KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ドローン
  • 民族文化
  • 中国甘粛省
  • ニンティ
  • 伝統文化
  • 晋美多吉
  • ガリ地区
  • 貧困脱却
  • 中国雲南省

「チベット」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7,882
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
7,882
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月21日
    (2)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、小動物に野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)月を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆの食材を準備する子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、子どもたちが作った野菜と果物の盛り合わせを食べるワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンを駆け回る野生のヤク。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンの雪原で休憩するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンの高原でえさを探すチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットカモシカ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットカモシカ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (10)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットノロバ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)移住者向け居住地で新年を祝うチベット自治区シガツェ市

    14日、ガジリン(嘎吉林)村の新居で、幸せを祈る伝統的な食品「チェマ」を差し出して客を迎える村民。中国チベット自治区シガツェ市は14日、「農民の正月」を迎えた。同市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷のガジリン(嘎吉林)村で、村民らは新しい住居に引っ越してから初めての新年を祝った。同市の新年は、ラサ市などで祝うチベット暦の新年より1カ月早い。「チベットの食糧庫」と呼ばれるシガツェ市は、安心して楽しく新年を祝い、また農作業に影響が出ないよう、新年を農閑期に当たるチベット暦の12月に前倒しする習慣が今でも続いている。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)移住者向け居住地で新年を祝うチベット自治区シガツェ市

    14日、ガジリン(嘎吉林)村の新居で、家族にイアリングをつけてもらう村民。中国チベット自治区シガツェ市は14日、「農民の正月」を迎えた。同市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷のガジリン(嘎吉林)村で、村民らは新しい住居に引っ越してから初めての新年を祝った。同市の新年は、ラサ市などで祝うチベット暦の新年より1カ月早い。「チベットの食糧庫」と呼ばれるシガツェ市は、安心して楽しく新年を祝い、また農作業に影響が出ないよう、新年を農閑期に当たるチベット暦の12月に前倒しする習慣が今でも続いている。(シガツェ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)移住者向け居住地で新年を祝うチベット自治区シガツェ市

    14日、ガジリン(嘎吉林)村の新居で伝統的な食品「チェマ」を食べ新年を祝う村民。中国チベット自治区シガツェ市は14日、「農民の正月」を迎えた。同市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷のガジリン(嘎吉林)村で、村民らは新しい住居に引っ越してから初めての新年を祝った。同市の新年は、ラサ市などで祝うチベット暦の新年より1カ月早い。「チベットの食糧庫」と呼ばれるシガツェ市は、安心して楽しく新年を祝い、また農作業に影響が出ないよう、新年を農閑期に当たるチベット暦の12月に前倒しする習慣が今でも続いている。(シガツェ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)移住者向け居住地で新年を祝うチベット自治区シガツェ市

    14日、ガジリン(嘎吉林)村の新居で、六弦琴を弾いて新年を祝う村民。中国チベット自治区シガツェ市は14日、「農民の正月」を迎えた。同市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷のガジリン(嘎吉林)村で、村民らは新しい住居に引っ越してから初めての新年を祝った。同市の新年は、ラサ市などで祝うチベット暦の新年より1カ月早い。「チベットの食糧庫」と呼ばれるシガツェ市は、安心して楽しく新年を祝い、また農作業に影響が出ないよう、新年を農閑期に当たるチベット暦の12月に前倒しする習慣が今でも続いている。(シガツェ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)移住者向け居住地で新年を祝うチベット自治区シガツェ市

    14日、ガジリン(嘎吉林)村の新居で新年を祝う村民。中国チベット自治区シガツェ市は14日、「農民の正月」を迎えた。同市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷のガジリン(嘎吉林)村で、村民らは新しい住居に引っ越してから初めての新年を祝った。同市の新年は、ラサ市などで祝うチベット暦の新年より1カ月早い。「チベットの食糧庫」と呼ばれるシガツェ市は、安心して楽しく新年を祝い、また農作業に影響が出ないよう、新年を農閑期に当たるチベット暦の12月に前倒しする習慣が今でも続いている。(シガツェ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)移住者向け居住地で新年を祝うチベット自治区シガツェ市

    14日、シガツェ市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷ガジリン(嘎吉林)村の移住者向け居住地。(小型無人機から)中国チベット自治区シガツェ市は14日、「農民の正月」を迎えた。同市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷のガジリン(嘎吉林)村で、村民らは新しい住居に引っ越してから初めての新年を祝った。同市の新年は、ラサ市などで祝うチベット暦の新年より1カ月早い。「チベットの食糧庫」と呼ばれるシガツェ市は、安心して楽しく新年を祝い、また農作業に影響が出ないよう、新年を農閑期に当たるチベット暦の12月に前倒しする習慣が今でも続いている。(シガツェ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)移住者向け居住地で新年を祝うチベット自治区シガツェ市

    14日、ガジリン(嘎吉林)村の新居で、年上の親戚に酒を注ぐ村民。中国チベット自治区シガツェ市は14日、「農民の正月」を迎えた。同市サキャ(薩迦)県チャチウグ(扯休)郷のガジリン(嘎吉林)村で、村民らは新しい住居に引っ越してから初めての新年を祝った。同市の新年は、ラサ市などで祝うチベット暦の新年より1カ月早い。「チベットの食糧庫」と呼ばれるシガツェ市は、安心して楽しく新年を祝い、また農作業に影響が出ないよう、新年を農閑期に当たるチベット暦の12月に前倒しする習慣が今でも続いている。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)伝統的な「農民の新年」を祝うチベット自治区シガェ市

    15日、チベット自治区シガツェ市のタグバ(塔巴)村で、祈祷旗を掲げる住民。中国チベット自治区シガツェ市では、古くから、「農民の正月」と呼ばれるチベット暦の新年より1カ月早く新年を祝う習慣がある。「農民の正月」の3日目に当たる15日、市内では、朝早くから山頂や自宅の屋根に新しいタルチョ(祈祷旗)を掲げ、人々の健康と世界の平和を祈る住民らの姿が見られた。(シガツェ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)伝統的な「農民の新年」を祝うチベット自治区シガェ市

    15日、チベット自治区シガツェ市のタグバ(塔巴)村で、祈祷旗を掲げる住民。中国チベット自治区シガツェ市では、古くから、「農民の正月」と呼ばれるチベット暦の新年より1カ月早く新年を祝う習慣がある。「農民の正月」の3日目に当たる15日、市内では、朝早くから山頂や自宅の屋根に新しいタルチョ(祈祷旗)を掲げ、人々の健康と世界の平和を祈る住民らの姿が見られた。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)伝統的な「農民の新年」を祝うチベット自治区シガェ市

    15日、チベット自治区シガツェ市のタグバ(塔巴)村で、タルチョを掲げに出発する住民。中国チベット自治区シガツェ市では、古くから、「農民の正月」と呼ばれるチベット暦の新年より1カ月早く新年を祝う習慣がある。「農民の正月」の3日目に当たる15日、市内では、朝早くから山頂や自宅の屋根に新しいタルチョ(祈祷旗)を掲げ、人々の健康と世界の平和を祈る住民らの姿が見られた。(シガツェ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)伝統的な「農民の新年」を祝うチベット自治区シガェ市

    15日、チベット自治区シガツェ市のタグバ(塔巴)村で、祈祷旗を掲げる住民。中国チベット自治区シガツェ市では、古くから、「農民の正月」と呼ばれるチベット暦の新年より1カ月早く新年を祝う習慣がある。「農民の正月」の3日目に当たる15日、市内では、朝早くから山頂や自宅の屋根に新しいタルチョ(祈祷旗)を掲げ、人々の健康と世界の平和を祈る住民らの姿が見られた。(シガツェ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)伝統的な「農民の新年」を祝うチベット自治区シガェ市

    15日、チベット自治区シガツェ市のタグバ(塔巴)村で、祈祷旗を掲げる住民。中国チベット自治区シガツェ市では、古くから、「農民の正月」と呼ばれるチベット暦の新年より1カ月早く新年を祝う習慣がある。「農民の正月」の3日目に当たる15日、市内では、朝早くから山頂や自宅の屋根に新しいタルチョ(祈祷旗)を掲げ、人々の健康と世界の平和を祈る住民らの姿が見られた。(シガツェ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)伝統的な「農民の新年」を祝うチベット自治区シガェ市

    15日、チベット自治区シガツェ市のタグバ(塔巴)村で、祈祷旗を掲げる住民。中国チベット自治区シガツェ市では、古くから、「農民の正月」と呼ばれるチベット暦の新年より1カ月早く新年を祝う習慣がある。「農民の正月」の3日目に当たる15日、市内では、朝早くから山頂や自宅の屋根に新しいタルチョ(祈祷旗)を掲げ、人々の健康と世界の平和を祈る住民らの姿が見られた。(シガツェ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)一面の氷に覆われた多慶錯の冬景色チベット自治区

    10日、一面の氷に覆われた多慶錯の景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国チベット自治区シガツェ市ドモ県にある多慶錯は、連日続く厳しい冷え込みで結氷し、美しい「氷の湖」となった。氷に覆われた湖面と周囲の山々、青い空が互いに引き立て合い、壮大な風景を作り出している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、日托寺の近くで撮影した星空(スタック写真)。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、夕日を浴びる日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、ヤムドク湖の岸辺に広がる草むらを駆けるチベットガゼル。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (10)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、ヤムドク湖北岸の小さな島にある日托寺。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (9)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、ヤムドク湖の岸辺に広がる草むらで餌を探すチベットガゼル。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、夕日に照らされ、ヤムドク湖に映る日托寺の影。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、空から見た日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)一面の氷に覆われた多慶錯の冬景色チベット自治区

    10日、一面の氷に覆われた多慶錯の景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国チベット自治区シガツェ市ドモ県にある多慶錯は、連日続く厳しい冷え込みで結氷し、美しい「氷の湖」となった。氷に覆われた湖面と周囲の山々、青い空が互いに引き立て合い、壮大な風景を作り出している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、空から見た日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)一面の氷に覆われた多慶錯の冬景色チベット自治区

    10日、一面の氷に覆われた多慶錯の景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国チベット自治区シガツェ市ドモ県にある多慶錯は、連日続く厳しい冷え込みで結氷し、美しい「氷の湖」となった。氷に覆われた湖面と周囲の山々、青い空が互いに引き立て合い、壮大な風景を作り出している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)仏所蔵の敦煌古代チベット語文献、完全版が初めて出版

    「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」の図版。(1月12日撮影)フランス国立図書館と中国の西北民族大学(甘粛省蘭州市)、上海古籍出版社が15年かけて共同編集した「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」がこのほど、初めて完全な形で出版された。文献は35冊からなり、文献の整理番号は3174に上る。高画質の写真や図版2万8千点余りも収録している。これら7~10世紀の古代チベット語文献には、仏教の経典や歴史書、契約書、法律の条文、私信など多くの内容が含まれており、吐蕃(とばん)が敦煌を統治していた時代の社会・経済活動や民族・文化交流の歴史を反映している。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)仏所蔵の敦煌古代チベット語文献、完全版が初めて出版

    「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」に収録されたチベット語文献。(1月12日撮影)フランス国立図書館と中国の西北民族大学(甘粛省蘭州市)、上海古籍出版社が15年かけて共同編集した「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」がこのほど、初めて完全な形で出版された。文献は35冊からなり、文献の整理番号は3174に上る。高画質の写真や図版2万8千点余りも収録している。これら7~10世紀の古代チベット語文献には、仏教の経典や歴史書、契約書、法律の条文、私信など多くの内容が含まれており、吐蕃(とばん)が敦煌を統治していた時代の社会・経済活動や民族・文化交流の歴史を反映している。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)一面の氷に覆われた多慶錯の冬景色チベット自治区

    10日、一面の氷に覆われた多慶錯の景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国チベット自治区シガツェ市ドモ県にある多慶錯は、連日続く厳しい冷え込みで結氷し、美しい「氷の湖」となった。氷に覆われた湖面と周囲の山々、青い空が互いに引き立て合い、壮大な風景を作り出している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)一面の氷に覆われた多慶錯の冬景色チベット自治区

    10日、一面の氷に覆われた多慶錯の景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国チベット自治区シガツェ市ドモ県にある多慶錯は、連日続く厳しい冷え込みで結氷し、美しい「氷の湖」となった。氷に覆われた湖面と周囲の山々、青い空が互いに引き立て合い、壮大な風景を作り出している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)仏所蔵の敦煌古代チベット語文献、完全版が初めて出版

    35冊からなる「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」。(2020年12月15日撮影)フランス国立図書館と中国の西北民族大学(甘粛省蘭州市)、上海古籍出版社が15年かけて共同編集した「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」がこのほど、初めて完全な形で出版された。文献は35冊からなり、文献の整理番号は3174に上る。高画質の写真や図版2万8千点余りも収録している。これら7~10世紀の古代チベット語文献には、仏教の経典や歴史書、契約書、法律の条文、私信など多くの内容が含まれており、吐蕃(とばん)が敦煌を統治していた時代の社会・経済活動や民族・文化交流の歴史を反映している。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)一面の氷に覆われた多慶錯の冬景色チベット自治区

    10日、一面の氷に覆われた多慶錯の景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国チベット自治区シガツェ市ドモ県にある多慶錯は、連日続く厳しい冷え込みで結氷し、美しい「氷の湖」となった。氷に覆われた湖面と周囲の山々、青い空が互いに引き立て合い、壮大な風景を作り出している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、空から見た日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、日托寺のある小島に通じる唯一の道。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)一面の氷に覆われた多慶錯の冬景色チベット自治区

    10日、一面の氷に覆われた多慶錯の景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国チベット自治区シガツェ市ドモ県にある多慶錯は、連日続く厳しい冷え込みで結氷し、美しい「氷の湖」となった。氷に覆われた湖面と周囲の山々、青い空が互いに引き立て合い、壮大な風景を作り出している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)仏所蔵の敦煌古代チベット語文献、完全版が初めて出版

    35冊からなる「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」。(2020年12月15日撮影)フランス国立図書館と中国の西北民族大学(甘粛省蘭州市)、上海古籍出版社が15年かけて共同編集した「フランス国立図書館所蔵敦煌チベット語文献」がこのほど、初めて完全な形で出版された。文献は35冊からなり、文献の整理番号は3174に上る。高画質の写真や図版2万8千点余りも収録している。これら7~10世紀の古代チベット語文献には、仏教の経典や歴史書、契約書、法律の条文、私信など多くの内容が含まれており、吐蕃(とばん)が敦煌を統治していた時代の社会・経済活動や民族・文化交流の歴史を反映している。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    ラサ市人民医院のチベット族医師を指導して低侵襲脊椎手術をする支援医師(右)。(2017年5月26日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    ラサ市城関区実験小学校分校の教室で、児童と触れ合う天津大学附属小学校の支援教師(右奥)。(2016年3月2日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    山南市第一高級中学で、地元の教師(右奥)とともに化学実験を指導する湖北省襄陽市から派遣された支援教師(中央奥)。(2019年5月7日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (9)チャンタンに活気もたらす「精霊」たち チベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    ラサ市人民医院整形外科の病室で、患者のレントゲン写真を見る北京積水潭医院の支援医師(右)と北京天壇医院の支援医師。(2017年8月3日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    中国チベット自治区 標高3千㍍の芸術ショー

    中国チベット自治区東部にある標高約3千㍍の町、ニンチー。夕食後、腹ごなしに散歩していると、大きな池のある公園で光と水の芸術ショーが行われていました。音楽に合わせて、高く上がった水柱に色とりどりの光が次々と投影されていきます。山岳地帯の自治区では高山病の頭痛に悩まされてきましたが、つかの間の癒やしになりました。(撮影・八田尚彦、共同)

  • 2021年01月14日
    (16)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (15)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園から見た瓦屋山。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園から見た瓦屋山。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (11)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (14)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (12)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (13)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園から見た瓦屋山。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (10)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (3)チベット自治区、市民の自動車保有台数が増加

    ラサ市内を走る車。(2019年7月4日撮影)中国チベット自治区公安庁公安交通管理局の発表によると、同自治区の自動車や二輪車などのエンジン付き車両保有台数が2020年末時点で65万6703台となった。ドライバー数は61万3682人で、20年の車両新規登録台数は1日当たり166台だった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (4)チベット自治区、市民の自動車保有台数が増加

    ラサ市内に駐車している車。(2019年7月5日撮影)中国チベット自治区公安庁公安交通管理局の発表によると、同自治区の自動車や二輪車などのエンジン付き車両保有台数が2020年末時点で65万6703台となった。ドライバー数は61万3682人で、20年の車両新規登録台数は1日当たり166台だった。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (1)チベット自治区、市民の自動車保有台数が増加

    ラサ市内を行き交う車。(2019年7月4日撮影)中国チベット自治区公安庁公安交通管理局の発表によると、同自治区の自動車や二輪車などのエンジン付き車両保有台数が2020年末時点で65万6703台となった。ドライバー数は61万3682人で、20年の車両新規登録台数は1日当たり166台だった。(ラサ=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (2)チベット自治区、市民の自動車保有台数が増加

    林芝(ニンテイ)市にある多布特大橋を渡る車。(2019年10月28日撮影、小型無人機から)中国チベット自治区公安庁公安交通管理局の発表によると、同自治区の自動車や二輪車などのエンジン付き車両保有台数が2020年末時点で65万6703台となった。ドライバー数は61万3682人で、20年の車両新規登録台数は1日当たり166台だった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (5)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムで羽を広げるオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (6)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県自然保護区の上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムで過ごすオグロヅルの群れ。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムでくつろぐオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (4)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県自然保護区を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.75
    2021年01月06日
    「新華社」雪の草原に野生のヤク100頭以上甘粛省酒泉市

    中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原でこのほど、写真愛好家らが雪の上を歩く野生のヤク100頭以上をカメラに収めた。ヤクは中国の国家1級保護動物に指定されている。同草原はチベットノロバやバーラル、ユキヒョウなど、希少な野生動物の主要な生息地の一つ。この地域では2020年3月に続き、今回再び大規模なヤクの群れが確認されたことになる。映像にはヤクのほか、国家2級保護動物のチベットガゼルの姿もあった。(記者/任延昕) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (1)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムで羽を休めるオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.61
    2021年01月03日
    「新華社」SNSで人気の青年、チベット族の伝統儀式で新年の祈り

    中国のSNSで人気沸騰中のチベット族の青年タシテンジン(扎西丁真)さんは1日、四川省カンゼチベット族自治州理塘県で天地の神々を祭るチベット族の伝統的な儀式「煨桑」を仲間たちと共に行い、社会の繁栄と地域の発展を祈った。(記者/康錦謙) =配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (6)川蔵鉄道、全線でレール敷設工事が完了

    12月27日、川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間にかかる喇嘛嶺大橋。中国四川省とチベット自治区を結ぶ川蔵鉄道で2020年12月31日、ラサ‐ニンティ(林芝)区間の最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。同鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロとなっている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (1)川蔵鉄道、全線でレール敷設工事が完了

    12月31日、川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間のレール締結式の様子。中国四川省とチベット自治区を結ぶ川蔵鉄道で2020年12月31日、ラサ‐ニンティ(林芝)区間の最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。同鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロとなっている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (3)川蔵鉄道、全線でレール敷設工事が完了

    12月27日、川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間にある卓木トンネルのレール敷設工事の現場。中国四川省とチベット自治区を結ぶ川蔵鉄道で2020年12月31日、ラサ‐ニンティ(林芝)区間の最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。同鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロとなっている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (7)川蔵鉄道、全線でレール敷設工事が完了

    12月27日、川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間のトンネル内で作業をする技術者。中国四川省とチベット自治区を結ぶ川蔵鉄道で2020年12月31日、ラサ‐ニンティ(林芝)区間の最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。同鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロとなっている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (2)川蔵鉄道、全線でレール敷設工事が完了

    12月27日、川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間にあるトンネルのレール敷設工事の現場。中国四川省とチベット自治区を結ぶ川蔵鉄道で2020年12月31日、ラサ‐ニンティ(林芝)区間の最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。同鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロとなっている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (5)川蔵鉄道、全線でレール敷設工事が完了

    12月27日、川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間にかかる喇嘛嶺大橋。中国四川省とチベット自治区を結ぶ川蔵鉄道で2020年12月31日、ラサ‐ニンティ(林芝)区間の最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。同鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロとなっている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (4)川蔵鉄道、全線でレール敷設工事が完了

    12月28日、川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間にかかる喇嘛嶺大橋のレール敷設工事の現場。中国四川省とチベット自治区を結ぶ川蔵鉄道で2020年12月31日、ラサ‐ニンティ(林芝)区間の最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。同鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロとなっている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (3)中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入る青海省

    25日、青海省海南チベット族自治州共和県で撮影した青海湖。本格的な冬を迎え、中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入った。太陽の光が降り注ぐ湖面はきらきらと輝き、まばゆい光を放っている。青海省の海北、海南両チベット族自治州にまたがる青海湖は、生態環境にとって重要な意味を持ち、中国北西部の「気候調節器」「加湿器」、また青海チベット高原の「種の遺伝子バンク」とも呼ばれている。(西寧=新華社記者/李琳海)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (4)中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入る青海省

    25日、青海省海北チベット族自治州で撮影した青海湖。本格的な冬を迎え、中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入った。太陽の光が降り注ぐ湖面はきらきらと輝き、まばゆい光を放っている。青海省の海北、海南両チベット族自治州にまたがる青海湖は、生態環境にとって重要な意味を持ち、中国北西部の「気候調節器」「加湿器」、また青海チベット高原の「種の遺伝子バンク」とも呼ばれている。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (6)中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入る青海省

    25日、青海省海北チベット族自治州で撮影した青海湖。本格的な冬を迎え、中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入った。太陽の光が降り注ぐ湖面はきらきらと輝き、まばゆい光を放っている。青海省の海北、海南両チベット族自治州にまたがる青海湖は、生態環境にとって重要な意味を持ち、中国北西部の「気候調節器」「加湿器」、また青海チベット高原の「種の遺伝子バンク」とも呼ばれている。(西寧=新華社記者/李琳海)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.84
    2020年12月30日
    「新華社」チベット自治区、4Gと光回線の普及率99%に

    中国チベット自治区の通信インフラは2017年の4G時代突入後、急速な発展を遂げた。現在、5417の行政村で4Gネットワークが開通し、0%だった普及率は99%まで上昇。光回線のブロードバンドは5439の行政村で整備され、4%だった普及率は99%まで上昇し、伸び率は国内トップとなった。青海チベット高原では現在、新たに5G通信技術が普及し、医療や観光など多数の分野で実用化されている。チベット自治区では今年上半期(1~6月)、約千カ所の5G基地局が完成。下半期(7~12月)はさらに千カ所以上の基地局を建設し、7地級市・地区の中心市街地をカバーする5Gネットワークの普及を目指す。同自治区に敷設された通信用光回線網は全長24万800キロ、ブロードバンド接続ポートは216万5千個で、通信の発展レベルは他の省・自治区と同水準を保っている。(記者/洛登、旦増尼瑪曲珠、洛卓嘉措)=配信日:2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)チベット自治区、4Gと光回線の普及率99%に

    チョモランマの標高6500メートルの前進キャンプで、5G基地局のテストを行う中国移動(チャイナモバイル)のスタッフ。(5月21日撮影)中国チベット自治区の通信インフラは2017年の4G時代突入後、急速な発展を遂げた。現在、5417の行政村で4Gネットワークが開通し、0%だった普及率は99%まで上昇。光回線のブロードバンドは5439の行政村で整備され、4%だった普及率は99%まで上昇し、伸び率は国内トップとなった。青海チベット高原では現在、新たに5G通信技術が普及し、医療や観光など多数の分野で実用化されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (5)中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入る青海省

    25日、青海省海南チベット族自治州共和県で撮影した青海湖。本格的な冬を迎え、中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入った。太陽の光が降り注ぐ湖面はきらきらと輝き、まばゆい光を放っている。青海省の海北、海南両チベット族自治州にまたがる青海湖は、生態環境にとって重要な意味を持ち、中国北西部の「気候調節器」「加湿器」、また青海チベット高原の「種の遺伝子バンク」とも呼ばれている。(西寧=新華社記者/李琳海)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (3)チベット自治区、4Gと光回線の普及率99%に

    チベット自治区当雄(ダムシュン)県烏瑪塘郷巴嘎村で、オンライン授業を受ける児童。(3月6日撮影)中国チベット自治区の通信インフラは2017年の4G時代突入後、急速な発展を遂げた。現在、5417の行政村で4Gネットワークが開通し、0%だった普及率は99%まで上昇。光回線のブロードバンドは5439の行政村で整備され、4%だった普及率は99%まで上昇し、伸び率は国内トップとなった。青海チベット高原では現在、新たに5G通信技術が普及し、医療や観光など多数の分野で実用化されている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)チベット自治区、4Gと光回線の普及率99%に

    チベット自治区当雄(ダムシュン)県烏瑪塘郷巴嘎村で、光回線を整備する中国電信集団(チャイナテレコム)ラサ分公司の技術スタッフ。(3月6日撮影)中国チベット自治区の通信インフラは2017年の4G時代突入後、急速な発展を遂げた。現在、5417の行政村で4Gネットワークが開通し、0%だった普及率は99%まで上昇。光回線のブロードバンドは5439の行政村で整備され、4%だった普及率は99%まで上昇し、伸び率は国内トップとなった。青海チベット高原では現在、新たに5G通信技術が普及し、医療や観光など多数の分野で実用化されている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (4)チベット自治区、4Gと光回線の普及率99%に

    チベット自治区ラサ市のポタラ宮でライブ配信する、ガイドの次仁卓嘎(ツェリン・チョガ)さん(中央)。(3月1日撮影)中国チベット自治区の通信インフラは2017年の4G時代突入後、急速な発展を遂げた。現在、5417の行政村で4Gネットワークが開通し、0%だった普及率は99%まで上昇。光回線のブロードバンドは5439の行政村で整備され、4%だった普及率は99%まで上昇し、伸び率は国内トップとなった。青海チベット高原では現在、新たに5G通信技術が普及し、医療や観光など多数の分野で実用化されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入る青海省

    25日、青海省海北チベット族自治州で撮影した青海湖。本格的な冬を迎え、中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入った。太陽の光が降り注ぐ湖面はきらきらと輝き、まばゆい光を放っている。青海省の海北、海南両チベット族自治州にまたがる青海湖は、生態環境にとって重要な意味を持ち、中国北西部の「気候調節器」「加湿器」、また青海チベット高原の「種の遺伝子バンク」とも呼ばれている。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入る青海省

    25日、青海省海南チベット族自治州共和県で、凍結した青海湖の上を歩く観光客。本格的な冬を迎え、中国最大の内陸塩湖、青海湖が結氷期に入った。太陽の光が降り注ぐ湖面はきらきらと輝き、まばゆい光を放っている。青海省の海北、海南両チベット族自治州にまたがる青海湖は、生態環境にとって重要な意味を持ち、中国北西部の「気候調節器」「加湿器」、また青海チベット高原の「種の遺伝子バンク」とも呼ばれている。(西寧=新華社記者/劉江)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...