KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ヘモグロビン
  • 中国企業
  • 令和
  • 位置
  • 吸収
  • 患者
  • 成功
  • 新型コロナウイルス
  • 最前線
  • 注射

「デジタル画像処理」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置を実演するスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900896

  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置を実演するスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900894

  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置を実演するスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901066

  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置のテストをするスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901024

  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置を実演するスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901063

  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置を実演するスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900912

  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置を実演するスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900911

  • 2020年03月06日
    中国企業、新型肺炎治療用血管可視化装置の開発に成功

    6日、西安中科微光影像技術有限公司で赤外線血管可視化装置を実演するスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際に、医療スタッフが厚くて重い防護服を着て患者に注射や点滴をするには不便がある。中国陝西省の西安中科微光影像技術有限公司が開発した赤外線血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが他の組織よりも近赤外線を多く吸収するという特性を利用し、デジタル画像処理技術を通じて、皮下血管の位置を皮膚表面に映し出すことができる。これにより、医療スタッフは患者の静脈の位置と深さがはっきり認識でき、作業効率が高まる。これまでに100台余りの同装置が、新型肺炎と闘っている最前線の病院に寄贈された。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900962

  • 1