KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ユニジャンクショントランジスタ
  • トランジスターラジオ
  • 薄膜トランジスタ
  • 昭和
  • ソニー
  • 令和
  • 開発
  • 集積回路
  • 発展
  • 発明

「トランジスタ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
72
( 1 72 件を表示)
  • 1
72
( 1 72 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1955年01月01日
    トランジスター産業 列島新年の表情

    増産されるトランジスターと小型ラジオ=1954(昭和29)年12月、撮影場所不明

    商品コード: 2006091200210

  • 1955年01月01日
    トランジスター産業 列島新年の表情

    トランジスターと真空管=1954(昭和29)年12月、撮影場所不明

    商品コード: 2006091200211

  • 1956年08月22日
    日共北海道地方委員会で盗聴器発見

    トランジスタを使用した無線盗聴器=1956(昭和31)年8月22日(31年内地3782)

    商品コード: 2012071700201

  • 1957年04月30日
    小型トランジスタラジオの内部

    東京通信工業(現ソニー)が1955年に発売した初のトランジスタラジオの内部=1957(昭和32)年4月(トランジスターラジオ)

    商品コード: 2007020700082

  • 1957年04月30日
    小型トランジスタラジオ

    東京通信工業(現ソニー)が1955年に発売した初のトランジスタラジオ「TR-63」は爆発的な人気を呼んだ。他のメーカーも競って生産に加わりこの年生産台数で真空管式を上回った1957(昭和32)年4月(トランジスターラジオ)

    商品コード: 2003011000039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1957年05月01日
    小型トランジスタラジオ

    組み立てに忙しい製作現場=東京通信工業(東通工)工場名不明 1957(昭和32)年4月

    商品コード: 2007011800192

  • 1957年05月01日
    小型トランジスタラジオ

    小型トランジスタラジオ・TR-63 昭和32年3月発売、定価13,800円=1957(昭和32)年4月(トランジスターラジオ、ソニー)

    商品コード: 2007011800191

  • 1959年01月29日
    トランジスタ 輸出の花形商品を生み出す

    アメリカで発明されたトランジスタだが、日本のメーカーが特許料を支払い、さらに改良した上で商品化、世界中で売れたトランジスタラジオを始めとする「輸出の花形商品」を幾つも生み出した=1959(昭和34)年1月29日、東芝川崎工場

    商品コード: 1959012950002

  • 1959年01月29日
    製造されるトランジスタ 輸出の花形商品を生み出す

    アメリカで発明されたトランジスタだが、日本のメーカーが特許料を支払い、さらに改良した上で商品化、世界中で売れたトランジスタラジオを始めとする「輸出の花形商品」を幾つも生み出した=1959(昭和34)年1月、東芝川崎工場

    商品コード: 1959012950001

  • 02:31.23
    1959年12月04日
    「中日映画社」好景気の人びと

    東京証券取引所・近江絹糸もフル運転・トランジスタ工場でも娘さんがひっぱりだこ。岩戸景気でこの世の春を謳歌する証券・絹糸・トランジスタ産業の人々。<映像内容> 東京証券取引所、フル稼動する絹糸工場、休憩にトランプをする女性たち、トランジスタ工場で働く女性たち、専用バスに乗り込む女性従業員、工場の寮、引越し作業、洗濯機で洗濯をする様子、撮影日不明・公開日:1959(昭和34)年12月4日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2018053000978

  • 1960年04月09日
    トランジスターテレビ公開

    第4回大阪国際見本市に出品された早川電機工業(現シャープ)のトランジスターテレビ=1960(昭和35)年4月9日

    商品コード: 2008051200380

  • 1960年05月26日
    デモ

    キーワード:デモ 日劇前=1960(昭和35)年5月26日、日劇前、クレジット:ジャパンタイムズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017121300835

  • 1961年01月28日
    トランジスターうそ発見器

    お目見えしたトランジスターを使ったうそ発見器。右手前の大きいものは従来使用していたもの(警視庁)=1961(昭和36)年1月28日(36年内地663)

    商品コード: 2011083000238

  • 1961年02月01日
    トランジスターライター

    近く発売されるラジオがついたトランジスターライター(左)とラジオがついたシガレットケース=1961(昭和36)年2月1日出稿

    商品コード: 2011090100094

  • 1962年12月31日
    ナショナル9型 トランジスタ・テレビ

    ナショナル9型のトランジスタ・テレビ=1962(昭和37)年頃、撮影場所不明

    商品コード: 2017040700240

  • 1963年11月01日
    FM・AM両受信 新トランジスタラジオ

    ソニーが売り出すFM・AM両受信の小型トランジスタラジオ(3F-85W)=1963(昭和38)年11月1日

    商品コード: 1963110150002

  • 1964年07月03日
    トランジスタテレビ ニューヨーク世界博

    ニューヨーク世界博(万博)会場内の日本館に並んだトランジスタテレビ=1964(昭和39)年7月3日

    商品コード: 1964070350003

  • 1967年12月31日
    The world‘s first transistorised telephone model from 1967.

    The world‘s first transistorised telephone model from 1967. It only contained two transistors, but this was sufficient to improve the sound quality significantly. The introduction of transistor technology meant that the sound of the bell could be replaced by a whistling sound. This telephone was developed by the Swedish architectural firm of AOS、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901677

  • 1972年03月01日
    あさま山荘事件

    あさま山荘内で押収されたトランジスタラジオ、散弾銃、ピストルと大量の弾丸。左上は牟田泰子さんが縛られていたと見られる細ひも=1972(昭和47)年3月1日、長野県警軽井沢署(47年内地1470)

    商品コード: 2010102500041

  • 1974年02月18日
    栃木真岡署独身寮にも爆弾

    栃木県警真岡署独身寮に仕掛けられたダイナマイトを組み込んだトランジスタラジオ爆弾=1974(昭和49)年2月18日

    商品コード: 2011101300210

  • 1974年02月18日
    栃木真岡署独身寮にも爆弾

    栃木県警真岡署独身寮の正門入り口にタイヤを並べて警戒する警察官。点線内にダイナマイトを仕掛けたトランジスタラジオ爆弾がある=1974(昭和49)年2月18日

    商品コード: 2011101300209

  • 1974年02月19日
    栃木真岡署独身寮にも爆弾

    正門入り口付近で発見されたダイナマイトを仕掛けたトランジスタラジオ爆弾を、マジックハンドを操作して処理車に積み込む爆発物処理班=1974(昭和49)年2月19日、栃木県警真岡署独身寮

    商品コード: 2011101300222

  • 1974年02月19日
    栃木真岡署独身寮にも爆弾

    18日、栃木県警真岡署独身寮で発見された爆弾。トランジスタラジオの真ん中に乾電池、右の白い部分にダイナマイトと雷管、左上部にスイッチが見える=1974(昭和49)年2月19日

    商品コード: 2011101300221

  • 1974年02月20日
    ラジオ爆弾?宇都宮で発見

    宇都宮中央署塙田町警察官派出所脇で発見された、トランジスタラジオ爆弾らしい物を処理車に乗せる機動隊員=1974(昭和49)年2月20日、宇都宮市塙田町

    商品コード: 2011101300234

  • 1974年02月20日
    ラジオ爆弾?宇都宮で発見

    宇都宮中央署塙田町警察官派出所脇で発見された、トランジスタラジオ爆弾らしい物。左下にコンデンサー、左上部にテストランプが見える=1974(昭和49)年2月20日、宇都宮市塙田町

    商品コード: 2011101300236

  • 1974年02月21日
    若戸大橋に爆発物?

    “爆発物”の周囲にタイヤを積み上げ、盾で爆発を防ぐ機動隊員。北九州市の戸畑区と若松区を結ぶ若戸大橋の若松寄り橋脚付近に、爆発物らしいものがある-という通行人からの通報で捜査したが、ダイナマイト2本とトランジスタ用角型乾電池2個、磁石1個が置いてあった=1974(昭和49)年2月21日

    商品コード: 2011101300253

  • 1976年08月27日
    超マイクロ電算機 東芝、超マイクロ機を開発

    東京芝浦電気が開発したペン先よりちょっと大きい程度の「超マイクロコンピューター」。心臓部は、5・58ミリ×4・10ミリの高速度集積回路(LSI)。トランジスタ約1万2千個分に匹敵する働きをするという

    商品コード: 2014020600227

  • 1977年05月13日
    ペッパーR−012 超薄型トランジスタラジオ

    松下電器が発売する薄さが12・7ミリの超薄型トランジスタラジオ「ペッパーR−012」。ワイシャツの胸ポケットにスッポリ納まる手帳サイズで、価格は7800円

    商品コード: 2014090100295

  • 1979年03月18日
    新トランジスタを開発

    新しいトランジスタ(SIT)を開発した東北大学電気通信研究所の西沢潤一教授=出稿1979(昭和54)年3月18日(54年内地2584)

    商品コード: 2015012800210

  • 1979年03月18日
    新トランジスタを開発

    新しく開発されたトランジスタ「SIT」単体のチップ(小片)。西沢潤一・東北大学電気通信研究所教授が開発した=出稿1979(昭和54)年3月18日

    商品コード: 2015012800209

  • 1991年01月14日
    January 13-14, 1991 events in Vilnius

    8184155 14.01.1991 Events in Vilnius in January 1991 following Lithuania‘s declaration of secession from the USSR. City residents listen to a transistor radio since radio and TV broadcasting was cancelled in the city. Igor、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052505971

  • 1991年01月14日
    January 13-14, 1991 events in Vilnius

    8184156 14.01.1991 Events in Vilnius in January 1991 following Lithuania‘s declaration of secession from the USSR. City residents listen to a transistor radio since radio and TV broadcasting was stopped in the city. Igor、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052506583

  • 1998年06月18日
    低価格のTFTタイプ

    メルコのTFT(薄膜トランジスタ)液晶ディスプレー「FTD―XT14S―A」

    商品コード: 1998061800168

  • 1999年12月09日
    NTTが単電子回路を試作

    NTTが小電力・超小型の「単電子トランジスタ」を使って試作したコンピューター基本回路

    商品コード: 1999120900081

  • 2003年05月22日
    透明なトランジスタ 窓ガラスがディスプレーに

    透明な酸化物半導体を使って開発された透明な高速トランジスタ

    商品コード: 2003052200249

  • 2004年04月02日
    トランジスタラジオ内部 名大に草創期のラジオ寄贈

    名古屋大の博物館に寄贈されたトランジスタラジオの内部

    商品コード: 2004040200005

  • 2004年04月02日
    トランジスタラジオ 名大に草創期のラジオ寄贈

    名古屋大の博物館に寄贈されたトランジスタラジオの試作品

    商品コード: 2004040200004

  • 2006年05月02日
    ソニー商品のコラージュ 「還暦」迎え、なお模索

    ソニーは60年間に多彩な商品を送り出した。右上から反時計回りに日本初のテープレコーダー、日本初のトランジスタラジオ、トリニトロンブラウン管テレビ、ヘッドホンステレオ「ウォークマン」、犬型ロボット「AIBO(アイボ)」のコラージュ

    商品コード: 2006050200216

  • 2009年06月09日
    トランジスターカメラ NHK放送技研が一般公開

    NHK放送技研一般公開の会場に展示された、1959年開発のトランジスターカメラ=2009年5月21日、東京都世田谷区のNHK放送技術研究所

    商品コード: 2009060900238

  • 2010年12月08日
    TFTと小林教授 低電力、微細トランジスタ

    新製法で作った薄膜トランジスタを手にする大阪大の小林光教授=8日午後、大阪府茨木市

    商品コード: 2010120800283

  • 2010年12月08日
    薄膜トランジスタ 低電力、微細トランジスタ

    新製法で作られた薄膜トランジスタ=8日午後、大阪府茨木市

    商品コード: 2010120800287

  • 2011年02月24日
    世界最小のトランジスタ ポケッタブルラジオ発売

    1957(昭和32)年3月1日、東京通信工業(現ソニー)が世界最小のトランジスタラジオ「TR―63」を発売。胸ポケットに入る「ポケッタブルラジオ」は1万3800円でサラリーマンの平均月収と同額。内外で人気を呼び、米国への輸出にチャーター機を使うほど。他メーカーも参入し生産量で真空管式を追い抜いた。

    商品コード: 2011022400283

  • 2014年02月20日
    世界最小のトランジスタ ポケッタブルラジオ発売

    1957(昭和32)年3月1日、東京通信工業(現ソニー)が世界最小のトランジスタラジオ「TR―63」を発売。胸ポケットに入る「ポケッタブルラジオ」は1万3800円でサラリーマンの平均月収と同額だった。人気を呼んで米国への輸出にチャーター機を使うほど。他メーカーも参入し生産台数で真空管式を追い抜いた。

    商品コード: 2014022000457

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月18日
    浅田氏と「CS―10A」 新産業発展、暮らし一変

    世界初のトランジスタ電卓「CS―10A」と開発者の元シャープ副社長の浅田篤氏=大阪市

    商品コード: 2014031800366

  • 2014年03月18日
    元副社長の浅田篤氏 5年先に勝てる戦略を

    世界初のトランジスタ電卓を開発した元シャープ副社長の浅田篤氏=大阪市

    商品コード: 2014031800367

  • 2014年09月30日
    早川電機工業が発表 トランジスタテレビ公開

    第4回大阪国際見本市に出品された早川電機工業(現シャープ)のトランジスタテレビ=1960(昭和35)年4月9日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第4巻使用画像(P188)

    商品コード: 2014093000109

  • 2014年11月18日
    日本初のトランジスタラジオ 「世界のソニー」へ第一歩

    小型トランジスタラジオTR63。価格13800円は当時のサラリーマンの平均月収に相当=1957(昭和32)年3月 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第3巻使用画像(P43)

    商品コード: 2014111800204

  • 2016年05月13日
    カフェの外観 函館旧市街地に人呼び込め

    「トランジスタカフェ」が入る木造2階建て家屋=12日、北海道函館市

    商品コード: 2016051300871

  • 2016年05月13日
    オープンを待つ蒲生さんら 函館旧市街地に人呼び込め

    「トランジスタカフェ」のオープンを待つ(左から)蒲生寛之さん、安藤夏樹さん、山田伸広さん=12日、北海道函館市

    商品コード: 2016051300872

  • 2016年05月13日
    カフェの玄関 函館旧市街地に人呼び込め

    「トランジスタカフェ」が入る木造2階建て家屋の玄関=12日、北海道函館市

    商品コード: 2016051300873

  • 06:50.34
    2016年11月12日
    日本初のトランジスタラジオや初代ウォークマンなど歴代の商品ずらり 歴代商品730点を展示 ソニービル解体前に

    東京・銀座のソニービルが来年解体となるのを前に12日、ソニーの歴代商品を展示するイベントが同ビルで始まった。展示するのは、日本初のトランジスタラジオや初代ウォークマンなど歴代の商品やグッズ約730点で、来年2月12日まで。ソニーは今年、創業70周年を迎え、50年目となったビルのリニューアル計画に着手していた。ビルは、来年3月末に営業を終了し、敷地を2018年夏から銀座ソニーパークとして広く開放。22年までに新しいビルを建設し開業する予定。〈映像内容〉ソニーの平井一夫社長兼CEOのあいさつ、展示の模様や日本初 のトランジスタラジオやウォークマンなどの物撮り、建物外観など。

    商品コード: 2017090200617

  • 2016年11月23日
    センサー内蔵シート 体にシート、健康管理

    大阪府立大のチームが開発したセンサー内蔵シート。左端の黄色い部分はトランジスタ

    商品コード: 2016112300195

  • 2017年03月18日
    Sony brand Walkman Sony brand Walkman

    Original Sony brand Walkman on display in New York on Saturday, March 18, 2017. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304268

  • 2018年10月26日
    開発したトランジスタ 反骨と独創性で道開く

    西沢潤一さんが開発したトランジスタのチップ=1979年

    商品コード: 2018102632589

  • 2019年06月03日
    中国科学者単接合トランジスタの新論理構造を発明

    3日、実験室でシリコンチップを洗浄する研究チームのメンバー。中国上海市の復旦大学の科学研究チームはこのほど、集積回路の基礎研究分野で大きな成果を上げたことを明らかにした。同チームは、ユニジャンクショントランジスタ(単接合トランジスタ)に「一人で二人分の仕事をさせる」という新しい論理構造を発明し、トランジスタ面積を50%縮小させ、メモリコンピューティングの同調性もさらに向上させた。量産化に成功すれば、集積回路をより軽く、より速く、より小さく、より低消費電力に発展させることができる。関連の研究成果は「ネイチャーナノテクノロジー」オンライン版に発表された。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060600866

  • 2019年06月03日
    中国科学者単接合トランジスタの新論理構造を発明

    3日、実験室でシリコンチップの表面を観察する研究チームのメンバー劉春森(りゅう·しゅんしん)氏。中国上海市の復旦大学の科学研究チームはこのほど、集積回路の基礎研究分野で大きな成果を上げたことを明らかにした。同チームは、ユニジャンクショントランジスタ(単接合トランジスタ)に「一人で二人分の仕事をさせる」という新しい論理構造を発明し、トランジスタ面積を50%縮小させ、メモリコンピューティングの同調性もさらに向上させた。量産化に成功すれば、集積回路をより軽く、より速く、より小さく、より低消費電力に発展させることができる。関連の研究成果は「ネイチャーナノテクノロジー」オンライン版に発表された。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060600896

  • 2019年06月03日
    中国科学者単接合トランジスタの新論理構造を発明

    3日、実験室で作業する研究チームのメンバー劉春森(りゅう·しゅんしん)氏。中国上海市の復旦大学の科学研究チームはこのほど、集積回路の基礎研究分野で大きな成果を上げたことを明らかにした。同チームは、ユニジャンクショントランジスタ(単接合トランジスタ)に「一人で二人分の仕事をさせる」という新しい論理構造を発明し、トランジスタ面積を50%縮小させ、メモリコンピューティングの同調性もさらに向上させた。量産化に成功すれば、集積回路をより軽く、より速く、より小さく、より低消費電力に発展させることができる。関連の研究成果は「ネイチャーナノテクノロジー」オンライン版に発表された。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060600864

  • 2019年06月03日
    中国科学者単接合トランジスタの新論理構造を発明

    3日、復旦大学マイクロエレクトロニクス学院の張衛(ちょう·えい)教授、周鵬(しゅう·ほう)が率いる研究チームの一部メンバー。中国上海市の復旦大学の科学研究チームはこのほど、集積回路の基礎研究分野で大きな成果を上げたことを明らかにした。同チームは、ユニジャンクショントランジスタ(単接合トランジスタ)に「一人で二人分の仕事をさせる」という新しい論理構造を発明し、トランジスタ面積を50%縮小させ、メモリコンピューティングの同調性もさらに向上させた。量産化に成功すれば、集積回路をより軽く、より速く、より小さく、より低消費電力に発展させることができる。関連の研究成果は「ネイチャーナノテクノロジー」オンライン版に発表された。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060600846

  • 2019年06月03日
    中国科学者単接合トランジスタの新論理構造を発明

    3日、実験室で作業する研究チームのメンバー劉春森(りゅう·しゅんしん)氏。中国上海市の復旦大学の科学研究チームはこのほど、集積回路の基礎研究分野で大きな成果を上げたことを明らかにした。同チームは、ユニジャンクショントランジスタ(単接合トランジスタ)に「一人で二人分の仕事をさせる」という新しい論理構造を発明し、トランジスタ面積を50%縮小させ、メモリコンピューティングの同調性もさらに向上させた。量産化に成功すれば、集積回路をより軽く、より速く、より小さく、より低消費電力に発展させることができる。関連の研究成果は「ネイチャーナノテクノロジー」オンライン版に発表された。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060600860

  • 2019年06月03日
    中国科学者単接合トランジスタの新論理構造を発明

    3日、実験室でシリコンチップを洗浄する研究チームのメンバー劉春森(りゅう·しゅんしん)氏。中国上海市の復旦大学の科学研究チームはこのほど、集積回路の基礎研究分野で大きな成果を上げたことを明らかにした。同チームは、ユニジャンクショントランジスタ(単接合トランジスタ)に「一人で二人分の仕事をさせる」という新しい論理構造を発明し、トランジスタ面積を50%縮小させ、メモリコンピューティングの同調性もさらに向上させた。量産化に成功すれば、集積回路をより軽く、より速く、より小さく、より低消費電力に発展させることができる。関連の研究成果は「ネイチャーナノテクノロジー」オンライン版に発表された。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060600901

  • 2019年10月17日
    【新中国成立70周年】特別展「時光-私と私の祖国」、湖南省長沙市で開催中

    17日、長沙博物館で展示された上海製の7インチ・トランジスタテレビ。中国湖南省の長沙博物館で中華人民共和国成立70周年祝賀特別展「時光-私と私の祖国」が開かれている。同展では、家庭内の書類や服飾品、家電製品、日用品、文化・娯楽用品などのレトロな品々を展示し、社会の変遷と発展を生き生きと示している。多くの市民や観光客が訪れ、時の流れを感じていた。会期は11月24日まで。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304706

  • 2020年07月24日
    Museum for Sepulchral Culture

    24 July 2020, Hessen, Kassel: The object “Transi-Statuette“ in the cultural history museum for sepulchral culture. The special museum, opened in 1992, is dedicated to the themes of dying, death, burial, mourning and commemoration. Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080406979

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension on the left side (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half of its size in a 2.5 year construction period. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030510810

  • 2021年03月03日
    IHP - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension (front) (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a 2.5 year construction period. The expansion of the clean room to a size of 1,500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP employs about 300 people. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030510773

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): Dana Kehder, employee of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics, shows an 8-inch wafer in the new clean room extension. The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a construction period of 2.5 years. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030510931

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): Dana Kehder, employee of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics, shows an 8-inch wafer in the new clean room extension. The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a construction period of 2.5 years. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030511436

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): Dana Kehder (l) and Julien Kraul, employees of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics, work on a metallization system in the new cleanroom extension. The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a construction period of 2.5 years. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030510846

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): Dana Kehder, employee of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics, shows an 8-inch wafer in the new clean room extension. The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a construction period of 2.5 years. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030510973

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): Dana Kehder (l) and Julien Kraul, employees of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics, work on a metallization system in the new cleanroom extension. The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a construction period of 2.5 years. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials. 、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030510916

  • 2021年03月03日
    IHP - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in 2.5 years of construction. The expansion of the clean room to a size of 1,500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP employs about 300 people. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030510880

  • 2022年04月29日
    (2)米オンセミの上海グローバル物流センター、操業再開

    操業を再開した米半導体大手オン・セミコンダクターの上海外高橋保税区にあるグローバル物流センター。(資料写真)中国上海市浦東新区の上海外高橋保税区にある米半導体大手オン・セミコンダクターのグローバル物流センターがこのほど、操業を再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、操業を一時停止していた。上海税関が管轄する上海外高橋保税区税関は26日夜までに、同物流センターが航空輸出を申告したトランジスタ、フォトカプラー、ダイオード、集積回路(IC)などの通関手続きを完了した。申告価格は122万1100元(1元=約20円)で、ドイツや米国、英国などに輸出される。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042906365

  • 2022年04月29日
    (1)米オンセミの上海グローバル物流センター、操業再開

    米半導体大手オン・セミコンダクターの上海外高橋保税区にあるグローバル物流センターで輸出製品の通関作業を行う税関職員。(資料写真)中国上海市浦東新区の上海外高橋保税区にある米半導体大手オン・セミコンダクターのグローバル物流センターがこのほど、操業を再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、操業を一時停止していた。上海税関が管轄する上海外高橋保税区税関は26日夜までに、同物流センターが航空輸出を申告したトランジスタ、フォトカプラー、ダイオード、集積回路(IC)などの通関手続きを完了した。申告価格は122万1100元(1元=約20円)で、ドイツや米国、英国などに輸出される。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042906366

  • 1