KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 日刊工業新聞
  • 産業用ロボット
  • 電気機器メーカー
  • しょういちろう
  • てつや
  • みの
  • 人事
  • 会長
  • 内定

「ダイヘン」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2021年01月27日
    ダイヘンのロゴマーク

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409576

  • 2021年01月27日
    ダイヘンのロゴマーク

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409590

  • 2021年01月27日
    ダイヘンの本社外観

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、本社、本社外観=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409591

  • 2021年01月27日
    ダイヘンのロゴマーク

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020409556

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108557

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108542

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108574

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108536

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。フォトセッションでの蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108523

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。フォトセッションでの蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108593

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108578

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する田尻現社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108562

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長(左)田尻哲也社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108539

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する田尻現社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108555

  • 2021年02月24日
    ダイヘンの社長交代会見

    ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付で社長に昇格する人事を内定したと発表した。田尻哲也社長(66)は代表権を持つ会長に就く。V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。同日の会見で簔毛常務は、「自由闊達(かったつ)な雰囲気でチーム力を上げる。その上で開発分野をある程度絞り込む」と方針を示した。新体制の下で、2021年度からの新中期経営計画を本格始動する。会見する蓑毛正一郎次期社長。=2021(令和3)年2月24日、大阪府大阪市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030108591

  • 2019年12月06日
    ダイヘンの顧客の現場に設置した産業用ロボットのメンテナンス

    ダイヘンは、顧客の現場に設置した産業用ロボットのメンテナンスをインターネット経由で実現するサービスを月内に始める。サービスセンターから遠隔で確認・操作し、トラブル解消を迅速化する。ロボットの扱いに慣れていない中小企業向けに訴求する。同サービスを追い風にロボット導入提案を強化し、初年度にも新規顧客向けのロボット販売を前期比10%増へ高める。ダイヘンのIoT(モノのインターネット)対応のロボット制御装置「FD19」をインターネットに接続(写真)し、遠隔操作を実現する。溶接ロボットやハンドリングロボットにトラブルが発生した際、サービスセンターのオペレーターが現場のティーチペンダント(ロボットに動作を教示する機器)などを直接操作できる。電話問い合わせだけでは分からない内容も正確に確認でき、現場への駆けつけ対応の負担軽減を見込める。ロボット制御装置にLANケーブルやスマートフォンなどをつなぐことで、容易にサービスセンターと接続できる。メンテナンスサービスの利用料金は無料。将来的には、世界各地に設けたサービスセンターを生かし、東南アジアや欧米など海外向けにも展開する。=2019(令和元)年12月6日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121201190

  • 1997年01月22日
    電子カルテ用ソフト

    ダイヘンテックの電子カルテ診療支援システム「クリニベースII」

    商品コード: 1997012200085

  • 2020年02月13日
    関西電力の次世代モビリティサービス実証実験

    関西電力は13日、大阪府吹田市の万博記念公園で同日開始した次世代モビリティーサービスなどの実証実験(写真)を公開した。スマートフォンを使い5人乗り電動カートのオンデマンド配車予約サービスや、同カートを含む電動車2台でのワイヤレス充電システムの運用、専用端末を身につけた人の位置情報がスマホから確認できる見守りサービスと人流分析を、それぞれ検証する。実証は16日を除き18日まで行う。配車予約システムはTIS、太陽光発電搭載型ワイヤレス充電システムはダイヘンが提供した。関電は2社と協力し、モビリティーサービスや収集する大量データを組み合わせたスマートシティー(次世代環境都市)の事業モデルを探る。実証は大阪府・市や大阪商工会議所も支援した。=2020(令和2)年2月13日、大阪府吹田市の万博記念公園、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022023124

  • 1