KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 生き物
  • クロヅル
  • 渡り鳥
  • 昭和
  • 平成
  • 群れ
  • アカハシハジロ
  • オシドリ

「タンチョウヅル」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
74
( 1 74 件を表示)
  • 1
74
( 1 74 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • スケッチ848 タンチョウヅルの親子
    1949年06月30日
    スケッチ848 タンチョウヅルの親子

    えさを食べるタンチョウヅルの親子を熱心に見る子どもたち=1949(昭和24)年6月、東京都台東区の上野動物園

    商品コード: 2016092800884

  • スケッチ1849 タンチョウヅルと卵
    1950年06月24日
    スケッチ1849 タンチョウヅルと卵

    タンチョウヅルと卵、卵の右にはふ化したひながいる=1950(昭和25)年6月24日、撮影場所不明

    商品コード: 2016102500186

  • スケッチ20118 郭沫若氏寄贈のタンチョウヅル
    1956年07月05日
    スケッチ20118 郭沫若氏寄贈のタンチョウヅル

    郭沫若(かくまつじゃく)氏より贈られたタンチョウヅル=1956(昭和31)年7月5日、撮影場所不明

    商品コード: 2017081300231

  •  釧路原野のタンチョウヅル
    1957年01月01日
    釧路原野のタンチョウヅル

    原野に遊ぶタンチョウヅル(北海道釧路湿原)=1957(昭和32)年1月1日掲載用 (32年内地061)

    商品コード: 2012061100266

  •  新春のタンチョウヅル
    1961年01月01日
    新春のタンチョウヅル

    新春の空に舞う特別天然記念物のタンチョウヅル=1961(昭和36)年1月1日掲載用、(36年内地140) 北海道釧路湿原、35年12月撮影

    商品コード: 2011083000220

  •  タンチョウヅル 後楽園を散歩
    1969年12月25日
    タンチョウヅル 後楽園を散歩

    後楽園のタンチョウヅルが、1年ぶりに園内に放され、暖かい日差しの中で翼を広げた。このタンチョウヅルは、旧制第六高等学校に学んだ中国の郭沫若氏が昭和31年、訪日学術視察団長として来岡した際に、後楽園にツルがいないのをさびしがり、翌年に一つがいを同園に贈った〝友情の鳥〞。1年ぶりに放されたツルは黒と白の姿を見せながら仲良く園内を散歩。時折〝低空飛行〞を披露し、入園者を喜ばせた。=1969(昭和44)年12月25日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801403

  • スケッチ26196 優雅なタンチョウヅル
    1974年03月23日
    スケッチ26196 優雅なタンチョウヅル

    優雅な姿のタンチョウヅルが舞う釧路湿原=1974(昭和49)年3月23日、北海道の釧路湿原

    商品コード: 2018020200505

  •  中国から“動物親善使節”
    1974年08月07日
    中国から“動物親善使節”

    北京動物園から贈られたタンチョウヅル。歓迎式で握手する中国から動物を運んできた広水号の李珍船長(左)と中川天王寺動物園長。日中友好促進のため、動物親善使節として中国・北京動物園から「モウコレイヨウ」一対とともに贈られた=1974(昭和49)年8月7日、大阪・天王寺動物園

    商品コード: 2012020700091

  • スケッチ26275 タンチョウヅル
    1975年10月17日
    スケッチ26275 タンチョウヅル

    盛岡郊外の四十四田ダム(しじゅうしだダム)に飛来したタンチョウヅル=1975(昭和50年)10月17日、盛岡市上田

    商品コード: 2018020300244

  •  タンチョウヅルが国際結婚
    1976年02月09日
    タンチョウヅルが国際結婚

    米国へ送られるタンチョウヅルの“ユキオ君”。国の天然記念物に指定されているタンチョウヅルが、希少動物繁殖作戦の一つとして米国へムコ入りする。花婿は10歳。6歳の時骨折して右の翼を切り落として以来、自然交配はできないが技術開発の目的も兼ね人工授精を行う=1976(昭和51)年2月9日、東京・上野動物園

    商品コード: 2013061300258

  • 元気いっぱいのヒナ タンチョウヅル二世が誕生
    1976年07月02日
    元気いっぱいのヒナ タンチョウヅル二世が誕生

    元気いっぱいのタンチョウヅルのヒナ。日中友好のシンボルとして北京動物園から天王寺動物園に贈られた。中国からきたタンチョウヅルに二世が誕生したのは、京都市動物園に続き2番目。体長は10センチばかりだが、早くもヨチヨチ歩き=1976(昭和51)年7月2日、大阪市・天王寺動物園

    商品コード: 2013112100084

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月16日
    春に舞うタンチョウの群れ

    雪原に憩うタンチョウヅルの群れ=出稿1979(昭和54)年2月16日、北海道阿寒町の「丹頂の里」(54年内地1533)

    商品コード: 2014111000321

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月16日
    春に舞うタンチョウの群れ

    雪原のタンチョウヅルを狙うカメラの超望遠レンズの放列=出稿1979(昭和54)年2月16日、北海道阿寒町の「丹頂の里」(54年内地1537)

    商品コード: 2014111000327

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月16日
    春に舞うタンチョウの群れ

    タンチョウヅルの求愛ダンス=出稿1979(昭和54)年2月16日、北海道阿寒町の「丹頂の里」(54年内地1534)

    商品コード: 2014111000322

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月16日
    春に舞うタンチョウの群れ

    首をピーンと伸ばし、くちばしを広げ思い切り鳴くタンチョウヅル。その鳴き声は「ツルの一声」といわれるように3キロ四方にも響き渡る=出稿1979(昭和54)年2月16日、北海道阿寒町の「丹頂の里」(54年内地1535)

    商品コード: 2014111000323

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月16日
    春に舞うタンチョウの群れ

    タンチョウヅルの優雅な飛行=出稿1979(昭和54)年2月16日、北海道阿寒町の「丹頂の里」(54年内地1536)

    商品コード: 2014111000325

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月17日
    春に舞うタンチョウの群れ

    求愛ダンスで雌の気を引く雄のタンチョウヅル=1979(昭和54)年2月17日出稿、北海道・阿寒町上阿寒の丹頂の里

    商品コード: 2004081400091

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月17日
    春に舞うタンチョウの群れ

    警戒心の強いタンチョウヅルはエサをもらうときでも見慣れた人間しか近寄らせない=1979(昭和54)年2月17日出稿、北海道・阿寒町上阿寒の丹頂の里

    商品コード: 2004081400097

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月17日
    春に舞うタンチョウの群れ

    タンチョウヅルは国内にいる野鳥の中では最大の鳥だが空を飛ぶ姿は優雅で軽やかだ=1979(昭和54)年2月17日出稿、北海道・阿寒町上阿寒の丹頂の里

    商品コード: 2004081400094

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月17日
    春に舞うタンチョウの群れ

    空に向かって首をピーンと伸ばし、甲高い声で鳴くタンチョウヅル。「ツルの一声」といわれるように鳴き声が3キロ四方に響き渡る=1979(昭和54)年2月17日出稿、北海道・阿寒町上阿寒の丹頂の里

    商品コード: 2004081400093

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月17日
    春に舞うタンチョウの群れ

    釧路湿原にエサがなくなる冬、留鳥となっている多数のタンチョウヅルがエサ場に集まる=1979(昭和54)年2月17日出稿、北海道・阿寒町上阿寒の丹頂の里

    商品コード: 2004081400096

  •  春に舞うタンチョウの群れ
    1979年02月17日
    春に舞うタンチョウの群れ

    羽を一杯に広げると2・3メートルもあるタンチョウヅルの求愛ダンス=1979(昭和54)年2月17日出稿、北海道・阿寒町上阿寒の丹頂の里

    商品コード: 2004081400092

  •  北京市から友好のタンチョウヅル
    1979年11月02日
    北京市から友好のタンチョウヅル

    北京市民からの友好のシンボルとして贈られたタンチョウヅルを前に、握手を交わす林乎加・北京市長(右)と鈴木俊一東京都知事=1979(昭和54)年11月2日、東京・上野動物園(54年内地10418)

    商品コード: 2016100600155

  •  タンチョウヅル
    1980年05月14日
    タンチョウヅル

    北海道釧路湿原のタンチョウヅル=撮影年月日不明、出稿1980(昭和55)年5月14日

    商品コード: 2018051500389

  • タンチョウを数える小学生 タンチョウの生息調査
    1993年12月06日
    タンチョウを数える小学生 タンチョウの生息調査

    タンチョウを数える小学生ら=6日午前9時、北海道阿寒郡鶴居村の鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ(タンチョウヅルでは使えない)

    商品コード: 1993120600014

  • 記念通貨の見本 トキなどの記念通貨発行
    1998年06月01日
    記念通貨の見本 トキなどの記念通貨発行

    タンチョウヅル(左)とトキ(右)を図案化して、希少野生動物保護のため中国で発行される記念通貨の見本(共同)

    商品コード: 1998060100163

  •  ナベヅルのひな誕生
    2001年05月29日
    ナベヅルのひな誕生

    ふ化したナベヅルのひなと親代わりのタンチョウヅル=29日午後、大阪・天王寺動物園

    商品コード: 2001052900167

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800732

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区の人工繁殖区でふ化した11日経ったタンチョウヅルのひな。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800677

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800637

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800736

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、保護された一羽のマナヅルのケージを掃除する莫莫格国家級自然保護区の作業スタッフ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800737

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区で保護されたアネハヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800689

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800636

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地のソデグロヅルの群れ(小型無人機で撮影)。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800680

  •  莫莫格湿地に舞うツル吉林省
    2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に戯れるソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800633

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、ツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターでタンチョウヅルの子どもたちの世話をする王暁明さん。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300382

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、タンチョウヅルの子どもたちを連れ、ツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターに戻る夏燕輝さん。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/王凱)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300365

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、ツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターでタンチョウヅルの幼羽を検査する夏燕輝さん。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300375

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、ツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターでタンチョウヅルの子どもたちの世話をする王暁明さん。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300384

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、ツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターでタンチョウヅルの子どもたちの食事状況を観察する夏燕輝さん。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300363

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、ツル科動物の調教・繁殖飼育センターでタンチョウヅルの子どもたちの世話をする夫婦。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/魚瀾)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300385

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、タンチョウヅルの子どもたちを連れ、ツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターに戻る夏燕輝さん。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300376

  •  温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち
    2018年07月31日
    温かい「家庭」で育つタンチョウヅルの子どもたち

    7月31日、ツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターでタンチョウヅルの子どもの世話をする夏燕輝さん。47歳の夏燕輝さんは、中国黒竜江省チチハル(斉斉哈爾)市にあるジャロン国家級自然保護区のツル科鳥類の調教・飼育繁殖センターで、タンチョウヅルの飼育・繁殖の仕事に携わって16年になった。いつも何十羽ものタンチョウヅルの子どもたちを連れて出かけるため、同僚たちからは親しみを込めて「タンチョウヅルのお母さん」と呼ばれている。夏さんはタンチョウヅルのふ化とヒナ鳥の飼育の仕事を担い、同センターで働く夫の王暁明さんも、夏さんの仕事を手伝っている。夫婦は毎年4月から10月の間、繁殖飼育センターで一日中、孵化したばかりのタンチョウヅルの赤ちゃんの世話をしている。(チチハル=新華社記者/呉瑕)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300379

  •  地元の動物たちが動物園に登場上海市
    2019年04月22日
    地元の動物たちが動物園に登場上海市

    22日、地元の動物展示エリアを歩き回るタンチョウヅル。中国の上海動物園に初めて設置された「地元の動物エリア」が22日、正式に一般公開された。カワウソ、キバノロ、ベンガルヤマネコ、アモイトラ、コウノトリ、ブタバナアナグマ、アジアアナグマ、タヌキ、マガモなど、上海に生息する動物21種類がお目見えした。(上海=新華社記者/張建松)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042501285

  •  「新華社」地元の動物たちが動物園に登場上海市
    02:21.63
    2019年04月22日
    「新華社」地元の動物たちが動物園に登場上海市

    中国の上海動物園に初めて設置された「地元の動物エリア」が22日、正式に一般公開された。カワウソ、キバノロ、ベンガルヤマネコ、アモイトラ、コウノトリ、ブタバナアナグマ、アジアアナグマ、タヌキ、マガモなど、上海に生息する動物21種類がお目見えした。同エリアは、主に上海の湿地や丘陵・密林といった自然環境を再現。湖、浅瀬、渓流、小島などで構成された湿地により、コウノトリやタンチョウヅル、マガモなど地元の鳥類に住み慣れた生活環境を提供している。キバノロとキョンの展示エリアでは、広々とした斜面や芝生、茂みが設けられ、走ることを好む動物たちに十分な空間を与え、タヌキ、アジアアナグマ、ブタバナアナグマなど小動物の展示エリアでは、低木や木のうろ、地面の穴、池などの自然環境を再現している。(記者/張建松、岑志連)<映像内容>上海動物園の「地元の動物エリア」の様子、撮影日:2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042501171

  •  雪の釧路湿原、SL疾走JR釧網線で試乗会
    02:00.98
    2020年01月23日
    雪の釧路湿原、SL疾走JR釧網線で試乗会

    JR北海道は23日、釧網線を走る蒸気機関車「SL冬の湿原号」の運行開始を前に試乗会を開いた。SLは雪で覆われた釧路湿原を黒い煙を吐きながら疾走。沿線には撮影目的の鉄道ファンも集まった。午前11時すぎ、汽笛を鳴らして釧路駅を出発。車窓の先にはタンチョウやオオワシ、エゾシカなどの野生動物も。招待客は写真を撮ったり、だるまストーブでするめをあぶったりして楽しんだ。運行開始は25日。全席指定で、インターネットなどで購入できる。週末を中心に、3月1日まで釧路―標茶間を1日1往復する。<映像内容>釧路市内の陸橋と標茶町の踏切を通るSL冬の湿原号など。撮影時間は23日午前11時すぎ~午後1時。標茶駅で車両を連結する様子、車中でスルメを食べるなどの雑観、乗っている人へのインタビュー、タンチョウヅルが現れるなど車窓の風景、石炭を入れる機関士、カラーバー、GoProで撮影した標茶駅(復路)からのSL車窓の風景など、撮影日:2020(令和2)年1月23日、撮影場所:北海道標茶駅

    商品コード: 2020012410975

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の水面を泳ぐオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園ではばたくオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901170

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園ではばたくオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園に生息する水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901201

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901205

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の水面を泳ぐオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901063

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園ではばたくオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901093

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を捕る水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶ水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901200

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶ水鳥の群れ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の水面を泳ぐオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶ水鳥の群れ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901197

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006454

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006692

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区内のタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006629

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006634

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006637

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006679

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006680

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区内のタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006685

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区内のタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006690

  •  タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省
    2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006702

  •  (9)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて
    2021年06月11日
    (9)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区で、茂みの上を飛ぶタンチョウヅル。(5月13日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106457

  •  (8)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて
    2021年06月11日
    (8)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区の水草が茂る湿地で、羽を休めるタンチョウヅル。(5月13日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106456

  • 1