KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • ミナミトビハゼ
  • 記者
  • シオマネキ
  • 生き物
  • 浄化
  • 風景
  • ムー
  • 北部湾
  • 増加
  • 平成

「トビハゼ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年12月16日
    泥干潟のミナミトビハゼ 「命のゆりかご」を守って

    干潟の代表格ミナミトビハゼが泥干潟の中で気持ちよさそうにくつろぐ。沖縄では「トントンミー」の愛称で親しまれている=12月

    商品コード: 2008121600122

  •  トビハゼ
    2010年08月21日
    トビハゼ

    キーワード:トビハゼ、夏、葛西臨海公園、魚、公園、水中撮影、生き物、日本、複数、無人、動植物メイン写真=2010(平成22)年8月21日、東京都江戸川区、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020053000628

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925569

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925696

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925596

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925694

  •  北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区
    2018年10月26日
    北部湾の生態を守る「海上森林」広西チワン族自治区

    26日、中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区に広がるマングローブ。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海にある金海湾マングローブ生態保護区では、数万ムー(1万ムー=約6・67平方キロメートル)を超える土地に生い茂ったマングローブが、「緑の守り手」として北部湾を防護している。北海マングローブの面積は同自治区において最大で、総面積は2001年の4万1千ムー(約27・3平方キロメートル)から現在の5万1千ムー(約34平方キロメートル)まで増加した。マングローブにはさまざまな海鳥だけでなく、その下の干潟にはトビハゼやシオマネキなど特徴的な生き物が生息している。マングローブは「海上の森林」や「海の守り手」と呼ばれ、海洋生物の多様性保護や海岸・堤防の強化、海水や空気の浄化に重要な役割を果たしている。(北海=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925598

  •  「新華社」北部湾を保護するマングローブの天然障壁広西チワン族自治区
    02:47.04
    2018年11月16日
    「新華社」北部湾を保護するマングローブの天然障壁広西チワン族自治区

    海岸線は潮の満ち引きにより絶え間なく浸蝕を受け、生態環境も常に脅威にさらされている。中国広西チワン族自治区北海市付近の海岸には一面のマングローブ林が「海の守り手」さながら北部湾の延々と伸びる海岸線を守っている。マングローブは熱帯、亜熱帯の潮間帯に生息する胎生種子植物群で「海上森林」「海の守り手」と呼ばる。林にはさまざまな海鳥やトビハゼ、シオマネキなど特徴的な生き物が生息している。国が重点的に保護する稀少植物のマングローブは、海洋生物の多様性や護岸、海と空気の浄化に重要な役割を果たしている。(記者/何程)<映像内容>マングローブ林の景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111908017

  •  閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省
    2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園内の浅瀬で争うトビハゼ(左)とシオマネキ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104694

  • トビハゼ つながり合う地球の命
    2020年12月03日
    トビハゼ つながり合う地球の命

    干潟を動き回るトビハゼ=大分県中津市

    商品コード: 2020120306653

  •  「新華社」トビハゼとゴカイの放流で湿地生態系のバランスを維持遼寧省
    00:35.70
    2021年09月01日
    「新華社」トビハゼとゴカイの放流で湿地生態系のバランスを維持遼寧省

    中国遼寧省盤錦市にある紅海灘風景区では今年に入り、トビハゼとゴカイの放流が行われた。今年は塩生植物マツナの生育が特に良好で、浜辺がひときわ鮮やかに色づいている。トビハゼとゴカイの放流は、浅瀬で酸素の増加と重金属の減少をもたらし、土壌改善につながる。また、鳥類に良質な自然の餌を提供し、生物多様性と生態系のバランス維持、環境修復の規模拡大にも役立っており、同風景区の海洋環境と湿地生態系の保護・回復に効果を発揮している。(記者/趙泳、韓赫) =配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206186

  •  (5)世界最大のタンチョウ越冬地江蘇省塩城市
    2022年03月11日
    (5)世界最大のタンチョウ越冬地江蘇省塩城市

    塩城湿地に生息するトビハゼ。(資料写真)タンチョウは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。江蘇省塩城市のタンチョウ越冬地は、市の中心部から約40キロ離れた広大な湿原で、訪れる人もほとんどいない。塩城国家級希少鳥類自然保護区は、世界最大のタンチョウの越冬地であり、毎年約600羽が越冬する。世界の渡り鳥の渡りルートの一つ「東アジア・オーストラリア地域フライウエイ」の中継地にもなっており、毎年約300万羽が立ち寄り、100万羽近くが冬を越す。(塩城=新華社配信/孫家録)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031111667

  •  「新華社」マングローブ林の「動物王国」広西チワン族自治区
    00:43.86
    2022年05月27日
    「新華社」マングローブ林の「動物王国」広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区北海市の金海湾マングローブ林生態保護区には、3千ムー(200ヘクタール)以上のマングローブ林が広がり、中国南部で数少ない海洋生物多様性保護区、臨海国家湿地公園、科学普及教育拠点となっている。マングローブ林は世界で最も生物多様性に富み、生態系サービスの価値が最も高い生態系の一つで、強風や高波による被害防止や海水の浄化、二酸化炭素の貯留などの機能がある。シオマネキやトビハゼ、カブトガニ、シラサギなどさまざまな動物が休息し、餌を探しており、この地のマングローブ林は、名実共に「動物王国」となっている。(記者/陳露縁) =配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052700034

  •  トビハゼ
    2022年12月11日
    トビハゼ

    「トビハゼ」は胸びれを器用に使ってぴょこぴょこと飛び跳ねる姿から中国名は「海兎」。来年の干支・卯にちなんだ魚や貝にスポットを当てた企画展「でぇれぇーかわえぇ海のうさぎ」が岡山県玉野市渋川の玉野海洋博物館で開かれている。=2022(令和4)年12月11日、岡山県玉野市渋川の玉野海洋博物館、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023011304987

  • 1