KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ウィーチャット
  • 新型肺炎
  • モーメンツ
  • ビデオチャット
  • 会議アプリ
  • 会議ツール
  • 中国湖南省
  • サポート
  • コミュニティー
  • テンセント

「チャットアプリ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
64
( 1 64 件を表示)
  • 1
64
( 1 64 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月29日
    World News - March 29, 2021

    March 29, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration the SnapChat app in App Store seen displayed on a smartphone screen. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    Illustrations in Spain.

    March 29, 2021, Spain: In this photo illustration, the SnapChat app in App Store seen displayed on a smartphone screen. (Credit Image: © Thiago Prudencio/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    World News - March 29, 2021

    March 29, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration the SnapChat app seen displayed on a smartphone screen. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    Illustrations in Spain.

    March 29, 2021, Spain: In this photo illustration, the SnapChat app seen displayed on a smartphone screen. (Credit Image: © Thiago Prudencio/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    World News - March 29, 2021

    March 29, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration the SnapChat app in App Store seen displayed on a smartphone screen and a SnapChat logo in the background. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    World News - March 29, 2021

    March 29, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration the SnapChat app seen displayed on a smartphone screen and a SnapChat logo in the background. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (6)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、市民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (2)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    26日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、住民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (5)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、住民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (7)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、同僚と共に作業を行う任致君さん(左)。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (3)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、膝をついて体が不自由な高齢者の検体を採取する任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.95
    2021年01月31日
    「新華社」膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    中国黒竜江省綏化(すいか)市ではこのほど、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(記者/張濤) =配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (8)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、同僚と共に作業を行う任致君さん(左)。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (1)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、住民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (4)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、検体採取中、水滴で曇った任致君さんのフェースシールド。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:25.89
    2021年01月14日
    「新華社」独自ECアプリ創設、各地に出荷される貴州省の物産

    中国貴州省では現在、ますます多くの地元の物産が電子商取引(EC)アプリを通じて省外各地に出荷されるようになっており、市場で人気を博している。同省はビッグデータ技術を利用して「一碼貴州」など地方色豊かなECサイトの創設・発展に力を入れ、「クラウド」販売を通じ農業の産業構造の調整を図り、受注生産農業を展開している。「一碼貴州」アプリは生産と販売両サイドから同時に資源を集め、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(WeChat)」ミニプログラム「微信小程序」コード一つに特色ある商品や各種生活サービスを取りまとめることに成功したという。これにより消費者に農産物や卸売・小売商品、宿泊、飲食、文化、観光など幅広い消費サービスを提供している。(記者/楊焱彬、陳嬙)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月28日
    Smartphone illustrations in Brazil.

    August 28, 2020, Brazil: In this photo illustration an icon of Snapchat app displayed on a smartphone. (Credit Image: © Rafael Henrique/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rafael Henrique/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターの「打浦スマート医療」オンラインサービスで、当番医に相談する同区住民。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じてマスクの着け方について視聴者と言葉を交わすホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じて夏に飲む中薬茶の知識を紹介するホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じてマスコットと一緒に「手洗いダンス」をするホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターで自身が担当する「打浦スマート医療」ライブ配信ルームの入り口を表示したスマートフォンの画面を見せるホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターで、ライブ配信を通じて紹介した自作の端午節の「香嚢(匂い袋)」を見せるホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じて夏の健康知識を紹介するホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信開始時にあいさつするホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    Icon photo Zoom Cloud Meetings

    The Zoom virtual meeting program from Google is one of the most important programs for virtual lessons, video conferences and online meetings | usage worldwide during the Corona period、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    湖南省の高齢者介護支援チーム、武漢市の社会福祉施設をサポート

    6日、チャットアプリ微信(ウィーチャット)で家族とビデオ通話する高齢者。新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制が最も重要な段階に入り、中国湖南省民政庁は2月22日、34人からなる湖北省の高齢者介護支援チームを立ち上げ、武漢市洪山区の社会福祉施設に対する緊急の支援を実施している。同チームの主要メンバーには医師や看護師、介護士らが含まれ、ペアリング支援を行っている福祉施設で30日間の各種サポートを行うという。(武漢=新華社配信/袁治)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    湖南省の高齢者介護支援チーム、武漢市の社会福祉施設をサポート

    6日、高齢者介護支援チームのメンバーが作った「使用説明書」を見ながら、チャットアプリ微信(ウィーチャット)の使い方を習得する高齢者。新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制が最も重要な段階に入り、中国湖南省民政庁は2月22日、34人からなる湖北省の高齢者介護支援チームを立ち上げ、武漢市洪山区の社会福祉施設に対する緊急の支援を実施している。同チームの主要メンバーには医師や看護師、介護士らが含まれ、ペアリング支援を行っている福祉施設で30日間の各種サポートを行うという。(武漢=新華社配信/袁治)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    湖南省の高齢者介護支援チーム、武漢市の社会福祉施設をサポート

    6日、高齢者介護支援チームのメンバーが高齢者のために作ったチャットアプリ微信(ウィーチャット)の「使用説明書」。新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制が最も重要な段階に入り、中国湖南省民政庁は2月22日、34人からなる湖北省の高齢者介護支援チームを立ち上げ、武漢市洪山区の社会福祉施設に対する緊急の支援を実施している。同チームの主要メンバーには医師や看護師、介護士らが含まれ、ペアリング支援を行っている福祉施設で30日間の各種サポートを行うという。(武漢=新華社配信/袁治)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族と作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族と一緒に作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、手作りの蒸しパンを見せる彭懿菲さんの息子。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族で作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、子どもと一緒に蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族と一緒に作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月29日
    中国でデジタル決済利用者が増加人との接触減らし感染防止

    2月29日、遼寧省瀋陽市皇姑区のコンビニエンスストアで、チャットアプリ微信(ウィーチャット)を利用して2次元バーコードをスキャンし、支払いをする来店客。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が突然流行し、人々の生活を変えた。人と人の直接的接触をできる限り減らし、紙幣を通じてのウイルス感染を防止するため、店側が提示した代金支払い用の2次元バーコードをスキャンするモバイル決済が、すでに人々の暮らしの中で常態になっている。(瀋陽=新華社記者/崔師豪)=2020(令和2)年2月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    「非接触サービス」で企業の操業再開を後押し長沙税関

    26日、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「QQ」を使用して企業の業務処理を遠隔サポートする長沙税関。中国湖南省の長沙税関は新型コロナウイルスによる肺炎の感染発生後、税金の納付期限延長、原産地証明書の「非接触」発給、オンライン申請・審査などの措置を講じ、徴税に関するサービスを最適化することで、省内企業の操業再開と重点プロジェクト建設を後押ししている。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    農業機械のシェアリングサービスで農作業をサポート湖南省常徳市

    21日、「シェアリング農機」をトレーラーに載せ運送準備をする九発農機服務公司の職員。(小型無人機から)中国湖南省常徳市にある農業機械のリースを手掛ける常徳市九発農機服務はこのほど、農機のシェアリングサービスのオンライン審査を開始した。電話やチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」などを使って企業と農家が連絡を取り合い、サービスの全過程で両者が直接顔を合わせる必要がない。企業は、サービスを利用する農家の身分証明書や運転免許書といった書類の情報に間違いがないか確認した後、トレーラーで農家が指定した場所まで農機を運ぶ。農家は2次元バーコードをスキャンして使用を開始し、耕作終了後に費用を一括清算する。同社には「シェアリング農機」が計48台あり、すでに地元の大規模農家30軒以上と契約を結んでいるという。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    農業機械のシェアリングサービスで農作業をサポート湖南省常徳市

    21日、湖南省常徳市鼎城区謝家舗鎮で、農家に引き渡す前に「シェアリング農機」を消毒する九発農機服務の職員。中国湖南省常徳市にある農業機械のリースを手掛ける常徳市九発農機服務はこのほど、農機のシェアリングサービスのオンライン審査を開始した。電話やチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」などを使って企業と農家が連絡を取り合い、サービスの全過程で両者が直接顔を合わせる必要がない。企業は、サービスを利用する農家の身分証明書や運転免許書といった書類の情報に間違いがないか確認した後、トレーラーで農家が指定した場所まで農機を運ぶ。農家は2次元バーコードをスキャンして使用を開始し、耕作終了後に費用を一括清算する。同社には「シェアリング農機」が計48台あり、すでに地元の大規模農家30軒以上と契約を結んでいるという。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    農業機械のシェアリングサービスで農作業をサポート湖南省常徳市

    21日、「シェアリング農機」を運転して田んぼを耕す下陳湾農機専業合作社(協同組合)に所属する農家。(小型無人機から)中国湖南省常徳市にある農業機械のリースを手掛ける常徳市九発農機服務はこのほど、農機のシェアリングサービスのオンライン審査を開始した。電話やチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」などを使って企業と農家が連絡を取り合い、サービスの全過程で両者が直接顔を合わせる必要がない。企業は、サービスを利用する農家の身分証明書や運転免許書といった書類の情報に間違いがないか確認した後、トレーラーで農家が指定した場所まで農機を運ぶ。農家は2次元バーコードをスキャンして使用を開始し、耕作終了後に費用を一括清算する。同社には「シェアリング農機」が計48台あり、すでに地元の大規模農家30軒以上と契約を結んでいるという。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    農業機械のシェアリングサービスで農作業をサポート湖南省常徳市

    21日、「シェアリング農機」を運転して田んぼを耕す下陳湾農機専業合作社(協同組合)に所属する農家。(小型無人機から)中国湖南省常徳市にある農業機械のリースを手掛ける常徳市九発農機服務はこのほど、農機のシェアリングサービスのオンライン審査を開始した。電話やチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」などを使って企業と農家が連絡を取り合い、サービスの全過程で両者が直接顔を合わせる必要がない。企業は、サービスを利用する農家の身分証明書や運転免許書といった書類の情報に間違いがないか確認した後、トレーラーで農家が指定した場所まで農機を運ぶ。農家は2次元バーコードをスキャンして使用を開始し、耕作終了後に費用を一括清算する。同社には「シェアリング農機」が計48台あり、すでに地元の大規模農家30軒以上と契約を結んでいるという。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    農業機械のシェアリングサービスで農作業をサポート湖南省常徳市

    21日、農機のリース情報を登記する九発農機服務公司の職員。中国湖南省常徳市にある農業機械のリースを手掛ける常徳市九発農機服務はこのほど、農機のシェアリングサービスのオンライン審査を開始した。電話やチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」などを使って企業と農家が連絡を取り合い、サービスの全過程で両者が直接顔を合わせる必要がない。企業は、サービスを利用する農家の身分証明書や運転免許書といった書類の情報に間違いがないか確認した後、トレーラーで農家が指定した場所まで農機を運ぶ。農家は2次元バーコードをスキャンして使用を開始し、耕作終了後に費用を一括清算する。同社には「シェアリング農機」が計48台あり、すでに地元の大規模農家30軒以上と契約を結んでいるという。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    農業機械のシェアリングサービスで農作業をサポート湖南省常徳市

    21日、湖南省常徳市鼎城区謝家舗鎮に並ぶ「シェアリング農機」。中国湖南省常徳市にある農業機械のリースを手掛ける常徳市九発農機服務はこのほど、農機のシェアリングサービスのオンライン審査を開始した。電話やチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」などを使って企業と農家が連絡を取り合い、サービスの全過程で両者が直接顔を合わせる必要がない。企業は、サービスを利用する農家の身分証明書や運転免許書といった書類の情報に間違いがないか確認した後、トレーラーで農家が指定した場所まで農機を運ぶ。農家は2次元バーコードをスキャンして使用を開始し、耕作終了後に費用を一括清算する。同社には「シェアリング農機」が計48台あり、すでに地元の大規模農家30軒以上と契約を結んでいるという。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    農業機械のシェアリングサービスで農作業をサポート湖南省常徳市

    21日、農機のリースに必要な証明書の写真を撮りアップロードする下陳湾農機専業合作社(協同組合に所属する農家。中国湖南省常徳市にある農業機械のリースを手掛ける常徳市九発農機服務はこのほど、農機のシェアリングサービスのオンライン審査を開始した。電話やチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」などを使って企業と農家が連絡を取り合い、サービスの全過程で両者が直接顔を合わせる必要がない。企業は、サービスを利用する農家の身分証明書や運転免許書といった書類の情報に間違いがないか確認した後、トレーラーで農家が指定した場所まで農機を運ぶ。農家は2次元バーコードをスキャンして使用を開始し、耕作終了後に費用を一括清算する。同社には「シェアリング農機」が計48台あり、すでに地元の大規模農家30軒以上と契約を結んでいるという。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.02
    2020年02月13日
    「新華社」豊富な「隔離食」が示す地域コミュニティーの輪浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市雲栖(うんせい)村では、村民の何(か)さん一家が時間通りに食事を始めた。一家3人は1日に地方から帰郷してすぐ、自宅観察を開始。外出はできないが、一家の食事は毎回バラエティーに富んでいる。何さんらは毎日、チャットアプリ「微信(WeChat)」の朋友圈(モーメンツ)で、自作の「隔離食」を公開している。自宅待機中にもかかわらず、テーブルいっぱいに並んだ料理はどこから来るのだろうか。実はその背後には、絶えず奔走する網格員(巡視管理員)の存在がある。おおまかな統計によると、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、同省では33万人の網格員が予防・抑制の最前線で戦っており、体温測定や情報登録、速達の受け取り代行や食料の買い出し代行などを行っている。網格員は、予防・抑制管理員であると同時に身近な奉仕者でもあり、正確かつ厳密に感染の予防・抑制に努めるともに生活が不便にならないよう心を込めて取り組んでいる。(記者/呉帥帥)<映像内容>新型肺炎対策のため自宅待機している村民の料理、買い出しをする巡視管理員の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.36
    2020年02月12日
    「新華社」障害者が新型肺炎と戦う医療スタッフにアヒルの卵を寄贈江西省

    「アヒルの卵を100個寄付したい」「私は口の利けない障害者で、微信でしか連絡を取れないことをお許しください」。中国江西省萍郷(へいきょう)市蓮花県高洲郷の愛心ボランティア協会の職員がこのほど、チャットアプリの微信(ウィーチャット)で上記のようなメッセージを受け取った。メッセージの送り主、厳暉(げん・き)さんは同郷厳家村の貧困家庭。同郷の医療スタッフが新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策の第一線で奮闘する姿を目にした厳さんは、休みなく働く医療スタッフのために、自身が飼育しているアヒルの卵100個の寄贈を決めた。(記者/陳毓珊、姚子雲)<映像内容>医療スタッフにアヒルの卵を寄付する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.43
    2020年02月10日
    「新華社」小型無人機がマスクなしで出歩く人をパトロール湖南省懐化市

    「お兄さん、マスクをしていませんよ。すぐに帰宅してください!」。中国湖南省懐化市の靖州ミャオ族トン族自治県渠陽鎮では、マスクをしないで出歩く青年を見付けた小型無人機がこう呼び掛けた。地元の小型無人機愛好家が結成した空中パトロール隊で、新型コロナウイルスによる肺炎の流行期間中、こうしたパトロールを続ける。発起人の陳俊名(ちん・しゅんめい)さんがチャットアプリ「微信(WeChat)」の朋友圈(モーメンツ)で誘ったところ、7人が加入を申し出た。市街地にある3カ所の社区(コミュニティー)では1日2回、空中パトロールを2人1組で展開する。1カ所につき2台の無人機を出動させ、うち1台は感染予防に関する知識を繰り返し放送し、もう1台は社区の職員と連携し、マスクを着用しないまま外出する市民に警告を発している。(記者/丁春雨)<映像内容>新型肺炎予防対策にドローンを活用、マスクなしで出歩く人を警告、パトロールする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:58.65
    2020年02月10日
    「新華社」「自宅待機」でも日常生活に支障なし中国西部の小都市で新たなビジネス

    中国新疆ウイグル自治区西部のイリ・カザフ自治州のチャプチャル・シベ自治県は人口わずか19万人の小さな県で、30分もあれば車で1周できる。新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、同県でも感染を予防・抑制するための厳戒態勢が敷かれ、県内在住の人々は自主的に自宅隔離措置を取っている。ところが、買い物など日常生活には全く不自由していない。県内の大手スーパーでは客の姿が見えない代わりに、係員が忙しく動き回っている。このスーパーには案内係が約30人いるが、現在はピッキング係へと役割を変更。チャットアプリ微信(WeChat)で客と連絡を取りながら注文通りに商品を選ぶ。それを配送スタッフが自宅まで配達している。県内のスーパー「美連美」の王春桃(おう・しゅんとう)店長は、宅配サービスは効率がいいとは言えないが営業を停止するよりはダメージが少なく、人々の日常生活のニーズにも応えられると話す。多い時には1日2百件以上の注文が入り、これまでに千人以上がこのサービスを利用した。同県の感染予防・治療工作指揮部は県下の大手スーパー4店舗と卸売業者5社と連携し、地域ごとに配達エリアを分けた。市街地の住民は最寄りのサプライヤーが開設した微信(WeChat)グループ内で注文し、決済するだけで買い物が完了する。県の指揮部が配送スタッフ129人に証明書を発行し、検査を強化して、感染拡大を防いでいる。同県市場監督管理局の裴玉婷(はい・ぎょくてい)副局長は、このようなモデルは人の移動を減らすため、ウイルスの伝播を遮断する時期には極めて有用だと指摘。こうした地方の小都市では今回のような「一人一人に合わせた宅配サービス」というビジネスモデルが今後も継続し、必要としている客にサービスを提供していくとの見方を示した。(記者/張嘯誠)<映像内容>新型肺炎の影響で宅配サービスを始めたスーパーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月08日
    なぜ彼らはウイルスとの闘いに勝利できたのか回復患者の追跡取材

    チャットアプリ微信(ウィーチャット)での問い合わせに返信する李霖琳(り・りんりん)さん(仮名)。(2月8日撮影)新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策において、中国中央政府が湖北省で提唱した「収容すべき患者は全て収容し、漏れなく治療する」という徹底的な方針により、全国各地で「予防」と「治療」が両輪となって効果を発揮し、回復患者数が増加し続けている。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    故宮博物院、7種類のデジタル製品を発表

    16日、微信(ウィーチャット)アプリの「故宮ポケット宮匠」を見せる職員。中国北京市の故宮博物院で16日、「融古鑠今無界未来――デジタル故宮発表会」が行われ、「故宮名画記」「パノラマ故宮」「故宮を楽しむ」など7種類のデジタル製品が発表された。同博物院は文化財をデジタル化し、これらのデジタル資源の保護と研究、活用を巡る取り組みを進めていく。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1