KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • チェルノブイリ原発事故
  • チェルノブイリ原子力発電所事故
  • 石棺
  • プリピャチ
  • ロシア
  • ろうそく
  • シェルター
  • ナターシャ・グジー
  • 中央
  • 希望

「チェルノブイリ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,481
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,481
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Remember the nuclear accident of Chernobyl. Ukraine. USSRD. DDR Museum. Berlin. Germany.

    Remember the nuclear accident of Chernobyl. Ukraine. USSRD. DDR Museum. Berlin. Germany.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051504112

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年04月29日
    原発の衛星画像 チェルノブイリ事故

    1986年4月30日 ワシントン発 地球資源衛星「ランドサット5」から届いたチェルノブイリ原発の衛星画像。ウクライナ・キエフ時間29日午前9時45分撮影。矢印は事故を起こした原子炉部分(UPI=共同)

    商品コード: 2009091700096

  • 1986年04月29日
    環境問題関連

    ソ連誌「ソビエト・ライフ」1986年2月号に掲載されたソ連のチェルノブイリ原子力発電所の写真。撮影日不明=1986年4月29日配信(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800146

  • 1986年04月29日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所の事故で放出された放射能を調べるため、ストックホルムからソ連国境付近に向けて飛ぶスウェーデン空軍機に取り付ける集塵フィルターを運ぶ兵士たち=1986年4月29日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800150

  • 1986年04月29日
    科学技術関連

    ソ連誌ソビエト・ライフの1986年2月号が掲載したチェルノブイリ原子力発電所の原子炉の写真=1986年4月29日配信(ロイター=共同)

    商品コード: 2017052800137

  • 1986年04月29日
    科学技術関連

    ソ連誌ソビエト・ライフの1986年2月号が掲載したチェルノブイリ原子力発電所原子炉の冷却装置の写真=1986年4月29日配信(ロイター=共同)

    商品コード: 2017052800138

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年04月30日
    御園生圭輔・委員長 原子力安全委員会が緊急協議

    ソ連のチェルノブイリ原発事故で開かれた緊急委員会で協議する御園生圭輔・原子力安全委員会委員長=1986(昭和61)年4月30日、科学技術庁

    商品コード: 1986043000011

  • 1986年04月30日
    チェルノブイリ原発事故

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所で1986年4月26日、原子炉が爆発する史上最悪の原発事故が起き高濃度の放射能が大気中に放出された。同30日、日本航空は成田空港に着いたモスクワ便など2便の放射線量を検査したが影響はなかった=1986(昭和61)年4月30日

    商品コード: 2003081300145

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年04月30日
    ソ連TVが原子炉放映 チェルノブイリ事故

    1986年4月30日 モスクワ発 ソ連国営テレビは30日、チェルノブイリ原子力発電所で事故を起こした原子炉の映像を放映した。テレビのコメンテーターは、この映像は原子炉が大爆発を起こしたという西側報道を否定していると論評した(UPI=共同)

    商品コード: 2009091700084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年04月30日
    緊急委員会 原子力安全委員会が緊急協議

    ソ連のチェルノブイリ原発事故について緊急協議する原子力安全委員会=1986(昭和61)年4月30日、科学技術庁

    商品コード: 1986043000010

  • 1986年04月30日
    環境問題関連

    事故を起こしたソ連のチェルノブイリ原子力発電所から150キロの工場で働いていて、避難のためウィーン空港に到着したオーストリア人。直ちに放射線被ばくの検査を受けた=1986年4月30日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800154

  • 1986年05月01日
    環境問題関連

    ポーランド北部ビャウィストクで、ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故によって放出された放射線の影響を防ぐため、ヨード剤を飲まされる女児=1986年5月1日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800160

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年05月05日
    ソ連から帰国のツアー客 緊張の表情で放射能検査

    チェルノブイリ原発事故があったソ連(現ウクライナ)・キエフから帰国し、不安そうにひそひそ話し合うツアー客=1986(昭和61)年5月5日、成田空港

    商品コード: 1986050550001

  • 1986年05月05日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故による放射能汚染を懸念して、イタリア政府が数種類の野菜の販売を禁止したため、ローマのスーパーマーケットが廃棄した野菜類=1986年5月5日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800166

  • 1986年05月05日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故で、放射能に汚染した可能性のある家畜の輸入が禁止され、イタリアのオーストリア国境の町ポンテッバの検疫所で足止めされたまま死にかけている牛=1986年5月5日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800167

  • 1986年05月09日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所の事故を受けて、ウクライナのコピロボ村で放射能汚染の検査を受ける乳児=1986年5月9日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800173

  • 1986年05月09日
    環境問題関連

    ソ連のウクライナ共和国キエフに近い国営農場で、チェルノブイリ原発事故の影響による放射能の測定を取材する記者団=1986年5月9日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017052800136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年05月11日
    事故現場全景 チェルノブイリ原発事故

    9日、撮影されたソ連・チェルノブイリ原発の全景写真。中央の矢印が事故のあった4号炉=1986(昭和61)年5月(タス=共同)

    商品コード: 1986051150003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年05月31日
    事故を起こした4号機 チェルノブイリ原発事故

    チェルノブイリ原発。矢印が事故を起こした4号機=1986(昭和61)年5月(タス) 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P71)

    商品コード: 2015051100213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年06月17日
    事故現場 チェルノブイリ原発事故

    事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所4号炉=1986(昭和61)年6月17日、ソ連・チェルノブイリ(タス=共同)

    商品コード: 2018040400768

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年06月18日
    命懸けの消火活動 チェルノブイリ事故

    1986年6月18日 チェルノブイリ発 爆発した4号炉の写真を指しながらチェルノブイリ事故の消火活動の模様を説明するプリピャチ市消防隊のレオニード・テリャトニコフ隊長。事故炉は後にコンクリートで固められた。隊長は消火活動中に被爆、この後間もなく入院した。彼は勇敢な行動により勲章を授けられた(ロイター=共同)

    商品コード: 2009091700118

  • 1986年06月30日
    チェルノブイリ原発事故

    1986年4月26日、チェルノブイリ原子炉が爆発事故を起こし、半径数百キロの地域の住民に甲状線異常など放射能による後遺症が多発、汚染は地球規模に及んだ。写真は爆発事故直後の4号炉外観、撮影年月日不明(ノーボスチ通信提供)

    商品コード: 2003092700078

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年10月06日
    封じ込め作業 チェルノブイリ原発事故

    封じ込め作業が行われているチェルノブイリ原子力発電所4号炉=1986(昭和61)年10月6日、ソ連・チェルノブイリ(タス=共同)

    商品コード: 2018040400781

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年10月06日
    原発全景 チェルノブイリ原発事故

    封じ込め作業が行われているチェルノブイリ原子力発電所4号炉(中央)=1986(昭和61)年10月6日、ソ連・チェルノブイリ(タス=共同)

    商品コード: 2018040400796

  • 1986年12月24日
    チェルノブイリ原発事故(4月26日) 1986年十大ニュース(国際)1

    史上最悪の爆発事故を起こしたソ連のチェルノブイリ原子力発電所(タス=共同)

    商品コード: 2005062100135

  • 1987年06月18日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故について説明する地元の町プリピヤトの消防責任者。撮影日不明=1987年6月18日配信(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800165

  • 1988年05月13日
    環境問題関連

    事故を起こしたソ連のチェルノブイリ原子力発電所の、指揮センター1カ所の内部。1988年5月12日撮影。当局者らは、設備の補修やスタッフの確保に問題が生じてはいるが、施設の運営と安全への影響はない、としている=1988年5月13日配信(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800156

  • 1988年05月14日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所の事故で住民が避難し、ゴーストタウンと化した原発近くの町プリピヤト。人も車も通らなくなった舗装道路には雑草が生えている=1988年5月14日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800153

  • 1988年05月14日
    環境問題関連

    事故を起こしたソ連のチェルノブイリ原子力発電所の4号機を覆うため、進められている「石棺」と呼ばれるシェルターの建設工事=1988年5月14日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800168

  • 1989年10月09日
    吐き気がし、手に班点…

    第9回核戦争防止国際医師会議(IPPNW)世界大会のシンポジウムで、ソ連のチェルノブイリ原発事故の様子を証言する消防隊長として消防活動に当たったレオニード・テルヤトニコフさん(左)=1989(平成元)年10月9日、広島市中区の広島国際会議場

    商品コード: 2020041500800

  • 1990年12月31日
    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING

    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING JON VOIGT Date: 1990、クレジット:TURNER PICTURES/Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019022003646

  • 1990年12月31日
    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING

    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING JON VOIGT Date: 1990、クレジット:TURNER PICTURES/Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019022003649

  • 1990年12月31日
    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING

    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING JASON ROBARDS, JON VOIGT Date: 1990、クレジット:TURNER PICTURES/Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019022003630

  • 1990年12月31日
    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING

    CHERNOBYL: THE FINAL WARNING Date: 1990、クレジット:TURNER PICTURES/Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019022003589

  • 1991年04月25日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所の事故からちょうど5年が経ち、ミンスクのがん専門病院で診察を受けるベラルーシ共和国住民。事故で放出された放射線でがんを発症している=1991年4月25日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800159

  • 1991年04月25日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故からちょうど5年が経ったこの日、ベラルーシ共和国ミンスクの病院の児童用遊戯コーナーに座る地元の子供たち。事故で漏れた放射能が原因である病気にかかっている=1991年4月25日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800169

  • 1991年04月25日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故から5周年を翌日に控えた1991年4月24日に、近くの墓地から撮影された事故原発の全景=1991年4月25日配信(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800170

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年04月26日
    5年後の4号炉 チェルノブイリ事故

    1991年4月25日 チェルノブイリ(ウクライナ)発 古い墓地越しにみえるチェルノブイリ原発4号炉。事故は5年前の4月26日に発生し、大量の放射性物質の放出によってウクライナ、ベラルーシ、スカンジナビア諸国が汚染された(ロイター=共同)

    商品コード: 2009091700091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年07月23日
    チェルノブイリの子供来日

    1986年のチェルノブイリ原発事故で避難生活を続けているソ連の子供たち28人が1991(平成3)年7月23日、ボーイスカウト日本連盟の招きで来日。ホームステイなどで日本の子供たちと交流した

    商品コード: 2003101500052

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年12月31日
    91年当時の石棺内部 チェルノブイリ原発事故

    1991年当時のチェルノブイリ原発「石棺」内部=ウクライナ(タス) 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P71)

    商品コード: 2015051100218

  • 1992年03月25日
    環境問題関連

    ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故の11カ月後にベラルーシのミンスクで生まれ、事故による放射線の影響で奇形に生まれたために両親が養育を断念し、ミンスクの孤児院で育てられた5歳の少年=1992年3月25日(ロイター=共同)

    商品コード: 2017070800172

  • 1993年10月21日
    チェルノブイリ原発継続

    1986年に事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所(タス=共同)

    商品コード: 1993102100090

  • 1993年11月20日
    厄介な旧ソ連時代のつけ 原発操作シミュレーション 核汚染に悩むロシア

    チェルノブイリ事故の影響を受けたウクライナ共和国南東部のザポロージェでは、原発事故の後遺症を取り除くため米国と共同で原発操作のシミュレーションを開発した。(タス=共同)

    商品コード: 1993112000051

  • 1993年11月20日
    発売中の年賀はがき 保養支援の年賀はがき販売

    チェルノブイリの子供たちの保養運動のため発売中の年賀はがき

    商品コード: 1993112000031

  • 1993年11月20日
    厄介な旧ソ連時代のつけ チェルノブイリ事故 核汚染に悩むロシア

    チェルノブイリ事故の汚染地域からモスクワのロシア児童臨床病院に収容された少年(タス=共同)

    商品コード: 1993112000082

  • 1994年01月11日
    健康的な放射能浴? チェルノブイリで食べる

    (1)1986年4月に爆発、現在も放射性物質を出し続けるチェルノブイリ原発4号機。近くの空き地には放置されたままの金属片や廃材が雪をかぶっていた=ウクライナ

    商品コード: 2004030500042

  • 1994年01月11日
    健康的な放射能浴? チェルノブイリで食べる

    (2)事故後に採取された種子を調査する実験農場で葉の形が異様に育った松=ウクライナ

    商品コード: 2004030500045

  • 1994年01月25日
    沈黙の森の深さ チェルノブイリの観覧車

    (2)今も、放射線量の高い森の中の墓地。事故後に亡くなった老人の墓標が雪の中に浮かび上がっていた=ウクライナ

    商品コード: 2004030500051

  • 1994年01月25日
    沈黙の森の深さ チェルノブイリの観覧車

    (1)事故後、疎開先から戻ってきたパリシェフ村の老人たち。暖房のない空き家に集まってきた=ウクライナ

    商品コード: 2004030500049

  • 1994年04月29日
    出口ないまま運転継続 いつ、また事故が…

    大事故から8年、閉鎖されたままのチェルノブイリ原発4号機=93年12月(共同)

    商品コード: 1994042900046

  • 1994年07月06日
    チェルノブイリ原発 石棺、放射能漏れの恐れ

    核燃料や黒鉛などが溶解した「石棺」内部の「チェルノブイリ溶岩」(下部)と、防護服を着てこれを撮影する調査員(共同)

    商品コード: 1994070600044

  • 1994年08月06日
    チェルノブイリ原発事故 中央機械室 生きている悪魔の石棺

    爆発事故の惨状をそのままとどめる「中央機械室」。ここでの放射線量は、1時間当たり約0・31クーロン毎キログラムと強烈だ(共同)

    商品コード: 1994080600033

  • 1994年08月06日
    チェルノブイリ原発事故 チェルノブイリ溶岩 生きている悪魔の石棺

    蒸気の流れを調整する施設の内部には「チェルノブイリ溶岩」が流れ込み、そのまま固まった様子が分かる(共同)

    商品コード: 1994080600032

  • 1994年08月06日
    チェルノブイリ原 発事故 監視グループ 生きている悪魔の石棺

    放射能の測定など石棺内部の状況調査に使う遠隔コントロールの特殊ロボット(右手前)を前に打ち合わせをする監視グループのメンバー(共同)

    商品コード: 1994080600029

  • 1994年08月06日
    チェルノブイリ原発事故 4号機の内部写真を入手 生きている悪魔の石棺

    防護服を着て内部の状況を調べる専門家(中央)。現在は人間が石棺に入ることは危険でできない(共同)

    商品コード: 1994080600030

  • 1994年08月06日
    チェルノブイリ原 発事故 絡み合ったパイプ 生きている悪魔の石棺

    監視グループが「エレーナ」と女性の名を付けた機械施設の一部。爆発でちぎれ、絡み合った細い鉄パイプは「毛髪」と呼ばれている(共同)

    商品コード: 1994080600027

  • 1994年11月10日
    荷作りする市民団体 ウクライナに保育器発送へ

    搬入された保育器にあて先を張り付ける市民団体のメンバー=10日午前、名古屋市港区(チェルノブイリ原発事故)

    商品コード: 1994111000029

  • 1994年12月02日
    被爆体験聞く子どもたち ヒロシマの体験に衝撃

    被爆体験談を熱心に聞くチェルノブイリの子どもたち=2日午後、広島市中区の平和会館

    商品コード: 1994120200099

  • 1994年12月13日
    バフーレビッチさん

    チェルノブイリ事故の体験を話すタマーラ・バフーレビッチさん(左)とガリーナ・マシーヒナさん

    商品コード: 1994121300068

  • 1995年04月13日
    チェ原発閉鎖に44億ドル必要

    ウクライナのチェルノブイリ原発で12日、コンクリート材を運ぶ労働者(ロイター=共同)

    商品コード: 1995041300085

  • 1995年04月18日
    日本などの支援要請

    )の( )、外信39S  17日、共同通信との会見で、チェルノブイリ原発閉鎖への西側の資金援助を訴えるウドベンコ・ウクライナ外相(共同)

    商品コード: 1995041800047

  • 1995年04月27日
    作文集の挿絵 被災児の作文を翻訳出版

    チェルノブイリ原発事故で被災したベラルーシの子供が描いた作文集の挿絵「私たちを助けて」

    商品コード: 1995042700039

  • 1995年08月06日
    歌を披露する被災児ら 原発事故被災児が交流会

    交流会でベラルーシの歌を披露するチェルノブイリ原発事故の被災児ら=6日午後、北九州市八幡東区の国際村交流センター

    商品コード: 1995080600059

  • 1995年11月24日
    目立つ子供らの健康悪化 小児甲状腺がん多発認める

    全身の放射線量を測定中の少女=91年、ベラルーシ共和国ミンスク市の放射線医学研究所(共同)

    商品コード: 1995112400083

  • 1995年12月11日
    子供たちに甲状腺がん 吹き出した不安と恐怖

    長崎大学の芦沢医師の診察を受ける子供=11月20日、ロシア・クリンシーの小児病院(共同)

    商品コード: 1995121100073

  • 1995年12月12日
    今が病気増加の境目

    )、科学402S、15日付朝刊以降使用 クリーンベッドに横たわる白血病患者=11月17日、ベラルーシ・ゴメリのゴメリ州立病院(カラーネガ)

    商品コード: 1995121200052

  • 1995年12月18日
    菅谷昭さん

    チェルノブイリ事故で子供のがんが増え続けるミンスクに治療に赴く菅谷昭(すげのや・あきら)さん(信州大医学部助教授を辞職、来年二月ベラルーシの首都ミンスクに行く。三年間は無給で現地の医師の技術指導に当たる予定。)

    商品コード: 1995121800034

  • 1996年03月16日
    チェルノブイリ原発 基準満たさない原発は閉鎖

    原発事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所=86年6月(タス=共同)(ウクライナ)

    商品コード: 1996031600040

  • 1996年03月16日
    チェルノブイリ原発 基準満たさない原発は閉鎖

    原発事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所=86年6月(タス=共同)(ウクライナ)

    商品コード: 1996031600038

  • 1996年03月19日
    広河隆一さん

    チェルノブイリ事故の被災者に草の根の援助を続けてきた広河隆一さん(ひろかわ・りゅういち=フォトジャーナリスト)(カラーネガ)

    商品コード: 1996031900075

  • 1996年03月22日
    「石棺」内部 チェルノブイリ原発4号機

    高熱のため焼けただれたチェルノブイリ原発4号機「石棺」内部。右は石棺の内側、中央に完全防護服を着けた人影が見える=1991年3月(タス=共同)

    商品コード: 1996032200054

  • 1996年03月22日
    「石棺」内部 チェルノブイリ原発4号機

    高熱のため焼けただれたチェルノブイリ原発4号機「石棺」内部。右は石棺の内側、中央に完全防護服を着けた人影が見える=1991年3月(タス=共同)

    商品コード: 1996032200057

  • 1996年03月29日
    生きている石棺の妖怪

    事故を起こしたチェルノブイリ4号機を覆うコンクリートの「石棺」(共同)

    商品コード: 1996032900073

  • 1996年03月29日
    健康むしばむ自給自足

    チェルノブイリ原発事故で汚染されたベラルーシ東部のラギ村に残るワシリー・ワリョートフさんと妻のアグラーフェナさん(共同)

    商品コード: 1996032900074

  • 1996年03月29日
    即時情報公開が教訓

    チェルノブイリ原発事故の消火作業などで放射能汚染されたトラックが、原発から30キロ圏内の立ち入り制限地域に大量に放置されている(共同)

    商品コード: 1996032900075

  • 1996年04月03日
    4号機の「石棺」 確率高い「石棺」倒壊

    チェルノブイリ原発4号機を覆うコンクリートの「石棺」(共同)(海外57801)

    商品コード: 1996040300034

  • 1996年04月06日
    サミットへ早くも前哨戦 安全性主張に転じたロシア

    1986年5月9日に撮影された旧ソ連・チェルノブイリ原発の全景。中央の矢印が4号炉の事故現場(タス=共同)(海外29918)

    商品コード: 1996040600064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年04月06日
    講演するコ女史 被ばく女性が反核訴え

    講演するチェルノブイリ原発事故の被ばく者でジャーナリストのリュボフィ・コバレフスカヤさん=6日午後、名古屋市中区(LYUBOV・KOVALEVSKAYA・ウクライナ人)(カラーネガ)

    商品コード: 1996040600113

  • 1996年04月07日
    爆発事故を起こした4号機 放射能漏れる大事故の恐れ

    10年前に爆発事故を起こしたチェルノブイリ原発4号機=86年9月撮影(タス=共同)(海外31530)

    商品コード: 1996040700021

  • 1996年04月11日
    チェルノブイリ石棺に漏れ 周辺で地下水汚染始まる

    事故を起こしたチェルノブイリ原発4号機を覆うコンクリート製の「石棺」(中央奥)の周囲には、資材などが汚染のため放置されたままになっている=10日、共同通信社特別機から(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996041100004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年04月11日
    試料を集める研究者 今も通常の数百倍の放射能

    カザフスタンのセミパラチンスク核実験場周辺の民家で、被ばく線量分析のため試料を採取する研究者=95(平成7)年10月

    商品コード: 1996041100046

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年04月11日
    試料を集める研究者 今も通常の数百倍の放射能

    カザフスタンのセミパラチンスク核実験場周辺の民家で、被ばく線量分析のため試料を採取する研究者=95(平成7)年10月

    商品コード: 1996041100047

  • 1996年04月18日
    チェルノブイリ原発

    1986年4月、史上最悪の事故を起こしたウクライナのチェルノブイリ原子力発電所4号機=今月13日撮影(ロイター=共同)

    商品コード: 1996041800121

  • 1996年04月18日
    チェルノブイリ原発

    1986年4月、史上最悪の事故を起こしたウクライナのチェルノブイリ原子力発電所4号機=今月13日撮影(ロイター=共同)

    商品コード: 1996041800120

  • 1996年04月18日
    石棺内の放射線測定 今も残る強烈な放射能

    十年前、爆発と火災により史上最悪の事故を起こしたチェルノブイリ原発を覆う「石棺」の内部には、今も強烈な放射能が残っている。事故で溶けた核燃料やコンクリート、鋼鉄が混じり合った「象の足」と呼ばれる塊(右)の近くで十七日、この作業員が測定した照射線量は毎分八○○レントゲンあった。(ロイター=共同)

    商品コード: 1996041800015

  • 1996年04月18日
    石棺内の放射線測定 今も残る強烈な放射能

    十年前、爆発と火災により史上最悪の事故を起こしたチェルノブイリ原発を覆う「石棺」の内部には、今も強烈な放射能が残っている。事故で溶けた核燃料やコンクリート、鋼鉄が混じり合った「象の足」と呼ばれる塊(右)の近くで十七日、この作業員が測定した照射線量は毎分八○○レントゲンあった。(ロイター=共同)

    商品コード: 1996041800016

  • 1996年04月20日
    チェルノブイリ放射能汚染 悲惨な原発事故から10年

    チェルノブイリ原発事故から26日で10年。事故の後、資材や作業員を運んだヘリコプターや車両は多量の放射能を浴びた。汚染が激しいため処分もできずウクライナ共和国ラッソハの管理地に野ざらしのまま放置されている=10日、共同通信社チャーター機から(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000033

  • 1996年04月20日
    チェルノブイリ放射能汚染 悲惨な原発事故から10年

    チェルノブイリ原発事故から26日で10年。事故の後、資材や作業員を運んだヘリコプターや車両は多量の放射能を浴びた。汚染が激しいため処分もできずウクライナ共和国ラッソハの管理地に野ざらしのまま放置されている=10日、共同通信社チャーター機から(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000034

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    原発から北西に4キロ離れた原発労働者のための町ウクライナ共和国プリピャチ。放射能汚染のため5万人が強制退去させられ、今はゴーストタウン=10日、共同通信社チャーター機から(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000035

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    急性白血病のため小児血液内科病棟に入院しているニコライ・ソロニエンコ君。心配そうに見つめるのは母親のナージャさん=13日、ベラルーシ共和国ゴメリ州立病院(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000041

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    チェルノブイリ原発の全景。右端の黒い建物が事故を起こした4号機を覆う「石棺」。左端は稼働中の1号機=10日、ウクライナ共和国チェルノブイリで共同通信チャーター機から(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000043

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    原発から北西に4キロ離れた原発労働者のための町ウクライナ共和国プリピャチ。放射能汚染のため5万人が強制退去させられ、今はゴーストタウン=10日、共同通信社チャーター機から(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000048

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    チェルノブイリ原発の全景。右端の黒い建物が事故を起こした4号機を覆う「石棺」。左端は稼働中の1号機=10日、ウクライナ共和国チェルノブイリで共同通信チャーター機から(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000039

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    居住禁止地域で生活するビクトル・パブロビッチさん(左)と妻のマリアさん。近くの川で捕った魚は夕食のスープ用=9日、ウクライナ共和国クポワトエ村(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000045

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    急性白血病のため小児血液内科病棟に入院しているニコライ・ソロニエンコ君。心配そうに見つめるのは母親のナージャさん=13日、ベラルーシ共和国ゴメリ州立病院(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000047

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    居住禁止地域で生活するビクトル・パブロビッチさん(左)と妻のマリアさん。近くの川で捕った魚は夕食のスープ用=9日、ウクライナ共和国クポワトエ村(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000040

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    チェルノブイリ原発から北西4キロにある幼稚園の教室。ガスマスクなどが散乱し、事故後の混乱を思わせる=9日、ウクライナ共和国プリピャチ(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000038

  • 1996年04月20日
    原発事故から10年 チェルノブイリに春はまだ

    チェルノブイリ原発から北西4キロにある幼稚園の教室。ガスマスクなどが散乱し、事故後の混乱を思わせる=9日、ウクライナ共和国プリピャチ(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042000044

  • 1996年04月21日
    廃屋になった農家の室内 捨てられた村に住民の姿

    チェルノブイリ原発事故で廃屋となった農家の室内=ベラルーシ共和国ミカエレフカ村(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042100044

  • 1996年04月21日
    廃屋になった農家の室内 捨てられた村に住民の姿

    チェルノブイリ原発事故で廃屋となった農家の室内=ベラルーシ共和国ミカエレフカ村(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042100046

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...