KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • さいね
  • しゅう
  • 体験
  • 何首烏
  • 内容
  • 処方
  • 古代
  • 宮廷
  • 屋外
  • 平成

「ツルドクダミ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2010年10月02日
    ツルドクダミ

    キーワード:ツルドクダミ、屋外、秋、植物、日本、複数、無人、葉、動植物メイン写真=2010(平成22)年10月2日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071001572

  • 04:20.82
    2019年03月06日
    「新華社」受け継がれてきた老舗の中国医薬製造法山東省済寧市

    中国医薬文化は学識が幅広くて奥が深く、中国医薬の製造工程も非常に緻密だ。このほど、中国山東省済寧(さいねい)市にある400年以上の歴史を持つ老舗「広育堂」を訪れ、中国医薬の「古方」(古くから伝わる処方)を体験した。広育堂にある二仙膏(にせんこう)の古方製造技術工房では、数人の薬剤師が二仙膏の薬液を煎出、濃縮して、ペースト状にしていた。薬剤師はその前に、蒸して天日干しする工程を何度も繰り返す「九蒸九晒」による何首烏(かしゅう、ツルドクダミの根)の毒抜きや、牛鞭(ぎゅうべん)の臭み取り、亀板膠(きばんきょう)や蜂蜜の酸化など、薬剤の加工処理を済ませていた。広育堂の二仙膏製造技術は400年以上にわたって受け継がれてきた。その処方は古代の珍しい滋養剤にまでさかのぼり、明清時代には宮廷への貢ぎ物になったこともあった。同製造技術は2014年に国家級無形文化遺産に登録され、2018年には第1回国家伝統工芸振興リストにも登録された。<映像内容>中国医薬老舗「広育堂」の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030704359

  • 1