南端が広く原油・天然ガスが集中するエリアであることが証明された。ジュンガル盆地南端は、石油や地質の専門家が数世代にわたり非常に注目し、調査を続けてきた重要なエリアで、原油・天然ガス資源がとても豊富な場所だ。天山山脈北側で発見された長さ400キロに達する背斜構造帯は、世界でも有数の前縁盆地における大油ガス田を形成する地質的条件を備えている。現地は地表条件が悪く、地下構造も複雑なため、調査では大きな困難があった。しかし、関係者の数世代にわたるたゆまぬ努力によって、ついに同盆地南端で日産量「千立方メートルクラス」の油井を探り当てた。「高深1井」の潜在力は大きく、今後の調査の見通しは非常に明るい。(記者/張嘯誠、顧煜)<映像内容>新疆・ジュンガル盆地で原油発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120783

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、アコーディオン博物館を見学する親子連れ。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100732

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示されたロシア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100694

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示された1950年代のイタリア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示されたイタリア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100717

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示されたロシア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区の野外の風景。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(塔城=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020061604395

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.68
    2020年10月14日
    「新華社」新疆でのインフラ建設を強化750キロボルト送電網が完成

    中国新疆ウイグル自治区のアルタイ(阿勒泰)地区とタルバガタイ(塔城)地区を高圧送電線で結ぶ阿勒泰-准北750キロボルト送変電プロジェクトが14日、正式に電力供給を開始した。同自治区は域内をカバーする750キロボルト送電網の整備を終え、インフラレベルがさらに向上した。同プロジェクトは、アルタイ地区カナスとタルバガタイ地区准北にある750キロボルト変電所を結び、途中両地区の多くの県や市を通過する。全長は341キロで、鉄塔725基が設置されている。プロジェクトの送電開始により、アルタイ地区から外部への送電能力は200万キロワットに増強された。送電大手、国家電網傘下の国網新疆電力によると、自治区のインフラ建設は強化され続けており、これまでにウルムチ市を中心に東はハミ(哈密)市、西はイリ・カザフ自治州、南はカシュガル(喀什)地区とホータン(和田)地区、北はアルタイ地区に至る750キロボルト基幹送電網が完成。新疆の社会の安定と経済の発展をエネルギー面から支えている。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>新疆のインフラ建設、750キロボルト送電網の様子、撮影日:2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704693

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (5)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村の住民、哈爾次克(ハルツク)さん宅を年始のあいさつに訪れ、歌で祝福を伝える友人。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (4)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村の西鳳苑広場で、歌や踊りを披露する芸術団体「烏蘭牧騎」の出演者。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700135

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (1)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村で年始のあいさつのため自宅を訪れた親友をもてなす村民の哈爾次克(ハルツク)さん。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700132

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (2)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村で年始のあいさつのため自宅を訪れた親友に酒を勧め、歌を送る哈爾次克(ハルツク)さん夫妻。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (6)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村でギョーザを作る哈爾次克(ハルツク)さん夫妻。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (3)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村の西鳳苑広場で、歌を披露する芸術団体、「烏蘭牧騎」の出演者。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700133

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.07
    2021年03月13日
    「新華社」天山の丹霞地形に映える銀雪新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区で降雪があり、赤い堆積岩からなる丹霞地形と真っ白な雪が見事なコントラストを描き出した。「天山の地形ギャラリー」と呼ばれる省級道路S101号線からは、まるで油絵のような幻想的な景色が見られた。S101号線は、東のウルムチ市と西のイリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス(烏蘇)市巴音溝を結ぶ全長301・6キロの道路で、沿線では丹霞地形やゴビ砂漠、河谷などの自然景観が楽しめる。(記者/丁磊) =配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (6)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区沙湾市と、新疆生産建設兵団第八師団の綿花栽培エリアの生育状況をとらえた衛星リモートセンシング画像。(2020年8月1日製作)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。(ウルムチ=新華社配信/疆天綿図提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:疆天綿図/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032707101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (1)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区沙湾市の綿花畑。衛星ナビゲーションにより、綿花が等間隔で一直線に植えられている。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。(ウルムチ=新華社配信/天地図提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:天地図/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912737

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.26
    2021年04月01日
    「新華社」天山山脈に春の雪新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区北部の山間部では、北西からの寒気の影響で春の雪が降った。同自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾市南部の天山山脈は一面雪で覆われ、うっそうとした森と漂う雲や霧が壮大な景色を形作っている。(記者/張嘯誠、胡虎虎) =配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040113226

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.05
    2021年04月07日
    「新華社」練習に励む小学生女子サッカーチーム新疆沙湾市

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は、南に天山山脈がそびえ、北はジュンガル盆地に面し、各民族の人々が暮らしている。同市第二小学校では午後になると、スポーツサークルに参加する子どもたちの歓声が聞こえてくる。夏松豪(か・しょうごう)コーチ率いる同校女子サッカーチームは、これまでに全新疆ウイグル自治区の大会で準優勝し、中国サッカー協会の全国12歳女子エリート戦で5位に入賞している。新学期開始後には、3、4年生の各民族の女子児童22人を募集し、新チームを結成するという。(記者/張嘯誠、胡虎虎) =配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040800062

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (4)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の塩採取エリア。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304982

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (5)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、塩を採取するショベルカー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304988

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (1)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の塩採取エリア。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304991

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (8)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の生産基地で撮影した塩田。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304979

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (10)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、機械を操作して粗塩を洗浄する中塩宏達塩業の作業員。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304983

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (7)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖の一角。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304987

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (11)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、塩を採取するショベルカー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304984

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (2)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、粗塩を運ぶトラック。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304990

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (6)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で作業するショベルカー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304985

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (9)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、粗塩を運ぶトラック。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304981

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (3)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の生産基地で撮影した塩田。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304986

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.21
    2021年08月13日
    「新華社」新疆ウイグル自治区に豊かな実り大地を彩る農作物

    中国新疆ウイグル自治区の天山山脈の麓では8月に入り、農作物が収穫期を迎え、大地を鮮やかに彩っている。同自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾市では、8千ムー(約533ヘクタール)の畑でトマトが実った。沙湾市は新疆を代表する農業都市で、主要作物栽培の総合機械化率は97・5%に達した。トマト収穫機を搭載したスマートシステムは実の成熟度を自動的に識別でき、正確な摘み取りを実現している。バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県では各郷・鎮に8カ所の小麦販売所が設置されており、穀物を販売する農民はいつでも利用できる。トルファン市は7月下旬からブドウの収穫期を迎えている。同市は中国で最も有名なブドウ産地で、栽培面積は計57万ムー(3万8千ヘクタール)、年間生産量は120万トンに達している。新疆では強い日差しが照り付ける高温下での作業を避けるため、一般に明け方からハミウリの収穫を開始し、畑で包装してトラックに積み込み、コールドチェーン(低温物流)で中国各地に出荷している。(記者/阿曼、李志浩) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402933

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (3)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場で、買い付けた綿花を整理する作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (5)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の買い付け工場に入るのを待つ、綿花を満載したトラックの列。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (12)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花畑に積まれた綿俵。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611634

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (11)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市で綿花の買い付けが行われる場所に積まれた綿俵。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (2)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)沙湾市の綿花買い付け工場で、買い付けた綿花を積む作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611611

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (4)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場で、買い付けた綿花を整理する作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611624

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (6)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場の前で、列を作って買い付けを待つ農家。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611629

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (9)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場の前で、機械を操作して加工したばかりの原綿を運ぶ作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611633

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (1)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場で、機械を操作して綿花を運ぶ作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611585

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (8)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場の前で、列を作って買い付けを待つ綿花を満載したトラック。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んで(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611631

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (10)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市で綿摘み機を使って行われた収穫作業。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611632

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (3)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    上:スタッフとともに機械を使って種まきをする陸高林さん父子。(4月15日撮影、小型無人機から)中:陸高林さんの綿花畑に農薬を散布する農業植物保護ドローン。(7月15日撮影、小型無人機から)下:綿花を収穫する綿花収穫機。陸高林さんが所有者からレンタルした。(10月24日撮影、小型無人機から、組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310231

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (2)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    上:機械を使って種まきをする陸高林さん父子。(4月15日撮影、小型無人機から)中:陸高林さんの綿花畑に農薬を散布する農業植物保護ドローン。(7月15日撮影、小型無人機から)下:綿花を収穫する綿花収穫機。陸高林さんが所有者からレンタルした。(10月24日撮影、小型無人機から、組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (4)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    スタッフとともに機械を使って種まきをする陸高林さん父子。(4月15日、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310232

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (11)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    秋の収穫期を迎えた三道溝村の綿花畑で、綿花収穫機の所有者に連絡する陸高林さん。(10月19日撮影)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310241

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (8)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    秋の収穫期を迎えた陸高林さん一家の綿花畑。雨上がりの空から夕日の光が降り注いでいる。(10月23日撮影)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310244

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (6)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    陸高林さんが見守る中、綿花畑に農薬を散布する農業植物保護ドローン。(7月15日撮影)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310245

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (10)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    雨上がりの綿花畑で、綿花を摘み、水分量を確認する陸高林さん。綿花が過度に湿り、収穫に影響することを心配している。(10月23日撮影)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310247

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (5)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    種まき後の綿花畑で、出芽時の水や肥料の供給に備え、点滴かんがいパイプ装置を清掃する陸高林さん。(4月15日撮影)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310235

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (13)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    陸高林さん一家の綿花畑。左は収穫後、右は収穫前。(10月24日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310237

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (1)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    左:三道溝村の綿花畑で、綿花の種を持つ陸高林さん。(4月15日撮影)右:収穫した綿花を持つ陸高林さん。(10月23日撮影、組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310234

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (7)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    上:真夏を迎えた陸高林さん一家の綿花畑。(7月15日撮影)下:秋の収穫期を迎えた陸高林さん一家の綿花畑。(10月19日撮影、組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310239

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (12)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    綿花を収穫する綿花収穫機。陸高林さんが所有者からレンタルした。(10月24日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月03日
    (9)綿花の大規模栽培で農家の収入増を後押し新疆ウイグル自治区

    収穫を待つ綿花畑で、綿花の品質を確かめる陸高林さん。(10月23日撮影)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は自治区内の重要な綿花生産地で、市全体の今年の栽培面積は176万ムー(約11万7千ヘクタール)以上となった。陸高林(りく・こうりん)さんら地元の綿花農家にとって、綿花栽培が重要な収入源になっている。綿花栽培は春に種をまき、夏・秋にかんがい、除草、農薬散布などを行い、10月に収穫期を迎える。人手によって綿花を収穫していた頃、陸さん一家の栽培面積は多くても70~80ムー(約4・7~5・3ヘクタール)で、収穫作業だけで2カ月近くかかっていた。今年は機械化により、土地の使用権譲渡を受けて栽培面積を960ムー(64ヘクタール)まで拡大。さらに、機械による種まきや小型無人機による農薬散布、綿花収穫機による収穫など、新たな栽培方式によって、農作業の効率と品質が大幅に向上した。陸さんは「一家で千ムー(約66・7ヘクタール)近くの土地で栽培することは、これまで考えられなかった」と語った。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310249

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月02日
    (4)巴克図口岸で風力発電設備の輸出が増加新疆ウイグル自治区

    28日、新疆ウイグル自治区の巴克図口岸で通関を待つ大型風力発電ユニットのブレード。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市に位置する巴克図口岸(通関地)では3月以降、風力発電設備の輸出が増加傾向を示し、大型設備が相次ぎカザフスタンに向け輸送されている。同地区口岸管理委員会のデータによると、2021年7月以降、トラック151台分の大型風力発電設備が巴克図口岸を経て輸出された。(チョチェク=新華社記戈者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040206626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月02日
    (1)巴克図口岸で風力発電設備の輸出が増加新疆ウイグル自治区

    3月28日、新疆ウイグル自治区の巴克図口岸で大型風力発電ユニットのブレードのつり上げを指揮する作業員。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市に位置する巴克図口岸(通関地)では3月以降、風力発電設備の輸出が増加傾向を示し、大型設備が相次ぎカザフスタンに向け輸送されている。同地区口岸管理委員会のデータによると、2021年7月以降、トラック151台分の大型風力発電設備が巴克図口岸を経て輸出された。(チョチェク=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040206683

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月02日
    (2)巴克図口岸で風力発電設備の輸出が増加新疆ウイグル自治区

    3月28日、新疆ウイグル自治区の巴克図口岸で搬送される大型風力発電ユニットのブレード。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市に位置する巴克図口岸(通関地)では3月以降、風力発電設備の輸出が増加傾向を示し、大型設備が相次ぎカザフスタンに向け輸送されている。同地区口岸管理委員会のデータによると、2021年7月以降、トラック151台分の大型風力発電設備が巴克図口岸を経て輸出された。(チョチェク=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040206614

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月02日
    (3)巴克図口岸で風力発電設備の輸出が増加新疆ウイグル自治区

    3月28日、新疆ウイグル自治区の巴克図口岸で搬送される大型風力発電ユニットのブレード。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市に位置する巴克図口岸(通関地)では3月以降、風力発電設備の輸出が増加傾向を示し、大型設備が相次ぎカザフスタンに向け輸送されている。同地区口岸管理委員会のデータによると、2021年7月以降、トラック151台分の大型風力発電設備が巴克図口岸を経て輸出された。(チョチェク=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040206625

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月03日
    (4)国産綿摘み機の製造がピークを迎える新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆鉢施然スマート農機の生産ラインで、綿摘み機の運転席に座り機械の状態を確認する作業員。中国新疆ウイグル自治区に広がる広大な綿花生産地が春耕や播種の時期に入るにつれ、イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市にある農機の製造・販売などを手掛ける新疆鉢施然スマート農機でも、綿摘み機の製造が繁忙期を迎えている。2021年、同自治区の綿花栽培面積は3718万ムー(約248ヘクタール)に達し、摘み取りの機械化率は80%を超えた。国産綿摘み機は綿花収穫の「主戦力」となりつつある。(ウス=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040311411

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月03日
    (1)国産綿摘み機の製造がピークを迎える新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆鉢施然スマート農機の綿摘み機生産ラインで、検査のために運転席に乗り込む作業員。中国新疆ウイグル自治区に広がる広大な綿花生産地が春耕や播種の時期に入るにつれ、イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市にある農機の製造・販売などを手掛ける新疆鉢施然スマート農機でも、綿摘み機の製造が繁忙期を迎えている。2021年、同自治区の綿花栽培面積は3718万ムー(約248ヘクタール)に達し、摘み取りの機械化率は80%を超えた。国産綿摘み機は綿花収穫の「主戦力」となりつつある。(ウス=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040311416

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月03日
    (2)国産綿摘み機の製造がピークを迎える新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆鉢施然スマート農機の生産ラインで、工場から出荷される綿摘み機を検査する作業員。中国新疆ウイグル自治区に広がる広大な綿花生産地が春耕や播種の時期に入るにつれ、イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市にある農機の製造・販売などを手掛ける新疆鉢施然スマート農機でも、綿摘み機の製造が繁忙期を迎えている。2021年、同自治区の綿花栽培面積は3718万ムー(約248ヘクタール)に達し、摘み取りの機械化率は80%を超えた。国産綿摘み機は綿花収穫の「主戦力」となりつつある。(ウス=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040311469

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月03日
    (5)国産綿摘み機の製造がピークを迎える新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆鉢施然スマート農機の生産ラインで、綿摘み機のシャシーを点検する作業員。中国新疆ウイグル自治区に広がる広大な綿花生産地が春耕や播種の時期に入るにつれ、イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市にある農機の製造・販売などを手掛ける新疆鉢施然スマート農機でも、綿摘み機の製造が繁忙期を迎えている。2021年、同自治区の綿花栽培面積は3718万ムー(約248ヘクタール)に達し、摘み取りの機械化率は80%を超えた。国産綿摘み機は綿花収穫の「主戦力」となりつつある。(ウス=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040311420

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月03日
    (6)国産綿摘み機の製造がピークを迎える新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆鉢施然スマート農機の生産ラインで、綿摘み機の運転席に座り機械の状態を確認する作業員。中国新疆ウイグル自治区に広がる広大な綿花生産地が春耕や播種の時期に入るにつれ、イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市にある農機の製造・販売などを手掛ける新疆鉢施然スマート農機でも、綿摘み機の製造が繁忙期を迎えている。2021年、同自治区の綿花栽培面積は3718万ムー(約248ヘクタール)に達し、摘み取りの機械化率は80%を超えた。国産綿摘み機は綿花収穫の「主戦力」となりつつある。(ウス=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040311425

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月03日
    (3)国産綿摘み機の製造がピークを迎える新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆鉢施然スマート農機の生産ラインで、工場から出荷される綿摘み機を検査する作業員。中国新疆ウイグル自治区に広がる広大な綿花生産地が春耕や播種の時期に入るにつれ、イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市にある農機の製造・販売などを手掛ける新疆鉢施然スマート農機でも、綿摘み機の製造が繁忙期を迎えている。2021年、同自治区の綿花栽培面積は3718万ムー(約248ヘクタール)に達し、摘み取りの機械化率は80%を超えた。国産綿摘み機は綿花収穫の「主戦力」となりつつある。(ウス=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040311418

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月10日
    (1)各地で綿花の種まき始まる新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市石橋郷の綿花畑を耕す高出力トラクター。中国新疆ウイグル自治区では気温の上昇に伴い、南から北へ広がる広大な綿花畑で次々と種まきが始まった。各民族の綿花農家は、農期を逃さず畑仕事に精を出している。畑ではスマート農機も活躍している。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041106607

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月10日
    (2)各地で綿花の種まき始まる新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾市の綿花畑を耕すトラクター。中国新疆ウイグル自治区では気温の上昇に伴い、南から北へ広がる広大な綿花畑で次々と種まきが始まった。各民族の綿花農家は、農期を逃さず畑仕事に精を出している。畑ではスマート農機も活躍している。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2022(令和4)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041010418

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月25日
    (9)中国最大の綿花産地、種まきがピークに新疆ウイグル自治区

    18日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花畑で作業する播種機。(小型無人機から)中国最大の綿花産地、新疆ウイグル自治区では、綿花の種まきがピークを迎えている。同自治区農業農村庁によると、今年の作付面積は約3700万ムー(約247万ヘクタール)に達する見通し。現在、同自治区の綿花栽培は整備と種まきの段階で完全な機械化を実現しており、機械による収穫の割合が80%を超える。世界的な綿花産地を有する新疆は、国内最大の綿花産地でもあり、農家の半数近くが綿花を栽培し、綿花による収入が農家の純収入の3割を占める。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042505965

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月25日
    (11)中国最大の綿花産地、種まきがピークに新疆ウイグル自治区

    18日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市大泉郷中泉村に広がる、種まきが終わった綿花畑。(小型無人機から)中国最大の綿花産地、新疆ウイグル自治区では、綿花の種まきがピークを迎えている。同自治区農業農村庁によると、今年の作付面積は約3700万ムー(約247万ヘクタール)に達する見通し。現在、同自治区の綿花栽培は整備と種まきの段階で完全な機械化を実現しており、機械による収穫の割合が80%を超える。世界的な綿花産地を有する新疆は、国内最大の綿花産地でもあり、農家の半数近くが綿花を栽培し、綿花による収入が農家の純収入の3割を占める。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042505990

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月25日
    (12)中国最大の綿花産地、種まきがピークに新疆ウイグル自治区

    18日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市大泉郷中泉村の綿花畑で作業する播種機。(小型無人機から)中国最大の綿花産地、新疆ウイグル自治区では、綿花の種まきがピークを迎えている。同自治区農業農村庁によると、今年の作付面積は約3700万ムー(約247万ヘクタール)に達する見通し。現在、同自治区の綿花栽培は整備と種まきの段階で完全な機械化を実現しており、機械による収穫の割合が80%を超える。世界的な綿花産地を有する新疆は、国内最大の綿花産地でもあり、農家の半数近くが綿花を栽培し、綿花による収入が農家の純収入の3割を占める。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506114

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月25日
    (14)中国最大の綿花産地、種まきがピークに新疆ウイグル自治区

    17日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市大泉郷五道河子村で、綿花畑を耕す高出力トラクター。(小型無人機から)中国最大の綿花産地、新疆ウイグル自治区では、綿花の種まきがピークを迎えている。同自治区農業農村庁によると、今年の作付面積は約3700万ムー(約247万ヘクタール)に達する見通し。現在、同自治区の綿花栽培は整備と種まきの段階で完全な機械化を実現しており、機械による収穫の割合が80%を超える。世界的な綿花産地を有する新疆は、国内最大の綿花産地でもあり、農家の半数近くが綿花を栽培し、綿花による収入が農家の純収入の3割を占める。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506240

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月25日
    (10)中国最大の綿花産地、種まきがピークに新疆ウイグル自治区

    16日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花畑で、種まきに使う農業用フィルムを運ぶ人たち。中国最大の綿花産地、新疆ウイグル自治区では、綿花の種まきがピークを迎えている。同自治区農業農村庁によると、今年の作付面積は約3700万ムー(約247万ヘクタール)に達する見通し。現在、同自治区の綿花栽培は整備と種まきの段階で完全な機械化を実現しており、機械による収穫の割合が80%を超える。世界的な綿花産地を有する新疆は、国内最大の綿花産地でもあり、農家の半数近くが綿花を栽培し、綿花による収入が農家の純収入の3割を占める。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042505979

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月25日
    (13)中国最大の綿花産地、種まきがピークに新疆ウイグル自治区

    17日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市大泉郷五道河子村の綿花畑で作業する播種機。(小型無人機から)中国最大の綿花産地、新疆ウイグル自治区では、綿花の種まきがピークを迎えている。同自治区農業農村庁によると、今年の作付面積は約3700万ムー(約247万ヘクタール)に達する見通し。現在、同自治区の綿花栽培は整備と種まきの段階で完全な機械化を実現しており、機械による収穫の割合が80%を超える。世界的な綿花産地を有する新疆は、国内最大の綿花産地でもあり、農家の半数近くが綿花を栽培し、綿花による収入が農家の純収入の3割を占める。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506173

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月19日
    (3)シボ族の伝統的祝日「西遷節」祝うイベント新疆ウイグル自治区

    18日、イベント会場でアーチェリーの腕前を披露するシボ族の男性。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市で18日、中国の少数民族シボ族の伝統的祝日「西遷節」を祝うイベントが行われ、さまざまな民族が一堂に会した。清政府は1764年、盛京(現在の遼寧省瀋陽市)や周辺地区からシボ族の兵士とその家族・親類4千人余りを召集し、同自治区イリ(伊犁)に駐屯させた。このことからシボ族は、毎年旧暦4月18日に先祖をまつる「西遷節」を祝い、忘れがたい西遷の道のりを記念している。(チョチェク=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051910762

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月19日
    (1)シボ族の伝統的祝日「西遷節」祝うイベント新疆ウイグル自治区

    18日、イベント会場でを体験する観光客。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市で18日、中国の少数民族シボ族の伝統的祝日「西遷節」を祝うイベントが行われ、さまざまな民族が一堂に会した。清政府は1764年、盛京(現在の遼寧省瀋陽市)や周辺地区からシボ族の兵士とその家族・親類4千人余りを召集し、同自治区イリ(伊犁)に駐屯させた。このことからシボ族は、毎年旧暦4月18日に先祖をまつる「西遷節」を祝い、忘れがたい西遷の道のりを記念している。(チョチェク=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051910828

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月19日
    (5)シボ族の伝統的祝日「西遷節」祝うイベント新疆ウイグル自治区

    18日、シボ族「西遷節」のイベント会場。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市で18日、中国の少数民族シボ族の伝統的祝日「西遷節」を祝うイベントが行われ、さまざまな民族が一堂に会した。清政府は1764年、盛京(現在の遼寧省瀋陽市)や周辺地区からシボ族の兵士とその家族・親類4千人余りを召集し、同自治区イリ(伊犁)に駐屯させた。このことからシボ族は、毎年旧暦4月18日に先祖をまつる「西遷節」を祝い、忘れがたい西遷の道のりを記念している。(チョチェク=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051910764

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:28.22
    2022年05月19日
    「新華社」シボ族の伝統的祝日「西遷節」祝うイベント新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市で18日、中国の少数民族シボ族の伝統的祝日「西遷節」を祝うイベントが行われ、さまざまな民族が一堂に会した。清政府は1764年、盛京(現在の遼寧省瀋陽市)や周辺地区からシボ族の兵士とその家族・親類4千人余りを召集し、同自治区イリ(伊犁)に駐屯させた。このことからシボ族は、毎年旧暦4月18日に先祖をまつる「西遷節」を祝い、忘れがたい西遷の道のりを記念している。イベント会場では、シボ族の伝統的な食事の提供、民族衣装の試着、刺しゅうや工芸品の展示、伝統的な遊びの体験などさまざまな催しが行われた。(記者/高晗、楊湛菲) =配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051910723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月19日
    (4)シボ族の伝統的祝日「西遷節」祝うイベント新疆ウイグル自治区

    18日、イベント会場でシボ族の伝統的な食べ物を試食する観光客。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市で18日、中国の少数民族シボ族の伝統的祝日「西遷節」を祝うイベントが行われ、さまざまな民族が一堂に会した。清政府は1764年、盛京(現在の遼寧省瀋陽市)や周辺地区からシボ族の兵士とその家族・親類4千人余りを召集し、同自治区イリ(伊犁)に駐屯させた。このことからシボ族は、毎年旧暦4月18日に先祖をまつる「西遷節」を祝い、忘れがたい西遷の道のりを記念している。(チョチェク=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051910760

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月19日
    (2)シボ族の伝統的祝日「西遷節」祝うイベント新疆ウイグル自治区

    18日、イベント会場でアコーディオンを合奏する人々。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市で18日、中国の少数民族シボ族の伝統的祝日「西遷節」を祝うイベントが行われ、さまざまな民族が一堂に会した。清政府は1764年、盛京(現在の遼寧省瀋陽市)や周辺地区からシボ族の兵士とその家族・親類4千人余りを召集し、同自治区イリ(伊犁)に駐屯させた。このことからシボ族は、毎年旧暦4月18日に先祖をまつる「西遷節」を祝い、忘れがたい西遷の道のりを記念している。(チョチェク=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051910761

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月19日
    (6)シボ族の伝統的祝日「西遷節」祝うイベント新疆ウイグル自治区

    18日、イベント会場でシボ族の伝統的な遊びを体験する観光客。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区のチョチェク(塔城)市で18日、中国の少数民族シボ族の伝統的祝日「西遷節」を祝うイベントが行われ、さまざまな民族が一堂に会した。清政府は1764年、盛京(現在の遼寧省瀋陽市)や周辺地区からシボ族の兵士とその家族・親類4千人余りを召集し、同自治区イリ(伊犁)に駐屯させた。このことからシボ族は、毎年旧暦4月18日に先祖をまつる「西遷節」を祝い、忘れがたい西遷の道のりを記念している。(チョチェク=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051910750

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (11)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む国際物流パークの屋上部に部材を取り付ける作業員ら。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609121

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (1)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の風力発電ブレード製造工場屋上部に部材を取り付ける作業員ら。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609098

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (3)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の風力発電ブレード製造工場内で、床の鉄筋を結束する作業員ら。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (12)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進むスマート物流倉庫内で、壁の吹き付けを行う作業員。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (13)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む国際物流パークの基礎部分の鉄筋を結束する作業員ら。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (5)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区にある風力発電ブレード製造工場で、窓を取り付ける作業員ら。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609116

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (15)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む国際物流パークの鉄骨加工所。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (14)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む国際物流パークの鉄骨加工所。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609123

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (4)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の風力発電ブレード製造工場内で、床の鉄筋を結束する作業員。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (6)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む風力発電ブレード製造工場。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (8)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む風力発電機タワーの製造工場。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609114

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (7)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む風力発電機タワーの製造工場。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609117

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:29.03
    2022年05月26日
    「新華社」新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(記者/高晗、楊湛菲) =配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (10)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む国際物流パークの鉄骨加工所屋上部に部材を取り付ける作業員ら。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (2)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の風力発電ブレード製造工場屋上部に部材を取り付ける作業員ら。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609100

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月26日
    (9)新疆タルバガタイ重点開発開放試験区建設工事が急ピッチ

    18日、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区で建設が進む国際物流パーク。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区で現在、「新疆タルバガタイ重点開発開放試験区」の建設工事が急ピッチで進んでいる。現場では中国の鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十五局集団など複数企業の従業員千人余りが昼夜を問わず作業を続けている。試験区は同自治区北西部にあり、カザフスタンとの国境に隣接している。中国が中央アジアとの協力のために開く重要な窓口として、近隣諸国との包括的な協力関係を深め、シルクロード経済ベルト核心区の建設加速に寄与する役割を持つ。試験区建設指揮部の統計によると、同地区では今年、重点プロジェクトが325件、総投資額が603億元(1元=約19円)、年度計画投資額が198億元に上っている。国務院は2020年12月、新疆タルバガタイ重点開発開放試験区の設置を承認。同試験区は中国が西北地区で唯一承認した国境沿いの重点開発開放試験区となった。(イリ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052609112

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月27日
    (2)植物保護ドローン8千台超が綿花・食糧生産を後押し新疆ウイグル自治区

    イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾市で、植物保護ドローンの特徴について語り合う農業サービス会社の責任者(左)と綿花農家の人。(2021年7月15日撮影)中国新疆ウイグル自治区ではここ数年、新たなスマート農業機械の代表的製品とされる植物保護ドローン(小型無人機)が急速に普及している。同自治区の保有台数は8千台を超え、各省・自治区・直轄地の中で上位に位置する。同自治区農業・農村機械化発展センターによると、自治区の農業機械の総出力は2466万8500キロワットで、農作物の総合機械化水準は85・5%と全国上位を占める。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2022(令和4)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062706156

  • 1