KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • タクラマカン砂漠
  • 南北
  • ロプノール県
  • 位置
  • 改善
  • 基礎
  • 景観
  • 期待

「チャルチャン県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月20日
    有機ナツメが導く豊かさへの道新疆ウイグル自治区

    20日、チャルチャン県アラル鎮の有機ナツメ園で、熟したナツメを集める農家。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地の端に位置するバインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県では10月中旬から下旬にかけ、有機ナツメが市場に出回る時期となる。これらの良質なナツメは高く評価され、生産農家に大きな収益をもたらしている。チャルチャン県は全国優良ナツメ生産拠点の一つで、統計によると、2018年の同県全体のナツメ栽培面積は約20万ムー(約1万3333ヘクタール)近くに達しているという。(チャルチャン=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307320

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月20日
    新疆ウイグル自治区、観光客数が過去最高に

    新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のチャルチャン県で開かれたイベント、「砂漠と箜篌(くご、中国のハープ)の星空音楽会」で、砂漠の夜空を彩る大輪の花。(2018年10月20日撮影)2018年に中国新疆ウイグル自治区を訪れた観光客は延べ1億5千万人を突破し、前年比40%以上増加した。今年の春節(旧正月)連休中に同自治区を訪れた観光客は延べ300万人を上回り、過去最高を記録した。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605702

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月20日
    有機ナツメが導く豊かさへの道新疆ウイグル自治区

    20日、チャルチャン県アラル鎮の有機ナツメ園で、家族と共にナツメを集める子ども。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地の端に位置するバインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県では10月中旬から下旬にかけ、有機ナツメが市場に出回る時期となる。これらの良質なナツメは高く評価され、生産農家に大きな収益をもたらしている。チャルチャン県は全国優良ナツメ生産拠点の一つで、統計によると、2018年の同県全体のナツメ栽培面積は約20万ムー(約1万3333ヘクタール)近くに達しているという。(チャルチャン=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月20日
    有機ナツメが導く豊かさへの道新疆ウイグル自治区

    20日、チャルチャン県アラル鎮の有機ナツメ園で、ナツメを試食する販売業者。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地の端に位置するバインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県では10月中旬から下旬にかけ、有機ナツメが市場に出回る時期となる。これらの良質なナツメは高く評価され、生産農家に大きな収益をもたらしている。チャルチャン県は全国優良ナツメ生産拠点の一つで、統計によると、2018年の同県全体のナツメ栽培面積は約20万ムー(約1万3333ヘクタール)近くに達しているという。(チャルチャン=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月20日
    有機ナツメが導く豊かさへの道新疆ウイグル自治区

    20日、チャルチャン県アラル鎮の有機ナツメ園で、たわわに実ったナツメ。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地の端に位置するバインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県では10月中旬から下旬にかけ、有機ナツメが市場に出回る時期となる。これらの良質なナツメは高く評価され、生産農家に大きな収益をもたらしている。チャルチャン県は全国優良ナツメ生産拠点の一つで、統計によると、2018年の同県全体のナツメ栽培面積は約20万ムー(約1万3333ヘクタール)近くに達しているという。(チャルチャン=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307616

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月20日
    有機ナツメが導く豊かさへの道新疆ウイグル自治区

    20日、チャルチャン県アラル鎮の有機ナツメ園で、ナツメを収穫するため枝を揺らす農家。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地の端に位置するバインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県では10月中旬から下旬にかけ、有機ナツメが市場に出回る時期となる。これらの良質なナツメは高く評価され、生産農家に大きな収益をもたらしている。チャルチャン県は全国優良ナツメ生産拠点の一つで、統計によると、2018年の同県全体のナツメ栽培面積は約20万ムー(約1万3333ヘクタール)近くに達しているという。(チャルチャン=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月09日
    新疆チャルチャン県の水利プロジェクトで、ダムの最上部封じる作業完了

    9日、新疆ウイグル自治区車爾臣河大石門水利中枢施設プロジェクトのダム施工現場で、施工を進める作業員。中国政府が進める172件の重大水利プロジェクトの一つ、新疆ウイグル自治区大石門水利中枢施設プロジェクトのダムでこのほど、最上部を封じる作業が完了した。これにより、標高2304メートルの高地に築かれているダムの、2020年に水門を閉め貯水を開始するという重大目標の達成に堅実な基礎が固められた。大石門水利中枢施設プロジェクトは、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内の車爾臣(チェルチェン)河に位置し、ダムは車爾臣河と託其里薩依河の合流地点から下流に300メートル下がった場所に建設されている。ダムは転圧式コンクリートフィルダムで、中国国内の同種類のダムの中では現時点で最も堤高が高い。大石門水利中枢プロジェクトは2016年5月に着工し、2018年1月からダムの建設を開始。2020年10月の貯水開始を目指している。(ウルムチ=新華社配信/陳雪茹)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月09日
    新疆チャルチャン県の水利プロジェクトで、ダムの最上部封じる作業完了

    9日、新疆ウイグル自治区車爾臣河大石門水利中枢施設プロジェクトのダム施工現場で、施工を進める作業員。中国政府が進める172件の重大水利プロジェクトの一つ、新疆ウイグル自治区大石門水利中枢施設プロジェクトのダムでこのほど、最上部を封じる作業が完了した。これにより、標高2304メートルの高地に築かれているダムの、2020年に水門を閉め貯水を開始するという重大目標の達成に堅実な基礎が固められた。大石門水利中枢施設プロジェクトは、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内の車爾臣(チェルチェン)河に位置し、ダムは車爾臣河と託其里薩依河の合流地点から下流に300メートル下がった場所に建設されている。ダムは転圧式コンクリートフィルダムで、中国国内の同種類のダムの中では現時点で最も堤高が高い。大石門水利中枢プロジェクトは2016年5月に着工し、2018年1月からダムの建設を開始。2020年10月の貯水開始を目指している。(ウルムチ=新華社配信/陳雪茹)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102138

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月09日
    新疆チャルチャン県の水利プロジェクトで、ダムの最上部封じる作業完了

    9日、新疆ウイグル自治区車爾臣河大石門水利中枢施設プロジェクトのダム施工現場で、施工を進める作業員。中国政府が進める172件の重大水利プロジェクトの一つ、新疆ウイグル自治区大石門水利中枢施設プロジェクトのダムでこのほど、最上部を封じる作業が完了した。これにより、標高2304メートルの高地に築かれているダムの、2020年に水門を閉め貯水を開始するという重大目標の達成に堅実な基礎が固められた。大石門水利中枢施設プロジェクトは、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内の車爾臣(チェルチェン)河に位置し、ダムは車爾臣河と託其里薩依河の合流地点から下流に300メートル下がった場所に建設されている。ダムは転圧式コンクリートフィルダムで、中国国内の同種類のダムの中では現時点で最も堤高が高い。大石門水利中枢プロジェクトは2016年5月に着工し、2018年1月からダムの建設を開始。2020年10月の貯水開始を目指している。(ウルムチ=新華社配信/陳雪茹)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月09日
    新疆チャルチャン県の水利プロジェクトで、ダムの最上部封じる作業完了

    9日、新疆ウイグル自治区車爾臣河大石門水利中枢施設プロジェクトのダム施工現場で、施工を進める作業員。中国政府が進める172件の重大水利プロジェクトの一つ、新疆ウイグル自治区大石門水利中枢施設プロジェクトのダムでこのほど、最上部を封じる作業が完了した。これにより、標高2304メートルの高地に築かれているダムの、2020年に水門を閉め貯水を開始するという重大目標の達成に堅実な基礎が固められた。大石門水利中枢施設プロジェクトは、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内の車爾臣(チェルチェン)河に位置し、ダムは車爾臣河と託其里薩依河の合流地点から下流に300メートル下がった場所に建設されている。ダムは転圧式コンクリートフィルダムで、中国国内の同種類のダムの中では現時点で最も堤高が高い。大石門水利中枢プロジェクトは2016年5月に着工し、2018年1月からダムの建設を開始。2020年10月の貯水開始を目指している。(ウルムチ=新華社配信/陳雪茹)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102154

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月09日
    新疆チャルチャン県の水利プロジェクトで、ダムの最上部封じる作業完了

    9日、新疆ウイグル自治区車爾臣河大石門水利中枢施設プロジェクトのダム施工現場で、施工を進める作業員。中国政府が進める172件の重大水利プロジェクトの一つ、新疆ウイグル自治区大石門水利中枢施設プロジェクトのダムでこのほど、最上部を封じる作業が完了した。これにより、標高2304メートルの高地に築かれているダムの、2020年に水門を閉め貯水を開始するという重大目標の達成に堅実な基礎が固められた。大石門水利中枢施設プロジェクトは、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内の車爾臣(チェルチェン)河に位置し、ダムは車爾臣河と託其里薩依河の合流地点から下流に300メートル下がった場所に建設されている。ダムは転圧式コンクリートフィルダムで、中国国内の同種類のダムの中では現時点で最も堤高が高い。大石門水利中枢プロジェクトは2016年5月に着工し、2018年1月からダムの建設を開始。2020年10月の貯水開始を目指している。(ウルムチ=新華社配信/陳雪茹)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102160

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月09日
    新疆チャルチャン県の水利プロジェクトで、ダムの最上部封じる作業完了

    9日、新疆ウイグル自治区車爾臣河大石門水利中枢施設プロジェクトのダム施工現場で、施工を進める作業員。中国政府が進める172件の重大水利プロジェクトの一つ、新疆ウイグル自治区大石門水利中枢施設プロジェクトのダムでこのほど、最上部を封じる作業が完了した。これにより、標高2304メートルの高地に築かれているダムの、2020年に水門を閉め貯水を開始するという重大目標の達成に堅実な基礎が固められた。大石門水利中枢施設プロジェクトは、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内の車爾臣(チェルチェン)河に位置し、ダムは車爾臣河と託其里薩依河の合流地点から下流に300メートル下がった場所に建設されている。ダムは転圧式コンクリートフィルダムで、中国国内の同種類のダムの中では現時点で最も堤高が高い。大石門水利中枢プロジェクトは2016年5月に着工し、2018年1月からダムの建設を開始。2020年10月の貯水開始を目指している。(ウルムチ=新華社配信/陳雪茹)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102115

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/宋彦樺)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104771

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104785

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104764

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある建設作業員宿舎で、作業員が栽培するニンニク。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104632

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104690

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/宋彦樺)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104630

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104699

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある建設作業員宿舎。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104651

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104670

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:23.58
    2020年05月17日
    「新華社」ニクジュヨウが一斉に開花新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区チャルチャン県では5月に入り、広い範囲でニクジュヨウが満開となっている。「砂漠人参」の名で知られるニクジュヨウは、低木のタマリクス・ラモシッシマ(紅柳)やハロキシロン・アンモデンドロン(梭梭)の根に寄生し、薬用価値が高い。毎年春と秋が収穫シーズンだが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響から春の収穫ができなかった。地元経済に与えるマイナスの影響を抑えるため、同県は戦略を転換、ニクジュヨウの種子の品質向上と生産量の増加に力を入れ、来年の豊作につなげる基礎を築いた。同県の防風治砂作業ステーションは2014年からニクジュヨウの栽培を開始、今では栽培面積が5万5千ムー(約3667ヘクタール)に達している。(記者/宿伝義)<映像内容>満開のニクジュヨウの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001575

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、作業をする測量技師の劉耀軍(りゅう・ようぐん)氏。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104768

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、作業をする測量技師の劉耀軍(りゅう・ようぐん)氏。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/宋彦樺)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104634

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、砂丘を歩く測量技師の劉耀軍(りゅう・ようぐん)氏(右)。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104652

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104752

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.22
    2020年09月07日
    「新華社」和若鉄道の軌道敷設工事、タクラマカン砂漠区間に入る新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区南部のホータン(和田)とチャルクリク(若羌)を結ぶ和若鉄道の軌道敷設工事が7日、中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠区間に入った。この区間は、バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内にある。同砂漠の南端に位置し、砂嵐が吹き荒れる日が多く、昼夜の寒暖差が大きい。同鉄道は総延長約825キロ、貨客併用の単線で、設計時速は120キロ。敷設工事は今年5月に始まり、これまでに160キロ分の敷設が完了した。和若鉄道は、同自治区南部を走る南疆鉄道のホータン駅を起点にチャルチャン(且末)などを経由して、チャルクリク駅で青海省のゴルムド(格爾木)と新疆のコルラ(庫爾勒)を結ぶ格庫鉄道と交わり、タリム盆地をぐるりと一周する環状線を構成する。開通すると、チャルチャン県などの五つの県に初めて鉄道が通ることになり、ホータンの人々が同自治区から他の地域へ出る際の距離が千キロ余りも短縮されるなど、新疆南部地域の経済・社会の発展を後押しすると期待される。(記者/宿伝義、張鍾凱、張暁竜)、撮影日:2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091205490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社記者/李志浩)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806793

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.20
    2020年09月24日
    「新華社」タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。全長約330キロの同道路は、中国交通建設が請け負い、2017年10月に着工。来年の開通後にはチャルチャン県からコルラ市までの距離が350キロ短縮される。(記者/宿伝義)<映像内容>タクラマカン砂漠を縦断する道路の建設の様子、撮影日:2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092809186

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信/舒金培)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806748

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社記者/李志浩)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信/舒金培)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信/舒金培)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807109

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.03
    2020年10月24日
    「新華社」タクラマカン砂漠で栽培したニクジュヨウが豊作

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県では現在、タクラマカン砂漠の8万ムー(約5300ヘクタール)に及ぶ面積で栽培した「大蕓(だいうん)」が豊作となっている。大蕓は肉蓯蓉(ニクジュヨウ)とも呼ばれ、アカザ科の灌木のサクサウール(梭梭、Haloxylonammodendron)やタマリクス・ラモシッシマ(紅柳、Tamarixramosissima)の根に寄生する。また「砂漠人参」としても知られ薬用価値が高い。同県では現在、15の郷・鎮がそれぞれ砂漠の各エリアを分担し、村民がサクサウールの植林やニクジュヨウの栽培を通し、毎年千元以上の増収を実現している。(記者/宿伝義)<映像内容>ニクジュヨウの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102703357

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.37
    2021年02月15日
    「新華社」春節期間も砂漠で送電線の巡回点検新疆ウイグル自治区

    中国送電大手、国家電網傘下の国網バインゴリン・モンゴル自治州供電(新疆ウイグル自治区)は春節(旧正月)期間中、保守作業員がタクラマカン砂漠の奥地で220キロボルト台塔送電線(ブグル県台遠-チャルチャン県塔中)の巡回点検を実施している。タクラマカン砂漠は世界で2番目に大きい流動砂漠で、中国最大の砂漠でもある。全長331キロの220キロボルト台塔送電線は2010年10月に運用を開始。国網バインゴリン・モンゴル自治州供電の西南地区への送電の大動脈として、塔中地区の石油基地の石油・天然ガス開発とチャルチャン県住民の生活のための電力供給を担っている。今年の春節は、送電保守点検第5班の18人が持ち場を守り、保守チームを多数編成して送電線の巡回点検を実施。同自治州の送電網の安全かつ安定した運用を支えている。(記者/阿曼) =配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021600776

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月30日
    (6)砂漠を緑に新疆ウイグル自治区チャルチャン県

    28日、チャルチャン県の砂漠で植樹をする人々。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区のチャルチャン県では、暖かくなるにつれ、砂漠緑化のための植樹活動が始まった。同県は面積の3分の2が砂漠化した土地で、県城(中心市街地)と砂漠は1本の川で隔てられている。1998年から防風・防砂対策を開始し、以来20年以上植樹が続けられている。県内を流れるチェルチェン(車爾臣)河の東側に広がる砂漠には、幅7・5キロメートルの防風林が20キロ以上にわたって植えられ、同県の生態環境と住民の生活環境は大幅に改善された。(チャルチャン=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008902

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月30日
    (5)砂漠を緑に新疆ウイグル自治区チャルチャン県

    28日、苗木の生存率を確保するため砂漠にアシを運び込む人。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区のチャルチャン県では、暖かくなるにつれ、砂漠緑化のための植樹活動が始まった。同県は面積の3分の2が砂漠化した土地で、県城(中心市街地)と砂漠は1本の川で隔てられている。1998年から防風・防砂対策を開始し、以来20年以上植樹が続けられている。県内を流れるチェルチェン(車爾臣)河の東側に広がる砂漠には、幅7・5キロメートルの防風林が20キロ以上にわたって植えられ、同県の生態環境と住民の生活環境は大幅に改善された。(チャルチャン=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008903

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月30日
    (2)砂漠を緑に新疆ウイグル自治区チャルチャン県

    28日、チャルチャン県の中心市街地付近の砂漠で植樹する人々。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区のチャルチャン県では、暖かくなるにつれ、砂漠緑化のための植樹活動が始まった。同県は面積の3分の2が砂漠化した土地で、県城(中心市街地)と砂漠は1本の川で隔てられている。1998年から防風・防砂対策を開始し、以来20年以上植樹が続けられている。県内を流れるチェルチェン(車爾臣)河の東側に広がる砂漠には、幅7・5キロメートルの防風林が20キロ以上にわたって植えられ、同県の生態環境と住民の生活環境は大幅に改善された。(チャルチャン=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008852

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月30日
    (7)砂漠を緑に新疆ウイグル自治区チャルチャン県

    28日、点滴かんがいで水分を与えられた梭梭(ソウソウ)の苗。周囲をアシで囲い、苗木の生存率を高めている。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区のチャルチャン県では、暖かくなるにつれ、砂漠緑化のための植樹活動が始まった。同県は面積の3分の2が砂漠化した土地で、県城(中心市街地)と砂漠は1本の川で隔てられている。1998年から防風・防砂対策を開始し、以来20年以上植樹が続けられている。県内を流れるチェルチェン(車爾臣)河の東側に広がる砂漠には、幅7・5キロメートルの防風林が20キロ以上にわたって植えられ、同県の生態環境と住民の生活環境は大幅に改善された。(チャルチャン=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008900

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月30日
    (3)砂漠を緑に新疆ウイグル自治区チャルチャン県

    28日、チャルチャン県の砂漠で梭梭(ソウソウ)の苗を植える地元の人々。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区のチャルチャン県では、暖かくなるにつれ、砂漠緑化のための植樹活動が始まった。同県は面積の3分の2が砂漠化した土地で、県城(中心市街地)と砂漠は1本の川で隔てられている。1998年から防風・防砂対策を開始し、以来20年以上植樹が続けられている。県内を流れるチェルチェン(車爾臣)河の東側に広がる砂漠には、幅7・5キロメートルの防風林が20キロ以上にわたって植えられ、同県の生態環境と住民の生活環境は大幅に改善された。(チャルチャン=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008856

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月30日
    (4)砂漠を緑に新疆ウイグル自治区チャルチャン県

    28日、チャルチャン県の中心市街地付近の砂漠で植樹する人々。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区のチャルチャン県では、暖かくなるにつれ、砂漠緑化のための植樹活動が始まった。同県は面積の3分の2が砂漠化した土地で、県城(中心市街地)と砂漠は1本の川で隔てられている。1998年から防風・防砂対策を開始し、以来20年以上植樹が続けられている。県内を流れるチェルチェン(車爾臣)河の東側に広がる砂漠には、幅7・5キロメートルの防風林が20キロ以上にわたって植えられ、同県の生態環境と住民の生活環境は大幅に改善された。(チャルチャン=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008857

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月30日
    (1)砂漠を緑に新疆ウイグル自治区チャルチャン県

    28日、チャルチャン県の中心市街地付近の砂漠で植樹する人々。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区のチャルチャン県では、暖かくなるにつれ、砂漠緑化のための植樹活動が始まった。同県は面積の3分の2が砂漠化した土地で、県城(中心市街地)と砂漠は1本の川で隔てられている。1998年から防風・防砂対策を開始し、以来20年以上植樹が続けられている。県内を流れるチェルチェン(車爾臣)河の東側に広がる砂漠には、幅7・5キロメートルの防風林が20キロ以上にわたって植えられ、同県の生態環境と住民の生活環境は大幅に改善された。(チャルチャン=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008851

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月01日
    中国の砂漠によみがえる緑

    1日、サクサウールの点滴かんがいエリアを点検する新疆ウイグル自治区チャルチャン県河東治砂ステーションの職員。中国政府はここ数年、砂漠化対策を継続的に進め、顕著な成果を上げている。中国の人工林は11億8千万ムー(約7860万ヘクタール)を超え、世界で人工林が最も多い国となった。20世紀末に年平均1万400平方キロ拡大していた砂漠化面積は、2019年時点で年平均2424平方キロ減少している。(北京=新華社記者/高晗)=配信日:2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041312032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月12日
    (8)中国の砂漠によみがえる緑

    新疆ウイグル自治区チャルチャン県の中心市街地に近いタクラマカン砂漠で植樹をする人々。(3月28日撮影、小型無人機から)中国政府はここ数年、砂漠化対策を継続的に進め、顕著な成果を上げている。中国の人工林は11億8千万ムー(約7860万ヘクタール)を超え、世界で人工林が最も多い国となった。20世紀末に年平均1万400平方キロ拡大していた砂漠化面積は、2019年時点で年平均2424平方キロ減少している。(北京=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月12日
    (5)中国の砂漠によみがえる緑

    新疆ウイグル自治区チャルチャン県の中心市街地とタクラマカン砂漠の間を流れるチェルチェン河。(3月31日撮影、小型無人機から)中国政府はここ数年、砂漠化対策を継続的に進め、顕著な成果を上げている。中国の人工林は11億8千万ムー(約7860万ヘクタール)を超え、世界で人工林が最も多い国となった。20世紀末に年平均1万400平方キロ拡大していた砂漠化面積は、2019年時点で年平均2424平方キロ減少している。(北京=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305148

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月12日
    (6)中国の砂漠によみがえる緑

    新疆ウイグル自治区チャルチャン県の河東治砂ステーションの衛星画像。(資料写真)中国政府はここ数年、砂漠化対策を継続的に進め、顕著な成果を上げている。中国の人工林は11億8千万ムー(約7860万ヘクタール)を超え、世界で人工林が最も多い国となった。20世紀末に年平均1万400平方キロ拡大していた砂漠化面積は、2019年時点で年平均2424平方キロ減少している。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305151

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月12日
    (9)中国の砂漠によみがえる緑

    新疆ウイグル自治区チャルチャン県の国道脇に整備されたサクサウールの生態林。(3月31日撮影、小型無人機から)中国政府はここ数年、砂漠化対策を継続的に進め、顕著な成果を上げている。中国の人工林は11億8千万ムー(約7860万ヘクタール)を超え、世界で人工林が最も多い国となった。20世紀末に年平均1万400平方キロ拡大していた砂漠化面積は、2019年時点で年平均2424平方キロ減少している。(北京=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305217

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月12日
    (10)中国の砂漠によみがえる緑

    1日、新疆ウイグル自治区チャルチャン県で、サクサウールの苗を背負い砂漠に向かうニクジュヨウ栽培農家の人。中国政府はここ数年、砂漠化対策を継続的に進め、顕著な成果を上げている。中国の人工林は11億8千万ムー(約7860万ヘクタール)を超え、世界で人工林が最も多い国となった。20世紀末に年平均1万400平方キロ拡大していた砂漠化面積は、2019年時点で年平均2424平方キロ減少している。(北京=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305216

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.31
    2021年04月25日
    「新華社」タクラマカン砂漠貫く3本目の道路、舗装工事開始新疆ウイグル自治区

    「死の海」と呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠で、バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール(尉犁)県とチャルチャン(且末)県を南北に結ぶ「尉且(いしょ)砂漠道路」のアスファルト舗装工事が始まった。タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路で、全長330キロ余り。2017年10月に着工した。設計速度は時速60キロから80キロ。開通後はチャルチャン県から同自治州コルラ(庫爾勒)市までの距離が280キロ短縮され、所要時間も現行の12時間から6時間に半減する。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502187

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.04
    2021年06月17日
    「新華社」3本目のタクラマカン縦断道路、来年5月開通へ新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール(尉犁)県とチャルチャン(且末)県を結ぶ尉且砂漠公路は、タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路で、現在は舗装工事が急ピッチで進められている。開通は来年5月を予定している。タクラマカン砂漠は世界で2番目に広い流動砂漠で、尉且砂漠公路は同砂漠を南北に縦断する。2017年10月に着工し、総延長330キロ余りのうち、304キロが砂漠を通過する。同砂漠は現在、1年で最も暑い時期を迎えつつあり、建設現場では作業員の安全確保のため、暑さ対策用の薬品や物資が支給された。同道路の設計速度は時速60~80キロ。開通後はチャルチャン県から同自治州コルラ(庫爾勒)市までの道路距離が280キロ短縮され、所用時間も12時間から6時間に半減する。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707935

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.72
    2022年05月09日
    「新華社」タクラマカン砂漠のシラサギにひな続々誕生新疆チャルチャン県

    中国のタクラマカン砂漠東南部に位置する新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン(且末)県ではシラサギが繁殖の季節を迎え、今年初めて同地に留まったつがいに続々とひなが誕生している。同県達西湖のアシの茂みでは400羽以上が繁殖し、卵をかえしている。つがいの役割分担は明確で、雄が餌を確保する間、雌が卵を抱いてふ化させ、ひなに餌を与える。砂漠面積が5万3800平方キロに及ぶ同県はここ数年、生態環境の保全・整備を強化し続けており、シラサギを含む希少鳥類や野生動物の生息・繁殖地となっている。(記者/宿伝義) =配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050904770

  • 1