KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 旧暦
  • 体重
  • 健康状態
  • 四つ
  • 大みそか
  • 科学
  • 繁殖
  • 群れ

「チュンワン」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月02日
    海上で繰り広げられる香港のドラゴンボートレース

    2日、練習のウオーミングアップをする閃耀永明ドラゴンボートチームのメンバー。中国香港特別行政区の赤柱正灘(スタンレーメインビーチ)では2日、カヌーとドラゴンボートという二つの水上スポーツが盛んに行われていた。照りつける太陽の下、どらや太鼓の音と掛け声が響き渡り、人々の目は自然にドラゴンボートに引き付けられていく。中国の伝統的な祝日・端午節(旧暦の5月5日で、今年は6月18日に当たる)が近づき、長洲島や沙田、香港仔(アバディーン)、荃湾(チュンワン)など香港の多くのビーチは、「ドラゴンボートレース」という長い歴史を持ちながらも生気あふれるスポーツに占領されている。河川で行われることが多い中国内地のドラゴンボートレースとは異なり、広くて静かな港を多く有する香港地区では、このレースはよく海上で行われる。現在、香港には280近くのドラゴンボートチームがあり、毎年大小合わせて約60のレースが行われている。レースの密度とチーム数は世界一と言っても過言ではない。香港の人々にとって、ドラゴンボートレースは端午節の民俗行事であるばかりでなく、生活の中に溶け込み、日常生活に情熱と楽しみを与えるものとなっている。(香港=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900540

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月02日
    海上で繰り広げられる香港のドラゴンボートレース

    2日、赤柱正灘で練習する閃耀永明ドラゴンボートチーム。(小型無人機で撮影)中国香港特別行政区の赤柱正灘(スタンレーメインビーチ)では2日、カヌーとドラゴンボートという二つの水上スポーツが盛んに行われていた。照りつける太陽の下、どらや太鼓の音と掛け声が響き渡り、人々の目は自然にドラゴンボートに引き付けられていく。中国の伝統的な祝日・端午節(旧暦の5月5日で、今年は6月18日に当たる)が近づき、長洲島や沙田、香港仔(アバディーン)、荃湾(チュンワン)など香港の多くのビーチは、「ドラゴンボートレース」という長い歴史を持ちながらも生気あふれるスポーツに占領されている。河川で行われることが多い中国内地のドラゴンボートレースとは異なり、広くて静かな港を多く有する香港地区では、このレースはよく海上で行われる。現在、香港には280近くのドラゴンボートチームがあり、毎年大小合わせて約60のレースが行われている。レースの密度とチーム数は世界一と言っても過言ではない。香港の人々にとって、ドラゴンボートレースは端午節の民俗行事であるばかりでなく、生活の中に溶け込み、日常生活に情熱と楽しみを与えるものとなっている。(香港=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900558

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月02日
    海上で繰り広げられる香港のドラゴンボートレース

    2日、赤柱正灘で練習する閃耀永明ドラゴンボートチームのメンバー。(小型無人機で撮影)中国香港特別行政区の赤柱正灘(スタンレーメインビーチ)では2日、カヌーとドラゴンボートという二つの水上スポーツが盛んに行われていた。照りつける太陽の下、どらや太鼓の音と掛け声が響き渡り、人々の目は自然にドラゴンボートに引き付けられていく。中国の伝統的な祝日・端午節(旧暦の5月5日で、今年は6月18日に当たる)が近づき、長洲島や沙田、香港仔(アバディーン)、荃湾(チュンワン)など香港の多くのビーチは、「ドラゴンボートレース」という長い歴史を持ちながらも生気あふれるスポーツに占領されている。河川で行われることが多い中国内地のドラゴンボートレースとは異なり、広くて静かな港を多く有する香港地区では、このレースはよく海上で行われる。現在、香港には280近くのドラゴンボートチームがあり、毎年大小合わせて約60のレースが行われている。レースの密度とチーム数は世界一と言っても過言ではない。香港の人々にとって、ドラゴンボートレースは端午節の民俗行事であるばかりでなく、生活の中に溶け込み、日常生活に情熱と楽しみを与えるものとなっている。(香港=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900536

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月02日
    海上で繰り広げられる香港のドラゴンボートレース

    2日、練習中に集合写真を撮る閃耀永明ドラゴンボートチームのメンバー。中国香港特別行政区の赤柱正灘(スタンレーメインビーチ)では2日、カヌーとドラゴンボートという二つの水上スポーツが盛んに行われていた。照りつける太陽の下、どらや太鼓の音と掛け声が響き渡り、人々の目は自然にドラゴンボートに引き付けられていく。中国の伝統的な祝日・端午節(旧暦の5月5日で、今年は6月18日に当たる)が近づき、長洲島や沙田、香港仔(アバディーン)、荃湾(チュンワン)など香港の多くのビーチは、「ドラゴンボートレース」という長い歴史を持ちながらも生気あふれるスポーツに占領されている。河川で行われることが多い中国内地のドラゴンボートレースとは異なり、広くて静かな港を多く有する香港地区では、このレースはよく海上で行われる。現在、香港には280近くのドラゴンボートチームがあり、毎年大小合わせて約60のレースが行われている。レースの密度とチーム数は世界一と言っても過言ではない。香港の人々にとって、ドラゴンボートレースは端午節の民俗行事であるばかりでなく、生活の中に溶け込み、日常生活に情熱と楽しみを与えるものとなっている。(香港=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    海上で繰り広げられる香港地区のドラゴンボートレース

    2日、赤柱正灘で練習する閃耀永明ドラゴンボートチームのメンバー。(小型無人機で撮影)中国香港特別行政区の赤柱正灘(スタンレーメインビーチ)では2日、カヌーとドラゴンボートという二つの水上スポーツが盛んに行われていた。照りつける太陽の下、どらや太鼓の音と掛け声が響き渡り、人々の目は自然にドラゴンボートに引き付けられていく。中国の伝統的な祝日・端午節(旧暦の5月5日で、今年は6月18日に当たる)が近づき、長洲島や沙田、香港仔(アバディーン)、荃湾(チュンワン)など香港の多くのビーチは、「ドラゴンボートレース」という長い歴史を持ちながらも生気あふれるスポーツに占領されている。河川で行われることが多い中国内地のドラゴンボートレースとは異なり、広くて静かな港を多く有する香港地区では、このレースはよく海上で行われる。現在、香港には280近くのドラゴンボートチームがあり、毎年大小合わせて約60のレースが行われている。レースの密度とチーム数は世界一と言っても過言ではない。香港の人々にとって、ドラゴンボートレースは端午節の民俗行事であるばかりでなく、生活の中に溶け込み、日常生活に情熱と楽しみを与えるものとなっている。(香港=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900545

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月01日
    「警官に生命の危険、発砲は適切で合法」香港警務処長が会見

    1日、記者会見で状況を説明する香港警務処の盧偉聡処長。中国香港特別行政区政府警務処の盧偉聡(ろ・いそう)処長は1日深夜、記者会見し、荃湾(チュンワン)での警察官による発砲について、警官は自身と同僚の生命の危険を感じ、やむを得ず撃ったと説明。発砲は適切で合法だと述べた。香港の複数の場所で同日、暴徒が深刻な暴力活動を行い、新界地区の荃湾では複数名で警察官を襲った。警察官はやむを得ず発砲し、暴徒1人が負傷した。(香港=新華社記者/盧燁)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100300568

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月01日
    「警官に生命の危険、発砲は適切で合法」香港警務処長が会見

    1日、記者会見で状況を説明する香港警務処の盧偉聡処長。中国香港特別行政区政府警務処の盧偉聡(ろ・いそう)処長は1日深夜、記者会見し、荃湾(チュンワン)での警察官による発砲について、警官は自身と同僚の生命の危険を感じ、やむを得ず撃ったと説明。発砲は適切で合法だと述べた。香港の複数の場所で同日、暴徒が深刻な暴力活動を行い、新界地区の荃湾では複数名で警察官を襲った。警察官はやむを得ず発砲し、暴徒1人が負傷した。(香港=新華社記者/盧燁)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100300529

  • 2020年09月01日
    香港、新型コロナの社区検査普及プログラムを開始

    1日、検査拠点となった香港の荃湾(チュンワン)体育館から出てくる市民。中国香港特別行政区は1日、中央政府の支援の下、大規模な社区(コミュニティー)検査普及プログラムをスタートした。市民を対象に「希望者全員が受けられる」新型コロナウイルス検査を無料で実施する。同プログラムは無症状感染者を探し出し、速やかに感染経路を断つことを目的としており、香港に設置された141カ所のコミュニティー検査拠点で実施される。(香港=新華社記者/盧炳輝)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306137

  • 2021年03月20日
    (2)広州長隆野生動物世界24匹目の赤ちゃんキンシコウお披露目

    17日、自身の縄張りで活動する「平平(ピンピン)」。中国広東省の広州長隆野生動物世界で17日、四川キンシコウの雌の赤ちゃん1匹が両親とともにお披露目された。園内で誕生した24匹目の四川キンシコウで、初の「2世」でもある。誕生した2月11日が旧暦の大みそかに当たることから、年末恒例のテレビ番組にちなみ「春晩(チュンワン)」と名付けられた。現在の体重は560グラムで、健康状態は良好。四川キンシコウは1997年に初めて長隆野生動物世界に導入され、科学的な飼育・繁殖を経て、今では約50匹が四つの群れで暮らしている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003105

  • 2021年03月20日
    (5)広州長隆野生動物世界24匹目の赤ちゃんキンシコウお披露目

    17日、広州長隆野生動物世界で互いに毛づくろいをする四川キンシコウの家族。中国広東省の広州長隆野生動物世界で17日、四川キンシコウの雌の赤ちゃん1匹が両親とともにお披露目された。園内で誕生した24匹目の四川キンシコウで、初の「2世」でもある。誕生した2月11日が旧暦の大みそかに当たることから、年末恒例のテレビ番組にちなみ「春晩(チュンワン)」と名付けられた。現在の体重は560グラムで、健康状態は良好。四川キンシコウは1997年に初めて長隆野生動物世界に導入され、科学的な飼育・繁殖を経て、今では約50匹が四つの群れで暮らしている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003103

  • 2021年03月20日
    (1)広州長隆野生動物世界24匹目の赤ちゃんキンシコウお披露目

    17日、広州長隆野生動物世界でお披露目された四川キンシコウの父親「平平(ピンピン)」(左)と母親「点点(ディエンディエン)」、赤ちゃんの「春晩」。中国広東省の広州長隆野生動物世界で17日、四川キンシコウの雌の赤ちゃん1匹が両親とともにお披露目された。園内で誕生した24匹目の四川キンシコウで、初の「2世」でもある。誕生した2月11日が旧暦の大みそかに当たることから、年末恒例のテレビ番組にちなみ「春晩(チュンワン)」と名付けられた。現在の体重は560グラムで、健康状態は良好。四川キンシコウは1997年に初めて長隆野生動物世界に導入され、科学的な飼育・繁殖を経て、今では約50匹が四つの群れで暮らしている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003101

  • 2021年03月20日
    (6)広州長隆野生動物世界24匹目の赤ちゃんキンシコウお披露目

    17日、広州長隆野生動物世界の木の上で遊ぶ四川キンシコウの家族。中国広東省の広州長隆野生動物世界で17日、四川キンシコウの雌の赤ちゃん1匹が両親とともにお披露目された。園内で誕生した24匹目の四川キンシコウで、初の「2世」でもある。誕生した2月11日が旧暦の大みそかに当たることから、年末恒例のテレビ番組にちなみ「春晩(チュンワン)」と名付けられた。現在の体重は560グラムで、健康状態は良好。四川キンシコウは1997年に初めて長隆野生動物世界に導入され、科学的な飼育・繁殖を経て、今では約50匹が四つの群れで暮らしている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003102

  • 2021年03月20日
    (4)広州長隆野生動物世界24匹目の赤ちゃんキンシコウお披露目

    17日、広州長隆野生動物世界で四川キンシコウを見る観光客。中国広東省の広州長隆野生動物世界で17日、四川キンシコウの雌の赤ちゃん1匹が両親とともにお披露目された。園内で誕生した24匹目の四川キンシコウで、初の「2世」でもある。誕生した2月11日が旧暦の大みそかに当たることから、年末恒例のテレビ番組にちなみ「春晩(チュンワン)」と名付けられた。現在の体重は560グラムで、健康状態は良好。四川キンシコウは1997年に初めて長隆野生動物世界に導入され、科学的な飼育・繁殖を経て、今では約50匹が四つの群れで暮らしている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003104

  • 2021年03月20日
    (3)広州長隆野生動物世界24匹目の赤ちゃんキンシコウお披露目

    17日、縄張りで示威行動をとる「平平(ピンピン)」。中国広東省の広州長隆野生動物世界で17日、四川キンシコウの雌の赤ちゃん1匹が両親とともにお披露目された。園内で誕生した24匹目の四川キンシコウで、初の「2世」でもある。誕生した2月11日が旧暦の大みそかに当たることから、年末恒例のテレビ番組にちなみ「春晩(チュンワン)」と名付けられた。現在の体重は560グラムで、健康状態は良好。四川キンシコウは1997年に初めて長隆野生動物世界に導入され、科学的な飼育・繁殖を経て、今では約50匹が四つの群れで暮らしている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003106

  • 2021年03月20日
    (7)広州長隆野生動物世界24匹目の赤ちゃんキンシコウお披露目

    17日、広州長隆野生動物世界で子どもを抱いて枝を飛び移る母親の「点点(ディエンディエン)」。中国広東省の広州長隆野生動物世界で17日、四川キンシコウの雌の赤ちゃん1匹が両親とともにお披露目された。園内で誕生した24匹目の四川キンシコウで、初の「2世」でもある。誕生した2月11日が旧暦の大みそかに当たることから、年末恒例のテレビ番組にちなみ「春晩(チュンワン)」と名付けられた。現在の体重は560グラムで、健康状態は良好。四川キンシコウは1997年に初めて長隆野生動物世界に導入され、科学的な飼育・繁殖を経て、今では約50匹が四つの群れで暮らしている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003107

  • 2021年03月21日
    Hong Kong News - March 21, 2021

    March 21, 2021, HONG KONG, CHINA: (L-R) Starry Lee AHam Yiu-chungAHMaria Tam, A group convened by National People‘s Congress Standing Committee member Tam Yiu-chung in supportive of Beijing¡H¡H planned reform on Hong Kong¡H¡H electoral system, reveal the number of signatures collected upholding Beijing¡H¡H decision with the goal of ¡H¡Hatriots governing Hong Kong¡H¡H during a press conference held at Admiralty Centre, Admiralty. 21MAR21 SCMP / Dickson Lee (Credit Image: © Dickson Lee/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Dickson Lee/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032406172

  • 2021年11月04日
    (1)香港・三棟屋博物館で無形文化遺産の魅力に触れる

    3日、三棟屋博物館を訪れた市民。中国香港特別行政区荃湾(チュンワン)の三棟屋博物館で3日、無形文化遺産展が始まった。香港に伝わる無形文化遺産40件の技法や関連品を展示しており、来場者は間近で見て理解を深められる。(香港=新華社記者/盧炳輝)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407829

  • 2021年11月04日
    (4)香港・三棟屋博物館で無形文化遺産の魅力に触れる

    3日、三棟屋博物館で木彫媽祖(まそ、航海と漁業の女神)像の制作過程に関する展示を見る来場者。中国香港特別行政区荃湾(チュンワン)の三棟屋博物館で3日、無形文化遺産展が始まった。香港に伝わる無形文化遺産40件の技法や関連品を展示しており、来場者は間近で見て理解を深められる。(香港=新華社記者/盧炳輝)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407833

  • 2021年11月04日
    (3)香港・三棟屋博物館で無形文化遺産の魅力に触れる

    3日、三棟屋博物館で無形文化遺産の紹介映像を鑑賞する来場者。中国香港特別行政区荃湾(チュンワン)の三棟屋博物館で3日、無形文化遺産展が始まった。香港に伝わる無形文化遺産40件の技法や関連品を展示しており、来場者は間近で見て理解を深められる。(香港=新華社記者/盧炳輝)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407832

  • 2021年11月04日
    (5)香港・三棟屋博物館で無形文化遺産の魅力に触れる

    3日、三棟屋博物館で飾りちょうちん「花灯」を撮影する来場者。中国香港特別行政区荃湾(チュンワン)の三棟屋博物館で3日、無形文化遺産展が始まった。香港に伝わる無形文化遺産40件の技法や関連品を展示しており、来場者は間近で見て理解を深められる。(香港=新華社記者/盧炳輝)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407830

  • 2021年11月04日
    (6)香港・三棟屋博物館で無形文化遺産の魅力に触れる

    3日、三棟屋博物館で獅子頭の制作過程に関する展示を見る来場者。中国香港特別行政区荃湾(チュンワン)の三棟屋博物館で3日、無形文化遺産展が始まった。香港に伝わる無形文化遺産40件の技法や関連品を展示しており、来場者は間近で見て理解を深められる。(香港=新華社記者/盧炳輝)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407840

  • 2021年11月04日
    (2)香港・三棟屋博物館で無形文化遺産の魅力に触れる

    3日、三棟屋博物館で客家囲村の室内のしつらえを見学する来場者。中国香港特別行政区荃湾(チュンワン)の三棟屋博物館で3日、無形文化遺産展が始まった。香港に伝わる無形文化遺産40件の技法や関連品を展示しており、来場者は間近で見て理解を深められる。(香港=新華社記者/盧炳輝)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407834

  • 2022年01月11日
    Hong Kong News - January 11, 2022

    January 11, 2022, Hong Kong, China: Ian Fok Chun-wan appears at High Court in Admiralty. The battle over the HK$11.3 billion estate of late tycoon Henry Fok Ying-tung has reopened in court with three of his 13 children seeking to restore his flagship company‘s right to a valuable mainland development project. 11JAN22 SCMP / Jelly Tse (Credit Image: © Jelly Tse/South China Morning Post via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jelly Tse/South China Morning Post via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011405317

  • 2022年01月18日
    Hong Kong News - January 18, 2022

    January 18, 2022, Hong Kong, China: Benjamin Fok Chun-yue leaves High Court after the case on late Henry Fok‘s estates. Benjamin Fok, Nora Fok Lai-lor and Patricia Fok Lai-ping who are Ian Fok Chun-wan‘s siblings and all had interests in Henry Fok Estates, complained they were kept in the dark about an option to buy back interest in the Henry Fok Estates‘ Nansha development and lodged the present proceedings. 18JAN22 SCMP/Yik Yeung-man (Credit Image: © Yik Yeung-Man/South China Morning Post via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Yik Yeung-Man/South China Morning Post via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012108443

  • 1